漫協ニュース

2018年03月15日掲載

2018年3月12日(月)〜17日(土)まで、東京都中央区銀座にあるギャラリーSTAGE-1にて「春の賑わい展」が開催されています。
タイトルに「似顔絵、アニメ、漫画大会」とつくように内容は著名・有名人の似顔絵からどこかでみてきたようなキャラクター、コミックタッチのイラストまで内容はとても色とりどりで、正に春の賑わいを表す展覧会となっています。

*会期中は無休ですが、最終日は16時閉場となりますのでご注意ください

続きを読む

 

漫協ニュース

2018年03月12日掲載

2018年3月12日(月)〜17日(土)、東京都中央区銀座にあるギャラリー「La Mer(ラ メール)」にて女流漫画家、イラストレーターによるエロの世界「エロ展」が開催されています。

こじんまりしたギャラリーにはクリエイターそれぞれ思い思いのエロスが描かれ、可愛くコミカル、けれどどこかが淫靡な女性ならではの世界観が広がっています。

初日には18時頃から小一時間ほどではありますが、簡単なオープニングによせての乾杯も予定されていますので御都合宜しい方は是非お越しください、とのことです。

続きを読む

 

漫協ニュース

2018年03月12日掲載

現在開催中の「おきあがりこぼしプロジェクト明治大学展」では、会期中様々なイベントを予定しています。

震災の日である3月11日には、「マンガ家の社会貢献としてのおきあがりこぼしプロジェクト」と題して、ちばてつや理事長、森田拳次常務理事によるトークイベントが、近隣の明治大学リバティータワーにて行われました。
司会進行は米沢嘉博記念図書館のスタッフ、ヤマダトモコさん。

この日、おきあがりこぼしプロジェクトの大元・パリの事務局の渡辺実さん、おきあがりこぼし制作の野沢民芸品制作企業組合の絵付師早川美奈子さんもお見えになり、ご紹介とご挨拶からスタートしました。

続きを読む

 

漫協ニュース

2018年03月12日掲載

現在、明治大学米沢嘉博記念図書館にて開催中の「おきあがりこぼしプロジェクト 明治大学展」にて2018年3月10日(土)、山根青鬼一門会によるおきあがりこぼしのライブペインティングイベントが開催されました。
現在展示中のおきあがりこぼしよりもぐっとサイズダウンしたこぼしたちに絵付けをするのは少々てこずる面もあったようですが、出来栄えは一様に素晴らしく、可愛らしいこぼしたちが揃いました。

この日の一門会メンバーは、山根青鬼、小河原智子(うすずみ鬼)、辻下浩二(にが鬼)、はざま隆治(ごましお鬼)、藤井龍二(そら(宙)鬼)、柳生柳(わかくさ鬼)、他ゲスト参加もありました。

続きを読む

 

漫協ニュース

2018年03月08日掲載

高知市文化プラザかるぽーとにて 3月3日(土)4日(日)の2日間

参加漫画家
あおきてつお、うえやまとち、魚戸おさむ、大沢俊太郎、小川悦司、くさか里樹、倉田よしみ
さだやす圭、下條よしあき、新谷かおる、高橋陽一、はしもとみつお、浜田ブリトニー、ひのもとめぐる

続きを読む

 

漫協ニュース

2018年03月07日掲載

2018年3月5日(月)〜10日(土)の期間、銀座のギャラリーSTAGE-1にて春の現代「歌舞伎絵」展を開催中です

期 間:2018年3月5日(月)〜10日(土)

時 間:12時〜19時(最終日は16時まで)

会 場:ギャラリーSTAGE−1
    〒104-0061 東京都中央区銀座1-28-15 鈴木ビル1階
    TEL 03-3562-5181

続きを読む

 

漫協ニュース

2018年03月05日掲載

春の陽ざしが暖かい3月4日(日)、江東区の森下文化センターにて森下フェスティバルが開催され、そのイベントとしてyun氏による「のらくろ・デコぬり絵®教室」と山根青鬼氏による「のらくろお絵かき教室」が行われました。
今回のデコぬり絵®は、青鬼氏の描いたのらくろと新キャラクター”のらこちゃん”ということもあり、参加者は大人も子供も、中にはプロの方も入り混じっての大盛況となり、また、そこに作者の青鬼氏が参加してさらに大賑わいとなりました。

青鬼氏のお絵かき教室も、大勢の親子連れが参加し、墨と筆でさらさらとのらくろを描く氏に「すごいね」「さすがだね」と語り合う参加者の姿がありました。

続きを読む

 

漫協ニュース

2018年03月05日掲載

3月3日(土)14時から、横浜市民ギャラリー4階アトリエにて「横浜市民ギャラリーコレクション展2018 写真と素描でたどる横浜 1950-1980年代を中心に」展の関連イベントとして、アーティストトーク「ヒサクニヒコの横浜談義」が開催されました。
横浜の歴史にヒサ氏の歴史を重ね、その当時の氏の作品や、1978年に行われたヨコハマ漫画フェスティバルでの貴重な映像を見ながら思い出が語られ、戦後から移ろいゆく横浜の街の話のみならず、動物や恐竜、戦争や忍者、旅行など氏の多方面にわたる多彩な知識の話で大いに盛上がり、「漫画家仲間が来てくれているんだけど、今日は”ひな祭り”じゃなくて”ヒサ祭り”だね、って言われたよ」と笑顔で語る氏に、約70名の来場者も笑顔で話に聴き入っていました。
またトークイベント終了後にはサイン会が行われ、満面の笑みで1冊1冊丁寧にサインをする氏の姿が印象的でした。

続きを読む

 

漫協ニュース

2018年02月28日掲載

2018年2月16日(金)~27日(火)まで、中野ブロードウェイの墓場の画廊にて、「中山星香原画展」が開催されました。
会場では中山星香氏のご厚意で写真撮影がOKとあって、展示された新旧取り揃えた原画に、来場者は皆、カメラ片手に張り付き夢中となっていました。
また、壁には氏への巨大なメッセージボードが設置され、来場者の熱い想いが綴られていました。

続きを読む

 

漫協ニュース

2018年02月28日掲載

先日執り行われた日本国際漫画賞授賞式典、厳粛なムードの中、皆さんフォーマルで人ごみにまみれながらの懇親会でした。
私の中で用意できてた各国語は「こんばんは」「おめでとう」「ありがとう」だけ…(スペイン語はもうちょこっと)。
周りはガヤガヤの立食。
これじゃまんが家同士、ろくに話せないじゃん?!

続きを読む

 
51 〜 60 件 / 全 1557件

 

© Japan Cartoonists Association