漫協ニュース

2018年11月13日掲載

11月10日(土)・11日(日)の二日間、北九州市の西日本総合展示場新館・あるあるCity・小倉駅JAM広場を会場に、北九州ポップカルチャーフェスティバル(通称KPF)2018 in 海外マンガフェスタが開催されました。

1日目、西日本総合展示場新館の海外マンガフェスタステージでは11時10分から、安倍夜郎氏×中島賢一氏による「グルメ漫画家トークショー」が行われ、15時20分からは、「ブラジルと日本の国民的漫画家のトークショー」と題して、マウリシオ•デ•ソウザ氏と、ここ北九州が生まれ故郷の松本零士氏によるトークショーが行われました。

広い会場内には、大勢のマンガ・アニメファンが訪れ、どれに行こうかと迷うほど多彩なイベントや出展ブースの数々を楽しんでいました。

続きを読む

 

漫協ニュース

2018年11月13日掲載

2018年11月9日(金)〜15日(木)まで、東京都港区麻布にある元麻布ギャラリーにて、「第42回 くまんばち展」が開催されています。

一昨年からはじまった展示の目玉企画は第一弾の熊手、次にまねきねこと続き、今回は「ひょうたん」です。大小さまざまな形をしたひょうたんに出展者たちが絵付けをして展示、出展者たちによる寄せ書きひょうたんを囲むように展示され、日に日に数を増しています。

続きを読む

 

漫協ニュース

2018年11月09日掲載

 10月29日から11月16日まで、ロシア・モスクワのマラヤ・ドミトリーカ27 展示ホールにて「ロシアにおける日本漫画展、皮肉なグラフィック」が開催されています。
 「ロシアにおける日本年」をきっかけに、ロシア・メディア連合漫画家組合(Guild of Cartoonists of the Media Union of Russia)所属のアンドレイ・リズホフ氏が主催した展示会であり、協会員である木南精示氏、坂井せいごう氏、たなべたい氏、筑紫直弘氏、牧野圭一氏、山井教雄氏、横田吉昭氏の有志7名が参加しています。

 今後のロシア漫画家との国際交流の発展が期待されるイベントとなっています。

 

続きを読む

 

漫協ニュース

2018年11月07日掲載

2018年11月5日(月)、東京都千代田区にある衆議院会館にて、佐藤薫氏主宰のもと「漫画の応用と保護に関する研究会」および「いのちを知り生かす身心一体科学研究会」合同会議が開催されました。 

開会宣言の後は常任理事である松本零士氏より「著作権保護期間延長等に関する報告」がなされ、ちょうどイタリアから帰国したばかりだという氏は国際交流を経て「漫画に国境はない」という想いをより強く持ち、諸外国に比べ20年も短い日本の著作権に対し「世界でバランスの取れた著作権を得るべきだ」と語りました。

続きを読む

 

漫協ニュース

2018年11月06日掲載

金津創作の森会館20周年を記念し、クリヨウジ氏が招待作家として招かれ、行われている展覧会。

クリ氏は福井県出身の漫画家であり、国際的なアニメーターでもある。
この展示では、クリ氏の代表的なアニメーションや漫画、絵画から立体作品まで一堂に紹介されている。

続きを読む

 

漫協ニュース

2018年11月06日掲載

- 村上もとか先生の巻 11月4日開催 -  

 森下文化センター(東京都江東区森下)で開催されたトークショーは「手塚治虫と少女マンガ・現代少女マンガの源流」のテーマで行われていますが、今回は「フイチン再見!」で少女マンガ家「上田としこ先生」を描いた「村上もとか先生」の登場でした。
 ご自身の手塚マンガや少女マンガの体験談・生前の「上田先生」とのインタビューなど貴重なお話は尽きず、あっという間に予定時刻を過ぎてしまいました。お話の端々に上田先生に対する村上先生の愛情が感じられた素晴らしい一時を過ごさせていただきました。
(トークショー聞き手 綿引勝美氏)

続きを読む

 

漫協ニュース

2018年11月05日掲載

11/3から18まで銀座スパンアートギャラリーにて「わたなべまさこ原画展」が開催されています。
漫画家生活66周年にて初の個展です(9月と11月の2回に分けての展覧会)。漫画原稿、カラーまで目の前で見られる展示に、いらしているお客様はじっくり足を止めて時間を掛けて読みながら鑑賞されていました。本当に美しい原画が目の前で贅沢な時間を過ごせる展示となっています。
先生のグッズもポストカード、レターセット、クリアファイル、トートバッグなど多数で先生の世界にひたる事が出来ます。

続きを読む

 

漫協ニュース

2018年11月05日掲載

11/1から11/7までリベストギャラリー創(武蔵野市吉祥寺東町1-1-19]にて、第4回を迎える「手塚治虫文化祭 ~キチムシ‘18~」が開催中です。
漫画家、イラストレーター、デザイナーなど多数のクリエイターが手塚治虫作品をモチーフに作品やグッズを制作(製作)し展示、展示された商品は販売され、連日、お客様で大盛況。会場内は参加作家さんもいらして、お客様の熱気と歓喜が溢れていました。

〇営業時間 12時~19時 (最終日は17時まで)

〇出展者 青木俊直・浅田弘幸・一本木蛮・井上正治・オザワミカ・KAIJIN・上條淳士・きたがわ翔・きはらようすけ・桐木憲一(with GALAXIEDEAD)・小林じんこ・島本和彦・谷川史子・寺田克也・西野直樹・バロン吉元&エ☆ミリー吉元・BLACKRABiTT/T.IWA ・ほりたみわ・山田雨月・弓月光

続きを読む

 

漫協ニュース

2018年11月05日掲載

「手塚治虫生誕90周年記念 チャリティー展示会」が11/1から11まで、ギャラリーやしの木にて開催されています。漫画家を中心としたクリエイター90人が描いた色紙が飾られています。手塚治虫先生への想いや愛のこもった絵がギャラリーを彩り、見応えのある素敵な空間となっています。

期 間:2018年11月1日(木)~11月11日(日)

会場:ギャラリーやしの木
〒168-0082  東京都杉並区久我山5-21-6

時間:10:00~17:00

続きを読む

 

漫協ニュース

2018年11月02日掲載

10月31日(水)東京都内にて、公益社団法人日本漫画家協会臨時総会および新入会員歓迎懇親会が開催されました。

臨時総会では「定款変更に関する事項」「名誉会員の承認に関する事項」「議事録署名人選任に関する事項」に関して、定款は2点の変更点が、名誉会員は富永一郎、花村えい子、わたなべまさこ各氏が承認、署名人は出席理事より選出、これらそれぞれは総会定足数に達しているとの確認をもって総会は成立しました。

閉会後は新入会員の歓迎懇親会が開かれ、テーブルに並べられた飲み物や軽食を手に、新入会員たちは多少の緊張を隠し切れないながらも既存会員、理事たちと談笑し合っていました。

続きを読む

 
1 〜 10 件 / 全 1615件

 

© Japan Cartoonists Association