漫協ニュース

2020年02月14日掲載

2020年2月13日(木)14時より協会事務局にて、今年も当協会の監事である税理士 金森岳司氏と前川しんすけ氏をお迎えし、会員のための税金相談会が開催されました。

プライバシーを重視し、個室を使用しての個別相談となっております。
新しくご入会された会員さんもご相談にいらしていました。

(写真:事務局)

 

漫協ニュース

2020年02月07日掲載

 令和2年1月26日(日)江東区森下文化センターにて、企画展「スポーツマンガの魅力が大集合!!」の関連イベントであるマンガ講座「第二回・少女マンガに注入したスポ根精神」が開催されました。

 志賀公江氏を講師に迎えた今回のテーマは「スポ根」でしたが、志賀先生はまず「墨汁二滴と石ノ森章太郎」の話題へ。当時の女流作家さんたちとの交流、石ノ森先生のサポート、肉筆回覧誌の散逸防止と保存のお話など興味深い話題はつきませんでした。

 今「スポ根マンガ」とネット検索すると「スポーツマンガ」と出てきます。「スポ根」は死語なのでしょうか?少年マンガでは「福井英一 イガグリくん」や梶原一騎をルーツに作品が描かれてきたと思うのですが、少女マンガでは恋愛要素が加わりストーリーにより深みが増していたのではないでしょうか。女性の描く少女マンガの発展の要因があるのはいろいろな方に語られていますが、それはスポ根マンガにおいても言えることだったのですね。志賀先生のお話は爽快で楽しく、まさしくマンガにも根性を注入なさって作品を描いていたんだなぁとつくづく思ったのでありました。
 「スマッシュをきめろ!」をはじめ志賀公江先生の作品は電子書籍で読めますのでぜひお楽しみください。私も改めて読ませていただきましたが、綺麗な線で描かれた絵が素晴らしかったです。

続きを読む

 

漫協ニュース

2020年02月03日掲載

2020年2月2日(日)東京都・豊島区のNishiikemart スナークリキッドワークスにて、昨年12月24日に急逝された漫画原作者の鍋島雅治氏を偲ぶ「鍋島雅治先生を送る会」が執り行われました。

会主には田中圭一氏(協会員)、よしまさこ氏、小学館ビッグコミック編集部、角川新書編集部、日本文芸社・漫画ゴラク編集部、NEWVERYトキワ荘プロジェクトなど、鍋島氏ゆかりの方々。
そして会場には数多くの鍋島氏とご縁のあった方が集まり、思い出やエピソードを語り合い、送るイラストや言葉を色紙に寄せ書き致しました。
会場は鍋島氏の優しい人柄を感じさせる和やかな空気と会話。

続きを読む

 

漫協ニュース

2020年02月03日掲載

2020年2月2日(日)、森下文化センターにて開催中の「山根青鬼一門会 鬼ジナル・スポーツ展」の特別イベントが行われました。
山根青鬼氏による漫画教室、一門会の鬼達による似顔絵コーナー、マジックショー、そして締めくくりには鬼達による「豆まき」。角を付けた青鬼氏と一門会メンバーが、いらしていたお客様に「鬼は内、福も内」(一門会メンバーは「鬼」なので、「鬼は外」ではなく「鬼は内」と掛け声をします)と叫びながら、豆を巻きました。お客様は嬉しそうに豆を受け取り、お持ち帰り。鬼達は皆様の福を祈り、盛況のうちにイベントは終わりました。

イベントは終わりましたが、展覧会は2/9まで続きます。是非、森下文化センターへ足をお運び頂けましたら幸いです。

続きを読む

 

漫協ニュース

2020年01月27日掲載

1/25〜2/9迄、江東区森下文化センターにて『名たんていカゲマン』等で知られる山根青鬼氏を慕う作家が集った「山根青鬼一門会」の展覧会が開催されています。
今回は24名の作家が「鬼ジナル&スポーツ展」と題し、スポーツに因んだ絵を展示。
初日は在廊した一門会メンバーで、大きな紙とボードに寄せ書きをして新たに展示をしました。(これからメンバーが来場する都度、寄せ書きが増えていきます。)
色々なスポーツを題材とした楽しい作品が沢山あり、見応えのある内容となっています!

続きを読む

 

漫協ニュース

2020年01月22日掲載

2020年1月20日(月)〜26日(日)まで、東京都・港区麻布にある元麻布ギャラリーにて「シャリバリ展」が開催されています。

なんと!今回で開催50回目を迎えるという同展ですが、現主宰である宮下泉氏の感慨もひとしおで、「(同展は)元の主宰者で父でもある故・宮下森氏の遺志を継ぐ形となっているが、継続には困難も多く何回止めようかと思った…けれどここまで続けてこられたのは皆さんのおかげ、やってきて本当に良かった。」と、笑顔で語るその姿には様々な想いが詰まってたことと思います。

続きを読む

 

漫協ニュース

2020年01月17日掲載

只今、東京都・新宿区の 日本漫画家協会 漫協ギャラリーにて、『ねずみ年のまんが年賀状』を開催しています。
協会員30名による年賀状作品の複製を展示しております。是非お越しください。

期 間:2020年1月6日(月)~2020年1月末頃

会 場:日本漫画家協会 1階 漫協ギャラリー
    〒160-0001 東京都新宿区片町3-1 YANASE兎ビル
    TEL:03-5368-3783  FAX:03-3341-0662

続きを読む

 

漫協ニュース

2020年01月08日掲載

2019年12月20日(金)〜2020年1月19日(日)、東京都港区台場にある、ホテルグランパシフィックLE DAIBA内3FにあるアートスペースGallery21(ギャラリー・ヴァンテアン)にて、開田裕治&あや両氏、前田ヒロユキ氏がキュレーターを務める展覧会「Wonderful World!展」が開催されています。

取材当日、対応してくださったキュレーターの一人、今回の出展者でもある前田ヒロユキ氏の案内によると、同展は過去開催されてきた「猫とドラゴン」、「幻獣神話展」に続き、今回のギャラリーを前に開田両氏と話し合った際、この会場の風合いに合わせ新たな世界観を打ち立ててみたい気がしないか…という閃きがあり、そこからあれよと話が進み、前2回に続くシリーズ第3部といってもいい展示会が生まれたそう。

続きを読む

 

漫協ニュース

2020年01月08日掲載

2019年12月28日(土)〜31日(火)、東京都江東区にある東京ビッグサイトおよび青海展示場にて、世界最大規模の同人誌即売会「コミックマーケット97」が開催されました。

夏の開催に続き今回も会場は同人ブースが東京ビッグサイト、企業ブースを一駅隣の青海の2箇所に分けた開催となり、参加者はリストバンド型の入場社証を装着しての入場となっていました。

続きを読む

 

漫協ニュース

2020年01月07日掲載

2020年1月1日(水/祝)〜26日(日)、東京都墨田区スカイツリー・ソラマチ9Fにある郵政博物館内多目的スペースにて、「環境マンガと子どもたちⅣ」が開催されています。

今回が4回目となるコラボで、漫画家たちが描いた環境マンガが多数展示されています。
これらの作品は、やの功氏主宰「地球環境を守る漫画家の会」開催の「環境漫画展」で発表されたものを抜粋したものです。
またその周りには、子ども教育支援財団主催「第11回 環境教育ポスターコンクール」受賞作のほか、海外の子どもたちによる作品も加わり、彼らの素直な目線で描かれたポスターが会場を囲むように展示されています。

続きを読む

 
1 〜 10 件 / 全 1736件

 

© Japan Cartoonists Association