漫協ニュース

紙モノ・コレクション大百科−三遊亭あほまろのおもちゃ箱−展 開催

2020年12月14日掲載

収集家で当協会会員の三遊亭あほまろ氏のコレクションの展示が、豊島区の「切手の博物館」で12月5日から8日まで開催されました。著書 「紙モノ・コレクション大百科 絵はがきから鉄道切符まで」の刊行記念でもあります。

氏の「紙もの」コレクションは、祖父から受け継いだものにさらに自身で長年追加して気た膨大なもの。貴重なものが多く、ジャンルでまとめた書籍も何度か出されています。

その中から展示されたのは、宮武外骨の滑稽新聞、缶詰やマッチや商標のラベル、絵はがき、メンコ、薬の袋や置き薬の箱、ポチ袋、鉄道関連のものなど実にさまざま。凝ったデザ インや木版画のものなどがあり、当時の文化、人々の洒落っ気や美意識などが感じられました。

(写真・文:会報部 大石容子)

 

 

© Japan Cartoonists Association