事務局より

2010年度 第39回日本漫画家協会賞 決定

2010年04月20日掲載

2010年度 第39回日本漫画家協会賞

 社団法人日本漫画家協会(やなせたかし理事長・会員数約500名)は、漫画文化の普及と漫画界の向上発展をはかる目的のもとに優秀作品を顕彰するため、1972年より「日本漫画家協会賞」を設けています。

 日本漫画家協会賞選考委員会は先に募集いたしました協会賞の候補作品について、5月7日(金)午後1時より社団法人日本漫画家協会事務局に於いて厳正に選考を行った結果、下記の方々に決定致しました。

 尚、贈賞式は、6月11日(金)午後6時より、グランドプリンスホテル赤坂に於いて行います。

2010年5月7日

   日本漫画家協会賞選考委員会
委員長  やなせたかし
委 員  小野耕世 ・ バロン吉元

     清水 勲 ・ 牧野和子

     多田ヒロシ・ 松谷孝征
     永井 豪 ・ みつはしちかこ
     中野晴行 ・ 森田拳次
     中山星香 ・ 矢口高雄
     西田淑子
           


社団法人 日本漫画家協会

〒160-0001 東京都新宿区片町3-1

      YANASE兎ビル
TEL:03-5368-3783
FAX:03-3341-0662




            ──────── 受 賞 者 ────────



◎ 大  賞(金彩プレート盾、メダル、副賞として賞金50万円) 2名 

   安倍夜郎(あべやろう)氏
     作 品 名 「深夜食堂」 小学館刊
     受賞理由 シンプルなタッチで綴った大人のメルヘン。
          人を見る目がやさしく深く、ラストのひねりには
          いつもうならされる。

   鮎沢まこと(あゆさわまこと)氏 
        作 品 名 「TWILIGHT HOSPITAL 院内感染笑候群」描きおろし作品
        受賞理由 八十歳過ぎてもあのブラックなアイデアはヒトコマ漫画家の
          目標。願わくばこの作品を本にしてくれる時代が
          早く来ることを祈りたいと思います。


◎ 優 秀 賞(銀彩プレート盾、メダル、副賞として賞金20万円) 1名

  ながやす巧(ながやすたくみ)氏
    作 品 名  「壬生義士伝」(原作・浅田次郎氏)
          角川書店刊 現在は別冊少年マガジン連載
    受賞理由  作品は寡作だが漫画の王道をを行く堂々たる描写力と
          表現力を遺憾なく発揮、また絵のディティールを大事に
          描き込んでいる入魂の作品。


◎特 別 賞 (銀彩プレート盾、メダル、副賞として賞金20万円) 1名

  山根青鬼(やまねあおおに)氏
        「 全業績に対して」
   受賞理由  漫画歴60年にわたる永い執筆。今もみずみずしい
         四コママンガを精力的に描いている。
         そのたゆまぬ活動に拍手を送る。

◎文部科学大臣賞 (文部科学大臣表彰状)

  水野英子(みずのひでこ)氏
    「全作品」
  受賞理由 戦後の我国の漫画の革新の時代から現在まで不断の努力を続けて、
       独自の境地を切り開いてきた功績は凄い。
 

 

© Japan Cartoonists Association