公益社団法人日本漫画家協会

ニュース / 漫協ニュース


第7回通常総会 第49回日本漫画家協会賞贈賞式 開催

2020年11月11日掲載

 2020年11月6日(金)、帝国ホテル「蘭の間」にて第7回通常総会が執り行われました。

 例年は6月に行われる総会ですが、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大により延期され、この日の開催となりました。
開催に当たり密集を避ける為、役員のみで開催。ちばてつや会長、さいとう・たかを氏、竹宮惠子氏は総会初のリモート参加。出席会員23名、①委任状出席984名、②議決権行使書提出会員521名(①+②合計数1505名)、正会員2234名につき、総数が定足数の2分の1(1117名)以上となる為、総会は成立となりました。
物故会員への黙祷から始まり、議題は会員異動状況、定款変更に関する事項、役員及び特別職の承認、活動状況、事業報告、事業計画、収支決算報告、収支予算について、その他、会報部からの報告、著作権部からの報告、議事録署名人の選任と順にこなし、すべての議題を終了致しました。

 総会後は、同ホテル「孔雀西の間」へ移動し、「第49回日本漫画家協会賞贈賞式」が行われました。
 今年は新型コロナウイルス対策の為、懇親会はなくソーシャルディスタンスを保つ為に客席の椅子が交互に並べられ、着席。受賞者と受賞者の間にはアクリル板が立てられ、今までにはない光景でした。
里中満智子理事長の挨拶から始まり、司会は去年に引き続き一本木蛮氏と永野のりこ氏の元気な声が響きました。
受賞者は大賞(コミック部門)みなもと太郎氏、大賞(カーツーン部門)佐藤正明氏、特別賞・コミックマーケット準備会、文部科学大臣賞・モンキー・パンチ氏。
受賞者へは選考委員(里中満智子氏、倉田よしみ氏、齋藤なずな氏、タナカミノル氏、安彦良和氏)からの言葉と、恒例となったちばてつや氏による手書き賞状が里中満智子氏より授与されました。

(文:岸田尚 写真:嶌津よたろう)

 

第49回日本漫画家協会賞の動画です。
制作:株式会社Studio Do-Do