漫協ニュース

2020年01月08日掲載

2019年12月20日(金)〜2020年1月19日(日)、東京都港区台場にある、ホテルグランパシフィックLE DAIBA内3FにあるアートスペースGallery21(ギャラリー・ヴァンテアン)にて、開田裕治&あや両氏、前田ヒロユキ氏がキュレーターを務める展覧会「Wonderful World!展」が開催されています。

取材当日、対応してくださったキュレーターの一人、今回の出展者でもある前田ヒロユキ氏の案内によると、同展は過去開催されてきた「猫とドラゴン」、「幻獣神話展」に続き、今回のギャラリーを前に開田両氏と話し合った際、この会場の風合いに合わせ新たな世界観を打ち立ててみたい気がしないか…という閃きがあり、そこからあれよと話が進み、前2回に続くシリーズ第3部といってもいい展示会が生まれたそう。

続きを読む

 

漫協ニュース

2020年01月08日掲載

2019年12月28日(土)〜31日(火)、東京都江東区にある東京ビッグサイトおよび青海展示場にて、世界最大規模の同人誌即売会「コミックマーケット97」が開催されました。

夏の開催に続き今回も会場は同人ブースが東京ビッグサイト、企業ブースを一駅隣の青海の2箇所に分けた開催となり、参加者はリストバンド型の入場社証を装着しての入場となっていました。

続きを読む

 

漫協ニュース

2020年01月07日掲載

2020年1月1日(水/祝)〜26日(日)、東京都墨田区スカイツリー・ソラマチ9Fにある郵政博物館内多目的スペースにて、「環境マンガと子どもたちⅣ」が開催されています。

今回が4回目となるコラボで、漫画家たちが描いた環境マンガが多数展示されています。
これらの作品は、やの功氏主宰「地球環境を守る漫画家の会」開催の「環境漫画展」で発表されたものを抜粋したものです。
またその周りには、子ども教育支援財団主催「第11回 環境教育ポスターコンクール」受賞作のほか、海外の子どもたちによる作品も加わり、彼らの素直な目線で描かれたポスターが会場を囲むように展示されています。

続きを読む

 

漫協ニュース

2020年01月07日掲載

 2020年1月1日(水/祝)〜2月11日(火/祝)まで、東京都墨田区スカイツリー・ソラマチ9Fにある郵政博物館にて、今年も漫画家たちによる「まんが年賀状展」が開催されています。

 各種子年にちなんだ企画展に混ざって、今年も漫画家たちの描いたまんが年賀状が場内を盛り上げています。
モチーフは今年の干支であるねずみだけでなく、作者オリジナルのキャラクターやアイデアが随所にちりばめられています。

続きを読む

 

漫協ニュース

2019年12月23日掲載

2019年12月14日〜15日の2日間、東京ドームシティにて、円谷プロダクションがこれまでに創り上げてきたキャラクター、関係するキャスト、スタッフらが一堂に会する円谷プロダクション史上最大の祭典「TSUBURAYA CONVENTION(円谷コンベンション)2019」が開催されました。

このコンベンションではライブ&グリーティング(キャストらが登壇)・トークショー・グッズ販売などが行なわれ、オープニングセレモニーで円谷プロが2020年以降に予定している新作及び新プロジェクトが発表するなど、大きな話題を呼びました。
コンベンション内の 「Tsuburaya Wonder Festival 2019(円谷ワンフェス2019)」ではメーカー各社の最新・注目アイテムの出展やステージイベントが開かれた中、金谷裕氏がウルトラマンアート・ミラーマンアートを出品致しました。

続きを読む

 

漫協ニュース

2019年12月18日掲載

2019年12月17日(火)〜19日(木)、東京都墨田区浅草にある浅草寺境内で毎年恒例の羽子板市が開催され、今年も名物の「羽子板似顔絵コーナー」が開設されています。

初日はあいにくの空模様となっていましたが江戸随一の浅草寺羽子板市の人出は充分以上、境内はさまざまな装飾があしらわれた羽子板、正月用のしめ飾りなどを飾る縁起物の数々に彩られた露店で埋め尽くされ、華やかに賑わっていました。

続きを読む

 

漫協ニュース

2019年12月09日掲載

 2019年12月8日(日)、東京都江東区森下にある森下文化センター(田河水泡・のらくろ館)1F多目的ホールにて、現在開催中の「山根青鬼 画業70周年記念展」の記念イベントとしてトークショーが行われました。

 ステージには山根青鬼氏と、一門会を代表してのむらしんぼ、岸田尚両氏が氏のサポートとしてつき、江東区芭蕉記念館の野呂達矢氏進行の元で進められました。
 氏が双子の弟である故・山根赤鬼氏との生い立ちから、両氏がマンガ道を歩み始めたことから師匠である故・田河水泡氏や弟子たちとの出会い、師匠の元で学び取ってきたマンガへの想いと、これまで描いてきた作品の逸話など、画業だけでなく時折氏自身の人間像にも触れながらの、非常に内容の濃いものとなっていました。

続きを読む

 

漫協ニュース

2019年12月06日掲載

 2019年11月29日(金)〜12月1日(日)まで、福岡県・北九州市にて「アジアMANGAサミット」が開催されました。
 このサミットは、1996年に東京都と福島県で開催された「東アジアMANGAサミット」を皮切りに、アジア各国で漫画家や研究者たちの国際交流の場として開催されてきたイベントです。

 今回のサミットに合わせ、AIMビル2階ガレリアでは「アジアMANGAサミット北九州大会作品展」が実施され、日本をはじめ、中国、香港、台湾、シンガポールなど8カ国・地域の人気漫画家計357名の作品が一堂に会しました。

続きを読む

 

漫協ニュース

2019年12月06日掲載

2019年12月1日(日)、北九州市にある西日本総合展示場本館にて「九州コミティア3」が開催されました。

折しもアジアMANGAサミットの開催中。
「いつもより来場者が多い気がして嬉しい」と、出展者・九州ブロックのヴァンサン ルフランソワ氏。
氏は今回、オフィシャルガイドブックの表紙も描き下ろしされています。

続きを読む

 

漫協ニュース

2019年12月05日掲載

12月2日(月)新宿区内に於いて、著作権部所属で当協会顧問の幸森軍也氏による会員向けセミナーの第2弾として、契約書セミナーを開催しました。

日頃気になりながらも相談がしにくい契約書のセミナーとあって、参加者からの質問も大変活発で、次回を期待する声も多く聞かれました。

(写真・文:事務局)

 
11 〜 20 件 / 全 1739件

 

© Japan Cartoonists Association