漫協ニュース

浅草寺 羽子板市にて「羽子板似顔絵」あります!

2019年12月18日掲載

2019年12月17日(火)〜19日(木)、東京都墨田区浅草にある浅草寺境内で毎年恒例の羽子板市が開催され、今年も名物の「羽子板似顔絵コーナー」が開設されています。

初日はあいにくの空模様となっていましたが江戸随一の浅草寺羽子板市の人出は充分以上、境内はさまざまな装飾があしらわれた羽子板、正月用のしめ飾りなどを飾る縁起物の数々に彩られた露店で埋め尽くされ、華やかに賑わっていました。

そんな中で隠れた名物となっているのが「漫画家たちによる毎年羽子板似顔絵コーナー」で、今年も当協会理事であるビッグ錠氏を中心に似顔絵氏の精鋭たちが勢ぞろい、彼らの手によって羽子板には次々と似顔絵が描かれ、自らが縁起ものとなった一品を手に、利用者たちからは満面の笑みがこぼれていました。

中でもサンプルとしてテント中の正面に飾られた、現在浅草名物の大衆劇場木馬館で公演中である劇団「暁」の花形役者たちを描いた志賀公江氏作の似顔絵羽子板は、美しい肖像に道行く人が足を止め、そのまま温かいテントに引き込まれていくという、いい人寄せとなっていたようです。

なお、羽子板似顔絵のシフトは17日(火)のみ志賀公江辻下浩二両氏がついていましたが、残り2日間の18日(水)と19日(木)はビッグ錠志賀公江辻下浩二、山田うさこ各氏のフルメンバーで行われる予定です。

(画像・文:柳生柳)

 

 

© Japan Cartoonists Association