公益社団法人日本漫画家協会


武田秀雄個展  Wedding Bell

2017年03月24日

期 間:2017年3月31(金)〜4月12日(水)

時 間:11時00分〜18時00分(最終日は17時00分まで)

休館日:4月6日(木)

会 場:ギャラリーいろはに
    〒590-0953 大阪府堺市堺区甲斐町東 1-2-29
    TEL / FAX 072-232-1682





広島市まんが図書館開館20周年記念講演会  「広島を描く、広島で描く」

2017年03月24日

漫画家・こうの史代氏、マンガ研究者・吉村和真氏、比治山大学短期大学部美術科講師・
久保直子氏の三名に広島と漫画について、語って頂きます。

 

期 間:2017年4月22日(土)

時 間:14時~16時(13時30分開場)

入場料:無料・要申込/定員380名

会 場:広島段原ショッピングセンター6階 イオンシネマ広島
    〒 732-0814 広島県広島市南区段原南1-3-52
    TEL 082-568-2212

申込方法:往復はがき(一人または一家族で一枚)に郵便番号・住所・
     参加者氏名(ふりがな)・電話番号を記入の上、下記の宛先までお送り下さい

宛  先:〒 732-0815 広島県広島市南区比治山公園1-4
     広島市まんが図書館「記念講演会」係

締め切り:2017年4月7日(金)必着





「UQ HOLDER! ~魔法先生ネギま!2~ アニメ化記念」     赤松健原画展 開催中

2017年03月23日

現在、東京ソラマチ® 5F スペース634にて、「UQ HOLDER! ~魔法先生ネギま!2~ アニメ化記念」赤松健原画展が、好評開催中です。

赤松氏の代表作『AIが止まらない!』『ラブひな』『魔法先生ネギま!』、それにアニメ化が決定した『UQ HOLDER! ~魔法先生ネギま!2~』の原画が、この展示で初めて披露されています。

また、赤松氏がコレクションをしているコンピュータなど秘蔵の品の展示もあり、来場者はどのスペースも熱心に見入っていました。

同展は、3月26日まで開催されています。

「UQ HOLDER! ~魔法先生ネギま!2~ アニメ化記念」赤松健原画展http://www.akamatsuken-exhibition.com/index.html
展覧会情報:http://www.nihonmangakakyokai.or.jp/?tbl=exhibition&id=6375#id6375

(写真:会報部・UNO)



































風刺とユーモア 浙江省 現代風刺マンガ展

2017年03月22日

期 間:2017年4月4日(火)~14日(金)

時 間:10時30分~17時30分(最終日は13時まで)

入場料:無料

休館日:土曜・日曜

会 場:中国文化センター
    〒 105-0001 東京都港区虎ノ門3-5-1 37森ビル1階
    TEL 03-6402-8168

詳しくは:中国文化センター





「バロン吉元/寺田克也 バッテラ【bateira】」開催中

2017年03月21日

 

希有な二人のアーティストによる展覧会「バロン吉元/寺田克也 バッテラ【bateira】」が、渋谷のアツコバルーにて、好評開催中です。

3月17日には、オープンに先駆け、プレス内覧会が行われました。この日、早々にスタートしたライブドローイングに、来場者は釘付けとなりました。

今後も、ライブドローイングやトークイベントが行われます。同展は、4月23日(日)まで開催しています。

詳しくは展覧会情報http://www.nihonmangakakyokai.or.jp/?tbl=exhibition&id=6391

 

(写真:事務局)


























































国際トランプ漫画&似顔絵コンテスト2017 (International Trumpism Cartoon & Caricature Contest-2017)

2017年03月21日

イランのカートゥニスト団体が募集する、アメリカのトランプ大統領を題材とした漫画と風刺似顔絵のコンテストです。

・漫画部門テーマ:トランプと人種差別、トランプと移民、
 トランプと壁、トランプとマスメディア、
 トランプによる女性蔑視、トランプとツイッターなど

・風刺似顔絵部門

・各参加者はそれぞれの部門に最大5点を送ることができる。

・受賞暦もしくはカタログ掲載暦のある作品は不可。

・作品はPNG形式またはJpg形式、300 dpiの解像度、2000ピクセル幅または長さで、
 電子メールで送信すること。

・氏名、住所、Eメールアドレス、電話番号、写真、履歴を書いたWordファイルを添付のこと。

・カタログが作品掲載の参加者に贈呈される。

・賞品:漫画部門
 最優秀賞:1500$、トロフィー、賞状
   2位:1000 $、トロフィー、賞状
   3位:500 $、トロフィー、賞状

 風刺似顔絵部門
 最優秀賞:1500$、トロフィー、賞状
   2位:1000 $、トロフィー、賞状
   3位:500 $、トロフィー、賞状

・締め切り:2017年5月5日

・アドレス:
 trumpismcontest@gmail.Com
 電話:+98 21 88 911 214、+98 21 88 911 215
 ファックス:+98 21 88 911 219
 ウェブサイト:www.irancartoon.com
 http://www.irancartoon.com/international-trumpism-cartoon-caricature-contest-2017/

(情報提供:横田吉昭氏)



上野不忍池で「まんが似顔絵チャリティ」開催中

2017年03月21日

2017年3月18日(土)〜4月9日(日)まで東京都台東区にある上野恩賜公園・不忍池畔にて、協会理事であるモロズミ勝氏が代表を務める似顔絵集団による「まんが似顔絵チャリティ」が開催されています。

この集団には鈴木太郎氏、いご昭二氏、辻下浩二氏をはじめ、多くの協会員も所属していて、他のメンバーと供に日替わり5〜6名でシフトを組み、特設テントに入ります。

前日17日(金)は、有志によるテント設営が行われ準備も万端、会期中は桜の開花と共に、多くの観光客や来場者をお出迎えしてくださることでしょう。その模様も、順次追加でお伝えして参ります。


*通常は11時開始、17時〜18時頃まで受付をいたしますが、最終日の4月9日(日)は16時受付終了となりますので御注意下さい。


(画像 文:会報部 柳生柳)










第3回 全国漫画家大会議inまんが王国土佐

2017年03月17日

プロ漫画家が集合しての大イベントが3月11日から12日、高知文化プラザかるぽーとを中心に開催された。
今回も高知市内の大宴会「おきゃく 2017」に絡めての開催。

 

◆前夜10日夜 八金の 「クッキングパパのお料理とお話 ~クッキングパパ作者のうえやまとち先生を囲む食談~」

 

◆かるぽーと会場常設展示とイベント
横山隆一記念まんが館 「村上もとか原画展」
メイン会場「石ノ森章太郎複製原画展」
ぽけまんブース 漫画家グループ「ぽけまん」のメンバー12名がブースに揃う
まんがに関するお悩み相談 似顔絵コーナー ライブドローイング 物販 原画展示 ギャラリートークなど

 

◆11日
かるぽーと前広場フードブース
「特製漫画家汁」振舞い ゲスト漫画家達が思い思いに持ち寄った具をまとめて煮込んで味噌仕立て。限定50食。
「まんがを再現!特設フードブース!」
まんがに登場する料理を再現 ワンコインで提供
「クッキングパパ」みそモツ鍋 「中華一番!」のエビチリチャーハン 「グラゼニ」唐揚げチャーハン

かるぽーとメイン会場
「オープニングセレモニー ~ようこそ まんが王国・土佐へ~」
「村上もとかスペシャルトークショー ~幕末を駆け抜けたJIN-仁-~」
トークショー 「料理漫画の革命児!小川悦司 ~中華一番!の誕生のヒミツ~」
トークショー 「うえやまとちの漫画でクッキング」

かるぽーと展示室
「あなたも挑戦!アニメ声優」
「まんが教室」 講師/村岡マサヒロ
「まんが大学」 講師/魚戸おさむ はしもとみつお

かるぽーと大ホール
声優スペシャルトークショー 出演/野沢雅子 森田成一

高知市中央公園
「土佐のおきゃくで漫画家大会議!」
ゲスト漫画家と「おきゃく」!オープニングで踊った芸妓のひとりが、ちばてつや氏の元アシスタントのお嬢さんという思わぬサプライズも。

バー クロスポイント
「夜さ濃いトークショー」
出演/西原理恵子 村上もとか 田中圭一

 

◆12日
かるぽーとメイン会場
「第3回漫画家甲子園」 ゲスト漫画家がチーム線で「まんが甲子園」に挑戦!
「まんがでお悩み解決!」 プロの漫画家集団ぽけまん初来高。来場者の悩みをまんがで描き表わし、悩みもまんがで解決するトークショー
トークショー 「あれから「グラゼニ」これから「グラゼニ」」
出演/アダチケイジ 江本孟紀(高知ファイティングドッグス総監督)
トークショー 「ヒーローは永遠なり ~今宵は漢達で語りあおう~」
出演/早瀬マサト Moo.念平

かるぽーと展示室
「あなたも挑戦!アニメ声優」
「漫画家アシスタント体験」
「まんが教室」講師/のむらしんぼ 下條よしあき

 

(写真・文:会報部・大石容子)























































































































3月の事務局ライブラリー

2017年03月17日

◆回想私の手塚治虫 峯島正行/著 山川出版者/刊 2000円
◆楽天 北沢楽天顕彰会/刊
◆手塚ファン Vol.312
◆月刊広場 3月号 No.390
◆新潟伝承絵巻 絵ちご雪譜 日野杏寿/著
◆プロのマンガテクニック 池上遼一 ワイルド&ビューティーの描き方 池上遼一/著 玄光社/刊 1600円
◆プロのマンガテクニック 望月三起也 ハードアクション&エロスの描き方 望月三起也/著 玄光社/刊 1600円
◆松本大洋+ニコラ・ド・クレシー 日本とフランスを結ぶ二人のマンガ家によるイラスト集 玄光社/刊 1800円
◆池田理代子 麗しの世界 池田理代子プロダクション/監修 宝島社/刊 1200円
◆手塚治虫表紙絵集 手塚治虫/著 森晴路/監修 玄光社/刊 3000円
◆赤いくつ 水野英子/著 1000円
◆押忍!ハト☆マツ学園男子寮! 関口かんこ/著 大洋図書/刊 943円
◆よしふみとからあげ 1 関口かんこ/著 講談社/刊 680円
◆茜色のキスは屋上で 百乃モト/著 一迅社/刊 852円
◆ダンシング☆サムライ 縞野やえ/著 mathru(かにみそP)/作 株式会社インターネット/監修 KADOKAWA、アスキー・メディアワークス/刊 570円
◆服を着るならこんなふうに 1 縞野やえ/著 MB/企画協力 KADOKAWA/刊 980円
◆旬(いまどき) 鈴木有布子/著 新書館/刊 520円
◆月光ゲーム 鈴木有布子/著 有栖川有栖/作 マッグガーデン/刊 552円
◆I’m home 鈴木有布子/著 マッグガーデン/刊 571円
◆僕の母さんは友人の牝犬 唄飛鳥/著 ジーオーティー/刊 1000円
◆介護奴隷 唄飛鳥/著 ジーオーティー/刊 1000円
◆スワップスレイブ 唄飛鳥/著 ジーオーティー/刊 1000円
◆ギリギリアウト 1 ソウマトウ/著 KADOKAWA、アスキー・メディアワークス/刊 570円
◆黒ーkuroー 1 ソウマトウ/著 集英社/刊 630円
◆天からトルテ!新装版 1 近藤るるる/著 エンターブレイン/刊 780円
◆アリョーシャ! 5 近藤るるる/著 少年画報社/刊 571円
◆神撃のバハムート ミスタルシアサーガ 1 近藤るるる/著 Cygames/作 アース・スター エンターテイメント/刊 600円
◆アンゴルモア 元寇合戦記 1 たかぎ七彦/著 KADOKAWA/刊 580円
◆でびるち 1 むすあき/著 アース・スター エンターテイメント/刊 600円
◆スピナーベイト 1 此元和津也/著 幻冬舎コミックス/刊 590円
◆テリトリー  此元和津也/著 幻冬舎コミックス/刊 680円
◆セトウツミ 1 此元和津也/著 秋田書店/刊 429円
◆東京発 異世界行き 大武政夫/著 KADOKAWAエンターブレイン/刊 620円
◆ヒナまつり 11 大武政夫/著 KADOKAWAエンターブレイン/刊 620円
◆君がウソをついた 1 寄田みゆき/著 講談社/刊 419円
◆修羅のドレス 1 寄田みゆき/著 講談社/刊 429円
◆たくのみ。 1 火野遥人/著 小学館/刊 552円
◆地縛少年 花子くん 4 あいだいろ/著 スクウェアエニックス/刊 562円
◆球詠(たまよみ)1 マウンテンプクイチ/刊 芳文社/刊 590円
◆妖精とキス 日野杏寿/画 弓束しげる/作 小学館/刊 533円
◆2DK 3 スエカネクミコ/著 集英社/刊 562円
◆放課後のカリスマ 12 スエカネクミコ/著 小学館/刊 581円
◆ベルサイユオブザデッド 1 スエカネクミコ/著 小学館/刊 552円
◆クラシック・スナイパー 7 まつもとだいすけ・他/著 青弓社/刊 1600円
◆乱と灰色の世界 7 入江亜希/著 KADOKAWAエンターブレイン/刊 720円
◆幕末料理侍 すずしろのボン 1 松下朋末/著 スクウェアエニックス/刊 562円
◆蒼穹のファフナー 1、5 松下朋末/著 XEBEC/作 講談社/刊 各648円
◆異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術 3 福田直叶/著 むらさきゆきや/作 鶴崎貴大/キャラクター原案 講談社/刊 600円
◆ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 外伝 ソード・オラトリア 6 矢樹貴/著 大森藤ノ/作 はいむらきよたか・ヤスダスズヒト/キャラクター原案 スクウェアエニックス/刊 562円
◆私好みの貴方でございます。 スミコ/著 藤谷郁/作 アルファポリス/刊 640円
◆刹那さはあえかに響く 1、2 月島綾/著 山葵トロ/作 双葉社/刊 各600円
◆俺に堕ちなよ 月島綾/著 ぶんか社/刊 490円
◆さぼリーマン飴谷甘太郎 1 萩原天晴/著 アビディ井上/画 講談社/刊 570円
◆中間管理録トネガワ 4 萩原天晴/著 福本伸行/協力 三好智樹・橋本智広/画 講談社/刊 580円
◆ホリディラブ~夫婦間恋愛~ 1~3 草壁エリザ/著 こやまゆかり/作 講談社/刊 各429円
◆GET JIRO! アンソニー・ボーデイン/著 Graffica Novels/刊 2800円
◆MATSUMOTO LF・ボレ/作 フィリップ・ニクルー/画 Graffica Novels/刊 2200円





























































「ビッグ錠個展」 開催中

2017年03月17日

2017年3月15日(水)より、逗子文化ギャラリーにて「ビッグ錠個展」が開催されています。
同展は、20日(月・祝)まで。

詳しくは:http://www.nihonmangakakyokai.or.jp/?tbl=exhibition&id=6385

(画像提供:小松秀夫氏)
 

※3月18日(土)に行なわれた「紙芝居」と会場の画像を追加しています。

(2017.3.21 画像追加:事務局)































































江戸を描く其之弐 「おっかね江戸(えど)」

2017年03月17日

ボリュームアップしての第二回目、「江戸を描く」展が開催されます。
 

◆出品者/あさみさとる 石川あぐり 石田國壽 いずみ朔庵

内山大助 大石容子 河原慶二 くまごろ 小坂宏明

寺島令子 てふや食堂 とやまみーや 中野耕一

長谷川正治 百武朋 宮島幸次 室谷雅子 森園みるく

山口直久 山脇隆 涌井陽一 睦月影郎 (太字:協会員)

 

◆場所:元麻布ギャラリー 〒106-0046 東京都 港区 元麻布3-12-3 TEL:03-3796-5564

◆日時:2017年 4月11日(火)〜17日(月)平日14時〜20時 土日12時〜20時 最終日17時まで(イベントにより時間変更あり)


◆イベント

 ★トークイベント 怪談会「暗闇坂で逢いましょう」

  4月15日(土)17:30 開場 18:00開始 1ドリンクつき 椅子席1500円 立見1000円(要申込)
 

 ★ワークショップ アンティーク帯結び講座 500円(材料費込)

  4月16日(日) 午後15時〜18時


 ★灯璃の辻占 4月15日(土) 12時~17時 5分 500円~

 ★刀匠石田國壽 銘切り実演 4月15日(土)・16日(日) 2000円


詳しくはチラシをご覧頂くか

https://www.facebook.com/motoazabugallery/?fref=ts  または 

http://www.motoazabu-gallery.com/gallery/?id=1427186475-187876

元麻布ギャラリーホームページまで。

 





2017年03月15日



2017年 第6回 世界子供漫画家大会

2017年03月15日

対象
 国内外の小学4~6年生(又は満10~12歳)

締切
 2017年5月31日(水) 韓国時間24時 基準

形式
 自由創作マンガ 一人当たり最大3点まで
 四六8切りまたはA3

受付
 オンラインは作品をスキャンまたは写真をアップロード、www.icca.krへ。

 郵便の場合
 #503 Korea Manhwa Contents Agency,1,Gilju-ro,
 Bucheon-si,Gyeonggi,Republic of Korea 14505(必着)

発表
 6月7日(水)18時以降、HPお知らせ及び個別通知となります
 選抜に選ばれた作品は、7月19日(水)~23日(日)の間
 第20回富川国際マンガフェスティバル子供ドリームトゥーンゾーンにて展示

本選
 本選に選ばれた方は7月21日(金)~23日(日)に韓国漫画キャンプに招待となります
 場所・韓国漫画博物館(京畿道(キョンギド)冨川市(プチョンシ)遠美区(ウォンミグ)上洞(サンドン)529-2)
 富川市一帯見学
 最終日には表彰式が行われます



水木しげる 魂の漫画展

2017年03月15日

期 間:2017年2月19日(日)~4月2日(日)

時 間:9時~17時

入場料:大人800円 高校生以下・70歳以上・障害者無料

休館日:3月21日(火)

会 場:鳥取県立博物館
    〒 680-0011 鳥取県鳥取市東町2-124
    TEL 0857-26-7232(問合せ先:鳥取県まんが王国官房)





追悼・水木しげる ゲゲゲの人生展

2017年03月15日

期 間:2017年3月8日(水)~20日(月)

時 間:10時~20時(最終日は17時まで・入館は閉場の30分前まで)

入場料:大人1000円 高校生700円 中学生500円 小学生300円

会 場:松屋銀座8階 イベントスクエア
    〒 104-8130 東京都中央区銀座3-6-1
    TEL 03-3567-1211

詳しくは:松屋銀座





シン・えびすリアリズム 〜蛭子さんの展覧会〜

2017年03月15日

期 間:2017年3月18日(土)~5月21日(日)

時 間:11時~19時(入館は閉館の30分前まで)

入場料:大人500円 中高生300円 小学生200円

休館日:毎週火曜日(3月28日、4月4日、5月2日は開館)

会 場:北九州市漫画ミュージアム
    〒 802-0001 福岡県北九州市小倉北区浅野2-14-5 あるあるCith5F、6F
    TEL 093-512-5077

詳しくは:北九州市漫画ミュージアム





いちごえほん展

2017年03月15日

期 間:2017年3月18日(土)~5月15日(月)

時 間:9時30分~17時(最終入館は16時30分)

入場料:大人400円 中高生200円 小学生100円
    (共通券大人700円 中高生500円 小学生300円)

休館日:毎週火曜日(3月25日~4月6日、4月29日~5月5日は無休)

会 場:香美市立やなせたかし記念館・詩とメルヘン絵本館
    〒781-4211 高知県香美市香北町韮生野379
    TEL 0887-59-2300

詳しくは:やなせたかし記念館 アンパンマンミュージアム





東京アニメアワードフェスティバル2017 授賞式

2017年03月14日

東京アニメアワードフェスティバル2017(TAAF2017)」は、一般社団法人日本動画協会が主催、東京都共催の国際アニメーション映画祭で、2014年より開催、2017年で4回目の開催となります。
今年度の「アニメ功労部門」に、当協会会員の古川タク氏、松本零士氏が受賞されました。

なお、その他の受賞者につきましては、TAAF2017のサイトをご覧下さい。

https://animefestival.jp/ja/

 

(写真:会報部UNO)










































東北大震災6年目の「絵の花束2017」展 開催中

2017年03月13日

2017年3月7日(火)より、世田谷区砧のGallery Pow Pad(ギャラリーパウパッド)にて、「絵の花束2017」展が開催中です。

会場には、東北大震災以降多くの表現者の方々にご協力を頂いた、まんが、イラストレーション、諸作品が展示されています。
震災の日、3月11日(日)には、ウクライナ訪問中の永野のりこ氏に代わり、御家族が会場でウクレレ親子ライブを披露。
会場の来場者達はそれぞれの想いを胸に、澄んだ美しい歌声と優しいウクレレの音色に聴き入っていました。
震災のあった14時46分には、ウクライナに滞在中の永野氏とビデオ電話を結び、来場者全員で黙祷を行ない、震災で亡くなられた方々へ、被害に遭われた方々へ祈りを捧げました。

同展は、3月14日(火)まで開催しています。

詳しくは、http://www.nihonmangakakyokai.or.jp/?tbl=exhibition&id=6374 まで。

(画像・文:事務局)
 
































起き上がりこぼしプロジェクト ウクライナにて

2017年03月13日

東日本大震災から6年目に行われることとなった、ウクライナ国立チェルノブイリ博物館とスラブチチ市立文化センターの「起き上がりこぼしプロジェクト」の展示と記念式典に、当協会から一本木蛮氏、倉田よしみ氏、永野のりこ氏に出席して頂きました。

先にお知らせしたこの事業の内容です
http://www.nihonmangakakyokai.or.jp/?tbl=exhibition&id=6376

 

以下は、プロジェクト事務局の渡辺実氏からご提供頂いた、写真や動画によるレポートです。


2017 March 漫画家協会ウクライナ活動アルバム
https://goo.gl/photos/BnpFxV76Jp3Qtzth7

並行して行われたkids Gurnica 2017 Zemlyaki, Kiev
https://goo.gl/photos/n1vKKRhczUVemN1T7

https://goo.gl/photos/Y7UPgDND93e1nL248

チェルノブイリ博物館での追悼式典
http://kpravda.com/12-marta-v-gorod-slavutich-priezzhaet-vsemirno-izvestnyiy-dizayner-modeler-kenzo-takada/7873
https://www.ukrinform.ua/rubric-culture/2191273-u-kievi-vidkrilasa-vistavka-aponskih-nevalasok.html
https://www.instagram.com/p/BRdMXRTAiiY/
http://www.5.ua/kyiv/rokovyny-trahedii-u-fukusimi-u-kyievi-v-muzei-chornobylia-vidkryly-vystavku-lialok-140553.html
https://www.youtube.com/watch?v=NbW489HixyU

スラブチチの写真
https://goo.gl/photos/BnpFxV76Jp3Qtzth7

チェルノブイリ原発作業員の街での福島連帯イベント, 12 March 2017
https://goo.gl/photos/UtQ45s7VCWtXVEQz9
 

13日午前の部。(3月15日:情報追加)
https://goo.gl/photos/nsXwgRpHgEZE58xU6
 

(以下の写真提供:籔中博章氏、渡辺実氏)
 



福岡在住のフランス人漫画家が描く “少し不思議”な福岡・北九州の風景

2017年03月13日

北九州市マンガミュージアムの展示です。

◆日本漫画家協会 九州・中国ブロック 展示コーナー「海峡マンガ合戦」
 vol.11 ヴァンサン・ルフランソワ「日本にある街」

会  期:2017年2月25日(土)~4月28日(金) ※休館日:毎週火曜日
開館時間:11:00~19:00(入館は18:30まで)
北九州市漫画ミュージアム 常設展示エリア(あるあるCity 6階)
常設展観覧料 一般400円・中高生200円・小学生100円
WEB:http://www.ktqmm.jp/kikaku_info/8731

ヴァンサン・ルフランソワ プロフィール
1966年、フランス・ルーアン生まれ。福岡市在住。
パリ・ソロボンヌ大学の造形芸術学部を卒業後、1991年福岡市に移住する。以後福岡を拠点に、さまざまな新聞、雑誌等のメディアでイラストレーションを発表するほか、谷口ジローの書籍の仏語翻訳出版にも関わる。最新作品集は「人生半分日本暮らし」(2015年)。
詳細は公式HPへ(http://www.atelierdecale.net/)。



上野公園「第13回 時忘れじの集い」

2017年03月10日

3月9日(木)、東京・上野で、東京大空襲から72年になる10日を前に、犠牲者を追悼する「時忘れじの集い」が行われました。

発願者は、初代林家三平氏の妻、海老名香葉子さん。東京大空襲の犠牲者の碑をなんとか造りたいといった思いから、2005年に、慰霊碑「哀しみの東京大空襲」と、いこいの広場・平和の母子像「時忘れじの塔」を建立、毎年3月9日に空襲犠牲者を慰霊する集い「時忘れじの集い」をご自身が主催者として開いているそうです。

当協会からは、ちばてつや理事長、森田拳次常務理事が参加されました。

なお、ちばてつや理事長は自身の「ぐずてつ日記」に、この模様を掲載されています。
http://ameblo.jp/chibatetsu/entry-12254793766.html

(写真:会報部 UNO)

 

 




































村上もとか原画展 〜幕末を辿る、漫画『JIN ー仁ー』の世界〜

2017年03月08日

期 間:2017年2月11日(土)~3月12日(日)

時 間:9時~18時

休館日:毎週月曜日

入場料:410円(高校生以下無料)

会 場:横山隆一まんが記念館
    〒780-0832 高知県高知市九反田2−1
    TEL 088-883-5029

詳しくは:横山隆一記念まんが館





まんが・漫画・マンガ展!2017

2017年03月08日

期 間:2017年3月18日(土)~4月9日(日)

時 間:9時~18時

休館日:毎週月曜日(3月20日は開館となります)

入館料:無料

会 場:横山隆一まんが記念館
    〒780-0832 高知県高知市九反田2−1
    TEL 088-883-5029

詳しくは:横山隆一記念まんが館





2017年03月06日



2017年03月06日



2017年03月06日



2017年03月06日



2017年03月06日



2017年03月06日



2017年03月06日



2017年03月06日



2017年度 第46回日本漫画家協会賞 作品募集要項

2017年03月02日

応募資格 プロ、アマ、国籍、年齢、性別を問わず誰でも応募出来る。

応募作品  (イ)2016年中に発表または制作した出版物または描き下ろし作品。
      (ロ)大きさはB2以下とする。ガクブチ入り、立体、レリーフの類は
         作品を写真撮影の上、素材、大きさを記して応募すること。
      (ハ)作品には必要事項を明記した「応募票」を必ず添付すること。
      (ニ)非会員の応募は1点に付き応募料¥5,000を郵便小為替、切手等で
         納入のこと。納入のない場合は選考外とする。

作品提出 2017年3月1日から3月31日まで。下記へ持参または送付のこと。
      (下記以外の場所へ提出されたものは選考の対象とされない。)
      〒160-0001東京都新宿区片町3-1 YANASE兎ビル
      日本漫画家協会漫画賞実行委員会

作品返却 選考修了後、応募作品の返却を希望する場合は、その旨応募票に明記の上、
      郵送料を同封すること。(レターパック等の同封も可)

選  考 2017年5月、選考委員が公平かつ厳正に選考する。

選考委員 ちばてつや(委員長)、赤松健、天野誠、小河原智子、門倉紫麻、
      くさか里樹、野谷真治、はざま隆治、原子力、ヒサクニヒコ、
      弘兼憲史、山田ゴロ、ヤマダトモコ、吉本浩二

発  表 選考修了後ただちに発表する。受賞者には委員会より通知される。

    大賞=金彩レリーフプレート楯、メダル、副賞として賞金50万円
      特別賞=銀彩レリーフプレート楯、メダル、副賞として賞金20万円
      文部科学大臣賞=文部科学大臣賞状

贈 賞 式 2016年6月16日(金)

※応募用紙が必要です。応募用紙は下記よりダウンロード出来ます。
応募用紙

日本漫画家協会賞実行委員会
〒160-0001東京都新宿区片町3-1 YANASE兎ビル
公益社団法人日本漫画家協会事務局内
TEL:03-5368-3783 FAX:03-3341-0662

※過去の受賞作品につきましては、こちらをご参照下さい。
http://www.nihonmangakakyokai.or.jp/?tbl=award



マンガジャパン/デジタルマンガ協会 合同 新春の会 開催

2017年03月02日

平成29年2月28日(火)、帝国ホテルにおいて、マンガジャパンデジタルマンガ協会合同、恒例の「新春の会」が開催されました。

(写真:事務局)



























バロン吉元/寺田克也 バッテラ【bateira】

2017年03月02日

期 間:2017年3月18日(土)〜4月23日(日)

時 間:水木金土 14:00〜21:00 日月 11:00〜18:00 火:定休日

入場料:500円(1ドリンク付)

会 場:アツコバルー
    〒150-0046 東京都渋谷区松濤1-29-1 クロスロードビル5F
    tel:03-6427-8048 mail:ab@l-amusee.com
    www.atsukobarouh.com

■公開制作 ※予約不要
 会期を通して完成していく最新作の制作過程を間近でご覧いただけます。
 ◎作家来廊日(14時から制作開始)
   バロン吉元 3月26日(日)、4月9日(日)、4月16日(日)
   寺田克也  3月25日(土)、4月9日(日)、4月15日(土)

 ※追加公開制作日は随時ウェブで告知。
 ※入場料でご覧いただけます。

■トークイベント ※要予約
  バロン吉元 × 寺田克也 ゲスト:都築響一
  4月8日(土)19:00-21:00(18:30受付開始)
  ¥1,000(1ドリンク付)
  ご予約方法:03-6427-8048/ab@l-amusee.com
 お名前、人数、電話番号をお知らせ下さい。

※イベント当日の通常営業は18時までとなります。

詳しくはhttp://l-amusee.com/atsukobarouh/schedule/2017/0318_4125.php





岸田尚肖像画展 開催中

2017年03月02日

東京・新宿区のアートコンプレックスセンターにて、「岸田尚肖像画展」が開催中です。
以下、岸田氏ご本人からのメッセージになります。

_______________________________________

参加作家の皆様で「岸田尚」の肖像画を描く展示も今回で5回目となりました。
同じ題材(人物)を色々な方々が描く面白さを感じて頂けましたら幸いです。

期 間:2/28~3/5
時 間:11時~20時迄
    最終日は11時~18時迄となります。
会 場:アートコンプレックスセンター (ACT)
    東京都新宿区大京町12-9

参加作家(敬称略):芦川淳一、阿部ゆたか、大山峻護、小河原智子、川崎のぼる、久住昌之、黒丸、
          ココア、真崎春望、とやまみーや、寺沢武一、中村欽太郎、南波健二、ねもと章子
          萩岩睦美、服部一巳、はやせ淳、伴田良輔、平松伸二、丸藤正道、宮川サトシ、
          Moo.念平、睦月影郎、メソポ田宮文明、山田ゴロ、岸田尚

会期中は、岸田尚肖像画展の第1回~3回の作品を収めた「Kissy's portraits~52人による“岸田尚”肖像画競作集」も販売致します。
どうぞ宜しくお願い致します!

3月6日 写真を追加致しました。後半をご覧下さい。

(写真:岸田尚、事務局)




















収蔵品展 楽天漫画から読み解く 大正・昭和のモダンライフ

2017年02月28日

期 間:2017年2月25日(土)~5月7日(日)

時 間:9時~16時30分

入場料:無料

休館日:月曜日(3月20日は開館)、3月21日

会 場:さいたま市立漫画会館
    〒 331-0805 埼玉県さいたま市北区盆栽町150
    TEL 048-663-1541

詳しくは:さいたま市立漫画会館





ATOM THE BEGINING展

2017年02月28日

期 間:2017年3月2日(木)~6月26日(月)

時 間:9時30分~17時(入館は16時30分まで)

入場料:大人700円 中高生300円 小学生100円

休館日:毎週水曜日(3月29日、4月5日、5月3日は開館)

会 場:宝塚市立 手塚治虫記念館
    〒 665-0844 兵庫県宝塚市武庫川町7-65
    TEL 0797-81-2970

詳しくは:宝塚市立手塚治虫記念館





デビュー50周年記念展 池田理代子 ー「ベルばら」とともにー

2017年02月28日

期 間:2017年3月8日(水)~20日(月)

時 間:10時30分~19時(最終日は17時30分まで)

入場料:一般800円 大学・高校生600円 中学生以下無料

会 場:日本橋高島屋 8階ホール
    〒 103-8265 東京都中央区日本橋2-4-1
    TEL 03-3211-4111





ビッグ錠個展

2017年02月28日

期 間:2017年3月15日(水)~20日(月)

時 間:9時~17時(初日15日は13時から)

入場料:無料

会 場:逗子文化プラザギャラリー
    〒 249-0006 神奈川県逗子市逗子4-2-10
    TEL 046-870-6622
    問合せ先 TEL 080-5382-8692(成田)





春の賑わい〜似顔絵・アニメ・漫画大会〜

2017年02月28日

期 間:2017年2月27日(月)〜3月4日(土)

時 間:12時00分〜19時00分(最終日は16時00分まで)

会 場:ギャラリーSTAGE-1
    〒104-0061 東京都中央区銀座1-28-5 鈴木ビル1階
    TEL 03-3562-5181

出展者:有葉みのり、岩見俊哉、小河原智子(協会員)、川口順子、鈴木阿季、種村国夫、
    D・B・エディ、寺崎城介、鳥飼さとみ、幡野道男、柳生柳(協会員)(敬称略)





ひとコマ漫画二人展

2017年02月28日

協会員である相澤拓、はせべくにひこ両氏による「子供と一緒に楽しめる」がコンセプトの二人展です。
来場者さんへは素敵なぬり絵プレゼントのご用意もあります、とのことです。


期 間:2017年3月25日(土)〜4月2日(日)

時 間:10時00分〜17時00分

会 場:クラフトえいと
    〒250-0045 神奈川県小田原市城山1-9-9
    TEL 0465-32-0188




「春の賑わい展〜似顔絵・アニメ・漫画大会〜」開催中

2017年02月28日

2017年2月27日(月)〜3月4日(土)まで東京都中央区銀座にあるギャラリーSTAGE-1(ステージ ワン)にて「春の賑わい展〜似顔絵・アニメ・漫画大会〜」が開催され、協会員である小河原智子氏、柳生柳が出展しています。
こぢんまりと居心地のいい空間での展示は数多くの似顔絵や、コミックタッチの作品が並び、オープニングでは会場いっぱいに来場者さんが詰めかけ、タイトル通り、春の賑わいとなっていました。

会期中は無休で開催されますが、最終日3月4日(土)は16時00分閉場となりますので御注意下さい


(画像 文:会報部 柳生柳)






















「ビッグ錠のわが町とマンガ展」最終日(2月26日)

2017年02月27日

湘南台駅地下イベント広場にて「昭和のマンガあれこれ」トークショウが、イベント最終日、川崎のぼる氏南波健二氏をゲストにビッグ錠氏は嬉しい時間が流れた。

川崎氏とビッグ氏の付合いが漫画界を盛り上げたとも言えそうな感じさえ伝わって来た。 客席ではうなづきながら聞いていたファンもいた。

ビッグ氏は湘南台に居を構えて45年。氏は作品を育ててくれたこの町のために役に立ちたいという思いから回顧展を開催する事になった。

倉田氏、平松氏、ねもと氏・・・同業の漫画家仲間も客席に応援に来ていた事が、仲間っていいなあとマンガファンに伝わったと思う。

トークショウをうまくリードした司会解説は松岡和彦氏でした。

 

(写真:会報部UNO、事務局 文:会報部UNO)






























うゑださと士の色紙画展 中神田十三ヶ町町内渡御之図

2017年02月27日

期 間:平成29年3月18日(土)~26日(日)
時 間:正午12時~午後6時 但し最終26日は午後5時まで
会 場:神田公園出張所 2階ギャラリー
    千代田区神田司町2-2

【懇親会のご案内】
うゑださと士色紙画展を記念し3月22日(水)神田明神ツアーと懇親会が催されます。
詳しくは特設ご案内ページをご覧ください。→ https://goo.gl/OEMMPf
 




FECO JAPAN CARTOON 風刺マンガ展 開催中

2017年02月25日

2月24日〜3月14日の期間、京都国際マンガミュージアム、ギャラリー4にて、
フェコジャパン展が開催されています。展覧会テーマは<厄介な時代>。
出展者はカワキタカズヒロ、木南精示(協会員)坂井貞夫、坂井せいごう(協会員)、
篠原ユキオ(会代表・協会員)ジョルジュ・ピロシキ(協会員)、武田秀雄(協会員)、
たなべたい(協会員)、団士郎(協会員)、筑紫直弘(協会員)、西田淑子(協会員)
柳たかを(協会員)、山井教雄(協会員)、横田吉昭(協会員)の各氏。

展覧会情報http://www.nihonmangakakyokai.or.jp/?tbl=exhibition&id=6368

 

(写真・文:西田淑子)













「ビッグ錠のわが町とマンガ展」開催中

2017年02月20日

2017年2月17日(金)より、湘南台駅地下イベント広場にて「ビッグ錠のわが町とマンガ展」が開催されています。
会場には、湘南台に居を構えて45年となるビッグ氏の、この湘南台で生まれた作品の数々、地域に密着した作品や、貸本時代の懐かしい本等が展示されています。

19日(日)13時からは、「グルメマンガ家たちのグルメ会議」と題して、倉田よしみ氏(協会員)・さとう輝氏(協会員)をゲストに迎え、ビッグ錠氏との三氏によるトークショーが行なわれました。
(出演予定の土山しげる氏(協会員)は、体調を崩されたとの事で、さとう輝氏が急遽出演となりました)
コック姿のビッグ氏を中心に、それぞれの作品に対する想いや、描き方・表現方法の対峙、各氏の故郷での活動などが紹介され、改札口すぐの会場はたくさんの人達が立ち止まり、各氏の軽快なトークに笑いが溢れていました。
また、トークショーの後には、抽選でサイン会も行なわれ、各氏は笑顔でサインに応じていました。

同展は、2月26日(日)まで。
22日(水)13時より「ミュージックライブ」、26日(日)13時より「トークショー・昭和のマンガあれこれ」が予定されています。

詳しくは、http://www.nihonmangakakyokai.or.jp/?tbl=exhibition&id=6346まで。

(画像提供:小松秀夫氏 文・画像:事務局)

 













































2017年02月17日



2017年02月15日



2017年02月15日



2017年02月15日



「コミティア119」ちばてつや特別公開授業も

2017年02月15日

2017年2月12日(日)東京都江東区にあるビッグサイトにて、創作系同人誌即売会「コミティア119」が開催されました。
回を追うごとに展示や企画も増え、一層の賑やかさをますコミティアですが、今回も様々なイベントが行われました。
通常のイベント開催の傍ら、午前中に開催された当協会理事長ちばてつや氏の特別公開授業も今回で三回目、氏が教鞭をとる大学の学生作品を例に、授業テーマに沿った解説とアドバイス等がなされ、来場者の注目を集めていました。
午後にはデジタルマンガキャンパス・マッチ2016の表彰式と講評会が開催され、ここには倉田よしみ氏や、犬木加奈子氏などが登壇。こちらもまた多くの参加者に恵まれ、場内を盛り上げていました。
そしてもちろんイベントそのものでも、出展者には今回も多くの協会員がおり、関東在住の常連はさることながら新たに出展する協会員もぐっと増え、遠くからの出展者には、山口からははるばる、とだかづき氏の姿もありました。
なお、地方でも開催されているコミティアですが、新たに九州での開催が予定されています。
プレ開催とのことですが、きっとここでも多くの才能が集まり、イベントも発展していってくれることと思います。

(協力:コミティア実行委員会 画像 文:会報部 柳生柳)






































東日本大震災祈念 6年目の「絵の花束2017」展

2017年02月15日

東日本大震災被災者の皆様に向け、
多くの表現者の方々のご協力を頂き
お贈り致しました絵等を展示させて頂きます

期 間:2017年3月7日(火)~14日(火)
時 間:12時~19時
会 場:Gallery Paw pad(ギャラリー・パウ・パッド)
    〒 157-00 世田谷区砧5-23-8
    小田急線祖師ヶ谷大蔵駅下車 南方向徒歩約8分
    ウルトラマン商店街内

詳しくは:永野のりこホームページ





「UQ HOLDER! ~魔法先生ネギま!2~ アニメ化記念」     赤松健原画展

2017年02月15日

憧れていた、あの子に会える。 

期 間:2017年3月18日(土)~26日(日)

時 間:平日 13時~20時
    土日祝日 11時~18時
    (3月18日(土)のみ12時から開館となります)
    ご入場は閉館の60分前まで

入場料:前売券1200円、限定グッズ付前売券3200円
    当日券1400円、限定グッズ付当日券3400円

会 場:東京ソラマチ® 5F スペース634
    〒131-0045 東京都墨田区押上1-1-2
    問合せ先 03-3556-6552(赤松健原画展運営事務局)

<注意事項>
◆入場券について
・3歳以下無料
・前売券の販売枚数が上限に達した場合、当日券の販売はございません。
・購入された入場券の変更、交換はお受けできません。 
・当日券はご購入日のみ入場できます。 
・前売券、当日券に限らず「限定グッズ」は数量限定のため、完売の場合、販売はございません。
・「限定グッズ」は、会場でのお渡しとなります。

詳しくは:赤松健原画展HPまで




起き上がりこぼしプロジェクト ウクライナ国立チェルノブイリ博物館・スラブチチ市文化センター

2017年02月15日

当協会が協力を行っている起き上がりこぼしプロジェクトですが、この度ウクライナ国内での展示が決定しました。

国立チェルノブイリ博物館(こくりつチェルノブイリはくぶつかん、Національний музей Чорнобиль)は、チェルノブイリ原子力発電所事故6周年にあたる1992年4月26日、キエフの中心街に開設された博物館です。
同時に、スラブチチ市では市主催、文化センターで展示を行います。スラブチチ市は、チェルノブイリ原発事故の後、旧ソ連が周辺地域の住民を汚染の少ない地域へ移動させ、その後2年間で作られた新しい街です。
展示に際し、絵付け起き上がりこぼしの贈呈式が行われ当協会理事・一本木蛮、永野のりこ、参与・倉田よしみ各氏が参加します。

会期:2017年3月11日〜夏頃

博物館住所    переулок Хорива, 1
      Kyiv,
      Ukraine
      04071
※このニュースタイトル右横▼印をクリック、地図で場所が表示されます。

電話番号    +380 44 482 5627

起き上がりこぼしプロジェクト https://www.facebook.com/OkiagariKoboshiProject/
国立チェルノブイリ博物館 http://chornobylmuseum.kiev.ua/en/mainpage/




岸田尚肖像画展

2017年02月13日

期 間:2017年2月28日(火)~3月5日(日)

時 間:11時~20時(最終日は18時まで)

会 場:アートコンプレックスセンター
    〒 160-0015 東京都新宿区大京町12-9
    TEL 03-3341-3253

出展者:芦川純一、阿部ゆたか(協会員)、新井英樹、大山峻護、小河原智子(協会員)、
    川崎のぼる、久住昌之、黒丸、ココア(協会員)、真崎春望、とやまみーや(協会員)、
    寺沢武一、中村欽太郎、難波健二、ねもと章子(協会員)、萩岩睦美、服部一巳、
    はやせ淳(協会員)、伴田良輔、平松伸二(協会員)、丸藤正道、宮川サトシ、
    Moo.念平、メソポ田宮文明(協会員)、山田ゴロ(協会員)、岸田尚(協会員)

   (敬称略)





FECO JAPAN CARTOON 風刺マンガ展

2017年02月13日

期 間:2017年2月24日(金)~3月14日(火)

時 間:10時~18時(最終入館は17時30分まで)

休館日:毎週水曜日

入場料:無料(ただし、マンガミュージアム入場料は別途必要となります)
    (大人800円 中高生300円 小学生100円)

会 場:京都国際マンガミュージアム ギャラリー4
    〒 604-0846 京都府京都市中京区烏丸通御池上ル(元龍池小学校)
    TEL 075-254-7414

出展者:坂井貞夫、坂井せいごう(協会員)、西田淑子(協会員)、山井教雄(協会員)、
    横田吉昭(協会員)、柳たかを(協会員)、木南精示(協会員)、
    ジョルジュピロシキ(協会員)、筑紫直弘(協会員)、たなべたい(協会員)、
    武田秀雄(協会員)、団士郎(協会員)、カワキタカズヒロ、
    篠原ユキオ(代表)(協会員)(敬称略、順不同)

詳しくは:京都国際マンガミュージアム




「環境マンガと子どもたち」大阪での巡回展

2017年02月13日

現在開催中の漫画家協会協力事業「環境マンガと子どもたち」ですが、現在は関西地区での巡回展を行っています。
1月29日(日)〜2月1日(水)は大阪市中央図書館、2月3日(金)〜7日(火)はおおさかATCエコグリーンプラザで開催されました。
大阪での巡回展は好評の内に閉幕となり、この先は神戸と岡山での巡回展も予定されてます。

(画像提供:公益社団法人 こども教育支援財団 文:会報部 柳生柳)









第6回国際オリーブ漫画コンテスト(北キプロス・キレニア)

2017年02月10日

北キプロスの漫画家協会とキレニア地区が主催する、第16回オリープフェティバルと併催される漫画コンテストです。

・テーマ:オリーブ(オリーブ、オリーブと時間、オリーブと歴史、オリーブと神話、オリーブとテクノロジー、オリーブとキプロス、オリーブとライフ、オリーブと平和、オリーブと紛争、オリーブと戦争、オリーブと健康、オリーブと女性、オリーブオイルなど)

・締め切り:4月30日

・サイズはA4またはA3

・複数の応募可

・キャプション、題名などは入れない

・裏面に氏名、住所、電話番号(国コードを含む)、メールアドレスを記入、
 他にA4の用紙に簡単なプロフィールを記入して提出(できれば写真も)


 1位:1,000ユーロとゴールドオリーブ像
 2位:800ユーロとシルバーオリーブ像
 3位:600ユーロとブロンズ・オリーブ像
 特別賞(6名):ブロンズ・オリーブ像

 他に100名に記念盾プラケット
 入賞者9名が授賞式に招待される

・作品はオリーブフェスティバルにおいて展示され、カタログが製作される

・送付先は以下のとおり
Kıbrıs Türk Karikatürcüler Derneği
6. Uluslararası Zeytin Karikatürleri Yarışması
Posta Kutusu: 87 (Post Code: 99000)
Lefkoşa – Kuzey Kıbrıs (Via Turkey)

・過去の作品などは以下でみることができる
 http://www.zeytinkarikaturleri.com

・カタログのための作品は以下のアドレスに送れるが賞からは除外される
 olivecartoons@gmail.com

 

(情報提供:横田吉昭氏)



故・峯島正行さんを偲ぶ会

2017年02月10日

 みぞれまじの2月9日峯島正行さんを偲ぶ会がアルカデイア市ヶ谷にて行なわれた。
 呼びかけ人代表の勝目梓氏の挨拶から始まり手塚プロダクション社長・松谷孝征氏が献杯の音頭、
日本漫画家協会を代表してウノ・カマキリは会報に10年原稿を掲載していただけた感謝の挨拶と続いた。
 実業之日本社会長、山川出版社・・・・。
 昨年11月3日 手塚治虫氏の誕生日に峯島氏は倒れられ、遺作「回想 私の手塚治虫」刊行は
手塚氏の亡くなられた2月9日とは 因縁めいた会となった。

編集者、出版人、作家として生き抜いて来た氏は漫画界のために最後の最後まで
書き続けていただきありがとうございます。感謝しています。

(写真 文:会報部 UNO)

















2017年02月10日



2017年02月10日



2017年02月10日



2017年02月10日



2017年02月10日



2017年02月10日



2017年02月10日



2017年02月10日



第34回 AYDIN DOGAN 国際漫画コンペティション(トルコ)

2017年02月09日

<テーマ>自由

<締め切り>2017年5月5日(金)

<各賞>大賞:8,000US$
    一位:5,000US$
    二位:3,500US$
    サクセス賞(5~12人):500US$

    上記通常の賞以外に,教育の機会を妨げられている世界の少女達の救済と活躍を願って
    Empowered Girls,Empowered Futures賞が授与されます

<サイズ>A3(29,7 ×42㎝)まで

<宛先>Aydin Dogan Vakfi
    Burhaniye Mahallesi Kisikh Cad.
    No:65 34676 
    Uskudar-Istanbul/Turkiye

<連絡先>Tel +90 216 556 91 76/77
     Fax 90 216 556 91 47

*原画のみ受け付け、デジタル作品の場合は著者直筆サインのこと
*応募用紙が必要(下記アドレスより取得のこと):略歴、写真
*受賞作以外の応募作品は書式にての要請により返却可。
www.aydindoganvakfi.org.tr.

 

 



第10回日本国際漫画賞 授賞式及びレセプション 執り行われる

2017年02月07日

外務省主催・第10回日本国際漫画賞の記念シンポジウムと授賞式が、2月6日(月)明治大学駿河台キャンパスにて執り行われました。
(第9回までは「国際漫画賞」でしたが、第10回より「日本国際漫画賞」と名称が変更されました。)
日本国際漫画賞は、海外への漫画文化の普及と漫画を通じた国際文化交流に貢献された漫画家を顕彰するもので、平成19年より実施され、当協会は初回から審査協力を行っています。審査員は前回の第9回に引き続き、当協会員の里中満智子(審査委員長)、倉田よしみ、志賀公江各氏が参加されました。

節目である第10回を記念し、まず記念シンポジウム、基調講演とパネルディスカッションを実施。その後、授賞式が行われ、受賞者には小田原潔外務大臣政務官から賞状が、里中満智子氏からトロフィーが授与されました。

尚、受賞者は以下の通りです。

最優秀賞(1組)
作品名:The Master of Arms 【剣の師】
出版国・地域:ベルギー
言 語:フランス
作 者:Joel Parnotte(ジョエル・パルノット)
原作者:Xavier Dorisson(グザビエ・ドリゾン)

優秀賞(3組)
(1)
作品名:SCAVENGERS【スカベンジャー】
出版国・地域:中国
言 語:中国語
作 者:韓祖政

(2)
作品名:THE HEART OF DARKNESS【心の闇】
出版国・地域:ベルギー
言 語:フランス語
作者・原作者:Laura Iorio(ローラ・イオリオ)
作 者:Roberto Ricci(ロベルト・リッチ)
原作者:Marco Cosimo D’amico(マルコ・コズィ・ダミコ)

(3)
作品名:Gateway to Underworld【地獄門】
出版国・地域:ベトナム
言 語:ベトナム語
作 者:Can Tieu Hy(カン・テイエウ・ヒー)

詳しくは:http://www.mofa.go.jp/mofaj/p_pd/ca_opr/page1_000292.html
































ヒサクニヒコ夢の世界展 開催中

2017年02月06日

岡山県は笠原市立カブトガニ博物館にて「ヒサクニヒコ夢の世界展」が開催されています。
中では恐竜、忍者、乗り物、昔話、一コママンガなどの著作、原画、周辺グッズなどが展示中。
中にはこんなシャドーアートも。(写真参照)

同展は4月9日(日)までとなります。

 

(写真提供・ヒサクニヒコ氏)

展覧会情報はこちら:http://www.nihonmangakakyokai.or.jp/?tbl=exhibition&id=6319








2017年02月06日



2017年02月06日



2017年02月06日



2017年02月06日



2017年02月06日




2017年02月06日



ビッグ錠のわが町とマンガ展

2017年02月03日

期 間:2017年2月17日(金)~26日(日)

時 間:12時~19時

会 場:湘南台駅地下イベント広場
    神奈川県藤沢市湘南台 横浜市営地下鉄湘南台駅改札口前

〈イベント〉
19日(日) 13時より 「グルメマンガ家たちのグルメ会議」
       出演 倉田よしみ(協会員)、土山しげる(協会員)、ビッグ錠(協会員)
      14時30分より サイン会(枚数限定)

22日(水) 13時より ミュージックライブ 出演 浜野ケイ子、他

26日(日) 13時より トークショー 「昭和のマンガあれこれ」
       出演 川崎のぼる、南波健二、ビッグ錠(協会員)
      14時30分より サイン会(枚数限定)

       (順不同・敬称略)





2月の事務局ライブラリー

2017年02月02日

◆手塚ファン Vol.311
◆團團(まるまる)珍聞 合本6(第126号/明治12年9月12日~第150号/明治13年3月6日)
◆團團(まるまる)珍聞 合本7(第151号/明治13年3月13日~第175号/明治13年8月28日)
◆まんがマニア12月号 アトリエ・Kプロダクション/刊
◆月刊広場 No.389








第22回国際漫画展(ザグレブ・クロアチア)

2017年01月30日

クロアチア漫画家協会が開催する漫画コンテストです。

・テーマ:ホテル、ホステル、アパート、キャンプ、(観光業者と旅行者のユーモラスさなど)

・締め切り:2017年4月13日

・デジタル出力作品は鉛筆でサインを書き込むこと、コピーは不可

・裏面に氏名と住所を明記のこと

・発表歴のある作品は不可

・A4またはA3サイズで最大3点まで

・賞:第1位:1.000ユーロ
   第2位:500ユーロ
   第3位:300ユーロ

・送付先
 CROATIAN CARTOONIST ASSOCIATION
 (HRVATSKO DRUŠTVO KARIKATURISTA)
 SAVSKA CESTA 100
 10000 ZAGREB, CROATIA

・クロアチア漫画家協会のホームページは下記のとおり

http://www.hdk.hr

 

(情報提供:横田吉昭氏)




プリパラ展 ーみ~んなあつまれ♪スギパラ!!ー

2017年01月30日

期 間:2017年2月15日(水)~4月16日(日)

時 間:10時~18時(入館は17時30分まで。最終日は16時まで)

休館日:毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)

入場料:無料

会 場:杉並アニメーションミュージアム
    〒 167-0043 東京都杉並区上萩3-29-5 杉並会館3階
    TEL 03-3396-1510

詳しくは:杉並アニメーションミュージアムHP





LOVE♥りぼん♥FUROKU 250万乙女集合! りぼんのふろく展

2017年01月30日

期 間:2017年2月18日(金)~6月4日(日)

時 間:月・金 14時~20時
    土日祝 12時~18時

休館日:毎週火・水・木(祝日の場合は開館)

入場料:無料

会 場:明治大学 米沢嘉博記念図書館
    〒 101-8301 東京都千代田区猿楽町1-7-1
    TEL  03-3296-4554

詳しくは:米沢嘉博記念図書館HP






世界に日本マンガを紹介して40年 フレデリック・L・ショット 講演会

2017年01月26日

日 時:2017年2月8日(水)
    19時~20時30分(受付開始・開場は18時30分から)

定 員:120名(事前申込・先着順)

参加費:無料

会 場:国際交流基金 本部 2階ホール「さくら」
    〒 160-0004 東京都新宿区四谷4-4-1

申 込:連絡先のEメール、電話、FAXに下記の内容をご連絡ください
    ・氏名 ・ご所属 ・連絡先(連絡のつきやすいもの)
    ・ご来場人数

連絡先:国際交流基金 文化事業部 企画調整チーム
    Eメール manga@jpf.go.jp
    TEL 03-5369-6060 FAX 03-5369-6038




第7回トゥルハン・セルチュック国際漫画コンペティション(トルコ・ミラス市)

2017年01月25日

 第二次大戦後のトルコを代表する漫画家トウルハン・セルチュックを記念して行われる漫画コンテストです。

・テーマ:自由

・受賞歴のある作品は不可

・技法は自由で最高5点まで応募可

・インターネットで応募の場合は300dpiとjpgを使用

・最大サイズは30×40cm

・参加者は、氏名、住所、電子メールアドレス、電話番号、簡単な経歴を添付すること

・賞

 大賞:750000トルコリラ
 2位:500000トルコリラ
 3位:200000トルコリラ

 他に協賛者からの賞あり

・締め切り:2017年5月5日

・送付先は以下の通り
  ULUSLARARASI TURHAN SELCUK KARIKATUR YARISMASI
  Milas Belediyesi Ozel Kalem Mudurlugu
  48200 - Milas - Mugla / Turkey

 Eメール:info@milas.bel.tr 

・結果は5月17日に発表

・作品は返却されないが、トゥルハン・セルチュック記念館に収蔵される

・授賞式は入賞者を招待して9月11日に開かれ、10月1日まで展覧会を行う

・詳細は下記ウェブサイトから
 http://www.milas.bel.tr/index.php?modul=9_1&ID=937

・昨年の受賞作は下記ウェブサイトで見られます
 http://clickcartoone.blogspot.jp/2016/05/6th-international-turhan-selcuk-cartoon.html

 

(情報提供:横田吉昭氏)



春節猫展

2017年01月25日

期 間:2017年1月27日(金)~2月5日(日)

時 間:平日 11時~19時
    土日 10時~20時

会 場:ギャラリーソコソコ
    〒 231-0023 神奈川県横浜市中区山下町81-6
    TEL 045-232-4980

出展者:赤星たみこ、大石容子(協会員)、榎本由美(協会員)、太田翔、木村友美、
    Kenji Kawahara、北川玲子、佐藤まり子、新野啓一、菅野泰記、
    夛彩最華(たさいもか)、マンタム、猫沢八郎、深川猫近堂、山田うさこ(敬称略)

イベント
1月29日(日)、2月5日(日)中華街山下町公園・春節娯楽表演にて11時~18時に似顔絵を開催。
2月4日(土)、18時からギャラリーソコソコにてO-U オーユー お湯♨︎♨︎ ライブを開催。1ドリンク付き1500円。





2017年01月23日



環境マンガと子どもたち展 ECOM駿河台にて開催中

2017年01月20日

1月18日まで御茶ノ水ソラシティ・Gallery蔵で行われていた「環境マンガと子どもたち」展が、ECOM駿河台へと舞台を変え、19日より開催中です。こちらの会期は25日までです。

(写真提供:小松秀夫)

展覧会情報はこちら:http://www.nihonmangakakyokai.or.jp/?tbl=exhibition&id=6296#id6296



























『描く!』マンガ展 〜名作を生む画技に迫るー描線・コマ・キャラ〜

2017年01月20日

2016年8月に大分でスタートした「描くマンガ」展、全国5カ所を巡り、最後の地は古都・京都となりました。

期 間:前期 2017年3月16日(木)~4月11日(火)
    後期 2017年4月14日(金)~5月14日(日)
    前期と後期で漫画原画展示を入れ替えが行われます。

時 間:10時~18時(最終入館は17時30分)

休館日:毎週水曜日 ただし、5月3日は会館
    4月12日・13日は作品入れ替えの為閉場

入場料:無料 (ただし、マンガミュージアム入場料は別途必要となります)
    (大人 800円・中高生 300円 小学生 100円)

会 場:京都国際マンガミュージアム 2階ギャラリー1・2・3
    〒 604-0846 京都府京都市中京区烏丸通御池上ル(元龍池小学校)
    TEL 075-254-7414

詳しくは:京都国際マンガミュージアムHP











やっぱりすごいぞ!谷ゆき子!

2017年01月20日

京都国際マンガミュージアムでは、開催中の「すごいぞ!こわいぞ!谷ゆき子!」に連動し、
谷ゆき子先生のご長男、谷垣宏尚氏をお迎えしてのトークイベントが行われます。

日 時:2017年1月29日(日)

時 間:14時~16時

会 場:京都国際マンガミュージアム 2階 ギャラリー6
    〒 604-0846 京都府京都市中京区烏丸通御池上ル(元龍池小学校)

料 金:無料(ただし、マンガミュージアム入場料は別途必要となります)

定 員:30名(先着順)・事前申込不要






2017年01月20日



2017年01月20日



「環境マンガと子どもたち」はせべくにひこ氏・子どもたちをおもてなし

2017年01月20日

現在開催中の漫画家協会協力事業「環境マンガと子どもたち」ですが、1月17日(火)には、観賞会だとのことで、ギャラリーに大勢の子どもたちが訪れました。

出迎えたのは協会員であるはせべくにひこ氏、氏は終始優しい笑顔で、ひとつひとつ丁寧に作品を解説して回ってくださいました。

記念に集合写真を撮り終えたら、最後はこの日のために氏が準備したサイン入りポストカードを全員へプレゼント!受け取った子どもたちは嬉しそうに、そして元気よく挨拶をして次のポイントへ向かっていきました。

この日の来場者の数100名にものぼり、とても賑やかな1日となっていました。


(写真 文:会報部 柳生柳)






























蔵からECOへ「環境マンガと子どもたち」巡回展開始

2017年01月20日

現在開催中の漫画家協会協力事業「環境マンガと子どもたち」ですが、1月18日(水)でgallery蔵に別れを告げ、19日(木)からは巡回展第1段として、ここより500mほど離れた所にあるECOM駿河台に開催場所を移しました。

今度の会場は野鳥と緑に囲まれた光り溢れる空間で、まさに環境について考える、いい時間が持てそうです。

*開催時間は17時までとなりますので御注意下さい


(写真 文:会報部 柳生柳)





















日中国交正常化45周年記念 上海歴史建築巡り写真展

2017年01月19日

1月18日オープニングセレモニーに関係者が次々とあらわれた。
「今回の写真展を見、上海の建築を見にきてください」と各々スピーチの中に上海のPRがあり、たしかに写真を見るかぎり、行ってみたくなるような建築写真です。カメラマンの腕のスゴさも書きくわえておきたい。
2月12日まで日中友好会館美術館(入場無料)にて開催中。写真集3冊あり各1000円はお買い得。

(写真 文:会報部 UNO)

































初春 初笑い福笑い展 開催中

2017年01月18日

1月15日(日)より、江東区清澄白河のギャラリーkopis(コピス)にて「初春 初笑い福笑い展」が開催されています。同展は1月28日(土)まで。

(写真:会報部・UNO)

展覧会情報はこちら:http://www.nihonmangakakyokai.or.jp/?tbl=exhibition&id=6313#id6313










PREMIER STAGE 展 開催中

2017年01月17日

現在、東京・銀座のギャラリーSTAGE1にて「PREMIER STAGE 展」が開催中です。この展覧会には、当協会会員の所ゆきよし氏が出品されています。

PREMIER STAGE 展 詳細
会 期:1月16日(月)~26日(木) ※22日(日)休廊
時 間:12時~19時(最終日は4時まで) 
会場名:ギャラリーSTAGEー1 
住 所:東京都中央区銀座1-28-15 鈴木ビル1階 
    東京メトロ有楽町線 新富町 徒歩3分・都営浅草線 宝町 徒歩5分
電 話:03-3562-5181 
 

(写真提供:小松秀夫)















企画展「年賀状展〜春を寿ぐ〜」似顔絵イベント③開催

2017年01月17日

2016年12月10日より開催されていた、当協会協力事業の企画展「年賀状展ー春を寿ぐー」では、祝祭日に似顔絵イベントが行われており、最終日の2017年1月15日(日)は協会理事であるやの功氏、協会員柳生柳が担当。
それなりの賑わいをみせながら、イベント閉幕となりました。

(写真 文:会報部 柳生柳)
 













舞台を変えて「第47回 シャリバリ展」開催中

2017年01月17日

2017年1月16日(月)より、東京都港区にある元麻布ギャラリーにて「第47回 シャリバリ展」が開催されています。
発表の場は、今回より慣れ親しんだ銀座から麻布へと移っての開催となりましたが、広々とした会場をものともでず、「にぎやか」「ばか騒ぎ」といった意味合いももつシャリバリ(展)に相応しく、場内は出展者たちの大作・力作が所狭しと並んでいます。
初日のオープニングパーティーでは大勢の出展者や来場者にも恵まれ、新春を飾る華やかなスタートとなりました。
同展は22日(日)まで無休で開催されますが、最終日は16時30分閉場となりますので御注意下さい。

(写真 文:会報部 柳生柳)
 

展覧会情報はこちら:http://www.nihonmangakakyokai.or.jp/?tbl=exhibition&id=6297#id6297






































ヒサクニヒコの夢の世界展

2017年01月16日

期 間:2017年2月1日(水)~4月9日(日)

時 間:9時~17時(入館は16時30分迄)

休館日:毎週月曜日(祝日の場合翌火曜日)
    ただし、3月25日~4月9日は無休

入場料:一般 520円・高校生 310円・市外小中学生 210円

会 場:笠岡市立カブトガニ博物館
    〒 714-0043 岡山県笠岡市横島1946-2
    TEL 0865-67-2477

3月19日(日)10時より、ヒサクニヒコ氏講演会が行われます





環境マンガと子どもたち展・山根青鬼氏による「ギャラリーウォーク」開催

2017年01月16日

現在、東京都千代田区にあるgallery蔵にて開催中の「企画展・環境マンガと子どもたち」において、1月14日(土)、イベントとして山根青鬼氏によるギャラリーウォークが開催されました。
当日は子どもたちを中心に、フロアが一杯になるほどの希望者が訪れ、青鬼氏は作品につき解説を交え、時には質問に答えながらギャラリー内を案内、ファンの子どもたちに囲まれ終始笑顔の様子でした。
好評により17日(火)、この日ははせべくにひこ氏が近郊から遠足で赴いてくる中学生たちを案内する予定です。

(写真 文:会報部 柳生柳)


















武田秀雄展 開催

2017年01月16日

1月9日(月)より1月14日(土)の期間、銀座のギャルリー志門にて、武田秀雄展が開催されました。
精力的な活動を続ける武田氏は、今回も独特の世界を展開され、来訪者の興味を引きつけていました。

(写真:事務局)
















企画展 環境マンガと子供たち スタート

2017年01月13日

公益財団法人こども教育支援財団主催、地球環境を守る漫画家の会共催、公益社団法人日本漫画家協会協力の企画展「環境マンガと子どもたち」が御茶ノ水ソラシティのGallery蔵にて1月12日(木)よりスタートしました。

一般向けには午後3時からのオープンでしたが、開催1時間前より出展漫画家のための内覧会が行われました。

1月14日(土)には、午前11時からと午後2時から、ギャラリーウォークが開催予定となっています。

同展は1月18日までGallery蔵で行われ、その後1月19日(木)〜1月25日(水)にはECOM駿河台にて開催されます。

 

展覧会情報:http://www.nihonmangakakyokai.or.jp/?tbl=exhibition&id=6296#id6296
こども教育支援財団によるイベント情報:http://www.kodomo-zaidan.net/event/41
Gallery蔵:http://ocha-navi.solacity.jp/gallery/

 

(写真:事務局、小松秀夫)





































2016年今年の顔を似顔絵で!

2017年01月13日

2016年12月20日(火)~2017年1月5日(金)東京都港区東京タワー内・フットタウン特設コーナーにて「今年の顔展2016 in TOKYO TOWER」が開催されていました。

これは、一般の来場者投票により選ばれた、2016年もっとも輝いた有名人たちを、タワー内で活躍中の似顔絵師たちが描いたもので、協会員である辻下浩二氏は7位のトランプ次期総理大臣、まつなが陽一氏は10位のトレンディエンジェルを担当していました。

辻下氏曰く「順位は似顔絵じゃなくて、今年の顔の順位だから間違えないでね、間違えちゃうと似顔絵じゃなく苦い絵になっちゃうから」だそうです。

そして取材に伺った日の似顔絵担当には泉ゆきお氏の元気な姿もありました。

 

(写真 文:会報部 柳生柳)

















郵政博物館企画展「年賀状展ー春を寿ぐー」にて似顔絵コーナー開設

2017年01月13日

2016年12月10日(土)より1月15日(日)墨田区スカイツリー内郵政博物館にて開催中の企画展「年賀状展ー春を寿ぐー」では、会期中3回ほど、協会員による似顔絵コーナーが設けられています。

第一回目は矢野徳、モロズミ勝両氏が担当しており、折しも翌日は、ねんドル・ 岡田ひとみさんのイベントが企画されており、両氏がそれぞれひとみさんの艶やかな似顔絵を描かれました。

この後の予定として2017年1月9日(月/祝)には香取正樹、小河原智子両氏、最終日の15日(日)にはやの功氏、柳生柳が担当します。

*郵政博物館へは入場料がかかります

*似顔絵は13時30分~16時まで受付、有料となっております。

展覧会情報はこちら:http://www.nihonmangakakyokai.or.jp/?tbl=exhibition&id=6271#id6271

(写真 文:会報部 柳生柳)































岸田尚コラージュ展

2017年01月12日

期 間:2017年1月6日(金)~17日(火)

時 間:20時~2時

会 場:Bar星男
    〒 160-0022 東京都新宿区新宿2-6-8 小澤ビル1階
    TEL 03-5379-6077




平松伸二個展 漫書展 開催中

2017年01月11日

2017年1月6日(金)より、葛飾区亀有にて平松伸二個展「漫書展」が開催中です。
1月7日から9日は平松氏も常駐されました。詳しくは写真をご覧下さい。
 

期 間:2017年1月6日(金)~2月28日(火)

時 間:11時~18時

入場料:無料

休館日:期間中、カメアリ座のご利用が入った場合には漫書展はお休みとなります。
    カメアリ座のFacebook、Twitterにてご確認ください。

会 場:レンタルスペース カメアリ座
    〒 125-0061 東京都葛飾区亀有5-33-4 浅野ビル2階
    TEL 03-5856-3674(株式会社じも研)

詳しくは:カメアリ座HP

(写真提供:小松秀夫)




















2017年 会員からの年賀状

2017年01月11日

今年も皆様から沢山の年賀状を頂きました。
ありがとうございました。










初春 初笑い福笑い展

2017年01月11日

期 間:2017年1月15日(日)~28日(土)

時 間:初日 13時〜18時
    平日 11時~19時
    土日 11時〜18時
    最終日 11時〜16時(後、落語会)

休館日:毎週火曜日

会 場:アーツ&クラフツギャラリー kopis(コピス)
    〒 135-0021 東京都江東区白河1-2-12-1F
    TEL 03-5639-2381

出展者:はざま隆治(協会員)、いご昭二(協会員)、ウノ・カマキリ(協会員)、
    まえの美佐、福田紀子、とむ・くろた (敬称略・順不同)





企画展「年賀状展−春を寿ぐ−」開催中

2017年01月10日

昨年12月10日よりスタートしました当協会協力事業の企画展「年賀状展ー春を寿ぐー」は好評開催中です。
年明けて、1月9日(月)祭日のこの日は、協会員の香取正樹氏、小河原智子氏による似顔絵イベントが行われました。

同展は1月15日(日)まで開催しています。最終日にも似顔絵イベントが予定されています。

展覧会情報はこちら:http://www.nihonmangakakyokai.or.jp/?tbl=exhibition&id=6271#id6271

(写真:事務局、小松秀夫)

































マンガの聖地トキワ荘 × 三省堂書店池袋本店 特別展示 開催

2017年01月10日

昨年末12月26日から1月10日にかけて、三省堂池袋本店4階イベントスペースにて
マンガの聖地トキワ荘の特別展示が行われました。

(写真:会報部UNO)













木下としおとその仲間たち展

2017年01月10日

期 間:2017年4月12日(水)~17日(月)

時 間:11時~19時

会 場:積雲画廊(原宿駅 竹下口前)
    〒 150-0001 東京都渋谷区神宮前1-19-14 サンキュービル1階
    TEL 03-3478-7513

出展者:木下としお(協会員)、今井紀子、芝崎素子、氏家章雄、
    福島英(協会員)、他各氏出展 

お問合せ:TEL 03-3923-7513 今井・遠藤
           メール kinopuro@forest.ocn.ne.jp
     HP  http://kinopuro.jounin.jp/

(情報提供:きのプロ)






武田秀雄展

2017年01月10日

期 間:2017年1月9日(月)~1月14日(土)

時 間:11時~19時(最終日は17時迄)

会 場:ギャルリー志門
    〒 104-0061 東京都中央区銀座6-13-7 新保ビル3階
    TEL 03-3541-2511





新庄・最上マンガミュージアム オープン!

2017年01月10日

山形県新庄市に最上地域ゆかりの漫画家とその作品を紹介する「新庄・最上マンガミュージアム」が2016年12月27日にオープンしました。コミックを始め、原画レプリカ、グッズ、キャラクター設定画などなど展示されています。当協会会員である阿部ゆたか氏の複製原画も、多数展示中。
詳しくは新庄・最上マンガミュージアム(HP)へ。

(写真・情報提供:阿部ゆたか)







1月の事務局ライブラリー

2017年01月10日

◆はじめての坂口尚展 パンフレット マンガ作品保存会MOM/刊
◆県民食堂なつかし屋 後藤ゆうた、他/著 ガイドワークス/刊 520円
◆ごはん処なつかし屋 後藤ゆうた、林家木久扇、他/著 ガイドワークス/刊 520円
◆週刊KODOMO新聞 2016年2月6日号 後藤ゆうた、他/著 読売新聞/刊
◆KODOMOサタデー 2016年5月21日号・8月20日号・11月19日号 後藤ゆうた、他/著 読売新聞/刊
◆月刊広場 No.388
◆手塚ファン Vol.310
◆一本木蛮個人誌39・亜州漫帝之32 こち亀的前半生〔結〕 一本木蛮/著
◆ちんこれ あきは@/著
◆CHAIN DOWN 内村かなめ、他/著
◆ICE JAM 内村かなめ、他/著
◆Linght Emission 内村かなめ/著
◆まじめちゃんはサボろうちゃん 矢野トシノリ/著
◆夕張30歳と一緒の日常 物語まとめ編 矢野トシノリ/著
◆人妻加賀さんがロー○ン勤務を始めるようです 矢野トシノリ/著
◆綾敷2016~冬~ とだかづき/著
◆五月雨の日々 ~おっぱい育成計画~ 山猫スズメ/著
◆五月雨の日々 ~酒保祭、金剛の乱~ 山猫スズメ/著
◆もう一度倫敦巴里 和田誠/著 ナナロク社/刊 2200円
◆小河原智子のケンミン似顔絵ショー パンフレット
◆グルコギ5 うどん会自転車と食べ歩き うどん会/著
◆いもうとはいいものだ 2016夏から冬ラフ集 内村かなめ/著
◆SNOW DROP 内村かなめ/著
◆遠距離想信 内村かなめ/著
◆王女と魔女 ななみ静/著
◆上様といちゃラブSEXするのは間違っているだろうか カズヲダイスケ/著
◆提督!!ボクを男の娘に改造してどうするつもり!? カズヲダイスケ/著
◆落月のライオン カズヲダイスケ/著
◆人妻達の午後 戦車妻編2nd zen9/著
◆天満天神繁盛物語 筑濱カズコ/著 天神橋三丁目商店街復興組合/編
◆星の子大冒険 筑濱カズコ/著 星の光幼稚園/刊
◆MOMIJI 筑濱カズコ/著 筑濱プロダクション/刊
◆ティアズマガジン vol.118
◆第12回のらくろマンガ賞入選作品集 森下文化センター/刊
◆EYEMASK No.53 坂井せいごう 多田ヒロシ モロズミ勝 クミタ・リュウ 矢野徳 木南精示 西田淑子 所ゆきよし 森本清彦 小野耕世 相澤拓 二階堂正宏/の各氏掲載、他 蒼天社/刊 1000円
◆トナリはなにを食う人ぞ 2 ふじつか雪/著 白泉社/刊 429円
◆ボーグル 1 一重夕子/著 平詩野/作 秋田書店/刊 390円
◆刹那の囁き 一重夕子/著 アレックス・カーヴァ/作 小学館/刊 524円
◆遅すぎたキス 恋人たちの宮殿II 一重夕子/著 メリッサ・ジェイムズ/作 ハーレクイン/刊 600円


























『山田ゴロと幽怪な仲間たち』 DVD制作オーディション

2017年01月10日

日 時 2017/01/22

OPEN 12:00 / START 13:00

予 約  ¥2000 / 当日 ¥2100(飲食代別)

予約は↓から

チケット予約
http://www.loft-prj.co.jp/schedule/reserve?event_id=57124

会 場:
Naked Loft (ネイキッドロフト)
〒169-0073
東京都新宿区百人町1−5−1 百人町ビル 1F
http://www.loft-prj.co.jp/naked/map.html

漫画家、山田ゴロの怪談DVDが制作されることになりました。
「山田ゴロと幽怪な仲間たち」このDVDはAmazonで発売、そして
TSUTAYAでレンタル決定(3月末〜4月予定)。
この発売決定記念トークイベントに、怪談仲間たちも参戦!
ぜひご参加ください。

【出演】山田ゴロ、ゲストあり

 

(情報提供:ココア氏)




アストラモーター国際漫画コンテスト(インドネシア)

2017年01月06日

海外のコンペティション情報です。

自動車会社のアストラモーターが行う漫画コンテストです。
世界で数々の賞を獲得したカートゥニスト、ジテット・コエスタナ氏がコーディネイトしています。

・テーマ: 輸送

・サブテーマ: 交通の倫理

・締め切り: 3月31日

・作品はカラーで、RGBモード、ファイル形式はJPGで200-300dpi、
 1〜15Mbに収め、A3サイズであることを原則とする。

・最大5点まで

・賞 第1位 1 5.000.000 lDR と証書
   第2位 9.000.000 IDR と証書
   第3位 6.000.000 IDR と証書
   他に5点に表彰状と3.000.000 IDR

・キャプションある場合は英語で

・カタログは、参加者にPDFファイルで送付される

・4月25日に結果発表、展覧会はインドネシア・ジャワで5月に行われる。

・送付先は以下のアドレスに
 amcartooncontest@gmail.com

※他のサイトですが、英文要項は以下のサイトをご覧ください。
http://en.resistart.ir/content/astra-motor-international-cartoon-contest-2017/

 

(情報提供:横田吉昭氏)





コミックマーケット91開催(1日目)

2017年01月06日

2016年12月29日木曜日から31日土曜日までの三日間、
東京ビックサイトにてコミックマーケット91が開催されました。
今回から東7ホールが加わり、コミケ史上最大の規模となりました。
初日の28日は来場者数17万人。昨年より2万人の増加です。

第一日目は、協会員の出展は約10サークルでしたが、どのブースも大変な混雑ぶりでした。
お忙しい中、取材にご協力頂いた皆様、ありがとうございました。
今回お会い出来なかった先生方へは失礼致しました、また夏に伺えます事を心待ちにしております。

(写真:事務局)











コミックマーケット91開催(2日目)

2017年01月06日

2016年12月29日(金)~31日(土)東京都江東区青海・東京ビッグサイトにて国内最大の同人誌即売会「コミケット91」が開催されていました。

今回も大勢の協会員が出展、事務局と会報部員も3日にわたり手分けして挨拶&取材に回らせていただきました。

目立った出展者は、協会員である木村直巳氏が、実に四半世紀ぶりに氏の代表作「ダークキャット」を新作描き下ろしの上、初出展、懐かしの名作が復活したと、氏のブース前では涙ながらに歓喜の声が上がる一幕も目撃されました。

3日間の中では、タイミングが悪く、お会い出来なかった会員さんへは失礼を致しましたが、またいずれかの機会で改めて御挨拶に伺えたらと思います。

年の瀬のお忙しい折、皆様お疲れ様でした!

(1月30日 写真に永野のりこ氏母子公開放送の様子を追加しました)

(写真 文:会報部 柳生柳)
























コミックマーケット91開催(3日目)

2017年01月06日

コミックマーケット91も三日目。通常、当協会での取材は、混雑を避けるためスタート直後を避け、昼頃から開始しますが、この日は昼近くになっても入場規制が解けない混雑ぶり。来場者は過去最多の21万人に上ったとのこと。

協会員の参加者も三日間で最多、確認出来た方で70名を越えました。会員の参加スペースはサークル参加エリアのほぼ全域に渡り、回るのも一苦労。
お忙しい中、大半の方が快く取材に応じて下さり、感謝申し上げます。また作品が早々に完売し撤退、残念ながらお会い出来なかった方が今回もいらっしゃいました。次こそは!

夏のコミックマーケットも、また頑張って伺いたいと思います。よろしくお願いいたします。

※1月13日、写真を追加しました。後半をご覧下さい。

 

(写真:会報部・UNO・柳生柳、事務局)
































































































冬期休暇について

2016年12月28日

日本漫画家協会事務局は、12月29日(木)〜1月4日(水)を冬期休暇とさせて頂きます。



企画展 環境マンガと子供たち

2016年12月27日

会 場:Gallery蔵
    〒 101-0062 東京都千代田区神田駿河台4-6 御茶ノ水ソラシティB1F
    ECOM駿河台
    〒 101-8011 東京都千代田区神田駿河台3-11-1 2F

期 間:Gallery蔵
    2017年1月12日(木)~1月18日(水)
    ECOM駿河台    
    2017年1月19日(木)~1月25日(水)

時 間:Gallery蔵
    平日11時~19時・土日10時30分~18時30分
    (初日12日は15時から、最終日18日は15時迄)
    ECOM駿河台
    10時~17時(土日休館)

出展者:鮎沢まこと、今井匠、ウノ・カマキリ大石容子、大塚千愛、大畑璃子、
    長澤有純、カサマツヒロシ、梶本有紗、一峰大二香取正樹、久保淳之介、
    黒木歌乃葉、小島功、里中満智子、高月紘、多田ヒロシちばてつや、辻下浩二、
    所ゆきよし
、冨田竜佑丸、小坂田真愛、長友日向子、西田淑子、野々村達彦、
    野村しらべ、はせべくにひこ、花村えい子、深澤一弘、牧野圭一、三上希実、
    森うらら、モロズミ勝、柳生柳やなせかたし、やの功、矢野徳、山根青鬼
    (五十音順、敬称略/太字は漫画家となります)





第47回シャリバリ2017年展 SALON DE CHARIVARI TOKYO 2017

2016年12月27日

期 間:2017年1月16日(月)~1月22日(日)

時 間:12時~19時(初日14時から、最終日は16時30分まで)

会 場:元麻布ギャラリー
    〒 106-0046 東京都港区元麻布3-12-3
    TEL 03-3796-5567

出品者:相澤拓(協会員)大西ひろみ(協会員)小河原智子(協会員)
    オゼキイサム、影ひなた、木南精示(協会員)ジョルジュ・ピロシキ(協会員)
    武田秀雄(協会員)たなべたい(協会員)筑紫直弘(協会員)
    辻下浩二(協会員)、野口恒治、橋爪まんぷ(協会員)、宮下泉、
    モロズミ勝(協会員)柳生柳(協会員)柳たかを(協会員)
    横田吉昭(協会員)、(故)小山賢太郎





玉野のももたろう氏、玉野市に作品贈呈

2016年12月27日

等協会員である玉野のももたろう氏が、地域活性の為にと玉野市に作品を寄贈されました。
写真は贈呈式の模様です。

(写真提供・玉野のももたろう)




新春初夢富士山展

2016年12月21日

平成28年師走に開催された【丸山清人師の銭湯背景画教室】の受講生、
40余名の完成作品を鳩乃湯脱衣場にて一挙展示します

期 間:2017年1月6日(金)~29日(日)
    前期 1月6日~15日と後期 1月17日~29日で
    男湯と女湯の作品を入れ替えます

時 間:15時~24時(鳩乃湯営業時間)

定休日:毎週月曜日

入場料:460円(入浴料)

会 場:鳩乃湯 脱衣所
    〒 186-0002 東京都国立市東2-8-19
    TEL 042-572-0918

協会員の湯島ちょこ氏が出展します

詳しくは:https://www.facebook.com/events/353344651707790/



熊本から元気を!〜川崎のぼる有志一同とくまモン頑張れ絵特別展〜

2016年12月19日

湯前まんが美術館・高森町湧水館の2会場で同時開催です

期 間:2016年10月22日(土)~2017年1月31日(火)

時 間:湯前まんが美術館・9時30分~17時
    高森町湧水館・9時~16時

休館日:湯前まんが美術館・12月28日~1月3日
    高森町湧水館・毎週月曜日・12月29日~1月3日

入場料:無料

会 場:湯前まんが美術館
    〒 868-0621 熊本県球磨郡湯前町1834-1
    TEL 0966-43-2050

    高森町湧水館
    〒 869-1602 熊本県阿蘇郡高森町高森1034-2
    TEL 0967-62-1111(高森役場政策推進課)

出展者:川崎のぼる有志一同
    川崎のぼる、南波健二、ビッグ錠(協会員)一峰大二(協会員)岸田尚(協会員)
    ウノ・カマキリ(協会員)森田拳次(協会員)、ダーティ松本、飯田耕一郎、永井芳司、
    平松伸二(協会員)、かわのいちろう、山田ゴロ(協会員)、原田高夕己、伊達達矢、
    高橋幸二、甲良幹二郎、高橋広、田代祐、小林博行、小田一郎、佐々木あつし(協会員)
    五十嵐幸吉、内藤泰弘、政岡としや(協会員)、加藤山羊/矢樹純、モリ淳史、
    嶋田隆司、高橋よしひろ、のむらしんぼ、倉田よしみ(協会員)、松山せいじ(敬称略)

    くまモン頑張れ絵 特別展
    アーノルズはせがわ、安西信行、諫山創、石田スイ、いちかわ暖、おおでゆかこ、鍵条漆、
    カナヘイ、小城徹也(協会員)、さくらももこ、瀬尾公治、種村有菜、
    ちばてつや(協会員)月山可也(協会員)尚月地(協会員)、永野あかね、なだぎ武、
    なるあすく、葉月京、原泰久、ポテ豆、前川さなえ、真島ヒロ、松山せいじ、村枝賢一、
    最冨キョウスケ、吉河美希、雷句誠、若林稔弥(協会員)(敬称略)





アンパンマンミュージアム 20th Anniversary!!

2016年12月19日

1996年に香美市のアンパンマンミュージアムが生まれ、今年で20年を迎えました。
20周年を記念してのイベントを紹介します。

〈上映会〉
会 場:アンパンマンミュージアム・シアター
料 金:無料(入館券が必要となります)
クリスマス上映
期 間:12月23日(金・祝)、24日(土)、25日(日)
新春映画上映
期 間:1月28日(土)、29日(日)、2月4日(土)、5日(日)

〈公演〉
会 場:アンパンマンミュージアム・シアター
料 金:無料(入館券が必要となります)
それいけ!アンパンマンショー 「おくらちゃんとおいしいおやさい」
期 間:2月12日(日)
劇団すぎのこ人形劇 「やさしいライオン」「ももたろう」
期 間:2月26日(日)

〈ワークショップ〉
クリスマス・オーナメントを作ろう
会 場:アンパンマンミュージアム・エントランス
期 間:12月10日(土)~25日(日)
    9時30分~16時30分
参加費:無料(入館券が必要となります)

新聞バッグを作ろう!
会 場:アンパンマンミュージアム・シアター
参加費:100円
期 間:1月9日(月・祝)

海洋堂製「やなせうさぎ」フィギュアを作ろう!
会 場:別館
期 間:1月14日(土)、15日(日)、21日(土)、22日(日)
参加費:500円

会 場:香美市立やなせたかし記念 アンパンマンミュージアム
    〒 781-4212 高知県香美市香北町美良布1224-2
    TEL 0887-59-2300

詳しくは:香美市立やなせたかし記念館 アンパンマンミュージアム





昭和彩景展 ~日本、浦安の昭和へ時空旅行~

2016年12月19日

上村*りょうすけ氏(協会員)・小倉*たかし氏の二人展を開催します

期 間:2017年1月28日(土)~2月5日(日)

時 間:10時~18時

料 金:無料

会 場:浦安市民プラザ Wave101 4階市民ギャラリー
    〒 279-0012 千葉県浦安市入船1-4-1 シュッパーズプラザ新浦安4階
    TEL 047-350-3101





浅草寺の羽子板市にて、似顔絵羽子板、小島功氏、出展

2016年12月19日

浅草の浅草寺では毎年12月17・18・19日の三日間、羽子板市が開催されます。
この羽子板市に、今年も漫画家による「似顔絵羽子板」ブースが出展されました。
色紙から羽子板へ変わっても作家さん達の腕は冴え、短時間で仕上げたとは思えない出来映えに驚かされます。

また、当協会の名誉会長でありました故・小島功氏のブースも出展されました。小島氏は浅草の出身で、そのご縁での出展だそうです。変わらない魅惑的な女性像に、足を止める方々も多かった様です。

 

(写真:事務局)






















「SFマンガの魅力」『超人ロック』50周年〜「作画グループ」のSFマンガ家たち

2016年12月19日

江東区森下文化センター恒例のマンガ講座、今年は「SFマンガの魅力」と題して3回の講座が行われてきました。
12月18日(日)は、その最終回、『超人ロック』50周年〜「作画グループ」のSFマンガ家たちのテーマで、聖悠紀氏(協会員)みなもと太郎氏(協会員)の講座が、綿引勝美氏進行のもと行われました。

今や伝説となりつつある作画グループの重鎮、聖氏とみなもと氏のトークとあり、会場は満員。

作画グループは代表のばばよしあき氏の逝去で今年6月に解散されましたが、同人誌の先駆者的存在であった同グループの歴史や性格、楽しげな総会?の模様、はたまた聖版「宇宙戦艦ヤマト」(!)など、話は多岐に渡り、あっという間に1時間半が終了。

プロの漫画家への絶大な影響もあった歴史に残る同人誌サークル。その話を当事者の方々から直に聞ける貴重な機会となりました。

(写真:事務局)

 


































冬のマンガ特別展 「SFマンガの魅力」〜メモリーバンク・綿引勝美の仕事〜 開催中

2016年12月19日

江東区森下文化センターにて、冬のマンガ特別展 「SFマンガの魅力」〜メモリーバンク・綿引勝美の仕事〜 が、現在開催しています。

マンガ・アニメ関連書籍の編集に長く携わり、書籍の出版のみならず、特典映像の制作・解説執筆や展覧会の企画など、幅広く仕事をしてこられた綿引氏が傾けたSFマンガへの情熱に迫る展覧会です。親しくされた漫画家さんからのメッセージなども同時展示され、SFファンならずとも大変興味深い内容です。
入場無料。

会期は今月25日まで。
※19日(月)は休館日です。

(写真:事務局)













第3回 全国漫画家大会議inまんが王国・土佐

2016年12月15日

主 催:まんが王国・土佐推進協議会

期 間:2017年3月11日(土)、12日(日)

時 間:11日 12時30分~
    12日 11時~

会 場:高知市文化プラザかるぽーと
    〒 780-0832 高知県高知市九反田2-1
    TEL 088-883-5011

問合先:高知広告センター 全国漫画家大会議 係
    TEL 088-856-6280

参加者:あおきてつお(協会員)石川サブロウ(協会員)うえやまとち(協会員)
    魚戸おさむ、小川悦司、くさか里樹(協会員)、国友やすゆき、グラゼニ作者、
    下條よしあき、高見まこ、立野真琴(協会員)中山昌亮(協会員)
    のむらしんぼ、はしもとみつお、早瀬マサト、ひのもとめぐる(協会員)
    本庄敬、正木秀尚、Moo.念平、村岡マサヒロ、わたべ淳
    (五十音順、敬称略)

詳しくは:まんが王国土佐

 

〈イベント〉

  村上もとか原画展
  期 間:2017年2月11日(土)~3月12日(日)
  会 場:横山隆一記念まんが館
  入館料:410円(高校生以下無料)

  石ノ森章太郎 複製原画点
  期 間:2017年3月11日(土)、12日(日)
  会 場:高知市文化プラザかるぽーと7階
  入場料:無料

  土佐のおきゃくで漫画家大会議
  期 間:2017年3月11日(土)
  時 間:17時30分~19時
  会 場:高知市中央公園
  参加費:5000円(飲食代・税込)(チケットぴあ等にてチケット販売中)

  人気声優スペシャルトークショー
  期 間:2017年3月12日(日)
  時 間:17時~19時
  会 場:高知市文化プラザかるぽーと2階 大ホール
  入場料:前売券 2160円・当日券 2700円(共に税込)
      (チケットぴあ等にてチケット販売中)





2016年12月15日



成瀬國晴個展 学童集団疎開 『時空の旅』

2016年12月15日

期 間:2016年12月15日(木)~20日(火)

時 間:10時~18時(最終日のみ12時迄)

入場料:無料

会 場:宝塚市立国際・文化センター
    〒 666-0011 兵庫県宝塚市南口2-14-1 サンビオラ1番館3階
    TEL 0797-71-7633

・12月17日(土)14時より、宝塚ソリオホール(宝塚市栄町2-1-1 ソリオ1・3階)にて
 平和特別講演会(テーマ・「学童集団疎開」)が行われます




第11回テヘラン国際漫画ビエンナーレ(イラン)

2016年12月15日

海外のコンペティション情報です。

・漫画と似顔絵のセクションに分かれており、漫画には課題と自由部門があります。
 漫画課題部門テーマ:安全とセキュリティ。
 似顔絵:世界的に有名な人物(俳優、スポーツ選手、政治家など)。

・各セクション最大5点まで応募可能。

・受賞歴のある作品、もしくはこのコンテストでカタログ掲載歴のある作品は不可

・オリジナル作品は郵送のこと、デジタルで送信の場合はpng形式またはjpg形式、300 dpi
 の解像度、2000ピクセル幅または高さで送ること。

・オリジナル作品のサイズはA4から A3まで。

・氏名、電話番号、Eメールアドレス、郵便住所をオリジナルの作品の後ろに明記のこと。

・名前、郵便番号、電子メールアドレス、電話番号、写真、履歴を含むワードファイルを添付のこと。

・作品が掲載された参加者にカタログを送ります。

・賞
 大賞:(テーマ別)8000 $、トロフィーと賞状
 各セクションの第1位:2000 $、トロフィーと賞状
 各セクションの2位:1500$、トロフィーと賞状
 各セクションの3位:1000 $、トロフィーと賞状

・締め切り:2017年4月20日

・送付先:
 Iranian house of cartoon, No 44, after Ahmadi Roshan(ketabi) square, west Golnabi st., Shariati st., Tehran, Iran
 デジタル作品を送るための電子メールアドレス:
 info@irancartoon.com
・電話:+ 98 21 22 86 86 00
・ファックス:+ 98 21 22 84 69 28

(情報提供:横田吉昭氏)




篠原ユキオ作品展 HITOKOMART 2016

2016年12月12日

期 間:2016年12月20日(火)~25日(日)

時 間:10時30分~20時30分(最終日は18時まで)

会 場:アートスペース 余花庵
    〒604-0925 京都府京都市中京区寺町通御池上ル本能寺前町475
    TEL 075-212-9793





「マンガの聖地としま!モニュメント」お披露目会

2016年12月12日

12月10日(土)に「マンガの聖地としま!モニュメント」お披露目会が行われました。

これは、今年の4月10日に第一弾として行われたモニュメントお披露目会、ジャングル大帝モニュメント「レオとライラ」・「背番号0(ゼロ)」の「ゼロくん」に続く第二弾となります。
関連記事
http://www.nihonmangakakyokai.or.jp/?tbl=event&id=5826

今回は、まず第一会場、特別養護老人ホーム「風かおる里」にて、森安なおや氏作品「いねっ子わらっ子」のキャラクター「マコちゃん」のモニュメントが披露されました。森安氏は1999年に逝去されましたが、当協会の会員だった方です。
場所を移して第二会場、こちらは豊島区立南長崎公園にて、鈴木伸一氏の描き下し作品のモニュメントが披露されました。アニメーション界で長く尽力され杉並アニメーションミュージアム館長を勤める鈴木氏はラーメン大好き小池さんのモデルでもあり、小池さんモニュメント前では、関係者・ファンによる撮影も行われました。

また、この日は豊島区立トキワ荘通りお休み処の開設3周年記念イベントも行われたとの事です。

(写真:会報部UNO、事務局)


























第3回「キャラクターアート展」開催中

2016年12月12日

2016年12月10日(土)より、東京都新宿区にある山脇ギャラリーにて「第3回 キャラクターアート展」が開催されています。

これは「キャラクターアートの会」という、バロン吉元氏主宰による、漫画家やイラストレーターなど様々な分野で活躍するクリエイターたちが持つ特性を発揮しながら、互いの創作性や意欲を高め合おうという趣旨の元発足した団体で、広々とした開放的な空間に、今年もまた沢山のキャラクターたちが集いました。

今会の名物は、出展者たちが心を込めて描いた色紙が彩る大きなクリスマスツリーで、訪れた来場者の目を惹き付けていました。
オープニングではバロン氏を中心に大勢の人が訪れ、とても賑やかなスタート、会期中も平日にも関わらず切れ間無く来場者が訪れるなど、その注目度を物語っていました。

*12月18日(日)は休館日、最終日の22日(木)は13時閉廊となりますので御注意ください

詳しくはhttp://www.nihonmangakakyokai.or.jp/?tbl=exhibition&id=6269

 

(写真:会報部・柳生柳、小松秀夫、事務局 文:柳生柳)













































企画展「年賀状展−春を寿ぐ−」開催中

2016年12月12日

当協会の協力事業であります企画展「年賀状展−春を寿ぐ−」が、墨田区の東京スカイツリー・ソラマチ9階の郵政博物館にて12月10日よりスタートしました。初日の10日にはテレビの取材も入っていた様でした。

同展では、当協会会員による酉年の模擬年賀状の展示が行われています。
また、協会員による似顔絵コーナー、日本絵手紙協会による年賀状展示、ワークショップ等、様々な催しが行われます。

同展は、来年1月15日まで開催されます。

詳しくは
http://www.nihonmangakakyokai.or.jp/?tbl=exhibition&id=6271
http://www.postalmuseum.jp/event/2016/10/2016nenga.html

(写真:会報部UNO)

















第四回寄席描き展 開催

2016年12月12日

東京・江東区の森下文化センターにて、第四回寄席描き展が開催されました。
日本落画家協会主催のこの展示も、早いもので第4回、今回のテーマは「酒と食」。落語には欠かせない題材を、漫画家・イラストレーター諸氏がどのように描きあげたのか?(詳細は写真をご覧下さい。)

また、同展は、似顔絵大会、寄席、イラスト大喜利と関連イベント盛り沢山。
11日はあさり寄席とイラスト大喜利が行われました。あさり寄席は期待の若手落語家の柳谷わさびさん。イラスト大喜利はお客さんからのお題を漫画家・イラストレーターがその場で無理矢理?描き上げ、プロならではの腕前(ゴマカシもアリ)に、会場からは感嘆の声や笑いがわき起こっていました。

(写真:事務局・柳生柳)

※写真を追加しました。(4日、イラスト大喜利他)























































「まんが甲子園」映像の配信

2016年12月09日

高知県文化生活部 まんが・コンテンツ課からの情報です。
当協会協力事業「まんが甲子園」の映像が、以下のサイトより海外向けに配信されているとの事です。

BSフジのオフィシャルサイト「教えて!熱血高知!」最新情報
http://www.bsfuji.tv/nekketsu_kouchi/#info

Kochi Culture Quest Manga & Festival
http://www.jibtv.com/programs/kochi_culture_quest/



LOVE♥りぼん♥FUROKU 展

2016年12月05日

期 間:2016年12月8日(木)~2017年2月5日(日)

時 間:10時~18時(入館は17時30分まで)

休館日:水曜日・12月28日(水)~1月4日(水)

入場料:無料(ミュージアムへの入場料は別途必要となります)

会 場:京都国際マンガミュージアム
    〒604-0845 京都府京都市中京区烏丸通御池上ル
    TEL 075-254-7414

◆イベント情報
12月17日(土)14時~ 柊あおい氏 トークイベント&サイン会
1月22日(日)14時~ 高須賀由枝氏 トークイベント&サイン会

詳しくは:https://www.kyotomm.jp/event/








12月の事務局ライブラリー

2016年12月05日

◆小島功 オリジナルカレンダー 2017
◆2017 手塚治虫カレンダー
◆BEAVER CALENDAR 2017
◆手塚ファン Vol.309
◆月刊広場 No.387
◆陸奥A子おとめチックカレンダー 2017
◆JR四国 アンパンマン列車 カレンダー
◆信用金庫 2017 アンパンマンカレンダー
◆僕らが愛した手塚治虫 2 二階堂黎人/著 小学館/刊 1000円
◆JITTER BUG 一ノ瀬ゆま/著 幻冬舎/刊 667円
◆専属教師 マイマスター 金沢有倖/著 日本文芸社/刊 619円
◆闇の皇太子 ファンブック 金沢有倖・伊藤十明/著 KADOKAWA/刊 900円
◆闇の皇太子 文化祭編 金沢有倖/著 宮尾にゅん/画 伊藤十明/キャラクターデザイン KADOKAWA/刊 620円
◆よみきりCitron 2014Spring はらだ・他/著 リブレ出版/刊 1000円
◆しろくまカフェ Today’s Special 1 ヒガアロハ/著 集英社/刊 700円
◆木版画の新技法 宮下森/著 ビッグ社/刊
◆現代日中漫画家競作集 日本漫画事務局・八月十五日の会/刊
◆第四回寄席描き展 作品集 日本落画家協会/刊
◆團團(まるまる)珍聞 合本(明治13年2月21日~8月28日分・驥尾團子(きびだんご)71号)
◆かれんちゃんのほのぼのかれんだ~ 2017 はせべくにひこ/著 Ide Hank/英訳
◆あっ!地球が… ー漫画による宇宙の始まりから地球の近未来までー はせべくにひこ/著 尾池和夫/原案 マニュアルハウス/刊 2500円
◆2016PARAART TOKYO 図録 日本チャリティ協会/刊
◆日本チャリティ協会50年の歩み 日本チャリティ協会/刊
◆ちばてつや自伝 屋根うらの絵本かき ちばてつや/著 新日本出版/刊 1900円
◆2017年 APMオリジナルカレンダー
◆壬生義士伝 6 ながやす巧/著 浅田次郎/作 ホーム社/刊 580円





























パリ国際サロン 第30回記念展

2016年12月02日

期 間:2016年12月9日(金)~11日(日)

時 間:〈ギャラリー・デュ・マレ〉
    11時~20時
    (ヴェルニサージュ/10日 18時~)

    〈エスパス・コミンヌ〉
    9日 13時~18時
    10日 11時~18時
    11日 11時~16時
    (ヴェルニサージュ/9日 18時~20時)

会 場:〈ギャラリー・デュ・マレ〉
    21 place des Vosges 75003 Paris

    〈エスパス・コミンヌ〉
    17 rue Commines 75003 Paris

協会員のココア氏が出展されます。(出展作品/『花火』)




第3回 キャラクターアート展

2016年11月28日

期 間:2016年12月10日(土)~22日(木)

時 間:11時~18時(最終日のみ13時まで)
    初日15時からオープニングパーティーが開催されます

休館日:12月11日(日)、18日(日)

入場料:無料

会 場:山脇ギャラリー
    〒 102-0074 東京都千代田区九段南4-8-21
    TEL 03-3264-4027

出品者:バロン吉元(会長・協会員)、荒木慎司、阿部ゆたか(協会員)、あぱらちゃのもげ太、
    五十嵐幸吉、泉ゆきを(協会員)、牛島聖子、瓜谷茜、エ⭐︎ミリー吉元、
    オーサ・イェークストロム、大嶽あおき(協会員)小河原智子(協会員)
    御茶漬海苔(協会員)一峰大二(協会員)香取正樹(協会員)木村直巳(協会員)
    倉田よしみ(協会員)、さくらいみつき、左近士諒(協会員)、下平大輔、
    せきやてつじ(協会員)、チバコウゾウ、辻下浩二(協会員)土山しげる(協会員)
    寺崎アコ、中野耕一、永野のりこ(協会員)二階堂正宏(協会員)
    ねもと章子(協会員)、遥カケル、樋口ひろ子、樋口雄一、ビッグ錠(協会員)
    平松伸二(協会員)藤井龍二(協会員)、松島りつこ、みなもと太郎(協会員)
    メソポ田宮文明(協会員)柳生柳(協会員)yun(協会員)、吉元れい花、





年賀状展 ー春を寿ぐー

2016年11月28日

期 間:2016年12月10日(土)~2017年1月15日(日)

時 間:10時~17時30分(入館は17時まで)
    2017年1月1日のみ13時開館

休館日:12月29日(木)~31日(土)

入場料:大人300円 小~高校生150円

会 場:郵政博物館
    〒 131-8139 東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン・ソラマチ9階
    TEL 03-6240-4311

 

日本漫画家協会 協会員による酉年年賀状の作品を展示
また、協会員の先生方による似顔絵描きが行われます

 

《似顔絵描き》
日 時:12月24日(土)、1月9日(月)、1月15日(日)
時 間:13時~16時
費 用:1500円





もうすぐ年明け 表現者の集い ー干支「酉」展ー

2016年11月28日

期 間:2016年12月8日(木)~12月18日(日)

時 間:12時~18時(最終日は17時まで)

休館日:水曜日

会 場:LIVE ART GALLERY すとれんじふるうつ
    〒 255-0004 神奈川県大磯町東小磯151
    TEL 0463-61-7338

出品者:倉田有希、相沢拓(協会員)、池田達郎、岡崎忠英、佐々木ケン、畠山晶、和田圭以、
    麻植國榮、石井行、高津葆、candy2、富岡誠一、来空(ゲスト)





■国際漫画コンテスト(ベルギー)

2016年11月28日

<テーマ>
     2017年のブリューゲル
    (2017年のベルギー、ペール市成立650年を祝して、
     ペール市生誕可能性のピーテル・ブリューゲル(老)にちなみ、
     彼が生きていたら今日の世界をどう思うか、を知りたい)

<締め切り>
     2017年2月3日

<各賞>
    一位:700€
    二位:350€
    三位:150€

<サイズ>
    A4(210×297mm)

<枚数制限>
    最大5枚まで

<宛先>
     郵送の場合:Stad Peer
                              Cartoonfewzstival Peer650
                              Zuidervest 2a
                              B-3990 Peer
                              Belgium

            電子送付の場合:cartoonfestival@peer.be

 

*過去に出版または展示されていないものに限る
*作品裏面に氏名明記のこと
*入賞者にはカタログ送付、入賞者以外でも送料負担で要請により送付可能
 またはペール市観光案内所にて入手可能
*応募作品は主催者の所有となる
*下記より要項が取れます

www.peer650.be




2016年11月25日



2016年11月25日



2016年11月25日



2016年11月25日



2016年11月25日



2016年11月25日



2016年11月25日



2016年11月25日



2016年11月25日



2016年11月25日



2016年11月25日



2016年11月25日



2016年11月25日



2016年11月25日



トキワ荘フォーラム 第8回「少女マンガ」開催

2016年11月24日

NPO法人日本マンガ・アニメトキワ荘フォーラムが主催し、定期的に開催されている「トキワ荘フォーラム」ですが、今回は「少女マンガ」です。

まずは、マンガ家・マンガ研究家のみなもと太郎氏(協会員)による「少女マンガの広がり」。みなもと氏の独特の視点に会場は感心すること頻り。

休憩を挟み、マンガ家水野英子氏(協会員)とヤマダトモコ氏によるトークショー。水野英子氏は最近度々トークショーに出演されていますが、その度ごとに新しい側面を見ることができ、同時期に活躍された作家さんの話なども交え、大変興味深い内容でした。

(写真:事務局)



















「朝日小学生新聞」が児童向けまんが家を募集

2016年11月24日

朝日学生新聞社・編集部様より情報をご提供頂きました。

当協会会員・泉昭二氏が4コマまんが「ジャンケンポン」を連載されている朝日小学生新聞では、
現在小学生向けのまんがを描ける作家を4コマ/ストーリーの両ジャンルで募集されているそうです。

年齢、プロ・アマの別、個人・グループを問いません。

詳細は以下のサイトをご覧下さい。
http://www.asagaku.com/pr1118.html

 



第8回環境教育ポスターコンクール表彰式

2016年11月22日

公益財団法人こども教育支援財団主催の環境教育ポスターコンクールに当協会が協力を行うこととなりました。このポスターコンクールは第8回を数え、毎年多くの作品の応募があるそうです。

11月20日(日)午後1時半から、東京・日比谷公園にある「千代田区立日比谷図書文化館」(千代田区日比谷公園1番4号)にて表彰式・受賞作品展覧会が行われ、受賞者、関係者が出席しました。詳しくは写真をご覧下さい。

受賞者の作品展は、年内は2カ所で行われます。
■第1回会場 
学研本社ビル1F・2F(東京都品川区西五反田2-11-8)
2016年11月22日(火)・24(木)9:00~17:00、25日(金)9:00~15:00 
■第2回会場 
新宿西口プロムナード・ギャラリー
2016年12月4日(日)~12月16日(金) 

 今回の受賞作品と当協会会員がコラボレーションした企画展「環境マンガと子どもたち」が、2017年1月〜3月の期間、東京・神田と関西地区にて行われます。こちらの詳細は、後日掲載いたします。

 

(写真:会報部UNO、事務局)























髙井研一郎氏葬儀執り行われる

2016年11月21日

11月14日に肺炎のため79歳で逝去された当協会会員髙井研一郎氏の葬儀が、調布市の国領総合斎場にて執り行われました。

(写真:会報部UNO)

























第19回おもしろその年まんが大賞 応募要項

2016年11月21日

~2016年に話題となった出来事をまんがにしよう~
あなたのオリジナル作品をおまちしてます
入賞作品は広島市まんが図書館に展示します

【応募内容】
 2016(平成28)年に、スポーツ、芸能、政治、経済などで話題となった人、物、
 出来事などを描いた、明るくユーモアにあふれる一コマから四コマのまんが

【部門】
 (1)一般部門
 (2)ジュニア部門(中学生以下)

【応募資格】
 どなたでも応募できますが、共同作品は不可とします

【応募規定】
 (1)自作・未発表の作品に限ります。応募作品は一人一点とします
 (2)規格は、B4判または八つ切り(38cm×27cm)のケント紙など(縦横は自由)で、
    1枚で完結するものとします(ケント紙、画用紙などの厚い用紙でご応募ください)
 (3)画材は自由ですが、立体作品は不可とします
 (4)作品裏面に応募部門、氏名(ふりがな)、年齢、性別、住所、職業、電話番号、
    メールアドレス(お持ちの場合)、作品タイトル、コマ数、作品へのコメント
   (50字程度)を記入してください

【注意事項】
 (1)応募作品は返却しません。応募後の作品の複写、閲覧の請求には応じかねますので、
    必要な方は予めご自分でコピーをとる等しておいて下さい
 (2)応募作品の応募後すべての権利は広島市まんが図書館に帰属します
 (3)応募規定に違反したり、盗作、模作その他の問題が生じた作品及び著作権上の問題が
    発生するおそれのある作品(例:まんがのキャラクターを使用した作品)については、
    審査の対象から除外します(入賞決定後でも賞を取り消すことがあります)
 (4)郵送中の事故及び作品の取扱中の万一の事故に対する責任は負いかねます

【賞】
 (1)大賞(図書カード10、000円分)すべての作品の中から一点
 (2)優秀賞(図書カード5、000円分)一般部門から2点、ジュニア部門から2点
 (3)佳作 (図書カード3、000円分)一般部門から2点、ジュニア部門から2点
 (4)審査員特別賞(図書カード2、000円分)一般部門から1点、ジュニア部門から1点

【応募期間】
 平成28年12月1日(木)~平成29年1月15日(日)[当日必着]

【応募先】
 〒732-0815 広島市南区比治山公園1-4
 広島市まんが図書館「おもしろその年まんが大賞」係
 電話 082-261-0330/FAX 082-262-5406





2016年11月18日



2016年11月18日



2016年11月18日



2016年11月16日



2016年11月16日



2016年11月16日



2016年11月16日



2016年11月16日



2016年11月16日



2016年11月16日



2016年11月16日



2016年11月16日



2016年11月16日



第四回寄席描き展

2016年11月15日

会   場:森下文化センター
      〒135-0004 東京都江東区森下3-12-17
      TEL03-5600-8666 FAX03-5600-8677
会   期:12月3日(土)〜12月12日(月)9:00〜21:00
    ※初日は12:00から。最終日は17:00まで。12月5日は休館日。
入場無料
参 加 者:阿部順子、いご昭二(協会員)、岩崎摂、ウノ・カマキリ(協会員)、大嶽あおき(協会員)、
     神谷一郎、蒲田育、キャベツ、くまごろ、さいとうあきら、佐藤理恵、田島マサヒロ、ちゃる、
     ちろ、辻下浩二(協会員)、とつかりょうこ、永野リョウ、なかむら治彦(協会員)、nocchi、
     はざま隆治(協会員)、バトルロイヤル風間(協会員)、原えつお、ひさよ、福田紀子、
     藤井龍二(協会員)、まつなが陽一(協会員)、圓山武宏、宮島幸次、森本はつえ、
     柳生柳(協会員)、湯沢としひと

 

○●○期間中特別企画○●○

 

《 プロの似顔絵師による似顔絵大会 》
期 日:12月4日(日)11時〜16時
会 場:森下文化センター 1階ロビー
料 金:お一人様千円

 

《 パネラーによるイラスト大喜利 》
期   日:12月4日(日)
     【第一回】11:00~11:40【第二回】12:00~12:40【第三回】14:00~14:40
     【第四回】15:00~15:40【第五回】16:00~16:40
     12月11日(日)
     【第一回】11:00~11:40【第二回】12:00~12:40【第三回】14:00~14:40
     【第四回】15:00~15:40【第五回】16:30~17:10(柳谷わさびさん参加)
会   場:森下文化センター1F(寄席描き展会場)
出 演 者:司会・宮島幸次(浅草フランス座出身イラストレーター)
パネラー:ウノ・カマキリ、いご昭二、湯沢としひと、くまごろetc、&柳谷わさび
     その他、寄席描き展参加者多数参加予定!飛び入り参加もあり…!
     ※入場無料
     ☆出されたお題をプロが見ないでどれだけ描けるのか!?(描けないのか!?)出題者はあなたです!

 

《 あさり寄席 》
出 演:柳谷わさび
期 日:12月11日(日)
    15時開演(14:30開場)、(16:00頃終演予定)
会 場:森下文化センター4階和室
料 金:予約¥1,000/当日¥1,200
    予約・お問い合わせ asariyose@gmail.com
    050-3390-9911(留守電承り)
☆ご予約は、お名前と人数をお知らせ下さい。椅子席のご要望もあわせてお知らせ願います。

 

日本落画家協会 http://rakugaka.jimdo.com/






2016年11月09日



2016年11月09日



2016年11月09日



2016年11月07日



2016年11月07日












2016年11月07日



「satyrykon legnica 2017, ポーランド」作品募集

2016年11月07日

<テーマ>○我慢、寛容(tolerance)

     ○自由(joke and satire)

<締め切り>2017年2月6日(消印有効)

<各賞>大賞:8,000PLN

            金メダル(2):6,000PLN

            銀メダル(2):5,500PLN

            銅メダル(2):5,000PLN

            特別賞(4):4,000PLN

            Legnica文化センター賞(写真対象):4,000PLN

            Legnica市長賞:4,000PLN

<サイズ>最大A3まで

<宛先>Miedzynarodowa Wystawa

            SATYRIKON LEGINA 2017

            Chojnowska 2, Akademia Rycerska, 59-220 Legnica

            Poland

<連絡先>lck@lck.art.pl(Legnicaカルチャーセンター)

     satyrykon@wp.pl(Satyrikon基金)

 

*2016-2017年の間に制作した作品

*他のコンテストでの受賞作品は除く

*応募作品の中、1作品はSatyrykonギャラリーに寄贈することとする

 応募用紙の作品タイトル欄に寄贈作品をチェックすること。

*受賞作以外の作品は2018年12月31日より返却される。返却先変更の場合は住所、電話番号、

 Eメールアドレスを連絡のこと。

*応募用紙が必要(下記アドレスより取れます:POBIERZPLIKI→karta zgloszenia)

 大文字使用のこと。

 著者写真または似顔絵を同封のこと(1,5㎝四方に縮小されることを配慮)。

*詳しくは http://www.satyrykon.pl/



2016年11月04日



2016年11月04日







2016年11月04日



2016年11月04日



2016年11月04日





2016年11月04日



2016年11月04日



2016年11月04日



2016年11月04日



2016年11月04日



2016年11月04日



2016年11月04日



手塚治虫文化祭 キチムシ’16 開催中

2016年11月04日

11月3日(木)より吉祥寺のリスベストギャラリー創にて、「手塚治虫文化祭 キチムシ’16」がスタートしました。これは昨年末に同ギャラリーにて開催され好評を博した展示の第2回となります。
内容は手塚治虫オマージュの限定コラボマーケットフェス。
手塚作品のキャラクターをモチーフに各作家がオリジナルに制作したコラボレーションアイテムの展示即売が行われています。

会場に伺ったのは、オープン直前の関係者内覧会になります。既にギャラリーの外には、長い行列が。

3日目に伺った際にも、会場内は大勢の人人人で大盛況でした。
「これでもだいぶ落ち着いたのよ。」と出展者は仰っていたが、連日、著名な作家さん達が訪れ、多くの方々がここでしか買う事の出来ないコラボレーションアイテムに見入っていました。

この展示は11月9日(水)まで行われます。

(写真:会報部UNO、事務局)

展覧会情報

※ 3日目(11/5)の画像・文を追加しました。(11月7日)













































ONE PIECE 復興列車運行!!

2016年11月04日

ONE PIECEラッピング列車がくま川鉄道・南阿蘇鉄道の2路線で運行します。
ルフィの車内アナウンスや、オリジナルイラスト入りポストカードのプレゼントも!

〈くま川鉄道〉
期 間:2016年10月29日(土)~2017年2月26日(日)
    (土・日・祝日のみ運行)

時 刻:人吉温泉駅11時11分発~終点・湯前駅12時5分着

運 賃:大人990円 小人650円
    (要予約・乗車日の一ヶ月前から予約開始)

〈南阿蘇鉄道〉
期 間:2016年11月27日(日)~2017年2月28日(火)
    時刻・運賃などは南阿蘇鉄道HPをご確認ください

出発式:2016年11月27日(日) 9時より

会 場:高森駅

〈高森町・湯前町ONE PIECEスタンプラリー開催〉
期 間:2016年10月29日(土)~2017年2月28日(火)
    (景品が無くなり次第終了とさせて頂きます)

場 所:高森町湧水館・湯前まんが美術館

 

詳しくは:くま川鉄道HP
     南阿蘇鉄道HP





11月の事務局ライブラリー

2016年11月04日

◆日々は過ぎて Day went by 岸田尚/著 文芸社/刊 1000円
◆トーキングヘッズ叢書 人間モドキ 半分人間の解剖 岸田尚、他/著 書苑新社/刊 1429円
◆Kissy’s portraits 52人による“岸田尚”肖像画競作集 岸田尚/編集 書苑新社/刊 2750円
◆おかか 1、2 まつだこうた/著 講談社/刊 各565円
◆超人間要塞ヒロシ戦記 1 まつだこうた/著 大間九郎/作 講談社/刊 590円
◆ひなこのーと 1 三月/著 KADOKAWA/刊 600円
◆わたしの友達が世界一かわいい 1 三月/著 KADOKAWA/刊 600円
◆月刊広場 11月号 No.386
◆手塚ファン Vol.308
◆人間の記録17 横山隆一 わが遊戯的人生 横山隆一/著 日本図書センター/刊
◆人間の記録133 ちばてつや みんみん蝉の唄 ちばてつや/著 日本図書センター/刊
◆学研まんが新・ひみつシリーズ マジックのひみつ 土門トキオ/著 佐藤元一/監修 学習研究社/刊 880円
◆かんたん!めちゃウケ マジック 4 土門トキオ/著 汐文社/刊 1300円
◆bee-be-beat it!(びーびーびーといっと!) 天神学園浪漫あるばむ 1~3 神野正樹/著 ほんだありま/画 いとうのいぢ/キャラクターデザイン 富士見書房/刊 各580円
◆死ぬかと思ったTH(とりぷるえっち)田中圭一/著 アスペクト/刊 952円
◆Gのサムライ 田中圭一/著 リイド社/刊 780円
◆ヤマノススメ 1 しろ/著 アース・スターエンターテイメント/刊 595円
◆セーラ服とブレザーちゃん 1 しろ/著 KADOKAWA/刊 600円
◆さよならタマちゃん 武田一義/著 講談社/刊 686円
◆おやこっこ 上下 武田一義/著 講談社/刊 各640円
◆ペリリュー ー楽園のゲルニカー 1 武田一義/著 平塚柾緒/原案協力 白泉社/刊 600円
◆フリンジマン 4 青木U平/著 講談社/刊 562円
◆服なんて、どうでもいいと思ってた。 3 青木U平/著 KADOKAWA/刊 600円
◆酩酊!怪獣酒場 3 青木U平/著 小学館クリエイティブ/刊 520円
◆さよなら、ハイスクール 1 森もり子/著 秋田書店/刊 600円
◆ひめゴト 2、6 佃煮のりお/著 一迅社/刊 各680円
◆ヒロインボイス 1 佃煮のりお/著 一迅社/刊 620円
◆AKB48殺人事件 特別版 梧桐柾木/著 青山剛昌/原作 秋元康/原案 小学館/刊 848円
◆AKB48殺人事件 通常版 梧桐柾木/著 青山剛昌/原作 秋元康/原案 小学館/刊 429円
◆市場クロガネは稼ぎたい 1、9~11 梧桐柾木/著 小学館/刊 1巻419円、9~11巻429円
◆ほしいの ど~れ?【おもちゃ大図鑑】2016~2017 アンパンマン会議/発行
◆僕らが愛した手塚治虫 1 二階堂黎人/著 小学館/刊 1000円
◆COPYRIGHT No666、NO667 公益社団法人著作権情報センター/刊
◆外国著作権法令集 50、51、52 公益社団法人著作権情報センター/刊
◆第10回著作権・著作隣接権論文集 公益社団法人著作権情報センター/刊
◆sick(シック) 倉橋トモ/著 竹書房/刊 657円
◆トモダチ以上のこと、シたい。 倉橋トモ/著 竹書房/刊 630円
◆いただきます、ごちそうさま 倉橋トモ/著 芳文社/刊 620円
◆続きはまた夜に 千葉リョウコ/著 竹書房/刊 619円
◆編集長を好きになったワケですが。 千葉リョウコ/著 芳文社/刊 620円
◆本気にならせてみたいんじゃ 千葉リョウコ/著 海王者/刊 620円
◆青春(アオハル)×機関銃 10 NAOE/著 スクウェア・エニックス/刊 562円
◆緋い花 上下 えびす華子/著 イオハラミア/作 双葉社/刊 各400円
◆ゆかり、ゆかし。 えびす華子/著 双葉社/刊 457円
◆17歳、あいつ限定 京町妃紗/著 小学館/刊 429円
◆七星天道 1 黒瀬浩介/著 東立出版社/刊
◆異能バトルは日常系のなかで 4 黒瀬浩介/著 望公太/作 029/キャラクター原案 KADOKAWA/刊 580円
◆ゴブリンスレイヤー 1 黒瀬浩介/著 蝸牛くも/作 神奈月昇/キャラクター原案 スクウェア・エニックス/刊 571円
◆猫かぶりの池ケ谷くん 1 はくり/著 スクウェア・エニックス/刊 562円
◆クローバーの国のアリス ~チェシャ猫とワルツ~ 1 藤丸豆ノ介/著 QuinRose/作 一迅社/刊 950円
◆ジョーカーの国のアリス ~サーカスと嘘つきゲーム~ 1 藤丸豆ノ介/著 QuinRose/作 一迅社/刊 648円
◆ハートの国のアリス ~時計ウサギと午後の紅茶を~ 前編 藤丸豆ノ介/著 QuinRose/作 宙出版/刊 950円
◆八雲琴の調べ 明日香の原風景 DVD 企画制作・玉野のももたろう 感謝状(岡山市)
◆スレイプニル 1 槌居/著 KADOKAWAメディアファクトリー/刊 524円
◆ガールズ&パンツァー リトルアーミーⅡ 1 槌居/著 ガールズ&パンツァー制作委員会/作 鈴木貴昭・グラフィニカ/協力 KADOKAWAメディアファクトリー/刊 524円
◆ストライクウィッチーズ エーリカ・ハルトマン1941 槌居/著 島田フミカネ&Projekt Kagonish/作 KADOKAWA/刊 580円
◆シコはじめ マスクザJ/著 ジーウォーク/刊 1000円
◆カレに媚薬を飲ませたら 響あい/著 小学館/刊 400円
◆Sマスター☆Holic 響あい/著 小学館/刊 429円
◆ひとりじめ~調教願望~ 5 響あい/著 小学館/刊 454円
◆死に至る病 1 瀬口たかひろ/著 朝田光/作 白泉社/刊 600円
◆僕のアンドロイド 瀬口たかひろ/著 スクェア・エニックス/刊 514円
◆Re:まりな 1 瀬口たかひろ/著 原田重光/作 白泉社/刊 571円
◆今回はご縁ありました、ということで。 奥森ボウイ/著 富士美出版/刊 952円
◆放課後ふたりぼっち 奥森ボウイ/著 ジーオーティー/刊 1000円
◆俺得修学旅行 奥森ボウイ/著 ジーオーティー/刊 1200円
◆ユウキとナオ 1~3 若菜光流/著 笠倉出版社/刊 各480円
◆お嬢様の運転手 石原ケイコ/著 白泉社/刊 400円
◆ストレンジドラゴン 1 石原ケイコ/著 白泉社/刊 429円
◆花嫁と祓魔の騎士(エクソシスト) 1 石原ケイコ/著 白泉社/刊 429円
◆ギャングース 11~13 肥谷圭介/著 鈴木大介/作 講談社/刊 各552円
◆セックスフレンズ 上原あり/著 竹書房/刊 660円
◆月に恋して zen9/著 エンジェル出版/刊 619円
◆月を愛して zen9/著 エンジェル出版/刊 619円
◆君の眼鏡に欲情する zen9/著 竹書房/刊 630円
◆臆病作家はそれを欲しがらない 下條水月/著 集英社/刊 750円
◆この世は神との恋次第 下條水月/著 集英社/刊 720円
◆特濃!男の娘ミルク ダイナマイトmoca/著 一水社/刊 1000円
◆パコられ男の娘 ダイナマイトmoca/著 一水社/刊 1000円
◆本屋の森のあかり 1 磯谷友紀/著 講談社/刊 390円
◆海とドリトル 2 磯谷友紀/著 講談社/刊 429円
◆王女の条件 1 磯谷友紀/著 白泉社/刊 570円
◆MOBIL SUIT GIRL 明貴美加 MS少女アートワークス 明貴美加/著 角川書店/刊 2100円
◆まじカライズ 1、4 いのまる/著 つながみ/作 集英社/刊 各562円
◆僕らのセックス いのまる/著 ティーアイネット/刊 1000円
◆遊☆戯☆王GX 9 影山なおゆき/著 高橋和希/作 集英社/刊 457円
◆ストライクZONE! 8 影山なおゆき/著 NPB・プロ野球12球団/協力 集英社/刊 500円
◆いぶり暮らし 1~3 大島千春/著 徳間書店/刊 各580円
◆戦国★カンパニィ 小田原愛/著 アルファポリス/刊 1000円
◆恋まぐわい しおこんぶ/著 文苑堂/刊 1100円
◆ポケドル 1、2 バラマツヒトミ/著 KADOKAWA/刊 1巻562円 2巻600円

 





































































































「山田ゴロとブチ素敵な仲間達」開催

2016年11月04日

事の始まりは、同じシーモールシアターで開催される「怪談会」に出演するだけでしたが、マンガ家が来るのなら、同時に原画展をやって頂けませんかというお話をいただき、怪談会の会場の壁に、数点飾れればいいのか:なと思い、お引き受けしました。

ところが、現地では、マンガ原画展が開かれると言うことで、後援に山口新聞社・下関教育委員会 協力に徳山大学・ZIPシーモール下関・ヘアーマニア・ロータリーパワースティション 、さらに、日本漫画家協会中国支部・一般社団法人マンガジャパン等々のご協力をいただけることとなり、開催一ヶ月前からテレビやラジオなどでも紹介され、信じられないほどの広がりとなっていました。

おかげさまで当日は、トークイベントとライブドローイングも行い、満席、大盛況となりました。
原画展の後も、2つのラジオ番組にインタビューと特番に出演させて頂きました。
今まで首都圏の原画展を催してきたのですが、こんなに喜んで頂けるのなら、これからは地方での原画展なども、積極的に開催していこうと思います。
ご協力を頂いた全ての方に、心から感謝致します。

 

(文:山田ゴロ 写真:ココア)

※同催しは、2016年10月19日(日)に山口県下関市のシーモール下関・元シアターゼロにて開催されました。
 イベント情報










エネルギー国際会議にて、風刺漫画展の展示が行われる

2016年11月04日

福島市で11月3日から行われたエネルギー国際会議にて、風刺漫画展の展示が行われました。
参加漫画家は、ウノ・カマキリ、クミタ・リュウ、所よしゆき、前川しんすけ、二階堂正宏、古川タク、ヒサクニヒコ各氏です。

(情報提供:ヒサクニヒコ)





CAKOVEC 国際漫画展2016(クロアチア、チャコベツ市)

2016年11月02日

・テーマ:1. 子供に優しい都市
     2. 家庭の中のガス

・ 締め切り:2016年12月4日

・デジタル作品も可

・最高2点まで

・サイズ:A4またはA3(jpg 300dpi)

・以前に入賞歴があるものは不可

・賞:一位400€
   二位200€
   三位100€
   他に入賞5点

・2016年12月15日からScheier in Čakovecギャラリーで、展覧会が開催される

・展示作品のカタログが作成され、作者に贈られる

・送付先
  DAMIR NOVAK, PRVOMAJSKA 1, MALI MIHALJEVEC, 40311 LOPATINEC,
  CROATIA
  インターネットの応募は下のアドレスへ。
  cartoondamir@gmail.com

・問い合わせは下記へ
  damir.novak3@gmail.com

(情報提供:横田吉昭氏)




北沢楽天大学 通称「楽大」 学生募集

2016年10月28日

期 間:2016年①10月30日、②11月13日、③12月4日、④12月11日、
    ⑤12月25日、2017年⑥1月8日、⑦1月22日、⑧2月12日、
    ⑨2月26日、特別講座3月12日、⑩3月26日
    (日程はすべて日曜日開催となります)

時 間:14時~15時30分
    (寄席のみ13時30分開場、14時開演)

学 費:各講座一回500円
    (寄席のみ予約2000円、当日2500円)
    小学生対象の特別講座を除く全講座申込は5000円となります

定 員:各講座定員数
    ①50名 ②20名 ③80名 ④20名 ⑤50名
    ⑥50名 ⑦⑧20名 ⑨15名 特別講座15名 ⑩50名

会 場:〈講座会場〉
    大宮山東光寺
    〒 330-0802 埼玉県さいたま市大宮区宮町3-6

    〈寄席会場〉
    氷川神社呉竹荘
    〒 330-0803 埼玉県さいたま市大宮区高鼻町1-407

    TEL 080-3604-1876(9時~17時まで)(講座・寄席共通)

講 師:①あらい太朗(協会員)、②牧野圭一(協会員)、④松沢和秀、
    ⑤藤井龍二(協会員)、⑥高見澤妙子、⑦・⑧あすかけん、
    ⑨白吉辰三(協会員)、特別講座おかべりか、⑩大木萌ほか

注 意:筆記用具必須

No 講座名 講師名 定員 日程 備考
開校式と楽天の生涯 あらい太朗 50 10月30日  
誰でも描ける?ゆるキャラ?講座 牧野圭一 20 11月13日 実技講座
公開講座「氷川寄席」   80 12月4日 特別講座
アニメの原型(ゾートロープ)を作ろう 松沢和秀 20 12月11日 実技講座
マンガ楽天天文講座 藤井龍二 50 12月25日  
楽天作品とその周辺 高見沢妙子 50 1月8日  
7・8

メルヘン画を描く1・2

※作品づくりのため2回参加必須です。

あすかけん 20

1月22日

2月12日

実技講座
絵手紙講座 白吉辰三 15 2月26日 実技講座
特別講座「子どもお絵かき遊び」 おかべりか 15 3月12日 小学生のみ実技講座
10 「楽天映画のはなし」と閉校式 大木萌 50 3月26日  

 

 

 

 

 






2016年10月28日



2016年10月28日



2016年10月28日



2016年10月28日



2016年10月28日



トキワ荘フォーラム 第8回

2016年10月28日

「少女マンガ」

● おはなし ●
  「少女マンガの広がり」
   マンガ家・マンガ研究家 みなもと太郎先生

● トークショー ●
  「少女マンガの系譜の中で」
   マンガ家 水野英子先生
   聞き手:ヤマダトモコ氏(マンガ研究者・明治大学米沢嘉博記念図書館スタッフ)

※※参加無料※※

●日時:2016年11月23日(水・祝)2:00pm〜(開場1:30pm)

●場所:雑司が谷地域文化創造館第1練習室
     東京都豊島区雑司が谷3-1-7 千登世橋教育文化センター内
     (副都心線 雑司が谷駅から直結、都電荒川線 鬼子母神前駅より徒歩2分
     都バス(池65・池86) 千登世橋停留所より徒歩2分、山手線 目白駅より徒歩10分)

●主催:NPO法人 日本マンガ・アニメトキワ荘フォーラム

●参加申込
 下記をご記入のうえメールにて jimukyoku@tokiwasou.jp までお送り下さい
  1.氏名(必須)
  2.ご所属
  3.連絡先(電子メール)

【事務局】東京都豊島区南長崎3-16-6(トキワ荘跡地)
     日本加除出版株式会社内
【E-mail】jimukyoku@tokiwasou.jp
     ※お問合せは上記メールアドレス宛お願いいたします

 

(情報提供:トキワ荘フォーラム事務局)





第3回、本の漫画ビエンナーレ・コンテスト(イラン)

2016年10月27日

テーマ:本と都市、本と生命、本と家族、本と子供、本と図書館、本と司書、本とメディア、本と将来
 
・5つの漫画を送ることができる。

・送付先:Info@booktoon.ir

・氏名、住所、eメール・アドレス、電話番号をWordにより添付すること。

・インターネットで送信する漫画は、jpegで 200dpi、縦横200pixelのサイズ。

・このコンテストにおいて先行作のある漫画、入賞もしくは出版暦のある漫画は不可。

・賞:第1位: 2000$、トロフィー、賞状
   第2位: 1500$、トロフィー、賞状
   第3位: 1000$、トロフィー、賞状
   他に5名に、500$、トロフィー、賞状

・締め切り2016年12月30日

・詳細は、以下のウェブサイトでみることができる。過去の入賞作の他、外国の著名な漫画家などへのリンクも見られる。
http://www.booktoon.ir

(情報提供:横田吉昭氏)




さいたま市立漫画会館にて「手塚治虫とっておきの漫画」開催中

2016年10月25日

さいたま市立漫画会館において10月日より「手塚治虫とっておきの漫画」展が、現在開催中です。

様々な名作を描き続けた手塚治虫氏は、実はストーリーマンガ以外にも、ヒトコマ漫画や絵本作等、数多くの作品を発表され続けました。
本展は、手塚氏の作家活動を別の視点で捉えた貴重で興味深い展示となっています。

同展は11月10日まで開催されます。

展覧会情報はこちら

(写真:会報部UNO)













さいたま市立漫画会館「手塚治虫とっておきの漫画」展にて、手塚るみ子氏・清水真里氏トークショー開催

2016年10月25日

10月23日 日曜日 さいたま市立漫画会館で行われた「手塚治虫とっておきの漫画展」のトークイベント「手塚先生の思い出」に行ってきました。
漫画会館はプロマンガ家の祖である北澤楽天先生の住居だったところ。
と言うことで、まずは北澤神社とお墓参りをさせて頂きました。

イベント会場は満席。
2時と同時に、手塚先生の長女、手塚るみ子さんと、鉄腕アトムの声を担当した声優清水マリさんが登場。
清水マリさんの「アトムの声」での挨拶から始まりました。
もう、その声を聞いただけでアトムと同い年のぼくはドキドキしていました。
(鉄腕アトムは1952年雑誌「少年」に連載が開始されました)

るみ子さんは、マンガ家ではない父、手塚治虫について語られました。
忙しすぎて家庭も振り返るヒマもなかったんじゃないかと思っていたのですが、じつは本当に子ども達を大切にしていて、そんなエピソードの数々に心で微笑みました。

清水マリさんは、元々は演劇の劇団員の人。
まだ「声優」という職業が無い時代からの、手塚先生、鉄腕アトムとの出会いを熱く語られました。
ぼくも知らなかったのは、ずっと鉄腕アトムの声は、清水マリさんだと思っていましたが、マリさんが妊娠、9ヶ月のところでドクターストップ。
そのため、途中の8回ぐらいは、違う人が声をあてたようです。
トークイベントの最後に、手塚先生が描かれた童話「かわいそうなぞう」の朗読がありました。
会場からは、感動のあまりハンカチを取り出す人も。その内容は、子どもを愛した手塚先生のお人柄が偲ばれる素晴らしいものでした。
あっという間の1時間。一生の思い出になりました。

 

(文:山田ゴロ  写真:会報部UNO)













「コミティア118&海外漫画フェスタ」開催(1)

2016年10月25日

2016年10月23日(日)、東京都江東区にある、東京ビッグサイトにて、創作系同人誌即売会「コミティア118」そして同会場内にて「海外漫画フェスタ」が同時開催されました。

コミティアには、今回も多くの協会員が出展、早くも新刊完売というスペースや、切れ間なくファンが立ち寄るスペースなども多く、他にこうの史代氏の著作劇場公開を記念したトークショー開催、出張編集部や大小様々な展示ブースなど、勢いは相変わらずでした。

更に同時開催されていた海外漫画フェスタでは、日頃目に触れることの少ない海外のMANGAとあって来場者は興味津々、出展者の中には、協会員であるルフランソワヴァンサン氏、筑濱カズコ氏が会場を盛り上げ、姫川明氏によるサイン会では長蛇の列ともなり、とても盛況な様子でした。

更にここでは特別イベントとして、海外と日本を代表する漫画家たちによる、世界の漫画を語り合うトークライブも開催。全3部に及ぶそこへは、日本からは独特のタッチを誇るカネコアツシ氏、著作「コブラ」で知られる寺沢武一氏が登壇するなど、会場は終始大盛り上がり、氏らは海外の漫画家達と胸の内を語り合い、漫画を通じた国際交流を深めていました。

 

(写真 文:会報部 柳生柳)



























「コミティア118&海外漫画フェスタ」開催(2)

2016年10月25日

海外漫画フェスタとトークライブの模様です。

(写真:会報部 柳生柳)






















「コミティア118&海外漫画フェスタ」開催(3)

2016年10月25日

各種展示の様子です。

(写真:会報部・柳生柳)





















手塚治虫文化祭 キチムシ’16

2016年10月24日

第2回開催!手塚治虫オマージュの限定コラボ・マーケットフェス!

期 間:2016年11月3日(木・祝)~11月9日(水)

時 間:12時~18時(最終日は17時まで)

会 場:リベストギャラリー創
    〒 180-0002 東京都武蔵野市吉祥寺東町1-1-19
    TEL 0422-22-6615

出品者:青木俊直、浅田弘幸、一本木蛮(協会員)、開田裕治(協会員)、上條淳士、
    きはらようすけ、桐木憲一(協会員)、島本和彦(協会員)、玉村ヘビオ、
    寺田克也(協会員)、DEVILROBOTS、電脳大工、TOUMA、
    とりマリ(とり・みき&ヤマザキマリ)、西野直樹、姫川明輝(協会員)、
    モンキー・パンチ(協会員)、山田雨月、吉元れい花&エ☆ミリー吉元

詳しくは:キチムシ公式Web





高知のまんがあれこれ展 & 4コマまんが大賞作品展

2016年10月24日

期 間:2016年10月22日(土)~2017年1月15日(日)

時 間:9時~18時

休館日:毎週月曜日(ただし、1月9日は開館)
    12月28日~1月4日

入場料:無料

会 場:横山隆一記念まんが館
    〒 780-8529 高知県高知市九反田2-1 高知市文化プラザかるぽーと内
    TEL 088-883-5029

詳しくは:横山隆一記念まんが館





「立原えりかのグリム童話」絵本原画展

2016年10月24日

期 間:2016年11月2日(水)~2017年1月9日(月・祝)

時 間:9時30分~17時(入館は16時30分まで)

休館日:毎週火曜日(ただし、12月24日~1月7日は無休)

入場料:大人400円 中高生200円 小学生100円

会 場:香美市立やなせたかし記念館 詩とメルヘン絵本館
    〒 781-4212 高知県香美市香北町比良布1224-2
    TEL 0887-59-2300

詳しくは:詩とメルヘン記念館





2016年10月19日



2016年10月19日



マルチクリエイター 松本かつぢの世界展

2016年10月19日

期 間:2016年10月28日(金)~2017年2月20日(月)

時 間:9時30分~17時(入館は16時30分まで)

休館日:毎週水曜日(11月23日・1月4日は開館)
    12月29日~12月31日

入場料:大人700円 中高生300円 小学生100円

会 場:宝塚市立 手塚治虫記念館
    〒 665-0844 兵庫県宝塚市武庫川町7-65
    TEL 0797-81-2970

 

詳しくは:宝塚市立 手塚治虫記念館





少年アシベ GO!GO!ゴマちゃん展 〜漫画とアニメの世界でキュー!〜

2016年10月17日

期 間:2016年10月19日(水)~2017年2月12日(日)

時 間:10時~18時(入館は17時30分まで。最終日は16時までとなります)

休館日:毎週月曜日(月曜が祝日の場合は翌平日)・年末年始(12月28日~1月4日)

入場料:無料

会 場:杉並アニメーションミュージアム
    〒 167-0043 東京都杉並区上荻3-29-5 杉並会館3階
    TEL 03-3396-1510

 

詳しくは:杉並アニメーションミュージアム





文化庁メディア芸術祭20周年企画展 変える力 シンポジウム「マンガ史の遠景と近景」

2016年10月17日

日 時:2016年10月22日 (土) 14:00 〜 17:00

会 場:〒100-0012 東京都千代田区日比谷公園1-4
    千代田区立日比谷図書文化館 B1階 コンベンションホール

出 演:犬木加奈子(協会員)・清水勲(協会員)・他

入場料:無料

定 員:200名 (※事前申込が必要です)

 

詳しくは:文化庁メディア芸術祭20周年 変える力



第21回EURO-KARTOENALE 欧州漫画コンテスト作品募集

2016年10月17日

第21回EURO-KARTOENALE 欧州漫画コンテスト

<テーマ> 魂(the soul)

<締め切り> 2017年1月8日

<各賞>一位:1,800,00€

    二位:1,500,00€

    三位:1,300,00€

    ベスト欧州漫画賞:900,00€

    ベストベルギー漫画賞:900,00€

    ECC賞:個展開催

    受賞者はKruishoutemにて3日間滞在招待

<サイズ> A4,または電子送付の場合300dpi(最大3MB)

<枚数制限> 5枚まで

<宛先>電子送付の場合:先に登録して、作品をアップロードする

      https://www.ecc-kruishoutem.be/register/

              郵送の場合:

      EURO-KARTOENALE

              WAREGEMSESTEENWEG 113

              9770 KRUISHOUTEM

              BELGIUM-EUROPE

<連絡先> E-mail:info@ecc-kruishoutem.be

 

*過去の受賞作は除く。

*原画の場合、作品裏面に作者氏名、できればパーソナルコード明記のこと。

*請求によりカタログは無料で送付できるが、その場合郵送費負担のこと。

*書面にての要請に応じ作品返却は可能。

*要項は下記サイトより取れます。

 https://www.ecc-kruishoutem.be/en/competition-2017.html



寺沢武一原画展 ART of COBRAとか。Ⅱ 〜帰ってきたヤツ〜

2016年10月14日

日 時:2016年10月21日(金)〜11月3日(木・祝) 13時〜20時(最終入場19時30分)

会 場:CHEEPA'S GALLERY(チーパズギャラリー)
      東京都中央区銀座7-12-15 MYS銀座3F     TEL:050-3537-6142

休館日:期間中無休

料 金:入場無料

◆イベント最終日の11月3日(木・祝)には、サイン会も予定されています。
 期間中、1会計10,000円以上購入の方に参加券を進呈。1会計3,000円以上購入の方には、抽選も行なわれます。
 (いずれも数量限定)

お問い合わせ:CHEEPA'S GALLERY(チーパズギャラリー)
       TEL:050-3537-6142(株式会社ウララキューブ内)

 





はじめての 坂口尚 展 ー手塚治虫が天才と称賛した、孤高の漫画家ー

2016年10月14日

早逝した天才作家・坂口尚氏の全貌を探る原画展が開催されます。
 

日 時:2016年12月23日(金・祝)〜25日(日) 12時〜19時
                 (開催時間は都合上変更になる場合があります)
                       
会 場:ノースギャラリー④⑤
   さいたま市 プラザノース 2F
          埼玉県さいたま市北区宮原町1-852-1  Tel.0458-653-9255

料 金:入場無料

◆ 会期中、展覧会場にてトークショー等のイベントを開催予定です。

詳しくは、坂口尚オフィシャルサイト まで。
 





宮下 森 45/06展 ー愛と平和と幸せー 開催中

2016年10月14日

宮下 森氏の展覧会が地球堂ギャラリーにて開催していると聞き出かけてきました。
氏は日本漫画家協会の創始者であり、シャリバリ展、日本漫画の会展など様々なグループ展を作った漫画界の貢献者なのです。
また日本漫画年鑑74の責任編集者であり3刊出版されたのです。
40周年記念カタログ発刊にあたってはよき相談役も買って出ていただき大変助かりました。
貢献度が多大だった氏の誕生日(1916年)が今回の展覧会初日10月12日にしたのは息子さんの粋な計らいなのでしょう。

(写真・文:会報部UNO)
































ビッグ錠氏出演!子どもミュージカルシアター第20回記念公演「友達たんてい地図の暗号」

2016年10月14日

日 時:2016年11月19日(土) 18:30開演(18:00開場)

会 場:ヨコスカ・ベイサイド・ポケット(横須賀芸術劇場内)

入場料:大人 2,000円(当日2,500円)/こども(高校生以下) 100円(前売・当日共)

お問い合わせ:メール chika_yukiko@yahoo.co.jp
                       T E L     090-5530-4785





『超展開バレエマンガ 谷ゆき子の世界』(立東舎)出版記念 ミニ展示 「すごいぞ! こわいぞ! 谷ゆき子!」

2016年10月13日

会 場:京都国際マンガミュージアム1階吹き抜けホール
    (京都市中京区烏丸通御池上ル)

主 催:京都国際マンガミュージアム/京都精華大学国際マンガ研究センター
協 力:立東舎,図書の家

日 時:平成28年10月27日(木)~平成29年1月31日(火)
    ※開館時間:午前10時~午後6時(最終入館は午後5時30分)
    ※休館日:毎週水曜日(11月23日を除く),12月28日~1月4日

内 容:現存する谷ゆき子の原画の一部を展示
    作品の紹介パネル
    ※詳細は後日ミュージアムのブログにて発表の予定。

料 金:無料(ただし,ミュージアム入場料〔大人800円,中高生300円,小学生100円〕は別途必要)
    ※11月4日(金)は「関西文化の日」につき入場料無料

<参考>

◆谷ゆき子について
昭和10年,兵庫県生まれ。本名・谷垣悠紀子。昭和33年頃,大阪の金龍出版社より単行本『夕映の詩集』にてデビュー。画力に定評があり同社発行の短編誌『虹』『すみれ』では作品の他,表紙画を多数担当した。昭和39年,活躍の場を東京に移す。昭和41年より小学館の学年誌で約10年にわたりバレエマンガを連載し,絶大な人気を誇る。平成11年病没。別名に谷悠紀子,谷ゆきこ,谷幸子など。

◆『超展開のバレエマンガ _谷ゆき子の世界』(立東舎)について 
谷ゆき子の代表作である「バレエ星」の一部が読めるほか,当時の編集者や谷を知るマンガ家達へのインタビューなども収録された一冊。編集:図書の家,企画協力:倉持佳代子(京都国際マンガミュージアム研究員)。平成28年10月25日に刊行予定。詳しい内容は立東舎のホームページにて紹介。
http://rittorsha.jp/items/15317420.html

◆問合せ先
京都国際マンガミュージアム
TEL:075-254-7414 FAX:075-254-7424

 








yun 個展 2016 開催中

2016年10月13日

今回の個展は、yunの著書「ラブリーデコぬりえ®花のおひめさま(金の星社)2016年6月下旬発売」の創刊記念と、yunが、林静一先生の絵を元にぬりえ画制作をした「初恋ぬりえ 小梅ちゃんの世界(小学館)2016年10月10日発売 」の創刊記念と、yunがデコぬりえ®で協力した「大判シリーズ きいちのぬりえ おしゃれ編 |(小学館)2012年2月発売」の、3冊のお披露目的な個展なので、原画や本に掲載した作品の展示と、会場で本の販売をしております。

漫画家協会からも歩いて6分と、とても近い所にあります。
ぜひ体験にいらしてください。

同展は10/15(土)11:00~19:00 ※最終日のみ17:00まで
詳しくは http://www.nihonmangakakyokai.or.jp/?tbl=exhibition&id=6119

(写真・文 提供:yun)

 








原画’(ダッシュ)展示シリーズ「青年マンガの世界」開催中

2016年10月11日

2016年10月8日(土)より、川崎市市民ミュージアム 2階アートギャラリーにて、竹宮惠子監修 原画’(ダッシュ)展示シリーズ 青年マンガの世界が開催中です。

原画’(ダッシュ)とは、綿密に色調整を重ねた上で印刷した精巧な複製原画のことで、京都精華大学学長の竹宮惠子氏が中心となって開発・研究がなされています。(パンフレットより)

今回は、平田弘史・ながやす巧(協会員)・村上もとか(協会員)・竹宮惠子(協会員)各氏の、迫力の絵、深い色彩、緻密な描写、其々の持つ個性溢れる描写を精巧に再現した原画’(ダッシュ)約120点が広い会場に展示され、本当に複製?と思わず見入ってしまいます。
懐かしい雑誌や貸本なども同時に展示中です。

同展は、12月11日(日)まで、入場は無料で、関連イベントも予定されています。

詳しくは http://www.nihonmangakakyokai.or.jp/?tbl=exhibition&id=6150 まで。

(写真/文:事務局)

 









































祝・999復活祭 開催

2016年10月11日

2016年10月8日土曜13時18分、銀河鉄道999デザイン電車が、松本零士氏(協会常務理事)の新たな描き下ろしデザインに生まれ変わり、約2年振りに西武池袋線大泉駅に到着した。
線路沿いやホームでは、この日を待ち望んでいたというファンや、私立大泉学園の生徒、れんてつかふぇ、ゆめーてる商店街、NPOあまねり会の皆さんが横断幕を持って電車を出迎えた。

その後は、電車に乗車してきた松本零士氏を迎え、ミニ歓迎イベント「999を語ろう」が大泉ドラゴンスクエアⅡビル7階にて行なわれ、れんてつかふぇによる999体操や大泉学園の生徒によるクイズなどで会場は盛り上がり、15時30分からは、氏のトークショーが行なわれた。
氏は、今回の999電車復活について質問されると、「感無量。今回乗車して、上京して来た時の事を思い出した。描かせていただいて非常に嬉しい。」と語り、更には、「沿線全部が私のふるさと。NERIMA GREEN(練馬グリーン)をベースに11のキャラクターを描いた。出入り口のドアにキャラクターの顔を描いたのは、乗る時に皆に見てもらい、顔を合わせてもらえるようにと思った。元気になる電車、皆、夢と希望を持って乗ってほしい。」と会場から溢れんばかりの大勢の来場者に熱く訴えた。
トークショーの後は、謝恩会も行われ、氏は来場者へ感謝の気持ちを伝えるとともに、「ジョーやアトム、アンパンマン、いろんなキャラクター(の電車)とすれ違いたい。」と、締めくくった。

(写真・文:事務局)

 


















































鎌倉・荏柄天神社 絵筆塚祭 灯籠お披露目

2016年10月11日

鎌倉の荏柄天神社は、毎年10月に絵筆塚祭を行い、祭典の前日と当日に「漫画絵行灯」を境内に掲揚、当協会の漫画家が多く参加されています。

行灯は毎年新たに揮毫され、制作されます。
約100灯の行灯が灯された様子は見事です。

(写真提供:小松秀夫氏)









































































































































































































鎌倉 荏柄天神社 絵筆塚祭執り行われる

2016年10月11日

鎌倉の荏柄天神社では、毎年10月に絵筆塚祭が執り行われます。

荏柄天神社の境内には、かっぱ絵を描き続けた漫画家の清水崑氏が長年愛用した絵筆を供養し建立した「かっぱ筆塚」と、その意思を継いで横山隆一氏らが立てた「絵筆塚」があります。以来、毎年愛用の筆を供養する祭事として絵筆塚祭が執り行われてきました。

今年は10月9日(日)午後1時より、境内で筆供養が行われ、漫画家、関係者他多くの方々が集りました。この祭事は、筆供養の他に、漫画家による似顔絵、かっぱ絵コンクールの授賞式が行われ、多いに賑わいました。

 

(写真:事務局)






























































こうちまんがフェスティバル まんさい14th

2016年10月07日

期 間:2016年10月29日(土)・30日(水)
時 間:10時~16時(一部イベントを除く)
料 金:高校生以上 500円(各日)
    小中学生 500円(2日間有効)
    小学生未満 無料
    (別途入場料が必要なイベントもあります)
会 場:高知市文化プラザかるぽーと(メイン会場)
    〒 780-8529 高知県高知市九反田2-1
    TEL 088-883-5029(お問合せ先/横山隆一記念まんが館)

詳しくは:まんさいHP






メッセージイラストレーションポスター展8

2016年10月05日

期 間:2016年10月8日(土)~10月31日(月)
時 間:11時~17時(入館は閉館の30分前迄)
休館日:毎週火曜日
入館料:無料
会 場:秋山孝ポスター長岡美術館
    〒 940-1106 新潟県長岡市宮内2-10-8
    TEL 0258-39-1233

詳しくは:秋山孝ポスター美術館





10月の事務局ライブラリー

2016年10月05日

◆サザエさん生誕70年記念 よりぬき長谷川町子展 図録 2500円
◆手塚ファン Vol.307
◆月刊広場 10月号 No.385
◆わたしは漢方美人 遠野かず実/著 江島俊哉/監修 集英社/刊 1000円
◆電車痛勤 あるある ビッグ錠/著 電車痛勤友の会/作 新紀元社/刊 1200円
◆NEO vol.5~vol.7 宝塚大学 東京新宿キャンパス/刊
◆東京オリンピック1964 絵葉書 うゑださと士/著
◆昭和三十年代の東京慕情 絵葉書 うゑださと士/著
◆だれも知らない アンパンマン やなせたかし初期作品集 やなせたかし/著 フレーベル館/刊 1600円
◆岡崎に捧ぐ 1、2 山本さほ/著 小学館/刊 787円
◆無慈悲な8bit 1 山本さほ/著 KADOKAWA/刊 694円
◆ばけもの町のヒトビト 1 くまのとおる/著 双葉社/刊 620円
◆ホントはHしてみたい♡ くまのとおる/著 富士美出版/刊 1000円
◆八雲琴 明日香風保存会 DVD 企画制作・玉野のももたろう
◆「表現の自由」の守り方 山田太郎/著 講談社/刊 840円
◆星の子大冒険 筑濱カズコ/著 星の光幼稚園/刊
◆MOMIJI 筑濱カズコ/著
◆八雲琴の調べ 明日香の原風景 DVD 企画制作・玉野のももたろう





















うゑださと士の色紙画展 東京オリンピック1964 開催中

2016年10月05日

2016年10月1日(土)〜10月(月/祝)まで、東京都千代田区神田にある、神田公園出張所 2階ギャラリーにて、うゑださとし氏の色紙画展「東京オリンピック1964」が開催されています。
人情漂う下町の風景が氏の持ち味ですが、今回の展示は漫画家らしく、ドラマ性が非常に強く感じられる演出のされた画面となっていました。
そこはまるで1964年の東京オリンピックが一部屋に集約されているようで、聖火を繋ぐランナーが大空に浮かぶ五輪の下に到着、全世界のアスリートたちによる大行進でスタートする開会式、東洋の魔女、レスリングの名選手、躍動感はじける体操選手など、所狭しと氏の手がけた色紙が並びます。
更に、氏は作品を前に、当時の背景をひとつひとつ来場者へ解説。
すっかり当時の世界に引き込まれ、懐かしい記憶の中にちょっとしたスポーツ観戦をしたかのような高揚感も浮かび、2020年開催の東京オリンピックへ期待が高まりました。

*会期中は無休で開催されますが、最終日は17時閉場となりますので御注意下さい。

詳しくは:http://www.nihonmangakakyokai.or.jp/?tbl=exhibition&id=6157

(写真 文:会報部 柳生柳)



























台湾の人気漫画家のトークショー 「台湾漫画の世界」

2016年10月05日

10月1日(土)、東京・虎ノ門の台湾文化センターまで、よみうりカルチャーと台湾文化部共催による講演会「台湾漫画の世界」に行ってまいりました。

台湾は日本漫画の熱心なファンが多い国ですが、日本スタイルの漫画を描く地元の漫画家が多いことも特徴です。国際的な賞を受賞する漫画家も多く、日本で翻訳出版される本も少しずつ増えています。台湾漫画家を対象に、大賞受賞者には日本でのデビューをサポートする京まふ漫画賞などもあり、昨年の受賞者・ANTENA牛魚さんは、小学館の月刊誌『ヒバナ』での連載も始まっています。

今回のゲストスピーカーは、唐を舞台に仙術を操る少年・李白が活躍する武侠ファンタジー『大仙術士李白』がKADOKAWAから翻訳出版されている葉明軒さんと、『古本屋槐軒事件帖』が集英社の『少年ジャンプ+』に掲載されたイラストレーターで漫画家のAKRUさん。そして、台湾出身で現在は京都で『総合マンガ誌キッチュ』の編集人として活躍する呉ジンカンさん。

葉さんは少年時代に『北斗の拳』に夢中になって自分でもマンガを描き始め、高橋留美子さんの『らんま1/2』などがお好き。AKRUさんも宮崎駿監督のアニメなどから大きな影響を受けたとのこと。いっぽうで、それぞれが中国の歴史や今日の台湾に取材した独自の漫画をつくりあげてようとしている姿勢に打たれました。

呉さんは、日本での漫画編集者の役割を説明する一方で、台湾には日本のような漫画家を支える編集者がいない、と解説。お話を聞いて、台湾の漫画産業が大きくなるためには編集者の育成が必要だと感じさせられました。

また、台湾では漫画家という職業が確立されておらず、葉さんもAKRUさんもデビューまでは趣味として描き続けようと考えていたとのこと。日本の40年くらい前と似ているので、これから大きくなると思われます。

 

(文:中野晴行 写真提供:よみうりカルチャー)

 

台湾文化光点計画カルチャー講座のご案内








10月3日はアンパンマンの日 それいけ!アンパンマンフェスティバル スタート

2016年10月04日

当協会元理事長やなせたかし氏の代表作アンパンマンは、氏が逝去された後も多くの人に愛され続けています。

アニメ版の「それいけ!アンパンマン」は1988年10月3日、日本テレビにて放送が開始されました。
そのことから、この日を記念して「アンパンマンの日」とし、汐留の日本テレビにて「それいけ!アンパンマンフェスティバル」のイベントが行われることとなりました。

10月3日(月)午前8時45分より関係者による内覧会が行われ、その後9時半より一般向けオープニングセレモニーが行われました。
アンパンマンと仲間たちの着ぐるみ、そしてテーマ曲を歌うドリーミングによるミニコンサートに、平日にも関わらず溢れんばかりの親子連れで、大いに盛り上がりました。
その後のイベント会場は、もちろんどこも大賑わいでした。

このイベントは、10月10日(月・祝)まで行われます。

(写真:会報部UNO、事務局)

詳しくは公式HP

 




































共同通信社「世相漫画展」と漫画制作室

2016年10月04日

現在、東京都中央区汐留の「汐留メディアタワー」3階ギャラリーウォークにて、共同通信社配信の「世相漫画展」が開催され、伺ってきました。

受付に会報部長ウノ・カマキリ氏と事務局で展示の取材させて頂きたい旨を伝えたところ、共同通信社のイラスト室長の早川様より漫画制作の現場もよろしければ、と思いがけなくも嬉しいお言葉をいただきました。
ギャラリーウォークの展示の模様を撮影後、上階の共同通信社にご案内頂きました。

共同通信社では、その日担当の漫画家さんが社に行き、担当者と打ち合せをし、その場で世相漫画を制作するという、独特のスタイルで長年続けてこられたそうです。

この日は、協会員のはざま隆治氏が担当。現場ならではのダメ出しやご苦労、やりがい等、興味深いお話を沢山伺いました。詳しくは写真をご覧下さい。

(写真:事務局)






























しおどめ発「第10回 世相漫画展 共同通信配信」開催中 

2016年10月03日

2016年9月30日(金)〜10月28日(金)まで、東京都中央区汐留にある汐留メディアタワー3階ギャラリーウォークにて1ヶ月間、共同通信社配信の、世相漫画展が開催されています。
同展は、現在世相漫画を担当する漫画家6名により1年間描かれ続けてきた1年分の世相漫画を原画で展示するという贅沢なもので、その数は1人につき6作品、合計36点もの作品がギャラリーを埋め尽くしていました。
ここへはさらに、前年好評だった、出展作家全員で作成されたスポーツ新聞風コラージュ作品を今年もお披露目、今回もまた来場者の足を釘付けにしていました。
オープニングパーティーでは関係者たちが来場者をおもてなし、会場には各方面からさまざまな顔が大勢詰めかけ、展覧会初日の夜は賑やかに更けていきました。

*同展は会期中無休で開催されます。

詳しくは http://www.nihonmangakakyokai.or.jp/?tbl=exhibition&id=6113


(写真 文:会報部 柳生柳)





































新天地で「第40回 くまんばち展」開催中

2016年10月03日

2016年10月1日(土)〜6日(木)まで、東京都港区にある元麻布ギャラリーにて「第40回 くまんばち展」が開催されています。
長年慣れ親しんできた新宿三丁目を離れ、新天地元麻布での開催となった今回…所狭しと作品が並ぶ、従来までの賑やかな展覧会も魅力でしたが、立地も雰囲気もがらっと変わり、作品をゆったりと楽しめる空間もまた気分上々、会場の空気はとても柔らかく落ち着いたものとなっていました。
一転、オープニングパーティーはいつものごとく大変賑やかで、会場を訪れていた出展者や来場者達で広い会場はあっという間に満員御礼、幸先の良いスタートとなっていました。

*同展は会期中無休で開催されます。
*会場が変更になりました。駅出口のお間違えには充分お気をつけください。

詳しくは http://www.nihonmangakakyokai.or.jp/?tbl=exhibition&id=6123

(写真 文:会報部 柳生柳)

※作品画像を追加しました。(10月4日)






























































昭和漫画館青虫 只見開館10周年記念「まんがの描き方教室2016」

2016年10月03日

只見町にある施設「昭和漫画館青虫」は、日本最大級の貸本漫画等貴重な漫画の開架式図書館兼博物館です。
この度、開館10周年となるのを記念してまんがの描き方教室を開催します。

 

講 師:永野のりこ(協会員)

開催日:10月15日(土)午前9時~12時

場 所:昭和漫画館 青虫
    福島県南会津郡只見町大字只見字田中1085

対 象:漫画を描いてみたい小学校3年生以上

定 員:先着15名様

参加料:大人1000円 高校生以下500円(いずれも入館料込み)

申込〆切:10月8日(土) 先着のためお早目にお申し込みください。

申込先:電 話 0241-82-5250  毎日 8:30~18:00
    メール info@tadami-net.com 件名「マンガ教室申込」としてください。 
    申し込みの際、参加者の氏名、人数、年齢、代表者の住所、電話番号をお知らせください。
    *申し込みが多数の場合は会場を変更する場合がありますので、ご了承ください。

持ち物:使い慣れた筆記用具(えんぴつ、えんぴつ削り、サインペン、消しゴム、マジックなど)
    用紙はご用意します。

 

詳細公式ページ http://www.tadami-net.com/event/20160920/4146

マンガ教室のチラシはこちら ⇒
http://www.tadami-net.com/wordpress/wp-content/uploads/2016/09/manga2016.pdf

一般社団法人 只見町観光まちづくり協会 http://www.tadami-net.com/

昭和漫画館青虫 http://www16.plala.or.jp/aomusi-0064/
 





秋田空港 陶板レリーフ壁画「釣りキチ三平・山魚女群栄」完成除幕式

2016年10月03日

10月2日 秋田空港国内線旅客ターミナルビル2機壁画前にて午前11時より行なわれた。

菅義偉内閣官房長官をはじめ秋田県知事ほか関係者がお祝いの挨拶。

日本漫画家協会からは 漫画家はちばてつや理事長、里中満智子常務理事がお祝いに駆けつけた。

秋田県横手市増田町出身の矢口高雄氏が「釣りキチ三平」の連載最初に登場した山女魚(やまめ)
が描かれているのは氏の思い入れが深い事を感じさせてくれました。

ふるさとの自然の大切さを漫画を通して伝え続け 地元の人々とうまい酒を飲みかわす矢口氏
こそ 日本の誇れる漫画家なのです。飛行機が東京から飛び立った時 秋田の空は危ぶまれていた
天候が式が始まる頃には雲一つない晴天になったのは 氏の気持がそうさせたに違いないでしょう。

久々 心が晴れやかになった素晴らしい式典でした。

(写真・文:会報部UNO)




























うゑださと士の色紙画展 東京オリンピック1964

2016年09月30日

あの感動を再び!!東京五輪を絵画で

期 間:2016年10月1日(土)~10日(月・祝)
時 間:11時~18時(最終日は17時迄)
入場料:無料
会 場:神田公園出張所 2階ギャラリー
    〒 101-0048 東京都千代田区神田司町2-2

詳しくは:http://www1.tcn-catv.ne.jp/s-ueda/




ー漫画界のレジェンドー 松本零士展 宇宙戦艦ヤマト・銀河鉄道999

2016年09月30日

期 間:2016年11月26日(土)~12月25日(日)

時 間:10時~17時(入館は16時30分迄)

入場料:一般800円・小中高生500円(前売りは一般600円・小中高生300円)

休館日:毎週月曜日

会 場:盛岡市民文化ホール 展示ホール
    〒 020-0045 岩手県盛岡市盛岡駅西通2-9-1
    TEL 019-621-5100

イベント情報
11月26日(土)に松本零士氏サイン会とトークショーが開催されます。

詳しくは:盛岡市民文化ホール





それいけ!アンパンマンフェスティバル

2016年09月30日

1988年10月3日は、アニメ「それいけ!アンパンマン」の放送が開始された日です。
この日を記念して「アンパンマンの日」とし、東京・汐留日本テレビにてイベントが行われます。

期 日:2016年10月3日(月)〜10日(月)

時 間:10:00〜17:00

会 場:東京・汐留 日本テレビ 東京都港区東新橋1丁目6−1
    JR、地下鉄銀座線・浅草線、ゆりかもめ「新橋駅」下車 徒歩3分
    大江戸線「汐留駅」下車 徒歩2分

 

※イベントの内容は有料のものと無料のものがあります。
 詳しくは公式HP





武田秀雄氏 日本博物館で「源平」コレクション開催中

2016年09月28日

2016年9月9日(金)〜11月末頃まで、オランダのライデン市にあるシーボルトハウスにて武田秀雄氏による「源平」の展覧会が開催されています。

この作品全22点は、元オランダ副首相のブリンクホルト氏のコレクションで、シリーズ作品全点を所持している方は珍しいそうです。

9日に開かれたオープニングセレモニーではオランダ王室のラウンレンディン妃殿下が駐日大使を伴い来場、スピーチをしてくださいました。

妃殿下は氏から「金屏風ミニ」をプレゼントされご満悦の御様子、すっっかり打解けた2人ですが、妃殿下は翌10日にも会場を訪れ、氏と談笑する場面も。


(写真提供:武田秀雄 文:会報部・柳生柳)
 








竹宮惠子監修 原画´(ダッシュ)展示シリーズ 青年マンガの世界

2016年09月26日

期 間:2016年10月8日(土)~12月11日(日)

時 間:9時30分~17時(入館は16時30分迄)

入場料:無料

休館日:月曜日(ただし10月10日は開館)
    10月11日(火)、11月4日(金)、11月24日(木)

会 場:川崎市市民ミュージアム 2階アートギャラリー
    〒 211-0052 神奈川県川崎市中原等々力1-2
    TEL 044-754-4500

出品者:平田弘史、竹宮惠子(協会員)、村上もとか(協会員)、ながやす巧(協会員)
 

◆ イベント情報

11月20日(日)14時〜 平田弘史氏サイン会
12月 4日(日)14時〜 村上もとか氏×竹宮惠子氏 トークショー

詳しくは:http://www.kawasaki-museum.jp/exhibition/dash-series/





第22回大萬画展 京都マンガ家協会

2016年09月26日

期 間:2016年10月18日(火)~23日(日)

時 間:10時~18時(初日は12時から、最終日は17時迄)

会 場:万華鏡ミュージアム
    〒 604-8184 京都府京都市中京区姉小路通東洞院東入雲華院前町706-3
    TEL 075-254-7902

出品者:林本みきはる(協会員)南洋(協会員)、窪田和弘、大機博芳、益田修次、
    丸岡昂洋(協会員)玉野のももたろう(協会員)桑原正晴(協会員)
    (順不同、敬称略)





メカニックデザイナー 大河原邦男展

2016年09月26日

期 間:2016年11月5日(土)~2017年1月15日(日)

時 間:11時~19時(入館は18時30分迄)

入館料:一般800円、中高生400円、小学生200円

休館日:毎週火曜日(12月27日、1月3日は開館)、年末年始(12月31日~1月2日)

会 場:北九州市漫画ミュージアム
    〒802-0001 福岡県北九州市小倉北区浅野2-14-5 あるあるcity
    TEL 093-512-5077

11月5日(土)にはトークショー&サイン会が開催されます

詳しくは:http://www.okawara-ten.com





第23回 東京国際ブックフェア 開催

2016年09月26日

2016年9月23日(金)に、東京ビッグサイトにて第23回東京国際ブックフェアが開催されました。

(写真・会報部UNO)



























「歩展」市ヶ谷・山脇ギャラリーにて開催

2016年09月26日

「歩展」が9月21日より千代田区九段南の市ヶ谷・山脇ギャラリーにて開催しています。

同展は、アートを楽しむクリエイトな仲間展として150名ほどが年齢、職種を飛び越して楽しむ展示会です。 漫画家、イラストレーター、画家、アニメーター、デザイナーから主婦、学生までと幅広く、その手法も様々。

当協会からは、荒井孝昌、菅ナオコ、田中道信、森本ピパの各氏が参加されました。
9月24日には関係者によるパーティーが行われ、大いに盛り上がりました。

同展は9月27日まで(最終日は正午で終了)。

(写真:事務局)

展覧会情報












ゲスト出演・全員漫画家! 映画『龍帝-DRAGON EMPEROR-』レイトショー!!

2016年09月26日

当協会の会員が多数ゲスト参加されている映画『龍帝-DRAGON EMPEROR-』が、下記内容にて公開されます。

CAST 大葉健二(特別出演)渡洋史(特別出演) 藤沢とおる(協会員)、にわのまこと、巻来功士、
    高岩ヨシヒロ(協会員)、渡辺保裕、御茶漬海苔(協会員)、山田ゴロ(特別出演・協会員)、
    平松伸二(特別出演・協会員)、石原唯斗、若松由莉、汐美莱琴、兎味ペロリナ、神揶めい、
    熊沢陸斗、北岡龍貴(友情出演)、市原剛

DIRECTOR 市原剛

【上映期間】
2016年10月15日(土)~10月21日(金)
※火曜定休日

【会場】
下北沢・トリウッド
(下北沢駅南口下車)
世田谷区代沢5-32-5-2F
TEL 03-3414-0433

【料金】
一律 1,800円
※劇場窓口にてお買い求めいただけます。

【イベントスケジュール】
19時00分~本編上映
20時05分~日替り登壇ゲストトークショー

 

【日替り登壇ゲスト出演日程】

10月15日(土)市原剛(原作者、監督)、大葉健二(二代目龍帝役)、HAYATO KISHIMOTO(音楽監督)

10月16日(日)市原剛(原作者、監督)、山田ゴロ(獅子尾猛将役)、渡洋史(初代龍帝役)

10月17日(月)市原剛(原作者、監督)、巻来功士(榊原将臣役)

10月19日(水)市原剛(原作者、監督)、御茶漬海苔(松柴康秀役)

10月20日(木)市原剛(原作者、監督)、高岩ヨシヒロ(井伊尚矩役)、
        渡辺保裕(武田旭役)、前田けゑ(鳥居大吾役)

10月21日(金)市原剛(原作者、監督)、平松伸二(神能忠嗣役)、
       兎味ペロリナ(紅璃役)、前田けゑ(鳥居大吾役)

※都合により、ゲストは予期なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
※イベントの撮影・録音などは禁止とさせていただきます。また、ゲストにサインや写真撮影を求める行為はご遠慮ください。

【主催】
龍帝プロジェクト

詳しくはhttp://dragon-emperor-movie.com





2016年09月24日



2016年09月24日



2016年09月24日



2016年09月24日



2016年09月24日



2016年09月24日



2016関西支部展・大阪巡回展 開催

2016年09月23日

9月10日〜18日、大阪天神橋筋商店街にある関大リサーチアトリエ「楽歳天三・天満天神楽市楽座」にて、2016関西支部展・大阪巡回展が開催されました。

展示は以下4部門構成で行われました(詳細は写真をご覧下さい)。

【1】テーマ作品部門:「ええもん」
【2】団扇部門:団扇に描く大阪
【3】パフォーマンス部門:似顔絵
【4】大坂ときを先生追悼記念展示(大阪にゆかりのある大坂先生の追悼記念展示)
 

(写真提供:筑濱健一)

展覧会情報http://www.nihonmangakakyokai.or.jp/?tbl=exhibition&id=6071
















































トキワ荘に暮らしたマンガ家 水野英子 複製原画展示販売会 開催中

2016年09月23日

現在、豊島区トキワ荘お休み処にて水野英子複製原画展示が行われています。

9月22日(木)は水野氏が来場し複製原画を購入された方へのサイン会が行われました。
お天気が今ひとつでしたが、遠方からも大勢のファンが集り、会場は熱気に包まれていました。

同展は9月25日(日)まで。
なお、最終日25日の14:00〜17:00、水野氏の来処が決定したとのことです

展覧会・イベント情報http://www.nihonmangakakyokai.or.jp/?tbl=exhibition&id=6126

(写真:事務局)




















2016年09月23日



2016年09月23日



2016年09月23日



Washiの顔 小河原智子 two faces-ART NIGAO- 展 開催中

2016年09月21日

岐阜県美濃市の美濃和紙の里会館にて、小河原智子氏の展覧会が現在開催されています。

________________________________

似顔絵作品は次々とバージョンアップ中。
美濃和紙の里会館では、小河原智子師が似顔絵作家として似顔絵表現を可能な限りあらゆる限りの手法で発表していた。

今回は「ケンミン似顔絵ショー」が目を引いた。
日本の各県の知名度ある人物を、ただ似顔絵として発表しただけでなく、本人は小河原流の味付けを本物にしてきていた。
もはや、たくさん描けばいいということではなく、県民でなくケンミンなのである。ただ似ていれば良い似顔絵ではなく、1人1人1枚1枚正面から見透しくすぐり出し始めてきた。

2014年第43回日本漫画家協会賞大賞を受賞後、ますます展覧会が楽しみな似顔絵師となる。筆さばきが興味深く見る側を驚かせる。とにかくスゴい!

(文:会報部UNO、写真:UNO・事務局)

詳しくは展覧会情報を








































やなせたかし展〜アンパンマンとメルヘンの世界〜

2016年09月21日

岐阜県多治見市のこども陶器博物館開館15周年記念「やなせたかし展〜アンパンマンとメルヘンの世界〜」が、7月16日〜9月19日まで開催された。

多治見市は日本で一番暑い町として知られているところに、やなせファンが親子で来場。目を点にして作品を見つめる子供達が印象的。

絵本原画やアクリル画、陶製作品あたたかいやなせワールドが会場を埋め尽くし、来場者は最後まで微笑ましい笑顔になっていた。

館内、竹内幸太郎・克典親子が笑顔で作品の説明をしている姿は、やなせ氏の「笑顔作り」を受け継いでいたのがうれしい。

 

(文:会報部UNO、写真:会報部UNO・事務局)

詳しくは展覧会情報































漫画家による仏の世界展 開催中

2016年09月21日

愛知県岡崎市にて64人の漫画家による73点が出展されている。(会期7月22日〜9月26日)
地元の人さえ城に登ったことがないのに、今回は行ってみようという気になりやってきました、という来場者もいました。漫画の力なのでしょうか。
2014年、京都の東寺からスタートし、東京・芝公園増上寺、成田山梅屋旅館、両国回向院、そして今回は愛知県岡崎市・岡崎城にて開催。

来場者の地元の人が「やなせさんは漫画ではなく本人の笑顔の写真が仏だった」と語ってくれた。岡崎で開催できた今回の仏画展は、一人一人がジックリ見入っている。漫画家の伝えようとしている言葉を素直に読み取ってくれていることがうれしい。
岡崎という城下町住人は大切なものを大切にしようとしているようで、これまたありがたい。

(文:会報部UNO、写真:会報部UNO・事務局)

 

※愛知県岡崎市はUNO氏が子供時代を過ごされた場所です。

詳しくは展覧会情報

 















































キャンディ・キャンディ展 第12回  喫茶睦月堂4回展 開催中

2016年09月21日

藤沢市、江ノ島電鉄石上駅すぐそばの「喫茶 睦月堂」にて、「キャンディ・キャンディ展 第12回  喫茶睦月堂4回展」が現在開催中です。回を重ねた展示の今回のテーマは「東映動画」。当協会員の作品の展示もされています。
会期は9月22日まで。(終了時間午後5時)

(写真:事務局)































トキワ荘の紅一点!マンガ家・水野英子の「複製原画展示販売会」

2016年09月16日

水野英子氏の代表作である「ファイヤー!」「銀の花びら」「白いトロイカ」などカラー作品を中心として、約20点が展示されます。
9月17日(土曜日)と9月22日(木・祝)の両日14時~18時は水野氏が来処。
購入者を対象に複製原画へのサインを行います。

期 間:平成28年9月17日(土曜日)から9月25日(日曜日)まで
    ※9月20日(火曜日)は休館

場 所:豊島区トキワ荘通りお休み処(南長崎2-3-2)

主 催:としま南長崎トキワ荘協働プロジェクト協議会

問合せ:豊島区トキワ荘通りお休み処 電話:03-6674-2518

 





東村アキコ原画展

2016年09月14日

期 間:2016年10月7日(金)~2017年2月12日(日)

時 間:月・金14時~20時、土・日・祝12時~18時

休館日:毎週火・水・木(祝日の場合は開館)、
    2016年12月26日(月)~2017年1月9日(月)

入場料:無料

会 場:明治大学 米沢嘉博記念図書館 一階展示室
    〒 101-0064 東京都千代田区猿楽町1-7-1
    TEL 03-3296-4554





荏柄天神社 「絵筆塚祭」および「かっぱ絵募集」のお知らせ

2016年09月14日

鎌倉にある荏柄天神社では、本年も10月に絵筆塚祭を執り行います。

*筆供養 
漫画家の先生方に、永年使い慣れた古筆で寄書きをしていただき、古筆と共に寄書きを供養の上お焚き上げをいたします。(どなたでも参加出来ます)

*まんが絵行灯
式典の前日と当日には、日本漫画家協会協賛のもと、漫画絵行灯約100灯を境内に掲場し、前日8日の夜から行灯の点灯が行なわれます。

*似顔絵
漫画家の先生が、ご参拝の方々の似顔絵をお描きします。
(志納金をお納め頂きます)

*かっぱ絵募集
官製ハガキにお好きな「かっぱ絵」をお描きになり、9月中に社務所へお届け下さい。
漫画家協会理事・牧野圭一氏が審査の上、優秀な作品には賞品を差し上げます。
また、応募いただいた「かっぱ絵」は、拝殿に展示いたします。
 

期 間:2015年10月9日(日)

時 間:13時~

場 所:荏柄天神社境内
    〒 248-0002 神奈川県鎌倉市二階堂74
    TEL 0467ー25ー1772
    鎌倉駅より京浜急行バス ④大塔宮行き・天神前下車

 



第40回 くまんばち展

2016年09月14日

期 間:2016年10月1日(土)~6日(木)

時 間:11時~19時(初日14時から、最終日は16時迄となります)

入場料:無料

会 場:元麻布ギャラリー
    〒 106-0046 東京都港区元麻布3-12-3
    TEL 03-3796-5564

出品者:秋吉喜美子、伊藤たかし、イシマルヒデ、岩見俊哉、オダシゲ(協会員)
    倉田新、黒田オサム、芝岡友衛(協会員)、高杉辰男、高浜光太、高宮信一、
    段重喜、タムラ良、辻下浩二(協会員)西山進(協会員)、冨沢清、
    長富まゆみ、野上和彦、野上周、浜田征一、橋爪まんぷ(協会員)
    ひらかわしょうじろう(協会員)、福山朗、藤井龍二(協会員)
    まつなが陽一(協会員)、みさき漁、緑川ヒロユキ(協会員)、宮脇達、
    村松孝一、柳生柳(協会員)、遊佐喜美男、岩井茂、
    オゼキイサム(特別ゲスト)(敬称略)





SFマンガの魅力

2016年09月14日

江東区ゆかりの漫画家・田河水泡を紹介する「田河水泡・のらくろ館」
(森下文化センター)恒例の漫画講座。 
リニューアル・オープン後、初の開催となります。

期 間:第1回 10月16日(日)
    手塚治虫のSF世界 それは『来るべき世界』から始まった

    第2回 11月20日(日)
    男性が描くSF少女漫画の世界 『紅い牙』を中心に

    第3回 12月18日(日)
    『超人ロック』50周年 「作画グループ」のSFマンガ家たち

時 間:14時~15時30分

費 用:全3回4000円、1回ごと1500円

定 員:100名

会 場:森下文化センター 2階多目的ホール
    〒 135-0004 東京都江東区森下3-12-17
    TEL 03-5600-8666

 

申込期間:2016年9月10日(土)~24日(土)必着

申込方法:電話・窓口・葉書・FAX・インターネットにて受付。
     葉書・FAXには
     ①実施するセンター名、②講座名、③氏名(フリガナ)、④生まれ(西暦)、
     ⑤性別、⑥郵便番号・住所、⑦電話番号、⑧FAX番号
     をご記入ください。

詳しくは:http://www.kcf.or.jp/morishita/kouza_detail_010200500204.html

 





第12回のらくろマンガ賞 作品募集

2016年09月14日

【締切】
  2016年10月31日(月)必着

【募集内容】
  ①コマ漫画の部 テーマは「ひらく」
  A3用紙(42cm×29.7cm)に1~4コマまで。

  ②ストーリー漫画の部  テーマの設定はありません
  B4(36.4cm×25.7cm)に12枚まで。

  ③イラストの部 テーマは「大切」
  ハガキサイズ(14.8cm×10cm)

【応募資格】
  プロ・アマ・国内外不問

【部門】
  ①・② 一般、ジュニア(中学生以下)
  ③   一般、ジュニアA(小学生以下)、ジュニアB(中高生)

【応募規定】
  ・紙種、画材は自由(ペン入れをして下さい)
  ・立体作品は不可
  ・オリジナル・未発表の作品に限る
  ・応募作品は返却しません
  ・応募作品の全権利は、森下文化センター(田河水泡・のらくろ館)に帰属します
  ・応募作品輸送中の事故及び、不可抗力の事故には責任を負いかねます
  ・応募に伴う個人情報は、本業以外には利用致しません

【応募方法】
  ①作品名、②氏名(フリガナ)、③郵便番号・住所、④電話番号、⑤年齢
  上記を記入した応募用紙を添付または作品裏面に記入し、
  森下文化センターへ郵送または窓口へ。
  応募用紙は江東区内各文化センター、総合区民センターに設置のほか、
  HPからもダウンロードできます。

【応募・問合せ先】
  森下文化センター のらくろマンガ賞係
  〒 135-0004 東京都江東区森下3-12-17
  TEL 03-5600-8666 FAX 03-5600-8677

【詳しくは】
  http://www.kcf.or.jp/morishita/event_detail_010200400148.html





「幻の東京デザインカレッジ漫画科展 5」開催中

2016年09月13日

2016年9月12日(月)から東京都中央区銀座にあります地球堂ギャラリーにて「幻の東京デザインカレッジ漫画家展 5 」が開催されています。

初日は同窓会さながら、出展者達の懐かしい顔合わせとなり、思い出話や近況話に花を咲かせていました。

作品群も絵画だけでなく立体物まで多彩な物が揃い、訪れた多くの来場者達の目を楽しませてくれ、開場中は笑顔の絶えない、とても賑やかで華やかなスタートとなりました。

*同展は9月17日(土)まで無休で開催されますが最終日は17時閉場となりますので御注意ください

(文:柳生柳 写真:柳生柳・事務局)






































歩展 アートを楽しむクリエイトな仲間展

2016年09月12日

期 間:2016年9月21日(水)~27日(火)

時 間:11時~18時(最終日は正午まで)

休館日:22日(木・祝)・25日(日)

会 場:山脇ギャラリー
    〒102-0074 東京都千代田区九段南4-8-21
    TEL 03-3264-4027

出品会員:荒井孝昌、菅ナオコ、田中道信、森本ピパ(敬称略)

歩展 http://www.ac.auone-net.jp/~ume/ayumitobira/ayumisoutobira.html





北九州国際漫画祭2016

2016年09月12日

期 間:2016年9月17日(土)~10月23日(日)

時 間:11時~19時

休館日:毎週火曜日

入場料:無料

会 場:北九州市マンガミュージアム 企画展示室
    〒 802-0001 福岡県北九州市小倉北区浅野2-14-5 あるあるCity 5階
    TEL 093-512-5077

詳しくは:http://www.ktqmm.jp/kikaku_info/8016





北九州市国際漫画大賞

2016年09月12日

漫画の魅力・ポテンシャルを北九州市から国内外に向けて広く発信し、漫画文化の普及を図ります。

【テーマ】
  自由

【ジャンル】
  4コマ(1人5点まで)

【作品】
  自作の未発表作品に限る

【応募資格】
  不問(プロ・アマ問いません)

【応募期間】
  2016年9月5日(月)~11月18日(金)14時まで(日本時間)

【応募方法】
  応募作品は全てネットで受付致します。
  応募フォームに必要事項を記入の上、作品データファイルをアップロードして下さい。

【作品規定】
  ・作品形式は、4コマ漫画(1ページ漫画)です。
  ・作品のデータ形式は、下記を目安に制作・保存してください。
  ・ピクセル数:3000px×4500px程度
  ・JPEG画像(RGBカラーまたはグレースケール
   ※CMYK形式やモノクロ2階調はNGとします。
  ・作品投稿の際、国籍等必要事項をフォームに入力してください。
  ・暴力的、誹謗中傷、差別の助長、卑猥、他人を不愉快にする作品など
   コンテストの趣旨に反する作品は応募を無効とする事があります。
  ・応募作品は第三者の著作権・肖像権等の権利を侵害するものでないこと。
   応募作品の著作権は北九州市に帰属します。

【応募先・詳しくは】
  https://kitakyushu-mangataisho.com





yun 個展 2016

2016年09月12日

デコぬりえ®作品の他、下記書籍の発売記念に原画を展示いたします。

●6月刊行「ラブリーデコぬりえ®花のおひめさま(金の星社)監修・作画 yun」

●10月上旬発売『初恋ぬりえ 小梅ちゃんの世界(小学館)林静一著 ぬりえ画制作 yun」

会場にて、デコぬりえ®ワークショップ随時開催!(手ぶらでお越し下さい)

 

◆ 開催日時:10/10(月)~10/15(土)11:00~19:00 ※最終日のみ17:00まで

◆ 会  場:coffee & gallery ゑいじう http://www.eijiu.net

◆ 住  所:〒160-0007 東京都新宿区荒木町22-38

◆ アクセス:東京メトロ丸ノ内線 四谷三丁目駅 出口2より徒歩5分

       都営新宿線 曙橋駅 A1出口より徒歩3分

       電話番号:03-3356-0098





第10回しおどめ発 世相漫画展

2016年09月09日

期 間:2016年9月30日(金)~10月28日(金)

時 間:9時~19時(最終日は16時まで)

休館日:会期中無休

入場料:無料

会 場:汐留メディアタワー(共同通信社本社ビル)3階 ギャラリーウォーク
    〒 105-7201 東京都港区東新橋1-7-1
    TEL 03-6252-8108

出品者:松島りつこ、はざま隆治(協会員)横田吉昭(協会員)、松沢秀和、
    あらい太郎(協会員)小菅りや子(協会員)トシ ヒコ(協会員)





2016年09月09日



2016年09月09日



ギャラリーコピス、森下文化センターで「昭和でSHOW」開催中

2016年09月08日

9月7日(水)より、東京都江東区のギャラリーコピス森下文化センターの同時に二カ所で、展覧会「昭和でSHOW」が開催されています。
同展は9月17日(土)まで。

詳しくはhttp://www.nihonmangakakyokai.or.jp/?tbl=exhibitio...

(写真:会報部UNO、事務局)

※9月13日、写真を追加しました。

















たなべたい個展・京都からの『笑待状』

2016年09月07日

期 間:2016年9月2日(金)~28(水)

時 間:12時~19時

定休日:毎週木曜日(22日は営業となります)

会 場:みやま雑貨
    〒 111-0032 東京都台東区浅草2-2-1
    TEL 03-3841-4569

入場料:無料

(写真提供:たなべたい氏)




日本漫画家協会 関西支部のお中元・漫画の『ええもん』贈ります 大阪巡回展

2016年09月07日

期 間:2016年9月10日(土)~18日(日)

時 間:12時~17時、最終日は16時迄

休館日:15日(木)

会 場:関西大学リサーチアトリエ
    〒 530-0041 大阪府大阪市北区天神橋3-9-9
    TEL 06-6940-4340

入場料:無料

出品者:井出智香恵、大西ひろみ、岡本治、鈴木ネコ、武田秀雄、たなべたい、
    筑濱カズコ、外村晋一郎、南洋、柳たかを、よしかわ哲郎、ラッキー植松

併設展:団扇に描く『大阪』・『祇園・舞妓はん』

追悼展示:大坂ときを先生




2016年09月07日



2016年09月07日



2016年09月07日



9月の事務局ライブラリー

2016年09月07日

◆不器用なサイレント 5 高永ひなこ/著 リブレ出版/刊 619円
◆花と蝶(ひらり) 高永ひなこ/著 KADOKAWA/刊 600円
◆恋する暴君 10 高永ひなこ/著 海王社/刊 620円
◆虚構推理 1、2 片瀬茶柴/著 城平京/作 講談社/刊 各429円
◆手塚ファン vol.306
◆はるか18 ALL Inclusive!! 月野定規/著
◆離島マーメイドぷらす ななみ静/著
◆月刊広場 9月号 No.384
◆走馬灯株式会社 1 菅原敬太/著 双葉社/刊 600円
◆マーダー・インカネーション 1 菅原敬太/著 稲光伸二/画 双葉社/刊 620円
◆鉄民 1 菅原敬太/著 双葉社/刊 600円
◆あばれんぼハニー 鳶田瀬ケビン/著 ふゅーじょんぷろだくと/刊 675円
◆かくれんぼハニー 鳶田瀬ケビン/著 ふゅーじょんぷろだくと/刊 675円
◆恋と選挙とチョコレート Stray Little Cat 3 依河和希/著 sprite/作 KADOKAWA/刊 570円
◆魔法科高校の劣等生 追憶編 3 依河和希/著 佐島勤/作 石田可奈/キャラクターデザイン KADOKAWA/刊 570円
◆未踏召還://ブラッドサイン 5 依河和希/著 鎌池和馬/作 KADOKAWA/刊 610円
◆フイチン再見! 4、6~8 村上もとか/著 小学館/刊 各552円
◆サムライせんせい 1~3 黒江S介/著 リブレ出版/刊 1巻628円、2巻656円、3巻628円
◆明日の君に花束を 片倉アコ/著 一迅社/刊 852円
◆ラストワルツ 1、2 片倉アコ/著 一迅社/刊 各680円
◆放課後カルテ 1 日生マユ/著 講談社/刊 429円
◆メイドインアビス 1 つくしあきひと/著 竹書房/刊 819円
◆壬生義士伝 1~5 ながやす巧/著 浅田次郎/作 1~4巻・講談社/刊 5巻・集英社/刊 各580
◆天の原 ふりさけみれば 日本と中国を結んだ遣唐使・阿倍仲麻呂 すずき大和/著 出版ワークス/刊 1500円
◆あじさいの唄 3~7 森栗丸/著 小学館/刊 3~5巻757円・6、7巻762円
◆ONE PIECE 66~82 尾田栄一郎/著 集英社/刊 各400円
◆マンガ研究13講 伊藤剛・遠藤広之・大橋崇行・小山昌宏・岩下朋世・西原麻里・増田展大・小池隆太・玉川博章・飯塚邦彦・岡本健・伊藤遊・小田切博/著 小山昌宏・玉川博章・小池隆太/編 水声社/刊 3000円
◆赤れんがものがたり 今井清二朗/著 高橋わたる・やの功/画 敬文舎/刊 741円
◆よりぬき ロボットS1号 1 永田竹丸/著 漫画工房たけのこ/刊
◆花冠の竜の国 encore ー花の都の不思議な一日ー 中山星香/著 秋田書店/刊 429円
◆竹宮惠子 カレイドスコープ 竹宮惠子・原田マハ・石田美紀・寺山偏陸・さいとうちほ・勝谷誠彦/著 新潮社/刊 2000円
◆横山隆一記念まんが館 年報 横山隆一記念まんが館/刊

 
































































怪獣絵師 開田裕治とウルトラマンの世界展

2016年09月05日

期 間:2016年9月5日(月)~25日(日)

時 間:10時~21時(日祝のみ20時迄)

会 場:池袋ロフト 西武池袋本店9階(南)=ロフト特設会場
    〒 171-8569 東京都豊島区南池袋1-28-1 
    TEL 03-5960-6210(代表)

入場料:無料

9月19日(月/祝)・25日(日)に、開田裕治氏直筆イラスト付きサイン会を行います。
(5000円以上お買い上げ頂いたお客様先着で、サイン会参加券を進呈します。
 9月19日サイン会は9月18、19に配布、25日サイン会は9月24、25日に配布。
 各日50枚、無くなり次第終了となります。)

詳しくは:http://www.ultra8.net



手塚治虫 とっておきの漫画 展

2016年09月05日

期 間:2016年9月10日(土)~11月13日(日)

時 間:9時~16時30分

休館日:月曜日(ただし、祝日の9月19日・10月10日は開館)、
    9月20日(火)、9月23日(金)、10月11日(火)、11月4日(金)

会 場:さいたま市立漫画会館 企画展示室1階
    〒 331-0805 埼玉県さいたま市北区盆栽町150
    TEL 048-663-1541

入場料:無料

詳しくは:http://www.city.saitama.jp/004/001/002/005/kita/p0...





2016年09月02日



2016年09月02日



2016年09月02日



2016年09月02日



2016年09月02日



グリーン・クレセント国際漫画コンテスト(トルコ)

2016年09月02日

グリーン・クレセント・フェデレーションが主催する、若者たちの薬、タバコ、アルコールとギャンブル中毒などへの警鐘のため、「中毒から離れ、健康的な生活へ」というテーマによる漫画コンテストを主催します。


・参加者は3点まで応募できる。

・締め切り:2016年11月20日

・A4もしくはA3のサイズで300dpi、5メガバイトまで、jpegで送ること。アドレスは以下の通り。
 cartooncontest@yesilay.org.tr

・賞:第1位、500ドルと表彰額、他5点に表彰額。

・詳細は、以下のサイトを参照のこと。エントリーフォームもここから入手できる。
 http://www.yesilay.org.tr/en/news/detail/drawing-a...

・郵送の場合は、以下の住所へ。
  International Green Crescent Cartoon Contest, Sepetçiler Kasrı, Sirkeci 34110 İstanbul, Turkey

(情報提供:横田吉昭氏)



第45回(2016年度)

2016年08月31日

大賞
コミック部門 「鼻紙写楽」一ノ関圭
カーツーン部門「かりあげクン」植田まさし

優秀賞
「誰でもないところからの眺め」いがらしみきお

特別賞
「ワイルド7R他全作品」望月三起也

文部科学大臣賞
「全作品」秋竜山



2016年08月31日



2016年08月31日



2016年08月31日



2016年08月31日



2016年08月31日



2016年08月31日



2016年08月31日



2016年08月31日



2016年08月31日



2016年08月31日



2016年08月31日




京都国際マンガ・アニメフェ2016 企画展示「だがしかし展 京都店 (きょうとみせ)」

2016年08月30日

開催日時:2016年9月17日(土)~ 10月16日(日)
     ◇ 午前10時 ~ 午後6時(最終入館は午後5時30分) ◇ 休館日:毎週水曜日,10月9日
     ※ 9月17日・18日は「京まふ」第二会場

会  場: 京都国際マンガミュージアム 2階 ギャラリー1・2・3
      (京都市中京区烏丸通御池上ル)

展示内容:マンガ「だがしかし」複製原稿を展示。
     週刊少年サンデー連載中のマンガ「だがしかし」の厳選したエピソードの複製原稿
     約 70点を展示。
     「枝垂ほたる」表紙・扉絵複製原画展示
     人気キャラクター「枝垂ほたる」の表紙・扉絵のカラー複製原稿含む約10点を展示。
     記念撮影コーナー:ギャラリー内にマンガ「だがしかし」の舞台となる「シカダ駄菓子」を
     再現。マンガに登場する主人公「鹿田ココノツ」,「枝垂ほたる」などと記念撮影が可能。

     「だがしかし」について
      2014年から週刊少年サンデーで連載を開始。
      コミックは合計で200万部を 超える人気駄菓子コメディーマンガ。
      <ストーリー> 田舎の駄菓子屋を継がせたい父と、継ぎたくない息子のココノツ。
      そんな店に、都会からやってきた駄菓子屋マニアの女の子・枝垂ほたるが現れる。
      ほたるはココノツに駄菓子屋を継がせるため、たびたび店を訪れるようになって...!?

料   金:無料(ただし,ミュージアム入場料〔大人800円,中高生300円,小学生100円〕 は別途必要)

主   催 :京都国際マンガミュージアム,京都国際マンガ・アニメフェア実行委員会

協   力 :株式会社小学館

そ の 他
◇ 京都限定の展覧会オリジナル商品の販売 ◇ 駄菓子の販売(9/17・18 のみ)
◇ ラッピングトレインの運行

9月17日(土)、18日(日)に京都市・岡崎の「みやこめっせ会場」で中心に開催される「京都国際マンガ・アニメフェア2016(通称:京まふ)」の関連企画展です。

京まふ公式サイト:http://kyomaf.kyoto/



戦前・戦後関西マンガ界を支えたマンガ家師弟を紹介する展覧会「小寺鳩甫(きゅうほ)と酒井七馬(しちま)展~『大阪パック』から「新寶島(しんたからじま)」まで~」

2016年08月30日

開催期間:平成28年9月8日(木)〜~11月8日(火)

開館時間:午前10時~午後6時(最終入館は午後5時30分) ◇ 休 館 日:毎週水曜日,10月9日(日)

会  場:京都国際マンガミュージアム 2階 ギャラリー4
     (京都市中京区烏丸通御池上ル)

料  金:無料
     (ただし,マンガミュージアム入場料〔大人800円,中学・高校生300円, 小学生100円]は
     別途必要)
     ※11月4日(金)は「関西文化の日」につきミュージアム入場料無料

主  催:京都国際マンガミュージアム/京都精華大学国際マンガ研究センター
共  催:大阪府立中央図書館国際児童文学館
協  力:中野晴行/渡辺泰/伊丹市立美術館

【出展品(一部)】

・ 小寺鳩甫・主筆『大阪パック』(大正・昭和初期)
・ 小寺鳩甫,酒井七馬による民主主義啓蒙ポスター(1940年代)
・ 酒井七馬,手塚治虫ほかによるマンガアンソロジー本『漫画空想天国』(1949年)
・ 小寺鳩甫(熱田十茶),酒井七馬による紙芝居(原画)(1950年代)
・ 酒井七馬が小寺鳩甫に送った絵葉書(原画)
・ 大野きよし,西田静ニほか酒井七馬と同時代に関西で活躍した作家のマンガ本など

________________________

関連イベント:トークイベント「酒井七馬というマンガ家が大阪にいた。」
      展覧会開催を記念して,酒井七馬の“最後の弟子”であるマンガ家・柳たかを氏と,
      同展のベースとなっている『謎のマンガ家・酒井七馬伝』の著者でマンガ研究者の
      中野晴行氏をお招きし,酒井七馬の実像に迫ります。

日  時:平成28年10月23日(日)午後2時〜午後4時
会  場:京都国際マンガミュージアム 3階 研究室1(予定)
出 演 者:柳たかを(マンガ家・協会員)、中野晴行(マンガ研究者・協会員)
料  金:無料(ただし,ミュージアム入場料〔大人800円,中高生300円,小学生100円〕は別途必要)
定  員:50名(先着順)
参加方法:事前申込不要


【小寺鳩甫(こてら・きゅうほ)】1889(明治22)年~1962(昭和37)年。大阪市生まれ。16歳から中国絵 画の一つである「南画」の辻村秋峰(しゅうほう)に師事するが、のちにマンガの世界に。 秋峰が朝日新聞大阪本社の学芸部長を務めていたことから、『週刊朝日』や『コドモアサ ヒ』に生活マンガなどを発表。明治39年に発行され,昭和25年まで続いた長寿マンガ 誌『大阪パック』では、時事問題や風俗世相をマンガで描いた「漫画入り川柳」を担当。 大正14年~昭和13年には同誌の主筆として、一人ですべての絵を描いた。子どもマン ガや紙芝居(「熱田十茶」名義)の作家としても活躍。兵庫県伊丹市に居をかまえ、終の 棲家とした。

【酒井七馬(さかい・しちま)】1905(明治38)年~1969(昭和44)年。大阪市生まれ。大正時代後半、『大阪パック』を編集していた鳩甫に師事し,諷刺マンガ家として世に出た後,揺籃期のアニメーション映画界で活躍。昭和22年、大阪で,若き手塚治虫との合作「新寶島」を出版。藤子不二雄や石丿森章太郎はじめ、後に日本のマンガ界をリードしていくことになるマンガ家たちに多大な影響を与えた。出版会の中心が東京に移った後も大阪にとどまり、マンガと紙芝居の世界で活躍しつつ、在阪マンガ家のための組織づくりや後進の育成に熱心に関わった。

問合せ先:京都国際マンガミュージアム

TEL:075-254-7414 FAX:075-254-7424



第7回モーラ・ナスレッディン国際漫画コンテスト(アゼルバイジャン)

2016年08月30日

アゼルバイジャン文化観光省、アゼルバイジャン漫画家協会、アゼルバイジャン美術家連盟によって開催されます。「モーラ・ナスレッディン」とは、イランやトルコにも広まっている頓知とユーモアを生かした民話の主人公の名前です。

・テーマ: 「多文化主義」(寛容性)。

・締め切り: 2016年10月15日。

・インターネットによる参加となる。

・個々の漫画家は、2~5点の作品を送ることができる。

・漫画作品のサイズは、jpgで300dpiでなければならない。送付先アドレスは以下の通り。
  mollanasreddin2016@gmail.com

・優れた漫画は作品集に収録される。

・賞:1位-金メダルと賞状
   2位-銀メダルと賞状
   3位-銅メダルと賞状
   他に審査員特別賞と美術家連盟特別賞がある。

・問い合わせ先は以下の通り。
 Bayram Hajizadeh
 The Organizer of the VII International Cartoon Contest
 “Molla Nasraddin - Azerbaijan - 2016” and the President of Azerbaijan Cartoonists’ Union.
 住 所: AZ1009, Azerbaijan, Baku
     Salatin Asgarova street 86 (Shirvanshah)
 E-メール: azercartoon@gmail.com

・エントリーフォームと詳細は以下のウェブサイトから。

http://azercartoon.com/

(情報提供:横田吉昭氏)



地域からの風 北九州編 畑たいむ『北九州路地裏さんぽ』原画展とトークショー開催

2016年08月29日

東京・築地のコミュニケーションギャラリー「ふげん社」にて、7月26日(火)~8月27日(土)、協会員・畑たいむ氏の『北九州路地裏散歩』と題する展覧会が開催されました。

この展示は、地域に住む人々による表現やメディアを紹介する「地域からの風」のシリーズによるもので、第2弾北九州編として行われました。
フリーペーパー「雲のうえのしたで」の畑たいむ氏の連載「北九州路地裏さんぽ」の原画展に加え、この土地で生まれた本や雑誌類の展示も同時に行われました。

また、8月26日(金)には、畑たいむ氏とイラストレーターの山福朱実氏、ライター・編集者の南陀楼綾繁氏の司会で、トーク「北九州の路地裏を歩く」が開催されました。
意外にも知られていない北九州という土地柄を、ご出身のお二人が思い出を交えて熱く語る興味深いイベントとなりました。

(写真:会報部UNO、事務局、文:事務局)






























一ノ瀬善正、イラスト、漫画、作品展

2016年08月29日

期 間:2016年9月2日(金)~9月4日(日)

時 間:9月2日 12時~17時
    9月3日 9時~17時
    9月4日 9時~16時

会 場:会津町方伝承館 2階 展示室
    〒 965-0042 福島県会津若松市大町2-8-8
    TEL 0242-22-8686




日本漫画家協会 東北支部作品展

2016年08月29日

期 間:2016年10月21日(金)~23日(日)

時 間:10月21日 12時~17時
    10月22日 9時~17時
    10月23日 9時~16時

会 場:会津町方伝承館 2階 展示室
    〒 965-0042 福島県会津若松市大町2-8-8
    TEL 0242-22-8686

出品者:ナツイダイク、サワヤカイシ、一ノ瀬善正、松本会陽、
    ややまひろし、モゲ、ヨシノヒロ




松本零士・牧美也子 夫婦コラボ展 ーSF漫画の巨匠と初代リカちゃん監修者ー

2016年08月29日

期 間:2016年9月10日(土)~11月20日(日)

時 間:10時~17時(入館は16時30分迄)

休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)

入館料:大人900円 高大生700円 小中生400円

会 場:神戸ゆかりの美術館
    〒 658-0032 兵庫県神戸市東灘区向洋町中2-9-1
    TEL 078-858-1520





「第31回国民文化祭あいち2016」分野別フェスティバル 伝統と創造フェスティバルあいち 観覧者募集

2016年08月29日

期 間:2016年11月19日(土)、20日(日)

時 間:11月19日 13時~16時
    11月20日 13時~14時30分(第一部) 16時30分~18時(第二部)

会 場:刈谷市総合文化センター大ホール
    〒 448-0858 愛知県刈谷市若松2-104
    TEL 052-952-7381

入場料:無料

・イベントには「入場整理券」をお持ちの御本人のみ入場できます。
・観覧希望の方は「募集情報」を御確認の上、インターネット又はハガキの
 いずれかの方法でお申し込み下さい。
・応募期間は2016年8月22日(月)~10月11日(火)迄、当日消印有効です。





国民文化祭あいち2016 閉会式フィナーレステージ 観覧者募集

2016年08月29日

期 間:2016年12月3日(土)

時 間:16時30分~18時(開場/受付開始 15時30分)

会 場:愛知県芸術劇場大ホール
   〒 461-8525 愛知県名古屋市東区東桜1-13-2
   TEL 052-971-5511

入場料:無料

・閉会式には「入場整理券」をお持ちの御本人のみ入場できます。
・観覧希望の方は「募集情報」を御確認の上、インターネット又はハガキの
 いずれかの方法でお申し込み下さい。
・応募期間は2016年8月22日(月)~10月11日(火)迄、当日消印有効です。





のらくろ祭りにて山根青鬼氏による「のらくろお絵描き教室」開催

2016年08月25日

東京都江東区森下にあります森下文化センターで開催中の展覧会「山根青鬼一門会 〜のらくろのいる風景2016〜」の会期中、20日(土)、同センター内でのらくろ祭り開催されました。

様々なワークショップが開かれたその中には、山根青鬼氏によるのらくろお絵描き教室と、一門会のメンバーによる似顔絵コーナーがありました。

場内は小さなお子さんからシニア世代まで、入場者はひっきりなしに訪れるといった盛況ぶりで、青鬼氏ののらくろお絵描き教室では、氏から直接のらくろと、漫画の描き方を習い、真っ白な紙はのらくろで1杯になっていました。

一方似顔絵ブースでは協会員で、一門会の一員である柳生が担当、予定時間を超過するほどの賑わいぶりで、慌ただしいながらも充実した一時となりました。

会期も一週間を切り、あと僅かとなりましたが、まだまだ多くの方に足をお運び戴きたいと思います。

*出展者の作品撮影はかたくお断りされていますので予め御了承ください

(写真 文:会報部 柳生柳)
























































Washiのカオ 小河原智子  (Two faces - ART NIGAO -)

2016年08月25日

似顔絵作家 小河原智子氏の似顔絵が会場いっぱいに展示。おなじみの似顔絵から美濃和紙で作られた半立体作品、起き上がりこぼしに描かれた作品は必見!

期  日:9月1日(木)~10月10日(月・祝)

会  場:美濃和紙の里会館
     〒501-3788 岐阜県美濃市蕨生1851-3
     tel 0575-34-8111 fax0575-34-8280

開館時間:AM9:00~PM5:00※入館は、閉館時間の30分前までです。

休 館 日:火曜日(火曜日が祝日の場合はその翌日) 祝日の翌日





「漫画家による仏の世界展」開催中

2016年08月25日

現在、愛知県岡崎市の岡崎城2階と三河武士のやかた家康館にて、「漫画家による仏の世界展」の巡回展が開催中です。

詳しくはhttp://www.nihonmangakakyokai.or.jp/?tbl=exhibitio...

(写真:会報部UNO)









































































葛飾柴又 寅さん記念館 イラストレーション展2016  スペシャルイベント「漫画家まつり」開催

2016年08月23日

快晴の8月21日(日)葛飾柴又寅さん記念館休憩室にて、現在開催中の第9回寅さん記念館イラストレーション展2016のスペシャルイベント3回目「漫画家まつり」が開催されました。
第1部は、倉田よしみ氏(協会員)と山田ゴロ氏(協会員)による原画公開執筆と、中島昌利氏によるキャラ作成講座が行なわれ、来場者も参加して石に絵を描いたりと賑やかな講座となりました。
第2部は、“寅さんとの出会い”をテーマに、上記3氏に、桜多吾作氏(協会員)が加わり、宮島幸次氏の司会で、寅さんへの熱い想いを語り合う特別トークショー。
聴衆の中には、出展に参加された作家さん達の姿も多くあり、多くの質問も飛び交う中、終始笑いの絶えないトークショーとなりました。
そして、トークショーの最後には、各氏が描いたサイン入り原画のプレゼントコーナーがあり、こちらは白熱したジャンケン大会が繰り広げられました。

同展は、8月28日(日)までの開催で、最終日は4回目のスペシャルイベント、当展示参加作家達&寅さんガイドと巡る柴又プチ観光ツアー!が予定されています。

詳しくは、寅さん記念館イラストレーション展 ホームページ まで。

(写真・文:事務局)










































日本漫画家協会関西支部のお中元 漫画の『ええもん』贈ります

2016年08月23日

会 期:2016年8月23(火) ~8月28日(日)
    午後12時〜午後7時(最終日は午後5時まで)

会 場:Gallery i
    〒605-0074 京都府京都市東山区祇園町南側584番地(月ヶ瀬祇園いちむら2階)
          TEL:075-525-3203

参加者 井出智香恵、大西ひろみ、岡本治、篠原ユキオ、鈴木ネコ、高月紘
    武田秀雄、たなべたい、筑濱カズコ、外村晋一郎、南洋
    柳たかを、よしかわ哲郎

併設展 京団扇に描く『祇園・舞妓はん』〜夏のご挨拶〜



2016関西支部展・大阪巡回展

2016年08月23日

会 期:2016年9月10(土) ~9月18日(日)
    午後12時〜午後5時(最終日は午後4時まで)

会 場:関大リサーチアトリエ「楽歳天三・天満天神楽市楽座」
    (大阪天神橋筋商店街3丁目)
    〒530-0041 大阪市北区天神橋3丁目9番9号 (天神橋3丁目商店街)
          TEL:06-6940-4340

展 示:【1】テーマ作品部門:「ええもん」
       京都展の作品を巡回展示致します。新規参加も歓迎します。

    【2】団扇部門:団扇に描く大阪
        京都展の作品を巡回展示致します。新規参加も歓迎します。

    【3】パフォーマンス部門:似顔絵など

    【4】大坂ときを先生追悼記念展示
        大阪にゆかりのある大坂先生の追悼記念展示

参加者 井出智香恵、大西ひろみ、岡本治、篠原ユキオ、鈴木ネコ、高月紘
    武田秀雄、たなべたい、筑濱カズコ、外村晋一郎、南洋
    柳たかを、よしかわ哲郎、ラッキー植松



アイマスク&まぐま展 燐光 開催中

2016年08月23日

8月22日(月)台風9号の雨風吹きすさぶ中、赤坂アート・トラスト彩ギャラリーにて、
アイマスク&まぐま展 燐光が開催された。

雑誌アイマスクやまぐまのバックナンバー、まんが関係の新刊本や古書の展示と、
所ゆきよし、クミタ・リュウ、坂井せいごう(以上協会員)の各氏と、
向さすけ、根橋洋一氏の作品が壁面を飾る。
オープニングには鹿児島から新幹線で坂井せいごう氏が上京し、迎える東京組は、所ゆきよし氏が熱中症病み上がりを押して駆けつけ、木南精示氏は長野から長距離バスで・・・と嵐をものともしない漫画家が顔をそろえた。

展覧会は28日まで12:00〜19:00(最終日17時まで)

詳しくは http://www.nihonmangakakyokai.or.jp/?tbl=exhibition&id=6010

(写真・文:西田淑子 理事)

追記:会場写真を追加しました(8月25日)

(会場写真:会報部・UNO)



















幻の東京デザインカレッジ漫画科展 5

2016年08月22日

期 間:2016年9月12日(月)~9月17日(土)

時 間:11時~19時(最終日は17時まで)

会 場:地球堂ギャラリー
    〒 104-0061 東京都中央区銀座8-8-6 銀栄ビル2階
    TEL 03-3572-4811

出品者:第1期
    泉昭二(協会員)、河原崎弘司(協会員)、近藤芳弘、鈴木太郎(協会員)、種村国夫、
    徳野雅仁、前川みち子、村田静
    第2期
    安達忠良、小山昭博、芝岡友衛(協会員)、杉原明、鈴木俊、高浜光太、渓川弘行、
    渓川ゆう子、中谷國夫、二階堂正宏(協会員)、原子力(協会員)、藤井寛清、
    前川しんすけ(協会員)
    第3期
    浅見啓子、海藤タケオ、宍倉ユキオ、水沢強子、緑川ヒロユキ(協会員)、村田和己(故人)
    第4期
    松島政基、畑中純(故人)
    第5期
    小田悦望、法月理栄、村松ガイチ





2016年08月22日



2016年08月22日



2016年08月22日



2016年08月22日



2016年08月22日



2016年08月22日



2016年08月22日



2016年08月22日



2016年08月22日



2016年08月22日



2016年08月22日



2016年08月22日



2016年08月22日



2016年08月22日



2016年08月22日



2016年08月22日



2016年08月22日



2016年08月22日



2016年08月22日



2016年08月22日



2016年08月22日



2016年08月22日



夏の巨大同人誌即売会「コミケット90」開催 1(東4〜6)

2016年08月19日

2016年8月12日(金)〜14日(日)の3日間にわたり、東京都江東区にある東京ビッグサイトにて、国内最大規模の同人誌即売会夏の部「コミケット90」が開催されました。

年々参加人数が増えていくコミケットは出展協会員も右肩上がりで、会報部と事務局が3手に分かれて時間一杯御挨拶に回りつつも、出展者不在や欠席・撤収なども絡み、直接の御挨拶が叶わないほどでした。

今回お会い出来なかった先生方へは失礼致しました、また冬に伺えます事を心待ちにしております。

(写真 文:会報部 柳生柳)




























夏の巨大同人誌即売会「コミケット90」開催 2(東1〜3)

2016年08月19日

2016年8月12日(金)〜14日(日)の3日間、東京ビッグサイトにて、国内最大規模の同人誌即売会、夏の「コミケット90」が開催されました。
3日間の入場者数は延べ53万人。年々参加人数が増えていくコミケットは出展協会員も右肩上がりで、会報部と事務局がそれぞれに担当を決め、御挨拶に回りましたが、今回残念ながらお会い出来なかった先生方へは失礼いたしました。また、熱気で暑い上に大変お忙しい中、取材にご協力いただいた先生方、ありがとうございました。

(写真 文:事務局)




























夏の巨大同人誌即売会「コミケット90」開催 3(西)

2016年08月19日

今回の夏のコミックマーケットで当協会が取材させていただいたのは最終日のみでしたが、協会員は70名程の参加を確認しました。
西地区でお会いした協会員は、デジタル・創作(少年)・創作(少女)の分野で参加された方々でした。取材は午前中の混雑を避けて行ったため、早々に撤退されお目にかかれなかった方もいらっしゃいました。

取材にご協力頂いた皆様、どうもありがとうございました。
また冬のコミケットでお目にかかりましょう。

(写真:柳生柳・事務局、文:事務局)



















































第25回まんが甲子園開催!(1日目)

2016年08月18日

8月6日と7日の二日間、協会協賛事業のまんが甲子園の本戦が今年も高知県で開催されました。予選には324校の応募がありました。本選出場33校は北から以下の通りです。

北海道 北海道北広島高等学校
青森県 青森県立黒石商業高等学校
    青森県立弘前実業高等学校
福島県 福島県立白河高等学校
栃木県 宇都宮文星女子高等学校
    栃木県立小山西高等学校
埼玉県 埼玉県立深谷第一高等学校
東京都 順天高等学校
    東京学芸大学附属国際中等教育学校
神奈川県 神奈川県立永谷高等学校
     桐光学園高等学校
岐阜県 多治見西高等学校
静岡県 静岡県立伊東高等学校
    静岡県立伊東高等学校城ヶ崎分校
愛知県 愛知県立大府東高等学校
    愛知県立千種高等学校
    愛知県立豊明高等学校
    名古屋高等学校
京都府 京都芸術高等学校
    京都文教高等学校
和歌山県 近畿大学附属和歌山高等学校
島根県 島根県立三刀屋高等学校
岡山県 岡山県立備前緑陽高等学校
広島県 学校法人呉武田学園武田高等学校
徳島県 徳島県立城南高等学校
愛媛県 愛媛県立西条高等学校
    愛媛県立松山東高等学校
高知県 高知県立岡豊高等学校
    高知県立高知南高等学校
    明徳義塾高等学校
福岡県 北海道芸術高等学校福岡サテライトキャンパス
韓国 全南芸術高等学校
台湾 台北市立士林高級商業職業学校

本戦レギュラー審査員 牧野圭一、くさか里樹、ひのもとめぐる、さかもと清敏(高知漫画集団)(以上協会員)、Moo.念平、岩神義宏(高知漫画グループくじらの会)の各氏

ゲスト審査員 里中満智子氏(協会員) 華夜(かよる)氏 しろ氏

地元高校ブラスバンド部の生演奏で開会式は行われました。まんが王国土佐推進協議会長で高知県知事の尾﨑正直氏とゲスト審査員里中満智子氏の挨拶、選手宣誓などがありました。また、かるぽーと前に移設された「まんが甲子園通り」記念碑除幕が行なわれました。審査員長牧野圭一氏が発表した一次戦のテーマは「♪」。これを音と捉えるかなにかに見立てるか。尾﨑正直氏のドラで競技スタート!

今年は天候に恵まれ、イベントも大変賑わいました。今年も出張編集部が多数並び、プロ漫画家やイラストレーターによるライブペインティングや展示室でのまんがセミナーが行なわれました。協会員ねもと章子氏によるデジタル作画講座がありました。今年も会場の様子はニコニコ生放送で中継されます。

16時15分、〆切となり作品は回収され審査へ。ここで落ちてもまだ敗者復活戦があります。敗者復活戦テーマは「18歳◯◯権」となりました。

(写真・文:会報部・大石容子)















































第25回まんが甲子園開催!(2日目) 敗者復活戦 テーマ「18歳○○権」

2016年08月18日

第一次戦に残れなかったチームが夜0時を〆切に作品を描き上げ、次の朝ひろめ市場前会場にて展示、一般投票を行ないます。その後審査員によって審査が行なわれます。一般投票で1位を獲得した学校には一票入り、帯屋町賞が贈られます。以下の学校が復活を果たし、かるぽーと会場に戻りました。

栃木県 宇都宮文星女子高等学校
岐阜県 多治見西高等学校
愛知県 愛知県立豊明高等学校
広島県 呉武田学園武田高等学校
高知県 高知県立高知南高等学校

(写真・文:会報部・大石容子)





























第25回まんが甲子園開催!(2日目)決勝戦

2016年08月18日

10時半から16時まで、20校が決勝を争いました。決勝戦テーマは「新元素発見!」です。

その間にステージではライブドローイングや「大笑いまんが道場」が来客者を楽しませました。また、かるぽーとの大ホールでは声優トークショー、別展示室ではまんが講座などが開催されました。

最優秀賞 静岡県 静岡県立伊東高等学校城ヶ崎分校 
第二位 愛知県 愛知県立豊明高等学校
第三位 栃木県 宇都宮文星女子高等学校
審査委員長賞 和歌山県 近畿大学附属和歌山高等学校
まんが王国・土佐推進協議会会長賞 愛媛県 愛媛県立松山東高等学校
三菱電機賞 高知県 明徳義塾高等学校
全日空賞 青森県 青森県立弘前実業高等学校
高知県市町村振興協会賞 愛媛県 愛媛県立西条高等学校
高知県高等学校文化連盟会長賞 岡山県 岡山県立備前緑陽高等学校
特別賞帯屋町賞(敗者復活戦作品一般投票第一位) 高知県 高知県立高知南高等学校
特別賞やなせたかし賞(全作品より) 広島県 呉武田学園武田高等学校

以上の各賞が贈られました。また、決勝戦結果発表の前に協賛賞「eBookJapan賞(株式会社イーブック イニシアティブ ジャパン協賛)」発表。第一次競技の作品の中から審査員の評価が最も高かった作品に贈られました。

(写真・文:会報部・大石容子)















































「山根青鬼一門会 〜のらくろのいる風景2016〜 展」開催中

2016年08月18日

2016年8月13日(土)東京都江東区森下にあります森下文化センター・通称「のらくろ記念館」にて、同館リニューアルオープン記念に伴い、山根青鬼氏主宰の、山根青鬼一門会メンバー有志による展覧会「山根青鬼一門会 〜のらくろのいる風景2016〜」が開催されています。

20日(土)には「のらくろまつり」が開かれ、そこでは山根青鬼氏によるのらくろお絵描き教室と、一門会のメンバーによる似顔絵コーナーが行われる予定です。

会期は8月一杯と長いので、是非のらくろのいる森下の風景をお楽しみに来てください。

*出展者の作品撮影はかたくお断りされていますので予め御了承ください

(写真 文:会報部 柳生柳)










第8回 アナドル大学インターナショナル・ツーリズム漫画コンペティション(トルコ)

2016年08月18日

 漫画美術館を要する国立アナドル大学が主催する、マンガコンペティションです。読売国際漫画大賞で金賞を獲得したこともある、同大学教授で美術館長でもあった、故アッチラ・オゼル教授を記念した賞が制定されています。

・後援:トルコ旅行作家協会、アナトリア旅行リサーチ

・テーマ:ツーリズムの未来

・最大3点まで

・実物を送る場合には、作品の裏に氏名、住所を明記すること

・これまでに受賞、出版されたことが無いオリジナル作品に限る

・17才以上の成年カテゴリーと、16才以下の少年カテゴリーがある

・作品は下の送付フォーマットから添付して、インターネットで送ることができる http://tourismcartoon.com/index.php?menu_id=164

・締め切り:12月31日

・審  査:2017年1月21日

・結果発表と表彰:2017年4月予定

・賞:成年カテゴリー
  グランプリ―トルコ招待
  第2位―トルコ招待
  第3位―トルコ招待
  アッチラ・オゼル教授賞―トルコ招待
  入賞(3名)―表彰盾

 少年カテゴリー
    グランプリ―トルコ招待
    入賞(2名)―表彰盾

・送付先は
 Nazmi KOZAK
 Anadolu University, Faculty of Tourism
 Yunus Emre Campus,
 26470 Eskisehir/TURKEY
  nkozak@anadolu.edu.tr

・詳細および過去の作品などは、以下のサイトから参照できます。
 http://tourismcartoon.com

(情報提供:横田吉昭氏)



山田ゴロと ブチ素敵な仲間たち

2016年08月13日

期 日:2016年10月9日(日)

場 所:シーモール下関 元シアターゼロ
    山口県下関市竹崎町4-4-8  TEL083-232-1118

原画展: 11:00〜19:00

トークショウ&ライブ 13:00〜15:30
(出演 : 山田ゴロ/漫画家、西浦和也、岡田篤彦)

☆入場 : 無料☆

後 援 : 山口新聞、下関教育委員会

協 力 : 徳山大学知財開発コース、ZIP、シーモール下関
    ヘアーマニア、ロータリーパワーステーション
    日本漫画家協会 中国支部
    一般財団法人 マンガジャパン
    デジタルマンガ協会
    J−Mac(Japan Manga Association Club)





西川伸司個展【ゴジラ総進撃】

2016年08月12日

「ゴジラ2000」より、ゴジラのデザインを手掛けてきた西川伸司氏の個展が開催されます。
また会場近くで行われている「幻獣神話展Ⅲ」にも氏の作品が展示されていますので、ハシゴをされてみてはいかがでしょうか。
各会場では「つながるアートカード」が配布されています。

期間:2016年8月13日(土)〜23日(火)

時間:11時〜19時(最終日は17時まで)

休廊日:17日(水)

会場:スパンアートギャラリー
   〒104-0061 東京都中央区銀座2-2-18 西欧ビル1F
   tel.03-5524-3060
HP:http://www.span-art.co.jp/index.html

詳しくは スパンアートギャラリー 
同時開催 幻獣神話展Ⅲ





昭和でSHOW

2016年08月12日

ちょっと昔になった昭和がアートになった
昭和グッズもいろいろあります。

■ギャラリーコピス

 期間:2016年9月7日(水)〜17日(土)

 時間:土日 12時〜18時
    平日 11時〜19時 (最終日は17時まで)

 休館日:14日(水)

 会場:〒135-0021
    東京都江東区白河1-2-12-1F
    tel.03-5639-2381

 HP:http://www.g-kopis.com


■森下文化センター

 期間:2016年9月7日(水)〜13日(火)

 時間:9時〜21時 (最終日は17時まで)

 休館日:なし

 会場:〒135-0004
    東京都江東区森下3-12-17
    tel.03-5600-8666

 HP:http://www.kcf.or.jp/morishita/


出品者:ウノ・カマキリ(協会員)、岩國宏志、まえの美佐、高山弘、とむ・くろた
    永田び〜しゃ、高橋俊英、林通子、田村真理子、mosco
共催:森下文化センター





夏期休暇について

2016年08月12日

公益社団法人日本漫画家協会事務局は、8月15日(月)〜17日(水)の間、夏休みとさせて頂きます。



第9回 葛飾柴又 寅さん記念館 イラストレーション展2016 〜初めまして、寅さん〜開催中

2016年08月08日

2016年8月7日(日)より、葛飾区柴又の寅さん記念館にて、第9回 葛飾柴又 寅さん記念館 イラストレーション展2016 〜初めまして、寅さん〜が開催中です。
初日は、恒例の似顔絵イベントが行なわれ、いご昭二氏(協会員)、上田としひこ氏、小河原智子氏(協会員)、高橋エツコ氏が似顔絵を担当。
それぞれに個性のある似顔絵を、各氏休む間もなく次々に訪れる来場者に笑顔で話しかけながら描き上げ、来場者もその出来ばえに、さらに笑顔が溢れるイベントとなりました。

個性溢れる寅さん作品も多数展示されています。


同展は、28日(日)までの開催で、毎週日曜日にはスペシャルイベントが予定されています。

詳しくは http://www.nihonmangakakyokai.or.jp/?tbl=exhibition&id=6029


(写真・文:事務局)






























幻獣神話展Ⅲ〜遥かなる憧憬との対峙〜開催中

2016年08月08日

2016年8月7日(日)より千代田区の東京交通会館二階ギャラリーにて、幻獣神話展Ⅲ〜遥かなる憧憬との対峙〜が開催されています。

初日から、会場に入りきれない程の大勢の来場者が訪れ、外気温に負けない位に会場内は熱気に溢れていました。

同展は、8月13日(土)まで、11時〜19時30分(入場無料)の開催です。

詳細については
http://www.nihonmangakakyokai.or.jp/?tbl=exhibition&id=6007

(写真・文:事務局)


















第1回「表現の自由」カートゥーン・コンペティション(スペイン・バルセロナ)

2016年08月04日

チェチェンの実情を伝え人権擁護を訴え続けながら2006年に暗殺されたロシアのジャーナリスト、アンナ・ポリトコフスカヤを記念したコンペティションが、バルセロナの真剣活動を行う協会の主催で行われます。

テーマ:表現と報道の自由
締め切り:8月31日
送 付 先
 インターネット:convocatorias@iqh.es
 郵送:Gran Via Carles III, 53, 5è – 3a. 08028 – Barcelona.Spain
・インターネットの場合作品は300dpi以上のjpegで送ること。

・キャプションなどは無しか、スペイン語、カタルーニャ語、フランス語、英語のものに限る。
 多言語のものをつけたい場合は、翻訳をつけること。

;1位400€、2位200€、3位100€

・結果は2016年にソーシャル・ネットワークなどで告知、
 上位80位の作品は展覧会や啓発活動などに使用されます。

・ウェブギャラリーなどは、以下で見ることができます。
  https://humorgraficllibertatexpressio.wordpress.co...
  Facebook, Anna Politkovskaia in Memoriam
  Twitter: @InMemoriamAnna

・氏名、住所、e-mailアドレス、写真か似顔絵と、8行以内の簡単な履歴をつけること。

 フォーマットと詳細は、下記から入手できます。
 https://humorgraficolibertadexpression.files.wordp...

(情報提供:横田吉昭氏)



第9回 葛飾柴又 寅さん記念館 イラストレーション展2016 〜初めまして、寅さん〜

2016年08月03日

寅さん好きのプロのイラストレーター・漫画家の展覧会、葛飾柴又寅さん記念館・イラストレーション展(通称・寅スト展)が今年も開催されます。
第9回目を迎える今年は、10周年に向けて初心に返ろうという趣向で「初めまして、寅さん」というサブ・タイトルが付いており、毎週日曜日には、スペシャルイベントも企画されていますので、お気軽に寅さんに会いに行ってみてはいかがでしょう。

会 期:2016年8月7日(日)〜8月28日(日) 9時〜16時30分  (8月16日(火)は休館)

   〈スペシャルイベント予定〉
    ◆8/7(日) 似顔絵大会  ◆8/14(日) イラスト大喜利  ◆8/21(日) 漫画家まつり
    ◆8/28(日)柴又プチ観光ツアー


会 場:葛飾柴又寅さん記念館「休憩室」(入場無料)
 

    ※寅さん記念館「展示室」(本館)入館する場合は別途500円かかります。
     東京都葛飾区柴又6丁目22番19号  TEL 03-3657-3455

詳しくは   http://tollustration-v.jimdo.com/  寅さん記念館イラストレーション展 運営委員会






山根青鬼一門会 〜のらくろのいる風景2016〜

2016年08月03日

「田河水泡・のらくろ館」のマンガ特別展です。いろいろな「のらくろ」が皆さんをお待ちしております。

期 間:2016年8月13日(土)~31日(水)

時 間:9時~21時

休館日:8月15日(月)

会 場:森下文化センター 1階展示ロビー
    〒 135-0004 東京都江東区森下3-12-17
    TEL 03-5600-8666

入場料:無料

出品者:山根青鬼(協会員)、岩田和久(しろ鬼)、大石容子(さんご鬼)(協会員)、
    御茶漬海苔(ちゃ鬼)(協会員)、香取正樹(ぐんじょう鬼)(協会員)、岸田尚(あい鬼)、
    クミタ・リュウ(こんじき鬼)(協会員)、ココア(みかん鬼)(協会員)、
    サクラ聖(さくら鬼)、佐々木あつし(はな鬼)(協会員)、つかお(たぬき鬼)、
    童夢梨乃(べに鬼)、のむらしんぼ(かげ鬼)、はざま隆治(ごましお鬼)(協会員)、
    平松伸二(どすぐろ鬼)(協会員)、藤井龍二(そら鬼)(協会員)、
    メソポ田宮文明(どどめ鬼)(協会員)、もりけん(き鬼)、
    柳生柳(わかくさ鬼)(協会員)、山田ゴロ(むらさき鬼)(協会員)、湯浅みな(ふじ鬼)、
    渡辺教子(こんぺき鬼)(敬称略、五十音順)





トルコの第26回イズミル市国際漫画コンペティション

2016年08月02日

去る7月18日に、イズミール市で行われた、国際漫画コンペティションに審査員として参加して来ました。トルコからエライ・オズベク、イゼル・ロゼンタール、ムサ・ギムシュ、ウメル・チャム各氏、 イランからマスード・ショジャイ・タバ タバイ氏、日本からは横田が参加、「障害者のためのバリアを取り除く」というイズミール市が取り組んでいる社会福祉運動に沿ったテーマの漫画の審査を行いました。表彰式は同市のアートフェスティバルが開かれる11月に行われる予定です。19日には、地元の漫画愛好者とのワークショップの後、タバタバイ氏と横田の漫画展の同市文化センターでの展覧会のオープニング・セレモニーが開かれました。トルコにおいて、カートゥーンが一つの文化として尊重されています。これからのトルコとの交流の深まり、さらにイランの漫画家との交流も期待できる滞在となりました。

(文・写真提供:横田吉昭)















銀座SUMMER FESTA展 開催中

2016年08月02日

東京・銀座のギャラリーステージワンにて当協会員の所ゆきよし氏が参加されている「銀座SUMMER FESTA展」が開催中です。
同展は8月6日(土)まで。最終日は16時で終了です。

詳しくはhttp://www.nihonmangakakyokai.or.jp/?tbl=exhibitio...

(写真提供:小松秀夫氏)















第47回 日本漫画2016展 セコい奴ら 開催中

2016年08月02日

8月1日(月)より、銀座 地球堂ギャラリー2階にて「第47回 日本漫画2016展 セコい奴ら」が開催中です。
世相を反映した、時にクスッと笑える、様々なセコい奴らが展示されています。

長年お世話になっていた地球堂ギャラリーでの開催はギャラリー閉鎖に伴い今回が最後、そして長年参加されていた小山賢太郎氏の急な訃報という、少々寂しいムードも漂いましたが、代表の西田淑子氏より「ここ一年で色々ありましたが来年の開催場所は既に決定済みです。新たなステージへ向け、みなさん張り切っていきましょう!」との呼び掛けに出展者たちは元気よく応えていました。


詳しくは http://www.nihonmangakakyokai.or.jp/?tbl=exhibition&id=6004

(写真・文:会報部 柳生柳、事務局)


































































8月の事務局ライブラリー

2016年08月01日

◆手塚ファン vol.305
◆第41回2016JSP展作品集
◆グラスホッパー 1 井田ヒロト/著 伊坂幸太郎/作 角川書店/刊 560円
◆誰かカフカを守って 1 井田ヒロト/著 新潮社/刊 552円
◆お前はまだグンマを知らない 1 井田ヒロト/著 新潮社/刊 500円
◆月刊広場8月号 vol.383
◆幸村と真田紐 木南精示/著 グリーン美術/刊
◆MIKIYA MOCHIZUKI Memorial book 1938-2016 望月三起也先生を偲ぶ会/刊
◆漫画家会議報DON No.21 日本漫画家会議事務局/刊
◆EYEMASK No.52 クミタ・リュウ 清水勲 小山賢太郎 木南精示 所ゆきよし ウノ・カマキリ 坂井せいごう 多田ヒロシ 西田淑子 矢野徳 辻下浩二 森本清彦 相澤拓 二階堂正宏 小野耕世/各掲載、他 蒼天社/刊 1000円
◆闇の皇太子 未熟な満点ロマンス 金沢有倖/著 KADOKAWA/刊 540円
◆闇の皇太子 劫火の審判者 金沢有倖/著 KADOKAWA/刊 540円
◆闇の皇太子 忠義の叛逆者 金沢有倖/著 KADOKAWA/刊 560円
◆女の子サプリ ~性転換して保健の授業~ まる寝子/著 キルタイムコミュニケーション/刊 1000円
◆放課後の三月ウサギたち なるさわ景/著 ヒット出版社/刊 1000円
◆夏の夕暮れ小道 なるさわ景/著 茜新社/刊 1000円
◆大原さんちの教えて!子育てエラい人 大原由軌子/著 主婦の友社/刊 952円
◆大原さんちの2才児をあまくみてました 大原由軌子/著 主婦の友社/刊 952円
◆大原さんちのダンナさん このごろ少し神経症 大原由軌子/著 文藝春秋/刊 457円
◆アサシンー暗殺者ー蘭 1 横溝邦彦/著 安堂久美子/画 小学館/刊 379円
◆伝説の料理人 プレステージ 横溝邦彦/著 根本哲也・人見恵史/画 集英社/刊 362円
◆医者を見たら死神と思え 4 よこみぞ邦彦/著 はしもとみつお/画 近藤誠/監修 小学館/刊 552円
◆かごめかごめ 池辺葵/著 秋田書店/刊 1200円
◆プリンセスメゾン 1 池辺葵/著 小学館/刊 552円
◆チクホー男子☆登校編 美月うさぎ/著 講談社/刊 560円
◆快感チェンジ 初めては女のカラダで 小武/著 竹書房/刊 630円
◆快感チェンジ 男のカラダより気持いい女の子エッチ 小武/著 竹書房/刊 630円
◆絶対受精♡ナマハメ少女 三糸シド/著 三和出版/刊 1111円
◆受精願望 三糸シド/著 三和出版/刊 1111円
◆みならい女神プルプルんシャルム 2 キダニエル/著 ジコウリュウ/作 マルイノ/キャラクターデザイン 講談社/刊 600円
◆クロックワーク・プラネット 1、5 クロ/著 榎宮祐・暇奈椿/作 茨乃/キャラクターデザイン 講談社/刊 各600円
◆いやらしいこ。 赤城あさひと/著 ワニマガジン/刊 1000円
◆コスメの鉄則 ~みょんとふくちゃんのキレイ修業~ 2 高島えり/著 三森かおり/作 講談社/刊 419円
◆僕のはじめて、キミにあげる 1 高島えり/著 アース・スターエンターテイメント/刊 600円
◆辺獄のシュヴェスタ 1~3 竹良実/著 小学館/刊 各552円
◆賭ケグルイ 1 尚村透/著 河本ほむら/作 スクウェア・エニックス/刊 581円
◆犬も歩けば恋をする 夏水りつ/著 芳文社/刊 619円
◆山田くんと田中課長 夏水りつ/著 芳文社/刊 638円
◆アーモンドを七粒 2 夏水りつ/著 大洋図書/刊 630円
◆THE BEST STAGE ガールフレンド(♪) ~side MOMOKO~ 昆布わかめ/著 サイバーエージェント/作 青木良/監修・協力 KADOKAWA/刊 900円
◆アルボスアニマ 1、2 橋本花鳥/著 徳間書店/刊 各620円
◆虫籠のカガステル 1 橋本花鳥/著 徳間書店/刊 620円
◆愛で痴れる夜の純情 華園編 樹要/著 鈴木あみ/作 白泉社/刊 619円
◆アイブカ!(仮) 師走の翁/著 ヒット出版社/刊 1065円
◆ピスはめ! 下 師走の翁/著 ヒット出版社/刊 1143円
◆ヌーディストビーチに修学旅行で!! 師走の翁/刊 ヒット出版社/刊 1065円
◆旦那様といとおし暮らし 待緒イサミ/著 オークラ出版/刊 648円
◆通勤電車の発情パフューム 待緒イサミ/著 オークラ出版/刊 630円
◆天球恋路観測点 待緒イサミ/著 オークラ出版/刊 630円
◆ぷくぷく天然かいらんばん 8 竜山さゆり/著 小学館/刊 390円
◆はぴはぴクローバー 4 竜山さゆり/著 小学館/刊 400円
◆ある日犬の国から手紙が来て 3 竜山さゆり/著 小学館/刊 429円
◆おんなのこのまんなか ペテン師/著 ワニマガジン社/刊 1000円
◆制服×征服×性服=世界大戦 七六/著 日本文芸社/著 648円
◆艦これなのです! 艦隊これくしょんー艦これー 七六/著 「艦これ」運営鎮守府/作 KADOKAWA/刊 580円
◆魔法少女ここねはかく語りき 1 七六/著 KADOKAWA/刊 580円
◆えっ?彼氏付き賃貸ルーム!? 1、2 聖/著 フロンティアワークス/刊 1巻543円・2巻550円
◆肉体ちぇんじ。 お兄ちゃんの体でイクなんてっ!! 聖/著 竹書房/刊 500円
◆はりま伝説 夢物語 ドウノヨシノブ/画 埴岡真弓/文 神戸新聞総合出版センター/刊 1600円
◆カラクリオデット 1 鈴木ジュリエッタ/著 白泉社/刊 390円
◆悪魔とドルチェ 2 鈴木ジュリエッタ/著 白泉社/刊 390円
◆神様はじめました 1 鈴木ジュリエッタ/著 白泉社/刊 390円
◆2016 脚本家年鑑 協同組合日本脚本家連盟/刊
◆蒼海の世紀 16 野上武志/著 鈴木貴昭/作 兼光ダニエル真/翻訳
◆一本木蛮個人誌38・亜州漫帝之三十一 ☆2016☆こち亀的前半生 一本木蛮/著
◆Golden Runway 01 松田未来/著
◆別冊 田中圭一 第4号 田中圭一/著
◆E 御茶漬海苔/著
◆猫と暮らしています。 1 セツコ・山田/著
◆ー私の戦争体験期ー 昭和のセツコちゃん 7 ~太平洋戦争勃発!!編~ セツコ・山田/著
◆BIRD GO! 内村かなめ/著
◆夜の微熱と昼の動悸 内村かなめ/著
◆なかよしだらけ 内村かなめ/著
◆妹はいいものだ 内村かなめ/著
◆ふわふわメイドさん 内村かなめ/著
◆サバイバルゲイム EPISODE 0 あきは@/著
◆赤いまんこれ あきは@/著
◆ちんこれ 男友達を彼女にした件 あきは@/著
◆優等生の吉田さんは先生に監禁されて肉便器になりました。 あきは@/著
◆ナマイキな人妻は薬を盛られて立派な雌犬になりました。 あきは@/著
◆借金返済陵辱ゲーム あきは@/著
◆TOKYO POP GUIDE No2 一般社団法人JMAGクリエイターズ協会/刊 400円







































































東京タワーで似顔絵を

2016年08月01日

ここ数ヶ月でメンバーが増えたという似顔絵協団ですが、訪れた当日はやの氏、辻下氏がシフト、ちょうど可愛いらしいお客様が椅子にちょこんと腰掛けていました。

夏休みに入り、観光客で賑わいを見せているタワーの記念に、是非漫画家の描く似顔絵はいかがでしょうか?

(写真 文:会報部 柳生柳)














川崎市市民ミュージアムにて、水野英子氏トークショー

2016年08月01日

現在、川崎市市民ミュージアムでは、「描く!」漫画展 〜名作を生む画報に迫る−描線・コマ・キャラ〜 が開催中です。

この展示の関連上映として、マンガ家たちの生き様を伝える映画の特集が4回に渡って行われ、7月30日には「トキワ荘の思い出…U・マイアのこと」と題した水野英子氏のトークショーが行われました。

映像ではこうだけど実際は…など、水野氏でなければ知り得ない貴重なお話に、皆熱心に耳を傾けていました。

展示の模様はこちらをご覧下さいhttp://www.nihonmangakakyokai.or.jp/?tbl=event&id=...


(写真:会報部UNO、事務局)























2016年07月29日



キャラクター・アートの会 懇親会行われる

2016年07月25日

7月23日(土)、当協会理事バロン吉元氏による「キャラクター・アートの会」の懇親会が行われました。
当日は運営側からの報告がなされ、バロン氏の挨拶から賑やかに会はスタート、笑いの中心には常に氏の姿がありました。
メンバーはそれぞれの思いを語り、年末開催予定の展覧会への高まる意欲と、交流も深め合い、笑顔とパワーあふれる一時となっていました。

(写真 文:事務局 柳生柳)














『描く!』マンガ展 〜名作を生む画技に迫るー描線・コマ・キャラ〜 開催中

2016年07月25日

2016年7月23日(土)から、川崎市市民ミュージアムにて、『描く!』マンガ展 〜名作を生む画技に迫るー描線・コマ・キャラ〜が開催されています。

すべての夢はペンと紙からはじまる〜名作の生まれるとことろ〜「描く」力は未来へつづくをテーマに分けられたブースには、それぞれの作家の「描く」技法が生原稿と共に紹介され、技法だけではなく、漫画の歴史を知る事もできる展示です。

また、トキワ荘をテーマにした映画の上映や、お絵描きコーナー、読書コーナー、デジタルマンガ体験コーナー、各先生へのメッセージコーナーなど盛り沢山の展示が行われています。

同展は、前期8月21日(日)まで、後期は一部作品の入替後、8月23日(火)から9月25日(日)まで開催されます。

詳細は協会ホームページ、または、川崎市市民ミュージアムまで。

(写真・文:事務局)






































国民文化祭あいち 開会式・オープニングフェスティバル

2016年07月25日

期 間:2016年10月29日(土)

時 間:14時30分~17時(会場12時30分・受付終了14時)

会 場:愛知県芸術劇場大ホール
   〒 461-8525 愛知県名古屋市東区東桜1-13-2
   TEL 052-971-5511

入場料:無料

・開会式には「入場整理券」をお持ちの御本人のみ入場できます。
・観覧希望の方は「応募にあたって」を御確認の上、インターネット又はハガキのいずれかの方法でお申し込み下さい。
・応募期間は2016年7月22日(金)〜9月12日(月)迄、当日消印有効です。





Wander Festival 2016 summer 開催される

2016年07月25日

7月24日(日)、千葉県幕張メッセにて、Wander Festival 2016 summerが開催されました。

ワンダーフェスティバルは、プロ、アマチュアを問わず、製作したキットなどの展示・販売、自身の造形力を世に問うことを目的とされたイベントで、夏・冬の年2回行われ、多くの来場者で賑わいます。

当協会会員や関係者・高知県の参加、出展もあり、詳しくは写真をご覧下さい。

関連サイト
ワンダーフェスティバル

(写真:会報部UNO、事務局)
















































平成28年度 [第20回] 文化庁メディア芸術祭 作品募集

2016年07月22日

文化庁メディア芸術祭実行委員会では「平成28年度[第20回]文化庁メディア芸術祭」の作品募集を行っています。
アート・エンターテイメント・アニメーション・マンガの4部門において、プロ・アマチュア・自主制作・商業作品を問わず、世界中から作品を広く募集しています。

作 品 募 集: 2016年7月7日(木)〜9月9日(金)
受 賞 発 表: 2017年3月中旬予定
受賞作品展: 2017年夏〜秋予定
主   催: 文化庁メディア芸術祭実行委員会

第20回文化庁メディア芸術祭ウェブサイト:http://festival.j-mediaarts.jp
作品応募は上記ウェブサイトより受付けています。応募方法の詳細もこちらでご確認下さい。

問い合せ先: 文化庁メディア芸術祭事務局[CG-ARTS内]
       E-mail : jmaf@cgarts..or.jp  Tel : 03-3535-3501(受付時間:平日10時〜18時)





銀座 SUMMER FESTA展

2016年07月20日

期間:2016年8月1日〜11日(土)

時間:12時〜19時(最終日は16時まで)

休廊日:8月7日(日)

会場:ギャラリー STAGE-1
   〒104-0061
   中央区銀座1-28-15 鈴木ビル1階
   tel:03-3562-5181

出品作家: アトリエシルキュ、岩崎澄渓、上田幸林、牛島聖子、鹿児島一平、小崎雄司、
小山汀雪、サイトウ良、佐々木靜、鈴木遊、種村国夫、千代田博宜、
津田のぼる、D・B・エディ、所ゆきよし(協会員)、長谷川眞衣、水野行雄、
ムギトレイ、村石もつこ、フェルミーゼ柳子





第31回 さいたま市 北沢楽天 漫画大賞

2016年07月20日

漫画会館では、今年も漫画コンテスト「北沢楽天漫画大賞」を開催いたします。
ストーリー漫画として楽しまれるコミックとはちがい、ひとコマや一枚の紙の中で作品が完結する形式の「ひとコマ漫画」「一枚漫画」の作品コンテストです。

作品規定

A3版(420ミリ×297ミリ)以下としてください(データ応募可能)
用紙・画材は自由です。ただし立体や折り、綴じは禁止です。
未発表(他の公募に応募中の作品も不可)であり、著作権等の知的財産権を侵害していない作品に限ります。
一枚で完結する作品(コマ割りなどは自由です)としてください。

募集作品

(1)課題作品:「未来の発見!」をテーマとした漫画
(2)自由作品:自由なテーマで描く漫画(物語や似顔絵なども可)

応募期間

2016年8月4日(木)〜9月8日(木)
※漫画会館必着です。

作品部門

A.ジュニア部門(中学生まで)
B.一般部門(高校生以上)

【賞】

漫画大賞 賞金50000円
審査員特別賞 賞金30000円 ほか

審査員

秋山孝(協会員)、あすかけん、あらい太朗(協会員)、おかべりか、牧野圭一(協会員)

【応募・お問い合わせ先】

〒331-0805
さいたま市北区盆栽町150 さいたま市立漫画会館
tel.048-663-1541
E-mail

詳しくは、ホームページまで





第70回みたままつり

2016年07月19日

東京・靖国神社にて、7月13日〜16日の期間、第70回みたままつりが行われました。

沿道には著名人による灯籠が灯され、当協会会員の出品もありましたのでご紹介いたします。

(写真:小松秀夫氏)



















顔・かお展 開催中

2016年07月19日

東京銀座のギャラリーステージワンにて「顔・かお展」が開催中で、当協会会員の所ゆきよし氏が出品されています。
同展は、7月23日(土)まで開催しています。

(写真:小松秀夫氏)








顔・かお展

2016年07月19日

会 場:ギャラリーステージワン
    東京都中央区銀座1-28-15 鈴木ビル1階
    TEL:03-3562-5181 FAX:03-3562-3798

会 期:2016年7月18日(月)〜7月23日(土)
    12:00〜19:00(最終日は16:00迄)

※会員の所ゆきよし氏出品



地域からの風 北九州編 畑たいむ『北九州路地裏さんぽ』原画展

2016年07月15日

畑たいむ氏が北九州の街並みや人を描いた『北九州路地裏さんぽ』の原画をはじめ、この土地で生まれた絵や本や雑誌を一堂に集めます。

期 間:2016年7月26日(火)~8月27日(土)

時 間:火曜~金曜・12時~19時 土曜12時~17時

休館日:日月祝、8月11日(木)~15日(月)のお盆休み

会 場:コミュニケーションギャラリーふげん社
    〒 104-0045 東京都中央区築地1-8-4 築地ガーデンビル2F
    TEL 03-6264-3665

◆畑たいむ氏×山福朱実氏トークショー「北九州の路地裏を歩く」
時 間:8月26日(金)18時30分開演 19時スタート
参加費:1500円(1ドリンク付き)

各イベントは予約制です。
電話 03-6264-3665、またはメール info@fugensha.jp(ふげん社)まで。

詳しくは:http://fugensha.jp



第25回 全国高等学校漫画選手権大会 まんが甲子園

2016年07月15日

期 間:2016年8月6日(土)~7日(日)

時 間:6日(土)9時30分~18時
    7日(日)9時~18時

入場料:無料

会 場:メイン会場・高知市文化プラザ かるぽーと
    〒 780-0832 高知県高知市九反田2-1

審査員:牧野圭一(協会員)、くさか里樹(協会員)、MOO.念平、ひのもとめぐる(協会員)、
    さかもと清敏(協会員)、岩神義宏(敬称略)

ゲスト:里中満智子(協会員)、華夜(敬称略)

まんが甲子園応援イベント
◆声優トークショー◆ライブペインティング◆ライブドローイング◆作画セミナー
が開催されます

詳しくは:高知県まんが・コンテンツ課内「まんが甲子園」係
     〒 780-8570 高知県高知市丸ノ内1-2-20
     TEL 088-823-9711 (大会当日は080-6286-2171)
     http://mangaoukoku-tosa.jp/manga-koshien/





EYEMASK&マグマ展 「燐光」

2016年07月15日

カトゥーンマガジン「EYEMASK」と、サブカルポップマガジン「まぐま」の共演展覧会が開催されます。

期 間:2016年8月22日(月)~8月28日(日)
    8月22日(月)に17時からオープニングパーティーが行われます

時 間:12時~19時(最終日は17時迄)

会 場:アート・トラスト 彩ギャラリー
    〒 107-0052 東京都港区赤坂5-1-35NMビル1F
    TEL 03-6426-5565

入場料:無料

出品者:所ゆきよし(協会員)、クミタ・リュウ(協会員)、
    坂井せいごう(協会員)、根橋洋一、更紗、向さすけ(敬称略)





まど・みちおのうちゅう

2016年07月13日

「ぞうさん」「やぎさん ゆうびん」「一ねんせいに なったら」などの童謡を生み出した詩人、まど・みちお氏の展覧会を開催します。

期間:2016年7月13日(水)~9月26日(月)

時間:9時30分~17時(入館は閉館の30分前迄)
   (7月20日~8月31日は9時開館)

休館日:火曜日(7月20日~8月31日は無休)

入場料:大人400円 中高生200円 小学生100円

会場:香美市立やなせたかし記念館 詩とメルヘン絵本館 TEL 0887-59-2300
   〒 781-4212 高知県香美市香北町比良布1224-2

詳しくは:http://anpanman-museum.net/exhibition/868





公募作品展 第18回OURギャラリー展

2016年07月13日

今年18回目となるOURギャラリー展は、詩と絵をかく楽しみと自分の作品を発表する喜びが誰にでも気軽に味わえる公募作品展です。今年のテーマは「あかいろ(赤色、レッド)」。みなさんからの素敵な作品をお待ちしています。

〈締切〉
 2016年9月30日(金)まで(当日消印有効)

〈テーマ〉
 あかいろ(赤色・レッド)

〈応募資格〉
 特に資格を問いません
 親子や友人など2人以上での合作も可

〈応募規定〉
   作品
 ・テーマにそった17文字詩(5・7・5)およびイラストをかいたハガキ作品。未発表の作品に限ります
 ・応募は一人1点まで
 ・詩やイラストに「あかいろ」の言葉や色を使用しなくても可
 ・画材は自由

   作品サイズ
 ・ハガキ又はハガキサイズの用紙も可
 ・作品裏面に下記の必要事項を明記 
  郵便番号・住所・氏名(ふりがな)・年齢・電話番号
 ・合作や団体での応募の場合は、全員の氏名(ふりがな)および年齢を記入(住所および電話番号は代表者のみで可)

〈注意事項〉
 ・作品の著作権は主催者に帰属
 ・応募作品は返却しません
 ・結果発表は2016年11月3日(木・祝)審査結果発表トークイベントにて
  イベント開催後、入選者へも直接通知します。(11月中旬予定)

〈賞〉
 ・大賞(一点)  賞金5万円、記念館オリジナルグッズ
 ・OURギャラリー賞(五点)  賞金1万円、記念館オリジナルグッズ
 ・佳作(五点)  記念館オリジナルグッズ

 応募作品は「第18回 OURギャラリー展」にて展示

〈応募先〉
 〒781-4212 高知県香美市香北町美良布1224-2
 香美市立やなせたかし記念館「OURギャラリー展」 TR係





幻獣神話展Ⅲ 遙かなる憧憬との対峙

2016年07月13日

期  間:2016年8月7日(日)〜8月13日(土)

時  間:11時〜19時30分(初日のみ13時〜19時30分)

会  場:東京交通会館 二階ギャラリー(最寄駅 有楽町)
     東京都千代田区有楽町2-10-1

入場無料:無料

出品作家: アオガチョウ、浅沼テイジ、麻宮騎亜、愛実、いしいひさいち、市川友章、
イトウケイイチロウ、伊藤潤二、イマムラセイヤ、大石容子(協会員)、
太田翔、岡健之、鬼瓦工房 鬼一、開田祐治(協会員)、かざあな、
一峰大二(協会員)、香取正樹(協会員)、金子雄司、カミジョウヒロ、
唐沢なをき(協会員)、菊地拓史、木村龍、黒田武志、弘司、寒河江智果、
さちこ、清水イズ、蚩尤、スクリーミング・マッド・ジョージ、添田一平、
ソノヤマ・タカスケ、空山基、高橋葉介、タカヤマトシアキ、槻城ゆう子、
deino、寺田克也(協会員)、天神英貴、とやまみーや(協会員)、長野剛、
永野のりこ(協会員)、西川伸司(協会員)、衣-hatori-、花上貴之、
林美登利、原田みどり、雛奈雛子、百武朋、藤ちょこ、骨オヤジ、
まいけるからわた、前田ヒロユキ、丸山浩、マンタム、緑川美帆、
向川貴晃、守亜、森園みるく(協会員)、諸星大二郎、山田雨月、
山本貴嗣、山脇隆、るるい宴、渡邊光也
(参加作家は予定です)


会場にて出店作品を収録した図録を販売いたします。

問い合わせ:スパンアートギャラリー
      東京都中央区銀座2-2-18西欧ビル
      tel. 03-5524-3060
      http://span-art.co.jp/index.html





第47回 日本漫画2016展 2016年テーマ セコい奴ら

2016年07月12日

会  場:地球堂ギャラリー2階
     東京都中央区銀座8-8-6 TEL:03-3572-4811

会  期:2016年8月1日(月)〜6日(土)
     AM11:00〜PM7:00
     ●初日はPM3:00から 最終日はPM3:00まで 

出品作家:相澤拓(協会員)、安倍夜郎(協会員)、あらい太朗(協会員)、池田達郎、
     いご昭二(協会員)、石川寿彦(協会員)、イシマル・ヒデ、伊藤たかし、岩見俊哉、
     大枝桂子、大嶽あおき(協会員)、小河原智子(協会員)、オダシゲ(協会員)、
     海藤タケオ、木南精示(協会員)、クミタ・リュウ(協会員)、倉田新、黒田オサム、
     小林宏、小山賢太郎(協会員)、さいとうあやこ(協会員)、佐藤忠史、
     ジョルジュ・ピロシキ(協会員)、スガマカヨコ、関としお(協会員)、田代まき、
     たなべたい(協会員)、田丸ウィチコ、タムラ良、筑紫直弘(協会員)、辻下浩二(協会員)
     トシ ヒコ(協会員)、西田淑子(協会員)、西山進(協会員)、野上和彦、
     はざま隆治(協会員)、橋爪まんぷ(協会員)、はせべくにひこ(協会員)、はまのゆか、
     ひらかわしょうじろう(協会員)、藤井龍二(協会員)、牧野圭一(協会員)、松沢秀和、
     松島りつこ、まつなが陽一(協会員)、緑川ヒロユキ(協会員)、宮脇達、向さすけ、
     向井田りゅう、村瀬修、村松孝一、柳生柳(協会員)、柳たかを(協会員)、山口一笑、
     山根青鬼(協会員)、遊佐喜美男

日本漫画の会HP http://nihonmanganokai.x0.com/

日本漫画の会ブログ http://blogs.yahoo.co.jp/fuusiisan/



デビュー30周年記念 さくらももこの世界展

2016年07月11日

2014年に30周年を迎えたマンガ家・作詞家・脚本家・エッセイストと多彩に活躍する、さくらももこの世界を一堂に集め、全国各地を巡回開催中の記念展覧会が、この夏、北九州市漫画ミュージアムで行われます。

期間:2016年7月16日(土)~9月4日(日)

時間:11時~20時(入館は閉館の30分前迄)
   (7月16日~7月20日、9月1日~9月4日は19時迄)

休館日:7月19日(火)

入場料:大人800円 中高生400円 小学生以下無料
    (常設展セット券:大人1000円 中高生500円)

会場:北九州市漫画ミュージアム TEL 093-512-5077
   〒802-0001 福岡県北九州市小倉北区浅野2-14-5 あるあるCity6階

詳しくは:http://www.ktqmm.jp/kikaku_info/7416





『描く!』マンガ展 ~名作を生む画技に迫る―描線・コマ・キャラ~

2016年07月11日

全国各地を巡回開催した「描く!」マンガ展が川崎市市民ミュージアムで開催されます。

会  場:川崎市市民ミュージアム TEL 044-754-4500
     〒 211-0052 神奈川県川崎市中原区等々力1-2

期  間:2016年7月23日(土)~9月25日(日)
    (前期 7月23日(土)~8月21日(日)、後期8月23日(火)~9月25日(日))

時  間:9時30分~17時(入館は閉館の30分前迄)

休 館 日:月曜日(祝日・国民の休日の場合は開館)、祝日・国民の休日の翌日
     (土・日の場合は開館)

入 場 料:一般800円 学生・65歳以上600円 中学生以下無料
     (本展の半券提示で、2回目の観覧料が通常料金の半額になります。一回限り有効。)

出品作家:赤塚不二夫、石ノ森章太郎、手塚治虫、藤子不二雄Ⓐ(協会員)、水野英子(協会員)、
     あずまきよひこ、さいとう・たかを(協会員)、島本和彦(協会員)、竹宮惠子(協会員)
     平野耕太、PEACH-PIT、陸奥A子、諸星大二郎(敬称略)

詳しくは:http://www.kawasaki-museum.jp/exhibition/drawing-m...



◆対談水野英子氏×丸山昭氏トークショー「トキワ荘の思い出…U・マイアのこと」

7月30日(土)15時40分より
当日14:00からの上映をご覧の方は、無料にて引き続き対談もご覧いただけます。
※対談のみ参加の場合は、当日の『描く!』マンガ展観覧券が必要です(入場は15時30分~)。


◆漫画を描く人々『描く!』マンガ展関連上映

ぼくらマンガ家 トキワ荘物語 7月23日(土)11時~/7月30日(土)14時~(上映後トークショー)トキワ荘の青春 7月23日(土)14時~/7月30日(土)11時~
TATSUMI マンガに革命を起こした男 7月24日(日)14時~/31日(日)11時~
バクマン。 7月24日(日)11時~/7月31日(日)14時~
(上映会の料金は各回 一般600円 学生・65歳以上500円 小中学生・友の会会員400円)

この他にも様々なイベントを開催します。詳しくは川崎市市民ミュージアムHPへ。







大和和紀 画業50周年記念記念原画展 開催

2016年07月11日

6月30日木曜より、池袋の東武百貨店にて、大和和紀 画業50周年記念原画展が開催中です。
大和和紀氏の、半世紀に渡る作品の数々が展示された会場には、多くのファンが訪れ、原画の前で思い出を語り合う姿や、精巧かつ繊細に描かれた原画に食い入る様に魅入る姿がありました。
10日日曜には、サイン会も行われ、会場は多くのファンで賑わっていました。

同展は、7月12日火曜17時まで(最終入場は閉場の30分前まで)の開催です。

掲載画像:©大和和紀/講談社 (写真・文;事務局)


























小山賢太郎氏 葬儀執り行われる

2016年07月11日

7月8日・9日に当協会理事小山賢太郎氏の通夜・告別式がしめやかに執り行われました。漫画家仲間や鎌倉市関係者等大勢の方々が集り、氏との別れを惜しみました。

(写真:会報部UNO、事務局)













アイヌの伝統・文化を題材にした絵本の原作募集

2016年07月08日

〈締め切り〉
2016年10月7日(金)

〈テーマ〉
絵本のテーマ及び内容は、アイヌの伝統や文化に関するものとし、創作でも構いませんが幼児向けの絵本としてふさわしいものとします。
なお、作品のもとにした物語・歌などがある場合、その出典、語り手等を明記し、必要に応じて作者・口演者・翻訳者またはその権利の継承者名による承諾書を添付してください。

〈応募資格〉
特に資格を問いません

〈応募規定〉
・応募作品は、絵本として自作で未発表、他のコンテストなどへの未投稿の作品に限ります
・グループでの共同制作や、複数点の応募も可能です
・制作する絵本は、A4判・長辺綴じ・横開きとします
・表紙・裏表紙の他、ストーリーは28ページ、14の見開き場面に展開できることとして、文字量は500~1,500字程度としてください
・文は日本語に限ります(但し、文中の一部にアイヌ語の単語等を使うことは構いません)
・絵(原画) は、1点のサイズをA4判(1ページ分)またはA3判(見開き2ページ分)とし、表紙・裏表紙とストーリーを合わせて15~30点程度とします
・デジタル制作による応募の場合は、同様のサイズに印刷した絵と併せて、応募メディア(CD-R又はDVD)を提出することとし、使用ソフト名、バージョン、OS等を明記して ください
・作品のねらい・解題を応募時に提出してください(応募申込書参照)

〈応募方法〉
応募原稿に「応募申込書」を添付し、幼児向け絵本の原作として、絵(原画)と文(本文原稿)をお送りください。絵(原画)または文(本文原稿)のいずれかの応募は、選考対象外となります。

なお、絵(原画)には文は掲載せず、別紙に文(本文原稿の用紙等は自由)をまとめ、絵(原 画)の裏面には「作品名・ページ数」を、文(本文原稿)には「作品名・応募者名・ペ ージ数」を明記の上、各ページの絵(原画)に対応する文(本文原稿)がわかるように ご応募ください。

〈注意事項〉
・最優秀作品を平成27年度「幼児向け絵本」の原作とします。ただし、最優秀作品は「幼児向け絵本」制作時には必要に応じて補作することとし、応募者には加筆・修正等のご協力についてお願いする場合があります
・最優秀作品及び制作した幼児向け絵本の著作権は、公益財団法人アイヌ文化振興・研究推進機構に帰属します
・最優秀賞及び入選の応募作品(原画、データー)は返却しません
・奨励賞及び選外の作品は、着払いで応募者に返却しますが、返却する必要がない場合は申し出て下さい
・応募規定、応募作品の取扱いに等に抵触する場合、受賞を取り消すことがあります

〈賞〉

最優秀賞 一点  賞状・賞金50万円
入選 二点    賞状・賞金5万円
激励賞 七点   図書券5千円 
※最優秀賞の賞金より源泉徴収税として賞金額の10.21%が控除されます(※平成28年5月現在)








訃報 法律顧問 千葉憲雄氏

2016年07月08日

当協会法律顧問の弁護士千葉憲夫氏が6月25日に80歳で逝去されました。
通夜・告別式は故人のご遺志により近親者のみで執り行われたとのことです。
慎んで御冥福をお祈り申し上げます。



小さな恋のものがたり みつはしちかこの世界 展

2016年07月08日

会 場:萬鉄五郎記念美術館

    岩手県花巻市東和町土沢5区135番地
    電話番号:0198-42-4402  ファクス:0198-42-4405

会 期:平成28年7月16日(土曜日)から9月25日(日曜日)まで 
    午前8時30分から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)
    月曜休館(月曜が祝日の場合はその翌日)

入館料:一般600円(550円)、高校・学生350円(300円)、小・中学生250円(200円)
    (カッコ内は20名以上の団体料金)

出展作品 マンガ原稿やイラスト原画 約300点
     『小さな恋のものがたり』『ハーイあっこです』『わたがしふうちゃん』など


期間中、同会場でみつはしちかこ氏握手会が行われます。
参加には、萬鉄五郎記念美術館の入館券と整理券が必要です(先着50名)

第1回 日時 平成28年7月17日(日曜日)午後2時から
       整理券配布期間 6月28日(火曜日)午前10時から 7月8日(金曜日)午後5時まで

第2回 日時:平成28年9月4日(日曜日)午後2時から
       整理券配布期間 8月2日(火曜日)午前10時から 8月12日(金曜日)午後5時まで

★期間内でも定員50名になり次第締め切ります。参加当日は、整理券を必ずご持参ください。

詳しくはhttps://www.city.hanamaki.iwate.jp/bunkasports/501...






やなせたかし展 〜アンパンマンとメルヘンの世界〜

2016年07月06日

アンパンマンの作者・やなせたかし氏は、漫画家として以外に、絵本作家や詩人、編集者としても活躍していました。絵本原画やアクリル画、氏デザインの陶器などから、氏の様々な世界に迫ります。

期間:2016年7月16日(土)~9月19日(月・祝)

時間:10時~17時

休館日:月曜日・火曜日(夏休み7月16日~8月31日と祝日は開館)

入場料:中学生以上500円 小学生以下無料

会場:こども陶器博物館 TEL 0572-27-8038

   〒 507-0071 岐阜県多治見市旭ヶ丘10-6-67 美濃焼却センター内

詳しくは:http://museum.kanesho.co.jp/exhibition/index.html





漫画界のレジェンド 松本零士展 宇宙戦艦ヤマト・銀河鉄道999

2016年07月06日

宇宙を舞台に、人間の未来像をテーマとしたSF漫画を描き続ける松本零士氏。本展では、15歳でのデビュー以来、60年以上に渡る創作の歩みをご紹介します。

期間:2016年7月17日(日)~9月4日(日)

時間:9時30分~17時
   (7月29日(金)30日(土)、8月12日(金)・13日(土)・19日(金)・20日(土)・26日(金)・27日(土)は19時迄)

休館日:7月19日(火)・25日(月)、8月1日(月)・8日(月)・22日(月)・29日(月)

入場料:大人1000円(800円) 高大生500円(400円) 小中生200円(100円)
    ()内は前売り、親子料金、リピーター料金、10名以上の団体料金

会場:北海道立釧路芸術館 TEL 0154-23-2381
   〒 085-0017 北海道釧路市幸町4-1-5

詳しくは:http://www.kushiro-artmu.jp/schedule/index.html#ev...





訃報 理事 小山賢太郎氏

2016年07月06日

7月6日(水)、当協会理事小山賢太郎氏が逝去されました。謹んでお悔やみ申し上げます。

通 夜:7月8日(金) 18時〜19時

告別式:7月9日(土) 13時〜14時

場 所:カドキホール
    神奈川県鎌倉市御成町3-5 (鎌倉駅東口より徒歩5分)
    TEL:0467-24-4455 FAX:0467-24-4477

喪 主:小山満智子様(奥様)



2016年07月05日



うしおととら 藤田和日郎の世界展

2016年07月05日

1990年、初連載作「うしおととら」の大ヒットにより漫画界に旋風を巻き起こした藤田和日郎。
今回は、週刊少年サンデーに連載され、代表作となった
「うしおととら」「からくりサーカス」「月光条例」の3作品を紹介します。
今も私たちを魅了する、気迫に満ちた藤田和日郎の世界をご堪能ください。

期間:2016年7月2日(土)〜9月11日(日)

時間:9時30分〜17時

入館料:一般・学生 300円 小・中学生 100円

会場:湯前まんが美術館 TEL 0966-43-2050
   〒868-0621 熊本県球磨郡湯前町1834番地1

詳しくは:http://yunomae-manga.com





怪盗ジョーカー展 〜ミラクルミュージアムへようこそ〜

2016年07月05日

月刊コロコロコミックで大人気連載中の「怪盗ジョーカー」の展示会を開催します。
本展では、漫画にかかわる展示をはじめ、アニメシリーズの資料も展示します。

期間:2016年7月13日(水)〜10月16日(日)

時間:時間:10時〜18時

   入館は17時30分迄。企画展最終日(10月16日)は16時で閉館

休館日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合、その翌平日が休館日)

会場:杉並アニメーションミュージアム TEL 03-3396-1510
   〒167-0043 東京都杉並区上荻3-29-5 杉並会館3階

詳しくは:http://sam.or.jp





フクちゃん生誕80年記念 フクちゃんとあそぼう! 〜ペーパーアートとおもちゃで“昭和”〜展

2016年07月05日