うゑださと士の色紙画展 中神田十三ヶ町町内渡御之図

2017年02月27日

期 間:平成29年3月18日(土)~26日(日)
時 間:正午12時~午後6時 但し最終26日は午後5時まで
会 場:神田公園出張所 2階ギャラリー
    千代田区神田司町2-2

【懇親会のご案内】
うゑださと士色紙画展を記念し3月22日(水)神田明神ツアーと懇親会が催されます。
詳しくは特設ご案内ページをご覧ください。→ https://goo.gl/OEMMPf
 

 
 

ビッグ錠のマンガとわが町展最終日(2月26日)

2017年02月27日

湘南台駅地下イベント広場にて「昭和のマンガあれこれ」トークショウが、イベント最終日、川崎のぼる氏南波健二氏をゲストにビッグ錠氏は嬉しい時間が流れた。

川崎氏とビッグ氏の付合いが漫画界を盛り上げたとも言えそうな感じさえ伝わって来た。 客席ではうなづきながら聞いていたファンもいた。

ビッグ氏は湘南台に居を構えて45年。氏は作品を育ててくれたこの町のために役に立ちたいという思いから回顧展を開催する事になった。

倉田氏平松氏ねもと氏・・・同業の漫画家仲間も客席に応援に来ていた事が仲間っていいなあとマンガファンに伝わったと思う。

トークショウをうまくリードした司会解説は松岡和彦氏でした。

(写真:会報部UNO、事務局 文:会報部UNO)

  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
写真 27
 
 

東日本大震災祈念 6年目の「絵の花束2017」展

2017年02月27日

東日本大震災被災者の皆様に向け、
多くの表現者の方々のご協力を頂き
お贈り致しました絵等を展示させて頂きます

期 間:2017年3月7日(火)~14日(火)
時 間:12時~19時
会 場:Gallery Paw pad(ギャラリー・パウ・パッド)
    〒 157-00 世田谷区砧5-23-8
    小田急線祖師ヶ谷大蔵駅下車 南方向徒歩約8分
    ウルトラマン商店街内

詳しくは:永野のりこホームページ https://goo.gl/02UAFz

  •   
  •   
写真 2
 
 

FECO JAPAN CARTOON 風刺マンガ展 開催中

2017年02月25日

2月24日〜3月14日の期間、京都国際マンガミュージアム、ギャラリー4にて、
フェコジャパン展が開催されています。展覧会テーマは<厄介な時代>。
出展者はカワキタカズヒロ、木南精示(協会員)坂井貞夫、坂井せいごう(協会員)、
篠原ユキオ(会代表・協会員)ジョルジュ・ピロシキ(協会員)、武田秀雄(協会員)、
たなべたい(協会員)、団士郎(協会員)、筑紫直弘(協会員)、西田淑子(協会員)
柳たかを(協会員)、山井教雄(協会員)、横田吉昭(協会員)の各氏。

展覧会情報http://www.nihonmangakakyokai.or.jp/?tbl=exhibition&id=6368

 

(写真・文:西田淑子)

  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
写真 10
 
 

「ビッグ錠のわが町とマンガ展」開催中

2017年02月20日

2017年2月17日(金)より、湘南台駅地下イベント広場にて「ビッグ錠のわが町とマンガ展」が開催されています。
会場には、湘南台に居を構えて45年となるビッグ氏の、この湘南台で生まれた作品の数々、地域に密着した作品や、貸本時代の懐かしい本等が展示されています。

19日(日)13時からは、「グルメマンガ家たちのグルメ会議」と題して、倉田よしみ氏(協会員)・さとう輝氏(協会員)をゲストに迎え、ビッグ錠氏との三氏によるトークショーが行なわれました。
(出演予定の土山しげる氏(協会員)は、体調を崩されたとの事で、さとう輝氏が急遽出演となりました)
コック姿のビッグ氏を中心に、それぞれの作品に対する想いや、描き方・表現方法の対峙、各氏の故郷での活動などが紹介され、改札口すぐの会場はたくさんの人達が立ち止まり、各氏の軽快なトークに笑いが溢れていました。
また、トークショーの後には、抽選でサイン会も行なわれ、各氏は笑顔でサインに応じていました。

同展は、2月26日(日)まで。
22日(水)13時より「ミュージックライブ」、26日(日)13時より「トークショー・昭和のマンガあれこれ」が予定されています。

詳しくは、http://www.nihonmangakakyokai.or.jp/?tbl=exhibition&id=6346まで。

(画像提供:小松秀夫氏 文・画像:事務局)

 

  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
写真 42
 
 

起き上がりこぼしプロジェクト ウクライナ国立チェルノブイリ博物館・スラブチチ市文化センター

2017年02月15日

当協会が協力を行っている起き上がりこぼしプロジェクトですが、この度ウクライナ国内での展示が決定しました。

国立チェルノブイリ博物館(こくりつチェルノブイリはくぶつかん、Національний музей Чорнобиль)は、チェルノブイリ原子力発電所事故6周年にあたる1992年4月26日、キエフの中心街に開設された博物館です。
同時に、スラブチチ市では市主催、文化センターで展示を行います。スラブチチ市は、チェルノブイリ原発事故の後、旧ソ連が周辺地域の住民を汚染の少ない地域へ移動させ、その後2年間で作られた新しい街です。
展示に際し、絵付け起き上がりこぼしの贈呈式が行われ当協会理事・一本木蛮、永野のりこ、参与・倉田よしみ各氏が参加します。

会期:2017年3月11日〜夏頃

博物館住所    переулок Хорива, 1
      Kyiv,
      Ukraine
      04071
※このニュースタイトル右横▼印をクリック、地図で場所が表示されます。

電話番号    +380 44 482 5627

起き上がりこぼしプロジェクト https://www.facebook.com/OkiagariKoboshiProject/
国立チェルノブイリ博物館 http://chornobylmuseum.kiev.ua/en/mainpage/

 
 

「UQ HOLDER! ~魔法先生ネギま!2~ アニメ化記念」     赤松健原画展

2017年02月15日

憧れていた、あの子に会える。 

期 間:2017年3月18日(土)~26日(日)

時 間:平日 13時~20時
    土日祝日 11時~18時
    (3月18日(土)のみ12時から開館となります)
    ご入場は閉館の60分前まで

入場料:前売券1200円、限定グッズ付前売券3200円
    当日券1400円、限定グッズ付当日券3400円

会 場:東京ソラマチ® 5F スペース634
    〒131-0045 東京都墨田区押上1-1-2
    問合せ先 03-3556-6552(赤松健原画展運営事務局)

<注意事項>
◆入場券について
・3歳以下無料
・前売券の販売枚数が上限に達した場合、当日券の販売はございません。
・購入された入場券の変更、交換はお受けできません。 
・当日券はご購入日のみ入場できます。 
・前売券、当日券に限らず「限定グッズ」は数量限定のため、完売の場合、販売はございません。
・「限定グッズ」は、会場でのお渡しとなります。

詳しくは:赤松健原画展HPまで

 
 

「コミティア119」ちばてつや特別公開授業も

2017年02月15日

2017年2月12日(日)東京都江東区にあるビッグサイトにて、創作系同人誌即売会「コミティア119」が開催されました。
回を追うごとに展示や企画も増え、一層の賑やかさをますコミティアですが、今回も様々なイベントが行われました。
通常のイベント開催の傍ら、午前中に開催された当協会理事長ちばてつや氏の特別公開授業も今回で三回目、氏が教鞭をとる大学の学生作品を例に、授業テーマに沿った解説とアドバイス等がなされ、来場者の注目を集めていました。
午後にはデジタルマンガキャンパス・マッチ2016の表彰式と講評会が開催され、ここには倉田よしみ氏や、犬木加奈子氏などが登壇。こちらもまた多くの参加者に恵まれ、場内を盛り上げていました。
そしてもちろんイベントそのものでも、出展者には今回も多くの協会員がおり、関東在住の常連はさることながら新たに出展する協会員もぐっと増え、遠くからの出展者には、山口からははるばる、とだかづき氏の姿もありました。
なお、地方でも開催されているコミティアですが、新たに九州での開催が予定されています。
プレ開催とのことですが、きっとここでも多くの才能が集まり、イベントも発展していってくれることと思います。

(協力:コミティア実行委員会 画像 文:会報部 柳生柳)

  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
写真 35
 
 

「環境マンガと子どもたち」大阪での巡回展

2017年02月13日

現在開催中の漫画家協会協力事業「環境マンガと子どもたち」ですが、現在は関西地区での巡回展を行っています。
1月29日(日)〜2月1日(水)は大阪市中央図書館、2月3日(金)〜7日(火)はおおさかATCエコグリーンプラザで開催されました。
大阪での巡回展は好評の内に閉幕となり、この先は神戸と岡山での巡回展も予定されてます。

(画像提供:公益社団法人 こども教育支援財団 文:会報部 柳生柳)

  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
写真 6
 
 
2017年02月13日

期 間:2017年2月24日(金)~3月14日(火)

時 間:10時~18時(最終入館は17時30分まで)

休館日:毎週水曜日

入場料:無料(ただし、マンガミュージアム入場料は別途必要となります)
    (大人800円 中高生300円 小学生100円)

会 場:京都国際マンガミュージアム ギャラリー4
    〒 604-0846 京都府京都市中京区烏丸通御池上ル(元龍池小学校)
    TEL 075-254-7414

出展者:坂井貞夫、坂井せいごう(協会員)、西田淑子(協会員)、山井教雄(協会員)、
    横田吉昭(協会員)、柳たかを(協会員)、木南精示(協会員)、
    ジョルジュピロシキ(協会員)、筑紫直弘(協会員)、たなべたい(協会員)、
    武田秀雄(協会員)、団士郎(協会員)、カワキタカズヒロ、
    篠原ユキオ(代表)(協会員)(敬称略、順不同)

詳しくは:京都国際マンガミュージアム

 
 
1〜10件 / 全3170件

 

© Japan Cartoonists Association