公益社団法人日本漫画家協会

ニュース / 漫協ニュース


「第13回 国際マンガサミット鳥取大会」2012 華やかにスタート

2012年11月12日掲載

11月7日、鳥取県・米子市で13回目を迎えた国際マンガサミット(後援・日本漫画家協会)がスタートしました。漫画王国を自認する同県は8月4日〜11月25日にかけて「国際マンガ博」を各地で開催しており、その目玉のひとつが同サミットです。
 米子市中心部にある米子コンベンションセンターで、サミット実行委員長・ちばてつや氏(当協会理事長)や平井伸治・鳥取県知事らのテープカットセレモニーに始まり、夜は米子市内の全日空ホテルで開会式とウェルカムパーテイーが2時間行われました。

 テーマが鳥取にふさわしい「食と海」で、10日までの4日間の日程が組まれ、参加国・地域は日本の他、韓国・中国・台湾・香港などでした。平井知事は「サミットで絆をつなげましょう」と挨拶し、里中満智子・サミット運営本部代表は「初めて市から県のレベルで開催されることは感慨深いです」とサミットの発展に喜んでいました。
 また、最後にはこのたび叙勲を受けられたちば氏に平井知事から花束が贈呈され、拍手喝采で幕を閉じました。

(文:会報部 香取正樹 、写真:事務局)