漫協ニュース

2020年11月11日掲載

 2020年11月6日(金)、帝国ホテル「蘭の間」にて第7回通常総会が執り行われました。

 例年は6月に行われる総会ですが、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大により延期され、この日の開催となりました。
開催に当たり密集を避ける為、役員のみで開催。ちばてつや会長、さいとう・たかを氏、竹宮惠子氏は総会初のリモート参加。出席会員23名、①委任状出席984名、②議決権行使書提出会員521名(①+②合計数1505名)、正会員2234名につき、総数が定足数の2分の1(1117名)以上となる為、総会は成立となりました。
物故会員への黙祷から始まり、議題は会員異動状況、定款変更に関する事項、役員及び特別職の承認、活動状況、事業報告、事業計画、収支決算報告、収支予算について、その他、会報部からの報告、著作権部からの報告、議事録署名人の選任と順にこなし、すべての議題を終了致しました。

続きを読む

 

漫協ニュース

2020年11月04日掲載

10月30日付に「第24回手塚治虫文化賞」受賞記念動画が公開されました。

主催の朝日新聞者が運営する動画メディア「bouncy」が制作を担当し、正賞の鉄腕アトム像授受のほか、受賞されたみなさんの喜びの言葉や、仕事場の様子なども収めています。

また、ウェブメディア「withnews」では、連載中に熊本地震で住む家を失いながらも受賞作を描き続けた、第24回マンガ大賞受賞の高浜寛さんのロングインタビューがご覧いただけます。

 

続きを読む

 

漫協ニュース

2020年10月13日掲載

 2020年10月11日(日)、神奈川県鎌倉にある荏柄天神にて絵筆塚供養祭が執り行われました。

 例年前夜にある漫画絵灯籠の点灯祭は台風接近により中止、祭礼当日もコロナ対策のため、名物の似顔絵コーナーはじめ直会も中止、同時開催のかっぱイラストコンクールも今回は見送りという、密を避けたごくシンプルな開催となりました。
 それでも参道にはいつもの漫画家たちが描く漫画絵灯籠がずらりと秋の空を彩り、道行く人や参拝者を楽しませてくれました。

続きを読む

 

漫協ニュース

2020年10月05日掲載

 2020年10月1日(木)〜30日(金)まで、東京都港区にある汐留メディアタワー(共同通信社本社ビル)、3階ギャラリーウォークにて「第14回しおどめ発 世相漫画展」が開催されています。

 吹き抜けで通気性のよいギャラリーに並ぶ作品群は、例年と変わらず世相を痛快に斬っていて見応えも充分。どうしても内容は7〜8割がコロナ絡みになってしまうが、それでも政治や家庭内での情景に上手く持ち込み、コロナとのそれぞれの生活、向き合い方、立ち向かう姿など様々な描写で描かれています。

 そしてもちろん新型コロナウイルス感染症の拡大防止策は万全、作品へ手を触れないよう促すボードの掲示や、閲覧者の感想が書き込める一言帳も今回は設置されておらず、毎年賑やかに行われるオープニングパーティーも中止。
 日頃感想をもらえることの少ない出展者に言葉は届かず、直接挨拶を述べる機会も失ってしまったのは、開催出来た喜び半面、仕方ないとはいえこの措置は少々寂しい…といった思いが告げられました。

続きを読む

 

漫協ニュース

2020年09月29日掲載

 漫画原画を文化遺産としてアーカイブしている横手市増田まんが美術館の「国内最高峰の手書き原稿収蔵庫」を、里中満智子氏と大石卓館長の解説を聞きながら生中継で巡ります。

放 送 日:10月1日(木)17:00〜
ニコニコ生放送にて https://live2.nicovideo.jp/watch/lv328237888

 

出演者(敬称略)

続きを読む

 

漫協ニュース

2020年09月29日掲載

 モンキー・パンチ氏の第49回日本漫画家協会賞 文部科学大臣賞受賞を記念し、「ルパン三世傑作集」(双葉社アクションコミックス)の重版が決定。

『ルパン三世傑作集』

モンキー・パンチ作「ルパン三世」「新ルパン三世」より選りすぐった珠玉の12編!
・定 価:本体1,800円+税
・判 型:A5判
・288ページ

続きを読む

 

漫協ニュース

2020年09月18日掲載

 公益社団法人日本漫画家協会(里中満智子理事長・会員数約2230名)は、漫画文化の普及と漫画界の向上発展をはかる目的のもとに優秀作品を顕彰するため、1972年より「日本漫画家協会賞」を設けています。
 日本漫画家協会賞選考委員会は先に募集いたしました協会賞の候補作品について、厳正に選考を行った結果、以下の方々に受賞を決定致しました。
 尚、贈賞式は、新型コロナ感染症の影響と皆様の安全を考慮し、受賞関係者のみで執り行います。

続きを読む

 

漫協ニュース

2020年09月07日掲載

 協会会報部では、協会員の皆様にアンケートにご協力いただき、この未曾有の災害を協会として記録に残したいと考えました。
回答は下図のサイズ内に収まるようにメールまたは郵送でお願いします。挿絵入りや漫画大歓迎です。
いただいた回答は会報に掲載いたします。奮ってお送りください!

続きを読む

 

漫協ニュース

2020年07月13日掲載

長谷川町子氏の生誕100年を記念した『長谷川町子記念館』が7月11日、東京・桜新町に開館した。

こちらの記念館は、向かいにある『長谷川町子美術館(1985年開館)』の分館として建設された。現存の長谷川町子美術館には長谷川町子氏と姉・毬子氏が収集した美術品が展示されているが、今回オープンした記念館には、常設展示として「サザエさん」「エプロンおばさん」「いじわるばあさん」などの原画が色鮮やかに展示され、掲載誌、単行本、執筆に使用された筆記具、写真などが並ぶ。
体験型コーナーでは板塀に落書きをしたり、大画面で
漫画を読んだり、漫画の世界を模した部屋で記念撮影ができる。また来館記念品を売るショップや喫茶コーナーもある。

続きを読む

 

漫協ニュース

2020年07月01日掲載

東京・豊島区に完成した「トキワ荘マンガミュージアム」は、昭和を代表するマンガ家たちが若手時代に共同生活を送った木造アパート「トキワ荘」を復元した施設で、昭和30年代の様子がリアルに再現され、6月末に内覧会が開催されました。

トキワ荘のマンガ家たちに多大な影響を与えた雑誌や希少な資料の展示、ゆかりの漫画や本を読めるスペース、マンガ家になりきって撮影ができる部屋もあり、とても充実した施設となっています。

7月7日から一般公開となりますが、新型コロナウイルス対策として当面の入館は予約制になるとの事です。

続きを読む

 
11 〜 20 件 / 全 1760件

 

© Japan Cartoonists Association