漫協ニュース

4日間にわたる「コミックマーケット96」開催

2019年08月20日掲載

 2019年8月9日(金)〜12日(月/祝)、東京都江東区にある東京ビッグサイトにて国内最大級の同人即売イベント「コミックマーケット96」が開催されました。

 今回の会場はコミケット史上初、会場は従来と異なり同人ブースを西・今年7月に新設された南館展示棟、企業ブースを1駅隣の青海展示棟へ移しての開催で、これはオリンピック利用規制期間に関わったためです。
 その結果、青海展示棟から従来の有明地区と離れた地区への移動は有料リストバンド装着での入場者管理を必要としたのも今回初、にも関わらず4日間にも及んだ開催期間のおかげか、来場者数も73万人と、歴代最多数を大幅に更新したといいます。

 そんな初めて尽くしかつ開催中は猛暑にも関わらず、各展示棟同士の移動には屋外移動も余儀なく、ウン十万人規模での大移動は各所への負担も大きかったようで開場時には入場列の混乱を招き、3日目遂にトラブルが発生、準備会から謝罪が発表されるという一幕もありました。
 けれど、この事態を招いたのは一部参加者の行為に要因があるためで、問題発生時には周囲の協力やスタッフの迅速な対応と、翌日には改善策も持たれ、決して準備会ばかりを責められたことではなく、むしろよくあれだけに留めることが出来たと、準備会の努力が伺えるものにもみえました。
 今回の取材は会場全体をメインで行うというもので、スペースへは限られた所へしか伺えませんでしたが、快く迎えてくださったみなさまへは心からお礼申し上げます。

 最後に心温まるエピソードをひとつ…コミケットには同人販売の他にもコスプレイヤーが場をいっそう華やかなものにしてくれますが、当協会理事である永野のりこ氏のブースへ、氏の作品に登場するキャラクターコスのカップルが訪れてきました。

氏も大きく顔をほころばせ、満面の笑みで一同ポーズを決めてくれたという一幕も…これもコミケットの醍醐味でもあるのです。


(画像・文:柳生柳)

 

 

© Japan Cartoonists Association