漫協ニュース

共同通信社配信 第11回しおどめ発「世相漫画展」開催中

2017年10月10日

2017年10月3日(火)〜10月30日(月)まで、東京都港区にある汐留メディアタワー3階ギャラリーウォークにて、共同通信社が配信する世相漫画展が開催されています。
 

展示場所はギャラリーウォークというだけあり、常に人が行き交うそこは、ほとんどの人が足を止め、一コマ漫画家6名による選りすぐりの世相漫画に目を留めていました。
 

6日(金)のオープニングパーティ会場にはまた多くの来場者が訪れ、横田吉昭氏の乾杯の音頭と共に賑やかにスタート、出展者6名それぞれ一言づつの挨拶が述べられたり、小野耕世氏をはじめ、次々指名を受けた縁の来場者たちからもコメントや余興の数々が披露されると、場内からは大きな拍手が沸き起こっていました。
 

*同展は会期中無休で開催されますが、最終日は16:00閉場となりますので御注意ください。
 

(画像 文:会報部 柳生柳)

 
 
漫協ニュース

「永野のりこ個展 世界の彼方 果てまでも - 同行する肖像(icon) -」開催中

2017年10月06日

東京・銀座のスパンアートギャラリーにて、10月5日より「永野のりこ個展 世界の彼方 果てまでも - 同行する肖像(icon) -」がスタートしました。
永野氏の現在までの漫画作品の原画や各方面での展覧会出品作品などの展示が行われています。

会場では複製原画や楽しいグッズ類の販売に加え、永野氏の作品を読めるスペースが設けられています(時間の余裕を持って来場されることをお勧めします。)

展示期間中はイベントも予定されているとのことです。
・10月6日(金)17:30〜18:30 満月たぬき祭 フラワーフライデーライブ
・10月8日(日) 突然「てぶくろ」がやってくる! (ウクライナ民話の「てぶくろ」が登場!?)
詳しくは、永野氏のHPをご確認ください。

展覧会情報はこちら

※10月9日の画像を追加しています。(10月10日:事務局)

(写真・文:事務局)

 
 
漫協ニュース
2017年10月03日

10月2日(月)、港区の元麻布ギャラリーにて「クロッカーズ展2」のオープニングパーティーが行われました。
会場内は、お洒落で個性的な作家が描く個性的な作品たちが展示され、当協会からは、桜多吾作氏・香取正樹氏・とやまみーや氏が参加し、とても賑やかで華やかなオープニングとなりました。
同展は10月10日(火)までの開催予定で、期間中は楽しい特別イベントも行われます。

詳しくは、クロッカーズ展2 公式サイトをご覧ください。

※10月9日(月・祝)に行われたイベント「イラスト大喜利」の画像を追加しています。(10月10日:事務局)

(画像 文:事務局)

 
 
漫協ニュース

成瀬ちさとイラスト展「きらめく少女たち」開催中

2017年10月02日

2017年9月30日(土)〜10月8日(日)まで、東京都千代田区にある秋葉原虎ビルにて、成瀬ちさと氏による個人イラスト展が開催されています。

場内は氏の、可憐で透明感溢れる少女たちのキャラクターで埋め尽くされていて、さまざまなシチュエーションで描かれた、およそ50点にも及ぶ美少女イラスト群が色鮮やかに浮かび上がっています。

初日は開場時間と同時に大勢のファンがどっと押し寄せ、場内はあっという間に満員、物販の列も伸び、大盛況となっていました。

*同展は無休で開催されますが、平日17:00〜20:00、休日13:00〜20:00と、開場時間が異なりますので御注意ください。
 

(画像 文:会報部 柳生柳)

 
 
漫協ニュース

「三遊亭あほまろ写真展 ヤマト君の晩酌 iPhoneで撮って悪かったな、ニャロメ」開催

2017年10月02日

当協会会員の三遊亭あほまろ(亜寶麿裕寶)氏の写真展「三遊亭あほまろ写真展 ヤマト君の晩酌 iPhoneで撮って悪かったな、ニャロメ」が、EIZOガレリア銀座にて9月30日まで開催されました。

あほまろ氏の飼い猫・ヤマト君を、タイトル通りiPhoneだけで約5年に渡って撮り続けた写真で構成され、楽しそうな日常が垣間見えます(ヤマト君は晩酌の場所にいますが、人のものを飲んだり食べたりはしないそうです)。

また、氏のもう一匹の飼い猫の映像「ヒロちゃんの天気予報」も紹介されていました。
ネコそれぞれのキャラクターの違いが、微笑ましく楽しい展覧会でした。

(写真・文 事務局)

 
 
漫協ニュース

「幻の東京デザインカレッジ漫画科展 6」開催中

2017年09月26日

2017年9月25日(月)〜30日(土)まで、東京都中央区京橋にあるギャラリーart spase kimura ASK?にて、 幻の東京デザインカレッジ漫画科展 6 が開催されています。
今回より会場を京橋に移しての開催でしたが、例年以上、場内は出展者たちの個性あふれる作品で埋め尽くされています。
そして同展は漫画家協会に縁のある出展者もまた多く、オープニング初日は作品点数に劣らぬ、大勢の来場者で会場が埋め尽くされるほどの賑わいをみせていました。

*同展は会期中、無休で開催されますが、最終日は17時で閉場となりますので御注意ください

詳細はこちらをご覧ください。


(画像:会報部 柳生柳・事務局 文:会報部 柳生柳)
 

 
 
漫協ニュース
2017年09月25日

新宿・市ヶ谷の山脇ギャラリーにて「第14回歩展」が開催中です。

この展覧会は山脇ギャラリーで行われて14回目ですが、実は歴史が長くトータルで30年に及ぶとのこと。

22日(金)はパーティーが開かれ、多くの人で賑わいました。

同展は26日(火)まで行われています。

(写真:事務局)

 

 
 
漫協ニュース

天神橋三丁目 てんさん漫画まつり「 ビック錠Withじゃんぼマンガ紙芝居」開催

2017年09月25日

9/24(日)に大阪の天神橋筋商店街の関大リサーチアトリエと天三おかげ館での2回に分け、
「ビック錠Withじゃんぼマンガ紙芝居」が公演されました。

この公演は24日のみでしたが同じく天神橋三丁目てんさん漫画まつりで開催されている、
「関西ブロック大阪漫画展」(〜10/1まで)と「大原情報デザインアート専門学校漫画作品展」(〜9/27まで)は現在も開催中です。

詳細はこちらの記事をご覧ください。

 
 
漫協ニュース

マンガで描いた抑留・引揚げのガマン「北見けんいち氏ギャラリートーク」開催

2017年09月25日

9月21日(木)より千代田区の九段学習館2階 九段ギャラリーにて開催中の、平和祈念展示資料館特別展示「マンガで描いた抑留・引揚げのガマン」のイベントとして、9月23日(土・祝)14時より、北見けんいち氏によるギャラリートークが行われました。
北見氏は、満州で生まれ4才の時に同地にて終戦を迎え、父親はシベリアへ抑留、5才で東京へ引揚げ、その5年後に、生きていると知った父親を品川駅まで迎えに行ったという経験をなされています。
氏独特のタッチで描かれた、原画の前で、その当時の様子や気持ちを語る氏に、来場者は真剣に耳を傾け、トークイベント終了後には、自分も引揚者です、と氏に話しかける来場者に気さくに応じる氏の姿がありました。

同展は27日(水)まで。
詳しくは、http://www.nihonmangakakyokai.or.jp/?tbl=exhibition&id=6645 をご覧ください。

(画像・文:事務局)
 

 
 
漫協ニュース

「SUPER FESTIVAL75」にて一峰大二サイン会開催

2017年09月25日

2017年9月24日(日)、東京都千代田区、北の丸公園内にある科学技術館にて開催された玩具の展示・即売会「SUPER FESTIVAL75」にて、一峰大二氏によるサイン会が開催されました。
サイン会は午前と午後の二部にわたって行われ、対象商品を購入した方へ、氏直筆のイラストが描かれたポストカードにその場でサインを入れ渡される、というものですが、中には過去発売された氏の単行本、ふろくとしてついてきたムックなど歴史を感じさせる一品を差し出すファンも。
氏はひとつひとつ丁寧にサインを入れ、そのつど席を立ってファンへ向かって笑顔で手渡し、握手や撮影のお願いにも気さくに応じるなど、とても暖かな空気が流れていました。

(画像 文:会報部 柳生柳)

 
 
21〜 30件 / 全 1455件

 

© Japan Cartoonists Association