漫協ニュース

「ヒサクニヒコの横浜談議」開催される

2018年03月05日掲載

3月3日(土)14時から、横浜市民ギャラリー4階アトリエにて「横浜市民ギャラリーコレクション展2018 写真と素描でたどる横浜 1950-1980年代を中心に」展の関連イベントとして、アーティストトーク「ヒサクニヒコの横浜談義」が開催されました。
横浜の歴史にヒサ氏の歴史を重ね、その当時の氏の作品や、1978年に行われたヨコハマ漫画フェスティバルでの貴重な映像を見ながら思い出が語られ、戦後から移ろいゆく横浜の街の話のみならず、動物や恐竜、戦争や忍者、旅行など氏の多方面にわたる多彩な知識の話で大いに盛上がり、「漫画家仲間が来てくれているんだけど、今日は”ひな祭り”じゃなくて”ヒサ祭り”だね、って言われたよ」と笑顔で語る氏に、約70名の来場者も笑顔で話に聴き入っていました。
またトークイベント終了後にはサイン会が行われ、満面の笑みで1冊1冊丁寧にサインをする氏の姿が印象的でした。
 
同展は、3月18日(日)まで、横浜市民ギャラリー展示室1、2で開催されています。
詳しくは 横浜市民ギャラリーHP をご覧ください。

(写真:会報部 UNO、事務局  文:事務局)

 

 

© Japan Cartoonists Association