公益社団法人日本漫画家協会

ニュース / 漫協ニュース


長谷川町子記念館 開館

2020年07月13日掲載

長谷川町子氏の生誕100年を記念した『長谷川町子記念館』が7月11日、東京・桜新町に開館した。

こちらの記念館は、向かいにある『長谷川町子美術館(1985年開館)』の分館として建設された。現存の長谷川町子美術館には長谷川町子氏と姉・毬子氏が収集した美術品が展示されているが、今回オープンした記念館には、常設展示として「サザエさん」「エプロンおばさん」「いじわるばあさん」などの原画が色鮮やかに展示され、掲載誌、単行本、執筆に使用された筆記具、写真などが並ぶ。
体験型コーナーでは板塀に落書きをしたり、大画面で
漫画を読んだり、漫画の世界を模した部屋で記念撮影ができる。また来館記念品を売るショップや喫茶コーナーもある。

企画展「長谷川町子の漫画創作秘話」展は9月27日まで。草稿や原稿も展示されます。
新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、当面のあいだ入館制限措置が取られています。
詳しくは、長谷川町子美術館HPをご覧ください。

 

(記事・文:岸田尚)