展覧会・イベント情報
2017年07月18日

熊本県出身の漫画家、東毅のデジタル原画を展示会です。
長編作品の本格デビューを果たした「超弩級少女4946」、2015年にはアニメ化もされた「電波教師」など、個性あふれるキャラクターを描いた2作品を中心とした展示会となります。

日 時:2017年7月8日(土)〜8月20日(日)

時 間:9時30分〜17時まで

料 金:一般・大学生・高校生/300円(210円)
    小学生・中学生/100円(70円)
    ※()内は20名以上の団体料金

場 所:湯前まんが美術
    熊本県球磨郡湯前町1834-1

詳しくはHPをご覧ください。

 

 
 
展覧会・イベント情報

トークショー『黒田征太郎が松本零士に聞く』

2017年07月17日

 北九州市漫画ミュージアムは8月3日に開館5周年を迎えます。これを記念して、北九州市漫画ミュージアムの名誉館長をつとめる松本零士先生と、門司区在住のイラストレーター黒田征太郎先生のトークショーを下記のとおり開催いたします。

日 時:2017年8月6日(日)15:00~16:30

会 場:リーガロイヤルホテル小倉3階エンパイアルーム(北九州市小倉北区浅野2-14-2)

定 員:300名観覧無料※ただし事前申し込みが必要
    7月17日(祝・月)11時から電話先着で受付
    北九州市漫画ミュージアム:093-512-5077

特 典: トークショーの参加者全員に北九州市漫画ミュージアム5周年記念ピンバッジをプレゼントします。
    (松本先生のキャラクターキャプテンハーロック柄とメーテル柄の2種からランダムで1種を配布)

詳しくはHPもごらんください。

 
 
展覧会・イベント情報

花沢健吾特別授業『マンガ家の理想と現実』

2017年07月14日

『アイアムアヒーロー』の作者が教える、マンガ作りの実際

京都精華大学(所在地:京都市左京区、学長:竹宮惠子)は、『アイアムアヒーロー』作者の花沢健吾氏(マンガ家)をゲストに招いた特別授業を開催します。
今回の授業では、『マンガ家の理想と現実』をテーマに、マンガ家になる前におさえておきたいマンガ作りの実際についてお話いただきます。将来マンガ家を目指す高校生や大学生に向けた、オープンキャンパス特別企画です。

日 時:2017 年7 月29 日(土)

時 間:14:30~15:30
    ※質疑応答15:30~16:00

会 場:京都精華大学 本館3 階H-303 教室 参加無料、先着順(定員140 名)

※オープンキャンパス開催期間中につき、混雑が予想されますので、予めご了承ください。

 
 
展覧会・イベント情報

「はいからさんが通る」 展 ~大正♡乙女らいふ×大和和紀ワールド!~

2017年07月14日

大きなリボンを頭に結び、矢絣の着物に袴、編み上げブーツで颯爽と自転車に乗る少女たち…卒業式の定番として愛される華やかでキュートな袴スタイルは、明治~大正時代の女学生の装いです。女学生の袴姿は、和装から洋装へと移り変わる過渡期に現れた一瞬のきらめきでした。1975年に漫画家・大和和紀が描いた「はいからさんが通る」の大ブームによって袴姿の女学生は再び脚光を浴び、本作は第1回講談社漫画賞を受賞しました。
 本展では「はいからさんが通る」の原画とともに大正~昭和初期の女学生や職業婦人などの女性文化を当時の資料からご紹介します。さらに大和和紀の画業を「あさきゆめみし」「ヨコハマ物語」「イシュタルの娘」などの代表作や貴重な初期作品も含む、原画約200点からご覧いただきます。

日 時:2017年9月29日(金)〜12月24日(日)
    ※月曜休館 ただし10月9日(祝月)開館、翌10月10日(火)休館
    
また、作品保護のためカラー原画の展示替えがございます。
    前期 9月29日(金)~10月29日(日)
    中期 10月31日(火)~11月26日(日)
    後期 11月28日(火)~12月24日(日)
    *展示コーナーは大きく変わらず、カラー原画のみが入れ替わります。

時 間:午前10時~午後5時 (入館は4時30分まで)

料 金:一般900円/大・高生800円/中・小生400円
    (竹久夢二美術館もご覧いただけます)
    ハイカラさん割引❤
    袴着用でご来館の方は100円引き(他割引と併用不可)
     +大正乙女しおりをプレゼント致します!

合わせてイベントもございます。

*サイレント映画上映會
 上映作品「カリガリ博士」
 ✽11月3日(祝金)17時40分より 
 ✽上映時間 約1時間20分
 ✽活動写真弁士 山内菜々子
 ✽楽士(ピアノ)上屋安由美
☆事前申込制(応募多数の場合は抽選)

*学芸員によるギャラリートーク
10月14日(土)、11月12日(日)、12月9日(日)
全て14時~(約40分)
☆事前申込不要、要入館料
 ※大和和紀先生はご参加されませんのでご注意ください。

お申し込みや詳細等、詳しくはHPをご覧ください。

 
 
展覧会・イベント情報

◆秋田市立赤れんが郷土館企画展◆ まんが家 倉田よしみの世界

2017年07月13日

会  場:秋田市立赤れんが郷土館
     〒010-0921 秋田市大町3-3-21
     Tel 018-864-6851 Fax 018-864-6854
     http://www.city.akita.akita.jp/city/ed/ak/default.htm

会  期:平成29年7月15日(土)〜10月22日(日)

開館時間:午前9時30分〜午後4時30分

観 覧 料:一般200円(160円)高校生以下無料
     民芸芸能伝承館との共通観覧料 一般250円(200円)
     ※( )内は20名以上の団体割引料金

 
 
展覧会・イベント情報

アニメ映画『この世界の片隅に』大ヒットの軌跡

2017年07月12日

北九州市漫画ミュージアムでは、話題のアニメ映画「この世界の片隅に」についての資料展示を行います。
物語の舞台となる戦時下の広島・呉について綿密な調査と考証を重ね、クラウドファンディングなどたくさんの人々に支えられてこの作品は完成し、昨年11 月の公開後に話題が話題を呼んで、異例のロングランヒットとなりました。
この展示では、作品を支えた人々の活動や、公開後の反響を報道資料などを通じてご紹介します。
また、本展と連動して、小倉昭和館(小倉北区)では、7 月15 日(土)から8 月4 日(金)まで、アニメ映画「この世界の片隅に」が上映されます。あわせてお楽しみください。

詳細・お問い合わせ等はHPをご覧ください。

 
 
展覧会・イベント情報

開館5周年記念特別展「シティーハンターのすべて」

2017年07月12日

1985年から91年まで「週刊少年ジャンプ」に連載され、テレビアニメ化などを経て大ヒット作品となった漫画『シティーハンター』。北九州市出身の漫画家・北条司の代表作である同作は今年で連載開始32周年、そしてアニメ化30周年を迎えます。

個性豊かなキャラクターに、コミカルで時に“アツい”ストーリー。それらをスタイリッシュに紙上に表現した、北条司の卓越した描写力。直筆漫画原稿やアニメ関連資料などを展示する本展では、30年余りにわたって幅広い層の読者に愛され続ける『シティーハンター』の魅力をさまざまな角度から解き明かします。

日 時:7月29日(土)〜9月24日(日)
    ※作品保護のためカラーイラスト原画の展示替えを行います。
     <前期>7/29(土)~9/1(金)<後期>9/2(土)~9/24(日)
    ※毎週火曜日(7/29~8/31は無休)

時 間:11:00~19:00(7/29~8/31は11:00~20:00)

料 金:一般 600円(480円)、中高生 300円(240円)、小学生 150円(120円)
    常設展とのセット券:一般 800円(640円)、中高生 400円(320円)、小学生 200円(160円) 
    ※(  )は北九州市漫画ミュージアム年間パスポート提示者、
     年長者施設利用証提示者、30名以上の団体の1名あたりの料金
    ※未就学児、障がい者手帳等をお持ちの方と付き添いの方(1名まで)は無料

詳細はHPも合わせてご覧ください。

こちらにも記念イベントなどの情報が掲載されております。
「シティーハンター」生誕30周年特設サイト
 

 
 
展覧会・イベント情報

マンガにおける恋愛の描き方-性の表現

2017年07月11日

『風と木の詩』竹宮惠子と『やがて君になる』仲谷鳰が語る恋愛表現のこれまでとこれから

京都精華大学では特別授業として竹宮惠子(漫画家/京都精華大学学長)と仲谷鳰(漫画家/京都精華大学人文学部卒)の対談を開催します。
今回の対談では、この二人が自身の作品をマンガ史の文脈でとらえ、マンガにおける恋愛の描き方について語ります。
また、人の心を動かす表現方法やそれぞれの表現に見られる必然性にも踏み込んで解き明かします。
地域の皆さまをはじめ、多くの方々のご参加をお待ちしています。

日 時:2017 年7 月30 日(日)

時 間:14:00~14:50

会 場:京都精華大学 本館3 階H-302 会議室 参加無料、先着順(定員140 名)

※オープンキャンパス開催期間中につき、混雑が予想されますので、予めご了承ください。

 
 
展覧会・イベント情報
2017年07月10日

童話の赤ずきんちゃんをモチーフにした「マイメロディ」。
遠い星の国からやってきた双子の姉弟星「リトルツインスターズ」(キキ&ララ)。
この2つのサンリオキャラクターは、1975年にクリスマス向けのオリジナルキャラクターとして同じデザイナーの手から生まれ、40年以上経つ今も多くのファンから愛されています。
本展では、初代担当デザイナーによる誕生当時のラフスケッチやデザイン画をはじめ、歴代のデザイナーたちが手がけたイラスト原画や懐かしいグッズを一挙に公開します。
展覧会限定グッズもお見逃しなく!

日 時:7017年7月12日(水)〜9月4日(月)
    ※火曜休館日

時 間:9:30〜17:00(最終入館16:30)
    7月20〜8月20日は無休、9:00開館。

場 所:香美市立やなせたかし記念館 詩とメルヘン絵本館&別館  
    〒781-4212 高知県香美市香北町美良布1224-2

入場料:大人 400円、中高生 200円、小学生 100円
    (アンパンマンミュージアムとの共通券でもお入りいただけます)

また、展示に合わせイベントも企画されています。

キキ&ララ担当デザイナーのサイン会
「マイメロディ♡・キキ&ララ☆展」の関連企画として、 
キキ&ララ担当デザイナーによるサイン会を行います。 

2017年7月15日(土)
①11:00~/②14:00〜
会場:詩とメルヘン絵本館 テラス

※サイン会は図録を購入した方20名様限定(お一人様一枚)です。
整理券は、受付にて各回の1時間前に配布します。

詳しくはHPもご覧ください。

 
 
展覧会・イベント情報

第26回 全国高等学校漫画選手権大会 まんが甲子園

2017年07月06日

期 間:2017年8月5日(土)~6日(日)

時 間:5日(土)9時30分~18時
    6日(日)9時~18時

入場料:無料

会 場:メイン会場・高知市文化プラザ かるぽーと
    〒 780-0832 高知県高知市九反田2-1

審査員:牧野圭一くさか里樹、MOO.念平、ひのもとめぐる
    久米弘夫、岩神義宏(敬称略、太字協会員)

ゲスト:村上たかし、星森ゆきも(敬称略)
 

まんが甲子園応援イベント
◆ライブドローイング◆大笑いまんが道場◆就活!まんがでつかむ未来!

詳細はHPをご覧ください。
 

 
 
61〜 70件 / 全 1589件

 

© Japan Cartoonists Association