事務局より

2009年06月12日掲載


社団法人日本漫画家協会
2009年度 第38回
日本漫画協会賞 作品募集要項

現在社団法人日本漫画家協会では第38回日本漫画協会賞の募集を行っております。
非会員の方の応募につきましては、下記実行委員会へお問い合わせ下さい。規定の書類をお送り致します。

● 応募資格 プロ、アマ、国籍、年齢、性別を問わず誰でも応募出来る。

● 応募作品 (イ)2008年中に発表または制作した主パン物または描き下ろし作品。
      (ロ)大きさはB2以下とする。ガクブチ入り、立体、レリーフの類は
         作品を写真撮影の上、素材、大きさを記して応募すること。
      (ハ)作品には必要事項を明記した「応募票」を必ず添付すること。
      (ニ)非会員の応募は1点に付き応募料¥5,000を郵便小為替、切手等で
         納入のこと。納入のない場合は選考外とする。

● 作品提出 2009年3月20日から4月17日まで。下記へ持参または送付のこと。
     (下記以外の場所へ提出されたものは選考の対象とされない。)
      〒160-0001東京都新宿区片町3-1 YANASE兎ビル
            社団法人日本漫画家協会漫画賞実行委員会

● 推  薦(イ)会員は自分以外の作品を推薦すること。
     (ロ)推薦作品の提出は応募作品に準ずる。

● 作品返却 選考修了後、応募作品の返却を希望する場合は、その旨応募票に明記の上、
      郵送料を同封すること。

● 選  考 2009年5月8日(金) 選考委員が公平かつ厳正に選考する。

● 選考委員 やなせたかし(委員長)、小野耕世、清水勲、多田ヒロシ、永井豪、
      中野晴行、中山星香、西田淑子、バロン吉元、牧野和子、松谷孝征、
      みつはしちかこ、森田拳次、矢口高雄

● 発  表 選考修了後ただちに発表する。受賞者には委員会より通知される。

● 賞     大賞=金彩レリーフプレート楯、メダル、副賞として賞金50万円
      特別賞=銀彩レリーフプレート楯、メダル、副賞として賞金20万円
      文部科学大臣賞=文部科学大臣賞状

● 贈 賞 式 2008年6月12日(金)、グランドプリンスホテル赤坂において行われる。

日本漫画家協会賞実行委員会
〒160-0001東京都新宿区片町3-1 YANASE兎ビル
社団法人日本漫画家協会事務局内
TEL:03-5368-3783 FAX:03-3341-0662

※過去の受賞作品につきましては、こちらをご参照下さい。
http://www.nihonmangakakyokai.or.jp/jushou.html
 
 

漫協ニュース

2009年06月11日掲載


 日本漫画家協会賞選考委員会は先に募集いたしました協会賞の候補作品について、5月9日(金)午後1時より社団法人日本漫画家協会事務局に於いて厳正に選考を行った結果、下記の方々に受賞を決定致しました。
 尚、贈賞式は、6月13日(金)午後6時より、グランドプリンスホテル赤坂に於いて行います。

 2008年5月9日
   日本漫画家協会賞選考委員会      
     委員長  やなせ たかし     
     委 員  秋   竜 山 ・ 花 村 えい子
          里 中 満智子 ・ バロン 吉 元
          所  ゆきよし ・ 牧 野 和 子
          西 田 淑 子 ・ 松 谷 孝 征
          西 村   宗 ・ モンキー・パンチ



──────── 受 賞 者 ────────


◎ 大  賞(金彩プレート盾、メダル、副賞として賞金50万円) 2名 

   浦沢直樹(うらさわなおき)氏

   作 品 名 「20世紀少年」/「21世紀少年」 小学館刊
   受賞理由 とにかく作品の質がいいことはすべての人が認めるところだが、
      「20世紀少年」その他は戦後のコミックの延長線上にありながら
      全く新しい地平を切り開いた傑作。


   南ひろこ(みなみひろこ)氏

   作 品 名 「ひなちゃんの日常」産經新聞出版刊
   受 賞 理 由 かわいいキャラクターがいい。
         見ているだけで日常生活の疲れが取れそうな感じである。


◎ 優 秀 賞(銀彩プレート盾、メダル、副賞として賞金20万円) 1名

   中山星香(なかやませいか)氏

   作 品 名 「妖精国の騎士」秋田書店刊
   受賞理由  少女物にしては珍しい大長編で、絵の美しさ、細かさ、ファンタスティックな
        内容とともに、ボルテージが少しも落ちない傑作。


◎特 別 賞 (銀彩プレート盾、メダル、副賞として賞金20万円) 2名

   中野晴行(なかのはるゆき)氏

   作 品 名  「謎のマンガ家・酒井七馬伝」 筑摩書房刊
   受 賞 理 由  白黒マンガ全盛の時代、光と影の『影』の部分に光を当てた力作です。


   橋爪まんぷ(はしづめまんぷ)氏

   全業績に対して
   受賞理由 長野にこの人あり、その存在感の大きさは誰もが認めるところでしょう。
        地方漫画文化への貢献度の高さを評価しました。


    
 ◎ 文部科学大臣賞 ( 文部科学大臣表彰状 )

   成瀬國晴(なるせくにはる)氏

   「全業績に対して」  
   受賞理由    関西で昔から活躍し、東京の方々には馴染みが薄いかもしれないが、
        40年以上前からテレビにも登場しており、文化、スポーツ、
        芸能、あらゆる分野の似顔絵は、味のある作品に仕立ててある。


日本漫画家協会賞選考委員
 
 

漫協ニュース

2009年06月11日掲載

6月13日、第37回日本漫画家協会賞の贈賞式が、東京・赤坂のグランドプリンス赤坂・五色で盛大に行われました。受賞者の方々は下記の通りです。おめでとうございます。


大賞  浦沢直樹 氏 「20世紀少年」/「21世紀少年」 
大賞  南ひろこ 氏「ひなちゃんの日常」
優秀賞 中山星香 氏「妖精国の騎士」
特別賞 中野晴行 氏「謎のマンガ家・酒井七馬伝」 
特別賞 橋爪まんぷ 氏  全業績に対して
文部科学大臣賞 成瀬國晴 氏 全業績に対して
 
 

漫協ニュース

2009年06月10日掲載

2009年度 第38回日本漫画家協会賞

 社団法人日本漫画家協会(やなせたかし理事長・会員数約500名)は、漫画文化の普及と漫画界の向上発展をはかる目的のもとに優秀作品を顕彰するため、1972年より「日本漫画家協会賞」を設けています。
 日本漫画家協会賞選考委員会は先に募集いたしました協会賞の候補作品について、5月8日(金)午後1時より社団法人日本漫画家協会事務局に於いて厳正に選考を行った結果、下記の方々に決定致しました。
 尚、贈賞式は、6月12日(金)午後6時より、グランドプリンスホテル赤坂に於いて行います。

2009年5月8日
   日本漫画家協会賞選考委員会
     
委員長  やなせたかし 
委 員  小野耕世 ・ バロン吉元
     清水 勲 ・ 牧野和子
     多田ヒロシ・ 松谷孝征
     永井 豪 ・ みつはしちかこ
     中野晴行 ・ 森田拳次
     中山星香 ・ 矢口高雄
     西田淑子           

社団法人 日本漫画家協会
〒160-0001 東京都新宿区片町3-1
       YANASE兎ビル
TEL:03-5368-3783
FAX:03-3341-0662
http://www.nihonmangakakyokai.or.jp

            ──────── 受 賞 者 ────────

◎ 大  賞(金彩プレート盾、メダル、副賞として賞金50万円) 2名 
   西岸良平(さいがんりょうへい)氏
    作 品 名 「鎌倉ものがたり」 双葉社刊
    受 賞 理 由 ユニークな画風、水木しげるの妖怪とはひと味ちがった
          ユーモラスな化けもの達、ナンセンスの中にペーソスがただよう
          傑作。

   所ゆきよし(ところゆきよし)氏
   作 品 名 「政治漫画」毎日新聞連載
   受 賞 理 由  当代一の政治漫画似顔絵師。寄り目、二頭身の愛嬌ある
            キャラクターに変えられては誰も怒れない。


◎ 優 秀 賞(銀彩プレート盾、メダル、副賞として賞金20万円) 1名
   五十嵐大介(いがらしだいすけ)氏
    作 品 名   「海獣の子供」小学館刊
    受賞理由  今日的なテーマを新鮮なイマジネーションと見事な表現で描き、
          コミックスの新しい時代を予見させる秀作。

◎特 別 賞 (銀彩プレート盾、メダル、副賞として賞金20万円) 1名
    うゑださと士(うえださとし)氏 
     作 品 名  「懐かしの昭和30年代色紙画展」 展覧会作品
     受 賞 理 由  色紙画展をまとめた作品だが、展示連載マンガの迫力ある感動
            にあふれています。

 ◎ 文部科学大臣賞 ( 文部科学大臣表彰状 )
    北見けんいち(きたみけんいち)氏
     「全作品」  
     受賞理由  変わらぬ庶民の視座で丁寧なコマ割りで、永年書き続けてきた氏
           の全作品の功績に対して。
 
 

漫協ニュース

2009年06月10日掲載

6月5日、東京・築地の朝日新聞社・浜離宮朝日ホールに於いて第13回手塚治虫文化賞の贈呈式が行われました。受賞者は次の通りです(敬称略)。 大賞 / よしながふみ「大奥」、辰巳ヨシヒロ「劇画漂流」 新生賞 / 丸尾末広「パノラマ島綺譚」 短編賞 / 中村 光「聖☆おにいさん」 贈呈式の後、同会場でトークショーが催され、後半の部では中野晴行、呉智英氏の「手塚治虫と劇画」というタイトルで、興味深い対談が行われました。
 
 
21 〜 25 件 / 全 25件

 

© Japan Cartoonists Association