事務局より

2009年09月08日掲載

協会新ホームページに新たな機能がいろいろ追加され、とても使いやすくそして見やすくなりました。

※モバイル機能でどこでも携帯電話からアクセス出来、展覧会情報がすぐ見る事が出来るようになりました。

※見たい展覧会情報がその部分だけすぐプリント出来るようになりました。(記事の右上にあるプリンターのアイコンをクリックして下さい)

※行きたい展覧会会場の地図をグーグルマップで見る事が出来るようになりました。(記事の右上にある四角い地図の絵のアイコンをクリックして下さい)
 

事務局より

2009年07月29日掲載

7月28日、会員の平井一雄氏が食道ガンのため76歳で逝去されました。謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

通 夜 7月30日(木)午後6時より
告別式 7月31日(金)午前10時より

場 所 岡山南典礼会館
    岡山市福浜西町6-10 TEL:086-265-0500
 

事務局より

2009年07月21日掲載

協会『会員専用掲示板』が、使えるようになりました。
ID&パスワードは以前のものと変わりありませんので、どうぞお使い下さいませ。
 

事務局より

2009年07月07日掲載

沖縄支部、島袋直子支部長よりウェブマンガ「コミックチャンプルー」に、「第38回日本漫画家協会賞贈賞式」の記事を掲載したという案内が来ました。
どうぞご覧ください。

http://comichan.com/modules/tinyd3/index.php?id=11
 

事務局より

2009年06月24日掲載

 協会ホームページをご覧の皆様、只今メンテナンス中につき一部中止された状態になっております。誠に申し訳ありませんがしばらくお待ち下さいせ。
 
また、会員の皆さま用の掲示板はリニューアルに伴い、只今使用できなくなっております。こちらもしばらくお待ち下さいます様、よろしくお願い申し上げます。
 

事務局より

2009年06月12日掲載


The Authors Guild, Inc., et al. v. Google Inc.,事件 [(事件番号:05 CV 8136 (S.D.N.Y.) 以下、「当該事件」と称する。] において先ごろ米国連邦裁判所(合衆国南ニューヨーク地区連邦地方裁判所)から和解について予備的承認が下された旨の通知が、Google Inc.(以下、「Google」と称する。)側から同社のホームページをとおして、注意しないと見つけにくい形ではありますが、公開されました。いわゆるGoogle Book Search著作権集団訴訟和解案(以下、「当該和解」と称する。)であります。そこには「米国外の著者およびパブリッシャーの方への注意: 本和解は、貴殿の権利に影響することがあります。」などといった文言があるため、日本漫画家協会(以下、「当協会」と称する。)はこれらに対し自らの意見ないし意思を表明するものであります。

当協会は当該事件での原告であるThe Authors Guild, Inc.などに所属する団体ではありません。また、当該訴訟がアメリカ合衆国特有の訴訟形態である「集団訴訟 ”Class Action” 」によるものであるとしても、集団訴訟のデメリット等を勘案すれば、ベルヌ条約の精神ないし条項に照らしても、また、我が国の民事訴訟法等の観点からしても、当該訴訟における和解は当協会ならびに当協会の会員等構成員(以下、「構成員」と称する。)に対しては無関係であると確信しております。それゆえ当協会は当該和解に応じるものでもありません。さらにこのことは却って、たとえGoogle Book Searchが米国内だけで有効なものであっても、ベルヌ条約同盟国の国民としてGoogleに対して著作権を主張ないし行使するのになんら影響を受けるものではないと考えております。

したがって当協会または当協会の構成員の創作にかかる著作物その他の知的財産ないし当協会または当協会の構成員が有する著作権等の知的財産権に関し、Google Book Search等名称の如何を問わず、Google(Googleのグループ会社等も含む)が無断でわれわれの創作物等を使用することを拒否します。

なお、当協会の正当な権利を有する各々の構成員に対してGoogleが個別に契約を締結し、その著作物等を利用する場合においては、当協会は原則としてこれを否定するものではありません。

以上のとおり声明します。


平成21年5月

社団法人 日本漫画家協会
 

事務局より

2009年06月12日掲載

2009年5月8日、協会事務局に於きまして「第38回日本漫画家協会賞」選考会が開催されました。
 

事務局より

2009年06月12日掲載


         2009年度 第38回日本漫画家協会賞

 社団法人日本漫画家協会(やなせたかし理事長・会員数約500名)は、漫画文化の普及と漫画界の向上発展をはかる目的のもとに優秀作品を顕彰するため、1972年より「日本漫画家協会賞」を設けています。
 日本漫画家協会賞選考委員会は先に募集いたしました協会賞の候補作品について、5月8日(金)午後1時より社団法人日本漫画家協会事務局に於いて厳正に選考を行った結果、下記の方々に決定致しました。
 尚、贈賞式は、6月12日(金)午後6時より、グランドプリンスホテル赤坂に於いて行います。

2009年5月8日
   日本漫画家協会賞選考委員会
     
委員長  やなせたかし     
委 員  小野耕世 ・ バロン吉元
     清水 勲 ・ 牧野和子
     多田ヒロシ・ 松谷孝征
     永井 豪 ・ みつはしちかこ
     中野晴行 ・ 森田拳次
     中山星香 ・ 矢口高雄
     西田淑子           

社団法人 日本漫画家協会
〒160-0001 東京都新宿区片町3-1
       YANASE兎ビル
TEL:03-5368-3783
FAX:03-3341-0662
http://www.nihonmangakakyokai.or.jp

            ──────── 受 賞 者 ────────

◎ 大  賞(金彩プレート盾、メダル、副賞として賞金50万円) 2名 
   西岸良平(さいがんりょうへい)氏
     作 品 名 「鎌倉ものがたり」 双葉社刊
     受賞理由 ユニークな画風、水木しげるの妖怪とはひと味ちがった
           ユーモラスな化けもの達、ナンセンスの中にペーソスがただよう
           傑作。

   所ゆきよし(ところゆきよし)氏
   作 品 名 「政治漫画」毎日新聞連載
   受 賞 理 由     当代一の政治漫画似顔絵師。寄り目、二頭身の愛嬌ある
          キャラクターに変えられては誰も怒れない。


◎ 優 秀 賞(銀彩プレート盾、メダル、副賞として賞金20万円) 1名
   五十嵐大介(いがらしだいすけ)氏
    作 品 名   「海獣の子供」小学館刊
    受賞理由  今日的なテーマを新鮮なイマジネーションと見事な表現で描き、
          コミックスの新しい時代を予見させる秀作。

◎特 別 賞 (銀彩プレート盾、メダル、副賞として賞金20万円) 1名
    うゑださと士(うえださとし)氏
     作 品 名  「懐かしの昭和30年代色紙画展」 展覧会作品
     受 賞 理 由  色紙画展をまとめた作品だが、展示連載マンガの迫力ある感動
            にあふれています。

 ◎ 文部科学大臣賞 ( 文部科学大臣表彰状 )
    北見けんいち(きたみけんいち)氏
     「全作品」  
     受賞理由  変わらぬ庶民の視座で丁寧なコマ割りで、永年書き続けてきた氏
           の全作品の功績に対して。
 

事務局より

2009年06月12日掲載


当協会に文化庁を通じて総務省より表記の件でご連絡をいただきました。
改正国家公務員法の関係で 「国と特に密接な関係がある」法人(密接特民法人)かどうか文書で公表するようにとのことで、下記の通り公表致します。

________________________________________



                            平成21年4月16日

                            社団法人日本漫画家協会


   「国と特に密接な関係がある」特例民法法人への該当性について(公表)

   

当法人は、国家公務員法等の一部を改正する法律(平成19年法律第108号。以下「改正法」という。)による改正後の国家公務員法(昭和22年法律第120号。以下「改正国公法」という。)第106条の24第1項第4号及び改正法附則第12条並びに独立行政法人通則法(平成11年法律第103号。以下「改正独法通則法」という。)第54条の2第1項において準用する改正国公法第106条の24第1項第4号及び改正法附則第10条において準用する改正法附則第12条、職員の退職管理に関する政令(平成20年政令第389号。以下「退職管理政令」という。)第32条及び附則第4条、特定独立行政法人の役員の退職管理に関する政令(平成20年政令第390号。以下「役員政令」という。)第18条及び附則第3条、職員の退職管理に関する内閣府令(平成20年内閣府令第83号)第9条及び附則第3条、並びに特定独立行政法人の役員の退職管理に関する内閣府令(平成20年内閣府令第84号)第8条及び附則第3条の諸規定に関し、「国と特に密接な関係がある」特例民法法人に該当しないので、その旨公表いたします。



[本件連絡先]               
電話 03-5368-3783
FAX 03-3341-0662
 

事務局より

2009年06月12日掲載


社団法人日本漫画家協会
2009年度 第38回
日本漫画協会賞 作品募集要項

現在社団法人日本漫画家協会では第38回日本漫画協会賞の募集を行っております。
非会員の方の応募につきましては、下記実行委員会へお問い合わせ下さい。規定の書類をお送り致します。

● 応募資格 プロ、アマ、国籍、年齢、性別を問わず誰でも応募出来る。

● 応募作品 (イ)2008年中に発表または制作した主パン物または描き下ろし作品。
      (ロ)大きさはB2以下とする。ガクブチ入り、立体、レリーフの類は
         作品を写真撮影の上、素材、大きさを記して応募すること。
      (ハ)作品には必要事項を明記した「応募票」を必ず添付すること。
      (ニ)非会員の応募は1点に付き応募料¥5,000を郵便小為替、切手等で
         納入のこと。納入のない場合は選考外とする。

● 作品提出 2009年3月20日から4月17日まで。下記へ持参または送付のこと。
     (下記以外の場所へ提出されたものは選考の対象とされない。)
      〒160-0001東京都新宿区片町3-1 YANASE兎ビル
            社団法人日本漫画家協会漫画賞実行委員会

● 推  薦(イ)会員は自分以外の作品を推薦すること。
     (ロ)推薦作品の提出は応募作品に準ずる。

● 作品返却 選考修了後、応募作品の返却を希望する場合は、その旨応募票に明記の上、
      郵送料を同封すること。

● 選  考 2009年5月8日(金) 選考委員が公平かつ厳正に選考する。

● 選考委員 やなせたかし(委員長)、小野耕世、清水勲、多田ヒロシ、永井豪、
      中野晴行、中山星香、西田淑子、バロン吉元、牧野和子、松谷孝征、
      みつはしちかこ、森田拳次、矢口高雄

● 発  表 選考修了後ただちに発表する。受賞者には委員会より通知される。

● 賞     大賞=金彩レリーフプレート楯、メダル、副賞として賞金50万円
      特別賞=銀彩レリーフプレート楯、メダル、副賞として賞金20万円
      文部科学大臣賞=文部科学大臣賞状

● 贈 賞 式 2008年6月12日(金)、グランドプリンスホテル赤坂において行われる。

日本漫画家協会賞実行委員会
〒160-0001東京都新宿区片町3-1 YANASE兎ビル
社団法人日本漫画家協会事務局内
TEL:03-5368-3783 FAX:03-3341-0662

※過去の受賞作品につきましては、こちらをご参照下さい。
http://www.nihonmangakakyokai.or.jp/jushou.html
 
111 〜 120 件 / 全 125件

 

© Japan Cartoonists Association