漫協ニュース

祝☆開催50回!「シャリバリ2020年展」開催中

2020年01月22日掲載

2020年1月20日(月)〜26日(日)まで、東京都・港区麻布にある元麻布ギャラリーにて「シャリバリ展」が開催されています。

なんと!今回で開催50回目を迎えるという同展ですが、現主宰である宮下泉氏の感慨もひとしおで、「(同展は)元の主宰者で父でもある故・宮下森氏の遺志を継ぐ形となっているが、継続には困難も多く何回止めようかと思った…けれどここまで続けてこられたのは皆さんのおかげ、やってきて本当に良かった。」と、笑顔で語るその姿には様々な想いが詰まってたことと思います。

さて、会場の様子はと言えば、今回は出展者数もぐっと増え似顔絵にヒトコマ漫画にストーリー漫画etc.…と見応えは抜群で、女性の背丈ほどもある大きな作品から、数多くのフレームを並べるスタイルまで、一人に割り振られたスペースは決して小さくないはずですが、それでも足りない勢いでいずれも多彩な作品群が埋め尽くしています。

オープニングでは日本中から集った出展者、お祝いに駆けつけてくれた大勢の来場者たちに囲まれながら、宮下泉氏より前出の挨拶があり、続き乾杯の音頭は篠原ユキオ氏が務めていました。氏はここ数年、多忙のため出展を見合わせてきていましたが「ようやく仕事に一段落の目処が立ち、そろそろ復帰して、同じ出展者同士としてみんなとこの場で笑い合いたい。」と頼もしいコメントもあり、新春に相応しい、笑顔に溢れ幸先の良いスタートとなっていました。


*会期中は無休で開催されますが、最終日は16時閉場となりますので御注意ください


(画像・文:柳生柳)

 

 

© Japan Cartoonists Association