公益社団法人日本漫画家協会

ニュース / 展覧会・イベント情報


宮内・摂田屋百景展2

2016年04月12日掲載

秋山孝ポスター美術館長岡(APM)2016年度の最初の企画展は「宮内・摂田屋百景展2」からはじまります。
この度、国の文化審議会が、APMの建物を登録有形文化財に登録するよう、文部科学省に答申しました。(2016年3月12日付新潟日報・朝日新聞掲載)
APMの建物は、1925年(大正14)に、豪雪地帯で活躍したフレンチトラスト(鉄骨造)を持つ、鉄筋コンクリート造の建造物で、銀行として建築されました。第二次大戦空襲の火災にも遭遇し、度々起こってきた地震災害にも耐え、2009年に美術館としてオープンしました。築後90年を越え、この地域の歴史と共に残る建物です。この度の答申をうけて、「宮内・摂田屋百景展2」を開催いたします。この企画は2014年4月に開催し、好評を博した企画の第2回目となります。
宮内・摂田屋地域は、旧三国街道沿いに発展した、歴史と文化が多く残る町です。摂田屋は機那サフラン酒本舗をはじめ、古くから醸造業で栄えた町です。多くが今でも変わらぬ姿で営業を続け、昔ながらの景観を残しています。「醸造の町」として町おこしが盛んに行われ、多くの観光客が訪れています。当館のある宮内も懐かしさのある雁木通りの商店街もあり、大正・昭和の風情が漂う地域です。
今回も、県内外のポスターアーティストがそれぞれの視点から、APMの地元である宮内・摂田屋の地域再発見ポスターを作成し、展示いたします。APMの理想とする、教育を経て、創作へと辿り着き、展示発表をする研究です。さらに、この研究はポスターを作成し展示するのみならず、研究を元にこの地域の地図を作成しています。この地図は研究と共に進化します。APMは、この地域のもつ地域文化遺産の価値を再発見し、発信していくことで、地域貢献をしていきます。(パンフレットより)


期間:2016年4月16日(土)〜6月27日(月)

時間:11時〜17時(入館は16時30分まで)

休館日:火曜日

入館料:無料

会場:秋山孝ポスター美術館長岡 TEL 0258-39-1233
   〒940-1106 新潟県長岡市宮内2-10-8

詳しくは:http://apm-nagaoka.com