漫協ニュース

2019年04月18日掲載

4月16日(火)からアートコンプレックスセンターにて『岸田尚肖像画展』が開催されている。
天使画家・岸田尚氏を描いた展覧会は本展で7回目となる。
静かな落ち着いたギャラリーに並ぶ24人の描き手による24人の岸田尚がそれぞれの個性の中で観客を楽しませている。
ぜひ、足を運んでみてほしい。21日(日)まで。

続きを読む

 

漫協ニュース

2019年04月15日掲載

三井寺は滋賀県と京都府の県境にあり、京都から電車ですぐ。会場は古い書院で、素晴らしい展示になりました。立体の「レレレ千手観音」など、まるで以前からそこにあったかのようです。今回も新作が何点か加わりました。水木しげる氏のプロダクションからも、前回の曼荼羅に代わって鬼太郎のいる絵が寄せられています。新しい図録もあります。
三井寺では平安時代のものなど大変古い素晴らしい仏像も数多く身近に見ることができます。今年は桜も長く花が持ちました。山ですので、歩きやすい靴でお越しください。広い境内をハイキング気分でお楽しみいただけます。

期 日:2019年3月29日(金)〜5月19日(日)

場 所:天台寺門宗 総本山園城寺三井寺 観音堂書院
    〒520-0036  滋賀県大津市園城寺町246

続きを読む

 

漫協ニュース

2019年04月09日掲載

当協会理事のバロン吉元氏のオマージュ作品展示として、「バロン吉元 画業60年還暦祭 男爵芋煮会」が東京・阿佐ヶ谷のVOIDにて開催されました。

作家がそれぞれのイメージで製作されたバロン氏のキャラクターの作品群は、個性的な作家によるユニークな切り口があり、見るものを飽きさせません。
また、今回の展示作品による物販も豊富で、来場者がどれにしようか手に取り迷っている姿も。

続きを読む

 

漫協ニュース

2019年03月25日掲載

高知県南国市はやなせたかし氏が医師である叔父・寛氏に預けられ、小2から18歳までを過ごされた場所です。
その寛氏の柳瀬医院跡地はアンパンマンミュージアム振興財団に寄付され、2016年に「やなせたかし・ごめん駅前公園」になり、近隣の方々に親しまれています。

また、医院の敷地にあったライオン像は、やなせ氏の母校である南国市立後免野田小学校へ寄贈されました。この日は日曜日でしたが、校長先生がお出でになり、学校の歴史からやなせ氏の関わりなど、丁寧にご説明いただきました。

続きを読む

 

漫協ニュース

2019年03月25日掲載

2013年に逝去された当協会元会長のやなせたかし氏は「やなせたかし文化賞」の創設を遺言として残されましたが、この度第1回やなせたかし文化賞が決定、3月9日に高知県のホテル日航高知旭ロイヤルにて授与式が行われました。

やなせたかし文化賞は、やなせたかし記念アンパンマンミュージアム振興財団が、子供のための良心的な絵本や漫画、アニメーションなどの創作に取り組む個人や団体を2年に一度表彰するものです。

この日は、当協会四国ブロック長で財団の専務理事を務めるおかもとあつし氏のご挨拶からスタート。
司会者から、受賞者5組と選定委員6名を紹介され、授与式となりました。

続きを読む

 

漫協ニュース

2019年03月19日掲載

3月18日、都市センターホテル3階コスモスホールにて、マンガジャパン/デジタルマンガ協会 合同 早春の会が催されました。

毎年恒例のこの会には、里中満智子代表の挨拶でスタート。
今回も同会の会員を始め、多くの関係者が訪れる華やかな催しとなりました。

恒例の会員によるライブで盛り上がった後は、この会ならではの貴重な品々が出品される楽しい抽選会! 氏名が読み上げられ、あちこちで歓声が上がります。

続きを読む

 

漫協ニュース

2019年03月18日掲載

※3月18日に行われたイベント記事と画像を追加いたしました。

3月16日(土)から21日(木)まで開催される「湘南台グルマン祭ービッグ錠とその仲間たち」。

初日の16日はオープニングセレモニーが行われ、藤沢市長の挨拶に続き、ビッグ錠氏の展示に対する想いが語られました。

続きを読む

 

漫協ニュース

2019年03月18日掲載

 
サンディエゴでアメリカンコミックの祭典、サンディエゴ・コミックフェスタ開催。金谷裕が日本から特別ゲストとして参加してきました。
 
 

続きを読む

 

漫協ニュース

2019年03月12日掲載

2014年から当協会が協力を行っているおきあがりこぼしプロジェクトですが、今年度は北九州市漫画ミュージアムより巡回展がスタートしました。

小倉駅近くのポップカルチャー商業施設の「あるあるCity」。この施設の5・6階にミュージアムがあります。事務局では3月9日(土)の初日に伺い、学芸員の柴田さんに施設のご案内していただきました。

小倉は松本零士氏の出身地であり、ミュージアムでも常設展では松本氏をメインとし、受付はメーテル、入ってすぐハーロックが現れたりと、気分が高まります。

続きを読む

 

漫協ニュース

2019年03月11日掲載

3月2日・3日の二日間、総勢21人の漫画家とゲストを集め、5回目になる漫画家大会議が開催された。
メイン会場は高知市文化プラザかるぽーと。

参加漫画家(五十音順・太字協会員)
あおきてつお、安倍夜郎、うえやまとち、大沢俊太郎、くさか里樹、下條よしあき、玉川重機、てしろぎたかし、内藤泰弘、はしもとみつお、ひのもとめぐる、姫川明輝、藤沢とおる、藤島康介、藤本正二、本庄敬、正木秀尚、Moo.念平、村岡マサヒロ、森田将文、山田ゴロ の各氏

続きを読む

 
1 〜 10 件 / 全 1664件

 

© Japan Cartoonists Association