漫協ニュース

2015年10月27日掲載

1995年に美術館はオープンし20年、多くの矢口高雄ファンが訪れた。「手塚治虫・矢口高雄まんが二人展」は日本中からまんがファンが集合しスタートした。その後次々と話題の漫画家の企画展を進め、里中満智子、石ノ森章太郎、ちばてつや、松本零士、モンキーパンチ、やなせたかし、水木しげる、赤塚不二夫、あだち充、倉田よしみ、南久美子、などなど漫画ファンを喜ばせる企画展で今や20年の年月が経った。常設展示会場には96名の原画が、よくぞ集めたとうなるほどの展示されている。美術館に来場された漫画家の寄せ描きは一見の価値がある。ぜひ来場されたし、である。
記念式典に出席された漫画家はイベントとしてまんが家焼きそばを披露。倉田よしみ、土山しげる、うえやまとちの3人が食材を横浜からと地元のスーパーで購入し、プロ顔負けの調理で長い行列を作る一日でした。サイン会は矢口高雄・高橋よしひろ地元出身の漫画家が第1回、第2回は倉田よしみ、土山しげる、うえやまとちの3人で行われた。この記念式典がいかに漫画力の大きさを感じた事とともに矢口高雄氏の漫画への情熱が燃え盛っている報告としたい。

(写真 文:会報部 UNO)

 
 

展覧会・イベント情報

2015年10月26日掲載

携帯やスマートホンが普及し、メールやLINEが多く使われるようになった今日でも、新年のあいさつはやはり年賀状が主役です。新年のあいさつとして年賀状を交わす習慣は、すでに平安時代の書物、藤原明衡撰による「雲州消息(明衡往来)」には年賀の手紙の例文が取り上げられていま す。江戸時代には飛脚制度が発達し、年賀の言葉を記した書状が送られるようになり、明治時代には郵便制度が誕生し、郵便はがきが普及するにつれて一般化し ました。このように、年賀のあいさつは形を変えながらも日常生活に根を下ろし、年中行事の一つとして現在も行われています。
今回の展示は、年賀郵便の歴史を中心に、年賀切手になった郷土玩具やお正月を描いた錦絵など、年賀に関わる資料を多数紹介します。
また、漫画家の先生方による申年の模擬年賀状も展示します。

<模擬年賀状執筆者>(順不同 敬称略)
ちば てつや、ウノ・カマキリ、里中満智子、カサマツ・ヒロシ、香取正樹、所ゆきよし、はせべ・くにひこ、原田こういち、柳生柳、山根青鬼、森田拳次、大石容子、一峰大二、多田ヒロシ、辻下浩二、西田淑子、花村えい子、モロズミ勝、矢野徳、植田まさし、やの功、バロン吉元

続きを読む

 
 

展覧会・イベント情報

2015年10月06日掲載

人権啓発マンガパネルが、街頭啓発イベントの一環として熊本市内で展示されます。


期間:2015年10月31日(土)

時間:11時〜15時

続きを読む

 
 

展覧会・イベント情報

2015年09月25日掲載

日本の漫画家たちが、独自のタッチで「仏」を描く。

今回の展示に際し、熊本県在住の川崎のぼる氏の作品が展示されております。
湯前でしか見られない作品となっています!(湯前まんが美術館HPより)


続きを読む

 
 

展覧会・イベント情報

2015年08月28日掲載

漫画家総勢60名による仏の漫画展。
妖怪の町へ仏さまが大集合!



期間:2015年9月2日(水)〜9月13日(日)

時間:9時30分〜18時(入場は閉場30分前まで)

続きを読む

 
 

漫協ニュース

2015年08月06日掲載

 沖縄でも開催中の「漫画家による仏の世界展 in 首里観音堂」。沖縄支部では7月28日(金)に行われた内覧会に行ってきました。会場は那覇市首里にある首里観音堂。学校側からの希望もあり、ヒューマンアカデミー那覇校のマンガ専攻の学生と講師の方も同行取材となりました。

 展示会場に入ると、赤塚不二夫先生の「レレレ千手観音」からスタート。いがらしゆみこ先生の「如意輪観音」や池上遼一先生の「弥勒菩薩」、植田まさし先生の「自画像」など有名マンガ家先生の作品がズラリ!

 シャレが効いていたりセクシーだったりなど、ユーモアのあふれる先生方の作品をTV局のカメラもじっくり撮影。同行した学生の皆さんも、1点1点作品を食い入る様に見入っていました。

続きを読む

 
 

漫協ニュース

2015年06月11日掲載

高知県香美市の大川上美良布神社に、日本漫画家協会の漫画家32人が描く十二支と四神の天井絵が奉納され、社務所2階の天井に設置されました。
5月24日には神社拝殿において奉納の祭典が厳かに行われ、会員のとやまみーや氏、たなべたい氏、黒榮ゆい氏、種田英幸氏、さかもと清敏氏、おかもとあつし氏が出席されました。

出品者(協会員):里中満智子、犬木加奈子、牧野圭一、多田ヒロシ、矢野徳、土山しげる、森田拳次、ビッグ錠、クミタ・リュウ、西原理恵子、花村えい子、香取正樹、うえやまとち、倉田よしみ、なかはらかぜ、とやまみーや、ヒサクニヒコ、MA・CO、たなべたい、小河原智子、ウノ・カマキリ、西田淑子、植田まさし、山根青鬼、萩尾望都、さかもと清敏、中山星香、種田英幸、やの功、黒榮ゆい、ちばてつや、おかもとあつし(順不同)

続きを読む

 
 

展覧会・イベント情報

2015年05月19日掲載

この度、京都国際マンガミュージアムでは、企画展「マンガと戦争展 6つの視点と3人の原画から」を開催します。

今年は、戦後70年という大きな節目を迎えますが、「戦後」文化として大きく花開いたマンガは、戦争の体験から大きな影響を受けている文化だと言えます。逆に言えば、戦後無数に作られてきた「戦争マンガ」を読み解くことで、私たちが、戦争体験というものに対して、どのように向かい合ってきたかを垣間見ることができるはずです。

本展では、6つの視点から選ばれた24点のマンガ作品と、新しい表現の「戦争マンガ」を発表している3人の作家の作品原画を紹介することで、戦後70年を考えるためのきっかけとしていただけたらと思います。

続きを読む

 
 

漫協ニュース

2015年02月26日掲載

2月21(土)、22(日)日、高知県で「全国漫画家大会議inまんが王国・土佐」(当協会協力事業)が開催されました。高知の食と絡めて、漫画家や漫画編集部の編集長らが漫画について語ったり、アニソンライブがあったりの2日間に渡る一大イベントです。

イベント出演・漫画家と原作者 さいとう・たかを、里中満智子、やまさき十三、北見けんいち、藤沢とおる、ビッグ錠、土山しげる、倉田よしみ、うえやまとち、Moo.念平、中川いさみ、ひのもとめぐる、西原理恵子、安倍夜郎、魚戸おさむ、上條淳士、河合克敏、くさか里樹、正木秀尚、野村宗弘の各氏(ちばてつや氏は残念ながら体調不良のため欠席)。

21日は早朝8時より、高知県須崎市の深浦漁港で、やまさき十三、北見けんいち、うえやまとちの各氏をゲストに、参加者みんなで魚を釣る「釣り好き漫画家との交流イベント」。広い特設イケスには須崎の高級養殖マダイ「海援鯛」とカンパチ。天候にも恵まれ、うえやま氏は3匹を釣り上げました。

続きを読む

 
 

漫協ニュース

2015年02月13日掲載

クールジャパンの代表とも言える日本のマンガ。そのマンガコンペを外務省が主催する「第8回国際漫画賞」(協力・日本漫画家協会)の授賞式・懇親会が2015年2月12日、東京・港区・外務省飯倉別館で行われました。
最優秀賞はナンバラル・エルデネバヤル氏(モンゴル)の作品「ボンバルダイ」が獲得し、優秀賞は「熊先生」ラクボク(中国)、「アタン」ベン・ウォン(マレーシア)、「房間(ルーム)」リュウイーチー(台湾)の3氏に贈られました。

審査には当協会から里中満智子、志賀公江、倉田よしみの3氏が参加しました。

(写真 文:会報部・UNO 香取 事務局)

 
 
51 〜 60 件 / 全 167件

 

© Japan Cartoonists Association