公益社団法人日本漫画家協会

ニュース / 漫協ニュース


アメリカンコミックの祭典、サンディエゴ・コミックフェスタ開催

2019年03月18日掲載

 
サンディエゴでアメリカンコミックの祭典、サンディエゴ・コミックフェスタ開催。金谷裕が日本から特別ゲストとして参加してきました。
 
 
アメリカ・サンディエゴにて、2019年3月7日(木)〜10日(日)の4日間に渡り、漫画・アニメの祭典【San Diego Comic Fest(サンディエゴ・コミックフェスタ)】が開催されました。
San Diego Comic Festは、ディズニーのアニメーターや、スーパーマンの漫画家、Xメンのプロデューサーなど様々なアメリカの著名な漫画家・アニメーターがゲストで訪れ、何千人ものファンが心待ちにする人気の大会です。
 
今回のテーマは「アポロ11号の月面着陸の50周年記念」。
日本からは金谷裕が特別ゲストとして参加し、大会中に描いたアポロ11号のイラストをチャリティオークションに出品、そして「Hiroshi Kanataniの怪獣トークショー」では、東宝関係者との怪獣トークや、ライブドローイングでオリジナル漫画の怪獣イラストを描き、ファンに楽しんでいただきました。
 
アーティストアレーでは多くのアーティストが参加する中、金谷裕のオリジナルデザイン「怪獣アイロス」のアメコミが紹介され、ここでもフルタイムでライブドローイングを行い、訪れた多くのファンと交流を深めました。
 
 
San Diego Comic Fest 2019(サンディエゴ・コミックフェスタ)のサイトはこちら。
https://www.sdcomicfest.org/
https://www.sdcomicfest.org/hiroshi-kanatani/
 
(文・写真:金谷 裕)