漫協ニュース

2019年06月13日掲載

2019年6月7日(金)、帝国ホテル孔雀南の間にて、里中満智子理事長による最初のブロック長会議、第6回通常総会が執り行われました。

まずは、当協会の全国ブロックより代表のブロック長によるブロック長会議ですが、過去1年のそれぞれのブロック報告を書式にまとめていただいたものを配布し、里中理事長の前で報告が行われました。

ブロック長会議に引き続き第6回通常総会を開催。
出席会員102名、委任状出席789名、合計数は891名、現正規会員1722名につき、定款に基づく過半数以上の出席を以て総会は成立しました。

続きを読む

 

漫協ニュース

2019年05月23日掲載

2019年5月21(火)〜26日(日)まで、東京都中央区銀座にある長谷川画廊にて、「第6回墨彩展」が開催されています。

今回の展示はいつもより河童が少なめで、新元号の「令和」になぞらえた作品が特に印象的という、ちょっと面白いものになっています。それだけでなく、ここ近年で出展者もいくぶんかの新陳代謝がされているのですが今回もまた初めて見る名前もあり、古参のどっしりした作品に新たな風が吹きこまれ、会は一層の勢いが増しているように見ます。

続きを読む

 

漫協ニュース

2019年05月15日掲載

 2019年5月12日(日)、東京都江東区にある東京ビッグサイトにて、創作系同人誌即売会「コミティア128」が開催されました。
 今回は国際展示場駅からひとつ手前の青海に新設された会場での開催で、その設備にはいくつかの課題を感じつつもコミティアスタッフたちによる会場捌きと、それに応えるかのような参加者の協力が生きていて、大きな事故もなく盛況のまま幕を閉じました。

 さて、現在漫協ギャラリーでは「日本漫画家協会賞の歴史展」が開催中ですが、コミティア会場には過去協会賞受賞者も出展しています。

続きを読む

 

漫協ニュース

2019年05月15日掲載

2019年4月28日(日)〜5月12日(日)の間、東京都江東区にある森下文化センターにて、落語を絵で表現する「落画家」たちによる展覧会「第7回 寄席描き展」が開催されています。
今回のテーマである「艶」を、それぞれがもつ個性により表現されています。

初日にはオープニングパーティーも開かれ、とても賑やかな幕開けとなっていました。

続きを読む

 

漫協ニュース

2019年04月25日掲載

2019年5月1日(水)秋田県・横手市増田まんが美術館がリニューアルオープンいたします。

同館はマンガの原画の保存とアーカイブ化収蔵に力を入れており、協会員の先生方や物故作家をはじめ、海外作家の作品も多数収蔵されています。
収蔵原画数は漫画家183名分・約22万枚と国内随一の枚数を誇っています。

正式オープンに先駆け、4月20日(土)にはプレオープンを祝う式典が行われ、里中満智子氏や矢口高雄氏、倉田よしみ氏、ビッグ錠氏らが出席されました。

続きを読む

 

漫協ニュース

2019年04月22日掲載

2019年4月19日(金)、東京都新宿区にある日本漫画家協会事務局にて、第48回 日本漫画家協会賞 選考会が執り行われました。

机上には予め絞られた候補作品がズラリと並ぶ中、選考委員長で、当協会理事長である里中満智子氏の挨拶と共に選考会がスタート、渡辺事務局長の進行に従って、選考委員会の厳粛な投票によって文部科学大臣賞、カーツーン部門とストーリー漫画部門でそれぞれ受賞者が選ばれていきました。

続きを読む

 

漫協ニュース

2019年04月20日掲載

平成30年度メディア芸術アーカイブ推進支援事業による当協会所蔵資料調査などの成果報告として、現在日本漫画家協会1階の漫協ギャラリーにて「日本漫画家協会賞の歴史展」が開催中ですが、4月20日にキュレーターメンバーの椎名ゆかり氏、池川佳宏氏によるギャラリートークが行われました。

当協会の漫画賞は個性的で独特な位置付けのものですが、キュレーターの方々は歴代理事長ごとにその特徴を解説、来場者は興味深く聞き入っていました。

同展は、5月31日まで開催しています。

詳しくはこちら

続きを読む

 

漫協ニュース

2019年04月19日掲載

 公益社団法人日本漫画家協会(里中満智子理事長・会員数約1780名)は、漫画文化の普及と漫画界の向上発展をはかる目的のもとに優秀作品を顕彰するため、1972年より「日本漫画家協会賞」を設けています。
 日本漫画家協会賞選考委員会は先に募集いたしました協会賞の候補作品について、厳正に選考を行った結果、以下の方々に受賞を決定致しました。
 尚、贈賞式は、6月7日(金)午後6時より、帝国ホテルに於いて行います。

2019年4月19日
日本漫画家協会賞選考委員会

続きを読む

 

漫協ニュース

2019年04月18日掲載

4月16日(火)からアートコンプレックスセンターにて『岸田尚肖像画展』が開催されている。
天使画家・岸田尚氏を描いた展覧会は本展で7回目となる。
静かな落ち着いたギャラリーに並ぶ24人の描き手による24人の岸田尚がそれぞれの個性の中で観客を楽しませている。
ぜひ、足を運んでみてほしい。21日(日)まで。

続きを読む

 

漫協ニュース

2019年04月15日掲載

三井寺は滋賀県と京都府の県境にあり、京都から電車ですぐ。会場は古い書院で、素晴らしい展示になりました。立体の「レレレ千手観音」など、まるで以前からそこにあったかのようです。今回も新作が何点か加わりました。水木しげる氏のプロダクションからも、前回の曼荼羅に代わって鬼太郎のいる絵が寄せられています。新しい図録もあります。
三井寺では平安時代のものなど大変古い素晴らしい仏像も数多く身近に見ることができます。今年は桜も長く花が持ちました。山ですので、歩きやすい靴でお越しください。広い境内をハイキング気分でお楽しみいただけます。

期 日:2019年3月29日(金)〜5月19日(日)

場 所:天台寺門宗 総本山園城寺三井寺 観音堂書院
    〒520-0036  滋賀県大津市園城寺町246

続きを読む

 
11 〜 20 件 / 全 1682件

 

© Japan Cartoonists Association