こどもたちの引揚げ〜引揚げ漫画家作家作品展

-0001年11月30日 〜 -0001年11月30日

平和祈念交流展として、郡上市総合文化センター(岐阜県郡上市)にて、子どもたちの引揚げをテーマに、
引揚げ漫画家作品展を開催します。
昭和20年(1945)年8月15日に終戦を迎え、満州(現・中国東北部)で暮らしていた日本人の生活は暗転します。
多くの人が、はるか遠い日本を目指して引揚げの途につきました。子ども時代を満州で過ごした漫画家たちが、
満州での生活や戦後の混乱のなかでの引揚げなど、自らの体験を描いた作品を紹介します。

日 時:6月7日(水)〜6月25日(日)※月曜日は休館

時 間:9:00~17:00

場 所:郡上市総合文化センターホール 棟1階 展示室にて

詳しくはHPをご覧ください。
http://www.heiwakinen.jp/event_outsite/20170513-1928.html

 
 

平和祈念交流展 「未来を夢見た開拓者たち~ 岐阜県郡上市たかす開拓記念館パネル展 ~」

-0001年11月30日 〜 -0001年11月30日

平和祈念展示資料館では他館と連携した交流展を行っています。
この度、岐阜県郡上市たかす開拓記念館と連携し平和祈念交流展を実施します。
昭和4(1929)年に始まった世界恐慌が年々深刻さを増していく中、昭和6(1931)年に満州事変が起こり、翌年に「満州国」が建国されます。やがて、農村の次男、三男の救済や日本軍の食糧確保、軍事的防備などを目的に、満州への開拓移民が計画され、国策事業として多くの開拓民が満州へと送り出されました。現在の岐阜県郡上市からも、11の開拓団が編成され、満州へと入植しました。しかし、昭和20(1945)年8月、ソ連侵攻と敗戦により、開拓団の人々は満州で築いた全てを失い、着の身着のままの姿で日本へ帰ることになったのです。未来を夢見て海を渡った郡上の人々の姿と、帰国までの苦難の日々を、たかす開拓記念館所蔵の資料とともに紹介します。

日 時:平成29年4月25日(火)~6月25日(日)
     9:30~17:30(入館は17:00まで)
     休館日:月曜日
         祝日または振替休日の場合はその翌日
         ※ 5 月8 日(月)は特別開館します。

会 場:平和祈念展示資料館 企画展示コーナー


また、関連イベントも多数ございます。あわせてご覧ください。

講話会「たかす開拓記念館と琿春高鷲開拓団
郡上市高鷲町文化財保護協会会長の馬渕旻修氏による、たかす開拓記念館の紹介と、満州へ渡った琿春高鷲開拓団についての講話会を実施します。(約60分)
日時:6月10日(土) 14:00~

郡上おどりin 平和祈念展示資料館
郡上市の協力により地元の保存会の皆様をお招きし、国指定重要無形民俗文化財「郡上おどり」を解説と
ともに実演します。(約50分)
日時:6月24日(土)11:00~

映画・ドキュメンタリー上映会「嗚呼 満蒙開拓団」
約27万人のうち約8万人が帰国できないまま命を落とし、多くの残留孤児や残留婦人を生みだした満蒙開拓団。日本人公墓の墓参ツアーの同行取材で得た、貴重な証言によるドキュメンタリー。(120分) 
製作:工藤充 演出:羽田澄子 平成20(2008)年製作 ©自由工房
日時:5月13日(土)14:00~

「葫蘆島大遣返 日本人難民105 万人 引揚げの記録」
当時の数少ない記録写真や中国の協力による現地調査や関係者の証言をもとに、満州(現・中国東北部)に
居留していた在留邦人105万人の引揚港となった葫蘆島を描いた作品。 (102分)
製作・脚本・演出:国弘威雄 演出・編集:松井稔 写真:飯山達雄 
監修:新藤兼人 ナレーター:久野綾希子 平成9(1997)年度作品 ©葫蘆島を記録する会
日時:5月27日(土)14:00~

「はじめ嬉しく、あと悲し  十代の若ものたち、青春の軌跡」
戦争の時代、少年少女たちの夢はなんだったのか?夢をかなえるため、それぞれの道を歩んだ5人の青春を描いた作品(94分)
製作:吉丸昌昭 監督:長尾栄治 平成25(2013)年製作 ©ユニモト
日時:6月3日(土)14:00~

体験者証言集の上映
たかす開拓記念館が所蔵する体験者の証言映像を上映します。(約50分)
会期中、イベント時を除く毎日14:00~

詳しくはHPをご覧ください。
http://www.heiwakinen.jp/event_insite/20170405-1901.html

  •   
  •   
写真 2
 
 

小島功展 〜現代の浮世絵師と呼ばれた男〜

-0001年11月30日 〜 -0001年11月30日

【主  催】ギャルリーオー
【共  催】びわ湖大津館
【特別協力】株式会社コオプロ
【協  賛】琵琶湖汽船株式会社

会 場:ギャルリーオー
    〒520-0022 滋賀県大津市柳が崎5番35号(イングリッシュガーデン内)
    TEL:077-521-4515
    http://gallery-o.net
会 期:2017年6月1日(木)〜25日(日) 月曜・18日(日)休廊
    10:00〜17:00
入場料:大人320円 小人160円
  ※ギャルリーオー、イングリッシュガーデンには入場料が必要です。
  ※会場の都合により急遽、休廊になる場合がございます。
  ※ギャルリーオーHP上にて、スケジュールを必ずご確認下さい。

《お問い合わせ》
ギャルリーオー
 〒520-0022 滋賀県大津市柳が崎5番35号(イングリッシュガーデン内)
 TEL:077-521-4515
 http://gallery-o.net
柳が崎湖畔公園 びわ湖大津館
 TEL:077-511-4187 FAX:077-511-3228
 受付時間:9:00〜19:30
 http://www.biwako-otsukan.jp

  •   
  •   
写真 2
 
 
-0001年11月30日 〜 -0001年11月30日

ポスター作品でこれほどまでに世界で評価された秋山孝は、希有なポスターデザイナーです。
それは、ただ絵を描くだけではなく目的に沿って伝える。
つまりビジュアル・コミニケーションしながら独自な表現でメッセージを伝えるという難しさを軽々とやってのける魅力的な才能をもっています。世界のデザイナーから尊敬され、世界中の大学で講演会や国際ビエンナーレで国際審査員など行い、次世代に向けてデザインの意義を広めています。
今回、中之口先人館で行われる秋山孝のポスター展では、美術の中でも珍しい表現と展示が見られ、新鮮なメッセージを読み取ることができます。

期間:5月27日(土)〜6月25日(日)※月曜休館日

時間:9:00 〜 16:30 

入場:無料

場所:中之口先人館
   〒959-0505 新潟市西蒲区三方92番地
    JR新潟駅より新潟交通バス:大野・ふるさと村経由
    潟東営業所行、潟東営業所よりタクシー5分
    JR越後曽根駅よりタクシー15分

詳しい情報はHPもご覧下さい

  •   
  •   
写真 2
 
 
-0001年11月30日 〜 -0001年11月30日

期 間:2017年3月2日(木)~6月26日(月)

時 間:9時30分~17時(入館は16時30分まで)

入場料:大人700円 中高生300円 小学生100円

休館日:毎週水曜日(3月29日、4月5日、5月3日は開館)

会 場:宝塚市立 手塚治虫記念館
    〒 665-0844 兵庫県宝塚市武庫川町7-65
    TEL 0797-81-2970

詳しくは:宝塚市立手塚治虫記念館

  •   
  •   
写真 2
 
 

京都国際マンガミュージアム企画展「山岸涼子展「光ーてらすー」ーメタモルフォーゼの世界ー」

-0001年11月30日 〜 -0001年11月30日

日時  
平成29年5月27日(土)〜 平成29年9月3日(日)
前期:5月27日(土)〜 6月27日(火)
中期:6月29日(木)〜 8月1日(火)
後期:8月3日(木)〜9月3日(日)
  ※作品保護のため、カラー原画及び一部の作品は展示替えを行います
   (原画の入れ替えのみで全体の構成はほぼ変わりません)。
  ※前期と後期の展示作品は同じです。
 ◇開館時間:午前10時〜午後6時(最終入館は午後5時30分)
 ◇休 館 日 :毎週水曜日 ※ただし、8月9日、16日は開館

会場
京都国際マンガミュージアム2階 ギャラリー1・2・3
(京都市中京区烏丸通御池上ル)

展示趣旨
本展は東京・弥生美術館で平成28年に開催した展覧会の巡回で、当館では、そこでは公開されなかった「日出処の天子」の新規出展原画も30点以上予定しています。
デビューから最新作までのメタモルフォーゼ(変容)をお楽しみください。

料金
無料(ただし、ミュージアム入場料〔大人800円、中高生300円、小学生100円〕は別途必要)

主催等
主催:京都国際マンガミュージアム/京都精華大学国際マンガ研究センター
特別協力:株式会社上ノ空
協力:弥生美術館

関連イベント
(1)講演会「荒俣館長が語る!山岸涼子の世界」
日  時:会期中の土日祝日のいずれかで開催予定。
    (詳細は追って公式ホームページにて発表。)
場  所:京都国際マンガミュージアム 1階 多目的映像ホール
料  金:無料※ただし、ミュージアム入場料は別途必要
講  師:荒俣宏(京都国際マンガミュージアム館長)
定  員:200名(先着順)
参加方法:事前申込不要
 ※当日午前10時からミュージアム館内にて整理券を配布。

(2)当館研究員・倉持佳代子によるオープニングギャラリートーク
日  時:平成29年5月27日(土)午前11時/午後2時30分
場  所:展覧会会場入口集合
料  金:無料※ただし、ミュージアム入場料は別途必要
定  員:各20名
参加方法:事前申込不要

※詳細は京都国際ミュージアムのホームページをご覧下さい。
 

 

  •  日出処の天子 ©山岸涼子 
  •  アラベスク ©山岸涼子 
  •  テレプシコーラ−舞姫− ©山岸涼子 
  •  妖精王 ©山岸凉子 
  •  日出処の天子 ©山岸涼子 
  •  レベレーション−啓示− ©山岸涼子 
写真 6
 
 
-0001年11月30日 〜 -0001年11月30日

ただ今、ひとコマ漫画を多くの方に見てもらおうと浅草・仲見世近くの「みやま雑貨」協力のもと、レジ横スペースにて、漫画家協会会員のジョルジュ・ピロシキ、木南精示、相澤拓、たなべたい、イラストレーターのオゼキイサムの各氏による作品を随時展示しております。

6月2日~28日までは二階堂正宏氏の展示を行っています。

また、各展示に合わせて、作品集などグッズも販売しております。
またひとコマ漫画のポストカードも常時販売をしておりますので、
お時間があれば、是非お店をご覧になってください。

詳しい内容・情報などはHPも合わせてご確認ください。
https://www.miyamazakka.com

場   所:浅草・みやま雑貨
    〒111-0032 東京都台東区浅草2-2-1
    銀座線・東武線 浅草駅徒歩2分、都営浅草線 浅草駅徒歩4分
電話番号 :03-3841-4569
時      間 :12:00~19:00
定休日    :毎週木曜日・不定休あり

 

 

  •   
  •   
写真 2
 
 
-0001年11月30日 〜 -0001年11月30日

会 場:日本漫画家協会1階 ギャラリー
    〒160-0001 東京都新宿区片町3-1 YANASE兎ビル

会 期:2017年5月9日(火)〜
    土日祝日お休み。5月27日(土)はオープン予定。

時 間:基本的に10:00〜18:00(協会事務局がオープンしている時間)

《 内 容 》
今年3月に「起き上がりこぼしプロジェクト」の一環として、ウクライナのチェルノブイリ博物館等で展示を行い、当協会漫画家3名(一本木蛮、倉田よしみ、永野のりこ各氏)がウクライナに行き、現地の方々との交流を行いました。その模様の写真展です。
会期中にライブペインティング等を行います。

永野のりこ氏のブログに詳細が記載されています。
https://naganoare.wordpress.com/4625-2/

 

  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
写真 11
 
 
-0001年11月30日 〜 -0001年11月30日

概 要 
北沢楽天(1876-1955)は、明治末から昭和の初めにかけて数々の政治家や著名人の風刺画や似顔絵を描き、庶民に人気を博してきました。強者を物怖じせず風刺の対象にし、かつ明るく屈託のない笑いに変える楽天漫画の痛快さが庶民を惹きつけ、時には風刺の対象にされた政治家さえも苦笑いさせてきました。
本展では、北沢楽天と政治家や財界人などの交流に焦点を当て、明治末、雑誌『東京パック』に風刺似顔絵を描き、後に埼玉県人会が縁で知遇を得た渋沢栄一や新聞日曜版『時事漫画』紙上で緊縮財政政策を面白おかしく風刺したライオン宰相・浜口雄幸など、楽天が描く痛快な風刺漫画や写真などを展示します。

期 間:5月20日(土)〜7月9日(日)※月曜休館

場 所:さいたま市立漫画会館 企画展示室(1階)

時 間:午前9時~午後4時30分 

詳細・お問い合わせはHPをご覧ください。

  •   
  •   
写真 2
 
 
-0001年11月30日 〜 -0001年11月30日

累計400万部を超えた、人外×少女の正道ファンタジー
「魔法使いの嫁」のTVアニメ化を記念して
貴重な原作コミック原稿やイラスト原画をご覧いただける原画展を開催いたします。
チセとエリアスの出会いや、未知なる世界での出来事を振り返りながら
魅力的な展示空間をお届けします。

期 間:2017年6月3日(土)~7月17日(月・祝)

時 間:11:00~19:00(最終入場18:30) 毎週火曜日休館

会 場:北九州市漫画ミュージアム 企画展示室
   (JR「小倉」駅新幹線口より徒歩2分「あるあるCity」5階) 

入場料:企画展のみ 一般:500円(400円)/中高年:300円(240円)/小学生以下:無料
    常備展とのセット券 一般:700円(560円)/中高生:400円(320円)
    ※( )は30名以上(お一人様料金) 
    ※障がい者手帳等をお持ちの方と付き添いの方1名までは入館無料
    ※特製しおりセットつきチケットのお取り扱いはございません 

詳しくは:北九州市漫画ミュージアムHP

 
 

隆一 珍コレクション展〜珍品・迷品・お蔵出し!〜

-0001年11月30日 〜 -0001年11月30日

期 間:2017年4月29日(土)~8月27日(日)

時 間:9時~18時

休館日:月曜日(ただし、7月17日は開館)

入場料:一般300円 高校生以下無料

会 場:横山隆一記念まんが館 企画展示室
    〒780-8529 高知市九反田2-1 高知市文化プラザかるぽーと内
    TEL 088-883-5029

 

  •  チラシ表 
  •  チラシ裏 
写真 2
 
 

起き上がりこぼしプロジェクト ウクライナ国立チェルノブイリ博物館・スラブチチ市文化センター

-0001年11月30日 〜 -0001年11月30日

当協会が協力を行っている起き上がりこぼしプロジェクトですが、この度ウクライナ国内での展示が決定しました。

国立チェルノブイリ博物館(こくりつチェルノブイリはくぶつかん、Національний музей Чорнобиль)は、チェルノブイリ原子力発電所事故6周年にあたる1992年4月26日、キエフの中心街に開設された博物館です。
同時に、スラブチチ市では市主催、文化センターで展示を行います。スラブチチ市は、チェルノブイリ原発事故の後、旧ソ連が周辺地域の住民を汚染の少ない地域へ移動させ、その後2年間で作られた新しい街です。
展示に際し、絵付け起き上がりこぼしの贈呈式が行われ当協会理事・一本木蛮、永野のりこ、参与・倉田よしみ各氏が参加します。

会期:2017年3月11日〜夏頃

博物館住所    переулок Хорива, 1
      Kyiv,
      Ukraine
      04071
※このニュースタイトル右横▼印をクリック、地図で場所が表示されます。

電話番号    +380 44 482 5627

起き上がりこぼしプロジェクト https://www.facebook.com/OkiagariKoboshiProject/
国立チェルノブイリ博物館 http://chornobylmuseum.kiev.ua/en/mainpage/

 
 

僕のヒーローアカデミア 〜特別課外授業 in 杉並アニメーションミュージアム〜

-0001年11月30日 〜 -0001年11月30日

期 間:2017年4月19日(水)~9月3日(日)

時 間:10時~18時(入館は17時30分まで)
    企画展最終日(9月3日)は16時30分で閉館

休館日:毎週月曜日(祝祭日の場合はその翌日)

入場料:無料

会 場:杉並アニメーションミュージアム
    〒 167-0043 東京都杉並区上荻3-29-5
    TEL 03-3396-1510

詳しくは:杉並アニメーションミュージアム

  •  チラシ表 
  •  チラシ裏 
写真 2
 
 
-0001年11月30日 〜 -0001年11月30日

「超人ロック」は今年生誕50年を迎えます。単独作家による未曽有の超長期シリーズ連載である本作。
第1作の表書きには「SFファンと そうでない人に」と入っていました。
作者の聖悠紀は、本作を最初からSF好きにお薦めの作品、しかしすべての人に向けたエンターテインメントであると宣言して描きはじめたのです。この表書きが書かれた日付は1967年6月20日、そして第1作完成の日付は同年9月24日。まさにロック(6・9)。
本展では、今も2誌で活躍し続ける不滅の超人ロックの世界をはじめ、聖悠紀作品の全容を可能な限り紹介します。

期 間:2017年6月9日[金]~2017年9月24日[日] 火・水・木曜日は休館(祝日の場合は開館)
    ※特別整理などで休館する場合があります。
     HPでの確認、または開館日時に電話にてお問い合わせください。

時 間:月・金 14:00〜20:00 土・日・祝 12:00〜18:00

会 場:米沢嘉博記念図書館1階展示室

詳細・イベント情報などはHPをご覧ください。

 

  •   
  •   
写真 2
 
 
-0001年11月30日 〜 -0001年11月30日

期 間:2017年5月13日(土)~9月30日(土)
    金・土・日曜日のみ 事前見学予約制

時 間:11時、13時、15時

入場料:無料

会 場:秋山孝ポスター美術館(APM)
    〒 940-1106 新潟県長岡市宮内2-10-8
    TEL 0258-39-1233

詳しくは:秋山孝ポスター美術館(APM)HP

  •   
  •   
写真 2
 
 

 

© Japan Cartoonists Association