漫協ニュース

Wonderful? Wonder World2019 世界の漫画家が描く「表現の自由とは?」展 開催中

2019年09月13日掲載

2019年9月12日(木)〜18日(水)、東京都港区にある元麻布ギャラリーには、世界中から表現の自由の問題をテーマとした一コマ漫画が世界中から集結しています。 

これはこの度の日本漫画家協会賞受賞者で、当協会員である横田吉昭氏呼びかけにより実現したもので、会場内は「聞く」「報道」「書く・描く」など…と、100点もの作品群が8つのテーマに分けられ展示されています。 
開催初日は平日にも関わらず切れ間なく来場者が訪れてきましたが、そこへ横田氏は国によって様々ある背景や捉え方など丁寧に案内、作品をより興味深いものとしてくれました。 
氏によると今回展示してある作品は全てではなく、展示しきれなかったものについては展示作品と合わせ自身のフェイスブックなどで紹介していく、とのことです。 

更に12月を目処に、京都造型芸術大学の協力により、京都での巡回展も計画進行中とのことで、続報が待たれます。 

*会期中は無休で開催されますが、最終日は16時閉場となりますので御注意下さい


(画像・文:柳生柳)

 

 

© Japan Cartoonists Association