漫協ニュース

2017年12月11日掲載

日蓮宗の寺院である本立寺では、12月9日にお会式(おえしき)の法要が行われ、本立寺から武蔵関駅北口の間で「関のボロ市」が開催され、浜田ブリトニー氏(協会員)を始め、岩田和久氏、武富健治氏、小野さゆり氏が似顔絵イベントを行いました。

寒い中、野外でのイベントでしたが、ボロ市にいらしたお客様が笑顔で列に並び、似顔絵を描く側も笑顔に。似顔絵を手にしたお客様が喜んでいらっしゃる姿がとても印象的でした。

(写真・文 会報部・岸田尚)

 

漫協ニュース

2017年12月07日掲載

2017年11月17日(金)~12月12日(火)まで阿佐ヶ谷アニメストリートにて、相馬野馬追応援、漫画家・イラストレーター・アニメーターによる第六回武者絵展が開催されています。

阿佐ヶ谷の駅から高架下ショッピングセンターと駐輪場を抜け、阿佐ヶ谷アニメストリートの一番奥にその会場があります。入口を入ると、これまで来場されたゲスト様の色紙がお出迎え!

中に入ると100枚の、様々なジャンルの武者絵がずらりと並びます。当日は平日にも関わらず、沢山の方で賑わっていました。また、100名の作品の他にも、イベントで来られた先生のライブイラストも飾られてます。

続きを読む

 

漫協ニュース

2017年12月05日掲載

2017年12月2日(土)〜12月14日(木)、東京都千代田区にある山脇ギャラリーにて、バロン吉元氏主宰の「第4回 キャラクターアート展」が開催されています。

今までで一番数多くの出展者が集ったという今回、広々とした会場内には作品群がぎっしり、平面から立体、大きな作品、さまざまな力作が並んでいます。

そして初日、会場へは大勢の来場者が詰めかけ、バロン氏の乾杯の音頭と共にオープニングパーティーがスタート。
フロア中に笑い声が響く中、この日訪れたウルトラマン俳優の1人、きくち英一氏の周りにはファンが殺到、あちこちで見られる出展者と氏の、作品の前でスペシウム光線の嵐、これでは怪獣もたまったものではないなず、とまた笑い声。

続きを読む

 

漫協ニュース

2017年12月05日掲載

2017年11月23日(木/祝)、東京都江東区にある東京ビッグサイトにて、オリジナル創作物を中心とした即売会「コミティア122」と、世界中のコミックを愛する人へ向けた即売会「海外マンガフェスタ」が同時開催されました。

年末開催予定、冬のビッグイベント「コミケット」を直前にして、出展者数も落ち着き気味かと思いきや「自分にはティアが本番」と、新刊勝手に笑顔を向けてくる出展者たちも少なくなく、イベント自体でも企業ブース、出張編集部と企画も盛りだくさん。
いつもの盛況ぶりを見せてくれていました。

一方、同会場内で同時開催されていた海外マンガフェスタも、規模こそ大きくはないですが勢いは開催ごとに増すようで、特に今回は海外に加え国内からの出展も目立ち、特設ステージでのトークショーも満員御礼。
ブースごとのサイン会や、各企画にも大勢の海外コミックファンが集っていました。

続きを読む

 

漫協ニュース

2017年12月05日掲載

東京・新宿のアパレルショップ「アビエタージュ新宿店」にて、現在岸田尚個展「アビエタージュの昼と夜」が開催中です。
コルセットを中心としたファッションブランド「アビエタージュ」と岸田氏の独特の雰囲気がマッチした展覧会になっています。

同展は、12月28日(木)まで開催しています。

展覧会情報はこちら

続きを読む

 

漫協ニュース

2017年11月27日掲載

河崎実監督の特撮映画の撮影が11/26に行われた。
日本漫画家協会の一本木蛮氏、永野のりこ氏のお嬢様が主要キャストで、岸田尚も拙い台詞を持って出演する。
詳細はまだ情報解禁とはなっていないが、写真等、河崎実監督の許可を得て掲載させていただく。

来年の春には皆様の前へ発表される予定。
続報をお待ち頂けましたら、幸いです。

続きを読む

 

漫協ニュース

2017年11月27日掲載

2017年11月19日(日)、東京都渋谷区青山にある東京ウイメンズプラザにて、「第9回環境教育ポスターコンクール」の表彰式が開催され、当協会の理事、事務局長など、関係者が出席しました。

受賞作品が展示された会場に、壇上ではダンスパフォーマンス、表彰式も滞りなく進み、最後は受賞者家族や審査員、ゲストも交えての記念撮影、晴れやかな場には、たくさんの笑顔があふれていました。

この後、これら受賞作品は当協会が協力、理事であるやの功氏が主宰を務める「地球環境を守る漫画家の会」との共催事業として行われている企画展「環境マンガと子どもたちⅡ」というタイトルで、2018年1月25日(木)から、東京都千代田区御茶ノ水にあるギャラリー蔵にて、同会所属の漫画家たちが描いた環境一コマ漫画と共にコラボ展示会として開催、それを皮切りに、各地での巡回展が予定されています。

続きを読む

 

漫協ニュース

2017年11月24日掲載

11/23、新宿ロフトプラスワンにて小城徹也先生(協会員)のイベント「マンガワールド 其の62 『ももプロZ』小城徹也」が開催された。

ドルヲタ研究家を名乗り、アイドルを主人公とした漫画を数多く手掛ける小城先生。恒例となったこのイベントでは「ももクロ」を好きな漫画家や「ももクロ」を好きなアイドル達をゲストに招き、ももクロを中心にアイドルについて熱いトークを展開する。お客様もノリノリで、見ているだけで、こちらも楽しい気持ちになれるのである。今回も満員の大盛況なイベントとなった。

小城先生の単行本「堂々とアイドル推してもいいですか?」が発売中→http://amzn.to/2sYy5b9 
「ガチ恋40」ネット連載中→ http://bit.ly/2xkmSzF 

続きを読む

 

漫協ニュース

2017年11月23日掲載

2017年11月22日(水)18:30から、千代田区の(株)メディアドゥ セミナールームに於いて2017年度日本財団「これも学習マンガだ!〜世界発見プロジェクト〜」選出50作品の発表が行われました。
選考委員長・里中満智子氏の挨拶に続き、2017年度選出の50作品が発表され、その後、今年から選考委員となった堀江貴文氏と里中満智子氏のトークショー「マンガを読んで人生観変わった!」が行われ、ファシリテーター山内康裕氏と共に、今回の選書のこだわりポイントや、これからのマンガの可能性について、熱いトークが交わされました。

2017年度 新たに選ばれた作品や、このプロジェクトの詳細は、日本財団「これも学習マンガだ!」公式ホームページをご覧下さい。

続きを読む

 

漫協ニュース

2017年11月22日掲載

2017年11月19日(日)〜12月3日(日)まで、東京都江東区にある森下文化センター、通称「のらくろ館」にて「寄席描き展」が開催されています。

「落語を話すのは噺家、描くのは漫画家」というコンセプトで始まった今回のテーマは「人情」ということで、今回も会場には豪華ゲストに加え、似顔絵師の描く噺家似顔絵、漫画家やイラストレーターによる様々な人情噺をイメージした作品が数多く並び、初日は大勢の来場者にも恵まれました。

更に同展は今回、特別展示として伝統芸である紙切り作品展と、故・田河水泡氏が、古典落語「猫と金魚」について思いを綴った大変貴重な手紙を公開するなど盛りだくさんな展示会となっています。

続きを読む

 
31 〜 40 件 / 全 1493件

 

© Japan Cartoonists Association