公益社団法人日本漫画家協会

ニュース / 漫協ニュース


秋田空港 陶板レリーフ壁画「釣りキチ三平・山魚女群栄」完成除幕式

2016年10月03日掲載

10月2日 秋田空港国内線旅客ターミナルビル2機壁画前にて午前11時より行なわれた。

菅義偉内閣官房長官をはじめ秋田県知事ほか関係者がお祝いの挨拶。

日本漫画家協会からは 漫画家はちばてつや理事長、里中満智子常務理事がお祝いに駆けつけた。

秋田県横手市増田町出身の矢口高雄氏が「釣りキチ三平」の連載最初に登場した山女魚(やまめ)
が描かれているのは氏の思い入れが深い事を感じさせてくれました。

ふるさとの自然の大切さを漫画を通して伝え続け 地元の人々とうまい酒を飲みかわす矢口氏
こそ 日本の誇れる漫画家なのです。飛行機が東京から飛び立った時 秋田の空は危ぶまれていた
天候が式が始まる頃には雲一つない晴天になったのは 氏の気持がそうさせたに違いないでしょう。

久々 心が晴れやかになった素晴らしい式典でした。

(写真・文:会報部UNO)