漫協ニュース

2018年01月09日掲載

2017年12月29日(金)〜2017年12月31日(日)まで、東京都江東区にある東京ビッグサイトにて、3日間に渡って開催された冬の巨大コミックイベント「コミケット93」3日目は、雪が降り出す中でのスタートとなっていました。
 

それでも例年60万人に迫る動員数があるコミケット、今回も御多分に漏れず大盛況で、会場内ではピーク時には身動きできないほど来場者が流れ、大晦日のビッグサイトは大賑わいでした。

そして出展者にも協会員は数多くいて、この日も朝イチから4名がかりで回っていましたが、さまざまな事情からご挨拶が叶わなかった先生方へは失礼いたしました、またのご機会を心待ちにしております。

続きを読む

 

漫協ニュース

2018年01月09日掲載

12月30日(土)雲ひとつない青空の下、コミケ2日目が開催されました。
この日は、約20数名(事務局調べ)の協会員さんが出展、来場者数は16万人との発表(公式サイトより)。
協会員さんのブースは、どこも盛況で、お忙しい中、ご対応いただきました皆様に心より感謝いたします。
お会い出来なかった皆様、次回にお会い出来ますよう、もし、宜しければ「私、ここに出展してます!!」とお知らせいただければ、東と西の果てまでもお伺いいたしますので、遠慮なく仰っていただけると嬉しいです。

続きを読む

 

漫協ニュース

2018年01月09日掲載

2017年12月29日(金)から31日(日)までの三日間、東京ビッグサイトにてコミックマーケット93が開催されました。

第一日目の協会員さんの出展は20サークル越えとなりました。
(協会調べです。私も参加してます!と言う方がいらっしゃいましたら、是非協会までご一報を!)

お忙しい中取材にご協力頂きました皆様、ありがとうございました。
残念ながらお会いできなかった先生方へは失礼致しました。

続きを読む

 

漫協ニュース

2017年12月25日掲載

2017年12月21日(木)〜2018年1月8日(月/祝)まで、東京都港区東京タワー・フットタウン2階にある似顔絵ストリートにて「今年の顔展2017 in TOKYO TOWER」が開催されています。

これは、東京タワーの来場者から投票で選ばれた「2017年に最も輝いた有名人ベスト10」を、東京タワーで活躍する似顔絵師の集団「漫画協団」「素工房」「チームタワーズ」の似顔絵師たちによって手懸けられた似顔絵を展示するもので、初日にあたる21日(木)はDJマッピーさん司会の元、お笑いコンビ・どきどきキャンプの佐藤満春さんがゲストとして登壇しました。

結果はというと、今回は順位全てが日本人で占められ、棋士が2人ランクイン、スポーツ選手の不在など、ある意味、番狂わせの結果にも見える2017年の(似)顔が順次発表、そんな意外?必然?とも言える結果と、芸人さんの軽快なトークに乗せられてか、周囲からは笑顔と共に大きな歓声が上がり、大盛況のうち発表会は幕を閉じました。

続きを読む

 

漫協ニュース

2017年12月25日掲載

12/24、森下文化センターにて開催中の松本かつぢ「ふしぎの国のアリス展」に伴うトークイベントが開催されました。

登壇は村上もとか氏(協会員)、田村セツコ氏、字津原充地栄氏、いしいあや氏、川口貴弘氏。

ご親族、弟子、漫画を通して、作品を見て、それぞれの視点から、昭和を代表する少女漫画・叙情画の作家である松本かつぢ氏が語られ、新しく出版され蘇った絵本のお話など、来場者の皆様も興味深く耳を傾けていました。

続きを読む

 

漫協ニュース

2017年12月19日掲載

2017年12月18日(月)〜12月24日(日)、東京都中央区東京駅八重洲地下街にあるギャラリー八重洲・東京にて「世界一小ちゃい?! ミニ絵画展」が開催されています。

作品の規格がハガキ大以下、というこの展示会場内は小さな額が、しかも100人にも上る出展者がそれぞれ10点は持込むため、総作品数はおよそ1000点!それらが場内を余す所なく埋め尽くしているので見応えも充分です。

関係者内で行われたオープニングパーティーでは大勢の来場者が詰めかけ、壁面はミニ額、場内は来場者でひしめき、大賑わいのスタートとなりました。

続きを読む

 

漫協ニュース

2017年12月19日掲載

年の瀬も押し迫る12月17日(日)〜19日(火)、浅草の浅草寺で羽子板市が開催されます。
今年も漫画家による似顔絵羽子板ブースが出展しています。

(写真提供:小松秀夫)

 

漫協ニュース

2017年12月19日掲載

12/17「滑稽探索 田河水泡の研究とコレクション展」が開催されている町田市立博物館にて、山根青鬼氏のトークイベント"田河先生の門下になって"が開催された。
山根氏の話に客席は引き込まれ、真面目なエピソードと所々に笑いとユーモアが溢れる楽しいイベントとなった。

山根氏は、場所、人、出会いが大切だと田河氏に色々な経験をさせて頂いた事が漫画に生かされ、月一回、田河氏が始めた滑稽研究会には人々が集い「滑稽とユーモア」を教わったという。

続きを読む

 

漫協ニュース

2017年12月15日掲載

12/13、帝国ホテル・孔雀の間にて「小学館コミック局 感謝の会」が開催され、大勢の方々で会場が埋め尽くされました。

小学館の方々が宴会場入口辺りに並ばれてお客様をお迎えになり、さいとうたかを氏の乾杯で始まった会には、ちばてつや氏、藤子不二雄Ⓐ氏、一峰大二氏、永井豪氏、倉田よしみ氏、藤沢とおる氏、浜田ブリトニー氏を始め日本漫画家協会員の方々も多くご参加されました。ただ1000人以上のお客様がいらっしゃり、すれ違う方々も沢山いらして、お知り合いを探しながら歩いている方を度々お見掛けしました。

一年の労をねぎらう言葉、挨拶の声、笑い声と笑顔が会場に充満し、「感謝の気持ち」に溢れた会でした。

続きを読む

 

漫協ニュース

2017年12月11日掲載

12/10は新宿ロフトプラスワンにて、山根青鬼氏を中心にトークイベント「コロコロ忘年会」が開催されました。

コロコロコミックの創成期の思い出、漫画連載の事、交友関係など、山根青鬼氏(協会員)、のむらしんぼ氏、かたおか徹治氏、河合じゅんじ氏、やぶのてんや氏らが語り合いました。

ライブドローイングでは「カゲマンの素顔」をテーマに描き、客席を沸かせ、始終、笑いと和やかなムードが漂う楽しいイベントとなりました。

続きを読む

 
21 〜 30 件 / 全 1493件

 

© Japan Cartoonists Association