展覧会・イベント情報

2019年02月14日掲載

期 間:2019年3月29日(金)〜5月19日(日)

会 場:総本山三井寺 観音堂書院
    〒520-0036 滋賀県大津市園城寺町246  
    TEL:077-522-2238

時 間:9:00〜16:30(最終受付16:00)

入場料:大人…500円 子供(小中高生)…300円
    仏の世界展+三井寺入山料…1,000円(チケット取り扱い先:チケットぴあ・イープラス)

続きを読む

 
 

事務局ライブラリ

2018年11月13日掲載

◆里中満智子「愛」のテーゼ 高志の国文学館/編 1600円
◆斎王子兄弟に困らされるのも悪くない 1~3 晴海ひつじ/著 白泉社/刊 各429円
◆飴とキス 秋平しろ/著 大洋図書/刊 639円
◆フジマルッ! 1~3 詠里/著 講談社/刊 1巻600円、2巻630円、3巻650円
◆100万の命の上に俺は、立っている 4 山川直輝/著 奈央晃徳/画 講談社/刊 429円

続きを読む

 
 

展覧会・イベント情報

2016年08月29日掲載

期 間:2016年9月10日(土)~11月20日(日)

時 間:10時~17時(入館は16時30分迄)

休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)

入館料:大人900円 高大生700円 小中生400円

会 場:神戸ゆかりの美術館
    〒 658-0032 兵庫県神戸市東灘区向洋町中2-9-1

続きを読む

 
 

展覧会・イベント情報

2016年07月01日掲載

「マンガ家・戦争体験者の八月十五日」は、今から約20年前に、漫画家の森田拳次氏、ちばてつや氏、故赤塚不二夫氏らが、満州からの引揚げ体験を絵と文章にまとめた「中国からの引揚げ・少年たちの記憶」から始まりました。
 その後「八月十五日の会」として拡がり、俳優の故高倉健氏、映画監督の山田洋次氏など100人を越える方たちからも「記憶」が寄せられています。今回ピースあいちでは、この証言の中から37点のパネルを展示します。

期間:2016年7月19日(火)〜8月31日(水)

時間:11時〜16時(最終日は15時迄)

続きを読む

 
 

展覧会・イベント情報

2015年11月19日掲載

もうすぐ5年を迎えます 忘れない東日本大震災 鎮魂・復興チャリティー展

 多くの民衆の信心を集め、平安時代以来、古典文学や謡曲、浄瑠璃などで取り上げられてきたここ清水寺で、「漫画家による仏の世界展」が開かれることに、不思議なご縁を感じます。数千百年来、文化の担い手としてもその役割を担ってきた古刹・清水寺と、世界に冠たる日本の漫画とのコラボに、歴史の流れとしてのむすびつきを感じずにはいられません。
 今回の企画は、「今年の漢字」で知られる森清範貫主のご賛同と、お力添えによるものです。開催に当たり、初日に森清範元猊下による東日本大震災と、漫画家さんたちの描いた仏さまたちへの法要を執り行います。                        (「仏の世界展」パンフレットより抜粋)

期間:2015年11月21日(土)〜12月6日(日)

続きを読む

 
 

展覧会・イベント情報

2015年09月25日掲載

日本の漫画家たちが、独自のタッチで「仏」を描く。

今回の展示に際し、熊本県在住の川崎のぼる氏の作品が展示されております。
湯前でしか見られない作品となっています!(湯前まんが美術館HPより)


続きを読む

 
 

展覧会・イベント情報

2015年08月28日掲載

漫画家総勢60名による仏の漫画展。
妖怪の町へ仏さまが大集合!



期間:2015年9月2日(水)〜9月13日(日)

時間:9時30分〜18時(入場は閉場30分前まで)

続きを読む

 
 

漫協ニュース

2015年08月06日掲載

 沖縄でも開催中の「漫画家による仏の世界展 in 首里観音堂」。沖縄支部では7月28日(金)に行われた内覧会に行ってきました。会場は那覇市首里にある首里観音堂。学校側からの希望もあり、ヒューマンアカデミー那覇校のマンガ専攻の学生と講師の方も同行取材となりました。

 展示会場に入ると、赤塚不二夫先生の「レレレ千手観音」からスタート。いがらしゆみこ先生の「如意輪観音」や池上遼一先生の「弥勒菩薩」、植田まさし先生の「自画像」など有名マンガ家先生の作品がズラリ!

 シャレが効いていたりセクシーだったりなど、ユーモアのあふれる先生方の作品をTV局のカメラもじっくり撮影。同行した学生の皆さんも、1点1点作品を食い入る様に見入っていました。

続きを読む

 
 

展覧会・イベント情報

2015年04月16日掲載

漫画界のレジェンド、初の夫婦展!

『宇宙戦艦ヤマト』『銀河鉄道999』などの名作で知られる漫画家、松本零士と、その妻で、初代リカちゃん人形のデザイン監修を手掛けた漫画家、牧美也子。世代を越えて、多くの人に夢とロマンを与え続ける二人の初の夫婦展。松本零士の漫画原稿や墨彩画、牧美也子が手掛けた少女漫画原稿をはじめ、初代リカちゃんグッズ、二人の合作原画など、約150点を紹介します。

期間:2015年5月10日(日)〜6月28日(日)

時間:10時〜17時(入館は16時30分まで)

休館日:毎週月曜日(祝日の場合翌日)

続きを読む

 
 

事務局ライブラリ

2015年04月02日掲載

◆手塚ファン Vol.289
◆まんがの日記念・4コマまんが大賞10回記念誌 横山隆一記念まんが館/刊
◆Who's Who 創立50周年記念号 一般社団法人 日本児童出版美術家連盟/刊
◆東京DTED 3 コタニヨーコ/著 白泉社/刊 600円
◆ココロの飼い方 8 コタニヨーコ/著 講談社/刊 562円

続きを読む

 
 
1 〜 10 件 / 全 49件

 

© Japan Cartoonists Association