漫協ニュース

2015年02月13日掲載

クールジャパンの代表とも言える日本のマンガ。そのマンガコンペを外務省が主催する「第8回国際漫画賞」(協力・日本漫画家協会)の授賞式・懇親会が2015年2月12日、東京・港区・外務省飯倉別館で行われました。
最優秀賞はナンバラル・エルデネバヤル氏(モンゴル)の作品「ボンバルダイ」が獲得し、優秀賞は「熊先生」ラクボク(中国)、「アタン」ベン・ウォン(マレーシア)、「房間(ルーム)」リュウイーチー(台湾)の3氏に贈られました。

審査には当協会から里中満智子、志賀公江、倉田よしみの3氏が参加しました。

(写真 文:会報部・UNO 香取 事務局)

 

 

© Japan Cartoonists Association