漫協ニュース

2019年03月12日掲載

2014年から当協会が協力を行っているおきあがりこぼしプロジェクトですが、今年度は北九州市漫画ミュージアムより巡回展がスタートしました。

小倉駅近くのポップカルチャー商業施設の「あるあるCity」。この施設の5・6階にミュージアムがあります。事務局では3月9日(土)の初日に伺い、学芸員の柴田さんに施設のご案内していただきました。

小倉は松本零士氏の出身地であり、ミュージアムでも常設展では松本氏をメインとし、受付はメーテル、入ってすぐハーロックが現れたりと、気分が高まります。

続きを読む

 

漫協ニュース

2019年03月11日掲載

3月2日・3日の二日間、総勢21人の漫画家とゲストを集め、5回目になる漫画家大会議が開催された。
メイン会場は高知市文化プラザかるぽーと。

参加漫画家(五十音順・太字協会員)
あおきてつお、安倍夜郎、うえやまとち、大沢俊太郎、くさか里樹、下條よしあき、玉川重機、てしろぎたかし、内藤泰弘、はしもとみつお、ひのもとめぐる、姫川明輝、藤沢とおる、藤島康介、藤本正二、本庄敬、正木秀尚、Moo.念平、村岡マサヒロ、森田将文、山田ゴロ の各氏

続きを読む

 

漫協ニュース

2019年03月11日掲載

2019年3月10日、西新宿のオカオカハウスにて「山根青鬼 漫画教室イベント」が開催されました。

山根青鬼氏をはじめ、講師としてのむらしんぼ氏、御茶漬海苔氏、浜田ブリトニー氏が参加する豪華なイベント。
漫画を描いてみたい、絵を描いてみたい、と言う参加者に対し、山根氏がカゲマンやのらくろを実際に描いて見せ、漫画家になったエピソードや漫画についてを語りながら指導。のむらしんぼ氏はギターを持ち出し歌を歌いながら指導し、御茶漬海苔氏もドラムのスティックを持ちながらリズムを取りつつ指導すると言う、楽しい雰囲気に。浜田ブリトニー氏がまとめ役となり、参加者は楽しみながら「自分なりのカゲマン」と言う課題をこなしました。
漫画に興味を持った、楽しかった、と参加者も笑顔のイベントとなりました。

続きを読む

 

漫協ニュース

2019年03月08日掲載

今年もやってきました日本国際漫画賞!
たくさんの国から、たくさんの応募。
どれもこれも、「これいい」「ああ、これもいい」「これのここは見所じゃないか」「いやいやちょっと待て」など、審査員の間でも、何度も点数をつけて投票を繰り返し大賞と優秀賞が決定します。

大賞の「黒い塔」は、最初の投票から満場一致でした。
…なのに、まだ本国では出版されていないという…ぜひこれを機会に!名作ですから…出版に至って欲しいものです。

続きを読む

 

漫協ニュース

2019年03月08日掲載

外務省がポップカルチャーを活用した文化外交の一環として、海外への漫画文化の普及と漫画を通じた国際文化交流に貢献した漫画作家を顕彰、日本漫画家協会が審査委員協力を行っている第12回日本国際漫画賞授賞式が、2月26日、都内飯倉公館にて執り行われました。

今回は68の国・地域から331作品の応募があり、最優秀賞1作品、優秀賞3作品、入賞11作品が選ばれました。
授賞式では、最優秀賞及び優秀賞の受賞者(以下記載)に、河野太郎外務大臣から賞状が、里中満智子審査委員長からトロフィーが授与されました。

続きを読む

 

漫協ニュース

2019年03月06日掲載

東京・文京区の弥生美術館で好評開催中の「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」は、会期後半で作品の一部入れ替えが行われました。

会期中には何度かイベントが行われます。3月2日(土)には、バロン氏のご息女、エ☆ミリー吉元氏による司会進行で「寺田克也氏×山田参助氏」のトークイベントが行われました。

今回は特にバロン氏の画家としての側面にスポットを当て、セツ・モードセミナーで学ばれたり、連載を全て終わらせての渡米、大阪芸術大学で教授をされながらの執筆などを会場の作品やスクリーンを通して紹介。縦横無尽なバロン氏の活動歴には寺田氏と山田氏も唸るばかり。

続きを読む

 

漫協ニュース

2019年03月04日掲載

2019年3月1日(金)、帝国ホテルにて「第64回 小学館漫画賞 贈呈式」が開催されました。

【 受 賞 者 】
児童向け部門
 『12歳。』 まいた菜穂 氏
少年向け部門

続きを読む

 

漫協ニュース

2019年03月04日掲載

 2月20日から25日まで関西ブロック展を「平成かけこみ漫画展」と銘打ち京都・アートギャラリー北野にて開催しました。
11名の会員が計40作品を披露しました。今回は文楽の人形遣いとして知られる会員の桐竹勘十郎氏が初参加されました。
おかげ様で普段漫画に縁遠い勘十郎ファンの大勢の皆様にご来場いただきました。「こんな漫画があるのねえ」「いやあ

続きを読む

 

漫協ニュース

2019年02月21日掲載

鬼ンピック展は会場を移動してから追加作品も加わり、華やかな様子です。

2月17日(日)には、改めてイベントを開催。
似顔絵・漫画教室・マジックショー・怪談話と、盛りだくさん! 多くのお客様がお見えになりました。
最後には、来場された方皆参加のパーティーとなり、楽しい1日となりました。

(写真:文 事務局)

 

漫協ニュース

2019年02月21日掲載

2019年2月17日(日)、東京都江東区にある東京ビッグサイトにて、オリジナル創作系同人誌即売会「コミティア127」が開催、同即売会場内では文星芸術大学卒業製作展特別企画として、同大学で教鞭をとり、当協会会長であるちばてつや氏による「マンガの授業」が開催されました。

今回で127回目の開催となる東京コミティアは年々勢いを増し、今回はフロアも拡大、1F〜4Fの展示室から吹き抜けスペースまでふんだんに使用していて、場内は大勢の来場者と出展者によって大変な賑わいとなっていました。出張編集部には未来の漫画家を夢見て作品を持込む作家の卵たち、会場内はお目当てのブースを目指して目を輝かせる来場者、そして出展者には協会員や、縁のある作家たちの姿も増え、かつてマンガ家協会賞を受賞したあだちのりふみ氏や、今回は地方から、中国ブロック長であるとだかづき氏の姿も見られました。

続きを読む

 
31 〜 40 件 / 全 1686件

 

© Japan Cartoonists Association