漫協ニュース

2017年09月25日掲載

9月21日(木)より千代田区の九段学習館2階 九段ギャラリーにて開催中の、平和祈念展示資料館特別展示「マンガで描いた抑留・引揚げのガマン」のイベントとして、9月23日(土・祝)14時より、北見けんいち氏によるギャラリートークが行われました。
北見氏は、満州で生まれ4才の時に同地にて終戦を迎え、父親はシベリアへ抑留、5才で東京へ引揚げ、その5年後に、生きていると知った父親を品川駅まで迎えに行ったという経験をなされています。
氏独特のタッチで描かれた、原画の前で、その当時の様子や気持ちを語る氏に、来場者は真剣に耳を傾け、トークイベント終了後には、自分も引揚者です、と氏に話しかける来場者に気さくに応じる氏の姿がありました。

続きを読む

 
 

展覧会・イベント情報

2017年09月01日掲載

平和祈念展示資料館では、「マンガで描いた抑留・引揚げのガマン」と題した特別展示を行います。

期 間:2017年9月21日(木)〜9月27日(水)

時 間:10:00〜19:00

会 場:九段生涯学習館2階 九段ギャラリー  
    東京都千代田区九段南1-5-10
 

続きを読む

 
 

展覧会・イベント情報

2017年08月01日掲載

期 間:前期/6月27日(火)〜8月17日(木)
    後期/8月18日(金)〜9月24日(日)
    ※7月3日(月)、7月10日(月)、8月27日(日)
     9月4日(月)、9月11日(月)、9月19日(火)は休館日です。

参加作家:赤塚不二夫、山口太一、古谷三敏、横山孝雄、高井研一郎ちばてつや
     
森田拳次、山内ジョージ、バロン吉元北見けんいち、林静一(生年月日順/太字協会員)

続きを読む

 
 

展覧会・イベント情報

2017年08月01日掲載

開催日:2017年8月8日(火)、8月14日(月)の計2日間

時 間:10:00〜18:00まで

場 所:逗子文化プラザホールギャラリー

お問い合わせ:ビバ!ミュージカル(子どもミュージカルシアター改称)
       080-5382-8692 katsu@tbf.t-com.ne.jp

イベントもございます。
●マンガ紙芝居「風のゴンタ」13:00〜

続きを読む

 
 

漫協ニュース

2017年07月18日掲載

6月27日(火)より、新宿住友ビル48階にある平和記念展示資料館(総務省委託)にて「漫画でたどる引揚げ展」が開催されています。

11人のマンガ家が子どもの頃に見た戦争と自身の引揚げを描いた作品が展示されています。

期 間:前期/6月27日(火)〜8月17日(木)
    後期/8月18日(金)〜9月24日(日)
    ※7月3日(月)、7月10日(月)、8月27日(日)

続きを読む

 
 

漫協ニュース

2015年09月15日掲載

私が訪れたのは9月4日(金)。
会場は糸満市の平和祈念公園内にある平和記念資料館2階の海と礎の回廊。廊下と突き当りの展示室には作品がズラリ。会場は平日ということもあり、観光客がチラホラといった感じでした。

この展示は戦後70週年にちなみ、「一般財団法人 日本漫画事務局八月十五日の会」が開催。「一般財団法人 日本漫画事務局八月十五日の会」とは戦争の記憶を持つ漫画家・作家有志を中心に、戦争の記憶を後世に残すだけでなく、漫画家ならではの絵画的手法を駆使し、平和のメッセージを発信し続けるというもの。

続きを読む

 
 

漫協ニュース

2015年02月26日掲載

2月21(土)、22(日)日、高知県で「全国漫画家大会議inまんが王国・土佐」(当協会協力事業)が開催されました。高知の食と絡めて、漫画家や漫画編集部の編集長らが漫画について語ったり、アニソンライブがあったりの2日間に渡る一大イベントです。

イベント出演・漫画家と原作者 さいとう・たかを、里中満智子、やまさき十三、北見けんいち、藤沢とおる、ビッグ錠、土山しげる、倉田よしみ、うえやまとち、Moo.念平、中川いさみ、ひのもとめぐる、西原理恵子、安倍夜郎、魚戸おさむ、上條淳士、河合克敏、くさか里樹、正木秀尚、野村宗弘の各氏(ちばてつや氏は残念ながら体調不良のため欠席)。

21日は早朝8時より、高知県須崎市の深浦漁港で、やまさき十三、北見けんいち、うえやまとちの各氏をゲストに、参加者みんなで魚を釣る「釣り好き漫画家との交流イベント」。広い特設イケスには須崎の高級養殖マダイ「海援鯛」とカンパチ。天候にも恵まれ、うえやま氏は3匹を釣り上げました。

続きを読む

 
 

漫協ニュース

2014年10月21日掲載

2014年10月13日、ベルサール秋葉原にて、昨年に引き続きの開催。しかし残念ながら台風19号のために高知県知事尾崎正直氏は来場出来ずビデオメッセージ、鳥取の平井伸治知事もトークセッションの前半のみの出演となってしまった。トークセッションでは他、達増拓也岩手県知事、まんが王国会議親善大使の漫画家、高知県知事代理としてまんがコンテンツ課の栗山課長、浜田ブリトニー氏が登場し、各県のまんが事業をアピールした。

セッションの最後に高知県からサプライズ。高知県で2015年2月21日・22日に「全国漫画家大会議 in まんが王国・土佐」が開催される。http://mangaoukoku-tosa.jp/ この大掛かりなイベントには、当協会理事長ちばてつや氏の他、漫画家の里中満智子、ビッグ錠、土山しげる、西原理恵子、安倍夜郎、倉田よしみ、うえやまとち、Moo.念平、ひのもとめぐる、やまさき十三、北見けんいち、くさか里樹、上条淳士、河合克敏、正木秀尚、野村宗弘の各氏らが登場予定とのこと。内容も、まんが講座、グルメ漫画家のレシピの再現や、釣り漫画家と実際に釣りに行くなど、高知ならではの企画も。漫画家が描いて高校生が審査する「逆転」まんが甲子園も予定されている。

(写真:会報部・大石容子)

 
 

展覧会・イベント情報

2014年10月15日掲載

特別対談「私の11月3日」

「昭和二十年の絵手紙」展 漫画家の絵を声とともに

期間:2014年11月3日

時間:特別対談 14時〜15時(受付13:40〜 ※満員になり次第受付終了、小学校高学年以上対象) 
   「昭和二十年の絵手紙」展 11時〜17時(特別対談中はご入場出来ません)

続きを読む

 
 

漫協ニュース

2013年09月25日掲載

9月23日、東京・日本橋の高島屋にて、漫画家、クリエーターによるチャリティバッグのオークションが行われました。
9月18日(水)〜22日(日)には、高島屋1階正面ウインドーに展示されました。


参加クリエイター:安藤忠雄、永六輔、鎌田實、北見けんいち(協会員)、木村英輝、グルーヴィジョンズ、さいとう・たかを(協会員)、ちばてつや(協会員)、辻村史朗、椿昇、中原淳一、花村えい子(協会員)、原田泰治、藤子不二雄(A)(協会員)、藤本ひづる、細川護熙、松井利夫、MAYA MAXX、宮島達男、ヤノベケンジ、ほか

(写真提供 :FMG)
 
 
1 〜 10 件 / 全 34件

 

© Japan Cartoonists Association