2015年02月05日

応募期間

2015年6月1日(月)〜6月5日(金) 必着

応募点数

1人または共同制作につき3点まで

応募部門

○一般部門(資格不問)
○学生部門 (各種専修専門学校、大学、大学院に在籍している学生〈平成26年度3月末在学まで〉)
※学生で一般部門に応募する場合は、学生部門への応募は不可とします。

応募料

応募点数1~3点まで共通
一般部門5,000円/学生部門3,000円
普通為替を郵便局で購入し、エントリーシートに為替証書をホッチキスで止め、同封し てください。
※テープ、のり付けはしないでください ※納金された応募料は返金いたしません

応募方法

応募フォーマットをダウンロードしてください。この応募フォーマットに装画を描き、装丁・印刷し、仕上がりサイズにカット し、ブックジャケットの形で応募してください。書名、著者名、出版社名(出版社名と して「日本図書設計家協会」とする)の書体、サイズ、配置位置などは装画に合わせて 自由に表現をしてください。応募作品の裏面左下にエントリーカードを貼ってください。応募作品は右開きのブックジャケットとして機能を果たす こと。原画での応募は不可とします。

宛 先

〒102-0074 東京都千代田区九段南4-6-1 九段シルバーパレス803 「日本図書設計家協会 東京装画賞係」
Tel: 03-3261-4925
※送付は宅急便(ヤマト運輸)またはゆうパックで発送してください。
※普通郵便や持ち込みでの応募は不可とします。 ※応募作品は返却いたしません。

お問い合わせ 応募に関するお問い合せはメールのみとします。

メールアドレス info⭐︎souga.tokyo (お手数ですが⭐︎を@に変えてください)

〈作品の取り扱い〉 十分注意いたしますが、搬送時、審査、展示、天災等に関しての不可抗力による作品の破損には責任を負いかねます。

〈著作権〉 応募者に帰属します。ただし、日本図書設計家協会および東京装画賞に関わる媒体、パブリシティ、展示などで使用することを承諾していただきます。作品の使用にあたっては、作者の氏名を表示します。なお、応募作品は他人の著作権など知 的財産権を侵害していないことを厳守してください。

〈個人情報について〉 応募に伴う個人情報は主催者で厳重管理し、日本図書設計家協会、東京装画賞の運営目的以外には使用いたしません。

詳しくは http://souga.tokyo

  •   
  •   
写真 2
 
 

第32回 Aydin Dogan 国際コンペティション

2015年02月04日

<テーマ>自由

<締切>2015年5月8日

<各賞>大賞:8,000US$
    1位:5,000US$
    2位:3,500US$
    サクセス賞(5~12人)500US$

<サイズ>A3(29,7×42cm)以内

<宛先>Aydin Dogan Foundation,
    Burhaniye Mahallesi Kisikli Cad.
    No 65 34676 Uskudar Istanbul,
    Turkey

<連絡先>Tel:+90 216 556 91 76/77
     Fax:+90 216 556 91 47

*応募用紙が必要(下記アドレスより取得)
*原画に限る。デジタル作品の場合は著者サイン必要。
*書面での要請により、受賞作以外の作品は返却可。

www.aydindoganvakfi.org.tr

 
 

広島市まんが図書館 第17回おもしろその年まんが大賞応募要項

2014年12月03日

2014年(平成26年)の出来事をユーモアあふれる「まんが」に表現した作品を募集します。優秀作品には賞品を贈呈し、まんが図書館で展示します。

部門

 (1) 一般部門
 (2) ジュニア部門 (中学生以下)

応募資格

 特になし。どなたでも応募できますが、共同作品は不可とします。

応募規定

(1) 作品 自作・未発表の作品に限ります。応募作品は1人1点とします。
(2) 規格 B4判または八つ切り(38cm×27cm)のケント紙などで1枚で完結するもの。
縦横の向きは自由です。ただし立体作品は不可とします。
(3) 画材 自由。
(4) その他 作品裏面に応募部門、氏名(ふりがな)、年齢、性別、住所、職業、電話番号、メールアドレス、作品タイトル、コマ数、作品に対するコメント(50字程度)を記入したものを貼り付けてください。

募集期間

 平成26年12月1日(月)~平成27年1月15日(木) [当日必着]

応募先及び問い合わせ先

広島市まんが図書館
〒732-0815
広島市南区比治山公園1番4号
TEL 082-261-0330
FAX 082-262-5406
Eメール mangalib_01@cf.city.hiroshima.jp

詳しくは http://www.library.city.hiroshima.jp/news/2014/12/01001564.html

  •   
  •   
写真 2
 
 

第22回国際ユーモアと風刺のビエンナーレ GABROVO 2015, ブルガリア

2014年11月18日

<カテゴリー>●カートゥーン●グラフィック&ドローイング●絵画●彫刻●ポスター●写真

<テーマ>(家庭や大学、社会などで)抗議する人(The Protester): カートゥーン部門
      その他の部門はテーマは自由、ただしユーモアのセンスで処理すること
      以下カートゥーン部門のみ翻訳します。

<締切>2015年3月1日

<各賞>大賞:2000BGN,金イソップ像、2017年度個展
    GABROVO市賞:1500BGN,GASCAR像
    ブルガリア文化省賞(6):1000BGN(各部門に)
    ユーモアと風刺ハウス美術館賞:400BGN,"笑いがあるから世界は続く"額
    ロータリークラブ賞:100€、スーツケース、ヴィザ
    ライオンズクラブ ヤングタレント賞:500BGN

    *特別賞
    禁煙ベストカートゥーン賞:500BGN
    対アルコール中毒ベストカートゥーン賞:500BGN
    自然保護ベストカートゥーン賞:中央バルカン3日間の旅
    GABROVOをテーマにしたベストカートゥーン賞:100BGN

<サイズ>最大A4

<枚数制限>2点

<宛先>Museum HOUSE OF HUMOUR AND SATIRE
    68, Bryanska St., P.O.Box104, 5300 Gabrovo, BULGARIA

<問い合わせ先>E-mail:humorhouse@globcom.net
        humorhouse.gabrovo@gmail.com

*応募用紙が必要(要項も応募用紙も下記アドレスより取れます)大文字で記入のこと。
www.humorhouse.bg/engl/bienale/condition.html

*作品裏面に氏名、作品タイトル、制作年、テクニック(描法)、サイズ、価格、カテゴリーを明記。
*応募作品は手書きサイン入りの原画であること。過去の受賞作は受け付けない。
*応募作品は応募者の送料負担で返却するが、そうでない場合は当館に贈呈される。
*応募作品の封筒には、PRINTED MATTER とNO COMMERCIAL VALUEと明記のこと。
*受賞作品は下記アドレスで閲覧可

http://www.humorhouse.bg

 
 

第20回欧州漫画コンテスト(EURO-KAATOENALE), ベルギー

2014年10月16日

<テーマ>土壌汚染と公衆衛生

<締切>2015年1月20日

<各賞>一位:1,600€+トロフィー
    二位:1,400€+トロフィー
    三位:1,200€+トロフィー
    ECC賞 ECCでの個展
    EU賞 750€
    ベストベルギー漫画 750€

<サイズ>A4(210×297mm)

<枚数制限>5枚まで

<宛先>EURO-KAATOENALE
    WAAEGEMSESTEENWEG 113
    B-9770 KRUISHOUTEM-BELGIUM

<連絡先>contest2015@ecc-kruishoutem.be

*未発表作品が望ましい
*デジタル作品の場合は高品質画像でプリントのこと
*作品裏面に氏名明記のこと
*作品到着状況は下記ウェッブサイトで連日発表している
*カタログは書面での要請に応じ無料で送付するが、送料として
 6国際返信クーポンを同封のこと。作品返送の場合も同様。
(郵便局にて取得可)

*応募要項および応募用紙は下記ウェッブサイトより取れます。
http://www.ecc-kruishoutem.be

 
 

第10回 のらくろマンガ賞作品募集

2014年08月20日

 田河水泡・のらくろ館を併設する森下文化センターでは「第10回のらくろマンガ賞」の作品を募集します。
 夏休みを利用して、皆さんのユーモアあふれるオリジナル作品を描いてください。ご応募お待ちしています。

【応募資格】
プロ、アマチュア、国内外不問。どなたでも応募できます。

【募集内容】
コマ漫画の部:テーマ「うれしい」。A3用紙(42cm×29.7cm)1枚に1〜4コマまで。

ストーリー漫画の部:テーマの設定はありません。B4用紙(36.4cm×25.7cm)に12枚まで。
イラストの部:テーマ「みんなの のらくろ」。はがきサイズ(14.8cm×10cm)。

【部門】
コマ漫画、ストーリー漫画の部:一般、ジュニア(中学生以下)
イラストの部:一般、ジュニアA(小学生以下)、ジュニアB(中・高校生)

【応募規定】
(1)紙種、画材は自由。
(2)立体作品は不可。
(3)オリジナル、未発表作品の原画に限ります。
(4)応募作品は返却しません。
(5)応募作品の全権利は田河水泡・のらくろ館に帰属します。
(6)応募作品郵送中の事故および不可抗力の事故には責任を負いかねます。
(7)応募に伴う個人情報は、本事業以外には利用いたしません。

【審査員】
永田竹丸(漫画家、のらくろトリオ。代表作『ピックルくん』)
山根青鬼(漫画家、のらくろトリオ。代表作『名たんていカゲマン』)
江波じょうじ(漫画家。代表作『トップ屋ジョー』)
たちいりハルコ(漫画家。代表作『パンク・ポンク』)

【賞】
大賞(各部1名)、優秀賞(各部2名)、佳作(各部5名)等。
記念品と賞状を進呈します。

【発表・表彰式】
2015年(平成27年)1月11日(日)予定。
※入賞された方にご連絡します。また作品集の作成を予定しています。

【作品展示会】
2015年(平成27年)1月4日(日)〜17日(土)予定 
森下文化センター 1階展示ロビー

【応募方法】
(1)作品名 (2)氏名(フリガナ) (3)郵便番号・住所 (4)電話番号 (5)年齢

を記入した応募用紙を添付または作品裏面に記入し、森下文化センターへ郵送または窓口までお持ちください。応募用紙は、森下文化センターほか、江東区内各文化センター(砂町文化センターをのぞく)にご用意しています。

【その他】
転載・転用などの件については、のらくろマンガ賞担当までお問合せください。

【締切】
10月31日(金)必着

【主催】
(公財)江東区文化コミュニティ財団 森下文化センター「田河水泡・のらくろ館」

詳しい事は
http://www.kcf.or.jp/morishita/

  •   
  •   
写真 2
 
 

第5回「大分ユーモアまんが大賞」

2014年07月30日

【応募資格】
年齢や国籍などの制限はなく、どなたでも応募できます。作品テーマは自由ですが、ユーモアにあふれ、明るい笑顔をさそう作品をお待ちいたします。作品は、未発表のものに限ります。共同制作作品でもかまいません。

【部門】
〔A〕ショートストーリーまんがおよび四コマまんが
〔B〕一コマまんが(まんがイラスト)

【応募作品】
〔A〕ショートストーリーまんがおよび四コマまんが部門
◇ショートストーリーまんが=4ページから16ページまで。
◇四コマまんが=2ページから8ページ。1ページ目右半ページにタイトルととびら絵を入れる。
※ショートストーリーまんが、四コマまんがとも以下の要領をお守りください。
・用紙は、B4かA4のケント紙かマンガ原稿用紙。(1ページを1枚に描き、表裏両面を使用しない)
・なるべく裁ち切り表現はせず、たて270ミリ×よこ180ミリの版面(はんづら)内で描いてください。
・作品は黒インクなどで墨一色で丁寧に仕上げること。(汚れなどのひどい原稿は受け付けません)
・吹き出しは黒インクまたは濃い鉛筆で記入、原稿下部右はしにページ番号をつけてください。
〔B〕一コマまんが(まんがイラスト)部門
・A4またはB4のケント紙または画用紙に描かれた平面作品(たて、よこは自由。カラーも可)
・ユーモラスな内容を表現し、一枚で完結するもの。
・応募点数は、1人5作品まで。

●〔A〕、〔B〕共通の注意事項
・作品の裏面に、住所、氏名(振り仮名、ペンネームの場合は本名も)、年齢、職業(学校名)、
 電話番号、Eメールアドレスを記入。(ストーリー・四コマは最終ページのみで良い)
・応募原稿は生原稿に限ります。(コピーによる複製原稿は不可)

●デジタルデータでの応募について
(1)データはCD-RもしくはDVD-Rに保存してください。データ形式は、psdファイル(photoshopのデータ)。セリフもデータ化している場合は、画像とセリフのレイヤーは別にすること。(2)A4もしくはB4サイズでプリントアウトした原稿も同封してください。その際、セリフが抜けている場合は、サインペンなどで書き込んでおくこと。プリントアウトした原稿の最終ページ裏面に、氏名・連絡先などを記入。(3)封筒に記録メディア(必ずプラスチックケースなどに入れること)とプリントアウトした原稿を同封し、郵送してください。(メール添付での応募は受け付けません。)

【注意事項】
他人の作品に酷似している作品、また他のコンクールとの二重応募作品は受け付けません。/応募作品の返却を希望する場合は、料金分の切手を貼った、ご自身の宛先を記入した返信用封筒を同封してください。(ただし、入賞作品は返却いたしません)/応募および返却の郵送中における事故に対する責任は負いません。
【応募締め切りと審査発表】
締め切り/2014年12月1日(月)必着    審査発表/2015年1月10日(土)

【作品のあて先】
〒874-8501 別府市北石垣82 別府大学文学部内 「大分ユーモアまんが大賞」実行委員会
(問い合わせ先)別府大学 入試広報課 (直通電話) 0977-66-9666

【審査員】
飯沼 賢司(別府大学文学部長)、田代 しんたろう(別府大学教授・マンガ担当)、甲元 隆則(別府大学講師・アニメーション担当)、吉田 寛(ユーモアコピーライター)、岩豪 友樹子(歌舞伎・舞台脚本家)、ジ・アッチィー(プロレスラー・「大分プロレス」代表)

【賞金及び賞品】
◇ユーモアストーリーまんがおよび四コマまんが部門/大賞:10万円、優秀作品(4点):1万円
◇一コマまんが(まんがイラスト)部門/大賞:図書カード(1万円)、優秀作品(5点):図書券カード(2千円)
◇両部門佳作作品(数点)/(株)芳文社刊 植田まさしユーモアコミック単行本

【作品について】
入賞作品の以下の権利などは別府大学に帰属させていただきます。
別府大学発行の刊行物への掲載/別府大学主催の展覧会での展示/インターネットなど電子メディアでの公開/別府大学が認めた展覧会、刊行物での公開

【受賞作品の公開】
別府大学ホームページでの作品公開/本学国際言語・文化学科芸術系コース卒業制作展に合わせての原画展示会/優秀作品集「大分ユーモアコミック」の発行/その他、学内、学外展示会での展示

【応募作品実作指導『特講マンガ塾』】
「大分ユーモアまんが大賞」応募作品の描き方を教える特別レッスンです。マンガ制作が初めてのあなたでも楽しい作品が描けるよう、別府大学教授のプロの漫画家がアイデアの出し方から作画までていねいに指導いたします。
◆第一回/9月14日(日)午後1時〜3時
◆第二回/11月2日(日)午後1時〜3時
場所:別府大学4号館4階PC4マンガ実作室 定員20名  申込:別府大学 入試広報課へ (直通電話) 0977-66-9666

詳しい事は
http://www.beppu-u.ac.jp/topics/course/2014/002692.php

 
 
2014年07月15日

<テーマ>1.「しあわせ」

     2.自由作品

<募集期間>2014年8月5日(火)〜9月4日(木)※必着

<応募規定>年齢・性別・職業・国籍は問いません

<作品規定>A3判(420ミリ×297ミリ)以下、未発表で自身のオリジナルであり、1枚で完結する作品(立体作品は不可)

<審査員>秋山孝(協会員)、あすかけん、あらい太朗(協会員)、おかべりか、牧野圭一(協会員)

<応募方法>作品の裏面下側に、「さいたま市民漫画展2014」の応募票または応募票と同じ内容を記入した紙を貼り付けてご応募ください

<宛先>〒331-0805 埼玉県さいたま市北区盆栽町150 さいたま市立漫画会館           TEL:048-663-1541    FAX:048-667-4921

詳しいことは さいたま市民漫画展2014

  •   
  •   
写真 2
 
 

第18回 文化庁メディア芸術祭 作品募集

2014年07月11日

<部門>マンガ部門、アート部門、エンターテインメント部門、アニメーション部門

<締切>2014年7月7日(月)〜9月2日(火)(必着)
<賞与>大賞: 賞状(文部科学大臣賞)、トロフィー、副賞60万円
    優秀賞: 賞状(文部科学大臣賞)、トロフィー、副賞30万円
    新人賞: 賞状(文部科学大臣賞)、トロフィー、副賞20万円
    功労賞: 賞状(文部科学大臣賞)、トロフィー

<審査員>
【マンガ部門】伊藤 剛(マンガ評論家/東京工芸大学准教授)
       犬木加奈子(マンガ家/大阪芸術大学客員教授)(協会員)
       斎藤 宣彦(編集者/マンガ研究者)
       すがや みつる(マンガ家/京都精華大学教授)
       ヤマダ トモコ(マンガ研究者)

【アート部門】植松 由佳(国立国際美術館主任研究員)
       岡部 あおみ(美術評論家)
       佐藤守弘(視覚文化研究者/京都精華大学教授)
       高谷 史郎(アーティスト)
       三輪 眞弘(作曲家/情報科学芸術大学院大学(IAMAS)教授)

【エンターテインメント部門】
       飯田 和敏(ゲーム作家/デジタルハリウッド大学教授
       宇川 直宏(現在美術家/京都造形芸術大学教授/DOMUMUNE主宰)
       久保田 晃弘(アーティスト/多摩美術大学教授)
       東泉一郎(デザイナー/クリエイティブディレクター)
       米光 一成(ゲームデザイナー/立命館大学教授)

【アニメーション部門】
       大井 文雄(アニメーション作家)
       小出 正志(アニメーション研究者/東京造形大学教授)
       髙橋 良輔(アニメーション監督)
       森本 晃司(アニメーション監督)       
       和田 敏克(アニメーション作家)


■受賞作品展は2015年2月4日(水)〜2月15日(日)国立新美術館(東京・六本木)他にて。

■詳細はエントリーサイトをご覧下さい。
http://j-mediaarts.jp/
問い合わせ:文化庁メディア芸術祭事務局[CG-ARTS協会内]
        TEL 03-3535-3501(受付時間:平日10時〜18時)

  •   
  •   
写真 2
 
 
2014年07月02日

<テーマ>ありがとう

<締切>2014年9月10日(水)当日消印有効

<対象>青森県内に在住の方(ただしアマチュアの方に限ります)一般部門(高校生以上)、ジュニア部門(中学生以下)

<審査員>やの功(協会員)、

<作品形態>〈1コマ〉または〈4コマ〉まんが(生原稿)カラー、モノクロは自由

サイズ:1コマ=横18cm×縦18cm、4コマ(縦4コマ)=横10cm×縦30cm、用紙 B4版の用紙を使用。

<応募規定>自作の未発表作品に限ります。応募作品は返却いたしません。

<応募方法>作品の裏面に応募部門、タイトル、住所、氏名、年齢、学校名・学年、連絡先電話番号を明記してください。ペンネームの場合は、必ず本名も明記してください。

<宛先>青森市新田1丁目11-5
    NPO法人青森編集会議「まんがコンクール」係
    TEL:017-782-1261 FAX:017-761-1869
    Eメール aec@aomori-ec.jp

詳しいことはhttp://aomori-ec.jp/cm-akm/

 
 
61〜70件 / 全195件

 

© Japan Cartoonists Association