公益社団法人日本漫画家協会

ニュース / 漫協ニュース


寄席描き展イベント1「イラスト大喜利」開催

2018年11月26日掲載

 2018年11月18日(日)〜12月2日(日)まで、東京都江東区森下にある森下文化センター(通称:のらくろ館)にて開催中の、落語をテーマとした展覧会「第6回 寄席描き展」では会期中、さまざまなイベントが催されます。

 23日(金/祝)は「イラスト大喜利」という、来場者が出題したお題に沿って回答者が描くというもので司会進行の宮島幸次氏の「プロのイラストレーターや漫画家だったらそのくらいお茶の子さいさいでしょう!」という無茶ぶりに答えながらも、抽象的だったり、時には見た事もないアニメのキャラクターお題を前に四苦八苦。

 そんなステージは13時から、山根青鬼、ウノ・カマキリ、いご昭二、おがたたかはる各氏を中心に、メンバーを入れ替えながら計4回…なんと、青鬼氏は全てのステージに登壇というアグレッシブさを見せながら、その尽力もあって客席も次第に埋まり、終始笑いに包まれたイベントDAYとなっていました。


*イラスト大喜利は12月2日(日)にも開催されます。
 御興味ある方へ、詳しくは展覧会・イベント情報をチェックしてみてください。
 http://www.nihonmangakakyokai.or.jp/?tbl=exhibition&id=7528

*会期中は19日(月)が休館、最終日は17時で閉場となりますので御注意ください。


(画像 文:柳生柳)