漫協ニュース
2017年11月22日

2017年11月19日(日)〜12月3日(日)まで、東京都江東区にある森下文化センター、通称「のらくろ館」にて「寄席描き展」が開催されています。

「落語を話すのは噺家、描くのは漫画家」というコンセプトで始まった今回のテーマは「人情」ということで、今回も会場には豪華ゲストに加え、似顔絵師の描く噺家似顔絵、漫画家やイラストレーターによる様々な人情噺をイメージした作品が数多く並び、初日は大勢の来場者にも恵まれました。

更に同展は今回、特別展示として伝統芸である紙切り作品展と、故・田河水泡氏が、古典落語「猫と金魚」について思いを綴った大変貴重な手紙を公開するなど盛りだくさんな展示会となっています。

そして今回も会期中、11月23日(木)には、ショーと落語が楽しめる「あさり寄席(有料)」、「似顔絵コーナー(有料)」、出展者たちによる「イラスト大喜利(無料)」が、最終日の12月3日(日)にも「イラスト大喜利(無料)」など、たくさんのイベントが企画されています。

*会期中は11月20日(月)の休館日以外は無休で開催されますが、最終日は17時閉場となりますので御注意下さい。

展覧会情報はコチラ


(画像 文:会報部 柳生柳、事務局)

 
 
漫協ニュース

「お江戸のみんながおもしろい」開催中

2017年11月22日

2017年11月19日(日)〜11月25日(土)まで、東京都江東区にあるギャラリーkopisにて展覧会「お江戸のみんながおもしろい」が開催されています。

アットホームな会場内には、江戸の情景や風俗などが、個性生きる出展者たちの手によって表情豊かに描かれ、その作品群は所狭しと飾られています。初日は来場者が次々と現れ、そのおもてなしに忙しそうなオーナーの姿もありました。

25日(土/最終日)にはイベント(要予約/有料)も企画されていますので、是非お越しください、とのことです。


*同展は会期中無休で開催されますが、最終日は16:00閉場となりますので御注意ください。

展覧会情報はコチラ

(画像 文:会報部 柳生柳)

 
 
漫協ニュース
2017年11月20日

2017年11月19日(日)14時より、葛飾区柴又の昭和レトロ喫茶セピアさんにて、yun氏によるデコぬり絵®︎教室が開催されました。
今回は、yun氏の作品「牡丹と薔薇」のイラストでデコぬり絵®︎ということで難易度がかなり高めでしたが、丁寧な説明と図解説付きで、皆さん楽しく和気藹々と、とても豪華な作品が出来上がりました。

***********************************************
年内はあと1回の開催で、三浦みつる氏の作品でデコぬり絵®︎をします。

日時:12/17(日)14:00~17:00
会場:昭和レトロ喫茶セピア
https://ameblo.jp/sibamata-sepia/
住所:東京都葛飾区柴又7-4-11
アクセス:京成柴又駅より徒歩2分
電話番号:03-6657-8620
参加費用:2,000円(A4サイズの作品を作ります。)
★当日ご持参いただくもの★
作品持ち帰り用のクリアケース(A4サイズ)

※来年度からは平日の開催となるそうですので、休日がご都合の良い方は、この機会にぜひご参加ください。
※また、来年3月には、山根青鬼氏のイラストでのデコぬり絵も開催予定です。
************************************************

(写真提供:yun氏、写真 文:事務局)

 
 
漫協ニュース
2017年11月13日

東京・上野の東京都美術館にて、第43回現代童画展が開催中です。
現代童画展は現代童画会が主催するナイーブアートを主とする公募展です。
同展にはクリヨウジ氏、田中道信氏が出品されています。

同展は11月18日まで。最終日は

詳しくはこちら

(写真:事務局)

 
 
漫協ニュース
2017年11月13日

11/12、浜田ブリトニー先生が塾長を務める「まんたま塾」が西新宿のオカオカハウスにて開催された。
まんたま塾とは『マンガに魂を込める塾』の略である。
絵に自信の無い受講者にも、初めて参加する受講者にも、講師陣が楽しく優しく丁寧に指導し、毎回、時間内にテーマに沿って作品を作り上げる。(今回のテーマは「POPを作る」)
講師は浜田ブリトニー先生を始め、御茶漬海苔先生、のむらしんぼ先生であった。
各講師陣が受講者に指導する姿は「漫画」や「絵」に愛を感じる。受講者も楽しそうに絵に向かう。
浜田ブリトニー先生主催の「まんたま塾」は基本的に月一開催されているそうだ。
ご興味ある方は下記にお問い合わせ願いたい。

↓御予約、お問い合わせはコチラに↓
info@okaokahouse.com

(写真 文:会報部 岸田尚)

 
 
漫協ニュース

「国際漫画フェスティバルinさいたま2017」開催中

2017年11月07日

2017年11月4日(土)〜11月12日(日)まで、さいたま市北区にある、さいたま市プラザノース、ノースギャラリー1〜7にて、国際漫画フェスティバルinさいたま2017が開催されています。

今年のテーマは「おどろき」ということで、場内には自由課題作品も含め、国際という名の通り、国内だけにとどまらない、日頃目にすることが少ない国まで、世界各国の漫画家たちの手懸けた1コマ漫画が数多く並んでいました。

ここでは「第32回 北沢楽天漫画大賞」「第26回まんが甲子園 競技作品展」「世界の へのへのもへじ文字絵展」「さいたま市ユーモアフォトコンテスト」も同時開催されていて見応え抜群となっています。もちろん、協会員や、縁の方々の名前も少なくありません。

4日当日は北沢楽天漫画大賞、ユーモアフォトコンテストの表彰式やあらい太朗、小河原智子両氏による似顔絵イベント(別記事を御参照下さい)が開かれておりました、この後の週末も、上記展示会に加え、講演会や関連イベントが盛りだくさん企画されていて、主催曰く「今秋はさいたまプラザノースへ思う存分 “ユーモア” を満喫しに来てください」とのことです。

(画像 文:会報部 柳生柳)

 
 
漫協ニュース

さいたま国際漫画フェスティバル関連イベント 小河原智子&あらい太朗による似顔絵入門「これが似顔絵だ!」開催

2017年11月07日

現在さいたま市プラザノースにて開催中の「国際漫画フェスティバルinさいたま2017」の関連イベントとして、11月5日(日)、あらい太朗氏ナビゲート、小河原智子氏による「似顔絵入門〜これが似顔絵だ!」が開催されました。

当日はあらい太朗氏が進行役を務め、小河原智子氏がメインとなって似顔絵のコツを伝授していくというもの。
モデルにはマツコデラックスを使用し、まずは予備知識なく似顔絵を描き、そして小河原氏によるテクニックがここで伝授、それを踏まえた上で改めて描いてみると、目に見えてわかる、見違えるほどの上達ぶり!こんなにも上手くなるのか、と、来場者たちからも感嘆が聞こえます。
さらにコツを伝授され、三度目の駄目押し似顔絵を今度はカラーで描き、最後はプチ品評会、タッチは違えどそこにあるのは紛れもないマツコデラックスたち、あっというまの2時間は終始笑顔に包まれたまま終了しました。

この日は似顔絵イベントでしたが、同様の関連イベントとして、この後11月11日(土)には安彦良和氏によるトークイベント(要事前申込)、11日(土)〜12日(日)にはあらい太朗、泉ゆきお、藤井龍二各氏たちによる似顔絵コーナーなど、他にも数多くのイベントが予定されていますので、奮って御参加ください。

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.city.saitama.jp/004/001/002/005/kita/p0552189.html

(画像 文:会報部 柳生柳)

 
 
漫協ニュース

「漫画アクション」創刊50周年記念祭イベント 「吉本浩二先生と平田編集長が語る漫画アクション50年間の歴史 スペシャルトークショー」開催

2017年11月06日

11月5日(日)14時から、10月16日から開催中の「漫画アクション創刊50周年記念祭」in芳林堂書店高田馬場店にて、吉本浩二氏と双葉社アクション編集部・平田昌幸 第15代編集長が語る漫画アクション50年間の歴史・スペシャルトークショーが、副編集長・三田村優氏の司会により行われました。
当時の原稿取りの様子や、語り尽くせぬ50年の編集部秘話が語られ、その歴史を現在、吉本氏が「ルーザーズ」というタイトルで漫画アクションに連載中です。
編集部と作者、そして読者との距離が近く、親しみやすさと温かさを感じるトークショーでした。

同展は11月13日(月)までの開催で、会期中、漫画アクションにて連載されていた作品を購入した方には、押見修造氏・清野とおる氏・吉本浩二氏のサイン色紙が当たる応募抽選券が配布されます。

また、芳林堂全店では、まんがの日フェアを11月30日まで開催中です。
同フェアでは、「日本漫画家協会創立50周年記念誌」を各店にて展示中です。
この機会にぜひご高覧ください。

詳しくは、芳林堂書店ホームページをご覧下さい。

(画像 文:事務局)

 
 
漫協ニュース

ちばてつや氏・里中満知子氏出演 BEYOND FES SHIBUYA「TEAM BEYOND×パラスポーツマンガ Supported by DNP FUN'S PROJECT」

2017年11月06日

11月3日(金)14時〜渋谷マークシティ1F常設ステージにて、BEYOND FES SHIBUYA「TEAM BEYOND×パラスポーツマンガ Supported by DNP FUN'S PROJECT」と題したトークイベントが、大日本印刷株式会社・浅羽慎太郎氏の司会により行われ、ちばてつや氏と里中満知子氏が出演しました。
第一部は、高知出身の漫画家・森蜜氏の作品「君の見る夢が僕の夢」を、森氏自身も発達障害のある経験から「障害があっても、あるからこそ見えないものまで見えてくる、そういったことをマンガで表現したかった」と語り、ちば・里中両氏が「非常に読みやすい作品」「感動を嫌味なく見せる作品」と講評を交えつつストーリーの説明を行いました。
第二部は、NHK首都圏放送センター・チーフプロデューサーの上田和摩氏が登壇。
ちば氏の「ウィルチェアラグビー」のイラストを見ながら、里中氏が作品のストーリーイメージアイディアをどんどん創り出し、「話を聞いていてキャラの顔が出てきた。マンガで描きたくなったね。」と、ちば氏。
マンガの持つ力はすごい物があり、パラスポーツを盛り上げるためにマンガの持つ力は欠かせないと上田氏が結び、多勢の聴衆からはたくさんの拍手が起きていました。

このイベントは、11月11日(土)まで開催されています。
詳しくはTEAM BEYOND 公式ホームページ をご覧ください。

(画像 文:事務局)

 
 
漫協ニュース

手塚治虫文化祭 〜キチムシ'17〜 開催中

2017年11月05日

東京・吉祥寺のリベストギャラリー創にて、手塚治虫文化祭 〜キチムシ'17〜が、開催中です。

これは手塚治虫氏しばりのコラボ・マーケットフェスで、各作家による手塚作品をモチーフに創作・制作された作品やグッズ類の展示、販売を行う展覧会です。
元々魅力的な手塚作品のキャラクター達を現代の作家達の視点で描き下ろし、また新たな魅力を発見できる興味深い展示となっています。

今回は3回目で毎年沢山の来場者がありますが、今年も大変な賑わい。
既に在庫切れになっている商品もあり、展覧会は大いに盛り上がりを見せています。

同展は11月8日(水)まで開催されています。

展覧会情報はこちら
公式サイト

(写真:事務局)

 
 
1〜 10件 / 全 1454件

 

© Japan Cartoonists Association