東京都青少年健全育成条例改正案への声明文

2010年05月28日


東京都青少年健全育成条例改正案への声明文


社団法人日本漫画家協会
理事長 やなせたかし

 社団法人日本漫画家協会は、平成22年2月24日と議会に提出された東京都青少年の健全な育成に関する条例の改正案を受け、以下の通り声明する。

 日本の漫画は、これまでも一定のルールに基づきつつ創作され、他国諸地域に見ない広い裾野を持つ文化として伸びやかに発展を遂げて来た。

 青少年を健全に育成することは万人が望むところであり、当協会も切にそれを願うものであるが、このたびの改正案による基準では、本来一般書として販売されるべき作品にまで規制が及びかねない表記となっており、創作者の立場からは到底容認出来ない。

 新たな規制対象作品を、これまで以上に第三者による判断によって生みだすことは、どれほどの手続き、公平さを持ってしても、結局その判断は主観的にならざるをえず、適用される側の過剰な自制が働く結果として表現規制につながってしまう。

 青少年に節度ある読書環境を構築してゆくことは、社会全体が取り組むべき課題であり、我々創作者も大きな責務を負うべきであるが、本来望まれる規制の効果を超えて表現を圧迫するリスクが大きいとすれば、その社会的損失は計り知れない。

 都にはむしろ奨励する漫画作品を率先して選定、評価することをもって青少年に読ませたい「良書」とはかくあるべき、と指し示して頂きたいものである。

 我々は、創作活動の健全なる自由さを享受するだけでなく、今後も引き続き倫理観を持ち、社会的責任を自覚した創作活動を進めていく決意を新たにするとともに「改正案」に強く反対する事を表明し、声明とする。



*******************************************************************************




社団法人日本漫画家協会は、平成22年2月24日東京都議会に提出された東京都青少年の健全な育成に関する条例の改正案(以下「改正案」と称する。)について疑義を有するため意見を表明します。

当協会は、改正案の理由ないし目的が青少年の健全な育成をはかるためのものでありこの点について異論をはさむものではありません。しかし、その目的を達成するための手段において憲法上の問題が生じる可能性があるためさらに掘り下げて検討する必要があるものと考えます。

そもそも表現を規制する場合には表現やそれを保護することの繊細さに重点を置かなければなりません。表現の自由を代表とする精神的自由権は一度壊されると治癒不可能なデリケートな権利であるからです。このことは近代的意味における憲法が登場するまでの歴史的過程において経験上確立された観念であります。

憲法21条1項が保障する表現の自由には、これを保障するための理論およびこれを規制するための理論が数多く存在することはいうまでもありません。表現の自由は優越性の原則、事前抑制禁止原則、明確性の原則といった諸原則によって保障されています。たとえば、優越性の原則から生じる「二重の基準論」によれば表現を規制する条例などは厳格な審査基準によりその合憲性が判断されることになります。また、その条例は違憲である、と主張する者があった場合には違憲性の推定が働き、東京都の側において合憲であることを立証しえない限り違憲であるとの主張を覆すことはできないわけであります。それゆえ条例が達成しようとしている目的と、その目的を達成しようとしている手段との関係および手段自体において憲法上の問題が生じないよう十分に検討していただくよう要望する次第であります。

また、条例中の文言等が不明確であれば、漫画家など作家が表現活動を行う場合に自己検閲(self-censorship)に陥り表現の萎縮的効果が生じることはいうまでもなく明確性の原則に関する憲法上の重大な問題となります。

さらには、行き過ぎたパターナリズム(paternalism)になる危険性も孕んでおり、漫画家、出版者、インターネット事業者などが有する憲法22条1項の権利との関係でも問題が生じる可能性があるためさらなる検討が必要であると考えております。

以上のことから条例案には疑義があるため慎重な配慮のうえ審議願いたく意見を表明するものであります。

 
 

2010年度 第39回日本漫画家協会賞 決定

2010年04月20日

2010年度 第39回日本漫画家協会賞

 社団法人日本漫画家協会(やなせたかし理事長・会員数約500名)は、漫画文化の普及と漫画界の向上発展をはかる目的のもとに優秀作品を顕彰するため、1972年より「日本漫画家協会賞」を設けています。

 日本漫画家協会賞選考委員会は先に募集いたしました協会賞の候補作品について、5月7日(金)午後1時より社団法人日本漫画家協会事務局に於いて厳正に選考を行った結果、下記の方々に決定致しました。

 尚、贈賞式は、6月11日(金)午後6時より、グランドプリンスホテル赤坂に於いて行います。

2010年5月7日

   日本漫画家協会賞選考委員会
委員長  やなせたかし
委 員  小野耕世 ・ バロン吉元

     清水 勲 ・ 牧野和子

     多田ヒロシ・ 松谷孝征
     永井 豪 ・ みつはしちかこ
     中野晴行 ・ 森田拳次
     中山星香 ・ 矢口高雄
     西田淑子
           


社団法人 日本漫画家協会

〒160-0001 東京都新宿区片町3-1

      YANASE兎ビル
TEL:03-5368-3783
FAX:03-3341-0662




            ──────── 受 賞 者 ────────



◎ 大  賞(金彩プレート盾、メダル、副賞として賞金50万円) 2名 

   安倍夜郎(あべやろう)氏
     作 品 名 「深夜食堂」 小学館刊
     受賞理由 シンプルなタッチで綴った大人のメルヘン。
          人を見る目がやさしく深く、ラストのひねりには
          いつもうならされる。

   鮎沢まこと(あゆさわまこと)氏 
        作 品 名 「TWILIGHT HOSPITAL 院内感染笑候群」描きおろし作品
        受賞理由 八十歳過ぎてもあのブラックなアイデアはヒトコマ漫画家の
          目標。願わくばこの作品を本にしてくれる時代が
          早く来ることを祈りたいと思います。


◎ 優 秀 賞(銀彩プレート盾、メダル、副賞として賞金20万円) 1名

  ながやす巧(ながやすたくみ)氏
    作 品 名  「壬生義士伝」(原作・浅田次郎氏)
          角川書店刊 現在は別冊少年マガジン連載
    受賞理由  作品は寡作だが漫画の王道をを行く堂々たる描写力と
          表現力を遺憾なく発揮、また絵のディティールを大事に
          描き込んでいる入魂の作品。


◎特 別 賞 (銀彩プレート盾、メダル、副賞として賞金20万円) 1名

  山根青鬼(やまねあおおに)氏
        「 全業績に対して」
   受賞理由  漫画歴60年にわたる永い執筆。今もみずみずしい
         四コママンガを精力的に描いている。
         そのたゆまぬ活動に拍手を送る。

◎文部科学大臣賞 (文部科学大臣表彰状)

  水野英子(みずのひでこ)氏
    「全作品」
  受賞理由 戦後の我国の漫画の革新の時代から現在まで不断の努力を続けて、
       独自の境地を切り開いてきた功績は凄い。

 
 

今年度 第39回日本漫画家協会賞作品募集開始!

2010年03月25日

いよいよ2010年度『第39回 日本漫画家協会賞』の作品募集が3月20日より開始されました。 早くも応募、推薦作品が続々と協会事務局に集まって来ています。 詳しい募集内容については『コンペティション情報』をご覧下さい。

 
 
2010年03月10日

2009年9月23日、当協会会員の牧かずま氏がくも膜下出血のため逝去されました。
葬儀はお身内のみで行われました。謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

 
 
2010年03月09日

3月1日(月)、YANASE兎ビル3F会議室に於きまして「年度末総会」が開催されました。
会員の皆さんには、例年通り文書(葉書)でもって招集と換えさせて頂きました。
平成22年度、収支予算案が出席理事により承認されました。

(写真:事務局)

  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
写真 8
 
 
2010年02月19日

2010年2月19日(金)午後2時〜4時、協会事務局に於きまして、会員の為の税金相談会が、協会監事の税理士法人金森事務所の税理士金森岳司監事と山根青鬼監事により行われました。

  •   
  •   
  •   
  •   
写真 4
 
 

入会の件でご連絡いただいた方へ

2010年02月16日

先週当協会へのご入会に関してFAXをお送り下さった方、白紙で受信されてしまったため資料がお送り出来ない状態です。
まだお手元に郵便が届かないなどお心当たりの方は協会事務局までご一報下さい。(通常は2〜3日でお送りしています)

 
 
2010年01月04日

1月1日、当協会名誉会員の大野鯛三氏が老衰のため101歳で逝去されました。
葬儀はお身内のみで行われるとのことです。謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

 
 

明けましておめでとうございます

2010年01月01日

2010年もよろしくお願い申し上げます。
会員・賛助会員の皆さまからたくさん年賀状を頂きました。ありがとうございました。

  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
写真 11
 
 

日本パラリンピック支援機構・チャリティオークション

2009年12月03日

11月30日協会協力事業『日本パラリンピック支援機構・パラリンピックチャリティオークション』に出品するサイン入カレンダーと協力される理事の写真撮影が行われました。

※近々行われるオークションについては決まり次第お知らせ致します。ぜひ皆様ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

  •   
  •   
  •   
写真 3
 
 
71〜80件 / 全97件

 

© Japan Cartoonists Association