公益社団法人日本漫画家協会

協会賞案内 / 歴代社団法人日本漫画家協会賞および文部科学大臣賞


上野さくら祭り・チャリティー似顔絵会

2019年03月22日掲載

似顔絵集団は、毎年春の桜の季節に上野不忍池畔にてテントを設営し『チャリティー似顔絵会』を実施しています。
今年(2019年)は3月21日(祝・木)より4月7日(日)まで実施します。
約20名の会員が、毎日交代で5〜6名参加します。
収益の一部は、上野観光連盟を通じて都内の施設に寄付し、今までの寄付総額は685万円を超えました。

場所 不忍池・弁天堂近く(地図はリンク先を参照)

時間 11時から17時まで

料金 お一人さま 千円

色紙・カラー・約15分でお描きします

どうぞ、お立ち寄りください。


詳しくはhttps://nigaoesyuudan.jimdo.com/イベント/



バロン吉元 画業60年還暦祭 男爵芋煮会

2019年03月20日掲載

様々なアーティストによる表現を通じ、其々の味付けで生み出されたバロン吉元へのオマージュ作品を展示。
展覧会という大きなお鍋を囲んで、鑑賞者の皆様と共にバロン作品への造詣を“煮つめていく”機会です。


期 間:2019年3月28日(火)~4月7日(日)

会 場:VOID
    〒166-0001 東京都杉並区阿佐谷北1-28-8  芙蓉コーポ102
    TEL:03-5364-9758

時 間:日火水木…15:00〜20:00
    金土…15:00〜21:00

休館日:月曜日


<出展者>

青木俊直 朝倉世界一 小田島等 すぎむらしんいち
寺田克也 永野のりこ 花くまゆうさく 松田洋子&清田聡
丸尾末広 森下裕美 山田参助 やまだないと バロン吉元
キュレーション:エミリー吉元(バロン.プロ)
(敬称略 太字…協会員)



2019年03月20日掲載



2019年03月20日掲載



2019年03月20日掲載



2019年03月20日掲載



2019年03月20日掲載



2019年03月20日掲載



2019年03月20日掲載



岸田尚 肖像画展Ⅶ

2019年03月19日掲載

期 間:2019年4月16日(火)~21日(日)

会 場:The Artcomplex Center of Tokyo 2F ACT1
    〒160-0015  東京都新宿区大京町12−9
    TEL:03-3341-3253

時 間:11:00~20:00(最終日は18:00まで)

休館日:開催期間中無休


<出展者>

阿部ゆたか 天野誠 いご昭二 ウノ・カマキリ
海老原靖 御茶漬海苔 きたがわ翔 下條よしあき
高橋よしひろ 辻下浩二 永野のりこ 平松伸二
はやせ淳 ビッグ錠 本庄敬 松尾しより 丸藤正道
睦月影郎 メソポ田宮文明 山田ゴロ 山根青鬼
渡辺いっけい 渡邉教子 岸田尚
(敬称略 太字…協会員)



MJDM「早春の会」開催

2019年03月19日掲載

3月18日、都市センターホテル3階コスモスホールにて、マンガジャパン/デジタルマンガ協会 合同 早春の会が催されました。

毎年恒例のこの会には、里中満智子代表の挨拶でスタート。
今回も同会の会員を始め、多くの関係者が訪れる華やかな催しとなりました。

恒例の会員によるライブで盛り上がった後は、この会ならではの貴重な品々が出品される楽しい抽選会! 氏名が読み上げられ、あちこちで歓声が上がります。

楽しい時間はあっという間。矢口高雄氏による一本締めで御開きとなり、皆名残惜しくも帰路につきました。

(写真:文 事務局)



アメリカンコミックの祭典、サンディエゴ・コミックフェスタ開催

2019年03月18日掲載

 
サンディエゴでアメリカンコミックの祭典、サンディエゴ・コミックフェスタ開催。金谷裕が日本から特別ゲストとして参加してきました。
 
 
アメリカ・サンディエゴにて、2019年3月7日(木)〜10日(日)の4日間に渡り、漫画・アニメの祭典【San Diego Comic Fest(サンディエゴ・コミックフェスタ)】が開催されました。
San Diego Comic Festは、ディズニーのアニメーターや、スーパーマンの漫画家、Xメンのプロデューサーなど様々なアメリカの著名な漫画家・アニメーターがゲストで訪れ、何千人ものファンが心待ちにする人気の大会です。
 
今回のテーマは「アポロ11号の月面着陸の50周年記念」。
日本からは金谷裕が特別ゲストとして参加し、大会中に描いたアポロ11号のイラストをチャリティオークションに出品、そして「Hiroshi Kanataniの怪獣トークショー」では、東宝関係者との怪獣トークや、ライブドローイングでオリジナル漫画の怪獣イラストを描き、ファンに楽しんでいただきました。
 
アーティストアレーでは多くのアーティストが参加する中、金谷裕のオリジナルデザイン「怪獣アイロス」のアメコミが紹介され、ここでもフルタイムでライブドローイングを行い、訪れた多くのファンと交流を深めました。
 
 
San Diego Comic Fest 2019(サンディエゴ・コミックフェスタ)のサイトはこちら。
https://www.sdcomicfest.org/
https://www.sdcomicfest.org/hiroshi-kanatani/
 
(文・写真:金谷 裕)

 



2019年03月18日掲載



「湘南台グルマン祭 -ビッグ錠とその仲間たち-」開催中

2019年03月18日掲載

※3月18日に行われたイベント記事と画像を追加いたしました。

3月16日(土)から21日(木)まで開催される「湘南台グルマン祭ービッグ錠とその仲間たち」。

初日の16日はオープニングセレモニーが行われ、藤沢市長の挨拶に続き、ビッグ錠氏の展示に対する想いが語られました。
後、原作者である牛次郎氏とビッグ氏によるトークショー。出会いから漫画に対する事、そして1970年代前後の世相など興味深いお話が満載でした。
今展示は、参加作家の作品展示のほか、今後もグルメマンガ家たちによるイベントも行われます。


3月18日(月) 13時~からは、グルメマンガ家たちの「グルメ大喜利」が行われ、ビッグ錠氏・ウノカマキリ氏・うえやまとち氏・辻下浩二氏・二階堂正宏氏・三浦みつる氏・柳生柳氏、司会には宮島幸次氏と岸田尚氏といった豪華メンバーが勢揃いし、お客様から出された「ライオン」「湘南台の新メニュー」などのお題に、頭をひねりながらイラストで答えていました。
描かれたイラストは、最後にお客様にプレゼントされ、大事そうにイラストを抱えて笑顔で帰る親子の姿がありました。
(3月20日:事務局)

 

【今後のイベントスケジュール】

■3月20日(水) 13時~
「マンガ家が似顔絵描きまShow」
出演者:二階堂正宏、ビッグ錠

■3月21日(木) 13時~
「ミュージカルペインティング美味しい音楽会」
出演者:浜野ケイ子&ビッグ錠

他、湘南台の飲食店と漫画家コラボメニューを提供する企画も!
楽しい美味しいイベントが満載です。
https://rarea.events/event/49753

 

(文:岸田尚 写真:岸田尚、UNO)



2019年03月15日掲載



2019年03月15日掲載



2019年03月14日掲載



2019年03月14日掲載



2019年03月13日掲載



2019年03月13日掲載



トキワ荘フォーラム 第11回「トキワ荘再現に向けて」

2019年03月13日掲載

・日 時 2019年3月30日(土)6:00pm〜(開場5:45pm)
・場 所 雑司が谷地域文化創造館第1練習室
     東京都豊島区雑司が谷3-1-7 千登世橋教育文化センター内
     (副都心線 雑司ヶ谷駅から直結、都電荒川線
      鬼子母神前駅より徒歩2分 都バス(池65・池86) 
      千登世橋停留所より徒歩2分、山手線 目白駅より徒歩10分)
     https://www.toshima-mirai.or.jp/center/e_zoshigaya/

※※※ 入場無料です ※※※

・【 PROGRAM 】 
◆第1部 「東アジア文化都市2019豊島としての取組」
    豊島区東アジア文化都市推進担当課長 小池章一氏
    東アジア文化都市2019豊島マンガ・アニメ部門事業ディレクター山内康裕氏
                           (マンガナイトBOOKS代表)

◆第2部 トキワ荘再現施設「(仮称)マンガの聖地としまミュージアム」について
    豊島区マンガ・アニメ活用担当課長 小椋瑞穂氏  

主 催:NPO法人 日本マンガ・アニメトキワ荘フォーラム 
後 援:全国マンガ・アニメ活性化連絡会
    参加申込は下記をご記入のうえ メールにて jimukyoku@tokiwasou.jp までお送り下さい。
    1.氏名(必須) 2.ご所属 3.連絡先(電子メール) ---------------------------
座席の限りがありますので、先着60名さまとなりますので、早目にお申込みください。



2019年03月12日掲載



2019年03月12日掲載



2019年03月12日掲載



2019年03月12日掲載



2019年03月12日掲載



2019年03月12日掲載



2019年03月12日掲載



2019年03月12日掲載



2019年03月12日掲載



2019年03月12日掲載



2019年03月12日掲載



2019年03月12日掲載



2019年03月12日掲載



2019年03月12日掲載



2019年03月12日掲載



おきあがりこぼしプロジェクト 北九州展 開催中

2019年03月12日掲載

2014年から当協会が協力を行っているおきあがりこぼしプロジェクトですが、今年度は北九州市漫画ミュージアムより巡回展がスタートしました。

小倉駅近くのポップカルチャー商業施設の「あるあるCity」。この施設の5・6階にミュージアムがあります。事務局では3月9日(土)の初日に伺い、学芸員の柴田さんに施設のご案内していただきました。

小倉は松本零士氏の出身地であり、ミュージアムでも常設展では松本氏をメインとし、受付はメーテル、入ってすぐハーロックが現れたりと、気分が高まります。

この館の中の「あしたのギャラリー」というスペースで、今回のおきあがりこぼしプロジェクト北九州展は行われています。協会員のこぼし作品に加え、山根青鬼一門会で作成したミニこぼし、それに海外作品も加わっています。
立体作品展示のため、こちらでも作品の前面を見られるような工夫を凝らした展示をされています。
同展は5月9日まで開催されます。会期中にはこぼしの絵付けワークショップも行われます。

同館では、企画展「画業40周年記念 萩岩睦美の世界展」も開催されています。こちらは4月7日までの開催です。

詳しくは北九州市漫画ミュージアムまで。


(写真:文 事務局)



第7回 ”RED MAN" 国際ユーモアアートビエンナーレ(中国)

2019年03月11日掲載

<テーマ>
A.カートゥーン部門
  1)花
  2)豚(2019豚年)
  3)自由

B.カリカチュア
  1)モナリザ 
  2)自由

<締め切り>
2019年4月1日(月)

<各賞>
A.カートゥーン部門
  金賞(1):3000RMB
  銀賞(1):2000RMB
  銅賞(1):1000RMB
  優秀賞(20):賞状

B.カリカチュア
  金賞(1):2000RMB
  優秀賞(20):賞状

<サイズ>自由

<枚数制限>各テーマ最大7点まで

<宛先>
XIAO YU HU
ROOM 341 BUILDING #364, ZHAN BA LI XIAO QU
YUN JING DONG LI, TONG ZHOU QU
BEIJING 101121, CHINA

<連絡先>redmanart@126.com

*原画に限る。あらかじめ作品電子コピーを次の宛先にEメール送付、
第一次審査に合格した場合には通知するので、原画作品を郵送し、第二次審査に参加のこと。
redmanart@126.com
*他のコンテスト受賞作も応募可
*作品裏面に氏名、住所、Eメールアドレス、電話番号、応募作品の部門を明記のこと
*応募者略歴と写真が必要(応募用紙に記載)


*応募用紙は下記サイトよりダウンロード。(自作応募用紙も可)要項も取得可
www.redmancartoon.com/en



「山根青鬼 漫画教室イベント」開催

2019年03月11日掲載

2019年3月10日、西新宿のオカオカハウスにて「山根青鬼 漫画教室イベント」が開催されました。

山根青鬼氏をはじめ、講師としてのむらしんぼ氏、御茶漬海苔氏、浜田ブリトニー氏が参加する豪華なイベント。
漫画を描いてみたい、絵を描いてみたい、と言う参加者に対し、山根氏がカゲマンやのらくろを実際に描いて見せ、漫画家になったエピソードや漫画についてを語りながら指導。のむらしんぼ氏はギターを持ち出し歌を歌いながら指導し、御茶漬海苔氏もドラムのスティックを持ちながらリズムを取りつつ指導すると言う、楽しい雰囲気に。浜田ブリトニー氏がまとめ役となり、参加者は楽しみながら「自分なりのカゲマン」と言う課題をこなしました。
漫画に興味を持った、楽しかった、と参加者も笑顔のイベントとなりました。

(文・写真:会報部 岸田尚)



第5回 全国漫画家大会議 高知市で開催

2019年03月11日掲載

3月2日・3日の二日間、総勢21人の漫画家とゲストを集め、5回目になる漫画家大会議が開催された。
メイン会場は高知市文化プラザかるぽーと。

参加漫画家(五十音順・太字協会員)
あおきてつお、安倍夜郎、うえやまとち、大沢俊太郎、くさか里樹、下條よしあき、玉川重機、てしろぎたかし、内藤泰弘、はしもとみつお、ひのもとめぐる、姫川明輝、藤沢とおる、藤島康介、藤本正二、本庄敬、正木秀尚、Moo.念平、村岡マサヒロ、森田将文、山田ゴロ の各氏

ゲスト 声優 池田秀一、古谷徹、松本梨香 の各氏


■イベント■

両日
ケロロ展 IN AREA 103(とさ)  ケロロ軍曹20周年記念 吉崎観音氏作品展
ぽけまんブース 漫画家集団「ぽけまん」展示・物販、似顔絵、ライブドローイングなど
サイン会

2日(土)
オープニング 餅まき
高知でお祝いやオープン時に行われる「餅まき」が会場で行われた。尾崎正直高知県知事とゲスト声優、漫画家たちにより、ステージから客席に紅白の丸餅が盛大に投げられた。

世界まんがセンバツ決勝審査
初企画。世界レベルで一枚漫画を募集した。高校生部門テーマ「変身」と年齢を問わないフリー部門テーマ「発見」。13カ国より201点の応募があった。最終的にそれぞれの部門で5枚にまで絞り、山田ゴロ氏を審査委員長に会場で優勝者が決定された。

藤島康介氏・内藤泰弘氏トークショー&サイン会
声優松本梨香トークショー
声優池田秀一&古谷徹トークショー
村岡マサヒロ氏 まんが教室
Moo.念平氏、正木秀尚氏、森田将文氏、ひのもとめぐる氏 ライブドローイング帯屋町商店街 金高堂本店

土佐のおきゃくで漫画家大会議
同日よりスタートした高知県のイベント「土佐のおきゃく2019」とのコラボ。中央公園にテントを張って座敷が作られ、漫画家と一般参加者入り乱れての大宴会。今年も芸妓さんの踊りで始まり、皿鉢料理とお座敷遊びを楽しんだ。

深夜楽(二次会)
市内数カ所の飲食店に別れて、一般参加者と漫画家の楽しい二次会


3日

安倍夜郎トークショー&サイン会
漫画家甲子園2019
「ぽけまん」チームと「高知チーム」に分かれてのプロ漫画家画力対決。

藤本正二氏 トークショー&サイン会
下條よしあき氏、てしろぎたかし氏 キャラクター教室
玉川重機氏 漫画家アシスタント体験
声優松本梨香氏 アニソン体験教室
はしもとみつお氏 本庄敬氏 動物ドローイング教室

土佐の酒蔵ほろ酔い巡り
うえやまとち氏・藤沢とおる氏と共に、酒蔵を巡るバスツアー。

 

(写真:文 会報部・大石容子)



2019年03月11日掲載



2019年03月11日掲載



2019年03月11日掲載



2019年03月11日掲載



2019年03月11日掲載



訃報・会員 砂川しげひさ氏

2019年03月12日掲載

平成31年3月6日午前3時25分、会員の砂川しげひさ氏が鬱血性心不全のため逝去されました。葬儀はお身内で済まされたとのことです。
謹んでご冥福をお祈り申し上げます。



2019年03月07日掲載



2019年03月07日掲載



第12回日本国際漫画賞授賞式 執り行われる

2019年03月08日掲載

外務省がポップカルチャーを活用した文化外交の一環として、海外への漫画文化の普及と漫画を通じた国際文化交流に貢献した漫画作家を顕彰、日本漫画家協会が審査委員協力を行っている第12回日本国際漫画賞授賞式が、2月26日、都内飯倉公館にて執り行われました。

今回は68の国・地域から331作品の応募があり、最優秀賞1作品、優秀賞3作品、入賞11作品が選ばれました。
授賞式では、最優秀賞及び優秀賞の受賞者(以下記載)に、河野太郎外務大臣から賞状が、里中満智子審査委員長からトロフィーが授与されました。

(1)最優秀賞
作品名:Yang Hao and his four compositions【黒い塔】
作者 :湯霄 Tang Xiao(Dani)(中国)

(2)優秀賞

作品名:MISEYIEKI【ミセイエキ】
作者 :Shangomola Edunjobi(イギリス)

作品名:The Pork Chops Inferno【十八階焼肉】
作者 :黎達達榮(香港)

作品名:Planned Obsolescence of our feelings【身体の老いとともに感情もまた老化する】
作者 :Aimée de Jongh(オランダ)
原作者:Zidrou(ベルギー)
 

(写真:文 事務局)



画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年 トークイベント開催

2019年03月06日掲載

東京・文京区の弥生美術館で好評開催中の「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」は、会期後半で作品の一部入れ替えが行われました。

会期中には何度かイベントが行われます。3月2日(土)には、バロン氏のご息女、エ☆ミリー吉元氏による司会進行で「寺田克也氏×山田参助氏」のトークイベントが行われました。

今回は特にバロン氏の画家としての側面にスポットを当て、セツ・モードセミナーで学ばれたり、連載を全て終わらせての渡米、大阪芸術大学で教授をされながらの執筆などを会場の作品やスクリーンを通して紹介。縦横無尽なバロン氏の活動歴には寺田氏と山田氏も唸るばかり。
バロン吉元氏とは? 探ればますます分からなくなる魅力満載、楽しいトークイベントは拍手喝采で幕を閉じました。

同展では、今後もイベントが行われます。(要入館料)

★バロン吉元氏サイン会★ 3月10日(日)15時〜17時
同会場の展覧会初日からサイン会当日の3月10日まで、
会場ミュージアムショップで対象書籍を購入された方先着60名に参加整理券発行。

★バロン先生の公開お悩み相談会★ 3月17日(日)14時〜(約30分間)
事前申し込み不要。

詳しくは弥生美術館まで

(写真:文 事務局)

 



日本国際漫画賞受賞者たちと四ツ谷の夜2019

2019年03月08日掲載

今年もやってきました日本国際漫画賞!
たくさんの国から、たくさんの応募。
どれもこれも、「これいい」「ああ、これもいい」「これのここは見所じゃないか」「いやいやちょっと待て」など、審査員の間でも、何度も点数をつけて投票を繰り返し大賞と優秀賞が決定します。

大賞の「黒い塔」は、最初の投票から満場一致でした。
…なのに、まだ本国では出版されていないという…ぜひこれを機会に!名作ですから…出版に至って欲しいものです。
そう、日本国際漫画賞は、プロアマ問わず応募可能なので「まだ本国で発掘されていない宝石」を見つけることもできたりして…審査する側もドキドキワクワク。

例年タイトなスケジュールの中、フリータイムを見つけ出して集まってご飯しながらお喋りしたり絵を描いたりの交流会です。

去年はPabloとTwitterでのやり取りで集まりましたが、今回は国柄SNS事情が違ったりでメール集合。
帰国フライト(早朝!)の前夜にギリギリセーフで集まれました。

大賞の湯霄くん夫妻、次いでAiméeちゃん、黎達達榮くん、Shangoくん。
(詳しくはこちら> https://www.manga-award.mofa.go.jp/prize/index_12_1.html
そして日本漫画家協会国際部の西田淑子、倉田よしみ、審査員の三浦みつるに一本木蛮。
オタク翻訳家の木村邦和(くーにー)、マンガジャパンの黄くん、なぜかたまたま日本で合流した
達達榮の友人女子・・・というメンバーで集まりました!

お店は、昨年同様「接待では出てこない」お店、ベルモント。

中国の普通語と香港の広東語は、全く違うので冷や汗ながら黄くんにも来ていただきましたが、「あなたが漫画を描いている間、売れなくても私が稼ぐわ」と背中を押してくれた大賞の湯霄くんの奥様が広東語北京語のバイリンガルでこれまた助かりました。…なんて良い嫁だ…うちにも一人欲しいと授賞式典で皆が囁いていた、彼女です。

カタコト英語と画材があれば、漫画家仲間はもう朋友。

次々回ってくるスケブも楽しくて。

人数分の「記念寄せ書き色紙」とスケッチブックと…日本での素敵な思い出をたくさんお土産に…それぞれの国に持ち帰ってくれていたなら…こんな幸せなことはありません。

みんな、ありがとう!
好多謝!謝謝!Thank you!
また会おうね!友よ
再見 朋友、see you! friends!

(文:一本木蛮Bang、写真:湯霄、黎達達榮)



関西ブロック展示会「平成かけこみ漫画展」開催

2019年03月04日掲載

 2月20日から25日まで関西ブロック展を「平成かけこみ漫画展」と銘打ち京都・アートギャラリー北野にて開催しました。
11名の会員が計40作品を披露しました。今回は文楽の人形遣いとして知られる会員の桐竹勘十郎氏が初参加されました。
おかげ様で普段漫画に縁遠い勘十郎ファンの大勢の皆様にご来場いただきました。「こんな漫画があるのねえ」「いやあ
おもしろいわ」と一コマ漫画の世界が新鮮だった様子でした。

(記事・写真提供:関西ブロック長 外村晋一郎氏)



「第64回 小学館漫画賞 贈呈式」開催

2019年03月04日掲載

2019年3月1日(金)、帝国ホテルにて「第64回 小学館漫画賞 贈呈式」が開催されました。

【 受 賞 者 】
児童向け部門
 『12歳。』 まいた菜穂 氏
少年向け部門
 『Dr.STONE』 稲垣理一郎 氏(原作)/Boichi 氏(作画)
少女向け部門
 『素敵な彼氏』 河原和音 氏
一般向け部門 
 『響 ~小説家になる方法~』 柳本光晴 氏
 『健康で文化的な最低限度の生活』 柏木ハルコ 氏

 賞状・正賞・副賞の贈呈の後は各氏からの「一言」があり、お一人お一人の言葉から受賞の喜びと漫画へのお気持ちや想いを感じました。その後、審査員を代表してかざま鋭二氏からの言葉(審査員は他に麻生久美子氏、角田光代氏、川村元気氏、島本和彦氏、ブルボン小林氏、細野不二彦氏)、小学館社長の言葉と続きました。
 贈呈式閉式の後は祝賀会が催され、ちばてつや氏、さいとうたかを氏、永井豪氏、一峰大二氏、山根青鬼氏などが引き続き来賓され、祝賀会場でも受賞者の皆様への盛大な拍手が何度も上がっていました。

(文・写真:会報部 岸田尚)



ビッグ錠とその仲間たち3 湘南台グルマン祭 

2019年03月04日掲載

期 間:2019年3月16日(土)~21日(木・祝)

会 場:湘南台駅 地下イベント広場
    〒252-0804 神奈川県藤沢市湘南台2-15
    TEL:

時 間:12:00~18:00(最終日は17時まで)


- イベントスケジュール -

■3月16日(土)

オープニングセレモニー 13:00〜
ビッグ対談「味平よもやま話」 13:30〜
出演者:牛次郎(原作者)、ビッグ錠(マンガ家)

3月18日(月)

グルメマンガ家たちの「グルメ大喜利」 13:00〜
出演者:ウノ・カマキリ、辻下浩二、三浦みつる、柳生柳

3月20日(水)

マンガ家が似顔絵描きまShow 13:00〜
参加者:二階堂正宏、ビッグ錠

3月21日(木・祝)

ミュージカルペインティング「美味しい音楽会」 13:00〜
出演者:浜野ケイ子、ビッグ錠



2019年03月01日掲載



2019年度 第48回日本漫画家協会賞 作品募集要項

2019年02月25日掲載

● 応募資格プロ、アマ、国籍、年齢、性別を問わず誰でも応募出来る。

● 応募作品 (イ)2018年中に発表または制作した出版物または描き下ろし漫画作品。
      (ロ)大きさはB2以下とする。ガクブチ入り、立体、レリーフの類は
         作品を写真撮影の上、素材、大きさを記して応募すること。
      (ハ)作品には必要事項を明記した「応募票」を必ず添付すること。
      (ニ)非会員の応募は1点に付き応募料¥5,000を郵便小為替、切手等で
         納入のこと。納入のない場合は選考外とする。

● 作品提出 2019年2月25日から3月20日まで。下記へ持参または送付のこと。
      (下記以外の場所へ提出されたものは選考の対象とされない。)
      〒160-0001東京都新宿区片町3-1 YANASE兎ビル
      日本漫画家協会漫画賞実行委員会

● 作品返却 選考修了後、応募作品の返却を希望する場合は、その旨応募票に明記の上、
      郵送料を同封すること。(レターパック等の同封も可)

● 選  考 2019年4月、選考委員が公平かつ厳正に選考する。

選考委員 里中満智子(委員長)、
      倉田よしみ、齋藤なずな、竹宮惠子、
      タナカミノル、牧野圭一、安彦良和

発  表 選考修了後ただちに発表する。受賞者には委員会より通知される。

    大賞=金彩レリーフプレート楯、メダル、副賞として賞金50万円
      特別賞=銀彩レリーフプレート楯、メダル、副賞として賞金20万円
      文部科学大臣賞=文部科学大臣賞状

贈 賞 式 2019年6月7日(金)

※応募用紙が必要です。応募用紙は下記よりダウンロード出来ます。
応募用紙

日本漫画家協会賞実行委員会
〒160-0001東京都新宿区片町3-1 YANASE兎ビル
公益社団法人日本漫画家協会事務局内
TEL:03-5368-3783 FAX:03-3341-0662

※過去の受賞作品につきましては、こちらをご参照下さい。
http://www.nihonmangakakyokai.or.jp/?tbl=award



「ダウンロード違法化の対象範囲見直し」に関する声明

2019年02月27日掲載

今回の改正措置は、まだ記憶に新しい「脱法サイト」対策として取り組んで頂いているという理解から、当協会として前向きに改善を提言することで声明とする。
民事的規制及び刑事罰のいずれについても

 1. くり返し複製する「反復」行為を対象とすること。(刑事罰のみ)
 2. 原作マンガ等を原作のまま、まるごと複製する行為を対象とすること。
 3. 権利者の利益が不当に害される場合に限定すること。

改正の主旨は「脱法サイト対策」である。
施行により懸念される対象範囲の拡大については、表現や研究などの萎縮はもとより、人権の制約につながることが決してないように、丁寧で十全な審議を要望する。

 

公益社団法人 日本漫画家協会



小川武原画展 ~モボ・モガからスポーツまで~

2019年02月27日掲載

期 間:2019年2月23日(土)~5月6日(月・休)

会 場:さいたま市立漫画会館 企画展示室
    〒331-0805 埼玉県さいたま市北区盆栽町150
    TEL:048-663-1541

時 間:9:00~16:30

入場料:無料

休館日:月曜日(4月29日、5月6日はのぞく)、3月22日(金) 

 

詳細はさいたま市HPをご覧ください。



坂口尚原画展『イラストファンタジィ〜物語る絵〜』

2019年02月27日掲載

期 間:2019年3月1日(金)〜3日(日)

会 場:プラザノース 2F ノースギャラリー1・2
    〒331-0812 埼玉県さいたま市北区宮原町1-852-1

時 間:11:00~19:00(最終日は18:00まで)

入場料:無料

詳細は坂口尚氏公式ツイッターをご覧ください。



おきあがりこぼしプロジェクト 北九州展

2019年02月27日掲載

期 間:2019年3月9日(土)~5月9日(木)

会 場:北九州市漫画ミュージアム 常設展示室 あしたのギャラリー 
    〒802-0001 福岡県北九州市小倉北区浅野2-14-5 あるあるCity 6階
    TEL:093-512-5077

時 間:11:00~19:00(入館は18:30分前まで)

入場料:一般…400円 中高生…200円 小学生…100円
    ※常設展入館料

休館日:火曜日(ただし3月26日、4月2日、4月30日は開館)

主 催:北九州市漫画ミュージアム
協 力:起き上がりこぼしプロジェクト、公益社団法人日本漫画家協会


- 関連イベント -

■こぼしの絵付けワークショップ

日 時:①3月10日(日) 14:00~16:00
    ②4月14日(日) 14:00~16:00
参加費:無料(ただし常設展入館料が必要)
対 象:小学生以上(低学年は保護者同伴のこと)
定 員:各回20名
申込方法:電話受付(093-512-5077まで)

詳細は北九州市漫画ミュージアムをご覧ください。



「日本漫画家協会賞の歴史」展

2019年02月25日掲載

会  期:2019年2月25日(月)〜5月31日(金)
    (土日祝祭日休み)

会  場:日本漫画家協会1階 漫協ギャラリー
     〒160-0001 東京都新宿区片町3-1 YANASE兎ビル
     TEL:03-5368-3783

会場時間:10:00〜18:00

入場無料


平成30年度メディア芸術アーカイブ推進支援事業による当協会所蔵資料調査などの成果報告として、「日本漫画家協会賞」の47回の歴史を歴代理事長6名(近藤日出造、杉浦幸雄、加藤芳郎、小島功、やなせたかし、ちばてつや)の任期に割り振ってご紹介します。

開催期間中、明治大学米沢嘉博記念図書館のご協力により、同館2階閲覧室で、関連展示として日本漫画家協会賞受賞作品および関連書籍を棚展示、手にとってお読みいただける形で公開されています。合わせてご利用ください。

※米沢嘉博記念図書館2階閲覧室のご利用には、当日会員登録の手続きと会員登録料300円が必要になります。
※青年向けの書籍、同人誌等の閲覧が可能のため、18歳未満の方のご利用はできません。
※日本漫画家協会の展示とは、開館日、時間が異なります。

明治大学 米沢嘉博記念図書館
〒101-8301 東京都千代田区神田猿楽町1-7-1 TEL:03-3296-4554
開館日時:土日祝 12:00~18:00
月金 14:00~20:00(火水木休館)



2019年02月25日掲載



2019年02月22日掲載



「コミティア127」「ちばてつや教授によるマンガの授業」開催

2019年02月21日掲載

2019年2月17日(日)、東京都江東区にある東京ビッグサイトにて、オリジナル創作系同人誌即売会「コミティア127」が開催、同即売会場内では文星芸術大学卒業製作展特別企画として、同大学で教鞭をとり、当協会会長であるちばてつや氏による「マンガの授業」が開催されました。

今回で127回目の開催となる東京コミティアは年々勢いを増し、今回はフロアも拡大、1F〜4Fの展示室から吹き抜けスペースまでふんだんに使用していて、場内は大勢の来場者と出展者によって大変な賑わいとなっていました。出張編集部には未来の漫画家を夢見て作品を持込む作家の卵たち、会場内はお目当てのブースを目指して目を輝かせる来場者、そして出展者には協会員や、縁のある作家たちの姿も増え、かつてマンガ家協会賞を受賞したあだちのりふみ氏や、今回は地方から、中国ブロック長であるとだかづき氏の姿も見られました。

更に吹き抜けになっている1階アトアリウムフロアで、前出の文星芸術大学卒業製作展ブースでの特別企画として開催されたちばてつや氏による特別授業は、第1部「作画担当としてのキャラクターデザイン、ちばてつや流空気感・間の取り方」第2部はゲストに協会理事である一本木蛮、同じく協会員である姫川明輝両氏を迎えてのトークセッションとして行われました。

第1部は生徒作品を例にとってちばてつや流マンガのテクニックを講義、スラスラとペンタブレットを使い、具体的に講義する氏の姿に生徒も聴講生たちも釘付け、第2部では一本木蛮、姫川明輝両氏による、共に海外で活躍する漫画家としてさまざまな体験や個々の想いが語られたのですが、決して簡単ではなかったその体験に、来場者は真摯に耳を傾けていました。

どちらも最後は来場者からの質問コーナーで授業は締めくくられたのですが、一人一人の質問に対し、誠実に答える漫画家達の言葉はとても優しく、力強さに溢れたもので、途中休憩をはさみつつも、所定時間を大幅に上回っての、とても熱の入った授業でした。

開催の度に新たな試みと、更なる発見を見いだせるコミティアは、地方でも精力的に開催しています、地方在住の方でも、近くで開催の折には是非とも足を運んでみてはいかがでしょうか。


(画像 文:柳生柳)



山根青鬼一門会展覧会「鬼ンピック展」イベント第二弾開催

2019年02月21日掲載

鬼ンピック展は会場を移動してから追加作品も加わり、華やかな様子です。

2月17日(日)には、改めてイベントを開催。
似顔絵・漫画教室・マジックショー・怪談話と、盛りだくさん! 多くのお客様がお見えになりました。
最後には、来場された方皆参加のパーティーとなり、楽しい1日となりました。

(写真:文 事務局)



2019年02月20日掲載



「ウサギのお顔とお花のお顔と天使」開催中

2019年02月18日掲載

2019年2月15日から24日にわたり、神保町画廊にて岸田尚作品展「ウサギのお顔とお花のお顔と天使」を開催中です。
今までの天使画やコラージュ、一コマ漫画の原稿に加え、約10年振りのペン画や新たに挑戦した版画などを展示しています。
天使画とお花のお顔やウサギのお顔、写真では分からない実物の絵を是非ご高覧ください。

★会期中無休 13時〜19時
★神保町画廊
東京都千代田区神田神保町1-41-7 安野ビル1階
TEL:03-3295-1160

Feb.15-24 2019 KISHIDA TAKA Exhibition at Jimbocho Gallery

http://jinbochogarou.com/?p=1905

 

(文・写真:会報部 岸田尚)



2月の事務局ライブラリー

2019年02月18日掲載

◆青春よりも恋したい 桜井みわ/著 集英社/刊 400円
◆きみは王様 桜井みわ/著 集英社/刊 400円
◆脱いで触って愛して 1 いいじま凛/著 小学館/刊 454円
◆悪食王 1 村下玖臓/著 KADOKAWA/刊 570円
◆両手に先輩 松河/著 ワニマガジン社/刊 1000円
◆50周年記念愛蔵版 ハレンチ学園 1~6 永井豪とダイナミックプロ/著 小学館/刊 各920円
◆ティンク⭐︎ティンク 3 松本花/著 新書館/刊 720円
◆がっこうのせんせい 8 松本花/著 新書館/刊 600円
◆贋作・好色一代男 下 松本花/著 毛利亘宏/原案 井原西鶴/原作 新書館/刊 650円
◆ワイルドたちのいるところ かねなりりえ/著 小学館
◆悪い男~新田~ 1、2 金城りえ/著 秋田書店/刊 各457円
◆ろんぐらいだぁす! 1、2 三宅大志/著 LONGRIDERS/原案・企画協力 一迅社/刊 各571円
◆つごもりの通り道 上下 日野雄飛/著 茜新社/刊 各648円
◆放課後のスキマ 宇場義行/著 コアマガジン/刊 1000円
◆水滴少女 宇場義行/著 コアマガジン/刊 1000円
◆高岡さんの妄想経理メモ 1 pikomaro/著 ノース・スターズ・ピクチャーズ/刊 580円
◆死のゲーム pikomaro/作画 外薗昌也/原案 日本文芸社/刊 593円
◆子どもの心の育て方としつけ 髙橋系治/著 ウノ・カマキリ/挿絵 星の環会/刊 1300円
◆THE WILD LEG wolf 姫川明輝/著 Jパブリッシング/刊 1200円
◆ルウ・ガル 1 姫川明輝/著
◆手塚ファン Vol.335
◆月間広場2月号 No413
◆からかい上手の(元)高木さん 1 稲葉光史/著 山本崇一朗/原作 小学館/刊 552円
◆桜庭さんは止まらないっ! 1 千里みこ/著 講談社/刊 440円
◆妖怪学校の先生はじめました! 1、2 田中まい/著 スクウェアエニックス/刊 各562円
◆つれづれダイアリー 1 草野ほうき/著 KADOKAWA/刊 550円
◆シロクマ転生~森の守護神になったぞ伝説~ 1 草野ほうき/漫画 三島千廣/原作 転/キャラクター原案 KADOKAWA/刊 600円
◆とらドラ! 8 絶叫/作画 竹宮ゆゆこ/原作 ヤス/キャラクターデザイン KADOKAWA/刊 570円
◆TORADORA! 海外版 1 絶叫/作画 竹宮ゆゆこ/原作 ヤス/キャラクターデザイン kamito/刊 $95
◆自称Fランクのお兄さまがゲームで評価される学園の頂点に君臨するそうですよ? sorani/著 三河ごーすと/原作 ねこめたる/キャラクター原案 KADOKAWA/刊 550円
◆乳姫(チチプリ)! アメヤキリカ/著 富士美出版/刊 1000円
◆お姉ちゃんは恋妖怪 1 青島かなえ/著 小学館/刊 591円
◆ROUGE 桂小町/著 海王社/刊 657円
◆花と純潔 桂小町/著 プランタン出版/刊 670円
◆赤と黒 1 桂小町/著 海王社/刊 639円
◆戦国志 上・中・下 狩那匠/画 仲路さとる/作 ゴマブックス/刊 各463円
◆マンガ絵本 やぁ失敬! ヒサクニヒコ/著 1420円

 



2019年02月18日掲載



竹宮惠子 カレイドスコープ 50th Anniversary

2019年02月18日掲載

期 間:2019年3月2日(土)~4月14日(日)

会 場:川崎市市民ミュージアム 企画展示室1
    〒211-0052  神奈川県川崎市中原区等々力1-2(等々力緑地内)
    TEL:044-754-4500

時 間:9:30~17:00(入場は閉館30分前まで)

入場料:一般…800円 学生・65歳以上…600円 中学生以下…無料

休館日:月曜日、3月22日(金)


<関連イベント>

■竹宮惠子 トークショー「マンガと向き合う50年」

日 時:3月9日(土)14:00~
場 所:1F 映像ホール
定 員:270名 ※要観覧券・要事前申込(抽選)
申込期間:1月29日(火)~3月1日(金)
川崎市市民ミュージアムHPよりお申込みください。

■竹宮惠子 サイン会

日 時:3月9日(土)15:30~
場 所:1F 映像ホール
定 員:100名(先着)
当日、ミュージアムショップにて展覧会図録を購入された方先着100名に整理券を配布。
※図録販売は9:30~開始。サインは展覧会図録以外でも可能。

■劇場版アニメーション『地球へ…』上映会
■ベビーカーツアー
■担当学芸員によるギャラリーツアー

詳細は川崎市市民ミュージアムHPをご覧ください。



長崎街道(シュガーロード)と北九州の路地裏 宿場の風景画と路地裏の童画

2019年02月18日掲載

歴史的イノベーションの路「長崎街道」。
中村武氏による宿場の風景画力作24点と、路地裏の風景を"童画"で描き溜めてきた"畑たいむ"(協会員)こと、田中時彦氏の心温まる名作約50点(各エッセイ付き)を初公開。
街道について製鐵所周辺の道筋を検証する展示、長崎街道シュガ―ロードの銘菓を辿る展示、駄菓子・駄玩具、お絵かきや撮影コーナーなど、ご家族で楽しめる展示となっています。

会  場:北九州イノベーションギャラリー
     企画展示ギャラリー(北九州産業技術保存継承センター)
     福岡県北九州市八幡東区東田二丁目2番11号
     Tel:093-663-5411

会  期:2月9日(土)〜4月7日(日)

開館時間:平日/9:00〜19:00
     土・日・祝日/9:00〜17:00
     ※企画展示室への入場は閉館時間の30分前まで。

休 館 日:毎週月曜日(月曜日が祝日、休日の場合は翌日)

観覧無料

講 演 会:〝童画家〟畑たいむの路地裏トーク
     3月30日(土)13:30〜15:00
     定員:先着50名 事前申し込み制
     (3月5日より電話またはホームページにて受付)

詳しくはhttps://www.kigs.jp


(写真提供:畑たいむ氏)



高知漫画集団・高知漫画グループくじらの会 合同作品展「まんが・漫画・マンガ展!2019」

2019年02月15日掲載

期 間:2019年3月16日(土)~4月7日(日)

会 場:横山隆一記念まんが館 企画展示室
    〒780-8529 高知県高知市九反田2-1 高知市文化プラザかるぽーと内
    TEL:088-883-5029 FAX:088-883-5049

時 間:9:00~18:00

入場料:無料

休館日:月曜日


<出展者>

■高知漫画集団
おかもとあつし 川のひろし 920  クメヒロオ 
さかもと清敏 種田英幸 ちさと 山北三砂子

■高知漫画グループくじらの会
青木空 岩神よしひろ 小原淳 清水山葉 樹夏夢
瀬戸あつゆき 橋村政海 フナムシ 緑の魔法使い 
本吉馨 山中みあき

(敬称略 太字…協会員)


<関連イベント>

■似顔絵コーナー
開催日:会期中の土日祝
時 間:11:00〜17:00 (途中休憩有)
場 所:まんが館 企画展示室入口
参加費:色紙代100円+チャリティー
    ※募金は「NPO法人高知こどもの図書館」へ寄付します。

■こどもまんが教室 まんがの描き方入門!
開催日:2019年3月21日(木・祝)
場 所:まんが館 まんがライブラリー2
時 間:①10:30~12:00 ②13:30~15:00
講 師:岩神よしひろ
対 象:小学生
募集人数:各回20名 ※先着順・事前電話申し込み
参加費:200円

■世界でひとつの絵本をつくろう!
開催日:2019年3月24日(日)
場 所:まんが館 まんがライブラリー2
時 間:①10:30~12:00 ②13:30~15:00
講 師:おかもとあつし
対 象:小学生
募集人数:各回20名 ※先着順・事前電話申し込み
参加費:200円

詳細は横山隆一記念まんが館HPをご覧ください。



漫画家による仏の世界展

2019年02月14日掲載

期 間:2019年3月29日(金)〜5月19日(日)

会 場:総本山三井寺 観音堂書院
    〒520-0036 滋賀県大津市園城寺町246  
    TEL:077-522-2238

時 間:9:00〜16:30(最終受付16:00)

入場料:大人…500円 子供(小中高生)…300円
    仏の世界展+三井寺入山料…1,000円(チケット取り扱い先:チケットぴあ・イープラス)

主 催:総本山三井寺・ギャルリーオー
    漫画家による仏の世界展実行委員会
協 力:公益社団法人日本漫画家協会
後 援:文化庁・滋賀県・滋賀県教育委員会
    大津市・大津市教育委員会・京阪ホールディングス株式会社


<出展者>

赤塚不二夫 天野誠 いがらしゆみこ 池上遼一 石川サブロウ
板橋しゅうほう 植田まさし うえやまとち ウノ・カマキリ
浦沢直樹 江口寿史 桜多吾作 大石容子 荻野真 御茶漬海苔
一峰大二 香取正樹 川崎のぼる 木村直巳 クミタ・リュウ
倉田よしみ 小島功 さいとう・たかを 佐伯かよの 阪本牙城
里中満智子 志賀公江 ジョージ秋山 管ナオコ 瀬口忍
ちばてつや 辻下浩二 土山しげる 手塚治虫 てふてふ 
寺沢武一 中山星香 永野のりこ 二階堂正宏 西田淑子 
西村宗 新田たつお 花村えい子 林家木久扇  バロン吉元
臂美恵 ビッグ錠 藤井龍二 牧美也子 モンキー・パンチ
牧野圭一 三浦みつる 南久美子 宮島幸次 本宮ひろ志 
森田拳次 柳生柳 矢野功 矢野徳 山田ゴロ 山根青鬼
六田登 渡辺みちお
(敬称略 太字:協会員)


<トークショー・サイン会開催>

開催日:2019年4月13日(土)
場 所:三井寺 事務所2F
出 演:うえやまとち 倉田よしみ
    福家俊彦(三井寺執事長)
    小川丈司(漫画家による仏の世界展実行委員会代表)


詳細は漫画家による仏の世界展HP



2019年02月14日掲載



2019年02月14日掲載



日本出版美術家連盟 原画展示販売フェア『本とさし絵。』

2019年02月13日掲載

期 間:2019年2月9日〜24日 

会 場:紀伊國屋書店 新宿本店 
    〒163-8636 東京都新宿区新宿3-17-7 5階 特設売場

時 間:11:00〜20:00(最終日:18:00まで)

入場料:無料

主 催:一般社団法人日本出版美術家連盟


<出展作家>

青木美和 飯田ツトム 石川吾郎 上田昭久 えんどうたかこ 
大島康紀 大西將美 恩田好子 加藤孝雄 木村直巳
小宮山逢邦 さとうかおり 白井成樹 菅ナオコ 関本紀美子 
高津葆 田川秀樹 竹熊ゴオル 多屋光孫 垂井ひろし
中野耕一 長谷川正治 細川武志 松田眞住 松山ゆう
水野ぷりん 溝呂木陽 森園みるく 安ヶ平正哉 安田雅章
若松篤志 涌井陽一 阪本俊光 土田直敏 根本圭助 濱野彰親
今村恒美 梶田達二 加藤敏郎 小松崎茂 齋藤壽 高津南海子 
堂 昌一 長岡秀星
(敬称略 太字:協会員)

詳しくは日本出版美術家連盟HPをご覧ください。



こうしん通り&座・高円寺 寄席描きアート展 開催中

2019年02月13日掲載

2019年2月5日〜3月3日まで、東京都・高円寺のGalleryアソビバにて「こうしん通り寄席描きアート展」が開催されています。
協会員の先生方も多数出展し、連日大変な賑わいを見せています。
イベント詳細はこちらをご覧ください。

(写真提供:UNO)



第2会場へ移動・山根一門会展覧会「鬼ンピック展」開催中

2019年02月13日掲載

現在開催中の山根一門会展覧会「鬼ンピック展」は、2月13日(水)〜23日(土)まで、会場を森下から、東京都港区にある元麻布ギャラリーへ移動しての開催です。
とはいえ、作品はそのまま麻布に移動したものではでなく、作品数も増え、物販も充実するなど、内容はグレードアップされていますので、今回初めて来ていただける方だけでなく、リピーターの方でも充分楽しめる展示となっています。

そして主宰の山根青鬼氏からは「2月17日(日)には鬼たちと共に朝から沢山のイベントと、ささやかなパーティーも企画していますのでお楽しみに!」とのことですので、お時間あるかたは是非。


*会期中は無休で開催されますが、最終日は16時閉場となりますので御注意ください

(画像 文:柳生柳)



画業40周年記念 萩岩睦美の世界展

2019年02月13日掲載

期 間:2019年3月2日(土)~4月7日(日)

会 場:北九州市漫画ミュージアム 企画展示室
    〒802-0001 福岡県北九州市小倉北区浅野二丁目14-5  あるあるCity5階
    TEL:093-512-5077

時 間:11:00~19:00(最終入館18:30)

入場料:一般…1,000円 中高生…500円 小学生…250円
    ※常設展セット券 一般…1,200円 中高生…600円 小学生…300円

休館日:火曜日(ただし3月26日、4月2日は開館)


<萩岩睦美先生サイン会 開催>

日 程:3月2日(土)・3月21日(木・祝)
定 員:各回50名 (事前申込制 ※申込多数の場合は抽選)
時 間:両日とも14:00~17:30
場 所:北九州市漫画ミュージアム6階 イベントコーナー

詳しくは北九州市漫画ミュージアムHPをご覧ください。



第9回高円寺演芸まつり関連企画 こうしん通り&座・高円寺 寄席描きアート展

2019年02月05日掲載

高円寺演芸まつり期間中、毎年行われている「こうしん通り寄席描きアート展」。
今年は、庚申通り商店街と座・高円寺の2カ所で開催。
「日本落画家協会」の漫画家、イラストレーター、似顔絵師が、「演芸まつり」を描きます。
個性的な視線が捉えた芸人、寄席演芸の世界をお楽しみください。

会 場:Galleryアソビバ
    〒166-0002 東京都杉並区高円寺北2-1-2 座・高円寺B2F
    TEL:03-3223-7500

企 画:NPO法人劇場創造ネットワーク/座・高円寺
    http://za-koenji.jp/

会 期:2019.2.5(火)〜3/3(日)9:00〜22:00
    入場無料/会期中無休

出品者:阿部順子・いご昭二ウノ・カマキリ
    おがたたかはる小河原智子・柿田ゆかり
    キャベツ・くまごろ・たかはし・ちろ・辻下浩二
    とつかりょうこ・永野リョウ・なかむら治彦
    はざま隆治バトルロイヤル風間・ひさよ・福田紀子 
    藤井龍二まつなが陽一・やえ・柳生柳・湯沢としひと
                     ※太字:協会員

期間中、高円寺駅北口の「こうしん通り商店街」のご協力により、
商店街のいたるところに、「寄席描きアート」作品の展示があります。
http://koushindoori.com

また、期間中の2月8日〜17日は、高円寺のまち全体が演芸場になるという、
「第9回高円寺演芸まつり」が開催されます。
http://koushindoori.com/post-1647
http://www.koenji-engei.com
演芸を楽しんだ後、「寄席描きアート展」を楽しむ。というのもオススメです。

 

 



山根青鬼一門会展覧会「鬼ンピック展」イベント開催

2019年02月04日掲載

 現在、東京都江東区森下文化センターにて開催中の山根一門会展覧会「鬼ンピック展」ですが、2月3日(日)は一門会門下生有志によるイベントデーとなっていました。

 朝イチから夕方までの通しでは辻下浩二(にが鬼)氏主導で似顔絵ブースが設置され、氏と小河原智子(うすずみ鬼)、藤井龍二(そら(宙)鬼)両氏、柳生柳(わかくさ鬼)が担当、時間ごとにアレス(からす鬼)氏によるマジックショー、山田ゴロ(むらさき鬼)氏による鬼の怪談などイベントは盛りだくさんでした。

 中でも山根青鬼氏による漫画教室は、氏から漫画の持つ力や楽しさが語られ、後半では観客のリクエストに応えて漫画を書いて行くというスタイルで、大きな模造紙を前に次々筆を走らせていく氏の様に、観客はみな引き込まれていました。

 イベント最後は鬼たちによる豆まき。青鬼氏を中心に、鬼のコスプレをした門下生たちが観客へ向かって「鬼は内!」と豆のシャワーを降らせた後は青鬼氏より締めくくりの挨拶と、新たな鬼のメンバー加入が発表され、大盛り上がりの中でイベントは終了しました。

なお、イベントは麻布十番にある元麻布ギャラリーへ展示を移した2月17日(日)にも開催されますのでお楽しみに。


*森下での会期中は2月4日(月)が休館日、最終日は16時で閉場となりますので御注意ください 


(画像 文:柳生柳)



2019年01月31日掲載



2019年01月31日掲載



2019年01月31日掲載



2019年01月31日掲載



山根青鬼一門会「鬼ンピック展」開催中

2019年01月30日掲載

2019年1月26日(土)〜2月11日(月)まで、東京都江東区森下文化センターにて山根青鬼一門会有志による「鬼ンピック展」が開催されています。 
 山根青鬼一門会とは、山根青鬼氏を中心とした、氏を慕うクリエイターたちがそれぞれ色にちなんだ名前を持つ“鬼”となり集ったもので、今回はその有志たちからなる展覧会である。
テーマは2020年の東京オリンピックに先立ち、自分の鬼を使っての作品になっていて、場内はさまざまな鬼たちが所狭し、我こそは、と群雄割拠する様子が楽しめます。

初日、夕方からのオープニングパーティーには祝いにかけつけた来場者や一門会のメンバーも大勢訪れ、新たな一門会メンバーが加わるなど、限られた時間いっぱい、大変な賑わいをみせてくれました。

なお、同展は森下での会期中、2月3日(日)には一門会メンバーによるさまざまなイベントが企画、森下開催の後には2月13日(水)から場所を元麻布ギャラリーへ移しての開催が予定されています。

*会期中、2月4日(月)は休館日で、最終日は16時で閉場となりますので御注意ください 

 

山根青鬼一門会「鬼ンピック展」
■第一回会場
 場 所:森下文化センター
     〒135-0004  東京都江東区森下3-12-17
     TEL:03-5600-8666  FAX:03-5600-8677
 期 間:2019年1月26日(土)〜2月11日(月)
 時 間:9:00~21:00(最終日16時まで)
 休館日:2月4日(月)
 入場料:無料

※イベントデー:2月3日(日)  13時〜18時頃

■第二回会場
 場 所:元麻布ギャラリー
     〒106-0046   東京都港区元麻布3-12-3
     TEL:03-3796-5564    FAX:03-3796-5512
 期 間:2019年2月13日(水)〜2月23日(土)
 時 間:11:00~19:00(最終日16時まで)
 休館日:なし
 入場料:無料

※イベントデー:2月17日(日)   13時〜21時頃

 

(文・画像:会報部・柳生柳、会報部・岸田尚)



2019年01月30日掲載



2019年01月30日掲載



2019年01月30日掲載



2019年01月30日掲載



2019年01月29日掲載



2019年01月29日掲載



シンポジウム「マンガ原画アーカイブセンター(仮)の創設に向けて」

2019年01月29日掲載

期 間:2019年2月3日(日)

会 場:横手市ふれあいセンター かまくら館2階 多目的ホール
    〒013-0023 秋田県横手市中央町8−12
    TEL:0182-33-7111   FAX:0182-33-7113

時 間:第1部…10:00~12:00
    第2部…13:00~15:00

入場料:無料(先着100名)

主  催:文化庁/京都精華大学国際マンガ研究センター
会場協力:横手市/横手市増田まんが美術館


<出演者>

〈第1部 研究報告〉
 ヤマダトモコ(明治大学 米沢嘉博記念図書館)
 表智之(北九州市漫画ミュージアム)
 倉持佳代子(京都国際マンガミュージアム)
 原正人(一般財団法人パピエ(谷口ジロー版権管理団体))
 小野慎之介(東洋美術学校)

〈第2部 シンポジウム〉
 大石卓(横手市増田まんが美術館)
 吉村和真(京都精華大学マンガ学部)
 日高利泰(京都大学大学院人間・環境学研究科)

[司会]
イトウユウ(京都精華大学国際マンガ研究センター)

 

詳細・お問い合わせは京都国際マンガミュージアムまで



2019年01月29日掲載



2019年01月28日掲載



2019年01月28日掲載



2019年01月28日掲載



2019年01月28日掲載



石ノ森萬画館第72回特別企画展 ビッグコミック50周年展 -半世紀のビッグな足跡-

2019年01月28日掲載

期 間:2019年1月25日(金)~ 4月7日(日)

会 場:石ノ森萬画館 2階企画展示室
    〒986-0823 宮城県石巻市中瀬2-7
    TEL : 0225-96-5055

時 間:9:00~17:00 ※入場16:30まで
   (3月からは18:00閉館 ※入場は17:30まで)

入場料:大人800円 中高生500円 小学生200円 未就学児無料
   (常設展観覧料含む)

休館日:火曜日(3月は第3火曜日)


<関連イベント>

■なまずくんがやってくる!

場 所:石ノ森萬画館2階受付前
期 間:1月25日(金)〜27日(日)
    2月2日(土)〜3日(日)
    3月23日(土)〜24日(日)
時 間:11:30~12:00
    14:00~14:30

■展覧会コラボメニューが登場!

場  所:石ノ森萬画館3階 展望喫茶BLUE ZONE
営業時間10:00~16:30(ラストオーダー16:15)
     ※3月からは10:00~17:30(ラストオーダー17:15)

■常設展示室内「原画コーナー」に石ノ森章太郎・時代劇作品特集!

展示期間:2019年1月30日(水)〜4月7日(水)
場  所:2階常設展示室内「石ノ森章太郎原画の世界」コーナー
展示作品:佐武と市捕物控 買厄懸場帖 九頭竜 さんだらぼっち 八百八町表裏 化粧師」

詳しくは石ノ森萬画館HP



「福つなぎねこ展」開催

2019年01月28日掲載

2018年11月23日(金・祝)~2019年1月27日(日)まで、大分県佐伯市のオープンアトリエ・もとちゃんにて、「福つなぎねこ展」が開催されました。 

発起人の福田素子氏をはじめ、猫好き作家陣による猫をテーマにした原画などが展示販売され、全国からファンが訪れて賑わっていました。
イベントの売り上げは、福岡にある保護猫シェルター付きホステル「ねこ蔵」さんを通し、保護猫の支援活動にあてられます。

 

(記事・写真提供:てふや食堂氏)



「環境マンガと子どもたちⅢ」開催中

2019年01月25日掲載

2019年1月24日(月)〜30日(木)まで、東京都千代田区、御茶ノ水ソラシティにあるギャラリー蔵にて、「環境マンガと子どもたちⅢ」が開催されています。 

実際の蔵を移築し、ギャラリーとして展開している同会場は決して広いとは言えませんが、その佇まいは非常に趣もあり、漫画家たちの環境マンガ、そして子どもたちの環境をテーマとしたポスターを暖かく演出してくれています。

そして初日には現代表である、理事のやの功氏による挨拶から展覧会はスタート、オープンと同時に来場者がドヤドヤと詰めかけるなど始まりは上々、今回はギャラリーへ通じる通路にも展示規模を広げたり、まだまだ新たな試みが行われています。

そして会期中、26日(土)にはギャラリートークが予定され、蔵での会期終了後もおおさかや岡山への巡回展も決まっていますので、お近くで開催の折は是非とも足を運んでいただきたいとの事です。


*会期中は無休で開催されますが、平日は12時〜19時、土日は11時30分〜18時30分、最終日は15時で閉場となりますので御注意ください 


(画像 文:柳生柳)



2019年01月25日掲載



2019年01月25日掲載



2019年01月25日掲載



「第49回 シャリバリ2019年展」開催中

2019年01月25日掲載

2019年1月21日(月)〜27日(日)まで、東京都港区麻布十番にある元麻布ギャラリーにて、「第49回 シャリバリ2019年展」が開催されています。
ゆったりとした会場は今回も多くの作品で埋め尽くされていて、大きな額でも充分なスペースが確保され、見応えも万端となっています。

初日は夕方からオープニングパーティーも開かれ、フランス語でいう「シャリバリ=賑やかなさま、馬鹿騒ぎ」という名に相応しい、沢山の来場者たちで埋め尽くされた会場は新春の夜を彩り、賑わっていました。

*会期中は無休で開催されますが、最終日は16時で閉場となりますので御注意ください。


(画像 文:柳生柳)
 



大盛況でした!「スライドショー 沖縄マンガの移り変わり」

2019年01月24日掲載

2019年112日(土)に、日本漫画家協会 沖縄ブロックとコミックチャンプルー共催で「スライドショー 沖縄マンガの移り変わり」を開催しました。

会場は「沖縄ラフ&ピース専門学校」4F教室。講師は大城冝武先生で、司会は島袋直子氏が務めました。
会場の準備と写真撮影はうやまつかさ氏が担当。沖縄ブロック会員のパッカレ氏や上原麻実氏は観客として参加しました。

スライドショーは島袋直子氏の司会でスタート。
葛飾北斎の「琉球八景」に始まり、国内で初めてアニメを制作した下川凹天、沖縄の戦後マンガの草分け渡嘉敷唯と続き、本格ストーリーマンガの新里堅進、ウチナーグチを全国化させた、なかいま強、コミックおきなわなどから若い世代へと古い年代のものから紹介。

予定していた下川凹天の動画が見られないアクシデントがありましたから、何んらかの形で見られるようにしたいですね。

そして休憩タイムの後に、大城先生はマンガの記号論などを発表し、その後は質疑応答へ。

今回の観客は「沖縄ラフ&ピース専門学校」の学生をはじめ、沖縄のマンガ家、マンガ研究家、ラジオパーソナリティの方も来てくださいました。
大盛況だったので、今度は別の方の公演等を開きたいですね。

 

(写真・記事提供:沖縄ブロック長 島袋直子氏)



第7回 国際マンガコンテスト表彰式 マンガアワードSHOW

2019年01月28日掲載

期 間:2019年2月23日(土)

会 場:BiG SHiP  米子コンベンションセンター 小ホール
    〒683-0043 鳥取県米子市末広町294
    TEL:0859-35-8111   FAX:0859-39-0700

時 間:15:00~16:30(14:30開場)

入場料:無料


<イベント内容>

■声優トークショー
■表彰・審査員まんが談義
■優秀作品公開アテレコ

詳しくはまんが王国とっとりHP



2019年01月23日掲載



2019年01月23日掲載



2019年01月23日掲載



1月の事務局ライブラリー

2019年01月21日掲載

◆ティアズマガジンVol.126
◆ラブひな懐古同人誌
◆手塚ファン vol334
◆EYE MASK 57 蒼天社/刊 1000円
◆月間広場 1月号 No412
◆まめしばコ!の、いっしょう 1だいすき編 一本木蛮/著 早川書房/刊 1400円
◆すけべDIARY さんろく丸/著 ワニマガジン社/刊 1000円
◆納棺師さん 鬼灯つばめ/著 麻布書院/刊 1667円
◆最大音量で、 灰田ナナコ/著 一迅社/刊 680円
◆僕を悪い子にして 1 灰田ナナコ/著 一迅社/刊 680円
◆僕を悪い子にして 2 初回限定版 灰田ナナコ/著 一迅社/刊 890円
◆僕を悪い子にして 初回限定版付録小冊子 灰田ナナコ/著 一迅社/刊
◆いばらの掟 雪村ゆに/著 白泉社/刊 400円
◆花園とエゴイスト 1、2 雪村ゆに/著 KADOKAWA/刊 各580円
◆東京23区 女ひとり風呂 小沢カオル/著 竹書房/刊 1300円
◆キツい取材に逝ってきました。 小沢カオル/著 秋田書店/刊 800円
◆酔うと化け物になる父がつらい、、 菊池真理子/著 秋田書店/刊 900円
◆一方その頃 山田2丁目/著 リブレ/刊 629円
◆サービスタイムが終わらない 山田2丁目/著 徳間書店/刊 620円
◆それはオンナの一大事 たちばな梓/著 講談社/刊
◆女王の放課後 たちばな梓/著 講談社/刊 400円
◆バーナード嬢曰く。 1、2 施川ユウキ/著 一迅社/刊 各619円
◆BULLET ARMORS 6 森茶/著 小学館/刊 457円
◆ゾイドワイルド 1 森茶/著 小学館/刊 454円
◆ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編 1 桃山ひなせ/作画 竜騎士07/原作 SQUARE ENIX/刊 581円
◆うみねこのなく頃に散 1 桃山ひなせ/作画 竜騎士07/原作 SQUARE ENIX/刊 581円
◆ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ファミリアクロニクル episodeリュー 1 桃山ひなせ/漫画 大森藤ノ/原作 ニリツ/原作イラスト ヤスダスズヒト/キャラクター原案 SQUARE ENIX/刊 571円
◆ラディカル・ホスピタル 32 ひらのあゆ/著 芳文社/刊 619円
◆航海王子の優雅な船旅 1 ひらのあゆ/刊 芳文社/刊 619円
◆ハイスクールD×D アクマのおしごと 粗製SODA/作画 石踏一榮/原作 みやま零/キャラクターデザイン 富士見書房/刊 580円
◆いじらしいキミ かろちー/著 ワニマガジン社/刊 1000円
◆女神のスプリンター 1 かろちー/著 講談社/刊 590円
◆WILD WING 弓きいろ/著 白泉社/刊 429円
◆図書館戦争 LOVE&WAR 13 弓きいろ/著 有川浩/原作 白泉社/刊 429円
◆図書館戦争 LOVE&WAR 別冊編6 弓きいろ/著 有川浩/原作 白泉社/刊 429円
◆シャッフル学園 5 ホリユウスケ/著 秋田書店/刊 429円
◆デリバリー オブ ザ デッド 1 ホリユウスケ/著 日本文芸社/刊 620円
◆そして船は行く 完全版 1 雑君保プ/著 マイクロマガジン社/刊 1143円
◆BUPPAなビッチーズ 1 雑君保プ/著 秋田書店/刊 562円
◆送球ボーイズ 2、3 フウワイ/原作 サカズキ九/作画 小学館/刊 各454円
◆ロッタレイン 1 松本剛/著 小学館/刊 694円
◆メガネフェスタと野のデイジー 永野のりこ/著
◆Torsion Walker 内村かなめ/著
◆SUKI! 内村かなめ/著
◆PICNIC DAY 内村かなめ/著
◆妹はいつもいいものだ 内村かなめ/著
◆常夏リゾート南国娘とNTRセックス あきは@/著
◆春の湯に淫る 野上武志/著
◆淫魔とENCOUNT 龍炎狼牙/著

 



2019年01月21日掲載



2019年01月21日掲載



連載50周年記念特別展「さいとう・たかを ゴルゴ13 用件を聞こうか……」

2019年01月22日掲載

期 間:2019年2月2日(土)~3月24日(日)

会 場:下関市立美術館
    〒752-0986 山口県下関市長府黒門東町1-1
    TEL:083-245-4131   FAX:FAX 083-245-6768

時 間:9:30~17:00

入場料:一般…1,200円 大学生…900円
※18歳以下の方、70歳以上の方および高等学校、
中等教育学校と特別支援学校に在学中の生徒は、
観覧料が免除されます。
(いずれも公的証明書の提示が必要)

休館日:月曜日(2月11日は開館)


大阪、盛岡、川崎に引き続き、下関にゴルゴ13がやってきます!
詳しくは下関市立美術館HPまで



2019年01月18日掲載



2019年01月18日掲載



岸田尚作品展 ウサギのお顔とお花のお顔と天使

2019年01月17日掲載

期 間:2019年2月15日(木)~24日(日)

会 場:神保町画廊
    〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-41-7 安野ビル1F
    TEL:03-3295-1160

時 間:13:00~19:00

休館日:無休



寄席描き展 仙台巡回展・開催記念 花座漫画の日「イラスト大喜利大会」

2019年01月17日掲載

イラスト大喜利とは
…出されたお題をみないでどれだけ描けるのか?(描けないのか!?)という寄席描き展名物イベント!

開催日:2019年1月18日(金)

会 場:魅知国定席 花座
    〒980-0811 宮城県仙台市青葉区1番町4-4-23
    TEL:022-796-0873   FAX:022-263-7907

入場料:一般…2,500円 65歳以上…2,000円 (※未就学児入場不可)
    チケット予約は花座事務局まで


<番組概要>

・第1部 11:00開演(開場10:30)
・第2部 14:00開演(開場13:30)
・第3部 18:30開演(開場18:00)

【落語】三遊亭あんぱん(20分)
【漫才】ストロングスタイル(20分) 中入り(10分)
【イラスト大喜利】(40分)
 出演者:ストロングスタイル 三遊亭あんぱん いご昭二(協会員) 宮島幸次


<寄席描き展 仙台巡回展>

日本落画家協会が贈る寄席と落語をテーマにしたイラストを展示

期 日:2019年1月18日(金)〜30日(水)花座入場料のみで見学可



《2019年度カレンダー》

2019年01月17日掲載

◆BERVER CALENDAR 2019
◆2019年 かれんちゃんのほのぼのカレンダー はせべくにひこ/著
◆手塚治虫カレンダー 2019
◆小島功2019オリジナルカレンダー
◆AKIRA YAMASAKI MEMORIAL CALENDAR 2019



2019年01月17日掲載



2019年01月17日掲載



石ノ森章太郎生誕記念 トークセッション&ビブリオバトル

2019年01月16日掲載

期 間:2019年1月26日(土)

会 場:石ノ森萬画館 1階映像ホール
    〒986-0823 宮城県石巻市中瀬2-7
    TEL : 0225-96-5055

時 間:13:30~16:00(13:15開場)

観覧料:無料

定 員:先着40名 ※要事前申込

■申し込みは石ノ森萬画館HPまで
申込締切:2019年1月21日(月)

 


<イベントスケジュール>

【第1部】 
 トークセッション「石ノ森章太郎の魅力」(13:30~14:50)
 モデレーター:山田夏樹 
 パネラー:山田ゴロ 倉田よしみ 三浦みつる

【第2部】
 ビブリオバトル(15:00~16:00)
 バトラー:山田ゴロ 倉田よしみ 三浦みつる 山田夏樹 
 +町屋知子・三浦悠(石ノ森萬画館スタッフ)



2019年01月16日掲載



2019年01月16日掲載



2019年01月16日掲載



2019年01月16日掲載



山根青鬼一門会展覧会 鬼ンピック展

2019年01月15日掲載

■第一回会場
 場 所:森下文化センター
     〒135-0004  東京都江東区森下3-12-17
     TEL:03-5600-8666  FAX:03-5600-8677
 期 間:2019年1月26日(土)〜2月11日(月)
 時 間:9:00~21:00(最終日16時まで)
 休館日:2月4日(月)
 入場料:無料

※イベントデー:2月3日(日)  13時〜18時頃


■第二回会場
 場 所:元麻布ギャラリー
     〒106-0046   東京都港区元麻布3-12-3
     TEL:03-3796-5564    FAX:03-3796-5512
 期 間:2019年2月13日(水)〜2月23日(土)
 時 間:11:00~19:00(最終日16時まで)
 休館日:なし
 入場料:無料

※イベントデー:2月17日(日)   13時〜21時頃


<出展者>

山根青鬼 アレス 岩田和久 ウノ・カマキリ 大石容子
小河原智子 御茶漬海苔 香取正樹 岸田尚 ココア
サクラ聖 佐佐木あつし つかお 辻下浩二 てふてふ
永野のりこ のむらしんぼ はざま隆治 平松伸二
藤井龍二 メソポ田宮文明 もりけん 柳生柳 山田ゴロ
湯浅みな 渡辺教子
(太字:協会員)

主 催:山根青鬼一門会
協 力:公益社団法人 日本漫画家協会



第47回(2018年度)

2019年01月15日掲載

大賞
コミック部門 「諸星大二郎劇場」諸星大二郎
カーツーン部門「HITOKOMART」篠原ユキオ

優秀賞
「弟の夫」田亀源五郎

特別賞
「日本漫画展」日本漫画の会

文部科学大臣賞
「全作品」永井豪



2019年01月15日掲載



2019年01月15日掲載



2019年01月15日掲載



2019年01月15日掲載



2019年01月11日掲載



2019年01月11日掲載



2019年01月11日掲載



2019年01月11日掲載



初笑い 福笑い

2019年01月10日掲載

期 間:2019年1月14日(月)~26日(土)

会 場:ギャラリーkopis
    〒135-0021 東京都江東区白川1-2-12-1F
    TEL:03-5639-2381

時 間:平日…11:00~19:00
(初日13:00から/土日18:00まで/最終日16:00まで)

休館日:火曜日


<出展作家>

いご昭二 ウノ・カマキリ はざま隆治 福田紀子
とむ・くる〜ぞ〜 結城紀子
(敬称略 太字:協会員)

■寄席「ガンバレ二ツ目!~朝之助・始 二人会~」開催 
 最終日1月26日(土)16:00開場 ※要予約

展示詳細・イベント予約はギャラリーkopis HP



第49回 シャリバリ2019年展

2019年01月10日掲載

期 間:2019年1月21日(月)~27日(日)

会 場:元麻布ギャラリー
    〒106-0046  東京都港区元麻布3-12-3
    TEL:03-3796-5567

時 間:12:00~19:00(初日14:00から/最終日16:00まで)

入場料:無料

■オープニングパーティ開催
 2019年1月21日(月) 17:00〜


<出展作家>

大西ひろみ 小河原智子 オゼキイサム 影ひなた 
木南精示 坂井雅恵 ジョルジュ・ピロシキ 武田秀雄
筑紫直弘 辻下浩二 野口恒治、橋爪まんぷ 宮下泉 
村瀬修 モロズミ勝 柳たかを 横田吉昭
(敬称略 太字:協会員)



スライドショー 沖縄マンガの移り変わり

2019年01月09日掲載

“沖縄マンガを最初に描いたのは葛飾北斎だった⁈”
“日本で初めてアニメを制作したのはウチナーンチュだった⁈”
“戦後の沖縄マンガの草分けは渡嘉敷唯夫だった⁈”

マンガ研究者であり沖縄ブロック協会員の大城冝武氏によるスライドショー!


開催日:2019年1月12日(土)

会 場:沖縄ラフ&ピース専門学校 4F
    〒900-0014 沖縄県那覇市松尾2-1-29

開催日:15:00~16:30(午後2時45分までに1階受付集合)

入場料:無料

講 師:大城冝武(元沖縄キリスト教学院大学教授)

主 催:公益社団法人 日本漫画家協会 沖縄ブロック コミックチャンプルー

■お申し込み・お問合わせ
 098-833-1900(コミックチャンプルー マンガ編集部)
 コミックチャンプルーHP



2019年01月09日掲載



2019年01月08日掲載



2019年01月08日掲載



2019年01月08日掲載



2019年01月08日掲載



2019年01月08日掲載



2019年01月08日掲載



HITOKOMART 2019 招き猫展

2019年01月08日掲載

期 間:2019年1月6日(日)~12日(土)

会 場:アートギャラリー北野 1階
    〒604-8005 京都市中京区三条通河原町東入ル恵比須町439-4  コーカビル
    TEL:075-221-5397

時 間:11:00〜19:00 (最終日 18:00まで)

入場料:休館日:火曜日

 

詳しくはアートギャラリー北野HP



第5回 全国漫画家大会議inまんが王国・土佐

2019年01月09日掲載

期 間:2019年3月2日(土)〜3日(日)

会 場:■高知市文化プラザかるぽーと(メイン会場)
    〒780-0832 高知県高知市九反田2-1

    ■中央公園
    〒780-0841 高知県高知市帯屋町1-11

時 間:3月2日(土)…12:30〜17:00
    3月3日(日)…10:30〜17:00

入場料:無料(一部イベントはチケット購入が必要)


<ゲスト漫画家>

あおきてつお 安倍夜郎 うえやまとち 大沢俊太郎
くさか里樹 下條よしあき 玉川重機 てしろぎたかし
内藤泰弘 はしもとみつお ひのもとめぐる 姫川明輝
藤沢とおる 藤島康介 藤本正二 本庄敬 正木秀尚
Moo.念平 村岡マサヒロ 森田将文 山田ゴロ
(敬称略 太字:協会員)

漫画家によるトークショーをはじめ、ライブドローイングや特別体験イベントなど、子どもから大人まで楽しめるイベントが盛りだくさんとなっています。
詳しくはまんが王国・土佐HPをご覧ください。



2019年01月08日掲載



2019年01月08日掲載



「コミックマーケット95」開催

2019年01月08日掲載

2018年12月29日(土)〜31日(月)、東京都江東区にある東京ビッグサイトにて、日本最大級の同人即売イベント「コミックマーケット95(以下コミケット)」が開催されました。 

冬の開催では過去最高来場者数となる約57万人を記録し、ピーク時は通路を動くことさえままならないほどの大混雑。
満員電車を凌ぐほどの勢い、多岐に渡るジャンルに企業ブース、コスプレ広場などなど、東西に分かれた会場内、そして行き来する通路も終始大混雑、イベント終了間際に伺ったサークルは完売完売の札も目立ち、大盛況の様子を物語っていました。

そんな中でも来場者は最大限の注意を払いつつ目当てのサークルを目指し、サークルもまたスタッフと一丸となって混乱を避けるべく、列の整備に力を入れるなど、相互の努力があってこそのコミケット運営です、今回も目立った事故もなく、帰宅の頃には一様に安堵と笑顔に若干の疲労(笑)が乗った顔が見られました。

そんな長い歴史を刻み続けるコミケットも2020年のオリンピック開催に伴い、今夏以降から暫くはいくつかの変更点が発表されていて、若干の心もとなさを感じる面はありますが、コミックを愛する者同士、志とルールを守り、必ずや乗り切っていかれることと思います。

最後になりましたが、今回もお忙しい中を快く取材に応えていただきました協会員のみなさまへは心からのお礼と、タイミングが合わずご挨拶さえままならなかった協会員のみなさまへは失礼お詫び申し上げます、3日間、お疲れ様でした!


(画像 文:柳生柳)



漫画家たちによる「まんが年賀状展2019」「似顔絵コーナー」開催中

2019年01月08日掲載

2018年12月1日(土)〜2019年1月27日(日)まで、東京都墨田区、東京スカイツリー・ソラマチにある郵政博物館にて、協会員所属の漫画家たちによる「まんが年賀状展2019」が開催されています。 

展示会場である多目的スペースには、2019年の干支である亥をモチーフとした漫画家たちによる年賀状が並び、漫画家ならではのアイデアが光る一枚一枚は来場者たちの目を楽しませています。

そして会期中は似顔絵コーナーが3回設けられ、1日目の1月5日(土)はモロズミ勝氏、柳生柳が、2回目である6日(日)には矢野徳、藤井龍二両氏が担当、観光客でひしめくソラマチ内において比較的静かな環境のここでは、似顔絵もいつもよりじっくり時間をかけて向き合うことができます。

既に2回は終わっていまいましたが、最後の3日目は26日(土)にやの功、まつなが陽一両氏が担当しますので、世界中の郵便にまつわる貴重な資料や切手、興味深い企画展、もちろん漫画家たちのまんが年賀状などなど郵政の世界を堪能したあと、寄ってみてはいかがでしょうか。


*同展は会期中無休で開催されます。
*年賀状をご覧いただくには、博物館への入場料が別途、似顔絵も有料で請けております。


(画像 文:柳生柳)



「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」開催中

2019年01月07日掲載

2019年1月3日(木) 東京・弥生美術館にて、バロン吉元氏の企画展「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」が初日を迎えた。
1959年にデビューしてから60年という「画業の還暦」を記念し、一階には発表されている漫画の原稿や、今回初となる貸本時代の原画、エ☆ミリー吉元氏のセレクトによる若かりしバロン氏の写真なども展示され、二階には絵画を中心に大作が展示されている。
期間中はトークショーやサイン会が予定されており(詳細は弥生美術館ホームページ参照)グッズや画集も販売される。

また前期後期と作品の入れ替えも下記日程に行われる。
前期 1月3日(木)~2月17日(日)
後期 2月19日(火)~3月31日(日)

会期:2019年1月3日(木)~3月31日(日)※月曜休館、祝日の場合は翌火曜休館
時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
会場:弥生美術館
料金:一般900円、大・高生800円、中・小生400円

http://www.yayoi-yumeji-museum.jp/yayoi/exhibition/now.html

(写真:事務局 文:岸田尚)



「平松伸二 漫書展 ~川の手から世界平和~」開催

2019年01月07日掲載

2018年12月29日(土)から2019年1月6日(日)にわたり、平松伸二氏による「漫書展~川の手から世界平和~」が東京・葛飾区のレンタルスペース カメアリ座にて開催されました。

代表作のイラストと書を融合した「漫書」が約60点展示され、迫力の会場に大勢のお客様がいらしていて連日大盛況でした。

会場ではタペストリーなどのオリジナル漫書グッズが販売され、売上の一部を、平松先生の出身地であり昨年7月に豪雨被害にあわれた「岡山県高梁市」へ寄付されるそうです。

(写真・文:岸田尚)



冬期休業について

2018年12月28日掲載

誠に勝手ながら、協会事務局では下記日程を冬季休業とさせていただきます。
期間中はご不便ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。

 2018年12月29日(土)~2019年1月6日(日)

休業期間中にいただきましたお問い合わせにつきましては、2019年1月7日(月)以降に順次対応させていただきます。



第14回 表現者の集い -干支「亥」展-

2018年12月28日掲載

期 間:2019年1月24日(木)~29日(火)

会 場:ギャラリーぶたのしっぽ
    〒255-0003 神奈川県中郡大磯町大磯1292
    TEL:0463-61-0516

時 間:12:00~18:00(最終日は17:00まで)

主 催:蒼天社


<出展者>

池田達朗 石井行 指田和子 きなみせいじ 
佐々木ケン 島隆史 sono 高津葆 畠山晶 
向さすけ やましたゆきお 和田圭以 宮坂榮一(ゲスト)
(敬称略/太字:協会員)

■初日24日(木)17:00よりオープニングパーティー開催予定



BEASTARS原画展 ~板垣巴留の世界~

2018年01月10日掲載

期 間:2019年2月22日(金)~6月9日(日)

会 場:明治大学 米沢嘉博記念図書館 1階企画展示コーナー
    〒101-8301  東京都千代田区神田猿楽町1-7-1
    TEL:03-3296-4554

時 間:平日…14:00~20:00
    土日祝…12:00〜18:00

入場料:無料

休館日:火・水・木曜日(祝日の場合は開館)


ー 会期日程 ー

第1期……肉食と草食
2019年2月22日(金) - 3月18日(月)

第2期……思春期と大人
2019年3月21日(木・祝) - 4月15日(月)

第3期……女性と男性
2019年4月19日(金) - 5月13日(月)

第4期……レゴシとルイ
2019年5月17日(金) - 6月9日(日)


ー 関連イベント ー

トークイベント(1)
 板垣巴留「動物に託した思い」 

出 演:板垣巴留
聞き手:粟生こずえ
日 時:2019年3月9日(土)16:00〜17:30
場 所:明治大学 アカデミーコモン 9階309B教室
料 金:無料 
※当日、入場整理券を配布します。
 

トークイベント(2)
 人と獣の間-擬人化動物マンガの中の「BEASTARS」 

出 演:宮本大人
日 時:2019年5月18日(土)16:00〜17:30
場 所:米沢嘉博記念図書館 2階閲覧室
料 金:無料
※会員登録料金(1日会員300円~)が別途必要です。


詳細は米沢嘉博記念図書館HPにて。



酒井敦美 光の切り絵展 ~心の中へ〜

2018年12月21日掲載

期 間:2019年1月26日(土)~3月3日(日)

会 場:横山隆一記念まんが館 企画展示室
    〒780-8529 高知市九反田2-1 高知市文化プラザかるぽーと内
    TEL:088-883-5029 FAX:088-883-5049

時 間:9:00~18:00(最終入場は17:30まで)

入場料:一般600円/大学生・専門学校生400円/中・高校生300円/小学生200円/小学生未満無料
    ※65歳以上、障がい者割引、団体割引あり。

休館日:月曜日(ただし2月11日は開館)



訃報 会員 元東北支部長 武田昭典氏

2018年12月21日掲載

平成30年12月21日、当協会会員で元東北支部長(元ブロック)の 武田 昭典 氏が90歳にて逝去されました。
謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

武田家葬儀日程

喪主:武田歌子様

12月23日
納棺 16時30分 さがみ須賀川西斎場
通夜 18時30分 さがみ須賀川西斎場

12月24日
葬儀 11時30分 さがみ須賀川西斎場
出棺 12時45分 さがみ須賀川西斎場
火葬 13時00分 須賀川火葬場

さがみ須賀川西斎場(葬儀場及び生花連絡先)
福島県須賀川市堀底町51
TEL:0248-75-1394 FAX:0248-75-6344

※生花は一段盛に統一されているそうです。



第14回まんがの日記念 4コマまんが大賞作品展

2018年12月20日掲載

第14回「まんがの日記念・4コマまんが大賞」に入賞された種田英幸氏、木南精示氏(協会員)の作品をはじめ、一次審査通過作品や高知県内からの応募作品なども展示されています。


期 間:2018年12月8日(土)~2019年1月14日(月・祝)

会 場:横山隆一記念まんが館 企画展示室
    〒780-8529 高知市九反田2-1 高知市文化プラザかるぽーと内
    TEL:088-883-5029 FAX:088-883-5049

時 間:9:00~18:00

入場料:無料

休館日:月曜日(1月14日除く)、年末年始(12月28日~1月4日)



画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年

2018年12月20日掲載

期 間:2019年1月3日(木)~2019年3月31日(日)

会 場:弥生美術館
    〒113-0032  東京都文京区弥生2-4-3
    TEL:03-3812-0012

時 間:10:00~17:00

入場料:一般 900円 / 大・高生 800円 / 中・小生 400円

休館日:月曜日(1月14日・2月11日は開館)、1月15日、2月12日


会期中イベント

■トークイベント

①あがた森魚 氏×荒俣宏 氏
 2019年1月20日(日)

②鈴木敏夫 氏 
 司会:エ☆ミリー吉元 氏
 2019年2月22日(金)

寺田克也 氏×山田参助 氏
 2019年3月2日(土)

会  場:弥生美術館 2F展示室内
時  間:17:30~18:30 (約60分)
定  員:60名(応募者多数の場合は抽選)
料  金:一般/2000円(入館料込。学割なし)
申込方法:電子メールor往復はがきによる事前予約制

お申し込み方法など詳しくは弥生美術館HPまで

 

■ギャラリートーク

開催日:2019年1月3日(木)15時~(約45分)/2019年2月10日(日)14時~(約45分)
解 説:バロン吉元
※事前申込不要、無料(要入館料)

 

■バロン先生の公開お悩み相談会

開催日:未定。(決まり次第お知らせいたします。)
※事前申込不要、無料(要入館料)

 

■バロン吉元サイン会

開催日:2019年3月10日(日)
時 間:15:00~17:00
※該当商品を美術館にてご購入いただいた方のみ対象(要入館料)

 



阿部ゆたかの世界展

2018年12月20日掲載

期 間:2018年12月21日(金)〜2019年3月3日(日)

会 場:新庄最上漫画ミュージアム
    〒996-0024 山形県新庄市多門町1-2
    最上広域交流センター「ゆめりあ」1階 もがみ体験館内

時 間:9:00〜18:00

休館日:第2・第4月曜日
    ※月曜祝日の場合は火曜日が休館日となります

 


■同時開催「新庄最上漫画大学」

入学料:無料
場 所:ゆめりあ2階会議室
時 間:13:30〜15:30
持ち物:書きやすいペンなど
※事前申込制

・第一回 人体のパーツ比率を学ぶ!かわいいと思わせる女の子の顔とは?
開催日:2019年2月2日(土)

・第二回 棒立ちポーズから脱却!魅力的なポージングを描く!
開催日:2019年3月2日(土)



環境マンガと子どもたちⅢ

2018年12月26日掲載

「第10回 環境教育ポスターコンクール」の入賞作品と、協会員の漫画家による「環境マンガ」を一同に展示する企画展を開催します。


期 間:2019年1月24日(木)~30日(水)

会 場:Gallery蔵
    〒101-0063  東京都千代田区神田駿河台4-6  御茶ノ水ソラシティB1F

時 間:平日12:00~19:00 / 土日11:30〜18:00
    ※初日15:00開館。最終日は15:00閉館

主 催:公益財団法人 こども教育支援財団
共 催:地球環境を守る漫画家の会
協 力:公益社団法人 日本漫画家協会

 

■下記会場でも展示を行います。
・おおさかATCグリーンエコプラザ
  2019年2月5日(火)~18日(月)

・こうべ環境未来館
  2019年2月21日(木)~3月5日(月)

・IPU・環太平洋大学 第1キャンパス
  2019年3月25日(月)~30日(水)

 


<出展者>

■漫画家
大石容子 一峰大二 里中満智子 関根義人 ちばてつや 
所ゆきよし 西田淑子 みつはしちかこ 柳生柳
やの功 矢野徳 わたなべまさこ

■コンクール入賞者
木村胡蒔 篠田匠真 諏訪琳 曽田小百合 竹村隼
中川颯太 野村しらべ 野村美日 林佳歩
ほか銀賞、銅賞、入賞受賞者

※会場により展示作品は異なります。詳しくはこども教育支援財団HPをご覧ください。



2019年 まんが年賀状展 開催中

2018年12月20日掲載

只今、東京都・新宿区にある 日本漫画家協会 漫協ぎゃらりーにて、『2019年 まんが年賀状展』を開催しています。
協会員30名による亥年年賀状作品をズラリと展示しておりますので、是非お越しください。


期 間:2018年12月14日(金)~2019年1月末頃

会 場:日本漫画家協会 事務局
    〒160-0001 東京都新宿区片町3-1 YANASE兎ビル
    TEL:03-5368-3783  FAX:03-3341-0662

時 間:10:00~18:00

入場料:無料

休館日:土日祝

 



生誕97年 水木しげる生誕祭

2018年12月21日掲載

開催日:2019年3月9日(土)

会 場:米子市公会堂
    〒683-0812 鳥取県米子市角盤町2-61

時 間:14:30~16:30(開場13:30)

参加料:無料 ※事前申込制

申込方法:WEB応募フォームまたはFAXお申込みシートに必要事項を記入しお送りください。
    【FAX番号】050-3606-0244
    【宛先】BSS水木しげる生誕祭事務局

応募期間:2018年12月17日(月)~2019年1月31日(木)
 

詳しくはまんが王国とっとりHPまで


ー イベント概要 ー

■坂本頼光活弁 水木しげるの人生絵巻 ~活動弁士・坂本頼光さん~

■スペシャルトークショー ~ゲゲゲ談義2019~
ゲスト:野沢雅子 氏(目玉おやじ役)
    古川登志夫 氏(ねずみ男役)
    庄司宇芽香 氏(ねこ娘役)
    藤井ゆきよ 氏(犬山まな役)

■豪華賞品が当たる抽選大会

■妖怪大行進(パレード)※境港市主催
 時 間:18:30〜19:00
 場 所:JR境港駅~水木しげる記念館前
水木作品の仮装で参加いただいた方には限定記念品を贈呈します。



12月の事務局ライブラリー

2018年12月19日掲載

◆花冠の竜の国encore~花の都の不思議な一日~ 7 中山星香/著 秋田書店/刊 454円
◆僕らが愛した手塚治虫 推進編 二階堂黎人/著 南雲堂/刊 2200円
◆放浪 ヴァンサン・ルフランソワ/著
◆土山しげるさんを偲んで
◆町でうわさの天狗の子 1 岩本ナオ/著 小学館/刊 400円
◆金の国水の国 岩本ナオ/著 小学館/刊 593円
◆マロニエ王国の七人の騎士 1 岩本ナオ/著 小学館/刊 463円
◆第六回寄席描き展 作品集
◆手塚ファンVOL333
◆月刊広場 12月号 No411
◆溺れるようにできている。 シギサワカヤ/著 白泉社/刊 820円
◆お前は俺を殺す気か 5 シギサワカヤ/著 白泉社/刊 714円
◆君だけが光 シギサワカヤ/著 白泉社/刊 750円
◆壬生義士伝 8 ながやす巧/漫画 浅田次郎/原作 ホーム社/刊 690円
◆日本の漫画本300年 ~「鳥羽絵」本からコミック本まで~ 清水勲・猪俣紀子/著 ミネルヴァ書房/刊 2800円



島耕作 連載35周年記念 島耕作「超」解剖展 開催中

2018年12月19日掲載

弘兼憲史氏の、島耕作「超」解剖展と題した35年周年記念展が有楽町マルイにて、12月15日より開催されています。
12/17は報道関係者が集まり、弘兼憲史氏を囲んでの取材があり、漫画への事、展示への事、また社会的な事への質問などが飛び交いました。
展示は35周年の歴史や作品についての系譜、複製原画やアニメ、グッズコーナー等も盛りだくさんで、写真撮影スポットなどもあり楽しい展示となっています。
是非、足を運んで観て頂ければと思います。


期 間:2018 年 12 月 15 日(土)〜2019 年 1 月 14 日(月)
    ※1/1(火)は休館日のため入場できません。

時 間:11:00〜21:00
    ※日・祝は 10:30〜20:30 ※入場は閉館の 30 分前まで。

場 所:有楽町マルイ 8 階 特別展示スペース
    〒100-0006  東京都千代田区有楽町 2-7-1

入場料:一般 1,000 円/学生・エポスカード割引・50 代割引 500 円/ 小学生以下・60 歳以上 無料
※ 入場特典として本展示会限定の「島耕作」オリジナルグッズをプレゼント(なくなり次第終了)

 

(写真:文 会報部・岸田尚)



「世界一小ちゃい?! ミニ絵画展」開催中

2018年12月19日掲載

2018年12月17日(月)〜23日(日)、東京都中央区、東京駅八重洲地下街にあるギャラリー八重洲・東京にて漫画か、イラストレーター、画家による、小さいことはイイことだ!「世界一小ちゃい?! ミニ絵画展」が開催されています。

作品規定がハガキサイズ以下という同展、こじんまりとしたギャラリーは、てのひらサイズのミニ絵画たちで天井から床まで埋め尽くされ圧巻の景色、出展者も多く、非常にバリエーションに富んだものとなっています。

初日はオープニングセレモニーも開催され、同展委員である種村国夫氏の挨拶からスタート、場内は出展者、関係者たちで床が見えないほどの大賑わいとなっていました。

*同展は会期中無休で開催されますが、最終日は13時00分で閉場となりますので御注意ください。


(画像 文:柳生柳)



北九州国際漫画祭2018

2018年12月19日掲載

期 間:2018年12月22日(土)~2019年1月20日(日)

会 場:北九州市漫画ミュージアム あるあるCity 5階 企画展示室
    〒802-0001  福岡県北九州市小倉北区浅野2-14-5 

時 間:11:00~19:00(最終入館18:30)

入場料:12月31日〜2019年1月2日、1月8日、15日

休館日:一般…200円(常設展セット券500円)/中高生・小学生…無料


ー 展示企画 ー

■フランスからやってきた少年マンガ!「ラディアン」のひみつ展
■インドネシア・マレーシア漫画展~混じり合う文化・変わりゆく漫画~
■第3回「北九州国際漫画大賞」優秀作品展
■きたきゅう漫画ひろば

詳しくは北九州市漫画ミュージアムHP



「海峡マンガ合戦」vol.21 岩本しんじ&もーちゃん 2人展

2018年12月19日掲載

 北九州市漫画ミュージアムでは、公益社団法人 日本漫画家協会の九州・中国ブロックとの共催で、両ブロックに所属、または関係する漫画家のミニ個展を「海峡マンガ合戦」と題してシリーズで開催しています。
 「海峡マンガ合戦」第21弾として、福岡県在住の漫画家であり日本漫画家協会 九州ブロックの岩本しんじ氏、もーちゃん氏2名の作品が紹介されています。
 4コマ漫画に特化した漫画賞である「北九州国際漫画大賞」でも高い評価を得ている実力派ふたりの作品から、4コマ漫画という表現の面白さを感じていただく展覧会です。

 

期 間:2018年12月15日(土)~2019年2月15日(金)

会 場:北九州市漫画ミュージアム あるあるCity 6階 企画展示エリア
    〒802-0001  福岡県北九州市小倉北区浅野2-14-5 

時 間:11:00~19:00(最終入館は18:30)

入場料:一般400円・中高生200円・小学生100円

休館日:火曜日(12/25は開館)、年末年始(12/31~1/2)

 

詳しくは北九州市漫画ミュージアムHP

(画像提供:北九州市漫画ミュージアム)



「やなせたかし文化賞シンポジウム」開催

2018年12月17日掲載

2018年12月15日(土)、東京都新宿区にある角筈区民ホールにて「やなせたかし文化賞シンポジウム」が開催されました。 
この賞は子どものための漫画や絵本、楽曲など、さまざまな分野において優れた作品や活動を行った個人または団体に対して授与されるもので、今回開催されたシンポジウムは賞の創設者である故・やなせたかし氏による賞への意義や想いが紹介されるというものでした。

といっても内容は決して堅苦しいものではなく、氏の童謡コンサートに朗読劇といったステージもあって、時には来場者も巻き込んだり、非常にエンターテイメント性に富んだものでした。

そして、選定委員によるトークディスカッションも行われましたが、ここでも内容は氏との思い出や逸話など笑いに包まれる場面も多大にあったり、賞への期待を語る場面では、氏の遺志を継ぐような、優しさに満ちあふれた言葉があふれ、正に「やなせたかし」の名に添った賞であるという期待が感じられました。

最後は氏作詞の「てのひらを太陽に」を全員で大合唱での閉幕、エントランスでは氏の代理であるやなせうさぎぎに見送られて笑顔で立ち去る来場者たち…と、最初から最後までやなせワールド全開の素晴らしいひとときでした。

そんな記念すべき第1回やなせたかし文化賞の受賞者は、氏の100回目の誕生日である、2019年2月6日に発表されます!

詳細、続報等はやなせたかし文化賞ホームページをご覧ください。
https://www.yanase-award.net


(画像 文:柳生柳)



契約書のひな形を公開しています

2018年12月17日掲載

当協会では創作者の皆様のため、電子、出版共、契約書のひな形を公開しています。
何方もご自由にお使いいただけます。

情報公開資料より
http://www.nihonmangakakyokai.or.jp/?tbl=about&id=20



トークショー「手塚治虫と少女マンガ『二階堂黎人』の巻」 開催

2018年12月13日掲載

 2018年12月9日(日)森下文化センターにて、手塚治虫と少女マンガトークショー「二階堂黎人」の巻が開催されました。

 大学在学中に手塚治虫氏の進めでファンクラブ会長に就任した経歴をお持ちの二階堂氏のトークショーのテーマは「リボンの騎士」。手塚マニアになった二階堂少年は手塚氏に熱心なファンレター(感想文)を沢山送りつけたことや、男子にとって少女マンガ誌掲載作品をスムーズに読む難しさや先輩手塚マニアに翻弄されながらもコツコツと収集していた様子が懐かしく語られました。

実際私も二階堂先生よりちょっと早く生まれましたが昭和20年代後半から30年代前半に生まれた者は中途半端感が拭えませんよ。もう少し早く生まれたかった。

 手塚作品やリボンの騎士への愛を語ったトークショー終了後は最新刊「僕らが愛した手塚治虫 推進編」のサイン即売会があり、手塚治虫への熱い思いはいつまでも続くのでありました。

 

(画像・文:会報部 嶌津よたろう)



2018年12月12日掲載



2018年12月12日掲載



「第5回 キャラクターアート展」開催中

2018年12月10日掲載

 2018年12月7日(金)〜19日(水)まで、東京都千代田区にある山脇ギャラリーにて「第5回 キャラクターアート展」が開催されています。

 歴代で出展人数最大という今回は大迫力展覧会となっていて、作家自身が持つキャラクターを遺憾無く発揮し、決して小さくはないギャラリーには、平面作品から立体、キャラクターアート展名物である出展者たちによるミニ色紙で彩られたクリスマスツリー、etc.…力作たちが所狭しと埋め尽くし、来場者を出迎えています。

 物販ブースはサイン色紙やアパレルグッズ、ペーパーアイテムなどなど数多く並び、是が非でも手に入れたいというファンも押し寄せ、初日から在庫切れをおこすものもありました。

 そんな初日ですが、夕方からはオープニングパーティーも開かれ、主宰のバロン吉元氏の軽妙な回しと乾杯の音頭から華々しくスタート、大勢の出展者と来場者で埋め尽くされた会場そこかしこからは笑顔や作品を前に歓声が溢れ、そこをバロン氏が更に盛り上げるという、正に氏のパワーを全開とした「バロンV!」の、世界が広がっていました。

*会期中、ギャラリーは日曜日(12月9日、16日)が休館、最終日は13時で閉場となりますので御注意ください。 


(画像 文:柳生柳)



詩とメルヘン絵本館20周年 東君平「白と黒の世界」

2018年12月07日掲載

期 間:2018年12月5日(水)~2019年2月4日(月)

会 場:詩とメルヘン絵本館
    〒781-4211 高知県香美市香北町韮生野379

時 間:9:30~17:00

入場料:大人700円  中高生500円  小学生300円

休館日:火曜日(ただし12月25日、1月1日は開館)

 

■「切り絵ワークショップ」「くんぺい童話館館長・東英子氏による詩の朗読会」などイベント多数開催予定。
詳細は香美市立やなせたかし記念館HPまで



2018年12月05日掲載



「マンガの聖地としま!モニュメント」お披露目会および豊島区トキワ荘通りお休み処開設5周年記念式典執り行われる

2018年12月03日掲載

東京都豊島区は、豊島区にゆかりのあるマンガ家の方々の作品のモニュメントを平成28年4月から区内に設置してこられましたが、第5基目として水野英子氏作品「星のたてごと・リンダ&ユリウス」を制作、12月1日(土)都営大江戸線の落合南長崎駅にてお披露目会が行われました。
水野英子氏は残念ながらお披露目会は欠席されましたが、水野氏のご子息がメッセージを代読。関係者が集まり大いに賑わいました。

場所を移動し、トキワ荘お休み処へ。
こちらは開設5周年を迎え、豊島区長と関係者、それにお休み処7万人目の来場者で、お祝いのくす玉セレモニー。
その後、お休み処向かいの東京信用金庫椎名町支店へ会場を移し、関係者懇親会が行われました。

(写真 UNO 、事務局 文:事務局)



山根青鬼氏講演会「田河水泡先生と私」開催

2018年12月04日掲載

田端文士村記念会館にて、山根青鬼先生の「田川水泡先生と私」と題したトークイベントが、開催されました。

田川水泡先生と田端の関わりから、山根青鬼先生が中学生の頃から三年間の苦行をした東京生活と、色々な場面に田川先生に連れて行かれて経験を積んだエピソードと、後の活躍、田川先生のご尽力の秘話を面白可笑しく語られ、客席からは笑いがもれる楽しいイベントとなりました。

ラストは描けない絵はない、と、お客様からの即興に答えてライブドローイング。最後まで来場の皆様を沸かせる素敵なイベントとなりました。

大盛況のイベントでした。

 

(写真:文 岸田尚)



日本のマンガを未来に 手塚治虫生誕90周年記念会 開催

2018年12月03日掲載

11月20日東京帝国ホテルにて「手塚治虫生誕90周年記念会」が開催されました。
あまりにも大きな会場にたくさんの人が集まっていましたので戸惑を隠しきれませんでした。凄い!漫画家協会からも沢山の方々が参加し思い出話しに大きな花が咲いていました。
生誕記念というとしんみりと思いでを語ってというイメージですが、今回の記念会は手塚プロの若手社員の方々の企画だけあって「日本のマンガを未来に」と未来に向けた手塚マンガの将来を期待させられる展開でした。手塚眞監督の「ばるぼら」の完成発表にもサプライズ!

トークショーでもマンガ文化と芸術、原画は芸術か文化財かいかに?と熱い討論が繰り広げられました。

これからもまだまだ日本のマンガ文化を牽引する「手塚治虫」から目が離せませんね。

(画像 文:会報部・嶌津 よたろう)



南 洋「似顔絵ボランティアやってます」

2018年12月03日掲載

 近年、私の漫画活動の中心となっているのが、年3〜4回の展覧会(個展及びグループ展)とボランティア似顔絵描きです。
この内ボランティア似顔絵描きは、要請に応じて仲間と共に出かけて行き、楽しく談笑しながら描いてさしあげます。
始めたのは平成22年7月ですから、もう満8年を超え、訪れた場所も延べ80ヶ所に達しました。描かせてもらった人数も仲間の分を合わせて数千人に達すると思われます。
対象も保育園から老人施設まで様々ですが、やはり多いのはデイケア施設や老人ホームなどです。自身であまり動き回れない高齢者にとって、殆ど経験のない似顔絵を描いてもらう事は、目新しい体験として喜ばれており、私達も日本一の似顔絵グループと言い放って楽しいひとときを過しています。
描きあげた絵は自室に飾られ、また家族や親族にも見せられるようで、なおさら一生懸命描かざるをえません。
 ボランティアといっても、世の為、人の為といった大上段に降りかぶるのではなく、公益を名乗る団体のメンバーとして、協会の要請への対応は勿論の事、草の根の善意を届ける事を目指しています。

 先日、京都府綾部市で開催した漫画展の際にもアトラクションの一環として似顔絵コーナーを設けたところ、来訪されたお客様の一部から謝礼を頂いてしまいました。そこで、これを持って市役所へ参り、豪雨で多大な被害を受けられた事に鑑み、市民から寄せられた浄賎を災害復旧、復興に役立てていただくようお渡ししたところ、後日、市長から丁重なる礼状が届きました。

 最近では、訪れた施設のお年寄りと、私達との年齢差も縮まり、時には逆転の例さえ見られますが、これからも体が動く限り、続けて行きたく考えております。

 

(記事・写真提供:南 洋氏)



寄席描き展 最終日「イラスト大喜利2」開催

2018年12月04日掲載

11月18日から江東区の森下文化センターにて開催中の寄席描き展が、12月2日(日)に千秋楽を迎え、13時より今展覧会2度目となる「イラスト大喜利」のイベントが開催されました。

「サンタクロース」や「トナカイ」など、来場者から出されるお題に、プロのイラストレーター・漫画家が絵で答えを描くという、お馴染みのイベント。
前回に続き今回も、「貴乃花」「カマキリ」「古今亭志ん朝」など、これもまた難題が出るなか、刺客となる少女が登場!!居並ぶプロを相手に堂々の優勝を飾り、会場は大いに盛り上がりました。

イベント最終の回の会場は、大勢の観客が訪れて笑いに溢れ、また、展示会場も最終日とあって作品に魅入る来場者の姿が多く見られました。

(画像・文:事務局)



企画展 練馬区ゆかりの漫画家 -1970年を中心に

2018年12月20日掲載

期 間:2019年1月12日(土)~3月30日(土)

会 場:石神井公園 ふるさと文化館・分室
    〒177-0045 
    東京都練馬区石神井台1-33-44 練馬区立石神井松の風文化公園管理棟内
    TEL:03-5372-2572   FAX:050-3352-2983

時 間:9:00~18:00

入場料:無料

休館日:月曜日(休祝日の場合は開室、翌平日は休室)

 


会期中イベント

■講演会「漫画の時代 -1970年前後」

講 師:ちばてつや
日 時:2019年2月2日(土)
    14:00~15:30
会 場:石神井松の風文化公園 管理棟2F多目的室
対 象:中学生以上
定 員:100名
参加費:無料
申 込:往復はがきまたはメールにて、下記4点をご記入のうえ、石神井公園ふるさと文化館・分室へお送りください。
    ①イベント名 ②氏名(ふりがな・2名まで) ③住所  ④電話番号
    ※12月25日(火)必着

 

■展示解説

日 時:2019年1月19日(土)、2月16日(土)、3月24日(日)
    14:00~14:45
解 説:ふるさと文化館学芸員、ふるさと文化館サポーターとの共同解説
会 場:石神井公園 ふるさと文化館 分室1F展示室
参加費:無料
申 込:不要

 



第5回 キャラクターアート展

2018年11月30日掲載

期 間:2018年12月7日(金)~19日(水)

会 場:YAMAWAKIギャラリー
    〒102-0074 東京都千代田区九段南4-8-21
    TEL:03-3264-4027/FAX:03-3264-4025

時 間:11:00~18:00(最終日のみ13:00終了)

休館日:日曜日


■出展作家
バロン吉元(会長) 荒木慎司 阿部ゆたか あぱらちゃのもげ太
五十嵐幸吉 泉ゆきを うえやまとち 瓜谷茜 榎本由美 
オーサ・イェークストロム 大嶽あおき 小河原智子 御茶漬海苔 
一峰大二 香取正樹 岸田尚 木村直巳 倉田よしみ さくらいみつき 
左近士諒 鈴木ぐり せきやてつじ 辻下浩二 でびまる DORA石川
中野耕一 永野のりこ Norie-wフレアバタフライ 二階堂正宏 
ねもと章子 はやせ淳 遥カケル 樋口ひろ子 樋口雄一 
ビッグ錠 平松伸二 藤井龍二 松島りつこ マイ子 
みなもと太郎 メソポ田宮文明 柳生柳 山根青鬼 
yun 吉元れい花
(敬称略・太字は協会員)

■初日 オープニングパーティー開催
日 時:12月7日(金) 15:00〜17:00

■作品展示のほか、出展作家による物品販売を行います。

 

詳しくはキャラクターアートの会HPまで



まんが年賀状展

2018年11月29日掲載

当協会の会員の先生方にご執筆いただいた亥年の模擬年賀状を展示いたします。


期 間:2018年12月1日(土)~1月27日(日)

会 場:郵政博物館
    〒131-8139  東京都墨田区押上1-1-2  
    東京スカイツリータウン・ソラマチ 9階 多目的スペース
    TEL:03-6240-4311

時 間:10:00〜17:30(入館は17:00まで)

入場料:大人 300円  小中高校生150円
    ※障がい者手帳をお持ちの方、介助者の方は無料

休館日:不定休 
    ※展示替え及び設備点検などにより臨時休館をすることがあります。

主 催:郵政博物館
協 力:公益社団法人 日本漫画家協会


■出展作家
いご昭二 一本木蛮 植田まさし ウノ・カマキリ 大石容子 
小河原智子 一峰大二 クミタ・リュウ 倉田よしみ 里中満智子
多田ヒロシ ちばてつや 所ゆきよし 永野のりこ 西田淑子
はせべくにひこ 花村えい子 バロン吉元 ヒサクニヒコ 
ビッグ錠 藤井隆二 古川タク 前川しんすけ 牧野圭一 
森田拳次 森本清彦 モロズミ勝 やの功 矢野徳 山根青鬼
 

■特別企画 漫画家協会会員作家による似顔絵コーナー

①2019年1月5日(土)
 担当:柳生柳モロズミ勝

②2019年1月6日(日)
 担当:藤井龍二矢野徳

③2019年1月20日(日) 
 担当:まつなが陽一やの功

時 間:13:30〜16:30
 

■同時開催
「鐵 ―鉄道と郵便―」 
 2018年9月22日(土)〜12月24日(月・祝)



寄席描き展イベント1「イラスト大喜利」開催

2018年11月26日掲載

 2018年11月18日(日)〜12月2日(日)まで、東京都江東区森下にある森下文化センター(通称:のらくろ館)にて開催中の、落語をテーマとした展覧会「第6回 寄席描き展」では会期中、さまざまなイベントが催されます。

 23日(金/祝)は「イラスト大喜利」という、来場者が出題したお題に沿って回答者が描くというもので司会進行の宮島幸次氏の「プロのイラストレーターや漫画家だったらそのくらいお茶の子さいさいでしょう!」という無茶ぶりに答えながらも、抽象的だったり、時には見た事もないアニメのキャラクターお題を前に四苦八苦。

 そんなステージは13時から、山根青鬼、ウノ・カマキリ、いご昭二、おがたたかはる各氏を中心に、メンバーを入れ替えながら計4回…なんと、青鬼氏は全てのステージに登壇というアグレッシブさを見せながら、その尽力もあって客席も次第に埋まり、終始笑いに包まれたイベントDAYとなっていました。


*イラスト大喜利は12月2日(日)にも開催されます。
 御興味ある方へ、詳しくは展覧会・イベント情報をチェックしてみてください。
 http://www.nihonmangakakyokai.or.jp/?tbl=exhibition&id=7528

*会期中は19日(月)が休館、最終日は17時で閉場となりますので御注意ください。


(画像 文:柳生柳)



「第10回 環境教育ポスターコンクール」表彰式開催

2018年11月26日掲載

 2018年11月24日(土)、東京都渋谷区にある東京ウィメンズプラザホールにて「第10回 環境教育ポスターコンクール表彰式」が執り行われ、当協会の理事、事務局長など、関係者が出席してきました。

 これら受賞作品は当協会が協力し、理事であるやの功氏が主宰を務める「地球環境を守る漫画家の会」との共催事業として行われている企画展「環境マンガと子どもたちⅢ」というコラボ展覧会で、同会所属の漫画家たちが描いた環境一コマ漫画と共に展示、2019年1月21日(木)から、東京都千代田区御茶ノ水にあるギャラリー蔵にて開催予定、そこを皮切りに、地方各地での巡回展が予定されているもので、次回が3回目の開催になります。

 そんな子どもたちの受賞作品が展示された会場ですが、作品に囲まれたステージではダンスパフォーマンスのプロローグからスタート、表彰式も10回目という節目を迎え、特別企画として今回は「子ども環境成果発表会」という、小学生から高校生まで5チームの子どもたちによる、環境をテーマとしたプレゼンがあるなど、内容はとても濃密なものとなっていました。

表彰、講評から総評など式は粛々と進み、最後は受賞者家族や審査員、ゲストも交えての記念撮影が行われ、ステージには関係者が次々上がり記念撮影をする姿が。晴れやかな場には、たくさんの笑顔があふれていました。


(画像 文:柳生柳)



「コミティア126」「海外マンガフェスタ」開催

2018年11月26日掲載

 2018年11月24日(土)まで、東京都江東区にある東京ビッグサイトにてオリジナル創作を中心とした同人イベント「コミティア126」と、同会場にて「海外マンガフェスタ」が開催されました。 

 場内は出張編集部、展示ブース、イラストコンテストに各メーカーのデモンストレーションなど安定の充実ぶりでしたが、特に今回は世界中のマンガアーティストが集うとあって、場内は欧米からアジアまで、とてもインターナショナルなものとなっており、外国の来場者には積極的に出展ブースへ赴き、話しかけ、時折感嘆の声や笑顔でバイバイするなど、そこかしこで国際交流の場が広がっていました。

 一方海外マンガフェスタ開催のブースも、ここは日頃触れる機会の少ない外国のコミック世界へ足を踏み入れる絶好の機会、そのテクニックやセンス、漫画家としての活動様式、スタンスの違いなど、互いに学べることは大きかったように思えます。

 そんな海外マンガフェスタの会場には、海外で活躍する協会員たちの姿も見られ、「漫画に国境はない」という、松本零士氏の言葉を体現するがごとく、漫画の魅力を大いに伝えていました。


(画像 文:柳生柳)



2018年11月21日掲載



銀座路地裏のクリスマス展Ⅱ

2018年11月21日掲載

期 間:2018年12月10日(月)~28日(金)

会 場:ギャラリー路地裏
    〒104-0061  東京都中央区銀座7-3-16
    TEL&FAX:03-3571-3455

時 間:12:00~18:30

休館日:木曜日

■出展者
ウノ・カマキリ 大澤康男 喜多武貞男 橋爪まんぷ 水戸守敬一郎 三輪純男
(敬称略 太字:協会員)

■初日16:00よりオープニングパーティー開催

 

詳しくはギャラリー路地裏HPまで



アニメーションミュージアム企画展 キラキラハッピー★ひらけ!ここたま

2018年11月27日掲載

期 間:2018年11月21日(水)~2019年4月7日(日)

会 場:東京工芸大学 杉並アニメーションミュージアム
    〒 東京都杉並区上荻3-29-5 杉並会館3階
    TEL:03-3396-1510 

時 間:10:00~18:00
    ・入館は17時30分まで
    ・最終日は16時閉館

入場料:無料(シアターを含め無料)

休館日:月曜日(月曜が祝祭日の場合は開館し、翌平日休館)、
    年末年始(2018年12月28日~2019年1月4日)、臨時休館あり

 

詳しくは杉並アニメーションミュージアムHPまで



「お江戸のみんながおもしろい」開催中

2018年11月20日掲載

 2018年11月18日(日)〜24日(土)まで、東京都江東区清澄白河にあるギャラリーコピスにて展覧会、「お江戸のみんながおもしろい」が開催されています。 

 こじんまりとしたギャラリー内は江戸をこよなく愛する出展者たちによる、まさにお江戸八百八町の世界が所狭しと展示、アットホームな雰囲気も手伝って、とても温かな空間が広がっています。

 24日(土)は16時30分よりワークショップ出展者である結城紀子、深井信子両氏によるワークショップ「お江戸のおもしろばなし」開催予定(要予約・有料)となっているそうで、御興味ある方は是非ギャラリーへお問い合わせください。


*会期中は20日(火)が休館、最終日は17時で閉場となりますので御注意ください。


(画像 文:柳生柳)
 



「第6回 寄席描き展」開催中

2018年11月20日掲載

 2018年11月18日(日)〜12月2日(土)まで、東京都江東区森下にある森下文化センター(通称:のらくろ館)にて、落語をテーマとした展覧会「第6回 寄席描き展」が開催されています。

 今回のテーマは「しんしょう」、もちろん希代の噺家である古今亭志ん生のことですが、決して個人に留まらず、落画家たちの手によって、さまざまな解釈から生まれた「しんしょう」が展示されています。
 他にも今回は5代目古今亭志ん生コーナー、桂歌丸師匠追悼コーナー、柳家小蝠師匠追悼コーナー、出展作家の手がけた落語家手ぬぐいコーナーが設けられるなど、作品の他にも貴重な資料や所蔵品、縁の品物展示など、見所はたくさんです。
 そして初日には真っ赤な「MANGA法被」に身を包んだ出展者たちのおもてなしによるオープニングパーティーも開かれ、賑やかに江戸の夜は更けていきました。


*会期中はさまざまな特別企画が開催されます。
 御興味ある方へ、詳しくは展覧会・イベント情報をチェックしてみてください。
 http://www.nihonmangakakyokai.or.jp/?tbl=exhibition&id=7528

*会期中は19日(月)が休館、最終日は17時で閉場となりますので御注意ください。


(画像 文:柳生柳)



「土山しげる先生を偲ぶ会」執り行われる

2018年11月19日掲載

11/16(金)、土山しげる氏を偲ぶ会が赤坂にて開催されました。

正面にはお花に囲まれた土山しげる氏の笑顔のお写真(笑顔に見えたけれど、お写真は真面目なお顔であったかも知れません。それくらい土山氏は人に会った時に笑顔を見せてくださいますので笑顔だと感じました。)が飾られ、献花台には沢山のお花が。

奥様のスピーチと漫画家仲間のスピーチや関係者のスピーチ、そのエピソードを聞く度に涙ぐむ人たち。

土山氏を大切に思う優しい気持ちが会場をつつみ、皆様が土山氏の「人を大事にされていた思い出」を語り合う、穏やかな会でした。

土山先生、たくさんたくさんの優しさを有り難う御座いました!

(写真:UNO、事務局 文:岸田尚)



「魔夜峰央原画展」開催中

2018年11月19日掲載

明治大学 米沢嘉博記念図書館にて、魔夜峰央氏のデビュー45周年と2018年11月20日の「パタリロ!」100巻刊行を記念して「魔夜峰央 原画展」が来年の2/11まで4期に分かれて開催されています。

貴重な原画展示と共に、魔夜氏のラフ画や掲載誌、ご本人の声でのメッセージなど氏のファンは勿論、皆様に楽しめる内容が盛りだくさんの展覧会となっています。

原画の細やかさ、個性的な効果線、ベタ塗りの筆致、実際に其れらを目前にする感動と、原画一つ一つに氏の解説が付いており、そのエピソードを興味深く、知る事が出来ます。

期間中にはイベントも。
詳細は下記の米沢嘉博記念図書館のホームページを。それぞれ4期までの日程もチェックして足を運んでみるのも楽しみの一つとなりそうです。
https://www.meiji.ac.jp/manga/yonezawa_lib/exh-mayamineo.html

 

(写真:事務局 文:岸田尚)



第21回おもしろその年まんが大賞 作品募集

2018年11月16日掲載

~2018年に話題となった出来事をまんがにしよう~
 入賞作品は広島市まんが図書館に展示します

【募集内容】
2018年(平成30年)に、スポーツ、芸能、政治、経済などで話題となった
人・物・出来事などを描いた、明るくユーモアにあふれる1コマ〜4コマのまんが

【応募期間】
平成30年12月1日(土)~平成31年1月16日(水)[当日必着]

【部門】
(1)一般部門
(2)ジュニア部門(中学生以下)

【応募資格】
どなたでも応募できます(共同作品は不可)

【審査発表】
まんが図書館から入賞者へ直接通知します
また、広島市立図書館HPでも公表します

【応募規定】
(1)自作・未発表の作品に限ります。応募作品は1人1点とします
(2)企画は、B4判または八つ切り(38cm×27cm)のケント紙など(縦横は自由)で、
   一枚で完結する物とします(ケント紙・画用紙などの厚い用紙でご応募ください)
(3)画材は自由ですが、立体作品は不可とします。
(4)作品裏面に応募部門、氏名(ふりがな)、年齢、性別、住所、電話番号、
   メールアドレス(お持ちの場合)、作品タイトル、コマ数、作品に対する
   コメント(50字程度)を記入してください

【注意事項】
(1)応募作品は返却しません。応募後の作品の複写、閲覧の請求等には応じかねますので、必要な方は予めご自分でコピーを取る等しておいてください
(2)応募作品の応募後の全ての権利は、広島市まんが図書館に帰属します
(3)応募規定に違反したり、盗作、模索その他の問題が生じた作品及び著作権上の問題が発生するおそれのある作品(例:まんがのキャラクターを使用した作品)については、審査の対象から除外します
(入賞決定後でも賞を取り消すことがあります)
(4)郵送中の事故及び作品の取扱中の万一の事故に対する責任は負いかねます
(5)作品中の氏名の記入はご遠慮ください

【賞】
(1)大 賞 図書カード10,000円分 全ての作品の中から1点
(2)優秀賞 図書カード5,000円分 一般部門から2点、ジュニア作品から2点
(3)佳 作 図書カード3,000円分 一般部門から2点、ジュニア作品から2点
(4)審査員特別賞 図書カード2,000円分 一般部門から1点、ジュニア作品から1点

 

【応募先】
〒732-0815 広島県広島市南区比治山公園1-4
広島市まんが図書館 「おもしろその年まんが大賞」係
電話  082-261-0330/FAX 082-262-5406



福つなぎ ねこ展

2018年11月13日掲載

期 間:2018年11月23日(金・祝)~2019年1月27日(日)

会 場:オープンアトリエ・もとちゃん
    〒876-0806 大分県佐伯市春日町3-8
    TEL:0972-25-1130(ふくだ)

時 間:土日祝…10:00~17:00 平日…13:00〜18:00

入場料:200円
    イベント収益(入場料含め)の一部は、保護猫活動の支援にあてられます。
    入場券の代わりにねこポスカをお渡しいたします。

休館日:月曜日

■出 展 者
 天咲吉実 伊江郎 内海まりお 小畑敦子 かがわきよえ KAZ 
 カナエサト 加々見絵里 よつねこ堂 川原泉 くみ 高瀬七緒 
 高階麻実 たちばないさぎ 玉置哲也 藤沢チヒロ てふや食堂
 belne 寺島ヒロ 寺野敬二 葉月つや子 花かご ひかにゃん
 文月今日子 松尾しより 海青 御園えりい 山口美由紀
 山田圭子 裕也・松川祐里子 りーるー WAKAKO yokokawada

 たけうちりうと 葛井美鳥 福田素子
(敬称略/太字:協会員)

 

詳しくは福田素子氏Twitterまで



11月の事務局ライブラリー

2018年11月13日掲載

◆里中満智子「愛」のテーゼ 高志の国文学館/編 1600円
◆斎王子兄弟に困らされるのも悪くない 1~3 晴海ひつじ/著 白泉社/刊 各429円
◆飴とキス 秋平しろ/著 大洋図書/刊 639円
◆フジマルッ! 1~3 詠里/著 講談社/刊 1巻600円、2巻630円、3巻650円
◆100万の命の上に俺は、立っている 4 山川直輝/著 奈央晃徳/画 講談社/刊 429円
◆マイホームヒーロー 1 山川直輝/著 朝基まさし/画 講談社/刊 580円
◆ハリガネサービス 1~3 荒達哉/著 秋田書店/刊 各429円
◆僕は恥っこが好き 1 若井ケン/著 スクウェア・エニックス/刊 562円
◆女子かう生 1、2 若井ケン/著 双葉社/刊 各600円
◆霊感青年 3 あきづき弥/画 夏目慧/作 小学館クリエイティブ/刊 600円
◆今日から若菜とふたり暮らし 1 あきづき弥/著 竹書房/刊 680円
◆有川教授は溺愛が過ぎるようです。 RIN。/著 ぶんか社/刊 676円
◆10年後、君はきっと笑ってるから。 RIN。/著 ぶんか社/刊 648円
◆デビルサバイバー 8 松葉サトル/著 ATLUS/作 ヤスダスズヒト/キャラクター原案 講談社/刊 600円
◆CD付き ナヴァグラハ -Virgin 9 soulS- 1 松葉サトル/著 小野大輔・近藤孝行/作 小林裕和/脚本 講談社/刊 1900円
◆ふたりべや 雪子/著 幻冬舎コミックス/刊 630円
◆おねだりしてみて 雪子/著 幻冬舎コミックス/刊 630円
◆鳩子のあやかし郵便屋さん。 1 雪子/著 竹書房/刊 580円
◆月間広場 11月号 No410
◆手塚ファンVol.332
◆花に埋もれて 筋/著 ブライト出版/刊 638円
◆あまえるケダモノ 筋/著 Jパブリッシング/刊 667円
◆とろける寵愛セルロイド 筋/著 Jパブリッシング/刊 667円
◆秘密はキスで暴かれる 篁アンナ/著 彗星社/刊 648円
◆エリートΩは夜に溺れて side A 篁アンナ/著 KADOKAWA/刊 680円
◆エリートΩは夜に溺れて side B 篁アンナ/著 KADOKAWA/刊 680円
◆サンタクロースの候補生 1 染谷みのる/著 芳文社/刊 590円
◆君はゴースト 1、2 染谷みのる/著 祥伝社/刊 各680円
◆in THE ROOM 安田剛助/著 集英社/刊 600円
◆KILLER☆KILLER GIRLS 安田剛助/著 集英社/刊 600円
◆じけんじゃけん 1 安田剛助/著 白泉社/刊 600円
◆私の彼女のお泊まり映画 1 安田剛助/著 新潮社/刊 520円
◆お試し結婚だったハズですがっ? 社長がダンナになったら意外と肉食だった件 草野來/著 弓槻みあ/画 KADOKAWA/刊 640円
◆ほっこり甘らぶ銭湯、縁結びの湯 草野來/著 弓槻みあ/画 KADOKAWA/刊 660円
◆お試し結婚だったハズでしたが、赤ちゃんが生まれまして! 草野來/著 弓槻みあ/画 KADOKAWA/刊 690円
◆出会って5秒でバトル 1 はらわたさいぞう/著 みやこかしわ/画 小学館/刊 583円
◆イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ…ク…~ ころめ/著 アイプロダクション/刊 580円
◆虎穴ダイニング 2、3 元ハルヒラ/著 プランタン出版/刊 2巻660円、3巻650円
◆マウリと竜 2 元ハルヒラ/著 リブレ/刊 657円
◆根暗男とフェチ王子 椿野イメリ/著 竹書房/刊 648円
◆純情ONANIST 椿野イメリ/著 竹書房/刊 650円
◆ひなは蜜色の恋にとらわれる 1 椿野イメリ/著 新書館/刊 680円
◆嬢王「私の好きなヒト」 紅林直/画 倉科遼/著 リイド社/刊 550円
◆SOLEIL~ソレイユ~ 1 紅林直/画 倉科遼/著 集英社/刊 514円
◆かの名はポンパドール 1 紅林直/画 佐藤賢一/著 集英社/刊 600円
◆呪われ王子は蜜惑乙女に恋をする 星乃ソマリ/著 キルタイムコミュニケーション/刊 546円
◆わたしはあの子と絶対ちがうの とあるアラ子/著 イースト・プレス/刊 926円
◆美人が婚活してみたら 1、2 とあるアラ子/著 小学館クリエイティブ/刊 各1000円
◆未来を予告していた黒い手塚治虫 本当はエロチックで残虐な「黒手塚マンガ」のストーリー 中野晴行/著 徳間書店/刊 1850円
◆ウルトラマン 【最終決定版】上下巻 一峰大二/著 秋田書店/刊 各2500円
◆牧美也子作品集 牧美也子/著 1000円
◆不良君 元パシリの女になる 龍炎狼牙/著
◆シュタゲ4コマまとめ本 山猫スズメ/著
◆ティアズマガジン Vol.125
◆ほしいのど~れ? おもちゃ大図鑑2018~2019 アンパンマン会議/刊



「第42回 くまんばち展」開催

2018年11月13日掲載

2018年11月9日(金)〜15日(木)まで、東京都港区麻布にある元麻布ギャラリーにて、「第42回 くまんばち展」が開催されています。

一昨年からはじまった展示の目玉企画は第一弾の熊手、次にまねきねこと続き、今回は「ひょうたん」です。大小さまざまな形をしたひょうたんに出展者たちが絵付けをして展示、出展者たちによる寄せ書きひょうたんを囲むように展示され、日に日に数を増しています。

もちろん名物の似顔絵コーナーも設置、日替わりで似顔絵師が担当していますので、是非どうぞ、との事です。

そして初日に開かれたオープニングパーティーはあいにくの空模様ではありましたが、地方在住の出展者たちも勢ぞろい、会場内は大勢の来場者で賑わっていました。

*似顔絵コーナーは有料(おひとりさま1.000円)となっております。
*会期中は無休で開催されますが、最終日は16時で閉場となりますので御注意ください。


(画像 文:柳生柳)



北九州ポップカルチャーフェスティバル2018 in 海外マンガフェスタ開催

2018年11月13日掲載

11月10日(土)・11日(日)の二日間、北九州市の西日本総合展示場新館・あるあるCity・小倉駅JAM広場を会場に、北九州ポップカルチャーフェスティバル(通称KPF)2018 in 海外マンガフェスタが開催されました。

1日目、西日本総合展示場新館の海外マンガフェスタステージでは11時10分から、安倍夜郎氏×中島賢一氏による「グルメ漫画家トークショー」が行われ、15時20分からは、「ブラジルと日本の国民的漫画家のトークショー」と題して、マウリシオ•デ•ソウザ氏と、ここ北九州が生まれ故郷の松本零士氏によるトークショーが行われました。

広い会場内には、大勢のマンガ・アニメファンが訪れ、どれに行こうかと迷うほど多彩なイベントや出展ブースの数々を楽しんでいました。

また、まるでリトルアキバのような、あるあるCityは、北九州市漫画ミュージアムが6階にあり、企画展示「鋼の錬金術師展」や常設展示、日本漫画家協会の九州・中国ブロックの作家さんを中心にした海峡マンガ合戦(今回はYU-TA氏の作品を展示中)も開催されています。
受付にはメーテル嬢が、そして館長の田中時彦(畑たいむ)氏とスタッフの皆様の笑顔溢れるミュージアムで、協会事業でもある「おきあがりこぼし展」も企画されています。

夜19時からは、あるあるCity B1スタジオにて「怪談会〜遺戒〜」が、山田ゴロ氏(漫画家)•西浦和也氏(怪談蒐集家)•ぁみ氏(怪談家)•三木大雲氏(怪談和尚)の最凶メンバーによって行われ、こちらも会場は大入満員、大盛況のうちに幕を閉じました。

2日目も、ステージショーやライブドローイング、日中韓新人manga選手権表彰式などなど、たくさんの催しが行われ、大勢の来場者で賑わっていました。

(画像・文:事務局)



「ロシアにおける日本漫画展、皮肉なグラフィック」開催中

2018年11月09日掲載

 10月29日から11月16日まで、ロシア・モスクワのマラヤ・ドミトリーカ27 展示ホールにて「ロシアにおける日本漫画展、皮肉なグラフィック」が開催されています。
 「ロシアにおける日本年」をきっかけに、ロシア・メディア連合漫画家組合(Guild of Cartoonists of the Media Union of Russia)所属のアンドレイ・リズホフ氏が主催した展示会であり、協会員である木南精示氏、坂井せいごう氏、たなべたい氏、筑紫直弘氏、牧野圭一氏、山井教雄氏、横田吉昭氏の有志7名が参加しています。

 今後のロシア漫画家との国際交流の発展が期待されるイベントとなっています。

 

期 間:2018年10月29日~11月16日
会 場:モスクワ マラヤ・ドミトリーカ27 展示ホール
    Малая Дмитровка 27 (второй этаж)
時 間:9:00~18:00(現地時間)

 

(写真提供:横田吉昭氏 文:事務局)



OSAMU TEZUKA MANGA NO KAMISAMA 1 ~フランスからみた手塚治虫~

2018年11月08日掲載

期 間:2018年11月3日(土・祝)~12月24日(月・祝)

会 場:宝塚市立手塚治虫記念館   2階企画展示室
    〒665-0844 兵庫県宝塚市武庫川町7-65
    TEL:0797-81-2970 FAX:0797-81-3660

時 間:9:30~17:00(入館は16:30まで)

入場料:大人700円/中高生300円/小学生100円

休館日:水曜日

 

詳しくは手塚治虫記念館HPまで



2018年11月08日掲載



佐藤薫氏主宰「『漫画の応用と保護に関する研究会』および『いのちを知り生かす身心一体科学研究会』合同会議」開催

2018年11月07日掲載

2018年11月5日(月)、東京都千代田区にある衆議院会館にて、佐藤薫氏主宰のもと「漫画の応用と保護に関する研究会」および「いのちを知り生かす身心一体科学研究会」合同会議が開催されました。 

開会宣言の後は常任理事である松本零士氏より「著作権保護期間延長等に関する報告」がなされ、ちょうどイタリアから帰国したばかりだという氏は国際交流を経て「漫画に国境はない」という想いをより強く持ち、諸外国に比べ20年も短い日本の著作権に対し「世界でバランスの取れた著作権を得るべきだ」と語りました。

これへ佐藤氏も、文学的及び美術的著作物の保護に関する「ベルヌ条約」をあげ、「さらに著作権を10年ごとに更新することができるように法改正し、最大、著作者の死後100年まで保護期間が存続できるようにしたい(経済的な効果がある漫画作品を長期間保護するほうが国益にもつながるからです)」と語りました。

その後は東京大学名誉教授・東京農工大学客員教授である、跡見順子氏による「細胞力」を高め、健康寿命を延ばす科学と方法についての研究発表と、メディカルイラストレーターである菅氏による「メディカルイラスト」という特殊な分野での活動についての報告等がなされ、最後はまとめとして質疑応答の時間が設けられた後、閉会となりました。

(画像 文:柳生柳)



「手塚治虫と少女マンガ・現代少女マンガの源流」トークショー 村上もとか先生の巻 開催

2018年11月06日掲載

- 村上もとか先生の巻 11月4日開催 -  

 森下文化センター(東京都江東区森下)で開催されたトークショーは「手塚治虫と少女マンガ・現代少女マンガの源流」のテーマで行われていますが、今回は「フイチン再見!」で少女マンガ家「上田としこ先生」を描いた「村上もとか先生」の登場でした。
 ご自身の手塚マンガや少女マンガの体験談・生前の「上田先生」とのインタビューなど貴重なお話は尽きず、あっという間に予定時刻を過ぎてしまいました。お話の端々に上田先生に対する村上先生の愛情が感じられた素晴らしい一時を過ごさせていただきました。
(トークショー聞き手 綿引勝美氏)

(画像 文:会報部・嶌津 よたろう)



2018年11月06日掲載



2018年11月06日掲載



2018年11月06日掲載



2018年11月06日掲載



クリヨウジの大冒険 開催中

2018年11月06日掲載

金津創作の森会館20周年を記念し、クリヨウジ氏が招待作家として招かれ、行われている展覧会。

クリ氏は福井県出身の漫画家であり、国際的なアニメーターでもある。
この展示では、クリ氏の代表的なアニメーションや漫画、絵画から立体作品まで一堂に紹介されている。

90歳を迎えてなお精力的に創作活動を続けるその全容に迫る大展覧会。
豊かな想像力と表現力でいつの時代も注目を集め、愛され続ける作品を味わってほしいですね。
 

展覧会情報はこちら

(写真:文、UNO)



第22回Euro-kartoenale, ベルギー

2018年11月05日掲載

<テーマ>壁 
  ベルリンの壁崩壊30年にちなみ、いまだ世界に残っている様々な障壁に思いを致し、
  テーマにすえました。
  (住居の壁、境界の壁、崖、要塞・・・)

<締め切り>2019年1月11日

<各 賞>一位 1.800,00€
     二位 1.500,00€
     三位 1.300,00€
     ベスト ユーロピアン カートゥーン 900.00€
     ベスト ベルジャン カートゥーン 900.00€
     ECC賞  ECCでの個展

<サ イ ズ>A4、300dpi、最大3MB(デジタル作品の場合)

<枚数制限>5枚まで

<宛 先>郵送の場合

     Euro-kartoenale-Rene d'Huyvetterstraat 5C-9770 Kruishoutem-Belgium-Europe

<連絡先>European Cartoon Center
                Brugstraat z/n
                9770 Kruishoutem

                +32(0)495 76 38 74

                info@ecc-kruishoutem.be

*過去に受賞および発表した作品は受け付けない。
*作品送付には2種あり自由に選べます。

 ①登録のうえ、作品をアップロードする。
  www.ecc-kruishoutem.be/register

   ②通常の郵便送付
作品到着は連日ウェブサイトにて発表

*郵送作品の場合、作品裏面に氏名、住所を明記のこと。
*原画の場合、応募者の書面の要請にて返却可能。
*要請があれば、郵送料自己負担にて、カタログ送付可能です。

■要項はココより取れます。

www.ecc-kruishoutem.be



第10回トキワ荘塾&活性化交流会

2018年11月05日掲載

●日時 2018年11月17日(土)2:00pm~(開場1:30pm) 
●場所 トキワ荘跡地 日本加除出版㈱本館4階ホール 
東京都豊島区南長崎3-16-6 
(西武池袋線「椎名町」駅より徒歩11分/都営大江戸線「落合南長崎」駅より徒歩8分) 
●主催 特例特定非営利活動法人 日本マンガ・アニメトキワ荘フォーラム

<トキワ荘塾> 2:00pm~3:30pm 
「マンガ+講談」
~元編集者の女流講談師がトキワ荘を熱く語る~
講師 神田真紅さん(二ツ目)
※※参加無料※※ 

<活性化交流会>3:30pm~ 
※参加費1,000 円(賛助会員無料) 
トキワ荘名物・チューダーとつまみ付きです。 


参加申込は、下記をご記入のうえ 
メールにて jimukyoku@tokiwasou.jp までお送り下さい。 
1.氏名(必須) 
2.ご所属 
3.連絡先(電子メール) 
4.下記いずれかをご選択下さい(必須) 
・トキワ荘塾・活性化交流会に参加 
・トキワ荘塾のみ参加 
・活性化交流会のみ参加 

【事務局】東京都豊島区南長崎3-16-6(トキワ荘跡地) 
日本加除出版株式会社内 
【E-mail】 jimukyoku@tokiwasou.jp (事務局/真壁・小室) 
※お問合せは上記メールアドレス宛にお願いいたします。

●当日、会場にて賛助会員(年会費3,000円)の入会申込みを受け付けます。

 

(情報提供:日本マンガ・アニメトキワ荘フォーラム)



ジャパンアニメの先駆者!90年の軌跡 クリヨウジの大冒険

2018年11月05日掲載

期 間:2018年11月3日(土・祝)~12月16日(日)

会 場:金津創作の森 ア-トコア ミュ-ジアム-1 ギャラリー・野外
    〒919-0806 福井県あわら市宮谷57-2-19
    TEL:0776-73-7800

時 間:10:00~17:00

入場料:一般……800円
    高校生以下……無料
    65歳以上・障がい者……400円

休館日:月曜日

 

詳しくはクリワールドアートオフシャルホームページまで



お江戸のみんながおもしろい

2018年11月05日掲載

期 間:2018年11月18日(日)〜24日(土)

会 場:アーツ&クラフツギャラリー コピス -kopis-
    〒135-0021 東京都江東区白河 1-2-12-1F
    TEL:03-5639-2381   FAX:03-5639-2382

時 間:11:00~19:00
    (初日13:00~18:00/最終日17:00まで)

入場料:無料

休館日:11月20日(火)

出展者:いご昭二 ウノ・カマキリ いずみ朔庵 冨重玲子 
    聖柄さぎり 古内ヨシ むらよしみ 結城紀子
    (敬称略/太字:協会員)

 

詳しくは、アーツ&クラフツギャラリー コピス HPまで



「手塚治虫文化祭〜キチムシ'18〜」開催中

2018年11月05日掲載

11/1から11/7までリベストギャラリー創(武蔵野市吉祥寺東町1-1-19]にて、第4回を迎える「手塚治虫文化祭 ~キチムシ‘18~」が開催中です。
漫画家、イラストレーター、デザイナーなど多数のクリエイターが手塚治虫作品をモチーフに作品やグッズを制作(製作)し展示、展示された商品は販売され、連日、お客様で大盛況。会場内は参加作家さんもいらして、お客様の熱気と歓喜が溢れていました。

〇営業時間 12時~19時 (最終日は17時まで)

〇出展者 青木俊直・浅田弘幸・一本木蛮・井上正治・オザワミカ・KAIJIN・上條淳士・きたがわ翔・きはらようすけ・桐木憲一(with GALAXIEDEAD)・小林じんこ・島本和彦・谷川史子・寺田克也・西野直樹・バロン吉元&エ☆ミリー吉元・BLACKRABiTT/T.IWA ・ほりたみわ・山田雨月・弓月光


(写真:事務局、文:会報部・岸田尚)



「わたなべまさこ原画展[マンガ原稿編]」開催中

2018年11月05日掲載

11/3から18まで銀座スパンアートギャラリーにて「わたなべまさこ原画展」が開催されています。
漫画家生活66周年にて初の個展です(9月と11月の2回に分けての展覧会)。漫画原稿、カラーまで目の前で見られる展示に、いらしているお客様はじっくり足を止めて時間を掛けて読みながら鑑賞されていました。本当に美しい原画が目の前で贅沢な時間を過ごせる展示となっています。
先生のグッズもポストカード、レターセット、クリアファイル、トートバッグなど多数で先生の世界にひたる事が出来ます。

会場:スパンアートギャラリー(水曜休廊)
〒104-0061 東京都中央区銀座2丁目2−18 西欧ビル
時間:11時から19時


(写真:事務局、文;会報部・岸田尚)



としまマンガ・アニメフェスタ

2018年11月02日掲載

期 間:2018年11月3日(土)・4日(日)

会 場:豊島区役所1階 としまセンタースクエア
    〒171-8422 東京都豊島区南池袋2-45-1
    TEL:03-4566-2758

時 間:11月3日……13:00〜16:30
    11月4日……10:00〜16:30
   (両日最終入場は16時まで)

入場料:無料(似顔絵コーナーのみ有料)

としまマンガ・アニメフェスタ特設ページ


【 2日間共通開催イベント 】


■自治体、関連団体ブース出展

ー 出展予定 ー
中野区、練馬区、杉並区、一般社団法人アニメツーリズム協会、一般社団法人マンガジャパン、としま南長崎トキワ荘協働プロジェクト協議会等

■紫雲荘プロジェクト3期生による「マンガ家体験教室」
■マンガコーナー
■スタンプラリー
■マンガジャパン所属マンガ家による似顔絵コーナー

(犬木加奈子先生:1枚3,000円 山田うさこ先生、北川怜子先生、つかお先生、石山東吉先生:1枚1,000円)


【 11月3日 】

13:00〜13:20   オープニングセレモニー
13:30〜14:10  特別講演「トキワ荘の漫画家たちが夢見た21世紀」
14:20〜15:20  マンガ・アニメ関連トークショー 〜高崎翔太のマンガアニメトーク〜


【 11月4日 】

10:00〜10:30  (仮称)マンガの聖地としまミュージアムのPRイベント
11:00〜12:00  フクロウ戦士トシマッハショー
13:00〜15:00  マンガ家山田ゴロ氏、三浦みつる氏(協会員)によるトークショー
 

 



「公益社団法人 日本漫画家協会 臨時総会」「新入会員歓迎 懇親会」開催

2018年11月02日掲載

10月31日(水)東京都内にて、公益社団法人日本漫画家協会臨時総会および新入会員歓迎懇親会が開催されました。

臨時総会では「定款変更に関する事項」「名誉会員の承認に関する事項」「議事録署名人選任に関する事項」に関して、定款は2点の変更点が、名誉会員は富永一郎、花村えい子、わたなべまさこ各氏が承認、署名人は出席理事より選出、これらそれぞれは総会定足数に達しているとの確認をもって総会は成立しました。

閉会後は新入会員の歓迎懇親会が開かれ、テーブルに並べられた飲み物や軽食を手に、新入会員たちは多少の緊張を隠し切れないながらも既存会員、理事たちと談笑し合っていました。

場がこなれてきたところで理事提供による豪華景品のくじ引き大会が開催、そのころには新人さんの緊張もほぐれ、今度はサイン色紙やワインボトル、さまざまなグッズを前に大興奮な御様子(笑)、番号が読み上げられると周囲からは次々と歓声が上がり、笑顔で景品を手にする中、会は最高潮の盛り上がりをみせていました。

閉会後は有志による二次会が開催されていましたが、そこでも更なる親睦が深められたことと思います。



(写真:会報部・柳生柳、事務局 文、会報部・柳生柳)



「手塚治虫先生生誕90周年記念チャリティー展示会」開催中

2018年11月05日掲載

「手塚治虫生誕90周年記念 チャリティー展示会」が11/1から11まで、ギャラリーやしの木にて開催されています。漫画家を中心としたクリエイター90人が描いた色紙が飾られています。手塚治虫先生への想いや愛のこもった絵がギャラリーを彩り、見応えのある素敵な空間となっています。

期 間:2018年11月1日(木)~11月11日(日)

会場:ギャラリーやしの木
〒168-0082  東京都杉並区久我山5-21-6

時間:10:00~17:00

入場料:無料

主 催:株式会社ウォーターオリオン
協 力:株式会社手塚プロダクション

展覧会とイベントの情報はこちら

 

(写真:UNO、事務局、文:会報部・岸田尚)

 



第七回「幻の東京デザインカレッジ漫画科展」開催中

2018年10月31日掲載

2018年10月29日(月)〜11日4日(日)まで、東京都中央区銀座にある渋谷画廊にて、幻の東京デザインカレッジ漫画科展が開催されています。 

画廊内は同窓生同士でもある出展者たちが大勢集まり、それぞれの懐かしい顔、近況を確認し合うなど、とても和やかな空気に包まれていました。

さらにオープニング時には来場者も続々と詰めかけ、一時は床が見えないほどの大盛況ぶり、不遇な事由から「幻」となってしまった東京デザインカレッジですが、名だたる作家たちに師事し、数多くのプロを輩出してきた同校の同窓生たちはいずれも個性の光る実力派揃いで、そんな彼らの紡ぐ作品群は見る人すべての目を釘づけにしていました。

*同展は入場無料・会期中無休で開催されますが、最終日は17時で閉場となりますので御注意ください。 


(画像 文:柳生柳)



2018年10月30日掲載



2018年10月29日掲載



マンガワールド其の69「あすなひろしメモリアル」開催

2018年10月30日掲載

10/27新宿ネイキッドロフト にて、‪マンガワールド其の69「あすなひろしメモリアル」が開催されました。
‪出演はみなもと太郎氏、久保洋子‬氏、山田ゴロ氏、きたがわ翔氏、阿部ゆたか氏、工藤稜氏、飯田耕一郎‬氏(司会はIKKAN氏、岸田尚氏)。

故あすなひろし氏の原画を実際に公開し、その繊細で美しいカケアミ、ホワイトを使わない白抜き描写、題字や文字の細やかさをお客様と共に目にし驚嘆し、各氏のあすな氏とのエピソード、漫画作品、あすな作品への想いについて等、イベント終了時間ギリギリまで(時間が足りないと感じる程)話が尽きる事がありませんでした。

(写真・文:会報部・岸田尚)



「にゃんだほ!ににねね展」開催中

2018年10月28日掲載

東京・高円寺のカフェ&ギャラリー、ぽたかふぇ。にて、「にゃんだほ!ににねね展」が開催中です。

声優(上野アサ)・アニメ監督(篠原ぱらこ)・漫画家(上野顕太郎)と違うジャンルで活躍する3人による、上野家の猫「にに」「ねね」をモチーフにしたイラストの展覧会で、隅々にまで楽しさが溢れています。
展示期間中は、コラボメニューも展開されています。

同展は、11月6日(火)まで開催されます。
(飲食店での展示のため、来店の際はワンオーダーが必要です)

※11月5日写真を追加しました。

(写真:文 事務局)



2018年10月26日掲載



みつはしちかこ展 -恋と、まんがと、青春と- 内覧会行われる

2018年10月26日掲載

東京・町田の、町田市民文学館ことばらんどにて「みつはしちかこ展 ー恋と、まんがと、青春とー」が10月20日より開催しています。

開催前日の10月19日には、関係者によるオープニングセレモニーと内覧会が行われました。
セレモニーでは、みつはし氏が挨拶が苦手とのことで親しくされている方々を紹介されるという、ちょっとユニークなものでしたが、人付き合いをとても大切にされていることが分かる、和やかで素敵なものとなりました。
そのまま内覧会へ。今までの大量の漫画の仕事の足跡に加え、沢山の詩を書かれ、雑誌編集を行い、俳句もたしなまれるという、見応えのあるもの。(充分時間をとってご覧になることをお勧めします)

同展は12月24日まで。関連イベントもいくつか行われます。

展覧会情報はこちら

(写真・UNO、事務局 文:事務局)



10月の事務局ライブラリー

2018年10月25日掲載

◆かくりよの宿飯 あやかしお宿に嫁入りします。 1、2 衣丘わこ/著 友麻碧/原作 Laruha/キャラクター原案 KADOKAWA/刊 各620円
◆連載50周年記念特別展 さいとう・たかをゴルゴ13用件を聞こうか… パンフレット 読売新聞大阪本社/刊
◆夜の戦士~信玄の忍び~覇道の章 池波正太郎/作 岡村賢二/画 幸森軍也/脚色 リイド社/刊 550円
◆学校給食10月号 全国学校給食協会/刊 889円
◆年報2017年度 横山隆一記念まんが館/刊
◆月間広場 10月号 No409
◆手塚ファンVol.331
◆エコエコアザラク1~10 古賀新一/著 角川書店/刊 1~6巻670円、7~10巻690円
◆キングダム 47~49 原泰久/著 集英社/刊 各514円
◆傘寿まり子 1~5あ おざわゆき/著 講談社/刊 各580円
◆7人のシェイクスピア 1~4 ハロルド作石/著 講談社/刊 各602円
◆宇宙戦艦ティラミス 宮川サトシ/原作 伊藤亰/作画 新潮社/刊 各580円
◆恋は雨上がりのように 5~9 眉月じゅん/著 小学館/刊 各552円
◆ゆう太のこと しまたけひと/著 双葉社/刊 900円
◆ニュクスの角灯(らんたん)1~4 高浜寛/著 リイド社/刊 997円
◆夏目友人帳 20~22 緑川ゆき/著 白泉社/刊 各429円
◆FAIRY TAIL 60~63 真島ヒロ/著 講談社/刊 各419円
◆Next NONSENSE 2017b 北脇徳/著
◆メイド イン アビス 2~6 つくしあきひと/著 竹書房/刊 各820円
◆ビランジ 38~41 竹内オサム/刊
◆同じ月を見ている 1~7 土田世紀/著 小学館/刊 各505円
◆クッキングパパ 143~145 うえやまとち/著 講談社/刊 各544円
◆地底旅行 1~4 倉薗紀彦/著 ジュール・ヴェルヌ/原作 KADOKAWA/刊 1、2巻680円・3巻720円・4巻740円
◆マダム・ジョーカー 20、21 名香智子/著 双葉社/刊 各600円
◆猫絵十兵衛 御伽草子 17、18 永尾まる/著 少年画報社/刊 各630円
◆亜獣譚 1~3 江野スミ/著 小学館/刊 1巻583円・2、3巻552円
◆桃もみもみ。「こんなの初めて…♡カゲキ初体験」編 佑希紀/著 宙出版/刊 778円
◆桃もみもみ。「濃密おとなりさんちのラブラブ♡エッチ」編 佑希紀/著 宙出版/刊 778円
◆性欲の強すぎる彼女に困ってます。 saku/著 KADOKAWA/刊 550円
◆うちの変態メイドに襲われてる 1 saku/著 KADOKAWA/刊 580円
◆友達100人できるかな 1 とよ田みのる/著 講談社/刊 600円
◆とよ田みのる短編集 CATCH&THROW とよ田みのる/著 小学館/刊 571円
◆金剛寺さんは面倒臭い 1 とよ田みのる/著 小学館/刊 552円
◆神様がうそをつく。 尾崎かおり/著 講談社/刊 600円
◆人魚王子 尾崎かおり/著 新書館/刊 620円
◆金のひつじ 1 尾崎かおり/著 講談社/刊 640円
◆壁穴マネーホール 中川リィナ/著 一迅社/刊 680円
◆QP我妻涼 ~Desperado~ 7 今村KSK/画 高橋ヒロシ/作 やべきょうすけ/監修 秋田書店/刊 600円
◆義弟と繋がるカラダ、ケダモノの恋。 3 かずいち/画 anco/作 アイプロダクション/刊 570円
◆つまり、絶倫。 かずいち/著 彗星社/刊 648円
◆淫堕の宴 ひげ政宗/著 キルタイムコミュニケーション/刊 943円
◆乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった… 1 山口悟/著 ひだかなみ/画・キャラクター原案 一迅社/刊 640円
◆幼なじみになじみたい 1 新挑限/著 KADOKAWA/刊 600円
◆まったく最近の探偵ときたら 1 五十嵐正邦/著 KADOKAWA/刊 570円
◆川柳少女 1 五十嵐正邦/著 講談社/刊 429円
◆人をダメにする課長 鯛野ニッケ/著 徳間書店/刊 640円
◆その世のどこか、地図にない国 鯛野ニッケ/著 Jパブリッシング/刊 832円
◆キスしてシュガーくん! 鯛野ニッケ/著 徳間書店/刊 630円
◆あまのじゃくに恋して! 相音きう/著 リブレ/刊 629円
◆何も聞かずに抱かせてくれ ~強がり処女とワケあり狼~ 1、2 澤村鞠子/著 アイプロダクション/刊 各680円
 ◆ドS育成計画 澤村鞠子/著 モバイルメディアリサーチ/刊 680円
◆めいしょう 大和ケイスケ/著 集英社/刊 600円
◆閲覧注異 1~3 阿鬼乱太/原作・構成 DAY WALKER/画 秋田書店/刊 各562円
◆上条課長とヒミツの蜜愛契約 星乃みなみ/著 ブライト出版/刊 694円
◆勝負パンツが隣の部屋に飛びまして 春日部こみと/著 白崎小夜/画 イースト・プレス/刊 660円
◆初恋彼氏は溺愛ストーカー⁉︎ 春日部こみと/著 上原た壱/画 プランタン出版/刊 630円
◆レムナント 2 ー獣人オメガバースー 羽純ハナ/著 フロンティアワークス/刊 648円
◆はじめての田中論理 船津紳平/著 講談社/刊 429円
◆金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿 1 船津紳平/著 天樹征丸・金成陽三郎・さとうふみや/原作 講談社/刊 429円
◆ひみつの姫君 うわさの王子 1 可歌まと/著 白泉社/刊 390円
◆狼陛下の花嫁 1、18 可歌まと/著 白泉社/刊 1巻400円・18巻429円
◆神木兄弟おことわり 1 恩田ゆじ/著 講談社/刊 429円
◆魂★姫 ULTIMA 5 剣康之/著 エンターブレイン/刊 680円
◆激突のヘクセンナハト II 剣康之/著 川上稔/作 さとやす(TENKY)/キャラクターデザイン協力 KADOKAWA/刊 570円
◆異世界のんびり農家 1 剣康之/著 内藤騎之介/原作 やすも/キャラクター原案 KADOKAWA/刊 620円
◆ララぱらふぃりあ 2 小乃ヒロキ/著 少年画報社/刊 630円
◆ライフ・イズ・マネー 1 櫓刃鉄火/著 朝虹照/原作・監修 スクエア・エニックス/刊 571円
◆ウチの使い魔がすみません 1 櫓刃鉄火/著 講談社/刊 590円



第42回 くまんばち展

2018年10月23日掲載

期 間:2018年11月9日(金)~15日(木)

会 場:元麻布ギャラリー
    〒106-0046 東京都港区元麻布3-12-3
    TEL: 03-0796-5564 FAX:03-3796-5512 

時 間:11:00~19:00(初日14時から/最終日16時まで)

入場料:無料

出展者:秋吉喜美子 泉ゆきを 伊藤たかし イシマルヒデ 岩見俊哉 オダ シゲ 
    小河原智子
 木南精示 倉田新 黒田オサム 芝岡友衛 スガマカヨコ 
    高杉辰男 高浜光太 高宮信一 タムラ良 辻下浩二 なかにし和子
    野上和彦 野上周 浜田征一 橋爪まんぷ ひらかわしょうじろう
    福山朗 みさき漁 緑川ヒロユキ 宮脇達 村瀬修 村松孝一 
    柳生柳 山口一笑 遊佐喜美男 
    安倍夜郎(特別ゲスト)
   (敬称略 協会員:太字)


■初日17時よりオープニングパーティー開催

■小物やTシャツ等、展示即売コーナー
■色紙似顔絵コーナー
 11時〜19時(最終日は16時まで) お1人様1000円



第六回 寄席描き展

2018年11月02日掲載

期 間:2018年11月18日(日)~12月2日(日)

会 場:森下文化センター
    〒135-0004 東京都江東区森下3-12-17

時 間:9:00~21:00

入場料:無料

休館日:11月19日(月)

出展者:阿部順子 いご昭二 ウノ・カマキリ おがたたかはる 小河原智子
    柿田ゆかり 神谷一郎 くまごろ 白石佳子 たかはし タムラ良 
    ちろ 辻下浩二 とつかりょうこ 永野のりこ 永野リョウ 
    はざま隆治 バトルロイヤル風間 HANAKO 原えつお 原田タカオ 
    ひさよ 藤井龍二 福田紀子 まつなが陽一 圓山武宏 宮島幸次 
    やえ 山根青鬼 湯沢としひと
   (敬称略 協会員:太字)


■出展者が制作したオリジナルグッズ販売アリ
■初日・最終日の18:30より、4F和室にてパーティー開催

 

- 特別企画 -

■『イラスト大喜利』

日 程:11月23日(金) 13:00〜16:40
    12月2日(日) 13:00〜16:10
場 所:1Fロビー
参加費:無料

■プロの似顔絵師による『似顔絵大会』

日 程:11月24日(土) 10:00〜17:00
場 所:1Fロビー
料 金:お一人様1,000円


詳しくは:日本落画家協会HPまで



世界一小ちゃい?!ミニ絵画展

2018年11月30日掲載

期 間:2018年12月17日(月)~23日(日)

会 場:ギャラリー八重洲・東京
    〒104-0028 東京都中央区八重洲2-1 八重洲地下中1号
    TEL03-3278-0623

時 間:10:00~20:00(最終日は15時まで)

出展者:当協会より柳生柳氏が出展されます



2018年10月23日掲載



2018年10月23日掲載



2018年10月23日掲載



2018年10月23日掲載



2018年10月23日掲載



2018年10月23日掲載



2018年10月23日掲載



2018年10月19日掲載



みつはしちかこ展 -恋と、まんがと、青春と-

2018年10月18日掲載

期 間:2018年10月20日(土)~12月24日(月・振休)

会 場:町田市民文学館 ことばらんど
    〒194-0013 東京都町田市原町田4-16-7
    TEL:042-739-3420  FAX:042-739-3421

時 間:10:00~17:00

入 場 料:一般400円、大学生・65歳以上200円、高校生以下無料
無料観覧日:10月20日(土)、27日(土)、28日(日)、11月3日(土・祝)、12月24日(月・振)

休館日:月曜日(ただし12月24日は開館)、第2木曜日

 

詳しくは、町田市HPまで



長崎純心大学博物館おきあがりこぼし展

2018年10月18日掲載

 会 場:長崎純心大学博物館
     長崎市三ツ山町235
     TEL:095-846-0102

 会 期:2018年10月15日〜11月16日

 休館日:日曜、祝日

開館時間:10:00〜16:00


詳しくは長崎純心大学展示案内



手塚治虫生誕90周年記念 チャリティー展示会

2018年10月29日掲載

漫画家の先生方が描いた手塚キャラクター作品90点の展示を行います。


期 間:2018年11月1日(木)~11月11日(日)

会 場:ギャラリー やしの木
    〒168-0082  東京都杉並区久我山5-21-6
    TEL:03-5346-2069 FAX:03-5941-6212

時 間:10:00~17:00

入場料:無料

主 催:株式会社ウォーターオリオン
協 力:株式会社手塚プロダクション


●同時開催『手塚作品 朗読会』

プロの声優と音楽家の演奏による、手塚作品を題材にした朗読イベント

期 日:11月3日(土)・4日(日)
参加費:2,000円(事前チケット制)
チケットの売上げは「石ノ森萬画館」を通じ石巻へ寄付されます。

詳しくはこちら



2018年10月16日掲載



2018年10月16日掲載



2018年10月16日掲載



2018年10月15日掲載



2018年10月15日掲載



2018年10月15日掲載



2018年10月15日掲載



2018年10月15日掲載



2018年10月15日掲載



2018年10月15日掲載



手塚治虫生誕90周年記念講座 手塚治虫と少女漫画

2018年10月01日掲載

江東区森下文化センターではマンガ関連の講座を毎年開講されていますが、「手塚治虫生誕90周年記念講座 手塚治虫と少女漫画」と題した講座を開講しました。

生誕90周年を迎えた手塚治虫氏が生み出した名作の中から「リボンの騎士」など少女マンガにスポットを当てたもので、9月23日は竹宮惠子氏が担当されました。
なお、同講座は10月14日(水野英子)、11月4日(村上もとか)、12月9日(二階堂黎人)、と各月で行われます。

詳しくは森下文化センター

(写真:会報部UNO)



鎌倉・荏柄天神社にて、第30回絵筆塚祭開催

2018年10月15日掲載

 秋晴れの青い空と爽やかな風を感じる10月14日(日)、菅原道真を祀る鎌倉の荏柄天神社にて、今年で30回を迎える「絵筆塚祭」が開催されました。
 かっぱを描き続けた清水崑氏が愛用の筆を供養した「かっぱ筆塚」と、横山隆ー氏が発起人となって建てられた(154人の漫画家によるカッパのレリーフが付けられている)「絵筆塚」がある事から、古筆を供養する祭りとして毎年10月に行われています。
 この日は、日本漫画家協会の漫画家らによる寄せ書きの焼納、古筆2000本超の供養、約100基の「まんが絵行灯」が参道に飾られ(行灯の点灯は前日13日夜)、拝殿では「かっぱ絵」の展示があり、大勢のお客様で賑わいを見せていました。
 また、恒例となっている漫画家による似顔絵のイベントも行われ、「似てる!」「可愛い!」「大切にします!」と描かれた絵を見て喜ばれるお客様の笑顔と歓喜の声、そのお客様の笑顔を見た描き手7人も更に笑顔になっているのが印象的でした。

(写真:会報部・岸田尚、事務局 文:岸田尚)



荏柄天神社絵筆塚祭 漫画行灯

2018年10月15日掲載

荏柄天神社で毎年10月に開催される絵筆塚祭では、漫画家を中心とした方々による絵付け行灯が、参道に彩りを添えます。

今年も沢山の行灯が飾られ、参拝者の目を楽しませました。

(写真:事務局)



特別展「ヘイセイ」終了

2018年10月12日掲載

9月24日から29日まで、京都造形芸術大学Galerie Aubeにて、特別展「ヘイセイ」が開催されました。

これは、東京新宿区の平和祈念展示資料館で行われた、漫画家による引揚げ展の全国巡回の一環で、引揚げを経験した協会員も多数作品展示に参加しています。
生憎の台風で、30日に開催予定の展示及び「ちばてつや氏×森田拳次氏×学生たちによるヘイセイ・トークショー」は、中止となってしまいましたが、学生達が中心となり企画を行った斬新なアイディアの展示内容で、来場者は驚きと刺激を受けていました。

開催内容については、平和祈念展示資料館ホームページにも掲載されています。

(画像提供:平和祈念展示資料館  文:事務局)



2018年10月12日掲載



2018年10月12日掲載



2018年10月12日掲載



2018年10月12日掲載



2018年10月12日掲載



2018年10月12日掲載



2018年10月12日掲載



2018年10月12日掲載



2018年10月12日掲載



2018年10月12日掲載



2018年10月12日掲載



2018年10月11日掲載



2018年10月11日掲載



2018年10月11日掲載



2018年10月11日掲載



2018年10月11日掲載



2018年10月11日掲載



2018年10月11日掲載



2018年10月11日掲載



2018年10月11日掲載



共同通信社配信 第12回しおどめ発「世相漫画展」開催中

2018年10月10日掲載

2018年10月2日(火)〜31日(水)まで、東京都港区汐留メディアタワー3階にあるギャラリーウォークにて、共同通信社配信の一コマ漫画展「第12回 世相漫画展」が開催されています。

人通りの多いギャラリーウォークは人が途切れることなく続き、足を止めてじっくり眺める人、通りすがりの横目で見ていく人、共同通信社という場所柄か外国人も多く、たくさんの人が興味深げに一コマ漫画を楽しんでいました。

昨年から導入した、英語でのキャプションは今回も時代背景や世相など、ネタバレにならない程度にしっかりとした解説がなされ、これもまた功を成しているようでした。

5日に行われたオープニングパーティーには多くの一コマ漫画家や縁の方々が祝いに詰めかけ、まだまだ一コマ漫画がもつ力を実感出来る、華やかな会となっていました。

*同展は入場無料・会期中無休で開催されますが、最終日は16時で閉場となりますので御注意ください。


(画像 文:柳生柳)



「植田まさし原画展」特別企画トークショー 開催

2018年10月10日掲載

10月8日 大宮漫画会館にて、植田まさし氏のトークショー「4コマ漫画は面白い」が行なわれた。
応募者400人の内抽選で60人で始まった。
77年に漫画家になる決意し本気になってやり始めた。
漫画家としてのルールは「〆切は守る」「たくさん描く」「時間を決める」「資料を用意する」
そして仕事机に向かった時のみ考えるぞと覚悟してから描き始める。毎日7時間は寝る。
4コマ漫画を描く人は「絵から入る人」「アイデアから入る人」がいて 植田氏は後者。
座右の銘は「いそしむ」
1時間という限られた時間があっという間に過ぎた事は客席はもっともっと聞きたいという表情を残しお開き。

(写真・文:会報部UNO)



2018年10月09日掲載



2018年10月09日掲載



2018年10月09日掲載



2018年10月09日掲載



2018年10月09日掲載



2018年10月09日掲載



2018年10月09日掲載



2018 高知のまんがあれこれ展&高新まんが道場30年記念展

2018年10月09日掲載

期 間:2018年10月13日(土)~11月25日(日)

会 場:横山隆一記念まんが館 企画展示室
    〒780-8529 高知市九反田2-1 高知市文化プラザかるぽーと内
    TEL:088-883-5029 FAX:088-883-5049

時 間:9:00~18:00

入場料:無料

休館日:月曜日、10月27日15:00〜18:00、10月28日

 

●関連イベント「くさか里樹の“みんな、まんがを描いてみん?”」

第2代高新まんが道場・道場主のくさか里樹(協会員)氏が4コマまんがの描き方をレクチャーします!

日 時:10月14日(日)13:30~15:00
場 所:横山隆一記念まんが館 まんがライブラリー2
対 象:小学生および中学生
定 員:先着順 20名
参加料:材料費 200円
申込方法:お電話(088-883-5029:横山隆一記念まんが館)にて受け付けます。
受付時間:9:00~18:00(ただし10月1日(月)は休館)

●参加コーナー
 ・村岡マサヒロの4コマ目を考えよう!
 ・高新まんが道場に応募しよう!

詳しくは横山隆一記念まんが館HPまで



鋼の錬金術師展

2018年10月09日掲載

期 間:2018年10月13日(土)~12月9日(日)

会 場:北九州市漫画ミュージアム 企画展示室
    〒802-0001 北九州市小倉北区浅野2-14-5 あるあるCity 5階
    TEL:093-512-5077

時 間:11:00~19:00
    ※最終入館18:30

入場料:一般:1,000円、中高生:500円、小学生:250円
    ※常設展セット券 1,200円、中高生:600円、小学生:300円

休館日:火曜日

 

詳しくは、北九州市漫画ミュージアムHPまで



手塚治虫文化祭 ~キチムシ‘18~

2018年10月10日掲載

期 間:2018年11月1日(木)~7日(水)

会 場:リベストギャラリー創
    〒180-0002 東京都武蔵野市吉祥寺東町1-1-19
    TEL/FAX 0422-22-6615

時 間:12:00〜19:00
    ※最終日は17:00まで

手塚治虫文化祭 実行委員長:手塚るみ子
協 力:株式会社手塚プロダクション / 西野デザインスタジオ

出展者
青木俊直/浅田弘幸/一本木蛮/井上正治/オザワミカ/KAIJIN/上條淳士/
きたがわ翔/きはらようすけ/桐木憲一(with GALAXIEDEAD)/小林じんこ/
島本和彦/谷川史子/寺田克也/西野直樹/バロン吉元&エ☆ミリー吉元/
BLACKRABiTT/T.IWA /ほりたみわ/山田雨月/弓月光
(敬称略 太字:協会員)

詳しくはキチムシ‘18公式サイトまで



わたなべまさこ原画展 [マンガ原稿編] 

2018年10月12日掲載

期 間:2018年11月3日(土・祝)~18日(日)

会 場:銀座 画廊 スパンアートギャラリー
    〒104-0061 東京都中央区銀座2-2-18  西欧ビル1F
    TEL:03-5524-3060

時 間:11:00~19:00

入場料:無料

休館日:水曜日

11月3日から新グッズも販売開始!
詳しくはスパンアートギャラリーHPまで



まんさい こうちまんがフェスティバル2018

2018年10月11日掲載

「みて」「かいて」「あそべる」楽しいイベントが盛りだくさん!
まんが王国・土佐を代表するまんがのお祭りが今年もやってきます。


期 間:2018年11月3日(土祝)・4日(日)

会 場:高知市文化プラザ かるぽーと(まんさいメイン会場)他
    〒780-0832 高知県高知市九反田2-1

時 間:10:00~16:00(一部イベントを除く)

パスポート:
 ・高校生以上(各日)……500円
 ・小中学生(2日間有効)……500円
 ・小学生未満……無料
※別途入場料が必要なイベントがあります。


詳しくは、まんさい特設サイトまで



第7回 幻の東京デザインカレッジ漫画科展

2018年10月11日掲載

期 間:2018年10月29日(月)~11月4日(日)

会 場:銀座 澁谷画廊
    〒104-0061 東京都中央区銀座7丁目8−1  渋谷ビル2F
    TEL:03-3571-0140

時 間:11:00~18:30
    (最終日17:00まで)

初日10月29日(月)17:00〜18:30 会場にて オープニングパーティー開催

【 出 展 作 家 】

泉昭二 河原崎弘司 鈴木太郎 種村国夫 徳野雅仁
前川みち子 村田静 近藤芳弘 前川しんすけ 安達忠良
小山昭博 芝岡友衛 鈴木俊 高浜光太 渓川弘行 渓川ゆう子
中谷国夫 原子力 二階堂正宏 藤井寛清 杉原明 土屋慎吾
松島政基 宍倉ユキオ 小田悦望 法月理栄 村松ガイチ
ささもとけい 畑中純(物故)
(敬称略 太字:協会員)



2018年10月05日掲載



2018年10月05日掲載



2018年10月05日掲載



2018年10月05日掲載



世界まんがセンバツ

2018年10月05日掲載

”まんが甲子園”を27年間続けてきた「まんが王国・土佐」が、
ニコニコ漫画・ComicWalkerとコラボして新たに始めるまんがコンテスト!


◆応募資格

 【高校生部門】
 ・2018年4月2日時点で15歳以上19歳未満
 ・教育機関に在学中の生徒(国を問わない)

 【フリー部門】
 ・誰でも参加できます(高校生も含む)


◆テーマ

 【高校生部門】
 
変身(Transformation)
 【フリー部門】
 発見(Discovery)
 

◆募集期間

2018年8月5日(日)〜11月30日(金)23時59分まで(日本時間)
 

◆応募方法

世界まんがセンバツ特設サイトから作品を応募してください。

  • テーマに沿った1枚まんが(コマ割自由)をB4サイズ(257ミリ×364ミリ)で制作してくだい。解像度はカラーで350dpi程度、モノクロで600dpi程度を推奨します。
  • 応募の際は原稿を横1000ピクセル程度にリサイズし、JPEG、PNG、GIF(アニメーションは除く)のいずれかの形式で、1ファイル10MB以内でRGBカラーで出力したものを投稿してください。
  • 手書きの原稿をスキャニングしてデータ化するのも可とします。
  • 応募できるのは、1名につき各部門1作品までとします。
  • 作品に使用する言語は問いません。

 

◆副賞等

 【高校生部門】

  • 最優秀賞 1作
    賞状、副賞10万円、受賞者1名及び同行者1名を第28回まんが甲子園へ招待
  • 優秀賞 2作まで
    賞状、副賞5万円佳作 受賞数は未定 
  • 佳作
    賞状、高知県特産品3千円相当

 【フリー部門】

  • 最優秀賞 1作
    賞状、高知県特産品3万円相当


◆予選審査員

大沢俊太郎/くさか里樹(協会員)/正木秀尚/村岡マサヒロ/森田将文

 

 



第9回中国・嘉興国際漫画ビエンナーレ、中国

2018年10月05日掲載

<テーマ> スマートシティ
       AIや技術革新にともなって発展した新しい環境配慮型都市。
       より効率よく、質の高い生活のタイプ。

<部門>  課題部門
      自由部門

                  180作品が選出、展示されるが、うち120点がひとコマ漫画で、
     60点が複数コマ漫画となる、そのうち10点以上がストーリー漫画。

<締め切り> 2019年5月30日(消印有効)

<各賞> 優秀作品 ひとコマ漫画(30) 3,800元
          複数コマ漫画(10) 6,500元
     佳作作品 ひとコマ漫画(90) 1,800元
          複数コマ漫画(50) 3,800元

     *外国からの応募者の場合には、その時点の為替レートによるドルで支払われる。

<サイズ> 420×300mm以内(墨絵の場合は500×350mm以内)

<枚数制限> 4枚まで

<宛先> Jiaxing Art Museum, No.28 Zhonghe Road, Nanhu District,
     Jiazing,Zhejiang, China 314000

<連絡先> Mr.Wang Xinyu / Ms.Liu Ping
      Eメール:zjjxmsg@126.con
      電話:86−573−82031837,86−573−82051101

*作品は原画に限る(選外の場合は返却する)

*作品裏面に次の事項を漢字で記入のこと:国籍、氏名、部門、タイトル、
 住所、郵便番号、Eメールアドレス、電話番号、作者IDカードコピー、振込先銀行名と
 銀行SWIFTコード、口座番号(中国本土以外からの場合は、送金先住所、
 パスポートコピー、銀行名、銀行SWIFTコード、口座番号が必要)

 

●応募要項はこちらから……英文中英文

 



マンガワールド 其の69 あすなひろしメモリアル

2018年10月01日掲載

会 場:Naked Loft
    東京都新宿区百人町1丁目5−1 百人町ビル
    TEL 03-3205-1556
    → Naked Loft WEBサイト
日 時:10月27日(土)
    OPEN 12:30 / START 13:00
前 売:¥2200 / 当日¥2500 (1オーダー¥500以上必須)
    チケットe+にて9/29販売開始!!!
※ご入場はイープラス→ウェブ予約→当日の順になります。

【 出 演 】みなもと太郎(協会員)
【応援ゲスト】きたがわ翔、工藤稜、他予定

マンガワールド第69弾は、2001年に亡くなられた叙情作家あすなひろし先生のメモリアル企画。
少女漫画でデビュー後、様々なジャンルの作品を描き上げ、その繊細なペンタッチでの原画の完成度は、プロの作家からも驚愕され、今なおファンが多い。
今回は、原画管理をされているご親族のご厚意で、当時の原画を披露いたします。
解説は、あすな先生と生前より親交のあったみなもと太郎先生にお引き受けいただきました。
また、あすなファンの作家が応援出演を予定しています。
ぜひ、幻の原画を見に来てください!

詳細はNaked Loftまで



「わたなべまさこ原画展」開催

2018年10月01日掲載

東京・銀座のスパンアートギャラリーにて「わたなべまさこ原画展」が、9月15日〜30日の期間で開催されました。

長年漫画界で活躍されてきたわたなべ氏ですが、意外にも初個展とのこと。懐かしいカラー原画に加え、漫画家の方々からの応援イラストの展示もあり、見応え十分。そしてファンには嬉しい商品類も充実。
この日は雨に見舞われましたが、次々と来訪者があり、作品を楽しそうにご覧になっていました。

今回は「カラーイラスト編」でしたが、11月3日からは「マンガ原稿編」が、同会場にて開催されます。

(写真・文:事務局)



山口マサル+クリヨウジ「きままに2人展」開催中

2018年09月26日掲載

 9月24日(月)より、東京都・港区のSPACE YUIにて、山口マサル氏と当協会の名誉会員であるクリヨウジ氏による「きままに2人展」が開催されています。

 ギャラリーを彩る山口マサル+クリヨウジの世界に是非足をお運びください。

 同展は29日(土)まで開催しております。

展示会情報はこちら

(写真:会報部UNO 文:事務局)



にゃんだほ!ににねね展

2018年10月04日掲載

期 間:2018年10月26日(金)~11月6日(火)

会 場:ぽたかふぇ。
    〒166-0002  東京都杉並区高円寺北3-21-5   ハイツ・ロイヤル2F 
    TEL/FAX:03-5373-8099

時 間:11:00~20:00
   ※ラストオーダー18:00まで
   ※初日12:00オープン/最終日19:00まで

出品者:上野アサ、上野顕太郎、篠原ぱらこ(太字協会員)

入場料:飲食店での展示のため、ご来店のお客様はワンオーダーをお願いいたします。

休館日:水・木曜日

 

詳しくは、ぽたかふぇ。HPまで



日本ブックデザイン賞2018 作品展・授賞式

2018年09月28日掲載

期 間:2018年10月6日(土)~28日(日) 
 ※金・土・日曜日のみ開館
 ※事前予約制

会 場:本館と蔵の2会場で開催します。
   ●秋山孝ポスター美術館長岡
    〒940-1106 新潟県長岡市宮内2-10-8
    TEL : 0258-39-1233
   ●秋山孝ポスター美術館長岡・蔵
    〒940-1106 新潟県長岡市宮内3-5-8

時 間:11:00〜、13:00〜、15:00〜

入場料:無料 

 

●日本ブックデザイン賞2018 授賞式

期 日:2018年10月13日(土) 
時 間:14:30〜
会 場:秋山孝ポスター美術館長岡
    〒940-1106 新潟県長岡市宮内2-10-8
    TEL : 0258-39-1233

 

詳しくは、秋山孝ポスター美術館長岡HPまで



中野×杉並 アニメフェス2018in杉並

2018年09月28日掲載

中野×杉並 アニメフェス2018in杉並との合同イベントです。

期 間:2018年11月3日(土・祝)~4日(日)

会 場:杉並会館
    〒167-0043 東京都杉並区上荻3-29-5  
    TEL:03-3396-1510

時 間:11:00〜16:30

入場料:無料

……詳細はこちら


●キャラクターショー

 11月3日(土・祝) 「少年アシベ GO!GO!ゴマちゃん」
 11月4日(日) 「クレヨンしんちゃん」

時 間:①13:00~14:00 (参加券配布 12:00~)
    ②15:30~16:30 (参加券配布 14:30~)
会 場:杉並会館 孔雀の間 ※参加券は杉並会館2階ロビーで配布
定 員:各回150名
 

●名探偵コナン 謎解きモンタージュギャラリー

時 間:10:30〜
    ※ラリーシートがなくなり次第終了
    ※ラリーシートは10:30から桃井原っぱ公園のみで配布予定。 
会 場:桃井原っぱ公園から杉並会館2階ロビーまで
 

●名探偵コナン 握手&撮影会

時 間:①11:30〜 ②13:30〜 ③16:00〜
    ※各回30分前から参加券を配布
    ※登場時間は各回25分程度
定 員:各回50組
 

●わくわく!アニメ制作体験

時 間:11:00~16:30
    ※最終受付 16:15
会 場:杉並会館 1階末広の間 「コマドリクエスト」
    杉並会館 4階 「爆走紙レーサーワークショップ」



中野×杉並 アニメフェス2018in中野

2018年09月28日掲載

中野×杉並 アニメフェス2018in杉並との合同イベントです。

会 場:中野セントラルパーク カンファレンス 地下1階 コンベンションホール
    〒164-0001 東京都中野区中野4-10-2 セントラルパークサウス

イベント応募・詳細はまるっと中野HPまで


●ダイナミックまんがまつり トークショー・上映会

日 時:2018年10月20日(土)
時 間:17:00開場 17:30〜開演
定 員:250名(事前申込制/指定席)
申込期限:9月30日(日)

 

●ゴルゴ13・連載50周年記念イベント

日 時:2018年11月24日(土)
時 間:16:00開場 16:30〜開演
定 員:250名(事前申込制/指定席)
申込期限:10月31日(水)

当日はお申し込みなしで閲覧できる原画や関連グッズの展示もございます。


●ワークショップ「わくわく!アニメ制作体験」

日 時:2018年10月13日(土)
時 間:13:00~17:00
    ※最終受付16:30
会 場:野方図書館
    〒165-0027 東京都中野区野方3-19-5

申し込み不要 当日参加可能

 



ビックコミック50周年展

2018年10月15日掲載

期 間:2018年11月10日(土)~2019年1月14日(月・祝)

会 場:川崎市市民ミュージアム 企画展示室
    〒211-0052 神奈川県川崎市中原区等々力1-2 (等々力緑地内)
    TEL:044-754-4500

時 間:9:30~17:00
   (最終入館は16:30迄)

入場料:一般……800円
    65歳以上・大学生・高校生……600円

休館日:月曜日(12/24、1/14は開館)
    12月25日
    年末年始(12月29日〜1月3日)

 

詳しくは、川崎市市民ミュージアムHPまで



第14回 睦月堂開催6回展 キャンディ・キャンディ展開催

2018年09月27日掲載

神奈川県藤沢市の「睦月堂」で9月21日〜24日に「第14回 睦月堂開催6回展 キャンディ・キャンディ展」が開催されました。

同展は過去に様々なコレクションの展示を行いましたが、今回は原点回帰し書籍類メインの展示。
訪れた同作品のファンを楽しませました。
睦月堂での展示は今回が最後とのことです。

(写真:文 事務局)



15th HeARTokyo 2018年9月展  -ハートアート東京と世界と未来と多様性-

2018年09月26日掲載

期 間:2018年9月29日(土)~10月12日(金)

会 場:新宿プロムナード・ギャラリー
    〒160-0023
    東京都新宿区西新宿2-2  地下道ワンデーストリート内

時 間:8:00〜21:00(初回は13:00から)

入場料:無料

 

【出展招待作家】

 黄山真夢、鈴木邦弘、綱島ヒロユキ、西村隆志、フジキカオリ、マッシモロッシ

-『葛飾柴又寅さん記念館イラストレーション展2018』展示会企画イベントより -
 五十嵐幸吉、ウノ・カマキリ志賀公江高岩ヨシヒロ
 高橋エツコ、中島昌利、ねもと章子、長谷川正治、原えつお
 ひさよ、藤谷芳浩、山田ゴロ
 (敬称略 太字:協会員)

 

詳しくはHeARTokyo HPまで



「連載50周年記念特別展 さいとう・たかを ゴルゴ13 用件を聞こうか……」開会式と内覧会行われる

2018年09月22日掲載

川崎市市民ミュージアムにて、「連載50周年記念特別展 さいとう・たかを ゴルゴ13 用件を聞こうか……」が本日よりスタート、それに先立ち9月21日(金)には関係者による開会式と内覧会が行われました。

開会式では、川崎市市民ミュージアム館長・大野正勝氏、川崎市長・福田紀彦氏、さいとう氏がご挨拶をされ、テープカットのセレモニーが行われました。

展覧会は貴重な原画類に加え、モデルガン展示や体感コーナー、仕事場の再現など、充実した内容となっています。
今年82歳になるさいとう氏の展示には多くの漫画家もお祝いに駆けつけ、展示に見入っていました。
魅力的な展示とともに、物販コーナーも充実しています。

展示は本日から11月30日(金)まで開催されます。
展示期間中には、劇場版アニメーション「ゴルゴ13」の上映会、ベビーカーツアー、ワークショップ、ギャラリーツアー、さいとう氏サイン会、山本恭司弾きまくりライブ、といったイベントが行われます。
詳細は川崎市市民ミュージアムのサイトをご確認ください。

展覧会情報はこちら
川崎市市民ミュージアム

 

(写真・文:事務局)



怪談会〜『遺戒』〜北九州ポップカルチャーフェスティバルin海外マンガフェスタ

2018年09月20日掲載

北九州市の小倉駅周辺にて、11月10日(土)、11日(日)の2日間、「北九州ポップカルチャーフェスティバルin海外漫画フェスタ」が開催されます。
このイベント内で行われる「怪談会」のお知らせです。


□怪談会□ 『遺戒』

日 時:2018/11/10(土) 開場: 19:20 開演: 20:00

会 場:あるあるCity B1Fスタジオ (福岡県)
    福岡県北九州市小倉北区浅野2-14-5

出 演:怪談和尚・三木大雲、怪談家・ぁみ、
    怪談蒐集家・西浦和也、漫画家・山田ゴロ(協会員)

木戸銭:2000円 (税込) + ワンドリンク500円

アクセス
 ◆鹿児島本線「小倉駅」新幹線口から徒歩2分
 ◆北九州都市高速道路2号線「小倉駅北ランプ」から車で2分

駐車場:912台有り
(公演によりご使用になれない場合があります。
 必ずお問合せください。)

公式Webサイト
あるあるCity B1Fスタジオ
https://aruarucity.com/


18/9/22(土)10:00~18/11/9(金)18:00 一般発売

お申し込みは、↓↓ こちらから。。
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002273299P0050001P006001P0030001

 



「岸田尚 個展 慈しみの瞳」 開催中

2018年09月19日掲載

東京・新宿区のThe Artcomplex Center of Tokyoにて、「岸田尚 個展 慈しみの瞳」が開催中です。
アクリルで描く従来の作品に加え、コラージュ作品の展示や、岸田氏制作のブローチの販売なども行われています。

同展は23日(日)まで開催されます。

展覧会情報はこちら

(写真・文:事務局)



マンガワールド 其の68 「プロ野球ファン マンガ家トーク」開催

2018年09月18日掲載

 9月17日(月)渋谷ロフト9にて、マンガワールド 其の68 「プロ野球ファン マンガ家トーク」と題されたトークショーが開催されました。

 熱烈な野球ファンでもある渡辺保裕氏、押山雄一氏、原田高夕己氏、ひこさかともや氏、ねもと章子氏(協会員)が、それぞれ自分の好きな球団のユニフォームを着て登壇。司会のIKKAN氏、三浦菜々子氏と共に、野球愛、過去の名試合、野球エピソード、選手の事、そして勿論!野球漫画の事などを熱く語り合いました。

 後半はライブドローイングを中心に、お客様やゲストの希望された野球選手をその場で色紙に描き、スクリーンに映された筆運びに客席は「凄い!」「似ている!」と、どよめきが起こりました。振り返るとお客様も贔屓球団のユニフォームを着て笑顔!盛況で幕を閉じました。

 

(写真・文:会報部・岸田尚)



石ノ森章太郎 生誕80年周年&ファンクラブ創立50周年記念「石ノ森先生の生家へ泊まろう!」開催

2018年09月18日掲載

9月15日(土)〜16日(日)、宮城県にて、当協会の常務理事でもあった石ノ森章太郎氏のファンクラブ(会長・青柳誠氏)が企画し、登米市の協力を得て、現存する石ノ森氏の生家に泊まり、氏の思い出を語ろう!というイベントが開催されました。

全国各地から集まった、石ノ森氏の長年に渡るファンと、氏と縁の深い山田ゴロ氏・ココア氏・中島昌利氏や、木村直巳氏・ねもと章子氏・阿部ゆたか氏・山田うさこ氏・北神諒氏といった豪華漫画家メンバーが加わり、主催のファンクラブの方々は、1日目、石巻市の「石ノ森萬画館」からスタート。
館内には、ファンクラブ結成50周年を祝うコーナーが設けられ、石ノ森氏とファンとの往年の交流画像が流れ、氏がとてもファンの方々に慕われ、そしてファンの方々を大事にしてきたことが伺えるコーナーとなっていました。
他にも、萬画館入口には漫画家の先生たちの手形や、館内外に氏の生み出した作品の数々が、見て触れて体験して楽しめるよう、展示されています。
また、石ノ森氏の生誕80周年を祝う、著名な漫画家たちからの色紙も展示され、連休とあってたくさんの来場者が訪れ、震災から7年経った館内は、この日は笑顔が溢れていました。

その後は、石巻市から氏の生家のある登米市へ移動。
石ノ森章太郎生家」のすぐ近くにある「石ノ森章太郎ふるさと記念館」で開催中の、石ノ森章太郎氏とちばてつや氏の相撲マンガを中心に相撲の魅力を紹介する「大相撲マンガ場所」展を観たり、生家の中を見学し、氏が長男であることから与えられていたという洋室の個室で、使っていた机や椅子に触れ、少年時代の氏の姿に想いを馳せていました。

夜は、近くの会館で氏の写真にレミーマルタンとキスチョコレートを捧げ、ファンクラブ会長の青柳誠氏の挨拶で終始和やかな歓談となり、その後は生家へ移動し就寝までの間、持ち寄ったお宝画像やお宝本、昔話秘話が次々飛び出し、とても賑やかな一夜となりました。

翌2日目は朝食前に、氏のご両親やご姉弟が眠るお墓へ皆でお詣りし、朝食後は、氏の作品「龍神沼」の舞台となった神社への道や、通った小学校近くのV3像などを巡り、解散となりました。

石巻市も登米市も、街全体が石ノ森キャラクターで溢れ、街のみならず東北全体を見守り応援しているかのようでした。
いつも「今こそみんなが力を合わせる時だ」と。

(画像・文:事務局)
 

 



デビュー45周年&「パタリロ!」100巻達成記念 魔夜峰央原画展

2018年09月18日掲載

期 間:2018年10月12日(金)~2019年2月11日(月・祝)

会 場:明治大学 米沢嘉博記念図書館 1F展示室
    〒101-8301 東京都千代田区神田猿楽町1-7-1
    TEL:03-3296-4554

時 間:月・金……14:00~20:00
    土・日・祝……12:00〜18:00

入場料:無料

休館日:火・水・木曜日(ただし祝日の場合は開館)
    2018年12月25日~2019年1月10日

 

詳しくは、米沢嘉博記念図書館HPまで



2018年09月18日掲載



山口マサル+クリヨウジ 『きままに2人展』

2018年09月14日掲載

期 間:2018年9月24日(月)~29日(土)

会 場:SPACE YUI
    〒107-0062 東京都港区南青山3-4-11 ハヤカワビル1F
    TEL:03-3479-5889 

時 間:11:00~19:00(最終日は17:00まで)

休館日:日曜日

 

詳しくは、SPACE YUI HPまで



第14回 睦月堂開催6回展 キャンディ・キャンディ展

2018年09月14日掲載

期 間:2018年9月21日(金)~24日(月・祝)

会 場:睦月堂
    〒251-0024 神奈川県藤沢市鵠沼橘1-9-2

時 間:11:00~17:00

◆同時開催
「プロ漫画家が描くキャンディ的アート展」
「キャンディ・キャンディ検定」



平成30年7月豪雨 被災者支援 チャリティー写真展

2018年09月14日掲載

期 間:2018年9月26日(水)~10月2日(火)

会 場:FMエキシビションサロン銀座
    〒104-0061 東京都中央区銀座6-4-7
    TEL:03-3574-1036

時 間:10:00~18:00(最終日は15:00まで)

休館日:無休

主 催:公益社団法人 日本写真家協会

作品販売価格:10,000円〜50,000円(額装を含む)
販売方法:お買い上げ作品は、その場でお持ち帰りいただきます。
寄 付:売り上げは諸経費を除き、全額を日本赤十字社を通して、被災地に送ります。

 

詳しくは、フレームマンHPまで



共同通信配信 第12回しおどめ発 世相漫画展

2018年09月14日掲載

期 間:2018年10月2日(火)~31日(水)

会 場:汐留メディアタワー 3階ギャラリーウオーク
    〒105-7201  東京都港区東新橋1-7-1
    TEL:03-6252-8108

時 間:9:00~19:00(最終日は16:00まで)

 

◆10月5日(金)18:00より、13階レストラン「KITEKI」にてオープニングパーティあり。
(受付は2階、17:30から)
◆出展者
 トシ ヒコ横田吉昭はざま隆治小菅りや子あらい太朗、松沢秀和
(敬称略 太字:協会員)



ビバ!ミュージカル 第1回公演『時をつかまえて』

2018年09月14日掲載

期 日:2018年9月23日(日)

会 場:横須賀芸術劇場 小劇場(ヨコスカ・ベイサイドポケット)
    〒238-0041 神奈川県横須賀市本町3−27

時 間:18:00開演

入場料:前売り券…2,000円 当日券…2,200円 中学生以下…500円

ビッグ錠(協会理事)氏 傘寿記念出演

お問い合わせは
tamikonarita@gmail.com
080-5382-8692(成田)

詳しくは、ビバ!ミュージカルHPまで



「日中友好漫画展」展示風景

2018年09月13日掲載

この度の「日中友好漫画展」は、中国文化センターでは日中両国の漫画家による初めての展示だそうです。

このセンターでの展示は、基本的に展覧会参加者が設営から会場当番まで行います。
展示会場および設営風景をご覧ください。

(写真:会報部・柳生柳、文:事務局)



9月の事務局ライブラリー

2018年09月13日掲載

◆マコトの王者(赤)1 福井あしび/著 小学館/刊 438円
◆マコトの王者(赤)&(青)4 福井あしび/著 小学館/刊 438円
◆嘘つきは殿様のはじまり 1 福井あしび/著 小学館/刊 552円
◆鎌倉デコフライフ 1 田中智/著 角川書店/刊 560円
◆祝姫 1 タナカトモ/画 竜騎士07/脚本 キャラクター原案/和遥キナ 株式会社DMM.comラボ/原作・監修 スクウェア・エニックス/刊 562円
◆君は綺麗なアヒルの子 1 タナカトモ/著 LINE/刊 540円
◆画文集 遠い日のうた イシマル・ヒデ/著 1000円
◆画文集 遠い風景 イシマル・ヒデ/著 友月書房/刊 1000円
◆たまりば 1、2 しおやてるこ/著 エンターブレイン/刊 1巻620円、2巻650円
◆帰れない夜…キケンな上司とラブホテル!? 2、3 七星てんと/著 彗星社/刊 各648円
◆ぷにかの ぴょん吉/著 ワニマガジン社/刊 1000円
◆僕の知らないラブコメ 1、2 ぴょん吉/画 樫本燕/作 KADOKAWA/刊 各580円
◆恋乳テイルズ momi/著 マックス/刊 1000円
◆ふらっぴー! momi/著 ワニマガジン社/刊 1000円
◆BLUE PHOBIA 1、2 鶴吉繪理/著 集英社/刊 各630円
◆イキすぎだけど愛してね かゆまみむ/著 リブレ出版/刊 657円
◆三咲君は1より2が好き かゆまみむ/著 日本文芸社/刊 619円
◆狛犬の花嫁 小話 東野海/著
◆きすまいフレンズ R-one/著
◆ガールズ&パンツァー ディープキス合同 R-one・他/著
◆さくらうぉっちプロジェクト 里好/著
◆お江戸八百八町人間模様~出張版デラックス~ Vol.4 ジャングル堂/著
◆私の戦争体験記 昭和のセツコちゃん 13 セツコ・山田/著
◆白内障の手術をしました! セツコ・山田/著
◆猫と暮らしています。 4 セツコ・山田/著
◆Sci-Fi LOVE! 永野のりこ/著
◆六畳一間お庭番つき あろひろし/著
◆植物標本少女 成瀬ちさと/著
◆ピヨピピピッピ 内村かなめ/著
◆TKガイド 内村かなめ/著
◆SWEET TIME 内村かなめ/著
◆2018脚本家年鑑 協同組合日本脚本家連盟/刊
◆第21回文化庁メディア芸術祭 受賞作品集 文化庁メディア芸術祭実行委員会/刊
◆会長様とひよこちゃん 1~3あ 如月ゆきの/著 小学館/刊 各429円
◆ナイショの保健室 如月ゆきの・他/著 小学館/刊 429円
◆東周英雄伝 1~3 鄭問(チェンウェン)/著 徳田隆/訳 講談社/刊 各1100円
◆放課後ていぼう日誌 1、2 小坂泰之/著 秋田書店/刊 各600円
◆ディテス領攻防記 1 狩野アユミ/画 牧原のどか/作 hi8mugi/キャラクター原案 アルファポリス/刊 680円
◆そして、きみを好きになる 井上マサト/著 日本文芸社/刊 619円
◆思いこみは恋のはじまり 井上マサト/著 日本文芸社/刊 619円
◆ボクと魔女の時間 1 アラカワシン/著 集英社/刊 438円
◆MURCIELAGO BYPRODUCT ARANA(ムルシエラゴ プロジェクト アラーニァ) 1 アラカワシン/著 よしむらかな/原作 スクウェア・エニックス/刊 562円
◆こみっくがーるず 1、4 はんざわかおり/著 芳文社/刊 各819円
◆侠飯(おとこめし) 5 薩美佑/著 福澤徹三/原作 講談社/刊 590円
◆CHAN×BOX CHAN×CO作品集 CHAN×CO/著 パイインターナショナル/刊 1800円
◆チョコ ストロベリー バニラ 彩景でりこ/著 竹書房/刊 619円
◆けもの温泉 のけもの荘 彩景でりこ/著 秋田書店/刊 429円
◆蟷螂の檻 3 彩景でりこ/著 祥伝社/刊 650円
◆魔王の秘書 1 鴨鍋かもつ/著 アース・エンターテイメント/刊 600円
◆イジらないで、長瀞さん 1、2 ナナシ/著 講談社/刊 各440円
◆オオカミ少年♡こひつじ少女 5 環方このみ/著 小学館/刊 429円
◆カレシ・レシピ 環方このみ/著 小学館/刊 429円
◆ねこ、はじめました ~ニャンとも気になるニャオ~ 3 環方このみ/著 小学館/刊 429円
◆思春期まるだしっ! ぐりえるも/著 茜新社/刊 1111円
◆クミカのミカク 1 小野中彰大/著 徳間書店/刊 620円
◆Fate/EXTELLA コミックアンソロジー2 黒川いづみ・他/著 一迅社/刊 843円
◆俺流!絶品めし Vol.7 倉田よしみ・ビッグ錠・小池田マヤ・土山しげる・他/著 ぶんか社/刊 480円
◆月間広場 9月号 No408
◆手塚ファン Vol.330
◆夜の戦士 ~信玄の忍び~ [川中島の章] 岡村賢二/画 池波正太郎/作 幸森軍也/脚本 リイド社/刊 550
◆Powder Snow Melancholy 束原さき/著 竹書房/刊 657円
◆おまえの可愛い木嶋くん 桃季さえ/著 芳文社/刊 600円
◆木嶋くんの温泉パニック♪ 桃季さえ/著 芳文社/刊 620円
◆木嶋兄は我慢できません。 桃季さえ/著 芳文社/刊 620円
◆白星のギャロップ 1 西連助/著 小学館/刊 571円
◆ハルチカ 1~3 ぶーた/画 初野晴/作 なまにくATK(ニトロプラス)/キャラクター原案 KADOKAWA/刊 各580円
◆ウルトラジャーニー ツインテール少女とツインテールな僕 1、2 閃凡人/画 ジコウリュウ/作 トオノキョウジ/脚本 まめっち/キャラクターデザイン 円谷プロダクション/監修 講談社/刊 各600円
◆日々ロック BOOTLEG 榎屋克優/著 集英社/刊 514円
◆美術男子 アサヨリコ・他/著 一迅社/刊 1300円
◆先輩男子 アサヨリコ・他/著 一迅社/刊 848円
◆うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。 1~3 ほた/画 CHIROLU/作 景・トリュフ/キャラクター原案 KADOKAWA・メディアファクトリー/刊 各600円
◆しろがねの王 碧門たかね/著 一迅社/刊 552円
◆トランス・ナイツ 1 久我山レキ/著 角川書店/刊 560円
◆治癒魔法の間違った使い方 ~戦場を駆ける回復要員~ 1 久我山レキ/画 くろかた/作 KeG/キャラクター原案 KADOKAWA/刊 580円
◆曹植系男子 1 ねこクラゲ/著 スクウェア・エニックス/刊 571円
◆薬屋のひとりごと 1、2 ねこクラゲ/著 日向夏/作 七緒一綺/構成 しのとうこ/キャラクター原案 スクウェア・エニックス/刊 各562円
◆おこぼれ姫と円卓の騎士 1 石田リンネ/著 暁かおり/画 起家一子/キャラクター原案 講談社/刊 581円
◆ひだまりが聴こえる 文乃ゆき/著 プランタン出版/刊 670円
◆さらば、佳き日 茜田千/著 KADOKAWA/刊 650円 

 



特別展示「ヘイセイ」 ※開催期間変更・トークショー中止

2018年09月27日掲載

【 台風接近による開催期間変更・トークショー中止のお知らせ 】 

 台風24号接近による安全を考慮し、開催期間が縮小されました。
 それに伴い、30日(日)に予定されていた、ちばてつや氏・森田拳次氏による「ヘイセイ・トークショー」は中止となります。
 詳しくは、平和祈念展示資料館HPをご覧ください。

 変更後 : 平成30年9月24日(月・振)~29日(土)まで

 


平和祈念展示資料館では、京都造形芸術大学と共同で企画した特別展示「ヘイセイ」を同大学キャンパス内で開催します。 
満州からの引揚げを体験した漫画家たちが描いた作品を展示、平成生まれの大学生たちが、戦争体験者の記憶を同世代へ向けて発信します。

日 時 : 平成30年9月24日(月・振)~30日(日) 10:00~18:00
会 場 : 京都造形芸術大学 Galerie Aube / ギャルリ・オーブ (京都府京都市左京区北白川瓜生山2-116)
入場料 : 無 料
主 催 : 京都造形芸術大学、平和祈念展示資料館
協 力 : 公益社団法人 日本漫画家協会

●関連イベント「ヘイセイ・トークショー」
漫画家のちばてつや氏と森田拳次氏による、本展のキーワードである「ヘイセイ」をめぐり、
学生スタッフとのトークショーを開催します。

日 時:9月30日(日)  13:30〜15:00
場 所:京都造形芸術大学 Galerie Aube / ギャルリ・オーブ

詳しくは、平和祈念展示資料館HPまで。



「日中友好漫画展」開催中

2018年09月12日掲載

2018年9月11日(火)〜21日(金)まで、東京都港区虎ノ門にある中国文化センターにて、日中友好漫画展が開催されています。

前日は日中友好の場となる会場を彩るべく、協会員有志による設営作業が行われ、万端準備を整えました。
そしていよいよ初日には中国美術協会の王立軍氏をはじめ、嘉興美術館副館長仲中暁氏など、中国を代表する漫画縁の方々が来場、こちらも日本を代表する面々がお迎えにあたり、まずは日本からは石子順氏がコーディネーターとして登壇したトークイベントが行われました。

イベントの後は開幕式が執り行われ、日本と中国それぞれ代表者からの挨拶、プレゼント交換のような記念品贈呈、リボンカットのセレモニーなど、華々しいスタートをきりました。
開幕式のあとは簡単な振るまいがなされ、日本と中国の漫画を愛する方々の華やかで賑やかな交流は、閉館まで続きました。

*同展は土日祝休館、最終日は13時で閉場となりますので御注意ください


(画像:会報部・柳生柳、事務局 文:柳生柳)



日中友好漫画展・日中それぞれの代表たちによる「トークイベント」開催

2018年09月12日掲載

現在中国文化センターにて開催中の「日中友好漫画展」開催初日、石子順氏がコーディネーターとして、中国美術協会の王立軍氏をはじめ、嘉興美術館副館長・仲中暁氏、嘉興文聯秘書処副処長・孔月華氏、嘉興美術館職員・岳陽氏と、中国を代表する漫画縁の方々を交えたトークイベントが開催されました。

内容は、石子氏が中国の漫画事情や文化などについて質問を投げ、その疑問に答えてもらう形式で、参加者からの質問コーナーも設けられるなど。

丁寧な解説に会場からは相づちや感嘆が見られ、たしかに内容はどれもとても興味深いものでした。

(画像 文:会報部・柳生柳)



漫画連載十周年記念 「剣客商売」複製原画展 大島やすいち×池波正太郎

2018年09月11日掲載

期 間:2018年9月15日(土)~9月30日(日)

会 場:江東区森下文化センター 1階 展示ロビー
    〒135-0004 東京都江東区森下3-12-17
    TEL:03-5600-8666  FAX:03-5600-8677

時 間:9:00~21:00

入場料:無料

主 催:リイド社

9月30日(日)14時より 大島やすいち氏サイン会開催
(9月15日(土)9時以降、会場にて『剣客商売』購入者に整理券を配布。先着100名)
詳しくは、森下文化センターHPをご覧ください。



Wonderful? Wonder World 2018 素晴らしき?世界漫画展 開催

2018年09月11日掲載

会員の横田吉昭氏の企画「Wonderful? Wonder World 2018 素晴らしき?世界漫画展」が、東京・麻布十番の元麻布ギャラリーにて開催されました。

この展示は、横田氏が世界の漫画家に呼びかけを行い風刺漫画を寄せてもらったもので、トータルで178点もの作品が展示されていました。

中々注目されにくい分野ではありますが、こう言った作品を発表される作家が世界中にいることを知る良い機会だと思いました。

(写真・文:事務局)



「怪奇漫画家・日野日出志の全仕事」、銚子電鉄「まずい棒」発売&日野プロダクション設立記念トークショー 開催

2018年09月10日掲載

 9月8日(土)下北沢の本屋B&Bにて、"日野日出志×寺井広樹×竹本勝紀「怪奇漫画家・日野日出志の全仕事」、銚子電鉄「まずい棒」発売&日野プロダクション設立記念トークショー"が開催されました。

三浦みつる氏がゲスト出演され、前半は日野日出志氏と三浦氏の出会いから、お互いの作品の感想、オカルト研究家の寺井広樹氏との出会いと「日野日出志 泣ける!怪奇漫画集」出版のお話、日野プロダクション設立の経緯などが語られ、話題の「まずい棒」のキャラクター「魔図衛門(まずえもん)」秘話も紹介されました。

 休憩を挟んだ後半は、三浦氏とバトンタッチで銚子電鉄の社長・竹本氏を迎え、まずい棒の原画を公開、銚子電鉄の状況、まずい棒の事、日野氏との事などが語られました。

 

(写真・文:会報部・岸田尚)



わたなべまさこ原画展 [カラーイラスト編]

2018年09月07日掲載

期 間:2018年9月15日(土)~30日(日)

会 場:銀座 画廊 スパンアートギャラリー
    〒104-0061 東京都中央区銀座2-2-18  西欧ビル1F
    TEL:03-5524-3060

時 間:11:00~19:00

入場料:無料

休館日:水曜日

詳しくはスパンアートギャラリーHPまで



マカロニほうれん荘展 in 福岡

2018年09月06日掲載

期 間:2018年11月17日(土)~2019年1月17日(木)

会 場:北九州市漫画ミュージアム 常設展示室「あしたのギャラリー」
    〒802-0001 福岡県北九州市小倉北区浅野2-14-5
    TEL:093-512-5077

時 間:11:00~19:00

入場料:一般…400円、中高生…200円、小学生…100円

休館日:火曜日(12月25日は臨時開館)、年末年始(12月31日〜1月2日)

 

詳しくは、北九州市漫画ミュージアムHPまで



「落語教室」出版記念 ウノ・カマキリの落画展 開催中 (9/26 写真追加)

2018年09月04日掲載

9/3より、銀座のギャラリー裏路地にて【「落語教室」出版記念 ウノ・カマキリの落画展】が始まりました。
ウノ・カマキリ氏の感性でとらえた落語の舞台画や、ユーモアのある画、ちょっと皮肉が込められた画、ホラーな画、風刺画などなど様々な色彩の風景がギャラリーの壁一面に広がっていて、見所たくさんです!
一枚一枚に物語を感じ、観る方も自分の感性の眼を向け、想像力を掻き立てられ、絵について語り合う姿、絵の前で唸りながらジックリ観ていらっしゃる方、皆さまが楽しそうに会場を巡っておられました。
ウノ・カマキリ氏のグッズや本も販売され、皆さま、ワイワイ見入って大盛況の初日でした。

展示は22日まで。(木曜はお休み)
「ギャラリー裏路地」
東京都中央区銀座7-3-16
(詳細は下記になります)
https://www.g-rojiura.com/

 

(写真・文:会報部・岸田尚)



篠原ユキオのユーモアの世界 HITOKOMART展 開催

2018年09月03日掲載

東京・表参道のGallery5610にて「篠原ユキオのユーモアの世界 HITOKOMART展」が、8月28日より9月1日の期間に開催されました。

篠原ユキオ氏は今年度第47回日本漫画家協会賞大賞を受賞され、その記念の展覧会を7月に京都三条河原町のアートギャラリー北野で開催されました。http://www.nihonmangakakyokai.or.jp/?tbl=event&id=7298
今回は東京での記念展示です。

ヒトコママンガという表現ですが、氏の展示作品はいずれもが大作、ヒトコマならではのヒネリがありながらも肩肘張らずに誰もが楽しめる、キャラクターも可愛らしいと、改めて大賞受賞に納得の素敵な展覧会でした。

#第47回日本漫画家協会賞に関する記事
http://www.nihonmangakakyokai.or.jp/?tbl=event&id=7182
http://www.nihonmangakakyokai.or.jp/?tbl=event&id=7261

(写真:会報部UNO、事務局 文:事務局)



「絵本の会」旗揚げ勉強会 開催

2018年08月31日掲載

日野日出志氏、三浦みつる氏、木村直巳氏らが絵本作家になる為の「会」を立ち上げ、8/30に会議室を貸し切り、旗揚げの「勉強会」が開催されました。
現役の絵本作家や絵本の編集者を招き、実際の絵本やダミー(漫画のネームにあたる)を見せて頂き、ホワイトボードを使って制作過程の講義や体験談が語られました。参加者は真剣に耳を傾け、多くの時間が質疑応答に当てられ、「勉強会」の幕は閉じました。

(写真・文:岸田尚)



市川けい原画展 開催中

2018年08月31日掲載

有隣堂の横浜西口コミック王国の原画展示スペースにて、「ブルースカイコンプレックス」4巻の発売記念に市川けい氏の原画展が開催されております。

市川けい氏の描かれる美しい原画を是非、間近でご覧ください。

期間
〜2018年9月17日

時間
10時〜22時

場所
有隣堂 横浜コミック王国 原画展示スペース
〒220-0005 神奈川県横浜市西区南幸1-4-B1F

(写真・文 事務局)

 



植田まさし原画展

2018年08月31日掲載

期 間:2018年9月8日(土)~11月11日(日)

会 場:さいたま市立漫画会館  
    〒331-0805 さいたま市北区盆栽町150
    TEL:048-663-1541  FAX:048-667-4921

時 間:9:00~16:30

入場料:無料

休館日:月曜日(9/17、9/24、10/8を除く)、9月18日(火)、9月25日(火)、10月9日(火)

 

詳しくは、さいたま市立漫画会館HPまで



昭和でSHOW -ちょっと昔になった昭和がアートになった-

2018年08月30日掲載

期 間:9月5日(水)〜9月15日(土) 

会 場:●ギャラリーコピス(〒135-0021東京都江東区白河 1-2-12-1F)
     9月5日(水)〜9月15日(土)※12日は休廊
     平日 11:00〜19:00
     休日 11:00〜18:00
     TEL:03-5639-2381 FAX:03-5639-2382
     http://www.g-kopis.com/index.html
    ●森下文化センター(〒135-0004東京都江東区森下3-12-17)
     9月5日(水)〜9月11日(火)
     9:00〜21:00
     TEL:03-5600-8666 FAX:03-5600-8677
     https://www.kcf.or.jp/morishita/ 
※2会場とも最終日は17:00まで。
※会場により、日程時間が異なりますのでお間違えの無いようお越しください。

【出展作家】
ウノ・カマキリ、岩國宏志、高橋俊英、とむ・くろた、まえの美佐、真壁照夫、ムラタユキトシ、mosco、永田び〜しゃ
(敬称略 太字:協会員)

詳しくは各会場のHPをご覧ください。



「落語教室」出版記念 ウノ・カマキリの落画展

2018年08月30日掲載

期 間:2018年9月3日(月)~9月22日(土)

会 場:ギャラリー路地裏
    〒104-0061  東京都中央区銀座7-3-16
    TEL&FAX:03-3571-3455

時 間:12:00~18:00

休館日:木曜日

◆初日16:00よりオープニングパーティー開催

 

詳しくは、ギャラリー路地裏HPまで



日中友好漫画展

2018年08月30日掲載

日本と中国の漫画家、友情を結ぶ漫画作品100点を展示

期 間:2018年9月11日(火)~21日(金)

会 場:中国文化センター
    〒105-0001 東京都港区虎ノ門3-5-1 37森ビル1F 
    TEL:03-6402-8168

時 間:10:30~17:30
(初日は13:30から、最終日は13:00まで)

入場料:無料

休館日:土日祝

【出展作家】
ちばてつや、植田まさし、ウノ・カマキリ、里中満智子、
森田拳次、一本木蛮、倉田よしみ、永野のりこ、西田淑子、
花村えい子、バロン吉元、ビッグ錠、牧野圭一、やの功、
矢野徳、山根青鬼、前川しんすけ、いご昭二、大石容子、
小河原智子、一峰大二、香取正樹、クミタ・リュウ、多田ヒロシ、
タナカミノル、辻下浩二、所ゆきよし、二階堂正宏、
はせべくにひこ、ヒサクニヒコ、藤井龍二、古川タク、
みうらみつる、モロズミ勝、柳生柳、山田ゴロ、わたなべまさこ、
森本清彦、はざま隆治、岸田尚、大嶽あおき、ねもと章子、
市野智絵、泉ゆきを、河原崎弘司、ジョルジュ・ピロシキ、
筑紫直弘、トシヒコ、メソポ田宮文明、きなみせいじ

詳しくは、中国文化センターHPまで



岸田尚 個展 慈しみの瞳

2018年09月03日掲載

期 間:2018年9月18日(火)〜23日(日)

会 場:The Artcomplex Center of Tokyo
    〒160-0015 東京都新宿区大京町12-9
    TEL/FAX:03-3341-3253

時 間:11:00~20:00(最終日は18:00まで)

休館日:月曜日

 

詳しくは、アートコンプレックスセンターHPまで



2018年08月30日掲載



2018年08月29日掲載



2018年08月29日掲載



第11回寅スト展 最終日「イラスト大喜利」とうとうファイナル!!

2018年08月28日掲載

8月7日(水)より開催されていた「第11回葛飾柴又寅さん記念館イラストレーション展2018〜柴又 忘れな草〜」は、8月26日(日)に最終日を迎え、最後のスペシャルイベント「イラスト大喜利」が、12時より柴又の寅さん記念館休憩室で開催されました。

会場は多勢の著名人や顔馴染みの来場者が訪れ、協会からは、いご昭二氏・ウノ・カマキリ氏・志賀公江氏・高岩ヨシヒロ氏・ねもと章子氏・山田ゴロ氏、飛び入りでyun氏という、最終日にふさわしい豪華メンバーがパネラーとして登場。
”カンロ飴”から始まり”友情””ヒーロー””柔術”など、来場者から出されたお題で、先生方が即興で絵を描くという内容のイベントに、名回答や迷回答さらには珍回答が続出で、会場は笑いの渦に包まれました。

最後は、司会の宮島幸次氏からの”イケメン司会者”というお題に名迷回答が飛び出し、会場からは笑いとともに大きな拍手が沸き起こり、終わりを惜しむ声が多数聞かれる中、11年続いた「葛飾柴又寅さん記念館イラストレーション展」通称「寅スト展」は幕を閉じました。

(画像:会報部 岸田尚、事務局  文:事務局)



2018年08月28日掲載



暗闇坂イベント型展覧会 「江戸を描く 三」 開催

2018年08月27日掲載

東京・港区の元麻布ギャラリーにて、暗闇坂イベント型展覧会 「江戸を描く 三」が開催されました。

「江戸を描く十二巡り展」「江戸を描く其之弐 おっかね江戸」と続けられてきた「江戸を描く」シリーズの3回目となります。回を重ね、展覧会もグレードアップ、参加作家による物販や、イベント、ワークショップなど、盛りだくさんの内容、多くの人で賑わいました。

展覧会情報はこちら

(写真・文:事務局)



2018年08月27日掲載



2018年08月27日掲載



2018年08月27日掲載



2018年08月27日掲載



パワーレンジャーの祭典、パワーモーフィコン・コンベンション開催

2018年08月24日掲載

 アメリカ・アナハイムにて、2018年8月17日(金)〜19日(日)の3日間に渡り、パワーレンジャー(スーパー戦隊)の祭典POWER MORPHICON(パワーモーフィコン)が開催されました。
 POWER MORPHICON(パワーモーフィコン)では、50名以上のゲストによるサイン会、特撮アクションをテーマにしたパネル・ディスカッション、スーパー戦隊のコスプレなど、盛りだくさんの催し物に参加するべく、アメリカ全土からスーパー戦隊の熱心なファンが集いました。
 目玉は豪華なゲスト陣で、アメリカからはパワーレンジャーを演じた役者たち。日本からは、超合金魂の生みの親にして、スーパー戦隊や平成仮面ライダーのメカをデザインした野中剛氏、五星戦隊ダイレンジャーのキバレンジャーを演じた酒井寿氏、アメリカ版特撮スーツアクターのミチ・ヤマト氏、漫画家の
金谷裕氏(協会員)が参加。金谷裕氏はパワーレンジャーのイラスト実演、要望するキャラをその場で描くなどして、ファンを楽しませました。

POWER MORPHICON(パワーモーフィコン)のサイトはこちら。
http://officialpowermorphicon.com/
http://officialpowermorphicon.com/guests/

(画像提供:金谷 裕氏)



2018年08月24日掲載



EYEMASK&まぐま 第5回企画展『彩光』開催中

2018年08月23日掲載

東京、赤坂のアートトラスト彩ギャラリーにて、8月22日よりEYEMASK&まぐま 第5回企画展『彩光』がスタートしました。

EYEMASKまぐまは、第46回・47回日本漫画家協会賞選考委員も務められた野谷真司氏(蒼天社代表)が編集・発行される定期刊行物です。EYEMASKはヒトコマ漫画を、まぐまはサブカルチャーをメインとされています。双方の雑誌の参加作家による展覧会となります。
また同時に、永島慎二原画コレクション展も同時に開催しています。

初日である22日には、オープニングパーティーが開かれ、多くの人で賑わいました。
同展は8月26日まで開催されています。

展覧会情報はこちら


(写真・文:事務局)



現代少女マンガの源流 手塚治虫 少女マンガメモリーズ展

2018年08月22日掲載

期 間:2018年8月10日(金)~26日(日)

会 場:江東区森下文化センター(田河水泡・のらくろ館)  1階 展示ロビー
    〒135-0004  東京都江東区森下3-12-17
    TEL:03-5600-8666

時 間:9:00~21:00

入場料:無料

休館日:8月20(月)

 

関連企画
「手塚治虫と少女マンガ~現代少女マンガの源流~」

マンガ家、作家の各講師をお迎えし、全4回の講座が開講されます。

【講師紹介】
・第1回 竹宮恵子
受講日:9月23日(日)

・第2回 水野英子
受講日:10月14日(日)

・第3回 村上もとか
受講日:11月4日(日)

・第4回 二階堂黎人
受講日:12月9日(日)

会 場:江東区森下文化センター 2F 多目的ホール 
時 間:14:00~15:30
受講料:6,000円(全4回分/税込/教材費含む)
定 員:100名
募集期間:8月10日(金)~24日(金)

※定員を超えた場合は抽選となります。

 

詳しくは、TezukaOsamu.netまで



第24回 大萬画展

2018年08月23日掲載

期 間:2018年9月11日(火)~17日(日)

会 場:京都万華鏡ミュージアム
    〒604-8184 京都府京都市中京区姉小路通東洞院東入雲華院前町706-3
    TEL:075-254-7902

時 間:10:00~18:00
 (初日12:00から・最終日17:00まで)

入場料:無料

【出展作家】
林本みきはる南洋、窪田和弘、大機博芳、益田修次、丸岡昂洋玉野のももたろう桑原正晴
(敬称略 太字:協会員)

詳しくは、京都万華鏡ミュージアムHPまで



王立宇宙軍 オネアミスの翼展 SFアニメができるまで

2018年08月28日掲載

期 間:2018年9月14日 〜 11月11日(日)

会 場:八王子市夢美術館
    〒192-0071 東京都八王子市八日町8-1 ビュータワー八王子2F
    TEL:042-621-6777 FAX:042-621-6776

時 間:10:00~19:00

入場料:一般…600円 学生・65歳以上…300円 未就学児…無料

休館日:月曜日
(ただし、祝日、振替休日の場合は開館し翌平日休館)

 

詳しくは、八王子市夢美術館HPまで



連載50周年記念特別展 さいとう・たかを ゴルゴ13 用件を聞こうか……

2018年09月02日掲載

期 間:2018年9月22日(土)~11月30日(金)

会 場:川崎市市民ミュージアム
    〒211-0052 神奈川県川崎市中原区等々力1-2
    TEL:044-754-4500

時 間:9:30~17:00(最終入場16:30)

入場料:一般…1,200円 学生・65歳以上…1,000円 中学生以下…無料

休館日:月曜日(ただし9月24日、10月8日は開館)、9月25日(火)、10月9日(火)

 

詳しくは、川崎市市民ミュージアムHPまで



水と土の芸術祭2018 地震ポスター展

2018年08月23日掲載

多摩美術大学教授・秋山孝ポスター美術館長岡館長秋山孝氏(協会員)が代表を務める「多摩美術大学地震ポスター支援プロジェクト」が中心となって作成した「災害における認識の記録としてのイラストレーションポスター」約50点を展示する。

期 間:2018年8月18日(土)~9月30日(日)

会 場:中之口先人館
    〒950-1327  新潟市西蒲区中之口363
    TEL:025-375-1112  FAX:025-375-1114

時 間:9:00~16:30

入場料:無料

休館日:月曜日(祝日または振替休日の場合は翌日)



2018年08月23日掲載



2018年08月22日掲載



2018年08月22日掲載



2018年08月22日掲載



2018年08月22日掲載



2018年08月22日掲載



2018年08月22日掲載



2018年08月22日掲載



「コミティア125」開催

2018年08月22日掲載

2018年8月19日(日)、東京都江東区にある東京ビッグサイトにて、創作系コミックイベント「コミティア125」が開催されました。
コミケットから1週間しか経っておらず、今回のコミティアは若干規模が縮小気味でしたが勢いは衰えていませんでした。
なにより「出展するならコミティア!」という協会員もまだまだいて、かつて漫画家協会賞を受賞しました、あだちのりふみ氏もその1人です。

 

(画像 文:会報部・柳生柳)

 



Wonderful? Wonder World 2018 素晴らしき?世界漫画展

2018年08月21日掲載

世界の漫画家に呼びかけて、国際的に今起こっている問題をテーマについて風刺漫画を寄せてもらったもので、178点の作品を展示します。

9月3日(月)〜8日(土)
12:00〜19:00(最終日は16:30まで)
元麻布ギャラリー: 港区元麻布3−12−13(電話03-3796-5564)

お問い合わせは横田まで
(電話080-6865-2814 e-mail:yoshiakiyokota@yahoo.co.jp)


(情報提供:横田吉昭氏)



『時空の旅』学童集団疎開 成瀬國晴展

2018年08月21日掲載

期 間:2018年8月8日(水)~26日(日)

会 場:愛知川びんてまりの館・愛知川図書館
    〒529-1313 滋賀県愛知郡愛荘町市1673
    TEL:0749-42-4114

時 間:10:00~18:00

休館日:月・火曜日、8月11日(土・祝)



「小さなアートの平和リレー 長崎おきあがりこぼし展」開催中

2018年08月21日掲載

長崎市浜町の石丸文行堂にて、おきあがりこぼし展が開催中です。(〜23日まで)
こちらでは、当協会の漫画家によるまんがこぼしに加え、地元の作家さん、一般の方々、子供さんたちの作品も同時に展示されています。
 

展示の詳細はこちらをご覧ください。

(写真提供:長崎おきあがりこぼし実行委員会・内田秀行さん 文:事務局)



第11回寅スト展「漫画家まつり」開催

2018年08月20日掲載

8月7日(水)より開催中の「第11回葛飾柴又寅さん記念館イラストレーション展2018〜柴又 忘れな草〜」にて、1回目のスペシャルイベント「漫画家まつり」が、12日(日)柴又の寅さん記念館休憩室で開催されました。

第1部は12時から、倉田よしみ氏・山田ゴロ氏・ねもと章子氏による原画公開執筆と、ウノ・カマキリ氏と中島昌利氏によるキャラ作成講座が行われ、原画公開執筆では三人三様の原稿の描き方に来場者たちは魅入っていました。
また、キャラ作成講座では、中島氏による石を使ったキャラ作り講座と、ウノ氏による似顔絵講座、飛び入りで小河原智子氏も登場、参加者には高岩ヨシヒロ氏やくまごろ氏、湯沢としひと氏などプロの皆様が入り混じっての豪華な大賑わいの講座となりました。
第2部は14時30分から、宮島幸次氏の軽快な司会で、ウノ氏・倉田氏・山田氏・中島氏・ねもと氏による特別トークショー「寅スト展ファイナル ありがとう柴又」が行われ、それぞれが寅さんへの熱い想いと今回出展した作品に込めた思いを語りました。
会場は立ち見が出る程の大入りで、トークショーの後は、お待ちかねの生原画争奪じゃんけん大会で盛り上り、生原稿を勝ちとった来場者は、満面の笑顔で帰途についていました。

同展は26日でいよいよファイナル!
最終日には、イラスト大喜利が行われます。

詳しくは寅スト展HPをご覧下さい。

(画像 文:事務局)



第11回寅スト展「似顔絵大会」開催

2018年08月20日掲載

8月7日(水)より開催中の「第11回葛飾柴又寅さん記念館イラストレーション展2018〜柴又 忘れな草〜」にて、2回目のスペシャルイベント、いご昭二氏・上枝としひこ氏・小河原智子氏・高橋エツコ氏による「似顔絵大会」が、19日(日)11時より、柴又の寅さん記念館休憩室で開催されました。
会場は、多勢の来場者が訪れ、似顔絵コーナーは、1時間以上待ちとなる状況も出るほど大盛況でした。

寅スト展は、26日(日)で、いよいよ11回の歴史に幕を降ろします。
来週のイベントは「イラスト大喜利」!
笑いいっぱいでファイナルを迎えるため、運営スタッフ・出展者一同はりきって皆様のご来場をお待ちしております。

詳しくは、寅スト展HPをご覧下さい。

(画像 文:事務局)



コミックマーケット94 1日目 開催される

2018年08月23日掲載

2018年8月10日(金)~12日(日)までの三日間、東京ビックサイトにてコミックマーケット94が開催されました。

台風直撃が危ぶまれたものの、一夜明ければ驚きの晴天に。猛暑の中、祭りが始まりました。
今回も協会員さんの出展は20サークル超え、回を追うごとに参加数が増加している模様です。

お忙しい中取材にご協力いただきました皆様、ありがとうございました。
お会いできなかった先生方へは大変失礼をいたしました。またの機会に改めてお伺いしたいと思いますので、その時はどうぞよろしくお願いいたします。

(画像・文 事務局)



コミックマーケット94 2日目 開催される

2018年08月23日掲載

8月11日(土)東京国際展示場にてコミックマーケット94の2日目が開催され、約20数名の協会員さんが出展。
来場者数16万人、参加サークル数約11,800(コミックマーケット広報正式発表による)!
この日も空は青く、連日続く猛暑日。
各サークルの協会員さんは皆様さすがの大盛況で、大汗を拭いながらもお客様に笑顔で接している姿が印象的でした。
そんなお忙しい中、当協会の取材に対しても快よく対応して下さり、たくさんの貴重なご意見やお話しもお聴きすることができました。
また、朝イチから順番にお伺いさせていただきましたが、新刊等々完売されている所も多く、既に帰られてしまっていた所も…。お会い出来なかった皆さま、また、突然取材に押しかけて大変失礼をいたしました。
今冬も取材は行なう予定ですので、「私ここで出展してます!」「取材大歓迎、来てください!!」または「恥ずかしいから来ないで!!」など、協会の事務局宛にお声かけいただきましたら幸いです。
ご協力いただきました皆様に、心から感謝しています。

(画像 文:事務局)



コミックマーケット94 3日目 開催

2018年08月23日掲載

2018年8月10日(金)〜12日(日)まで、東京都江東区にある東京ビッグサイトにて、3日間に渡り、巨大コミックイベント「コミケット94」ですが、もっとも動員数の多くなる3日目の朝は、前2日よりも若干過ごしやすいスタートとなっていました。
それでも日が昇りきってからは猛暑が襲いかかり、3日間で例年60万人に迫る動員数があるコミケット、ピーク時の会場内は人が溢れ前に進めないほどでした。

協会員の出展者も3日目は非常に多く、この日も朝イチから事務局、会報部のメンバー4名がかりで回っていましたが、さまざまな事情からご挨拶が叶わなかった先生方へは失礼いたしました、そしてお忙しい中を快く御対応くださいました先生方へは心より感謝申し上げます、皆様お疲れ様でした。

※後日写真の追加があります。


(画像:会報部・柳生柳、会報部・岸田尚、事務局 文:会報部・柳生柳)



永田カビ 展示会「一緒に逃げてくれませんか」開催される

2018年08月20日掲載

当協会会員の永田カビ氏による個展永田カビ 展示会「一緒に逃げてくれませんか」が、8月14日より19日まで、東京杉並区高円寺の喫茶マチモ別館「Gallery 螺旋」にて開催されました。(展示はギャラリーにご許可をいただき、撮影させていただいきました。)

高円寺の商店街横の少し分かりにくい場所にあるギャラリーですが、ほぼ途絶えることなく来場者があり、遠方から来られた方も少なくなかったようです。

芳名帳がわりに設置されたノートには来場者の書き込みがびっしり、お手紙を書かれる方も多かったそうです。

繊細な永田氏の原画作品を見られる、貴重な機会となりました。

 

(写真・文:事務局)



2018年08月20日掲載



2018年08月20日掲載



2018年08月20日掲載



2018年08月20日掲載



2018年08月20日掲載



2018年08月20日掲載



2018年08月20日掲載



長崎平和アートプロジェクト2018「小さなアートの平和リレー 長崎おきあがりこぼし展」〜 長崎原爆の日の式典

2018年08月14日掲載

長崎のアーティストたちが世界の恒久平和を願い立ち上げられたのが、長崎平和アートプロジェクト(通称/ナヘア)です。このナヘアの今年のアートイベントに「おきあがりこぼしプロジェクト」の絵付けこぼしが参加協力を行いました。

アートイベントは長崎市内各所にて行われますが、おきあがりこぼし展のスタートとして、長崎歴史文化博物館のエントランスロビーにて展示が行われています。
長崎おきあがりこぼし展では、日本漫画家協会所属作家とフランス・パリのアーティストに加え、長崎の地元作家や一般参加者のこぼしも展示に加わります。

まんがこぼしの展示は8月15日から石丸文行堂6Fで行われますが、日本漫画家協会事務局が長崎に伺うことを伝えたところ、来場に合わせて長崎歴史文化資料館にまんがこぼしを飾って下さいました。
この会場では、現在までの「おきあがりこぼしプロジェクト」の活動の映像が流れたり、特大無地こぼしにプロジェクションマッピングで瞬時に変身するこぼしの展示も行われています。
ナヘア及び関係者の皆様、どうもありがとうございました。

長崎原爆の日を前後し、関係会場を見学。
長崎原爆落下中心地公園の川の斜面では、キッズゲルニカ(ピカソの名画ゲルニカと同じサイズのキャンバス3.5m×7.8mに、子どもたちが平和を祈る絵画を描いています)十数点が展示。これも大変見事です。
8日の夜には長崎原爆落下中心地公園にて第46回原爆殉難者慰霊祭(様々な宗教を超え合同で実施される慰霊祭。原爆殉難者の慰霊、平和を願って祈りが捧げられる)、9日長崎原爆の日は平和公園にて被爆73周年長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典が行われました。
これらは映像やニュースで度々取り上げられていますが、実際に現場に立ち会うと本当に素晴らしく美しい式典でした。平和記念式典の資料は長崎市のHPで配信されています。
各会場の詳細は写真をご覧ください。

長崎市HPhttp://www.city.nagasaki.lg.jp

展覧会・イベント情報はこちら
 

(写真・文:事務局)



2018年08月10日掲載



2018年08月10日掲載



夏期休暇について

2018年08月10日掲載

公益社団法人日本漫画家協会事務局は、8月13日(月)〜17日(金)の間、夏休みとさせて頂きます。



鶴岡八幡宮 第31回 ぼんぼり祭開催中

2018年08月08日掲載

神奈川県・鶴岡八幡宮の夏の風物詩「ぼんぼり祭」が、8月6日〜9日まで開催されています。
境内には鎌倉ゆかりの作家著名人らが描いたぼんぼりが数多く掲揚され、多くの参拝客で賑わいます。
夕刻になると、ぼんぼりそれぞれに灯りがともり、参道を幻想的に彩ります。

(写真提供:小松秀夫氏)



2018年08月08日掲載



2018年08月08日掲載



2018年08月08日掲載



2018年08月07日掲載



国際アート・カルチャー都市としま2018 夏のとしまで楽しむマンガと文化財

2018年08月07日掲載

主 催:夏のとしまで楽しむマンガと文化財
   (自由学園明日館・朝日新聞社・としま南長崎トキワ荘協働プロジェクト協議会
    株式会社ホクトデザインルーム・公益財団法人としま未来文化財団・豊島区)

協 力:キリンビバレッジ株式会社

会 場:自由学園明日館 東京都豊島区西池袋2-31-3
    TEL :03-3971-7535

手塚治虫文化賞特別展
会 期:8月7日(火)〜17日(金)
    10:00〜17:00(最終日は16:00まで)
※歴代の手塚治虫文化賞(朝日新聞社主催)を受賞した作品の「サイン入りパネル」約30点を展示します。
入場無料

自由学園明日館 
第87回ホリデーコンサート

会 期:8月11日(土)13:00~13:40
演 奏:菊池広輔(ピアノ)
※東京音楽大学の学生・若い卒業生の演奏による毎月開催の無料コンサー ト。
 今回は手塚治虫にちなんだ「鉄腕 アトム」や「展覧会の絵」なども演奏。
入場無料・定員200名

矢部太郎氏講演会
会 期:8月12日(日) 15:00〜16:30
※第22回手塚治虫文化賞短編賞)の受賞者、 お笑いタレント「カラテカ」矢部太郎氏の講演!
無料・定員120名・要申込
●申込
自由学園明日館ホームページ
http://www.jiyu.jp/news/natsutoshi/

音と絵の親子ワークショップ 描いた絵を音と一緒に演奏しよう!
会 期:8月12日(日) 14:00〜16:30
※アニメーションはどうして動くのか?
 その仕組みを知って、音に合わせて 自分で描いた絵を動かしながら、
 みんなで演奏しましょう!
無料・12組24名・要申込
●申込
自由学園明日館ホームページ
http://www.jiyu.jp/news/natsutoshi/
 

詳しくはhttp://www.city.toshima.lg.jp/374/kuse/project/artculture/1503241921.html



講演会「漫画家 北沢楽天を語る」

2018年08月07日掲載

期 間:2018年8月25日(土)

会 場:さいたま市立漫画会館 2階漫画資料室    
    〒331-0805 さいたま市北区盆栽町150
    TEL:048-663-1541  FAX:048-667-4921

時 間:13:30~15:30(開場13:00)

定 員:先着30名(事前申込制)

入場料:無料

【内 容】
 1.基調講演「漫画史から見た北沢楽天」
 講師:清水勲

 2.鼎談会「風刺漫画家・北沢楽天」
 講師:清水勲、大木萠、あらい太朗
​​​​​​​(敬称略)

詳しくは、さいたま市立漫画会館HPまで



永田カビ 展示会「一緒に逃げてくれませんか」

2018年08月07日掲載

期 間:2018年8月14日(火)〜19日(日)

会 場:喫茶マチモ別館「Gallery 螺旋」
    〒166-0003 東京都杉並区高円寺南3-45-1 永和ビル304
    TEL:03-5378-1517   

時 間:14:00~21:00 
    ※初日は16:00から
    ※最終日は19:00まで

詳しくは、Gallery螺旋 HPまで



「グルメマンガのレジェンドたちが三鷹に集結するイベント『伝説に会おう!グルメ漫画家の世界」

2018年08月06日掲載

8/4三鷹R1スタジオにて「グルメマンガのレジェンドたちが三鷹に集結するイベント『伝説に会おう!グルメ漫画家の世界」が開催されました。

第1部はグルメ漫画原作者の久住昌之氏と鍋島雅治氏の対談。色々なお店への取材時の面白いエピソードや原作ストーリーを考えるにあたってのお話を語られ、スライド画像を見ての個性的なお店の外観やメニュー、店員さんとの触れ合いを解説され、お客様も笑いに包まれました。

第2部はグルメ漫画を描かれている魚戸おさむ氏、はしもとみつお氏、本庄敬氏の対談。仲良しの三人が和気あいあいと楽しくそれぞれの作品やグルメについて対談されました。

第3部は寺沢大介氏と協会員でもあるビッグ錠氏の対談。ビッグ氏の貸本時代からデビューまで、原作者の牛次郎氏との出会い、グルメ漫画についてと料理のレシピ等(漫画の中の無謀なレシピのお話も)を寺沢氏と楽しくお話されました。フィクションは辻褄が合わないから楽しいとビッグ氏の名言も飛び出し、即興落書き対決など大盛況でイベントは終了致しました。

【主催】株式会社BS‐TBS

株式会社ダブルエル

 

(写真・文:会報部・岸田尚)



「ペリリュー ー楽園のゲルニカー」 武田一義氏トークイベント 開催

2018年08月06日掲載

8月5日ネイキッドロフトにて『マンガワールド 其の67「ペリリュー ー楽園のゲルニカー」 武田一義氏(協会員)トークイベント』が開催されました。

司会は岸田尚氏(協会員)、WILD大将氏、三浦菜々子氏。

第1部ではパラオ共和国ペリリュー島での戦闘と漫画を描かれるにあたってのお話を中心に、ペリリューへ行かれたの取材の事、史実と創作についてを語って頂き、また漫画家デビューされる前のお話、奥浩哉氏のアシスタントをされた際のお話、日本漫画家協会賞を受賞された際の事など貴重なお話を沢山お聞きしました。

第2部では「ペリリュー ー楽園のゲルニカー」のファンを公言されている雨蘭氏(協会員)がゲストとして登壇。「ペリリュー ー楽園のゲルニカー」の魅力と感じた事、皆さんにオススメしている事などを語られました。

トークの後は武田氏と雨蘭氏のライブペインティングやファンからの質問コーナーなどがあり、イベントは大盛況で幕を閉じました。

 

(写真・文:会報部・岸田尚)



米沢嘉博の『戦後怪奇マンガ史』展 〜 関連イベント・日野日出志「原色の地獄」開催

2018年08月06日掲載

東京・神田猿楽町の米沢嘉博記念図書館では、「米沢嘉博の『戦後怪奇マンガ史』展」が開催中です。

この展示は、米沢嘉博氏によって書かれた『戦後怪奇マンガ史』より、戦後の怪奇マンガを紹介する展示です。

漫画評論家の故・米沢嘉博氏が生前に連載していた「戦後怪奇マンガ史」「恐怖マンガの系譜」を、同題『戦後怪奇マンガ史』として一冊にまとめられたもので、米沢氏が亡くなってから10年近く経た2016年に刊行されました。

この展覧会に関連し幾つかのイベントが予定されいていますが、8月4日(土)16時より同館2階閲覧室にて、トークイベント日野日出志「原色の地獄」が行われました。聞き手は落語家の瀧川鯉朝師匠。作品をスクリーンに投影し作品解説を行われましたが、作風とはまた違う楽しいトークが続き、会場も盛り上がりました。


イベントはこの後、9月8日(土)に「1990年以降の怪奇恐怖マンガ」と銘打って開催予定です。


展示は、1階会場にて、9月30日(日)まで開催しています(8月31日以降入れ替え展になります)。

展覧会情報はこちら
http://www.nihonmangakakyokai.or.jp/?tbl=exhibition&id=7205#id7205

 

(写真:事務局・会報部UNO)



暗闇坂イベント型展覧会 「江戸を描く 三」

2018年08月06日掲載

期 間:2018年8月21日(火)~27日(月)

会 場:元麻布ギャラリー
    〒106-0046 東京都港区元麻布3-12-3
    TEL:03-3796-5564

時 間:
 平日…14:00〜19:00
 土日…11:00~19:00
 ※最終日17:00まで

入場料:無料

 

【出展作家】

◆イラスト・漫画
石川あぐり / いずみ朔庵 / 内山大助 / 大石容子
くまごろ / てふや食堂 / 寺島令子とやまみーや
中野耕一 / 長谷川正治 / 前田裕幸 / 睦月影郎 / 室谷雅子

◆立体造形
伊原源造 / 岡健之 / 小坂宏明 / 山脇隆

◆刀剣
石田四郎國壽 / 協力:現刀美

(敬称略 太字:協会員)

 

詳しくは、江戸を描く展Twitterまで



遥かなる憧憬との対峙 幻獣神話展V

2018年08月06日掲載

期 間:2018年8月9日(木)~18日(土)

会 場:東京交通会館 地下1F ゴールドサロン
    〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-10-1
    TEL:03-5524-3060

時 間:11:00~19:30

入場料:無料

【出展作家】
アオガチョウ / 青木俊直 / 浅沼テイジ / 麻宮騎亜 / 愛実 / 市川友章  /
イトウケイイチロウ / イマムラセイヤ / 江本 創 / 大石容子 / 太田 翔 / 
大野萌菜美 / 岡 健之 / 鬼塚kama / 開田裕治 / かざあな / 一峰大二 / 香取正樹
カミジョウヒロ / 唐沢なをき / 木村 龍 / 弘司 / 寒河江智果 / 櫻井紅子 / さちこ / 
三条獅子 有忠 / 清水イズ / スクリーミング・マッド・ジョージ / 添田一平 / 
ソノヤマ・タカスケ / 空山 基 / 高嶋英男 / 高橋葉介 / 高橋邑木 / タカヤマトシアキ /
槻城ゆう子 / Deino / 寺田克也 / 天神英貴 / とやまみーや / 中川知洋 / 永島信也 /
永野のりこ / 西川伸司 / NeQro / 衣 -hatori- / 花上貴之 / 林美登利 / 雛菜雛子 /
百武 朋 / 藤ちょこ / 穂坂英樹 / 骨オヤジ / 前田ヒロユキ / 松村しのぶ / 牧田恵実 /
丸山 浩 / マンタム / 緑川美帆 / 向川貴晃 / 守亜 / 森園みるく / 諸星大二郎 /
山田雨月 / 山脇 隆 / 横倉裕司 / るるい宴 / 渡邊光也 
(敬称略 太字:協会員)

 

詳しくは、スパンアートギャラリーHPまで



2018年08月03日掲載



2018年08月03日掲載



2018年08月03日掲載



2018年08月02日掲載



「日本漫画2018展」開催中

2018年08月01日掲載

2018年7月30日(月)〜8月4日(土)まで、東京都中央区銀座にあるギャラリー暁にて「日本漫画2018展」が開催されています。
初日は日本漫画家協会賞を受賞した記念すべき年に見合うべく、開場時間から切れ間なく訪れる来場者達でフロア満員の大賑わい、西田淑子氏の挨拶では大きな拍手が降り注ぎ、山根青鬼氏の乾杯の合図と共にオープニングパーティがスタート。
歌と踊りの余興もあり、華やかで笑顔いっぱいの初日となっていました。

*会期中は無休ですが、最終日は15時で閉場となりますので御注意ください
 

(写真・文:会報部・柳生柳)



『平成を振り返る』関としお一コマ漫画展

2018年08月01日掲載

期 間:2018年8月1日(水)〜8月19日(日)
    (会期中無休)

会 場:板橋区立西台図書館 玄関ホール
    〒174-0045 東京都板橋区西台3丁目13−2
    TEL:03-5399-1191

時 間:9:00〜20:00

入場料:無料
 

詳しくは、板橋区立西台図書館HPまで



篠原ユキオのユーモアの世界 HITOKOMART展

2018年08月01日掲載

期 間:2018年8月28日(火)〜9月1日(土)

会 場:Gallery 5610
    〒107-0062  東京都港区南青山5-6-10 5610番館
    TEL:03-3407-5610   FAX:03-3406-6300

時 間:11:00〜18:00
    ※最終日は16:00まで

 

詳しくは、Gallery 5610 HPまで



「アニメ・マンガから見る戯曲の記憶 中国美術学院の挑戦」展 開幕式行われる

2018年08月01日掲載

「アニメ・マンガから見る戯曲の記憶 中国美術学院の挑戦」展の開幕式が7/31に中国文化センターで開催されました。(8/10迄)

中国美術学院の方のご挨拶で始まり、中国の戯曲の歴史、戯曲と水墨画とアニメーションの出会い、中国のアニメーションの事(水墨アニメ)、中国と日本の交流の事などが語られました。来賓の方々の貴重なお話が続き、記念品贈呈式、テープカットで式は幕を閉じました。
(開幕式には日本漫画家協会から会員の山根青鬼氏、ウノ・カマキリ氏、岸田尚氏、事務局渡邉教子氏、賛助会員の手塚プロダクション松谷社長が出席致しました。)

会場には数々の作品と短編アニメーションの上映があり、見所満載の展示となっています。

期 間:2018/07/31(火)〜2018/08/10(金)*土日休
会 場:中国文化センター
住 所:東京都港区虎ノ門3丁目5−1 虎ノ門37森ビル 1F
*入場無料
https://www.ccctok.com/wp-content/uploads/2018/07/ecdbe38391f7261f15354720302617df.pdf

 

(写真:会報部・UNO、事務局 文:会報部・岸田尚)



2018年08月01日掲載



2018年08月01日掲載



2018年08月01日掲載



2018年08月01日掲載



2018年08月01日掲載



2018年08月01日掲載



2018年08月01日掲載



信州須坂 豪商の館 クミタ・リュウ漫画展開催中

2018年07月31日掲載

現在、長野県須坂市の「信州須坂 豪商の館 田中本家博物館」にて、クミタ・リュウ漫画展が開催中です。
7月28日(日)には、クミタ氏によるマンガ教室が行われました。

同展は、9月9日(日)まで。

展覧会情報はこちら

(写真提供:(株)やなせスタジオ代表・越尾正子氏)



8月の事務局ライブラリー

2018年08月01日掲載

◆花冠の竜の国encore~花の都の不思議な一日~ 6 中山星香/著 秋田書店/刊 454円
◆里見八犬伝REBOOT 4~6 よしむらなつき/著 竹書房/刊 各630円
◆おふねやだより 漫画家ウノ・カマキリ特集 おふね舎/著
◆月刊広場8月号 No407
◆DON8月号 No23
◆彼女か世界か選べない 1~3 内山敦司/著 講談社/刊 1・2巻429円、3巻440円
◆野球部のヒロコせんせい 1 ムラタコウジ/著 小学館/刊 552円
◆てのひらにアイを! 1 ムラタコウジ/著 小学館/刊 552円
◆ぽちゃこい 1 ムラタコウジ/著 日本文芸社/刊 593円
◆敗北の女王 屈辱のアクメ晒し bowalia/著 エンジェル出版/刊 980円
◆女子力撃破 bowalia/著 エンジェル出版/刊 980円
◆地下闘技場 扇 上巻 bowalia/著
◆恋のツキ 2、3、5 新田章/著 講談社/刊 各570円
◆トロケアナ ドクロさん/著 ワニマガジン社/刊 1000円
◆童貞様の思うがまま 桜庭ゆりん/著 フロンティアワークス/刊 648円
◆不埒な官能カリキュラム 桜庭ゆりん/著 フロンティアワークス/刊 648円
◆花檻草子 1 長神/著 アスキーメディアワークス/刊 580円
◆ふつつかな父娘ではありますが 1、2 長神/著 KADOKAWA/刊 各580円
◆うちの猫がまた変なことしてる。 2 卵山玉子/著 KADOKAWA/刊 1100円
◆マンガでわかる片づけ ネコちゃんのスパルタおそうじ塾 卵山玉子/著  WAVE出版/刊 1200円
◆姫宮さんの中の人 1 黒川いづみ/著 月見草平/作 Ein/キャラクター原案 ワニブックス/刊 620円
◆悪魔をむにゅむにゅする理由 黒川いづみ/画 鏡裕之/著 ホビージャパン/刊 619円
◆グッバイ!異世界転生 1 ぱらボら/著 サイトウケンジ/作 講談社/刊 600円
◆偉人住宅 ツバキヒルズ 1 野田宏/著 小学館/刊 552円
◆人魚姫のごめんねごはん 1、2 野田宏/著 小学館/刊 各630円
◆手塚ファン Vol.329
◆抱かれたい道場 中川ホメオパシー/著 秋田書店/刊 552円
◆干支天使(えとらんじぇる)チアラット 3 中川ホメオパシー/著 リイド社/刊 630円
◆なかよし番外地 中川ホメオパシー/著 KADOKAWA/刊 1100円
◆ゆるお先輩とわたし 1、2 泥川恵/著 KADOKAWA/刊 各1000円
◆10年後、ベッドで交わる初恋 花本八満/画 anco/作 祥伝社/刊 570円
◆1日1回エッチしなくちゃダメですか? 花本八満/著 ブライト出版/刊 657円
◆初恋のとなり 宇野ユキアキ/著 一迅社/刊 680円
◆ともだちひとりできるかな 宇野ユキアキ/著 Jパブリッシング/刊 648円
◆キミが見えなくても 1~3 流田まさみ/著 講談社/刊 1、3巻390円・2巻400円
◆白エリと青エリ 1 関根美有/著 タバブックス/刊 1000円
◆母の友 8 福音館書店/刊 505円
◆翔んで埼玉 魔夜峰央/著 宝島社/刊 700円 



子どもたちと考える平和展

2018年07月31日掲載

期 日:2018年8月6日(月)〜9日(木)

会 場:大阪市北区役所 1階 区民交流プラザ
    〒530‐8401 大阪府大阪市北区扇町2-1-27
    TEL:06‐6313‐9743

時 間:9:00~17:30

協会員のビッグ錠氏による紙芝居の実演、絵本の読み聞かせ、アニメ上映や各種パネル展示が行われます。
詳しくは、大阪市北区役所HPまで



マンガワールド 其の67「ペリリュー ー楽園のゲルニカー」

2018年07月30日掲載

マンガワールド 其の67「ペリリュー ー楽園のゲルニカー」 武田一義氏のトークショーが8/5(日)に開催されます。

ヤングアニマルで「ペリリュー ー楽園のゲルニカー」を好評連載中の武田一義氏。奥浩哉先生のアシスタントを務めている時に癌が見つかり、闘病生活を描いた「さよならタマちゃん」でデビュー。2016年よりヤングアニマルで「ペリリュー ー楽園のゲルニカー」を連載開始。
昨年度の日本漫画家協会賞優秀賞を受賞しました。
作品の誕生エピソードや、取材に訪れたペリリュー島の過去と現在、作品を通してのメッセージなど大いに語っていただきます。
協会員の岸田尚氏も司会にて参加します。

 

会 場:Naked Loft
    東京都新宿区百人町1丁目5−1 百人町ビル
    TEL 03-3205-1556

期 日:2018年8月5日(日)

時 間:OPEN 12:30 / START 13:00

出 演:武田一義
ゲスト:WILD大将、三浦菜々子 他応援ゲスト予定


詳細↓
http://www.loft-prj.co.jp/schedule/naked/91710

(協力 ヤングアニマル編集部 文:会報部 岸田尚)



サンリオキャラクターズ かわいいのヒミツ展

2018年07月30日掲載

期 間:2018年7月14日(土)~ 10月14日(日)

会 場:石ノ森萬画館 企画展示室
    〒986-0823 宮城県石巻市中瀬2-7
    TEL : 0225-96-5055

時 間:9:00~18:00
    ※入場は17:30まで

入場料:大人:800円/中高生:500円/小学生:200円/未就学児:無料
   (常設展観覧料含む)

休館日:第3火曜日(8月は無休)

 

詳しくは、森萬画館HPまで



マンガを描く楽しさを知る「夏休みマンガ教室」

2018年07月30日掲載

期 日:2018年8月5日(日)

会 場:秋田県 横手駅前「Y2(ワイワイ)プラザ」特設会場
    〒013-0036 秋田県横手市駅前町1−21

時 間:午前の部 10時~12時
    午後の部 14時~16時

対象者:小学生

参加料:無料

定 員:午前の部、午後の部とも各40名(先着順、事前申込み)

問い合わせ先:
 横手市増田まんが美術館
 〒019-0701 秋田県横手市増田町増田字新町285番地
 TEL:0182-45-5569

 

参加申し込みについては横手市増田まんが美術館HPまで



里中満智子「愛」のテーゼ

2018年07月30日掲載

期 間:2018年8月11日(土・祝)〜10月8日(土・祝)

会 場:高志の国文学館
    〒930-0095  富山市舟橋南町2-22
    TEL:076-431-5492

時 間:9:30〜18:00
    ※入場は17:30まで

入場料:一般500円、大学生250円

休館日:火曜日

里中満智子氏による貴重な原画の数々をお届けします。
詳しくは、高志の国文学館HPまで



世界最大の怪獣祭り G-FEST XXV 開催

2018年07月30日掲載

Gフェスタ開催25周年!日本からは金谷裕氏がイラスト実演で参加

アメリカ・シカゴにて、2018年7月13日(金)〜15日(日)の3日間に渡り、世界最大の日本の怪獣映画ファンの祭典G-FEST (ジーフェスタ)が開催されました。

アメリカ、カナダから毎年2000人以上の熱心なファンが集い、昭和のゴジラ・ガメラ映画の上映はもちろん、ゲストによる講演とサイン会、特撮技術に関する研究発表、日本の映像文化をテーマにしたパネル・ディスカッション、怪獣着ぐるみパレード、書籍・DVD・フィギュアの販売が行われます。

目玉は豪華なゲスト陣で、開催25回目となる今年は平成ゴジラ・シリーズを支えた人達が出席しました。小高恵美 (元女優) 、村瀬継蔵 (特殊造形師) 、薩摩剣八郎 (俳優) 、金谷裕 (漫画家) 、ロバート・スコット・フィールド Robert Scott Field (俳優) が日本から参加、アメリカからはドン・フライ Don Frye (元総合格闘家) 、ジーン・リザルディ Gene Rizzardi (模型作家) 、そしてカナダからは G-FEST の創設者 J. D. リーズ J. D. Lees。

 

シカゴGフェスタのウェブサイトはこちら
http://www.g-fan.com/

下記、シカゴのニュース記事にも掲載されています。
https://www.chicagosamurai.com/archive/g-fest-xxv

 

(画像提供:金谷 裕氏)



2018年07月30日掲載



2018年07月30日掲載



2018年07月30日掲載



2018年07月30日掲載



2018年07月27日掲載



2018年07月27日掲載



2018年07月27日掲載



2018年07月27日掲載



2018年07月27日掲載



2018年07月27日掲載



2018年07月27日掲載



2018年07月27日掲載



2018年07月27日掲載



2018年07月27日掲載



2018年07月27日掲載



2018年07月27日掲載



2018年07月27日掲載



2018年07月27日掲載



ゲゲゲの鬼太郎トリックアートの館

2018年07月26日掲載

期 間:2018年7月21日(土)~9月2日(日)

会 場:湯前まんが美術館(湯前町中央公民館)
    〒868-0621 熊本県球磨郡湯前町1834-1
    TEL:0966-43-2050 / FAX:0966-43-3373

時 間:9:30~17:00

入場料:一般・大学・高校生・300円、小学生・中学生・100円

 

詳しくは、湯前まんが美術館HPまで



2018年07月26日掲載



訃報 会員・下田信夫氏を偲ぶ会

2018年07月20日掲載

会員の下田信夫氏が平成30年5月22日、肺膿瘍のため69歳で逝去されました。
ご葬儀は5月25日、26日に近親者のみで行われました。
今月下田氏を偲ぶ会が行われますので、お知らせ致します。

 

「Nobさんを偲ぶ会」

日 時:平成30年7月27日(金)午後7時から9時

会 場:スクワール麹町 三階 錦の間
    東京都千代田区麹町6-6(JR四ツ谷駅前徒歩1分)
    電話 03-3234-8739

会 費:八千円

発起人:鳥養鶴雄 石坂浩二 帆足孝治 三井一郎 斉藤章二
    武田頼政 杉山 潔 小室晴二 佐竹政夫 中村浩美

ご出席いただく場合は、会場の準備の都合上、7月22日(日)までにメールにてお知らせください。(ご担当 鈴木氏)
お申し込みはこちらまで。

※航空ジャーナリスト協会のHPに詳細が記載されています。
http://www.j-aja.sakura.ne.jp



昭和館で学ぶ『この世界の片隅に』

2018年07月20日掲載

期 間:2018年7月21日(土)~9月9日(日)

会 場:昭和館 3階 特別企画展会場
    〒102-0074 東京都千代田区九段南1-6-1   
    TEL:03-3222-2577   FAX:03-3222-2575

時 間:10:00~17:30
    ※入館は17:00まで

入場料:無料
    ※常設展示室は高校生以上有料

休館日:月曜日

詳しくは、昭和館HPまで



杉並で楽しむアイカツ!シリーズ5周年♪ スギカツフレンズ!

2018年07月20日掲載

期 間:2018年7月19日(木)〜11月18日(日)

会 場:杉並アニメーションミュージアム 杉並会館3階
    〒167-0043 東京都杉並区上荻3-29-5
    TEL:03-3396-1510  FAX:03-3396-1530

時 間:10:00~18:00
    ※最終入館は17:30まで
    ※最終日(11月18日)は16:00閉館

入場料:無料

休館日:月曜日
    ※月曜祝日の場合は開館し、その翌平日が休館
    ※臨時休館あり

詳しくは、杉並アニメーションミュージアムHPまで



小さなアートの平和リレー 長崎おきあがりこぼし展

2018年07月19日掲載

アート、文化、音楽等による長崎平和リレー展、
ながさき平和アートプロジェクト2018が8月より開催されます。

期 間:2018年8月5日(日)~31日(金)

会 場:総数役800個が分散展示となります

    原爆資料館 長崎県長崎市平野町7-8
    8月12日(日)~31日(金)

    長崎歴史文化博物館エントランス 長崎県長崎市立山1-1-1
    8月5日(日)~31日(金)

    浜屋百貨店7F 長崎県長崎市浜町7-11
    8月15日(水)~20日(月)

    石丸文行堂 長崎県長崎市浜町8-32
    8月14日(火)~23日(木)

入場料:無料

お問い合わせは 長崎おきあがりこぼし実行委員会
        TEL 090-1168-5597(ウチダ)



大伴家持生誕1300年記念 里中満智子作品展 -時をこえる愛の言霊-

2018年07月18日掲載

期 間:2018年8月4日(土)~11月18日(日)

会 場:鳥取県因幡万葉歴史館 民俗展示室
    〒680-0146 鳥取県鳥取市国府町町屋726
    TEL:0857-26-1780   FAX:0857-26-1781

時 間:9:00~17:00 (最終入館は16:30)

入場料:一般…500円、団体・前売…400円、65歳以上・高校生以下…無料
    ※常設展の観覧料含む

休館日:月曜日、祝日の翌日
    ※月曜日が祝日の場合は開館
    ※8月13日は開館

 

詳しくは、鳥取県因幡万葉歴史館HPまで



第72回みたままつり 開催

2018年07月17日掲載

2018年7月13日(金)から7月16日(月・祝)までの4日間、東京・千代田区の靖国神社で「第72回 みたままつり」が行われました。
 沿道には著名人による灯籠が灯され、協会員の方々の絵付け灯籠も展示されました。

(写真提供:小松秀夫氏)



「海峡マンガ合戦」vol.19 鈴見敦 作品展 開催中

2018年07月13日掲載

 「海峡マンガ合戦」第19弾として、現在「月刊少年エース」で活躍中の鈴見敦氏(九州ブロック協会員)の作品をご紹介します。
 本展では、鈴見敦氏がこれまでに発表した作品の中から『東京レイヴンズ』、そして最新作である『放課後カグラヴァイブス』を中心に、カラーイラスト・モノクロ原稿などを展示します。
いよいよ7月末に発売となる『放課後カグラヴァイブス』1巻と合わせて、第一線を走り続ける鈴見敦氏の世界をご紹介します。

 

期 間:2018年7月14日(土)~9月14日(金)

会 場:北九州市漫画ミュージアム 常設展示エリア(あるあるCity 6階)
    〒802-0001 福岡県北九州市小倉北区浅野2-14-5
    TEL:093-512-5077 FAX:093-512-5130

時 間:11:00~19:00(入館は18:30まで)
    ※8月のみ11:00~20:00(入館は19:30まで)

入場料:一般400円・中高生200円・小学生100円

休館日:火曜日
    ※7/21~8/31は夏休み期間のため無休

詳しくは、北九州市漫画ミュージアムHPまで

(画像提供:北九州市漫画ミュージアム)



PEACE MAKER 鐵 原画展 -京都幕末新撰組異聞-

2018年07月13日掲載

期 間:2018年9月15日(土)~11月6日(火)

会 場:京都国際マンガミュージアム 2階 ギャラリー1、2、3
    〒604-0846 京都府京都市中京区烏丸通御池上ル
    TEL:075-254-7414

時 間:10:00~18:00(最終入場は17:30)

入場料:無料(ただし、ミュージアム入館料は別途必要)

休館日:水曜日、10月7日(日)、10月8日(月・祝)

詳しくは、
京都国際マンガ・アニメフェア2018 HP
京都国際マンガミュージアムHP
まで。
(画像提供:京都国際マンガミュージアム  ©黒乃奈々絵/マッグ ガーデン)



ニャンコ先生とふりかえる おもいで 夏目友人帳 記憶展

2018年07月13日掲載

期 間:2018年9月1日(土)~11月4日(日)

会 場:京都国際マンガミュージアム 2階 ギャラリー4
    〒604-0846 京都府京都市中京区烏丸通御池上ル
    TEL:075-254-7414

時 間:10:00~18:00
    ※最終入場は17:30
    ※9月15・16(土・日)は10:00〜20:00

入場料:無料(ただし、ミュージアム入館料は別途必要)

休館日:水曜日、10月7日(日)、10月8日(月・祝)

詳しくは、
京都国際マンガ・アニメフェア2018 HP
京都国際マンガミュージアムHP
まで

(画像提供:京都国際マンガミュージアム ©緑川ゆき・白泉社/ 夏目友人帳プロジェクト)



2018年 第27回 那須良輔風刺漫画大賞 作品募集

2018年07月13日掲載

【募集期間】
  2018年5月~9月15日(土) 当日消印有効

【部門】
  一般部門(高校生以上)、ジュニア部門(中学生以下)
  ※どなたでも応募できます
  ※ジュニア部門は幼児・小学生、中学生の2クラスに分けて選考します 

【作品仕様】
  1コマ~4コマまで、自作、未発表の作品。1人5点まで。

【サイズ】
  B5判~B4判とし、ケント紙、画用紙等の平面作品(縦横は自由)
  1枚で完結するもの。

【画材】
  自由。ただし、手描きの作品とします。デジタル加工は不可。
  規定に違反した場合は選考から外します。

【賞】
 一般部門
  ●那須良輔大賞(1名)賞金50万円
  ●審査員特別賞(1名)賞金10万円
  ●佳作(4名以内)賞金3万円
  ●肥後モッコス賞(1名)2万円
  ●マスコミ賞(1名)2万円
  ●湯前特産品賞(10名):ふるさとゆのまえ便(1万円相当)

 ジュニア部門
  ●那須良輔大賞(中学生最優秀賞・1名)図書カード3万円
  ●佳作(10名以内)図書カード5千円
  ●湯前町長賞(幼児・小学生最優秀賞・1名)図書カード2万円
  ●佳作(10名以内)図書カード3千円

【審査員】
  多田ヒロシ、前川しんすけ、種村国夫

【審査発表】
  平成30年10月中旬予定
  入賞者のみ、本人に通知します
  ホームページに掲載します。

【送付先・問いあわせ先】
  湯前まんが美術館
  〒868-0621 熊本県球磨郡湯前町1834-1
  TEL : 0966-43-2050 / FAX : 0966-43-3373

 

詳しくは湯前まんが美術館HPをご覧ください。



詩とメルヘン絵本館20周年『詩とメルヘン』とやなせたかしの歩み展

2018年07月12日掲載

期 間:2018年7月18日(水)~10月15日(月)

時 間:9:30~17:00(最終入館16:30)

入場料:大人400円、中高生200円、小人(3歳以上小学生)100円

休館日:火曜日(ただし、7月20日〜8月31日は無休)

会 場:香美市立やなせたかし記念館 詩とメルヘン絵本館&別館
    〒781-4212 高知県香美市香北町美良布1224-2
    TEL:0887-59-2300  FAX:0887-57-1410

 

詳しくは、香美市立やなせたかし記念館HPまで



第20回 OURギャラリー展 作品募集

2018年07月12日掲載

【テーマ】
 おとな 

【募集締切】
 2018年9月15日(土) 消印有効 


【応募規定】
 ・はがき(はがきサイズの用紙も可)に「おとな」をテーマにした、17文字詩(5・7・5)とイラストをかいてお送りください。
 「おとな」がテーマであれば、「おとな」の言葉や絵がかかれていなくても構いません。
 はがき1枚1作品。親子や友だちなど2人以上での合作可。団体での応募も構いません。 
 ただし、応募は1人につき1点。多数応募は無効。未発表作品に限ります。画材は自由です。 
 作品裏面に郵便番号、住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話番号を明記の上、ご応募ください。
 合作や団体での応募の場合、全員の氏名(ふりがな)と年齢を お書きください。(住所、電話番号は代表者のみで可。) 
  ※過去の大賞受賞者は「殿堂入り」となるため「大賞」のみ選考対象外となりますが、 「OURギャラリー賞」他については選考対象となります。

【宛 先】
 香美市立やなせたかし記念館「OURギャラリー展」係
 〒781-4212 高知県香美市香北町美良布1224-2

【審査員】
 審査員:黒井健、雨宮尚子、くさか里樹、おかもとあつし  (敬称略)
 (名誉審査員長:やなせたかし名誉館長) 

【賞】  
 大賞(1点)…賞金5万円と記念館オリジナルグッズ
 OURギャラリー賞(5点)…賞金1万円と記念館オリジナルグッズ
 佳作(5点まで)…賞金5千円と記念館オリジナルグッズ

 

応募作品はすべて、「第20回OURギャラリー展」に展示します。

詳しくは、香美市立やなせたかし記念館HPまで



EYEMASK&まぐま 第5回企画展『彩光』

2018年07月22日掲載

期 間:2018年8月22日(水)~26日(日)
    ※初日17:00よりオープニングパーティー

会 場:特定非営利活動法人 アート・トラスト 彩ギャラリー
    〒107-0052 東京都港区赤坂5-1-35 MMビル1F
    TEL & FAX:03-6425-5565

時 間:12:00~19:00(最終日17:00まで)

◆同時開催 永島慎二原画コレクション展
◆出展作家:辻下浩二小河原智子、宮坂栄一、筑紫直弘、根橋洋一、向さすけ
 (敬称略 太字:協会員)



新海誠展 -「ほしのこえ」から「君の名は。」まで-

2018年07月13日掲載

期 間:2018年7月21日(土)〜9月24日(月祝)

会 場:北九州市漫画ミュージアム 企画展示室
    〒802-0001 福岡県北九州市小倉北区浅野2-14-5
    TEL:093-512-5077

時 間:11:00~19:00
    ※入館は18:30まで
    ※8月は20:00まで開館

入場料:一般 1,000 円、中高生 500 円、小学生 250 円

休館日:火曜日
    ※夏休み期間(7月21日〜8月31日)は無休

 

詳しくは、北九州市漫画ミュージアムまで



第11回葛飾柴又 寅さん記念館「イラストレーション展2018」 〜柴又 忘れな草〜

2018年07月13日掲載

寅さん好きのイラストレーター・漫画家による展示会(通称・寅スト展)が今年も開催されます。
「寅さん」「柴又」をテーマに、お陰様で11周年! 
そして...感謝を込めて、遂にファイナル!

 

会 期:2018年8月7日(火)~ 8月26日(日)

時 間:9:00~16:30(最終日は15:30まで)

休 館:8月21日(火)

入場料:無料

会 場:葛飾柴又寅さん記念館「休憩室」 
   〒125-0052 東京都葛飾区柴又6-22-19 
   TEL:03-3657-3455 

【参加作家】
阿部順子、五十嵐幸吉、いご昭二、岩崎政志、上枝としひこ、
内山大助、ウノ・カマキリ桜多吾作、おおし、小河原智子
岸田尚、くまごろ、倉田よしみ志賀公江、白石佳子、
高岩ヨシヒロ、高橋エツコ、月待船、辻寅、つちやようこ、
中島昌利、ねもと章子、nocchi、長谷川正治、原えつお、
ひげだるま、ひさよ、藤谷芳浩、実桜、宮島幸次、山田ゴロ
湯沢としひと、渡辺克則、ん。(仮)
(敬称略 太字:協会員)

 

【スペシャルイベント】
◆8月12日(日)「漫画家まつり」
 出 演:ウノ・カマキリ桜多吾作倉田よしみ山田ゴロ、中島昌利、ねもと章子
 
司 会:宮島幸次

◆8月19日(日)「似顔絵大会」
 出演:いご昭二、上枝としひこ、小河原智子、高橋エツコ
 特別ゲスト:植木寅次郎&寅さんの心を伝える会の皆さん

◆8月26日(日)「イラスト大喜利」
 出 演:ウノ・カマキリ、綱島ヒロユキ、長谷川正治、ひさよ、湯沢としひと
 ほか展示会参加者多数
 司 会:宮島幸次

詳しくはHPをご覧ください。



協会賞・大賞受賞記念『HITOKOMART展』開催

2018年07月10日掲載

2018年7月4日(水)〜8日(日)、アートギャラリー北野にて、日本漫画家協会賞カーツーン部門で大賞を受賞した篠原ユキオ氏による「HITOKOMART展」が開催されました。
(以下、文・画像:篠原ユキオ氏)

 今回の受賞を記念しての京都三条河原町での受賞記念『HITOKOMART展』が無事に終了致しました。
期間中は大雨のため各地で警報が流れる日が続きましたが、そんな中でも来場者は途切れず、たくさんの漫画家仲間、旧知の友達、マスコミ関係者、大学教員、職員そして自慢の教え子たちでにぎわいました。
 このあとは新作を追加して8月末に東京表参道のギャラリー5610で東京展を開きます。
関東エリアの方々とのヒトコマ漫画談義を楽しみにして制作に励んでいます。

 



「かお・顔・KAO展」開催中

2018年07月11日掲載

2018年7月9日(月)〜19日(木)まで、東京都中央区銀座にあるギャラリーSTAGE-1(ステージ-ワン)にて「かお・顔・KAO展」が開催されています。
ギャラリー内は似顔絵や歴史上の偉人、著名人から、人物に留まらずさまざまな動物など色とりどりの顔が並び、来場者達の目を楽しませてくれます。
初日のオープニングパーティーでは開催を祝って大勢の来場者にも恵まれ、こぢんまりとしたギャラリーはあっという間に満員御礼、アットホームでかつ賑やかなスタートとなっていました。


*会期中、15日は休廊日、最終日は16時で閉場となりますので御注意ください

(画像 文:会報部 柳生柳)
 



「マンガワールド其の66「倉田よしみ」トークイベント」開催

2018年07月09日掲載

7/8(日)新宿のネイキッドロフトにてマンガワールド其の66「倉田よしみ」トークイベントが開催された。
メインの倉田よしみ氏のリクエストで、ゲストに南波健二氏、司会はWILD大将氏と岸田尚で進行。
まず前半は倉田氏の「味いちもんめ」についてと、これからの展開。原作者のあべ善太氏の事。味いちもんめ番外編「漫画家食紀行」のお話。
そして食紀行にも登場した南波健二氏がゲストとして登場され、「食」のお話から貸本時代や劇画のお話へ。
後半はトークに続きライブペインティング。実際に描かれていく絵にお客様からは思わず拍手が起こり、大盛況のイベントとなりました。

(画像・文:会報部 岸田尚、事務局)



第27回 全国高等学校漫画選手権大会 まんが甲子園

2018年07月09日掲載

期 間:2018年8月4日(土)~5日(日)

時 間:4日(土)9:30~18:00
    5日(日)9:00~18:00

入場料:無料

会 場:メイン会場・高知市文化プラザ かるぽーと
    〒 780-0832 高知県高知市九反田2-1

審査員:牧野圭一くさか里樹、MOO.念平、ひのもとめぐる、クメヒロオ、岩神義宏 
ゲスト審査員:小林俊彦、久世岳
    (敬称略、太字協会員)

◆出張編集部
◆出版社オススメまんが試し読みコーナー
◆特別シンポジウム
『就活!まんがでつかむ未来!-まんがを学んだその先にあるもの-』

詳細はHPをご覧ください。



マンガで語る古代大和 -学術と創造の融合- 『天上の虹』にみる創造の世界

2018年07月09日掲載

期 間:2018年7月14日(土)~9月30日(日)

時 間:10:00~17:30(入館は17:00まで)

入場料:一般 1,000円、高校・大学生 500円、小・中学生 無料

休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合は翌平日)

会 場:奈良県立万葉文化館 日本画展示室
    〒634-0103 奈良県高市郡明日香村飛鳥10
    TEL:0744-54-1850 FAX:0744-54-1852

 

詳しくは、奈良県立万葉文化館HPまで



2018年07月06日掲載



第57回日本SF大会 ジュラコン

2018年07月05日掲載

ホテルを貸し切り、夜通しSFを楽しむイベントへようこそ!!

日 時:2018年7月21日(土)~22日(日)

    14時30分スタート

参加費:一般30,000円 中学生~29歳20,000円 小学生12,000円 2歳~幼稚園年長9,000円

会 場:水上温泉ホテル聚楽
    群馬県利根郡みなかみ町湯原665

詳しくは:第57回日本SF大会ジュラコンHP まで



2018年07月05日掲載



伝説に会おう!グルメマンガの世界

2018年07月04日掲載

 「包丁人味平」「ミスター味っ子」「孤独のグルメ」…。数々の名作のおかげでマンガ界でも人気ジャンルの一つとして君臨する “グルメマンガ”。その中でも誰もが知るヒット作を創ってきた大御所マンガ家7名が、一堂に会するイベントの開催が決定しました。
 マンガ制作の秘話が聞けるトークショーはもちろん、彼らの超絶技巧を生で見られる“画力対決”、作品に登場する料理を実際に再現した動画を審査する“マンガ飯 再現動画対決!”、さらには先生方の私物お宝が当たる抽選会など、盛りだくさんの内容で実施されます。

 

期 間:2018年8月4日(土)

出演者・時間:
◇1部 12:00~13:30(開場11:30)
 久住昌之×鍋島雅治

◇2部 15:00~16:30(開場14:30)
 魚戸おさむ×はしもとみつお×本庄敬

◇3部 18:00~19:30(開場17:30)
 寺沢大介×ビッグ錠

スペシャルゲスト(1部、2部、3部全てに登場):古川愛李
MC:五百田達成

定 員:各回100人 

チケット:
◇1部、2部、3部通しチケット…12,400円…S席確保+オリジナルタンブラーのお土産付き
◇プレミアムチケット…各回4,800円…S席確保+オリジナルタンブラーのお土産付き
◇通常チケット…各回3,800円(自由席)
※いずれも1ドリンク制(別途600円)
※指定席ではなく、S席と自由席でそれぞれ先着順の着席となります。

会 場:三鷹R1スタジオ
    〒181-0013 東京都三鷹市下連雀3丁目22−10

 

詳しくはHPまで



2018年07月03日掲載



2018年07月02日掲載



7月の事務局ライブラリー

2018年07月02日掲載

◆EYEMASK56 小河原智子、水野良太郎、ジョルジュ・ピロシキ、筑紫直弘、二階堂正宏、多田ヒロシ、坂井せいごう、所ゆきよし、モロズミ勝、西田淑子、辻下浩二、森本清彦、クミタ・リュウ、矢野徳、他/著 蒼天社/刊 1000円
◆手塚ファン Vol.328
◆月刊広場 No406
◆マエストロの暇つぶし 2 尾々根正/著 芳文社/刊 590円
◆花の騎士ダキニ 柴本翔/著 3000円
◆うちの子は字が書けない 発達性読み書き障害の息子がいます 千葉リョウコ/著 宇野彰/監修 ポプラ社/刊 1200円
◆まんが平和をねがい続けた画家 加納莞蕾 さいわい徹/著 加納佳世子/監修 公益財団法人加納美術振興財団/刊 600円
◆夢見る食卓 横濱マリア/著 芳文社/刊 619円
◆大きい犬 スケラッコ/著 リイド社/刊 630円
◆TODAY’Sいぬ オイル富/著 700円
◆風刺漫画アベ政権 橋本勝/著 花伝社/刊 800円
◆北極百貨店のコンシェルジュさん 1 西村ツチカ/著 小学館/刊 787円
◆北欧女子オーサが見つけた日本の不思議 3 オーサ・イェークストロム/著 KADOKAWA/刊 1100円
◆いざなうもの 谷口ジロー/著 小学館/刊 1111円
◆鬱ごはん 2 施川ユウキ/著 秋田書店/刊 562円
◆ひなつば 昌原光一/著 リイド社/刊 890円
◆漫画として現れるであろうあらゆる恋のためのプロレゴメナ 窓ハルカ/著 リイド社/刊 648円
◆秘密season0 5、6 清水玲子/著 白泉社/刊 各690円
◆エンジェル・ハート 2ndシーズン 16 北条司/著 ノース スターズ ピクチャーズ・徳間書店/刊 640円
◆ちひろさん 6、7 安田弘之/著 秋田書店/刊 619円
◆星間ブリッジ 3 きゅっきゅぼん/著 小学館/刊 552円
◆孔子暗黒伝 諸星大二郎/著 創美社/刊
◆第2回北九州国際漫画大賞作品集 北九州市漫画ミュージアム/刊
◆あんアンドロどろ 1 R-one/著 徳間書店/刊 680円
◆大奥 14、15 よしながふみ/著 白泉社/刊 14巻670円、15巻690円
◆ストレンジ つゆきゆるこ/著 リイド社/刊 670円
◆信長を殺した男~本能寺の変431年目の真実~ 1、3 藤堂裕/著 明智憲三郎/原案 秋田書店/刊 各600円
◆どこか遠くの話をしよう 上下 須藤真澄/著 KADOKAWA・エンターブレイン/刊 上巻690円・下巻720円
◆王家の紋章 61、62 細川智栄子あんど芙~みん/著 秋田書店/刊 61巻419円、62巻429円
◆しらたまくん 11、12 稲葉そーへー/著 集英社/刊 各514円
◆発情ウイルス 天王寺ミオ/著 リブレ出版/刊 712円
◆鍾愛のスーヴェニール 天王寺ミオ/画 崎谷はるひ/作 幻冬社コミックス/刊 700円
◆差配さん 塩川桐子/著 リイド社/刊 830円
◆そしてボクは外道マンになる 1、2 平松伸二/著 集英社/刊 各600円
◆江戸の検屍官 5 高瀬理恵/著 川田弥一郎/原作 小学館/刊 571円
◆進撃の巨人 23、24 諫山創/著 講談社/刊 各429円
◆剣客商売 29、30 大島やすいち/著 池波正太郎/原案 リイド社/刊 各580円
◆へうげもの 24、25 山田芳裕/著 講談社/刊 24巻552円・25巻580円
◆ましろ日 1、2 若狭星/画 香川まさひと/原作 小学館/刊 各552円
◆3月のライオン 13 羽海野チカ/著 白泉社/刊 486円
◆金剛寺さんは面倒臭い 1 とよ田みのる/著 小学館/刊 552円
◆フットボールネーション 10、11 大武ユキ/著 小学館/刊 各552円
◆賭博堕天録カイジ ワン・ポーカー編 15、16 福本伸行/著 講談社/刊 15巻580円・16巻590円
◆アカギ 34、35 福本伸行/著 竹書房/刊 各650円
◆岡崎に捧ぐ 3、4 山本さほ/著 小学館/刊 各787円
◆お父さんクエスト 小山健/著 ポプラ社/刊 1200円
◆EX-VITA(エクス・ヴィータ) 1 古味慎也/著 集英社/刊 562円
◆D’s(ディーズ) 古味慎也/著 HiRoc/作 集英社/刊 514円
◆EX-ARM(エクス・アーム) 1 古味慎也/著 HiRock/作 集英社/刊 562円
◆プレイボール2 1、2 コージィ城倉/著 ちばあきお/原案 集英社/刊 各480円
◆HUNTER×HUNTER 33~35 冨樫義博/著 集英社/刊 各400円
◆月曜日の友達 1、2 阿部共実/著 小学館/刊 各552円
◆セブンティウイザン~70才の初産~ 1 タイム涼介/著 新潮社/刊 580円
◆コウノドリ 19〜22 鈴ノ木ユウ/著 講談社/刊 各562円
◆看護助手のナナちゃん 6、7 野村知紗/著 小学館/刊 各650円
◆ど根性ガエルの娘 3、4 大月悠祐子/著 白泉社/刊 各600円
◆グランマの憂鬱 2、3 高口里純/著 双葉社/刊 各690円
◆青野くんに触りたいから死にたい 1 椎名うみ/著 講談社/刊 600円
◆昭和天皇物語 1 能條純一/著 半藤一利/原作 永福一成/脚本 志波秀宇/監修 小学館/刊 600円
◆月光仮面【完全版】平和の章 上 桑田次郎/著 川内康範/作 マンガショップ/刊 1800円
◆マンガで読む般若心経 1、2 桑田次郎/著 廣済堂出版/刊 各619円
◆泣き虫チエ子さん 愛情編 益田ミリ/著 集英社/刊 520円
◆泣き虫チエ子さん 旅情編 益田ミリ/著 集英社/刊 520円
◆すーちゃんの恋 益田ミリ/著 幻冬社/刊 460円
◆光年の森 谷口ジロー/著 小学館/刊 2800円
◆UFUFU!ジョルジュ・ピロシキのひとコマ漫画 GALLERY2 ジョルジュ・ピロシキ/著
◆無影 金谷裕/著 日中文版/刊
◆仁義 零 13、14 立原あゆみ/著 秋田書店/刊 各562円
◆あさひなぐ 23~35 こざき亜衣/著 小学館/刊 各552円
◆はっぴーえんど 1~3 魚戸おさむ/著 小学館/刊 各552円
◆虹の岬の喫茶店 1~3 森沢明夫/原作 天沼琴未/漫画 潮出版社/刊 各630円
◆バンデット 3、5、6 河部真道/著 講談社/刊 各570円
◆疾風の勇人 5~7 大和田秀樹/著 講談社/刊 各570円
◆バック・トゥThe❤︎かぼちゃワイン 三浦みつる/著
◆楳図かずおの恐怖ぬりえ 楳図かずお/著 小学館集英社プロダクション/刊 1400円
◆あれよ星屑 7 山田参助/著 KADOKAWA・エンターブレイン/刊 680円
◆マンガの歴史 1 みなもと太郎/著 岩崎書店/刊 1000円
◆いとしのムーコ 11、12 みずしな孝之/著 講談社/刊 各562円
◆凪のお暇 1~3 コナリミサト/著 秋田書店/刊 各680円
◆コタローは1人暮らし 1~3 津村マミ/著 小学館/刊 各552円
◆毎日かあさん 卒母編 14 西原理恵子/著 毎日新聞出版/刊 907円
◆フルーツ宅配便 3~5 鈴木良雄/著 小学館/刊 各552円
◆呪いの鈴の音 古賀新一/著 講談社/刊 700円
◆新コボちゃん 39、40 植田まさし/著 芳文社/刊 各524円
◆レッド 最後の60日 そしてあさま山荘へ 2~4 山本直樹/著 講談社/刊 各1000円
◆美少女戦士セーラームーン 完全版 10 武内直子/著 講談社/刊 1500円
◆SEIKI ー土田世紀 43年、18,000枚の生涯ー 世紀のプロジェクト/編 小学館/刊 1500円
◆今日のヒヨくん 新米ママと天パな息子の ゆるかわ育児絵日記 やまもとりえ/著 KADOKAWA/刊 1000円
◆おんなの窓 6 伊藤理佐/著 文藝春秋/刊 950円
◆義男の空 11 エアーダイブ/著 Dybooks/刊 1143円
◆札幌乙女ごはん。2 松本あやか/著 Dybooks/刊 1000円
◆大家さんと僕 矢部太郎/著 新潮社/刊 1000円
◆BEASTARS 3~7 板垣巴留/著 秋田書店/刊 各429円
◆ゴールデンカムイ11~13 野田サトル/著 集英社/刊 各514円
◆囚人リク 33~37 瀬口忍/著 秋田書店/刊 各429円
◆聲の形 5~7 大今良時/著 講談社/刊 各429円
◆花園さん、結婚するんだって 三つ葉優雨/著 小学館/刊 429円
◆神々の山嶺(いただき) 5 谷口ジロー/画 夢枕獏/作 集英社/刊 648円
◆風雲児たち 28~30 みなもと太郎/著 リイド社/刊 各552円
◆ましろのおと 17~19 羅川真里茂/著 講談社/刊 各429円
◆かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~ 5~8 赤坂アカ/著 集英社/刊 各514円
◆BANANA FISH 復刻版BOX vol.1(1~5) 吉田秋生/著 小学館/刊 2593円
◆夏の前日 1~5 吉田基已/著 講談社/刊 1巻581円・2、3巻590円・4巻600円・5巻648円
◆文藝別冊 総特集 諸星大二郎 河出書房新社/刊 1500円
◆諸星大二郎 不熟 1970-2012 諸星大二郎/著 河出書房新社/刊 3400円
◆将棋めし 1~3 松本渚/著 広瀬章人 八段/将棋監修 KADOKAWA/刊 各600円
◆BLUE GIANT SUPREME 1~4 石塚真一/著 小学館/刊 1・3巻574円、2・4巻600円
◆火ノ丸相撲 16~19 川田/著 集英社/刊 各400円
◆ちはやふる 35~37 末次由紀/著 講談社/刊 各429円



北九州国際漫画大賞「4コマに、全てを捧げろ。」

2018年07月02日掲載

【 作品募集期間 】
 2018年7月1日(日)〜9月30日(日) 14:00(日本時間)

【 部門 】
 ・一般部門
 ・ジュニア部門(12歳以下 ※2019年4月1日現在)
 ※プロ・アマ問いません。

【 テーマ 】
 一般部門 : 自由(お好きなテーマで描いてください)
 ジュニア部門 : (この言葉から想像をふくらませて、作品を描いてみよう!)

【 ジャンル 】
 4コマ漫画

【 最終審査員 】
 松本零士、うえやまとち、萩岩睦美、小松悠真

【 問い合わせ先 】
 北九州市漫画ミュージアム あるあるCity 5階・6階
 〒802-0001 福岡県北九州市小倉北区浅野二丁目14-5
 TEL:093-512-5077

 

詳しくは、北九州市漫画ミュージアムHPまで



引揚げマンガ作品展in仙崎

2018年06月29日掲載

期 間:2018年8月10日(金)~8月21日(火)

時 間:8:00~17:00

入場料:無料

会 場:青海島観光汽船「観光船のりば」
     〒759-4106 山口県長門市仙崎4297-2
    道の駅センザキッチン「観光案内所YUKUTE」
     〒759-4106 山口県長門市仙崎4297-1
     

詳しくは、平和記念展示資料館HPまで



夏休み特別ワークショップ「竹宮惠子のスペシャルマンガ教室」の開講

2018年07月02日掲載

京都国際マンガミュージアムでは、マンガ家・竹宮惠子氏による10代の少年少女に向けたマンガ教室を夏休みに特別開講しますので、受講者を募集します。
竹宮氏は京都精華大学マンガ学部で教鞭を執る一方、現在は国際マンガ研究セ ンターのセンター長も兼任し、後進育成に務めています。

期 間:2018年8月19日(日)

時 間:14:00~16:00

受講料:5,000円
(材料費込。当日現金払い。マンガミュージアム入場料は別途必要)

対 象: 小学4年生〜19歳まで (開催日時点の年齢)

申込締切日:7月15日(日)まで

会 場:京都国際マンガミュージアム 1階 多目的映像ホール
    〒 京都市中京区烏丸通御池上る
    TEL:075-254-7414  FAX:075-254-7424

 

詳しくは、京都国際マンガミュージアムHPまで



第6回 GUNMAマンガ・アニメフェスタ 作品募集

2018年06月28日掲載

 【 部門 】
 1、マンガ部門(一般・中学生・小学生)
 2、4コマまんが部門
 3、アニメーション部門
 4、イラスト部門(一般・中学生・小学生)
 5、ぐんま部門(マンガまたはアニメーション作品に限る)

【 テーマ 】
  1~4 自由
  5 群馬県(群馬県の魅力や印象など)

【 応募期間 】
  平成30年9月1日(土)~11月10日(土)必着

【 応募先・問い合わせ先 】
  公益財団法人 群馬県教育文化事業団 
  GUNMAマンガ・アニメフェスタ係
  〒371-0801 群馬県前橋市文京町2-20-22 群馬県生涯学習センター2階
  TEL:027-224-3960

【 審査員 】
末永雅弘/集英社/黒坂圭太/原田浩/北見隆/柳生柳/井田ヒロト

 

詳細はこちらから



おかべりか展 ~コドモだってイロイロあります~

2018年06月28日掲載

期 間:2018年7月7日(土)~8月26日(日)

時 間:9:00~16:30

入場料:無料

休館日:月曜日(7月16日(祝)を除く)、7月17日(火)

会 場:さいたま市立漫画会館
    〒331-0805 さいたま市北区盆栽町150
    TEL:048-663-1541  FAX:048-667-4921

 

詳しくは、さいたま市立漫画会館HPまで



かお・顔・KAO展

2018年06月27日掲載

期 間:2018年7月9日(月)〜7月19日(木)

時 間:12:00〜19:00
    (最終日は16:00まで)

入場料:無料

会 場:gallery STAGE-1
    右文104-0061 東京都中央区銀座1-28-15鈴木ビル1階
    TEL:03-3562-5181 FAX:03-3562-3798

◆初日17:00〜19:00、会場にてオープニングパーティーが催されます

◆出展作家
荒野晶子/有葉みのり/いいじませつこ/岩崎澄渓/小河原智子/恩田淑恵/黒澤淳一/阪本俊光/杉村倉太/鈴木阿季/tanak haruhisa/種村国夫/D・H・エディ/所ゆきよし/西田亜佐子/幡野道男/遥カケル/水野行雄/利水行/柳生柳
(敬称略 太字:協会員)

 



小野耕世講演イベント「世界の新しいマンガたち〜グラフィック・ノヴェルの冒険」

2018年07月02日掲載

永年海外コミックの翻訳出版に携わり、日本における海外コミック研究第一人者である小野耕世氏より、いま変わりつつある世界の漫画状況に氏の著作「世界コミックの想像力」をひも解きながら欧米諸国や珍しい南アフリカ共和国のコミックなどについて多いに語られます。

日  時:2018年7月21日(土) 13:30~15:00

場  所:千代田区立日比谷図書文化館4階 スタジオプラス(小ホール)
     〒100-0012 東京都千代田区日比谷公園1-4
     電話(代表):03-3502-3340

定  員:60名

参  加  費:1,000円(事前申込順・定員に達し次第締切)


申込方法:申込フォーム、電話(03‐3502‐3340)、来館(1階受付)いずれかにて
     ①講座名(講演会)、②名前(よみがな)、③電話番号を連絡

     *小学生以下が参加の場合、保護者の同伴が必要になります(同伴者も参加費が必要になります)

申込フォームへのリンク、詳細情報参照ページ
https://www.library.chiyoda.tokyo.jp/information/20180721-post_66/

 



2018年06月27日掲載



第49回 日本漫画2018展

2018年06月26日掲載

今年のテーマは「はらはらハラスメント」

期 間:2018年7月30日(月)~8月4日(土)

時 間:11:00~19:00
    (初日は15:00から、最終日は15:00まで)

入場料:無料

会 場:ギャラリー 暁
    〒104-0061 東京都中央区銀座6-13-6 商工聯合会ビル2F
    TEL:03-6264-1683  FAX:03-6264-1684  

 

◆初日17:00〜19:00に、会場にてオープニングパーティーが催されます。

◆出展作家
 安倍夜郎あらい太朗/ARAYAN、/池田達郎/いご昭二石川寿彦/イシマル・ヒデ
 伊藤たかし/岩見俊哉/おおえだけいこ/大嶽あおき小河原智子オダ シゲ
 海藤タケオ/きなみせいじクミタ・リュウ/倉田新/黒田オサム/小林宏/佐藤忠史
 ジョルジュ・ピロシキ/スガマカヨコ/関としお/田代まき/田丸ウィチコ/タムラ良
 辻下浩二/D.B.エディ/トシ ヒコ西田淑子西山進/野上和彦/はざま隆治
 橋爪まんぷはせべくにひこ/はまのゆか/ひらかわしょうじろう藤井龍二牧野圭一
 松沢秀和/松島りつこ/宮脇逹/向さすけ/向井田りゅう/村瀬修/松村孝一/柳生柳
 柳たかを/山口一笑/山根青鬼/遊佐喜美男
 (敬称略 太字:協会員)

 

詳しくは、日本漫画の会HPまで



銀座ねこ集会展II 開催

2018年06月24日掲載

6月17日(日)から23日(土)の期間、東京・有楽町の東京交通会館B1ゴールドサロンにて、銀座ねこ集会展IIが開催され、当協会会員の開田裕治、桐木憲一、永野のりこ各氏が参加されました。

展覧会情報はこちら
http://www.nihonmangakakyokai.or.jp/?tbl=exhibition&id=7242#id7242

(写真:会報部・UNO)



【第21回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展】マンガ部門 受賞者トーク:上野 顕太郎『夜の眼は千でございます』

2018年06月25日掲載

第21回文化庁メディア芸術祭では、受賞作品展に付随し様々なイベントが行われ、6月24日の最終日は、マンガ部門受賞者で当協会会員の上野顕太郎氏によるトークが行われました。

モデレーターは、みなもと太郎氏 [マンガ部門審査委員/漫画家/マンガ研究家]、松田洋子 [マンガ部門審査委員/マンガ家](ともに協会員)が勤められ、ギャグ漫画は大変、報われない、と言った話から…!?

受賞作品にとどまらず、上野氏の三十数年にわたる漫画家生活からポイントとなった作品群を次々と紹介、会場からのまさかの資料提供で上野氏のみならずモデレーターの意外な過去作品も披露されたりと、何が起こるか分からない会場に、イベントも大盛り上がり。
時間の経過も忘れるほどで、好評のうちに幕を閉じました。


(写真:会報部・UNO、事務局)



MACROSS : THE ART 1982-2018

2018年06月26日掲載

期 間:2018年6月29日(金)~10月29日(月)

時 間:9:30~17:00(入館は16:30まで)

入館料:大人 700円、中高生 300円、小学生 100円

休館日:水曜日(7/25・8月中は開館)

会 場:宝塚市立手塚治虫記念館
    〒665-0844 兵庫県宝塚市武庫川町7-65
    TEL:0797-81-2970 FAX:0797-81-3660

 

詳しくは、宝塚市立手塚治虫記念館HPまで



アイヌの伝統・文化を題材にした絵本の原作募集

2018年06月25日掲載

アイヌの伝統や文化に関する幼児向け絵本の原作(絵と文)を広く募集します。
最優秀作品を「幼児向け絵本」として制作し、道内幼稚園・保育所等に無償配布します

【応募作品のテーマ・内容】
 (1)既存の文学作品等(アイヌの伝統や文学作品)を題材にしたもの。幼児向けに表現の改めやアイヌ語原文の和訳をすることはできますが、話の内容・構成の変更は不可。
 (2)創作(オリジナル)作品。ただし幼児向けとしてふさわしいもの。

【応募規定】

  • 応募作品は、絵本として自作で未発表、他のコンテストなどへの未投稿の作品に限ります。
  • グループでの共同制作や、複数点の応募も可能です。
  • 今回制作する絵本は、A4判・長辺綴じ・横開きとします。
  • 表紙・裏表紙の他、ストーリーは28ページ、14の見開き場面に展開できることとして、文字量は500~1,500字程度としてください。
  • 文は日本語に限ります(但し、文中の一部にアイヌ語の単語等を使うことは構いません)。
  • 絵(原画) は、1点のサイズをA4判(1ページ分)またはA3判(見開き2ページ分)とし、表紙・裏表紙とストーリーを合わせて15~30点程度とします。
  • デジタル制作による応募の場合は、同様のサイズに印刷した絵と併せて、応募メディア(CD-R又はDVD)を提出することとし、使用ソフト名、バージョン、OS等を明記してください。
  • 作品のねらい・解題を応募時に提出してください(応募申込書参照)。

【応募資格】
特に資格を問いません。

【応募方法】
応募原稿に「応募申込書」を添付し、幼児向け絵本の原作として、絵(原画)と文(本文原稿)をお送り下さい。
絵(原画)または文(本文原稿)のいずれかの応募は、選考対象外となります。
なお、絵(原画)には文は掲載せず、別紙に文(本文原稿の用紙等は自由)をまとめ、絵(原画)の裏面には「作品名・ページ数」を、文(本文原稿)には「作品名・応募者名・ページ数」を明記の上、各ページの絵(原画)に対応する文(本文原稿)がわかるようにご応募ください。

【応募締切】
 平成30年9月28日(金)必着

【表彰】

  • 最優秀賞1点・・・・・賞状・賞金50万円
  • 入選2点・・・・・賞状・賞金5万円
  • 奨励賞7点・・・・・図書券5千円

【問合せ・応募先】
  公益財団法人 アイヌ民族文化財団「幼児向け絵本」係
  〒060-0001 北海道札幌市中央区北1条西7丁目 プレスト1・7
  TEL 011-271-4171  FAX:011-271-418 

 

詳しくはホームページまで



第33回 さいたま市「北沢楽天漫画大賞」

2018年06月25日掲載

【作品規定】
 A3版(420ミリ×297ミリ)以下としてください(データ応募は不可)
 用紙・画材は自由です。ただし立体や折り、綴じは禁止です。
 未発表(他の公募に応募中の作品も不可)であり、著作権等の知的財産権を侵害していない作品に限ります。
 一枚で完結する作品(コマ割りなどは自由です)としてください。

【募集作品】
(1)課題作品:「鉄道」をテーマとした漫画
(2)自由作品:自由なテーマで描く漫画(時事漫画・似顔絵等)

【応募期間】
 2018年8月1日(水)〜9月6日(木)
 ※漫画会館必着

【賞】
 ジュニア部門(中学生まで)
  北沢楽天漫画大賞…………1作品(50,000円分の図書カード)
  市長賞…………1作品(20,000円分の図書カード)

 一般部門(高校生以上)
  北沢楽天漫画大賞…………1作品(賞金100,000円)
  市長賞……………1作品(賞金20,000円)

【審査員】
  秋山孝、あすかけん、あらい太朗小河原智子牧野圭一
  (敬称略、太字は協会員)

【応募・お問い合わせ先】
  さいたま市立漫画会館
  〒331-0805  さいたま市北区盆栽町150 
  TEL:048-663-1541  FAX:048-667-4921

詳しくは、ホームページまで



2018年06月22日掲載



2018年06月22日掲載



2018年06月22日掲載



2018年06月20日掲載



2018年06月20日掲載



2018年06月20日掲載



2018年06月20日掲載



2018年06月20日掲載



第22回手塚治虫文化賞にて、ちばてつや氏特別賞受賞

2018年06月21日掲載

6月7日(木)18時より、東京・築地の朝日新聞社・浜離宮朝日ホールにて、第22回手塚治虫文化賞の贈呈式が行われ、当協会のちばてつや会長が特別賞を受賞されました。

なお、受賞者及び作品は以下の通りです。

・マンガ大賞  野田サトル「ゴールデンカムイ」
・新 生 賞  板垣巴留 「BEASTARS」
・短 編 賞  矢部太郎 「大家さんと僕」
・特 別 賞  ちばてつや「ひねもすのたり日記」
 

(写真:朝日新聞社提供)



第五回 通常総会開催

2018年06月18日掲載

2018年6月15日(金)、東京都中央区にある帝国ホテル・牡丹の間にて、ブロック長会議および通常総会が執り行われました。
出席会員及び委任状の合計数は833名、現正規会員1471名につき、定款に基づく過半数以上の出席を以て総会は成立しました。

ブロック長会議では、それぞれのブロック長が現地での活動報告からはじまり、今後の計画や課題、新たなる目標や提案など、様々な意見が報告されました。

総会では冒頭、ちば理事長が10分遅れで到着などハプニングもありながら粛々と進み、まず物故会員への黙祷が捧げられ、その後は事業報告及び計画、監査報告などが報告されました。
特にここ近年は、漫画家協会の事業協力への多岐に渡る動きがめざましく、各事業への協力から電子サイト問題、著作権問題への取り組みなど課題は積算、これらは、それぞれ関わりの深い理事からも説明がなされ、わずかな情報をも聞き漏らすまいと会員も耳を傾けるなど、漫画という文化への真摯な姿勢がが伝わってきました。

総会終了後は臨時理事会を開催、そこでは代表理事・常務理事が選任され、今期よりちばてつや理事長職を退き会長職へ、理事長の席へは里中満智子氏が就任することになる、との大きな動きがありました。

その後は恒例の集合写真を撮影、終了後は授賞式と懇親会へと場を移します。


(写真:会報部、事務局・ 文:会報部・柳生柳)



第47回 公益社団法人 日本漫画家協会賞および文部科学大臣賞贈賞式・懇親会 開催

2018年06月18日掲載

通常総会に引き続き、帝国ホテル・光の間にて、「第47回 日本漫画家協会賞」「文部科学大臣賞」贈賞式、及び懇親会が開催されました。

今回の司会進行は理事最若手の一本木蛮氏と永野のりこ氏の名(迷?)コンビにより贈賞式はスタート、いずれも名作ぞろいに壇上には注目が集まっていました。
そして今回も賞状はちばてつや理事長による、心のこもった手書きの賞状で、ひとりひとり丁寧に読み上げられた賞状は、受賞者に手渡されます。
賞状授与からメダルを首へかけてもらう流れ中、壇上には惜しみない拍手とフラッシュの嵐、受賞作品へは受賞作品を推した選考委員よりそれぞれ総評が述べられ、受賞者からも受賞にあたっての感想が述べられました。
時に涙あり、けれどユーモアあり、の受賞者たちのコメントは会場を一層わかせていました。

懇親会もステージではビッグ錠氏が美人会員ダンサーたちを引っさげてダンスの余興が披露され、場内も出席者同士で親睦を深めたり、憧れの先生を前に感激を隠せない場面や、美味しい料理に舌鼓を打つ姿など、今年も大変華やかで賑やかな一夜となっていました。

 

(文:会報部・柳生柳、 写真:会報部・事務局)



クミタ・リュウ漫画展

2018年06月17日掲載

期 間:2018年7月13日(金)~9月9日(日)

時 間:9時30分~17時

休館日:毎週火曜日(ただし、8月1日1~27日は無休)

入館料:大人800円・中高生350円・小学生250円

会 場:信州須坂 豪商の館 田中本家博物館
    〒382-0085 長野県須坂市穀町476
    TEL 026-248-8008

7月28日(土)にクミタ・リュウ氏によるマンガ教室を開催します
時 間:10時~12時
費 用:500円
紙・絵の具等はご持参ください
先着20名(ご希望の方は電話、手紙等でご連絡ください)



トキワ荘フォーラム 第10回 開催

2018年06月18日掲載

6月16日(土)午後6時より、雑司が谷地域文化創造館第2練習室にて、「トキワ荘フォーラム第10回」が開催されました。今回は高知県のまんが事業を取り上げられていました。

【 PROGRAM 】

◆ 当協会理事・牧野圭一氏による講演  「マンガの魅力と底力」。
高知県による「まんが甲子園」は1992年よりスタートし今年で27回目、当協会も初回から事業協力を行なっています。
審査委員長を長く務める牧野氏が、まんが甲子園の沿革や流れ、高校ペン児たちによる魅力的な作品を紹介されました。

◆まんが王国土佐推進課 主査 近森雄太氏による「地道に世界へ『まんが王国・土佐』」。
高知県のまんが王国推進課では、8月に行われる「まんが甲子園」から発展させ、3月に「全国漫画家大会議inまんが王国・土佐」を行う様になり、今年で第4回となりました。
まんが甲子園が高校の選手権大会なのに対し、「全国漫画家大会議inまんが王国・土佐」は、あらゆる層が対象で創作以外にも展覧会や飲食を含む様々なイベントを行い人気を博しているそうです。
 
会場には、まんが事業を行う様々な自治体関係者や高野之夫豊島区長もお見えになり、プログラムに聞き入っていました。


トキワ荘フォーラムの開催は不定期ですが、年2回程度で行われる様です。
詳しくはhttp://www.tokiwasou.jp


(写真・文:事務局)



役員変更のお知らせ

2018年06月18日掲載

今年度は役員改選年にあたり、第五回通常総会及び臨時理事会(共に6月15日開催)を経て、以下の方々が新役員に決定しました。

 

【会 長】  ちばてつや

【理 事 長】 里中満智子

【常務理事】赤松健、植田まさし、ウノ・カマキリ、松本零士、矢口高雄

【理 事】 石子順、一本木蛮、倉田よしみ、竹宮惠子、永野のりこ、
      西田淑子、バロン吉元、ビッグ錠、弘兼憲史、牧野圭一、
      やの功、矢野徳、山根青鬼

【監 事】 金森岳司、前川しんすけ



ガラパゴス化していく日本マンガ

2018年06月14日掲載

膨大なマンガコンテンツを保有しつつ、
IT社会におけるマンガのグローバル化に対応を迫られている日本の作家と出版社…。
日々激変する環境の中、日本マンガが生き残っていくポイントについて東村氏が考察していきます。

講 師:東村アキコ

日 時:2018年6月21日(木)
    14時40分~16時10分

入場料:無料・申込不要・先着順

会 場:京都精華大学 友愛館アゴラ
    〒606-8588 京都府京都市左京区岩倉木野町137



第21回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展

2018年06月13日掲載

文化庁では、アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門において優れたメディア芸術作品を顕彰するとともに、これを鑑賞する機会を提供することにより、メディア芸術の創造とその発展を図ることを目的として文化庁メディア芸術祭を開催されています。
その第21回目となる受賞作品展が、本日より国立新美術館とその他の施設にてスタートしました。

前夜祭となる6月12日には、関係者内覧会と贈呈式が行われ、マンガ部門で当協会会員が3名受賞者されました。

マンガ部門受賞作品(太字協会員)

大 賞 「ねぇ、ママ」池辺葵
優秀賞 「銃座のウルナ」伊図透
優秀賞 「ニュクスの角灯」高浜寛
優秀賞 「夜の眼は千でございます」上野顕太郎
優秀賞 「AIの遺電子」山田胡瓜
新人賞 「甘木唯子のツノと愛」久野遥子
新人賞 「バクちゃん」増村十七
新人賞 「BEASTARS」板垣巴留

第21回文化庁メディア芸術祭は6月13日(水)〜6月24日(日)の期間開催されます。
入場無料。

受賞作品展会場は、メインの国立新美術館の他、TOHOシネマズ 六本木ヒルズ、インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター、スーパー・デラックス、表参道ヒルズ、ルミネ新宿 他となります。

会期中は様々な関連イベントが催されます。詳細はリンク先をご覧ください。

国立新美術館
http://www.nact.jp
メディア芸術祭
http://j-mediaarts.jp
マンガ部門受賞作品
http://festival.j-mediaarts.jp/award/manga/
関連イベント
http://festival.j-mediaarts.jp/exhibit/related-event/

(写真:文 事務局)



映画「それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星」完成披露試写会開催

2018年06月11日掲載

6月10日(日)にユナイテッド・シネマ豊洲にて、映画「それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星」の完成披露試写会が行われました。

ゲストは戸田恵子さん、中尾隆聖さん、杏さん、アンジャッシュのお二人。
アンパンマン30周年にちなんだ今回の舞台挨拶では、登壇者の30年前の写真がスクリーンに映し出され、会場は大いに盛り上がりました。
終盤には主題歌を担当しているドリーミングのお二人も登壇し、来場したご家族と一緒にアンパンマンマーチを合唱するなど、楽しい試写会となりました。

「原点回帰」をテーマとした本作の公開は6月30日(土)からです。
ぜひ一度、劇場に足をお運びください。
詳しい内容・劇場情報などはHPをご覧下さい。

 

(写真・文:事務局)



ゆかいな隆一えほん展

2018年06月25日掲載

期 間:2018年7月14日(土)~9月24日(月・祝)

時 間:9:00~18:00

入場料:一般 300円、団体240円、高校生以下無料

休館日:月曜日(祝日休日の場合は開館)

会 場:横山隆一記念まんが館 企画展示室
    〒780-8529 高知市九反田2-1 高知市文化プラザかるぽーと内
    TEL:088-883-5029 FAX:088-883-5049

 

詳しくは、横山隆一記念まんが館HPまで



マンガワールド 其の66 「味いちもんめ」 倉田よしみ

2018年06月11日掲載

会 場:Naked Loft
    東京都新宿区百人町1丁目5−1 百人町ビル
    TEL 03-3205-1556

期 日:7月8日(日)

時 間:OPEN 12:30 / START 13:00

出 演:倉田よしみ(協会員・理事)
ゲスト:南波健二

前売り¥2200 / 当日¥2500(飲食代別)
前売はイープラスにて6/1(金)12:00より発売!

以下webより
マンガワールド第66弾は、ビックコミックスペリオールで「味いちもんめ」を連載中の倉田よしみ先生。
料理人の伊橋が、見習いのアヒルから、店の主人にまで成長している人気シリーズです。
現在、本編は休止して、伊橋とボンさんが実際のマンガ家を訪ねてインタビュー形式で作品や食について語ってもらう「味いちもんめ 食べて・描く!漫画家食紀行」編を好評連載中。
取材秘話や、倉田先生の近況、連載でゲストで登場された先生にも登壇していただく予定です。
好評にライブドローイングや、サイン本抽選会、チャリティオークションも開催予定!
食の話で大いに盛り上がりましょう!

詳しくは
http://www.loft-prj.co.jp/schedule/naked/90218



2018年06月08日掲載



2018年06月08日掲載



2018年06月07日掲載



2018年06月07日掲載



マンガ・アニメ作家37人による「リサイクルアート展」開催中

2018年06月06日掲載

2018年6月5日(火)〜16日(土)、東京都中央区京橋にあるart spase kimura ASK?(アスク)にて、37人のアニメ・マンガ作家による「リサイクルアート展」が開催されています。
今年の作品群はいずれも力作ぞろいで、それぞれ創意工夫がなされたリサイクル作品が会場中を埋め尽くし、平面だけでなく立体物、大作ではポリ袋を利用した見事なドレスなど、来場者の目を引いていました。
そして初日のオープニングパーティーへは来場者が次々と詰めかけ、出展者達はおもてなしに追われっぱなし、主宰の久里洋二氏の姿が見えると場内からは歓声が上がっていました。

*会期中、日曜日は休館日、最終日は17時で閉場となりますので御注意ください

(画像 文:会報部 柳生柳)

 



6月の事務局ライブラリー

2018年06月06日掲載

◆秘密のレプタイルズ 1、2、4 鯨川リョウ/著 小学館/刊 各552円
◆私を球場に連れてって! 1 スーパーまさら/著 うみのとも/画 芳文社/刊 819円
◆まんぷくコミックエッセイ うますぎ!東京カレー 伊藤ハムスター/著 小野員裕/案内人 KADOKAWA・メディアファクトリー/刊 1100円
◆恋ささやいて… 中乃空/著 ワニマガジン社/刊 1000円
◆ハロー・グレイ・ナイトシェード 久松エイト/著 ホーム社/刊 690円
◆ナナメにナナミちゃん 1 吉谷光平/著 講談社/刊 580円
◆あきたこまちにひとめぼれ 1 吉谷光平/著 西島豊造/監修 双葉社/刊 600円
◆才川夫婦の恋愛事情 7年じっくり調教されました 兎山もなか/著 烏丸かなつ/画 ぶんか社/刊 648円
◆とある科学の超電磁砲外伝 アストラル・バディ 1 乃木康仁/画 鎌池和馬/原作 はいむらきよたか/キャラクターデザイン KADOKAWA・アスキーメディアワークス/刊 570円
◆先輩に繭とオレ 九重シャム/著 リブレ/刊 629円
◆手塚ファン Vol.327
◆月刊広場 6月号 No.405
◆東京アニメアワードフェスティバル2018 パンフレット
◆カジテツ王子 1 向浦宏和/著 集英社/刊
◆ラジオヘッズ 1 向浦宏和/著 集英社/刊 514円
◆虐殺ハッピーエンド 1 向浦宏和/画 宮月新/作 白泉社/刊 600円
◆チョコレート・コンフュージョン 1 星奏なつめ/著 三池ろむこ/画 カスヤナガト/キャラクターデザイン KADOKAWA・アスキーメディアワークス/刊 600円
◆愛便器 隣の絶倫(ドスケベ)お姉さん とんのすけ/著 クロエ出版/刊 1009円
◆のみじょし 1、2 迂闊/著 竹書房/刊 各650円
◆日々是平坦 1 迂闊/著 白泉社/刊 740円
◆ZOOKEEPER 1 青木幸子/著 講談社/刊 514円
◆茶柱倶楽部 1 青木幸子/著 芳文社/刊 619円
◆江戸川五郎 江戸川五郎/著
◆おいしいごはん なつかし亭 初夏号 林家木久扇、川島れいこ、後藤ゆうた、里中満智子他/著 はちどり/刊 500円
◆機工魔術士ーenchanterー 19 河内和泉/著 スクウェア・エニックス/刊 562円
◆EIGHTH(エイス)16 河内和泉/著 スクウェア・エニックス/刊 600円
◆禁断の赤いベッドーぬくもりを教えて、先生 冴月ゆと/著 祥伝社/刊 570円
◆オネエ失格~ケダモノに豹変した午前3時~ 冴月ゆと/著 祥伝社/刊 570円
◆ノヒマンガ 1、2 ポン/著 星海社/刊 各640円
◆新米姉妹のふたりごはん 1、5 柊ゆたか/著 KADOKAWA・アスキーメディアワークス/刊  各570円
◆哲也~雀聖と呼ばれた男~ 41 星野泰視/著 さいふうめい/原案 講談社/刊
◆デラシネマ 8 星野泰視/著 講談社/刊 581円
◆江川と西本 8 星野泰視・森高夕次/著 小学館/刊 552円
◆歩き巫女 九尾 1、2 大杉ゆきひろ/著 日本文芸社/刊 各593円
◆晴れの国のあっぱれ団 竹嶋えく/著 一迅社/刊 680円
◆ノラと皇女と野良猫ハート ピリ辛勇者ノブチナ 竹嶋えく/著 はと(HARUKAZE)/作 KADOKAWA・アスキーメディアワークス/刊 570円
◆ちいさな猫を召喚できたなら 1 Taco/著 ノーススターズピクチャーズ・徳間書店/刊 950円
◆3匹のちいさな猫を召喚できたなら Taco/著 ノーススターズピクチャーズ・徳間書店/刊 950円
◆エデンの檻 20 山田恵庸/著 講談社/刊 429円
◆DEATHTOPIA 3 山田恵庸/著 講談社/刊 580円
◆サタノファニ 4 山田恵庸/著 講談社/刊 590円
◆リメイク 1 六多いくみ/著 マッグガーデン/刊 571円
◆はじめまして さようなら 1 六多いくみ/著 講談社/刊 429円
◆戦後怪奇マンガ史 米澤嘉博/著 鉄人社/刊 2000円
◆心の故郷~ある湾生の歩んできた道~ パンフレット クリエイティブ21/刊
◆第43回 2018 JPS展作品集 日本写真家協会/刊
◆秋山くん【新装版】 のばらあいこ/著 東京漫画社/刊 648円
◆寄越す犬、めくる夜 1、3 のばらあいこ/著 祥伝社/刊 1巻620円・2巻650円
◆No.1ホストが指名しています フジマコ/著 竹書房/刊 650円
◆シュラバメイカー フジマコ/著 竹書房/刊 650円
◆俺、悪魔と仮契約中 フジマコ/著 幻冬社コミックス/刊 660円
◆神軍のカデット(将校生徒)1 川端新/著 小学館/刊 552円
◆Sの本性×Mの本能 川端新/著 マガジン・マガジン/刊 648円
◆恨まれ屋 1 楠本哲/著 玄秀盛/監修 少年画報社/刊 533円
◆乱歩の美食(グルメ) 楠本哲/著 日本文芸社/刊 593円
◆佐藤さん 1 楠本哲/著 少年画報社/刊 535円
◆歌舞伎町ストレイフラミンゴ 星名あんじ/著 竹書房/刊 680円
◆希(こいねが)うオリゾンデ 星名あんじ/著 Jパブリッシング/刊 699円
◆僕らはなんども恋をする 星名あんじ/著 ふゅーじょんぷろだくと/刊 675円
◆ようこそ実力至上主義の教室へ√堀北 1 サカガキ/著 衣笠彰梧/原作 トモセシュンサク/キャラクター原案 KADOKAWA・メディアファクトリー/刊 550円
◆ガーリッシュ ナンバー 1 堂本裕貴/著 渡航/原作 QP:flapper/キャラクター原案 KADOKAWA・アスキーメディアワークス/刊 570円
◆りぶねす 9 堂本裕貴/著 講談社/刊 429円
◆堂本ルール 1 阿部秀司/著 秋田書店/刊 533円
◆ロズウェル 阿部秀司/著 アース・スター エンターテイメント/刊 600円
◆ドルフィンと愉快な仲間たち 1 阿部秀司/著 岩橋健一郎/原作 秋田書店/刊 600円
◆輪姦れ輪姦れオナホ妻 眠井ねる/著 エンジェル出版/刊 980円



2018年06月06日掲載



2018年06月05日掲載



国際シンポジウム「納本制度の過去・現在・未来 -デジタル化時代における納本制度の在り方について-」

2018年06月20日掲載

期 間:2018年7月11日(水)

時 間:14:00~16:50(開場13:30)

入場料:無料 ※事前申込必須

会 場:国立国会図書館 東京本館 新館講堂
    〒100-8924 東京都千代田区永田町1-10-1
    TEL:03-3581-2331

 

詳しくは:国立国会図書館HPまで



銀座ねこ集会展II

2018年06月04日掲載

期 間:2018年6月17日(日)~23日(土)

時 間:11時~19時30分(初日:13時から・最終日:17時30分迄)

入場料:無料

会 場:東京交通会館 B1 ゴールドサロン
    〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-10-1
    TEL 03-3215-7933

出品者:アオガチョウ、麻宮騎亜、東逸子、いくえみ綾、IWACO、En、大久保草子、
    オカムラノリコ、開田裕治、かざあな、桐木憲一、弘司、寒河江智果、佐々木英俊、
    さちこ、三条獅子有忠、渋谷亮介、神宮字光、添田一平、多賀新、建石修志、
    天神英貴、中堂敏行、中野クニヒコ、永野のりこ、七菜乃、成田朱希、丹羽起史、
    長谷川友美、林由紀子、衣-hatori、久井めぐみ、前田ヒロユキ、町田七音、
    丸尾末広、南椌椌、美濃瓢吾、森馨、山崎克己、山本貴嗣、山田雨月、山田マリエ、
    リュミエナ、渡邊光也、渡辺葉子、 特別展示:小松左京 
    (50音順・敬称略・太字は協会員)



2018年06月04日掲載



第17回千曲ふる里漫画館 川柳・川柳漫画コンクール

2018年06月01日掲載

◆応募期間
~2018年8月31日(金)(当日消印有効)

◆入賞作品発表
2018年10月2日(火)(予定)
本人に直接通知の上、HP等に掲載します

◆表彰式
2018年10月27日(土)

◆テーマ
川柳の部:自由
川柳漫画の部:「お宝」または自由

◆応募方法
一人五句まで投句可能、作品にはふりがなをつける事。
ただし、作品は未発表・自作に限る。用紙は自由。
ふる里漫画館へ持参か、郵送・メール・FAXにて応募可能。

川柳漫画の部
用紙は自由、裏面が写らないものを使用。
(表面)ハガキ又はハガキ大の用紙に」10×10cmの正方形
    枠内に川柳漫画を記入し、枠外に川柳を記入。
(裏面)応募部門(課題・自由題)の別、住所・氏名(ふりがな)
    年齢・学校名・学年。電話番号を明記。
    合作仲良し部門へ応募の場合はそれぞれの作者名(間柄)を明記。

◆応募・問い合わせ先
千曲市ふる里漫画館
〒387-0021 長野県千曲市大字稲荷山2181-1
TEL・FAX 026-273-5639

 

 



訃報・会員 土山しげる氏

2018年06月01日掲載

平成30年5月24日、公益社団法人日本漫画家協協会 会員 土山しげる氏が、がんのため68歳で逝去されました。葬儀はご家族の意向により、親族のみで執り行われました。

哀悼の意を表するとともに、謹んでご冥福をお祈りいたします。
 


連載中の作品
「勤番グルメ ブシメシ!」(リイド社)
「流浪のグルメ 東北めし」(双葉社)
「荒野のグルメ」(日本文芸社)
「漫画版 野武士のグルメ」(幻冬舎コミックス)

代表作
「食いしん坊!」(日本漫画家協会賞優秀賞)
「食キング」
「借王」
「極道めし」



北キプロスにて「第7回オリーブ漫画コンテスト」開催

2018年05月31日掲載

 5月14日から4日間北キプロスノキレニア市での「第7回オリーブ漫画コンテスト」の審査員を努めてまいりました。
キレニア市長のニダイギュンギョルデュ氏が審査員の代表となり、私の他にはアジズ・ヤヴスオウール氏(トルコ)、ファトヒ・デヴェルオウール氏(トルコ)、オマル・ペレズ氏(スペイン)、フィルズ・クタル氏(ノルウェー)、アギム・クラスニオウール氏(コソボ)らが外国からの審査員でした。
北キプロスの漫画家ヒュセイン・チャクマック氏を中心にした手厚いもてなしと共に審査が進み、市民への似顔絵イベントやオリーブの植樹なども行われました。
審査だけにとどまらず、北キプロスおよび他の国の漫画家たちとも交流を持つ貴重な機会になったと思います。
 北キプロスは日本との国交がなく、南のキプロス共和国と島を分かつ複雑な状況にありますが、漫画には国境はないはず。このコンテストに応募していただいた日本の漫画家に敬意を表したいと思います。

(画像 文:横田吉昭氏)



第18回日本マンガ学会大会 シンポジウム「デジタル時代のマンガ」

2018年05月31日掲載

期 間:2018年6月24日(日)

時 間:10:30~16:00(10:00より受付)

入場料:2,000円(一般),1,000円(学生)
    ※マンガミュージアム入場料[大人800円,中高生300円,小学生100円]が別途必要

会 場:京都国際マンガミュージアム 1階 多目的映像ホール
    〒604-0846 京都府京都市中京区烏丸通御池上ル
    TEL:075-254-7414

 

【 プログラム 】
(1) 第1部「作家の視点から」(10:30〜12:30)

  出演:高浜寛、すがやみつる、具本媛
  司会:岩下朋世

(2) 第2部「編集・流通の視点から」(14:00〜16:00) 
  出演:関谷武裕、玉川博章、安陽
  司会:田中圭一

 

詳しくは、日本マンガ学会HPまで



2018年05月31日掲載



2018年05月31日掲載



2018年05月31日掲載



京都精華大学50周年記念展「アスピレーションズー8つの扉」

2018年05月30日掲載

期 間:2018年6月8日(金)~7月7日(土)

時 間:11時~18時(6月8日(金)は14時開場)

休館日:6月10日を除く日曜日

入館料:無料

会 場:京都精華大学 大学ギャラリーフロール
    〒606-8588 京都府京都市左京区岩倉木野町137

出品者:片桐ユズル、黒崎彰、塩田千春、柴谷篤弘+日高敏隆+中村裕太、
    竹宮惠子、タナカカツキ、西田潤、村岡三郎(太字は協会員・敬称略)

詳しくは:京都精華大学HPまで



2018年05月28日掲載



2018年05月28日掲載



2018年05月28日掲載



2018年05月25日掲載



2018年05月25日掲載



2018年05月24日掲載



2018年05月24日掲載



2018年05月24日掲載



2018年05月24日掲載



2018年05月24日掲載



2018年05月24日掲載



2018年05月24日掲載



2018年05月24日掲載



2018年05月24日掲載



「第5回 墨彩展」開催中

2018年05月23日掲載

2018年5月22日(火)〜27日(日)、東京都中央区銀座にある長谷川画廊にて「第5回 墨彩展」が開催されています。
こじんまりとしたギャラリー内には今年も河童を中心とした色紙画が数多く並び、会場中を彩っています。
初日のオープニングパーティーでは出展者はもちろん、多くの来場者に恵まれ、主宰のやの功氏の乾杯を合図に盛大にスタート、笑顔に溢れたひとときとなっていました。

*本日最終日は17時で閉場となりますので御注意ください

 

(画像 文:会報部 柳生柳)



日本ブックデザイン賞2018 -The Japan Book Design Award-

2018年05月23日掲載

◆応募期間
2018年6月11日(月)~6月18日(月)必着

◆応募資格
一般部門(資格不問)
学生部門(高等学校、専修学校、各種学校、大学、大学院に在籍している学生)

◆応募カテゴリー
 ブックジャケット・四六判 部門
 課題図書から選んだ文学作品による、四六判書籍(ハードカバー)のブックジャケット
 サイズ:天地194mm×左右451mm(全面)

 ブックジャケット・文庫判 部門
 課題図書から選んだ文学作品による、文庫判書籍(ソフトカバー)のブックジャケット
 サイズ:天地148mm×左右372mm(全面)

 ●装画・四六判 部門
 課題図書から選んだ文学作品による、四六判書籍(ハードカバー)のブックジャケット
 サイズ:天地194mm×左右451mm(全面)

 ●装画・文庫判 部門
 課題図書から選んだ文学作品による文庫判書籍(ソフトカバー)のブックジャケット
 サイズ:天地148mm×左右372mm(全面)

 ●ポスター部門
  課題図書から選んだ文学作品によるポスター
  サイズ:B1(728mm×1030mm)タテ位置

 ●ブックデザイン・セルフパブリッシング 部門
 私家版やリトルプレスなど、企画・編集・制作の行程を自ら行った自己出版の本
 サイズ:A3(297mm×420mm)以内

 ●ブックデザイン・パブリッシング 部門
 出版社などから、既に商業出版している本。
 サイズ:A3(297mm×420mm)以内

◆課題図書

 ●日本文学
 ・『河童』芥川龍之介
    "Kappa"   Ryunosuke Akutagawa
 ・『武士の娘』杉本鉞子
    "A Daughter of Samurai"   Etsu Inagaki Sugimoto

 ●海外文学
 ・『ガリヴァー旅行記』トルストイ
    "War and Peace"   Leo Tolstoy
 ・『ロミオとジュリエット』  ウィリアム・シェイクスピア
    "Romeo and Juliet"   William Shakespeare

 ●児童文学
 ・『裸の王様』ハンス・クリスチャン・アンデルセン
    "The Emperor's New Clothes"  Hans Christian Andersen
 ・『風の又三郎』宮澤賢治
        "Matasaburo of the Wind"    Kenji Miyazawa

※ブックジャケット・四六判部門
 ブックジャケット・文庫判部門
 装画・四六判部門/文庫判部門 共通

◆応募規定
作品応募時には、
・エントリーシート
・エントリーカード
・応募料(普通為替または定額小為替)
を同梱して送ってください。

◆応募点数
一部門につき3点まで

◆応募料
一部門につき、
    一般の部 … 5,000円
    学生の部 … 3,000円

◆応募作品送付先
〒940-1106
新潟県長岡市宮内2-10-8
秋山孝ポスター美術館長岡
日本ブックデザイン賞2018係 宛

Tel. 0258-39-1233

※応募作品は折ったり丸めたりせず、平の状態で送付してください。
※宅急便(ヤマト運輸)または、ゆうパックで送付してください。持ち込みは不可とします。

 

◆詳しくは:日本ブックデザイン賞2018 HP まで



銀河鉄道999名言書作展 書の銀河

2018年05月23日掲載

期 間:2018年6月2日(土)~8月2日(木)

時 間:11:00~19:00
     ※入館は閉館の30分前まで
     ※8月1日~31日は20:00まで開館

入場料:一般 400円・中高生 200円・小学生 100円・小学生以下 無料

休館日:火曜日(夏休みは火曜日も開館)

会 場:北九州市漫画ミュージアム 6階 常設展エリア「あしたのギャラリー」    
            〒802-0001 福岡県北九州市小倉北区浅野二丁目14-5
    TEL:093-512-5077

 

詳しくは:北九州市漫画ミュージアム まで



2018年05月23日掲載



2018年05月22日掲載