漫協ニュース

2018年04月03日掲載

4月1日、新宿ロフトプラスワンにて「マンガワールド其の65 「ももプロZ」小城徹也」と題したトークイベントが開催された。

ドルオタ研究家を名乗り、アイドルの漫画を手掛ける小城徹也氏。「ももプロZ」の連載が3月31日で最終回を迎え、4年続いたこの人気のトークイベントも幕を閉じる事となり「ももいろクローバーZ」ファンの お客様の前で小城氏を始め、押山雄一氏、所十三氏、ディレクターの佐々木敦規氏などゲストが「ももクロ」やアイドルの事、そして漫画の事などを語った。

お客様からはトークイベント終了を惜しむ声があがり、イベントは大いに盛り上がった。

続きを読む

 
 

漫協ニュース

2018年04月02日掲載

2月9日に92歳で逝去された当協会名誉会員の鮎沢まこと氏を偲び、氏の仲間のジャパンチメンバーが主催した展覧会が、当協会1階の漫協ギャラリーにてスタートしました。

初日の4月2日(月)にはオープニングパーティーが催され、多くの関係者が集まりました。
一コママンガの鉄人である鮎沢氏の作品に改めて感嘆し、在りし日の氏の面影を偲びました。

続きを読む

 
 

漫協ニュース

2018年04月02日掲載

現在、明治大学米沢嘉博記念図書館にて開催中の「おきあがりこぼしプロジェクト 明治大学展」ですが、3月31日(土)、山根青鬼一門会によるおきあがりこぼしのライブペインティング第二弾が開催されました。

数センチの小さいサイズや立体に描くことの難しさに悪戦苦闘しつつ、何方も可愛らしさあふれる絵付けこぼしを完成させました。詳しくは写真をご覧ください。

この日の一門会メンバーは、山根青鬼、大石容子(さんご鬼)、サクラ聖(さくら鬼)、佐佐木あつし(はな鬼)、つかお(たぬき鬼)、湯浅みな(ふじ鬼)の各氏。また、ゲスト参加のひのもとめぐる氏の姿も。

続きを読む

 
 

展覧会・イベント情報

2018年03月30日掲載

ひとこま漫画に生きひとこまに死んでいった当協会名誉会員の鮎沢まこと(92歳)。
今年2月9日に心不全でお亡くなりになりました。
氏を偲びナンセンスに満ちた回顧展を開催します。是非お出かけ下さい。
ジャパンチのメンバーも賛助出品いたします。


期 間:2018年4月2日(月)〜5月31日(木)
☆会期延長になりました。

続きを読む

 
 

展覧会・イベント情報

2018年03月30日掲載

天使画家 岸田 尚をモチーフとし、漫画家、イラストレーター、デザイナーや小説家、プロレスラーなど多様な業種から25名の作家が出展します。 

期 間:2018年4月17日(火)~4月22日(日)

時 間:11:00~20:00 (最終日は18:00まで)

休館日:月曜日

会 場:The Artcomplex Center of Tokyo 2F ACT1
    〒160-0015 東京都新宿区大京町12−9

続きを読む

 
 

展覧会・イベント情報

2018年03月29日掲載

期 間:2018年4月3日(火)〜4月8日(日)

時 間:11:00〜19:00

会 場:麩屋町三条
    〒604-8085 京都府京都市麸屋町通三条上ル下白山310-14

※4月6日(金)は利き酒の夕べ共催

 

続きを読む

 
 

展覧会・イベント情報

2018年03月29日掲載

期 間:2018年3月31日1(土)~5月6日(日)

時 間:9時~17時(入館は閉館の30分前まで)

休館日:毎週火曜日

入館料:大人600円 高校生以下無料

会 場:平田本陣記念館
    〒691-0001 島根県出雲市平田町515番地
    TEL 0853-62-5090

続きを読む

 
 

展覧会・イベント情報

2018年03月28日掲載

風刺とユーモアあふれる漫画作品約80点を展示。
浙江省桐郷市政府代表団と漫画家約20名が来日します。

会 場:中国文化センター
    東京都港区虎ノ門3-5-1 37森ビル1F
    TEL:03-6402-8168 FAX:03-6402-8169
    E-Mail:info@ccctok.com

続きを読む

 
 

展覧会・イベント情報

2018年03月26日掲載

期 間:2018年3月28日(水)~7月16日(月・祝)

時 間:10時~18時(入館は閉館の30分前まで・最終日は16時閉館)

入場料:無料

休館日:毎週月曜日(祝日の場合は翌平日休館)

会 場:杉並アニメーションミュージアム
    〒167-0043 東京都杉並区上荻3-29-5 杉並会館3階
    TEL 03-3396-1510

続きを読む

 
 

漫協ニュース

2018年03月26日掲載

「ビッグ錠とその仲間たち 湘南台 マンガてんこ盛り展」最終日(3月25日)はマンガ家の似顔絵ライブとトークショー。

1時からの似顔絵ライブは二階堂正宏、辻下浩二、ビッグ錠の3人がテーブルを前にし、次々と抽選で当たった人を描き始めた。2時には、1人5〜6人づつ描き上げ終了。「似てる〜」「かわいい」「そっくり」の声が会場で飛びかっていた。3人の満足そうなにこやかな笑顔が似顔絵ライブを楽しんだ証しでした。

3時からは3人の似顔絵トークショー。客席は満員、似顔絵を生で描いている姿を見た客はうまく描ける技は何か、一言一言に耳を傾けていた。
3人とも子供の頃から似顔を描くことが好きで得意だったそうだ。

続きを読む

 
 
111 〜 120 件 / 全 3718件

 

© Japan Cartoonists Association