公益社団法人日本漫画家協会


江東区森下文化センター「怪奇・恐怖マンガの世界」 犬木加奈子氏と木村直巳氏の講座行われる

2017年07月18日

江東区森下文化センターでは、今年度「怪奇・恐怖マンガの世界」講座を、この分野の漫画家を招いて開講しています。

7月16日(日)はその第2回、メモリーバンク(株)代表の綿引勝美氏のコーディネートで、犬木加奈子氏と木村直巳氏のトークが行われました。

綿引氏の所有する貴重な資料をスクリーンに投影しながら、漫画家を目指したきっかけやデビュー、この分野での活躍に至る流れや作品制作、現在の活躍の模様などが語られました。また、犬木氏の作品の貴重なビデオ上映も行われました。

講座終了後は、書籍の販売とサイン会が催され、好評のうちに幕を閉じました。
今回の講座より、同センターでは8月10日(木)〜27日(日)に「怪奇・恐怖漫画の世界展」と銘打った展覧会が開催されるそうです。

この講座の今後は、8月20日(日)には古賀新一氏、9月17日(日)は近藤ようこ氏が講師で、開講されます。

講座や展覧会の詳細は、森下文化センターのサイトをご覧ください。
https://www.kcf.or.jp/morishita/koza/detail/?id=152
 

(写真:事務局)