漫協ニュース

第19回文化庁メディア芸術祭 内覧会及び贈呈式開催

2016年02月03日掲載

2016年2月2日、国立新美術館にて、第19回文化庁メディア芸術祭の関係者による内覧会、贈呈式が開催されました。今回マンガ部門の審査員に当協会の犬木加奈子氏、松田洋子氏が参加されています。

文化庁メディア芸術祭はアート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門において優れた作品を顕彰するとともに、受賞作品の鑑賞機会を提供するメディア芸術の総合フェスティバルですが、この度、当協会会員の業田良家氏がマンガ部門の優秀賞を、清水勲氏が功労賞を受賞されました。

なお、受賞作品の展示は本日から14日まで、国立新美術館等で行われています。入場無料。

詳しくは
http://festival.j-mediaarts.jp

(写真:事務局)

 

 

© Japan Cartoonists Association