公益社団法人日本漫画家協会

ニュース / 漫協ニュース


「トキワ荘と手塚治虫-ジャングル大帝の頃」開催中

2021年04月07日掲載

 2021年4月7日より8月9日迄、トキワ荘マンガミュージアムにて、特別企画展「トキワ荘と手塚治虫-ジャングル大帝の頃」が開催されています。
内覧会が6日に開催され、多くの関係者が来場しました。

 本展示会では、「手塚治虫とトキワ荘」と題し、「サボテン君」をはじめとする作品や、藤子不二雄 Ⓐ 先生が手伝った「ジャングル大帝」の最終回の直筆原稿、手塚治虫の代表作「鉄腕アトム」「リボンの騎士」「火の鳥」などトキワ荘時代に描かれた作品の貴重な直筆原稿が解説と共に展示されています。

 掲載誌や直筆原稿から立ち登る熱気を感じられ、手塚治虫が「トキワ荘前史」と呼ぶ時代と、関西から東京に来たエピソード、寺田ヒロオ以降の「漫画家の梁山泊」と呼ばれるトキワ荘前史を垣間見る事が出来ます。

 

(写真・記事:会報部 岸田尚)