漫協ニュース

全国漫画家大会議inまんが王国・土佐 開催

2015年02月26日掲載

2月21(土)、22(日)日、高知県で「全国漫画家大会議inまんが王国・土佐」(当協会協力事業)が開催されました。高知の食と絡めて、漫画家や漫画編集部の編集長らが漫画について語ったり、アニソンライブがあったりの2日間に渡る一大イベントです。

イベント出演・漫画家と原作者 さいとう・たかを、里中満智子、やまさき十三、北見けんいち、藤沢とおる、ビッグ錠、土山しげる、倉田よしみ、うえやまとち、Moo.念平、中川いさみ、ひのもとめぐる、西原理恵子、安倍夜郎、魚戸おさむ、上條淳士、河合克敏、くさか里樹、正木秀尚、野村宗弘の各氏(ちばてつや氏は残念ながら体調不良のため欠席)。

21日は早朝8時より、高知県須崎市の深浦漁港で、やまさき十三、北見けんいち、うえやまとちの各氏をゲストに、参加者みんなで魚を釣る「釣り好き漫画家との交流イベント」。広い特設イケスには須崎の高級養殖マダイ「海援鯛」とカンパチ。天候にも恵まれ、うえやま氏は3匹を釣り上げました。

高知市内の県民文化センターで正午よりオープニングセレモニー。知事尾崎正直氏、漫画家さいとう・たかを、里中満智子の両氏と、漫画好きで知られるタレントの中川翔子さんが出席。会場入口ではゆるキャラ「とさけんぴ」君とご当地アイドルグループ「土佐おもてなし勤王党」のメンバー、舞台では高知のゆるキャラ「しんじょうくん」と中川いさみ氏のキャラ「ネッコロ」が観客を出迎えました。

 オープニングトークでは、さいとう氏が「私は監督、ゴルゴは私にとって絶対逆らわない役者」と語って会場をどよめかせ、中川翔子さんが「自分は漫画で漢字なども勉強した。学校の図書館にももっと漫画を!」と熱弁をふるう一幕もありました。

 オープニングに続いて、タレントの中川翔子さんと漫画家藤沢とおる氏のトークショー「まんが王国ニッポンの未来を語る!」が行われましたが、アクシデントで藤沢氏が来場間に合わず、急遽里中満智子氏がピンチヒッターとして登場。中川翔子さんのミニライブも行われました。

(写真 文:御茶漬海苔・大石容子)

 

 

© Japan Cartoonists Association