公益社団法人日本漫画家協会

ニュース / 漫協ニュース


2013年度 第42回日本漫画家協会賞 発表

2013年05月08日掲載

社団法人日本漫画家協会(ちばてつや理事長・会員数約550名)は、漫画文化の普及と漫画界の向上発展をはかる目的のもとに優秀作品を顕彰するため、1972年より「日本漫画家協会賞」を設けています。

 日本漫画家協会賞選考委員会は先に募集いたしました協会賞の候補作品について、5月10日(金)午後1時より社団法人日本漫画家協会事務局に於いて厳正に選考を行った結果、下記の方々に受賞を決定致しました。
 尚、贈賞式は、6月21日(金)午後6時より、帝国ホテルに於いて行います。

 2013年5月10日

日本漫画家協会賞選考委員会
委員長  ち ば てつや 
委 員  安 倍 夜 郎 ・ せきや てつじ
     石 子   順 ・ 永 井   豪
     泉   ゆきを ・ 野 呂 達 矢
     犬 木 加奈子 ・ ビッグ   錠
     木 村 直 巳 ・ 古 川 タ ク
     クミタ・リュウ ・ わたなべまさこ
          

──────── 受 賞 者 ────────

◎大  賞(金彩プレート盾、メダル、副賞として賞金50万円)1名

☆コミック部門
新田たつお(にったたつお)氏
作 品 名 「静かなるドン」実業之日本社刊
受賞理由 バカバカしさと面白さ! これぞ、マンガエンタテインメントと言える。
     長年「週刊漫画サンデー」をささえ続けた作品を称えたい。


☆カーツーン部門

 該当作品なし




◎優 秀 賞 (銀彩プレート盾、メダル、副賞として賞金20万円)2名

松田洋子(まつだひろこ)氏
作 品 名 「ママゴト」エンターブレイン刊
受賞理由  ねじれたギャグとして家族を描き続けて来た作家であるが、一読、
      涙が止まらない。今後の更なる飛躍を期待させる作品である。

岡野雄一(おかのゆういち)氏
作 品 名 「ペコロスの母に会いに行く」西日本新聞社刊
受賞理由  認知症の母の記憶がいったりきたりするさまを包み込む息子。
      素朴な描写に感動を呼ぶ。


◎特 別 賞 (銀彩プレート盾、メダル、副賞として賞金20万円)2名

山本おさむ(やまもとおさむ)氏
作 品 名 「今日もいい天気」双葉社刊
受賞理由  平和な生活が原発事故によって壊されるいきどおり。そこから立ち直る
      人々を自己体験とともに描く記録タッチの描写に熱くなる。


鉄拳(てっけん)氏
作 品 名 「振り子」小学館刊
受賞理由  漫画の新しい可能性を見せてくれた作品。何よりも作者本人が夢中に
      なって描いている感じが伝わってくるのが素晴らしい。


◎文部科学大臣賞 (文部科学大臣表彰状)

平田弘史(ひらたひろし)氏
       「全業績に対して」  
受賞理由  その卓越した画力と表現力は、世界的な評価も得ており、また多くの
      漫画家に影響を与え続けている。