公益社団法人日本漫画家協会

ニュース / 漫協ニュース


さいたま漫画会館にて恒例「似顔絵イベント」開催

2018年05月06日掲載

2018年5月3日(木/祝)、4日(金/祝)両日に、さいたま市北区で開催された「大盆栽祭り」の開催に併せて、漫画会館内で毎年恒例の似顔絵まつりが開催され、さいたま縁の漫画家達であるあらい太朗、松沢秀和、藤井龍二各氏と、ピンチヒッターで柳生柳の4人が2日に分けて担当しました。

この漫画会館は故・北沢楽天が晩年を過ごした邸宅を改装して開かれた日本最古の漫画館でもあり、漫画を文化として育てていくことを目的に、さまざまなイベントや展示が行われています。

今回の似顔絵もそのひとつで、地元さいたまの有名人でもあるあらい太朗氏の人気も手伝い、予約は受け付け開始後すぐに満員、和やかな空間のなか、あっという間に時間も過ぎていきました。

 

(画像 文:会報部 柳生柳)