2017年 第6回 世界子供漫画家大会

2017年03月15日

対象
 国内外の小学4~6年生(又は満10~12歳)

締切
 2017年5月31日(水) 韓国時間24時 基準

形式
 自由創作マンガ 一人当たり最大3点まで
 四六8切りまたはA3

受付
 オンラインは作品をスキャンまたは写真をアップロード、www.icca.krへ。

 郵便の場合
 #503 Korea Manhwa Contents Agency,1,Gilju-ro,
 Bucheon-si,Gyeonggi,Republic of Korea 14505(必着)

発表
 6月7日(水)18時以降、HPお知らせ及び個別通知となります
 選抜に選ばれた作品は、7月19日(水)~23日(日)の間
 第20回富川国際マンガフェスティバル子供ドリームトゥーンゾーンにて展示

本選
 本選に選ばれた方は7月21日(金)~23日(日)に韓国漫画キャンプに招待となります
 場所・韓国漫画博物館(京畿道(キョンギド)冨川市(プチョンシ)遠美区(ウォンミグ)上洞(サンドン)529-2)
 富川市一帯見学
 最終日には表彰式が行われます

 
 

東京アニメアワードフェスティバル2017 授賞式

2017年03月14日

東京アニメアワードフェスティバル2017(TAAF2017)」は、一般社団法人日本動画協会が主催、東京都共催の国際アニメーション映画祭で、2014年より開催、2017年で4回目の開催となります。
今年度の「アニメ功労部門」に、当協会会員の古川タク氏、松本零士氏が受賞されました。

なお、その他の受賞者につきましては、TAAF2017のサイトをご覧下さい。

https://animefestival.jp/ja/

 

(写真:会報部UNO)

  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
写真 39
 
 

福岡在住のフランス人漫画家が描く “少し不思議”な福岡・北九州の風景

2017年03月13日

北九州市マンガミュージアムの展示です。

◆日本漫画家協会 九州・中国ブロック 展示コーナー「海峡マンガ合戦」
 vol.11 ヴァンサン・ルフランソワ「日本にある街」

会  期:2017年2月25日(土)~4月28日(金) ※休館日:毎週火曜日
開館時間:11:00~19:00(入館は18:30まで)
北九州市漫画ミュージアム 常設展示エリア(あるあるCity 6階)
常設展観覧料 一般400円・中高生200円・小学生100円
WEB:http://www.ktqmm.jp/kikaku_info/8731

ヴァンサン・ルフランソワ プロフィール
1966年、フランス・ルーアン生まれ。福岡市在住。
パリ・ソロボンヌ大学の造形芸術学部を卒業後、1991年福岡市に移住する。以後福岡を拠点に、さまざまな新聞、雑誌等のメディアでイラストレーションを発表するほか、谷口ジローの書籍の仏語翻訳出版にも関わる。最新作品集は「人生半分日本暮らし」(2015年)。
詳細は公式HPへ(http://www.atelierdecale.net/)。

 
 

起き上がりこぼしプロジェクト ウクライナにて

2017年03月13日

東日本大震災から6年目に行われることとなった、ウクライナ国立チェルノブイリ博物館とスラブチチ市立文化センターの「起き上がりこぼしプロジェクト」の展示と記念式典に、当協会から一本木蛮氏、倉田よしみ氏、永野のりこ氏に出席して頂きました。

先にお知らせしたこの事業の内容です
http://www.nihonmangakakyokai.or.jp/?tbl=exhibition&id=6376

 

以下は、プロジェクト事務局の渡辺実氏からご提供頂いた、写真や動画によるレポートです。


2017 March 漫画家協会ウクライナ活動アルバム
https://goo.gl/photos/BnpFxV76Jp3Qtzth7

並行して行われたkids Gurnica 2017 Zemlyaki, Kiev
https://goo.gl/photos/n1vKKRhczUVemN1T7

https://goo.gl/photos/Y7UPgDND93e1nL248

チェルノブイリ博物館での追悼式典
http://kpravda.com/12-marta-v-gorod-slavutich-priezzhaet-vsemirno-izvestnyiy-dizayner-modeler-kenzo-takada/7873
https://www.ukrinform.ua/rubric-culture/2191273-u-kievi-vidkrilasa-vistavka-aponskih-nevalasok.html
https://www.instagram.com/p/BRdMXRTAiiY/
http://www.5.ua/kyiv/rokovyny-trahedii-u-fukusimi-u-kyievi-v-muzei-chornobylia-vidkryly-vystavku-lialok-140553.html
https://www.youtube.com/watch?v=NbW489HixyU

スラブチチの写真
https://goo.gl/photos/BnpFxV76Jp3Qtzth7

チェルノブイリ原発作業員の街での福島連帯イベント, 12 March 2017
https://goo.gl/photos/UtQ45s7VCWtXVEQz9
 

13日午前の部。(3月15日:情報追加)
https://goo.gl/photos/nsXwgRpHgEZE58xU6
 

(以下の写真提供:籔中博章氏、渡辺実氏)
 

 
 

東北大震災6年目の「絵の花束2017」展 開催中

2017年03月13日

2017年3月7日(火)より、世田谷区砧のGallery Pow Pad(ギャラリーパウパッド)にて、「絵の花束2017」展が開催中です。

会場には、東北大震災以降多くの表現者の方々にご協力を頂いた、まんが、イラストレーション、諸作品が展示されています。
震災の日、3月11日(日)には、ウクライナ訪問中の永野のりこ氏に代わり、御家族が会場でウクレレ親子ライブを披露。
会場の来場者達はそれぞれの想いを胸に、澄んだ美しい歌声と優しいウクレレの音色に聴き入っていました。
震災のあった14時46分には、ウクライナに滞在中の永野氏とビデオ電話を結び、来場者全員で黙祷を行ない、震災で亡くなられた方々へ、被害に遭われた方々へ祈りを捧げました。

同展は、3月14日(火)まで開催しています。

詳しくは、http://www.nihonmangakakyokai.or.jp/?tbl=exhibition&id=6374 まで。

(画像・文:事務局)
 

  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
写真 29
 
 

上野公園「第13回 時忘れじの集い」

2017年03月10日

3月9日(木)、東京・上野で、東京大空襲から72年になる10日を前に、犠牲者を追悼する「時忘れじの集い」が行われました。

発願者は、初代林家三平氏の妻、海老名香葉子さん。東京大空襲の犠牲者の碑をなんとか造りたいといった思いから、2005年に、慰霊碑「哀しみの東京大空襲」と、いこいの広場・平和の母子像「時忘れじの塔」を建立、毎年3月9日に空襲犠牲者を慰霊する集い「時忘れじの集い」をご自身が主催者として開いているそうです。

当協会からは、ちばてつや理事長、森田拳次常務理事が参加されました。

なお、ちばてつや理事長は自身の「ぐずてつ日記」に、この模様を掲載されています。
http://ameblo.jp/chibatetsu/entry-12254793766.html

(写真:会報部 UNO)

 

 

  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
写真 33
 
 
2017年03月08日

期 間:2017年3月18日(土)~4月9日(日)

時 間:9時~18時

休館日:毎週月曜日(3月20日は開館となります)

入館料:無料

会 場:横山隆一まんが記念館
    〒780-0832 高知県高知市九反田2−1
    TEL 088-883-5029

詳しくは:横山隆一記念まんが館

  •   
  •   
写真 2
 
 

村上もとか原画展 〜幕末を辿る、漫画『JIN ー仁ー』の世界〜

2017年03月08日

期 間:2017年2月11日(土)~3月12日(日)

時 間:9時~18時

休館日:毎週月曜日

入場料:410円(高校生以下無料)

会 場:横山隆一まんが記念館
    〒780-0832 高知県高知市九反田2−1
    TEL 088-883-5029

詳しくは:横山隆一記念まんが館

  •   
  •   
写真 2
 
 
2017年03月02日

東京・新宿区のアートコンプレックスセンターにて、「岸田尚肖像画展」が開催中です。
以下、岸田氏ご本人からのメッセージになります。

_______________________________________

参加作家の皆様で「岸田尚」の肖像画を描く展示も今回で5回目となりました。
同じ題材(人物)を色々な方々が描く面白さを感じて頂けましたら幸いです。

期 間:2/28~3/5
時 間:11時~20時迄
    最終日は11時~18時迄となります。
会 場:アートコンプレックスセンター (ACT)
    東京都新宿区大京町12-9

参加作家(敬称略):芦川淳一、阿部ゆたか、大山峻護、小河原智子、川崎のぼる、久住昌之、黒丸、
          ココア、真崎春望、とやまみーや、寺沢武一、中村欽太郎、南波健二、ねもと章子
          萩岩睦美、服部一巳、はやせ淳、伴田良輔、平松伸二、丸藤正道、宮川サトシ、
          Moo.念平、睦月影郎、メソポ田宮文明、山田ゴロ、岸田尚

会期中は、岸田尚肖像画展の第1回~3回の作品を収めた「Kissy's portraits~52人による“岸田尚”肖像画競作集」も販売致します。
どうぞ宜しくお願い致します!

3月6日 写真を追加致しました。後半をご覧下さい。

(写真:岸田尚、事務局)

  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
写真 17
 
 

バロン吉元/寺田克也 バッテラ【bateira】

2017年03月02日

期 間:2017年3月18日(土)〜4月23日(日)

時 間:水木金土 14:00〜21:00 日月 11:00〜18:00 火:定休日

入場料:500円(1ドリンク付)

会 場:アツコバルー
    〒150-0046 東京都渋谷区松濤1-29-1 クロスロードビル5F
    tel:03-6427-8048 mail:ab@l-amusee.com
    www.atsukobarouh.com

■公開制作 ※予約不要
 会期を通して完成していく最新作の制作過程を間近でご覧いただけます。
 ◎作家来廊日(14時から制作開始)
   バロン吉元 3月26日(日)、4月9日(日)、4月16日(日)
   寺田克也  3月25日(土)、4月9日(日)、4月15日(土)

 ※追加公開制作日は随時ウェブで告知。
 ※入場料でご覧いただけます。

■トークイベント ※要予約
  バロン吉元 × 寺田克也 ゲスト:都築響一
  4月8日(土)19:00-21:00(18:30受付開始)
  ¥1,000(1ドリンク付)
  ご予約方法:03-6427-8048/ab@l-amusee.com
 お名前、人数、電話番号をお知らせ下さい。

※イベント当日の通常営業は18時までとなります。

詳しくはhttp://l-amusee.com/atsukobarouh/schedule/2017/0318_4125.php

  •   
  •   
写真 2
 
 
81〜90件 / 全3268件

 

© Japan Cartoonists Association